今まで他人軸で生きてきた人が自分軸を取り戻すと生きる意味を一瞬見失ってしまう。

他人からの評価をエサに頑張ってきた人(=他人軸)が、自分軸を取り戻すと、そのエサに意味を見出さなくなるので、どう生きていいのか?が分からなくなるものです。
そんな時こそ、自分に休息を与えつつ、ライフワークを見つけるいいタイミングなのではないでしょうか?

根本先生こんにちは!
昨年秋にセミナーに初参加し、罰し続けてきた自分を許してもう好きにしようと思えました。

すると、先日ご報告の通り、4年間体の関係を続けた野良猫くんに気が向かなくなり卒業できてしまいました。男の人とは体の関係ばかりで同時期に複数や不倫も。退屈しのぎ目的で、彼氏ほしいとか結婚願望は昔からあまりなし。

仕事では人事評価制度が変わり昇格、昇給のチャンスが増えたため、この半年めちゃくちゃ頑張った結果、良い評価でほんの少し昇給したけど、これだけやってこれかとがっかり。親の手前なんとなく格好がつくかなと入り20年。就職したという形を保ち、お給料はもらえてればいいやと額が変わらなくても何も考えてきませんでした。

これらの心境の変化は自己肯定感が上がってきた結果だと思います。

ずっと、いつまで生き続けなきゃいけないの?と思っていて、男の人に刺激を求め、仕事ではとりあえず現状維持することで生き延びてきたのかも、と気づきました。

それが崩れた今、この先を続ける力が無くなってしまいました。自分が心地良いことをしたり探すのも負担で疲れた、もう生ききったから許してという気持ちです。これは一体何なのでしょうか?
(Eさん)

続きを読む

分かっているのに動けない理由~感情、思考、行動の不一致がもたらす不具合について~

私たちが気分よく行動するには「感情」と「思考」が一致している必要があるんです。
どちらかがブレーキになっていると「行動」がなかなかできません。
そこで「感情」と「思考」をどう整理していくか?について簡単にご紹介しています。

「分かってはいるんですけどなかなか動けないんですよね」
「やろうやろうとは思うのですが、ちょっと勇気が出なくて」
「こうすればいいって思うのですが、なかなかできなくて」

などのお話をよくお聞きする今日この頃です。
待つ女シリーズでも頻繁にみられる言葉ですが、なぜ、そんな思いが出て来るのかを改めて考えてみたいと思います。

「分かってはいる」とか「やろうとは思う」とか「こうすればいいと知っている」というのは、要するに「頭で考えたり、情報を仕入れたりしている」という状況で、それと実際の「行動」には少し乖離があります。

そもそも私たちは「感情」や「思考」そして「行動」というのを一連のものとして捉えやすいのですが、全部別々の、独立した存在でして、それゆえこんな現象も生まれます。

「何で自分がこんな気持ちになるのか理解できない」(感情vs思考)
「こうした方がいいって分かっているのに違うことをやってしまう」(思考vs行動)
「やる気は十分あると思うのだけど、いざとなると行動できない」(感情vs行動)

また、感情を無視して行動だけしてしまうと心と行動がちぐはぐなので、「いまいち腑に落ちてない」「やるだけやってみたけどなんか違う気がする」と思いますし、思考を無視して行動してみれば「動いてみたけど納得感がない」とか思うものです。

だから、「感情」「思考」「行動」がすべて同じ方向を向いてはじめて「いい気分で、納得して、動くことができる」というわけです。
続きを読む

裏ファザコンと父軸を手放して、心を大人にする方法

お父さんと長年葛藤があるとまるでファザコンみたいな心理が生まれてしまい、父軸になり、お父さんに依存するマインドが生まれてしまいます。
それを社会に投影すると、上司や彼氏とも同じような関係を築いてしまうので、それを手放して、心を大人に成長させるのが良いと思うのです。

いつも楽しく読ませていただいています。
私は39歳独身一人暮らしです。
今回ご相談させていただいたのは、対人関係において気持ちの良い距離感、良好な関係が未だ掴めず、他人の気持ちに振り回されては気持ちが振り回され苛立ったり妬んだり人のせいにしたりと自分の気持ちを上手にコントロールが出来ません。
特に上司や彼には相手に求める気持ちばかり出て来て思うようにいかないことに怒りが治りません。
それが理由で、2年同棲していた彼とは10月に別れましたが、私は何を求めていたのか自分でもわかりません。

