好きで自然にできることでもオーバーワークになれば疲れるし、イライラするものだよね。

褒めることが自然にできることってすごいのですが、それでもオーバーワークになることもありますよね。自然にできることだからこそ、ちゃんと使い分けが必要になったりするんです。

根本先生

こんにちは。
たくさん登場するMさんのひとりです。

いつもメルマガを熟読し、根本先生を心の師と仰いでおります。また、布教活動も、必要と思われる人に随時行っております。

今回は、複雑に思える自分の心の動きについて、ネタにしていただきたくメールを差し上げております。

最近気づきましたが、わたしはひとのいいところを発見するのがうまいらしいです。
自信の無いひとたちをほめまくり、そのひとたちの仕事がどんどん盛り上がるということも最近は起こるようになりました。

人をほめることは、私にとってごく自然な行為です。無理もしていませんし、おべっかを使っているわけでもありません。いいところ、優れたところを自然に見つけることができ、それを本人が世間に向かって表現しないことは世界にとって損失だと、心から思っての行為です。

(だから、わたしのオススメするヘアサロン、整体などは、けっこうクチコミで繁盛します。根本先生の本も、何人かの知人が購入し、メルマガも登録しています)

あるひとりの女性も、わたしがほめまくって励ましまくったことをきっかけに発信をはじめ、自分の特技を活かし、地域で人気者になり、「すごい」と言われ、遠くの人からも、いつか来てください、と言われるようになりました。

ところが、そのひとがどんどん自信をつけ、自分語りが多くなるにつれ、イラっとくるようになりました。引き続きその人のすごさを認めてはいるので応援してはいるのですが、明らかに以前とは異なる自分の心境にとまどっています。

嫉妬なのでしょうか・・・自分は畑違いなのでそうとは思えないのですが、「自分語りが多い人」へのイライラ、モヤモヤはそうとしか説明できないのか・・・?と苦悩しています。

そういえば、私の旧知の友人に、昔から自分語りが多いひとがいて、そのひとのことは未だに大嫌いです。(でも向こうは私が好きらしく、定期的に連絡が着ます)
なんでも自分の例を出して話題をさらうというか。。

ネタとして採用して頂けると、とっても嬉しいです!これからもメルマガ、ブログ、楽しみにしています。
(Mさん)

続きを読む

子どもの立ち位置を出て、大人の立ち位置に行くと、私はどう変わるのだろう?

ああ言えばこう言う某カウンセラーは、今までも大人だったけれど、敢えて、子どもを演じて来ただけなんじゃないの?なんて言ってしまうんです。
元も子もねーじゃねーか!という思いを感じつつ(笑)お読みください。

根本さん(*´∀`*)少しご無沙汰しております。

新しいゾーンに入り、見えない未来が不安なのでご相談させてください。

私は母親の精神的ネグレクトに遭い、超確執を機に超自立に入りましたが、心理学を学び「確執のあるまま死なれては困る(本当は大好きなだから繋がりたい)」の信念のもと実家に戻り、和解をし親密感を得て、ここまでしていいのかという程、父親を含め盛大に甘え倒したあと、改めて家をでました。

その後ライフワークの解放、初めて彼氏に甘え倒して潰してしまう経験(私側からのイメージですが)、仕事での燃え尽きから相互依存への進化、嫌なことにNOと言う訓練を経て、ふと、おりてきた言葉があります。

子供の立ち位置を出よう。

子供時代に全く甘えられていなかったので、親に対して同等の位置に行くのは強い抵抗がありました。

でも今は、そこにいることが、すっかり大人なのに無邪気すぎる違和感を生み、未だにパートナーシップでセクシャリティに移行できない(きゃっきゃする女子程度)し、パートナーを包み込めないなど、いま認識している問題の原因ではないかと思いました。

子供の立ち位置を出ます。
大好きな親を、今度は私が癒せる私になります。
なんだか泣けてきちゃう。
子供の位置にいるのは幸せだったから。
でも幸せだと思うように、なれたんだなあとも思います。

こんな私は、大人の立ち位置に行くことで、どんな私になりますか?
どんな世界を見るようになりますか?
良い道だと思いつつ、知らない世界すぎて怖いので、ちょっとビジョンを見せていただきたいなと思い、メールしました。

念のため記載しますが、元二刀流の超武闘派女子です。というか武士です(*´∀`*)よろしくお願いします。
(Kさん)

