あのときは怒っちゃったけどほんとは何を伝えたかったんだろう?~怒りと上手に付き合えるようになるために~

私たちは怒りをネガティブな感情と捉え、嫌い、怖れるのですが、そうして忌避するほどに怒りに振り回されやすくなります。
怒りは感情ですが、ほんとの感情を隠す蓋でもあるので、その怒りの奥にあるほんとの感情に目を向けていくといいのです。

根本先生、はじめまして。
凝縮された素敵な文章をお書きになる先輩方に惚れ惚れしておりましたが、今日は初めて投稿させていただきます。

感情的で過干渉、完璧主義な母とロックマンな父のもとに生まれた次女として平和を希求して生きてきましたが、年末から遂にお恨み帳を書き始めたところ、日々押し殺していた感情、親に感じていた怒りに日ごとに気付くようになりました。

2022年は十数年ぶりにエネルギッシュなスタートを切れたと感じています。ありがとうございます!

一方、困っているのは止まらない怒りです。特に仕事で雑な依頼や計画が狂う依頼をされたときは、すぐさまぶち切れてしまいます。

お恨み帳にただ恨みつらみを書き連ねるに留まらず、ペン先で刺しまくられたそれはすでにボロボロですし、それでも怒りは収まらず、罵詈雑言をお口にも出してしまい、落ち着いてから思い返すと自分でも若干引いてしまうヤバイ奴です。

もう社会人の端くれですし、自分の怒りくらい上手く扱えるようになりたい、狭義の社会(同居家族、会社の方々)とは共存して生きていきたいのです。
粛々と続けていればいつの日か仏になれるものでしょうか。
(Yさん)

続きを読む

セクシャリティが強すぎて自分を無意識に抑え込んでしまうパターンを抜け出すには?~アクセルとブレーキを同時に踏んでない?~

セクシャリティが強い人はそのエネルギーの強さを怖れて無意識に封印・抑圧してしまってることが多いものです。
そんな無意識に抑え込んでるエネルギーを自ら解放するのはちょっと難しいのですが、イメージを使うことでその感覚をつかむことができ、日常を変えることも可能になるんです。

「まるでブレーキとアクセルを同時に踏んでるみたいなんです!!」という声をちょくちょく頂いております今日この頃です。

このところ「女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~」をあちこちで開催していてとても好評なのですが、そこでも毎回のようにそんな話題が出ます。
(ちなみにこのグループセッション、4月以降もちょくちょく開催していきます。東京・大阪だけじゃなくて名古屋でもやります!時々この記事をチェックしてください!)

つまり、「セクシャリティが強すぎるので無意識に自分を抑え込んでしまう」という現象です。

で、これ、自覚されてる方もいらっしゃるんですけど、無自覚の方もとても多く、幼少の頃からクセになっていてそれに気づいてない方もいます。

なので、そういう方に「セクシャリティが強すぎるから自分を抑え込んでいるんですよね~」なんて話をすると「えっ!?そうなの?ほんとに?知らんかった!!」というリアクションを取られることも多いのです。

でも、そんな方でも「ブレーキとアクセルを同時に踏んでる感じはない?」とか「いつも自分を押さえてる感覚しない?」とか「何か思い切り自分を出すことに抵抗はない?」とか「本気で何かに取り組むことに遠慮してない?」などとお聞きすると「あああああ、そうなんですーーーーー!!」と絶叫されることしばし。

もちろん、それすら当たり前になっていてセクシャリティを押さえている状態が「自然な状態」と思い込んでる場合もあります。
続きを読む

無力な自分、ダメな自分でいたいから失敗を繰り返す!?~うまく行ったらダメだと思ってるのはなぜだろう?~

自分の無力さを証明するかのように失敗を重ねる。
ダメな自分を証明するために成功しないようにする。
一見変な思いなのですが、ダイエットにせよ、婚活にせよ、転職にせよ、起業にせよ、なかなかうまく行かない裏には成功したくない心理が隠れているのかもしれません。

根本先生、いつもありがとうございます。北の大地に生息する、セクシャリティ持て余してる系自武女です。

私はもう10年以上ダイエットとリバウンドを繰り返しています。食べることが常に怖いので、摂食障害気味なのかな、とも思います。
先日、ダイエットコーチングを受けようと初回のカウンセリングを頼みました。そうしたら指摘されたことがあって…「無力を証明するため失敗を繰り返している心理はありませんか?」と。めっちゃドキッとしました!!