私は3人兄弟の長女ですが、父親の性格が細かく他人の言動を監視してはいちいち口出しをし、注意ばかりの環境でした。いつも長女である私が怒られていましたが、母はフォローすれば父に怒られ、妹弟も見て見ぬ振りの為、誰にも悔しい気持ち、悲しい気持ち、寂しい気持ちを話せず、家族には強がるようになりました。
笑えばバカになると言われ、喧嘩すれば煩いと怒られ、黙れば謝るまで押さえつけられ、何をしても口だされ足音が聞こえると逃げるようになり、次第に言っても無駄だと感情を出すのを諦めましたが、成長するとその矛先が兄弟、クラスメイトの上に立つ事で発散していたように思います。その為学生時代も気にいらないと関係を絶っていました。
正直、1人は寂しいのに人に興味がないです。

8月下旬に認知症の祖母が実家に来てから、父親が昔私にしていた事と同じ事を祖母にしており、また思い出すようになりました。
しつこく祖母に注意をし、それを止める母と喧嘩になり、祖母が口を開けば父がムキになって食いついています。

父親に昔の自分を思い出すからやめてほしいと伝えたところ、まだ引きずっているのか、と2度も深夜に至るまで大喧嘩になりましたが、話し合っても父は間違ったことはしていない、私は見たくない、の平行線の為、私が距離を取れば済む話なのかな、と距離を取るようにしています。

私の対人関係においての距離感は、幼少期からの家庭環境が影響していると思いますが、友人、職場、彼氏、と対人関係で0か100かという感覚になり、相手を受け入れられません。そんな自分も受け入れられません。
どうかアドバイスをいただけますと嬉しいです。よろしくお願いします。
(Mさん)

続きを読む

成長を促進させる「素直さ」と、それを妨げる「プライド」「競争心」の問題。

早く変化する人、なかなか変化できない人、その違いは何か?について考えてみました。
タイトルにすでに答えが書いてあるわけですが、じゃあ、そのプライドや競争心をどうしたら手放せるのか?までお話しています。
結局は、自己肯定感、ということになるんですけれど・・・(笑)

個人セッションやらお弟子さん制度やら連続セミナーなどでいろいろな方とお会いしてきて、それで、びっくりするくらい早く変化する人と、なかなか変化しない(動けない)人と、なんでだろうなあ・・・と考えていました。

で、結論から言いますと「素直」な人はほんとに変化が早いです。
私が言ってることがすべて正しいとは全然思わないですし、人によっては合わない人も当然いるので、その前提でぜひ読んで頂きたいのですが、「こうしてみたらどう?」って提案したことを「はい!」って言ってすぐにやる人はやっぱり変化が早いです。
しかも、何なりと結果を出してきます。
それで、「根本さんのお陰でよくなりました!」とたくさん感謝してくれます。

まあ、何て素直なんだろう!謙虚なんだろう!と思えるので、そういう人を「めちゃくちゃすごいね!」と思って、即、尊敬モードに入ってしまうものです。

・・・とはいえ、私もそんなきれいな人間じゃないので(要するに偏屈なんですな)、そんな素直に行動されて結果を出されると嬉しいんだけど、素直にそれを受け取れないんですけどね(笑)

いわゆる「手ごたえ」がほとんどないので、「根本さんのお陰って言ってくれるのはありがたいんだけど、まあ、たぶんタイミングが良かっただけで、その人は勝手に成功していくんだろうと思う。その一端を担わせてもらっただけで僕は偉くもなんともない」とか思っちゃうんですよね。

だから、あちこちで「根本さんのお陰でー」なんて言ってくれると嬉しいんだけど、「何もしてないのにー。恥ずかしいわー」と思ってしまうんですよね。

むしろ、駄々をこねたり、やるやる詐欺師だったり、こじれちゃったりしている方の方が何となく面白味を感じちゃって、そんな人があれこれ変化していってうまく行った方が、なんか「やったった感」があるじゃないですか?
やはり私が職人気質だからでしょうか。

・・・あ、それで私の読者ならびに受講生はおしなべて・・・(検閲削除)
続きを読む

「ない」ものはずっと「ない」ままだから「ある」を意識づける~思い込みが世界を創造する~

「時間がない」「お金がない」「男がいねえ」などの思い込みが習慣化されると、仮に「時間がある」状態が与えられても、あれこれ予定を詰め込んで即座に「時間がない」状態を創り出します。
「今日はいろいろできる時間があったのになあ。気が付けばもう夜。何してたんだろう?」なんて思ったことはありませんか?