続きを読む

敏感な私が自己肯定感をあげる方法【まとめ】

本を読まなくても、セミナーに参加しなくても、自己肯定感をあげることはできます。
そんな自分の足を自分で引っ張る記事を書いてみました(笑)

根本様

いつもメルマガ配信ありがとうございます。
根本様のおかげで自己肯定について意識するようになりました。小さな一歩ですが、少しずつ自己肯定感を上げていきたいと思います。

今日は思考の整理についてうかがいたくメールしました。

私の特徴は根本様の著書に出てくる、敏感な人です。
子供時代、頑張っても誉められず、生活の細かいルールでいつも注意されて育ちました。
母親はいつも怒っていて、子供の私は緊張しっぱなしで、今でも身体をリラックスさせることが苦手です。

自己肯定感アップを始め、マインドフルネスだとか、コーチングだとか、色々見てはなるほどと思い、やってみたいなぁ~と思いながら踏ん切りがつかず、
自分嫌いとは?とか、完璧主義やめたいとか、ネットで検索し始め・・・

この繰り返しなので情報量だけが増えていき、懐具合と相談してもだえ、本当に効果あるの?と疑い始め、何もしないと不安で落ち着かないのでまた検索するというスパイラルに陥っています。

実は根本様の敏感な人が自己肯定感を上げる方法も、三回ほど読み返しながらワークをしているのですが、上手くできていない気がします。

現在、40歳で未婚・彼氏なし・会社員ですが仕事がつらく本当は引きこもっていたい、未来が不安で仕方ありません。

私はどこにいるのでしょうか。また答えはあるのでしょうか。
暗い話ですみません。。。

ネタに使えましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
(Yさん)

続きを読む

誰かへの期待があると関係が重たく苦しくなる心理~ただのおっちゃん、おばちゃんと思え!!~

個人セッションの連続コース、PCCを始めています。
それぞれ変化の出方は様々ですが、2~3回目になるとその人の根っこにあるパターンが出てくることが多いようです。
それでもポジティブな変化も状況の変化もいろいろあって皆さん、素晴らしいです。
特に内面的な成長、変化というのは驚くことの方が多いくらいですね。

夫婦、恋愛、仕事、ライフワークなどテーマは多岐にわたりますが、ちょっと掘り下げてみるとよく出てくるのが「お母さんとの関係」です。

お母さんとはお腹の中からの付き合いですから、一番近く、濃いものになるんですよね。

子どもはお母さんのことが大好きだし、何でもできるすごい人のように見えてしまうものです。
だから、子どもにとっては「お母さんも完璧じゃないんだ」という気付きはけっこうショックなものなんですよね。

そんな子どもたちは「親に期待する」ということをよくやります。
お母さんに対してもそうだけど、お父さんに対してももちろん期待します。

でも、特に近い距離にあるお母さんがとても完璧な人だったり(いわゆるスーパーオカン)、過干渉、心配性などで癒着してしまったりすると、意識的にお母さんを常に上に見るようになります。
ある方は勤め先の社長(女性)にお母さんを投影していましたし、別の方は旦那さんにお母さんを投影していました。

そして、スーパーオカンだった場合は「私は何をやってもお母さんみたいにできない」と劣等感を感じるようになり、また、癒着がある場合はお母さんを周りの人(特に目上の女性やパートナー)に投影して、そこでも癒着関係を再現するようになります。

思春期に反抗期を迎えて「なんだ、オカンもただの人じゃねーか」という悟りを得て自立していくことができれば、その傾向は避けられますが、反抗心を抑え込まれて反抗期がない場合は、その癒着の関係のまま大人になるので、そうした問題が出てくるのです。

この場合の自立というのは精神的に親から自立することを意味しており、仮に社会人になって経済的に親から自立したとしても、精神的に依存状態が続くケースも珍しくないものです。
いわば、一歩社会に出ればちゃんとした大人なのですが、お母さんの前では10歳くらいの子どものままでいてしまうのです。
続きを読む

どうしたら3歳でいなくなった父に感謝することができるのか?

許しは感謝をもって完成されます。
しかし、その状況ではなかなか許しに向かうことが難しいことも珍しくないものです。
今回はちょっと上級な話。有料メルマガに紹介してもいいくらいのお話をさせていただきました。

根本先生、こんにちは!

いつもお世話になっております!