実はダイエットと並行して、仕事でもあと一歩、壁を越えられないからです。
明らかに海外志向なのに、家族や友人と離れたくなくて、田舎から抜けられず早数年。一定のサイクルで「よし自分を変えよう!」と理想を掲げて猪突猛進、行動するんですが、ある程度のところで必ずクラッシュします。
そして家に籠ったり夜にお菓子をドカ食いしたり…というパターンを何万回やったかわかりません。もはや最近は、頑張ることが怖いです。

なんで毎回私はダメなんだろう、と自分を蔑み続けていたけど、むしろダメでいたいから失敗している?なんて思ったら…怖くて震えます。

この封印されしエネルギーを解放し、世界を飛び回るにはどうしたら…
アドバイスいただけないでしょうか!(合掌)

お忙しいと思いますがどうぞご自愛ください。
(Rさん)

続きを読む

お金に困らない家で育つとお金が遠くて現実的じゃない存在に思えるので親の影響をモロに受けて、その分野で大人になり切れない問題が生まれる。

お金に困らない家に育った人が全員そういうわけではないのですが、実際にお金に関わる機会がなく育つことが多いので、結果的に、お金が遠い存在になることが多いんです。
そうすると親のお金の観念をまともに受けるし、お金に対して苦手意識やよく分からないという思いを持つようになるのです。

根本先生、こんにちは。
アラサーの自武女です。腹を決めて恥を晒します。。

私はいい歳をしてお金を払う・使うことへの不安、恐怖が強いです。
税金・社会保険等給与から引かれる以外だと先送りにしてしまい、通知書が届くのが怖いです。結婚祝いなども何故か先送りにしてしまいます。
大人として本当に恥ずかしいです。人のためにプレゼントを選ぶ事は大好きで気持ちとしては贈りたいのに、何故か苦しくなります。

実家はお金の不自由は全くなかったのですが、母はお金の不安が強い人でした。大人になってから父の年収が一千万以上ある事を知った時は驚きました。職業柄収入に少しの不安定さがあります。
母はケチではなく使う所は使う人ですが、他の人より損をする事を嫌っていました。
父は気にせずガンガンお金を使う人です。子供の時は母の姿から水道や電気を節約しなきゃ!と不安と使命感に駆られていました。

現在、お金が貯まったら貯金で暮らして苦しくなったら働く。という生活になってます。
お金が欲しいから働く!という強い思いがなく、お金の話をする人が苦手です。漠然としたお金への不安は常々。
仕事は出来る方だと思いますが継続力がないです…他の人はこんな姿想像できないと思います。笑 多分正反対のイメージかも…

こんな私も自分の人生にコミット出来ていて、お金以外はとても幸せです。
今、お金の問題と向き合う時と感じています。

地に足つけて自分の人生を歩んでいくために、お力をお貸しください。
追伸:先生のYouTube、ちょっきり10分で収める技に毎回感動してます!
(Mさん)

続きを読む

男に対してついつい戦う姿勢を取ってしまう自立系武闘派女子の皆様へ。

男に対抗心を燃やし、競争を繰り返し、そして、燃え尽きたり、疲弊しちゃったりしやすい自立系武闘派女子の皆様。
そんな競争心、手放したいと思いません?
そのカギは自分の弱さを認め、愛することなんです。

いつもブログで勉強させてもらっています。
おかげさまで随分とありのままの自分を受け入れられるようになり、自分に厳しかった自分がどんどん甘くなってきています。

でもまだまだ男性に対して戦いの姿勢を取ってしまうのは直りません。
酔っ払った父や兄から悪戯された経験があり、しばらく男性が怖かったです。

社会人になってようやく彼氏が出来たものの当時の会社上司からのセクハラ、失恋でまたも傷つき、その後ようやく結婚した相手は私に競争心剥き出しの結果疲れて私のもとを去りました。

