自分の学びを他の方に提供したくなりビジネスにしようと思うのですが、結果が出ません。

なぜ、でないのか?ということを掘り下げてみましょう。
もしかしたら、そこまで本気じゃないかもしれないし、何らかの心理ブロックがあるのかもしれません。
また、そもそも自分に合ったセールス方法に出会ってないだけかもしれませんよね。
色々と考えようはあると思います。

根本さん、いつも面白い記事ありがとうございます。

私はここ何十年か自己肯定感を高めるように取り組み、望んでいた結婚、出産も出来ました。
更に意欲が出て、自分の学びを他の方にも提供したくなり、高額の起業塾にも2つ通いました。
塾では気の合う友人もでき、とても楽しかったです。

しかし、結果が出ません。
商品作りは楽しいけれど、セールス活動となると足が止まります。
お友達に自分のメソッドを教えて気付きを引き出すことも楽しいのですが、友達には高額でオファーが出来ません。

特に仲の良い塾での友達は、塾でもトップの売り上げ成績(?)なのに、自分は体験セッションのオファーすら、申し込みがなかったり、あってもキャンセルされたりしました。

実績などの背景事情が違うので、他人と比較しても仕方ないのは理解しています。

ただ、引っ越しでも第一希望の家とは契約出来ず、配偶者の転職活動も最終面接で落ちるなど、「最後が上手く行かない」というパターンを最近繰り返している感じがします。
この感じが、なんとなく嫌なのです。

この世は投影だとか、量子力学的な引き寄せ法則とかを考え併せると、私の心の在り方がまだまだということなのかしら?
多少、こじつけの感じもありますが(笑)

自分の在り方を変えれば事態がより良く動くならば、変えたいな~、と考えているので、何かヒントがあれば教えて頂けると嬉しいです。

お忙しいところ恐縮ですが、宜しければお願い致します!

あと、フォレストさんと組まれたりと、根本さんにとって今年は飛躍の年となりそうですので、応援しています!!
(Sさん)

続きを読む

魂の底から「そうそうこれ!」と思える「やりたいこと・好きなこと」ってどうしたら見つかるのでしょうか?

今、魂の底から感動できる瞬間が日常にあるなら、きっと見つかりますよね?
「やりたいことを見つける」ためには、「見つけられる自分」になってないとヤバくない?ってことで、今にしか生きられない私たちは「今」にどう喜びや感謝を感じるかがポイントだと思うのです。

根本先生
お世話になっています、Mと申します。

以前からブログ・メルマガは拝読しており、セミナーにもたまに参加していましたが、最近の根本先生がライフワークというテーマを前面に出されてから、セミナー・講座への参加回数が上がってきています。

今回は、ブログに書いてほしいネタをリクエストしたく、ご連絡しました。

もちろんライフワーク系の話です。

ライフワークを生き始めるにあたり、
「そもそも好きなこと・やりたいことが自分で分からない」
という悩みを自覚したのが30代になったばかりのころで、それからはや8年。
来月はもう不惑に突入してしまいます。

8年ほど悩み続けた結果分かったのは、意外と同じ悩みを持っている方がちょいちょいいらっしゃる、ということ。

そういう方たちが悩んでいるのは、

「マネタイズの方法論とか、目標を実現するためのプロセス論はどうでもいい。
 (そんなものは必要であれば後から学ぶ)
 問題は、その目指すべき目標やら夢やら…つまりは「好きなこと・やりたいこと」が、自分の中に見つからない」
ということかなと思っています。

根本先生のライフワーク系講座・セミナーも、今開催中の「好きなことをして自由な人生を生きる~才能、価値、資質、魅力を徹底的に知る~」では多少「好きなこと・わくわく」を掘り下げるワークがあることはありますが、もう少しこの辺を深堀出来るような記事を、書いていただけませんか。
ブロックを外すとかそういう内容の字ステップに進む前に。

先生の読者は男女ともに「これ!」と決めたらなんでも乗り越えていく熱量があると思うので、そんな我々がライフワークを生きていくに当たり一番重要なのはまずなにより「これ!」と言えるものを見つけることだと、愚考しています。

知りたいのは、ライフワーク…魂の底から「そうそうこれ!」と思える「やりたいこと・好きなこと」、です。

そういうことを見つけられない!という人の悩みを取り上げていただきたいです。
(Mさん)

続きを読む

抱え込み本の特徴を纏めて見ました。

本日!3/20発売となりましたこの本


ついつい抱え込んでしまう人がもう無理! と思ったら読む本(リベラル社)

キャッチーな表紙と直接的なタイトルの本で、まさに読んで字のごとしの如き内容が書かれているのですが、その特徴をまとめてみました。

●分かりやすいイラストで解説されている!!
例えば、下のページは抱え込みやすい人の特徴を10種類に纏めたうちの一コマ。
あるなるなケースをイラストにしていて、より分かりやすくなっています。

本書のあちこちにそんなイラストが効果的に散りばめられていて読みやすさを倍増させてくれてます~!
続きを読む

(質問)これは自分軸?お金軸?