私の父親は母親が弟の妊娠中にいわゆるゲス不倫をして、その相手との生活を選び、私の母親とは離婚しました。

私が3才くらいのときの出来事でした。

先生のおかげもあって父親をようやく許すことはできたのですが、これがきっかけで私の武者修行がはじまったと感じているので感謝があまり出てきません(お父さんがいないことになぜだか後ろめたさを感じたり、養育費がほぼなく、ある時期まで金銭面でも大変でした)。

根本先生が似たような状況だったら、父親のどこに感謝の目線を向けますか?

記憶があればまだしも、記憶がないので、どこに感謝を向けていいか試行錯誤しています。

『小さいときからしっかり者』とか『勉強ができる』とか、きっとお父さんがいなかったから身に付いたものがあり、それには複雑だけど、一応は感謝してます。

もしよかったら、ネタにしていただければ幸いです。
(Kさん)

続きを読む

主体的に人間関係を作っていけると感じた矢先に激しい自己嫌悪に襲われるようになりました。

それはポジティブな現象なんです。出て来てるのはネガティブな感情だけど。
目の前のことに必死になっていた方が感じられる成長点なんですよね。

根本先生、こんにちは。
先生のブログや本を片っ端から読み漁り、3歩進んで2歩下がりながらも自己肯定力を少しづつ上げています。ありがとうございます!
しかし最近人付き合いの悩みで深く落ち込む感覚から抜けられなくなり、もしネタにでもなればとメールいたしました。

引きこもりだった大学時代に「変わりたい!」と決意し、そこから6年間精力的にがんばって今ではパートナーシップも仕事も充実した日々を送れるようになりました。

しかしずっとネックだったのが人付き合いです。
子供のころからずっと友達が作れず、父母に距離を置かれ、何もせずとも成績が良かったため先生やPTAにも嫌がらせされました。
ですがたまに親しくされると苦しくなり自分から離れていました。

2年前に社会人になったときは初めての人づきあいをせざるをえない環境で自分を守るためか攻撃的かつ利己的になりました。
人との距離感もわからず、雑談をしようとシャンプーの香りを褒めたら気持ち悪がらせてしまったこともあります。
そこから努力して態度を改善し、ようやく会社でやっていく上でコミュニケーション能力に問題なしと評価を受けるようになりました。
もし人と雑談の機会があれば心から楽しめます。

しかし、主体的に人間関係を作っていける土壌ができたと感じた矢先に、職場にいると激しい自己嫌悪と恥ずかしさに襲われるようになりました。
なんとか通えていますが、朝から晩までずっと息苦しく、私の存在が迷惑がられる、見下されてるとの妄想で頭が締め付けられます。
それにもし私が努力して変われたとしても職場の人たちは私の攻撃的な過去やシャンプーを褒めたりした愚かで気持ち悪い過去を知っています。
今更何もできないのでは、との思いもあります。

私は子供のころから渇望した人間関係をようやく築けるようになったことに気負いすぎているのでしょうか。ちゃんと顔を上げて、前に進んでいくために、この苦しみとどう向き合えば良いのでしょうか。
(Kさん)

続きを読む

お金を稼いでいない自分に猛烈な焦りを感じ苦しくなります。

「お金」が「自分」よりも偉いと思っていませんか?
「お金を稼ぐ」ことが何よりも価値があると思っていませんか?
そんな「お金軸」を手放すにはどうすればいいのか?を考えてみましょう。

ずっと会社員でしたが結婚を機に1年半前に思い切って辞めました。
夫が稼いでくれるので結婚生活を楽しみたい気持ちもあり、他に自分の感性を活かせる仕事ができるのではないか、もっと人生を楽しみたい、会社員以外のライフスタイルを体験してみたいと思ったからです。
やりがいのある仕事でしたが周りの高いレベルについていけない劣等感も感じていました。
仕事をしている自分に誇りを持っていたので、辞める時にものすごく後ろ髪を引かれ、辞めた直後から後悔の毎日です。
独身時代は結婚して自分のやりたいことで起業している女性に憧れがあり、自由な時間を楽しめる時もあるのですが、お金を稼いでいない自分に猛烈な焦りを感じ苦しくなります。
今の生活を楽しもうと自分なりに試みてきましたが、稼いでいない自分が根無草のようで不安です。
では働けばいいのでは?ですがずっとアシスタント的な仕事をしてきてそれ以外のことで稼いでみたいけれど、自分には何ができるのか分かりません。
このまま自分がダメになってしまう気がして、仕事を辞めるのではなかったという後悔ばかり。動けない自分はプライドが高すぎるのか、ここから抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか
(Jさん)

続きを読む