男女の関係だけでなく仕事仲間や友達としても、もう男性と普通にお付き合い出来る自信が全くないです。

再婚願望もないのですがやはり女ですから時々は男性に抱きしめて欲しいと思うこともあります。

過去と向き合ってもう大丈夫なはずなのですが何が欠けているのでしょうか。
(Hさん)

続きを読む

親との距離がしんどくなるのは「そろそろ自分の人生を生きなさい!」というサイン。

なんだかんだ距離の近かった親との関係が負担に感じるようになるのは、自分が大人として自立する準備ができた証。
すなわち、自分の人生を自分で創造していくステージに入っているのです。
そこでお勧めしたいことは自分のご機嫌を自分で取り続けるということです。

はじめまして、ブログ・書籍じっくり読ませて頂いてます。
ロックウーマン、癒着、罪悪感など、初めて読んだ時は眼から鱗で、コレ私だ。この要素ある。と発見が沢山でした。

私は家族との癒着?執着?がなかなか取れません。父親は心筋梗塞に膵臓癌、仕事も辞め、何かに依存しないとダメなタイプでアルコールやゲームに依存し、母親はそれを見てウンザリしてます。母は母で愚痴るだけで悪い方に考えてばかりで、それを聞く私がウンザリします。
どっちも根本的改善に目を向けずイライラします。
仕方ないよ、弱いところもあるんだよ、と思える様になってきましたが、、

癒着の為か彼氏や結婚に憧れはあるけど、28歳で7年彼氏が居ません。いざ紹介しようとか、アプリとか誘われても嫌になってしまいます。
外で猫を被るので好きになってきてくれる人は全然タイプじゃない人ばかり、いざ気になった人はロックマンと野良猫合わせの人で、いい感じになったのですが、素直になれず上手くいかず他の女の人と婚約してしまいました。

いつまでも親のせいにはしてられないので、自分の足で立とうと自分を大事にしよう。という思いが強くなり「私は私」と唱えたり、今自分がどうしたいのか子どもの自分に聞いてみたり、感覚を大事にしようとオナニーを初めてしてみたり、しました。お恨み帳も書きました。

どうしたら、周りがうまく歯車があって回りだすんでしょうか?

新刊も買いました!
朝読んで元気もらってます。ありがとうございます!
(Hさん)

続きを読む

10年ほど前に病死した母親への感情と父親への感情について~子ども目線から大人目線への変遷~

私たちは当たり前ですけれど、自分の親を子ども目線で見ています。
しかし、自分が大人になるにつれ、親を大人の目線で見ることができるようになります。
そうすることで子ども時代には見えなかった両親の思いに気付けるようになっていくのです。
ポイントは子ども目線か?大人目線か?です。

初めてネタを提供させていただきます。

10年ほど前に病死した母親への感情と父親への感情についてです。

僕の幼少期から父は仕事で家を空けがちで、月1ぐらいの頻度で帰ってくるのが常でした。
僕は4人兄弟の長男として、母の力になれるよう優秀ないい子になろうとしました。

しかし、4人の子どものワンオペ育児に疲れ切り、僕が高校に上がるくらいから母は朝起き上がれないほどの体の不調を訴えるようになり、入院してから一度も帰宅することなく亡くなりました。

はじめは、母のことを助けられなかった自分のことを責めました。でも、根本先生の本やブログを読み漁り、自分を許し、父と母への執着を手放し、その過程で、母のことをかわいそうだという思いと、母を幸せにしてあげなかった父への怒りが出てきました。

どうして母が幸せな老後を過ごせないんだろう、どうしてママ友とお茶とかできないんだろう、どうして父は、母がつらいとき側にいてくれなかったんだろうと思うと泣きたくなるほど悔しくなります。

母の幸せを信じたいし、父を許したいです。

もしネタにしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
(Kさん)

続きを読む