元ネタはこちら。
「『損してはいけない』という思いに縛られてやりたいことも分からなくなってきてしまった。」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/23725

根本様

いつもお世話になります。

メルマガを見ていて思った事があって・・・。

損してはいけない、と思ってしまって、スーパーへ行っても割引シールが貼ってあるものばかり選んでしまいます。
と相談されていた方がいらっしゃいました。

私も似たようなところがあるのですが、
「この商品定価よりも安くなってる、よ~し」
とか服とか小物も
「この店、これまでの傾向見てると、多分もう少ししたら値段下げるはずなんだよね、もう少し様子を見よう。・・・(日付経過)・・・ほらやっぱりね、よ~し買い。ふふふふふ」
って感じなんですけど、これは自分軸ですか?お金軸ですか?
(Kさん)

続きを読む

自分にダメ出しして直そうとしてもうまくいかないもの。

自分のことをダメだと思って直そうとしたり、周りの正しさに自分を合わせさせようとしたりしても、やっぱりうまく行かないのが世の常でございます。
だから、今は「自分に合うスタイル」を探す方がずっとうまく行くのです。

こんにちは、根本さん。Sです。
ブログの中でネタとして取り上げてもらいたいと思い投稿しました。

相談に乗っていただきたいことは、強がったり素直になれない心の癖があり、それを手放すにはどうしたらいいのか、ということです。

・主な例として

-仕事でミスをした時に、指摘を受けたり注意をされても表面上でしか謝ら(れ)ない。失敗から学ぼうとせず、また次も同じミスを繰り返し、最後には謝ることが嫌になる。

-仕事の出来ないヤツだと思われるのが嫌で取り繕うとするが、周りにはそのことがバレている。そのくせ態度だけは一丁前に偉そうで、プライドが高い(実際に人から言われました)。

-分からないこと・知らないことがあっても素直に聞いたり、人に教わったりすることがなかなか出来ない。つい知ったかぶりをしてしまう。

等、自分の立場や周りからの評価を自分で悪くしてしまいます。可愛げがなく、とっつきにくいヤツだと周りからは思われているだろうなと感じています。

自分の中にある罪悪感や完璧主義の傾向がとても強く、「出来ない自分」を許すことができていないことが背景にあるのではと思います。

不完全な自分を隠して、取り繕ったり演技をするのはしんどくて苦しいです。もっと周りとも楽に人間関係を築いていきたいです。

ちゃんと内容が伝わっているか分かりませんが、ひとつアドバイスを頂ければと思います。
(Sさん)

続きを読む

『損してはいけない』という思いに縛られてやりたいことも分からなくなってきてしまった。

損してはいけない、という思いの元にあるお母さんとの関係。
お金の問題に見えて、実はお母さんを手放す時期に来ていることを暗示してるのかもしれません。
お母さんから自由になって「自分」を取り戻していきましょうね。

根本先生へ

先日ふと本屋で見つけた根本先生の「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」の本を購入し、驚くほどに自分の事が書いてあることに衝撃を受けた者です。

メルマガにも登録し、勉強中ですが、本にもなかったもう一つの自分の性格で困っている事があります。

それは、『損してはいけない』という考えです。
本を読ませて頂き、子どもの頃から母の愚痴聞き役だった事に気づき、その中で思い出すのは、母の『パートの同僚がずるい、得をしている』とか、チラシを見て『昨日、買わなきゃよかった』、ギャンブル好きな父に、『私がいるからお金が残っている』など損をしては絶対にいけないという教えが多かったところに行き着きました。

そして、今私の生活は、安いものを買わないと損、お金は使わない方が良い、自分より働いていない人に対して非常に敏感に反応するようになってしまいました。

本当は食べたいものがあるのに、割引きのシールが貼っている物しか手に取れなくなり、普通に買い物をしたりする人を羨ましく眺めたり、コーヒーはスタバに入りたいのにマックに入るなど自分の気持ちを封じ込めるような強い縛りからどうしても逃げられません。

遠方へ出かける時も、特急に乗ればいいのに、鈍行で倍以上時間をかけて行くということも当たり前にあります。

当然仕事ではイライラし通しで、他人を見張る事が多いような気がします。こんなに頑張っているのに、あの人と同じ給料なんて馬鹿らしい、他のところの方が良いかもと感じ、それが元で仕事も長続きしない状態です。

最近は自分の好きなこと、やりたいことも本当にそうなのかが分からなくなっています。

何とか普通に生活したいと願うばかりなのですが、こんな人生を40年以上過ごしてきました。
無理かもしれないけど辛いから変わりたい…こんな人、お会いした事はありますか?私だけでしょうか。もし謎解きが出来るのであれば、メルマガで取り上げて下さるか、新刊を発行される際に取り上げていただけたらありがたいです。よろしくお願い致します。
(Tさん)

続きを読む

「自立系武闘派女子」ってずばりどんな女子のことを指すのですか?

根本先生

初めまして。先生のことを知ったのは半年前くらいでまだまだファン歴は浅いのですが、何気無く参加したセミナーですっかり先生の虜になりました。日々のブログもとても心待ちにしているアラサー独身♀です。
いつも落ち込んだ時に助けていただきありがとうございます。

今更の質問でお恥ずかしいのですが、先生が頻繁に使用する「武闘派女子」ってずばりどんな女子のことを指すのですか?
これまで何度となく耳にしてきた言葉なので感覚的には当然理解しているつもりですが、改めてお伺いしたいです。
ずばり「武闘派女子」という単語、根本先生の広辞苑にはなんと記載されていますか??
(Jさん)

先日恋愛講座でも同種の質問を頂きました。
ブログの検索機能を使ったとしてもなかなかこれ!という記事に出会うにはちょっとお時間が必要です。

ということで、タイミングよくJさんから質問を頂きましたので、この場でご案内したいと思います。

◎【保存版】自立系武闘派女子とは?
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/15420

◎自立系武闘派女子チェックリストの正しい読み方と活用方法
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/15531

どうぞ、ご査収ください。

とはいえ、これは私が面白半分に作った造語でございまして、特に深い意味もなければお遊びみたいなものですので、あまり真剣に捉えない方がいいと思います。
おもろいなー!てな感じで読んで頂ければ幸いです。

ただ、何となく「私のこと?」と思われた方はもれなく該当されておりますので、今後ともご愛読いただけましたら幸いです。