昨日、面白いネタが浮かんだと思って意気揚々と原稿を書こうと思ったら、よりによって弟子のサトヒが同じ話を書いていたので(そりゃ奴がネタ元だからな)、拗ねて本の原稿を書き始めた私です。こんにちは。お陰で脱稿できました(笑)

さて、よくクライアントさんからも「3月で仕事を辞めたらやりたいことがいっぱいあるんです。今は時間がなくてできないことができると思うと楽しみです!」などとお聞きすることがあるんですね。

すると「そのワクワク感に水を差すようで申し訳ないんだけど、今時間がなくてできないことは、仕事辞めてからも時間がなくてできなくなるから、今からあまり計画を詰め込まない方がいいですよ」と夢をぶち壊すようなことをお伝えしたりします。

「ない」という思い込みは、それが思い込みである以上、状況が変わっても、人間関係が変わっても、そのうちその思い込みが復活してきてやっぱり「ない」という現実を作り出すものなんです。

時間に限らず、お金もそうだし、恋人も、婚活も、仕事も何にでも共通します。

私たちはひとりひとりがそれぞれの世界の創造者なので「ない」と思えば「ない」ことを作り出します。
言い換えれば、「ある」と思えば「ある」世界を創造できるのです。これが今日のお話です。
続きを読む

みんなに好かれたい、うまくやっていきたい、という思いが逆に孤立を招く悲劇。

そういう思いを持つのは自然なことかもしれませんが、それは他人軸で、かつ、自己肯定感が低いからこそ生まれる発想です。
そこに「取引」が生まれ、「犠牲」が生まれるので、とても疲れやすくなるだけでなく、肝心の相手からは慕われず孤立を招いてしまう悲劇が生まれるのです。

根本先生
いつもブログや書籍にて勉強させていただいております。
どうもざわざわすることがあるのでご意見お願いします。
わたしは皆んなに好かれたいし、うまくやっていきたいという欲が強いです。こと、子供に関わることであれば更に強気ではいけずにママ友には八方美人になったり、張り切ったり頑張ったりするタイプです。
親しいママ友が数人いたらいいと思う反面、みんなに好かれたいしうまくやりたいと思っていて、そんなに失態をしでかしていない(自分の見解)と思っているのに、幼稚園で三年目になるとかなり避けられたり、仲間に入れてもらえなくなっています。
数人は仲間がいるし、それでも別にいいわと強気でいようとするのですが、なぜハブられているのかモヤモヤします。
もうすぐ卒園なのですが、今のところ卒園式後の謝恩会も話を聞いていなくて、今日数人の仲良しの友達の一人から「謝恩会のこと聞いてる?」と言われたため、まさか!と内心思いつつ、冷静を装い話を聞きました。
その友達も誘われただけなので、わたしを誘うという権限はなさそうです。

子供もきっと最後だし、行きたいだろうなぁと思うと心が痛みますし、そこまでの失態もしていないと思っているのに何故うまくやれなかったのか。自分で掘り下げるにも思いつきません。
子供が関わることはやっぱりうまくやっていきたいし、友達はほしいです。一匹オオカミではなく群れるのを好むタイプなのだと最近気づきました。
少しヒントを頂けたら幸いです。
(Yさん)

続きを読む

なぜか父親と似たタイプばかりを好きになってしまうのはそれくらい愛が深い人だから。

なぜか同じような人ばかりを好きになってしまう、と思ったらお父さん(お母さん)と似たタイプの人ばかりだった・・・。
恋愛でよく起きるこのパターンを深堀りしてみると、そこには「めちゃくちゃ愛の塊」である自分が見つかるのです。

根本先生こんばんは。
先生のブログや本を読み漁り、武闘派女子への道を突き進みつつあるSと申します。
いつもブログ更新楽しみにしています。

先生のブログではお金と心の関係について度々目にしますが、いつも経済的に不安定な人ばかりを好きになってしまうのも私の心の癖が原因でしょうか?

というのも、今まで好きになって付き合った男性はほぼ全員、いざ結婚!という段階になって実は非正規社員であることをカミングアウトされ、泣く泣くお別れというパターンです。

私は自営業で経済的に不安定な父×ギャンブラーで専業主婦な母の元で育ちました。お金が無いことで両親はいつも喧嘩しており、「死んでやる!」が口癖の父が家に灯油を撒くのを泣きながら止めたり、お金がなくて病院に行けず弱っていく母を必死で看病したり、私にとって家は、安住の地ではなく地獄でした。

そんな子供時代でしたので、自分が将来結婚するなら経済的に安定した男性を選び、自身もバリバリ働く母になることを固く誓って生きてきました。

ところが、フタを開けてみれば好きになった男性は父と同じ経済力がない人ばかり。

本当は彼氏のことが大好きでずっと一緒にいたかったのですが、子供時代のトラウマが蘇ってきて、どうしても結婚には踏み切れませんでした。
別れを選ぶたび、自分にもっと経済力があればずっと彼といれたのにという無力感でいっぱいでした。

もうこんな思いをしないため、根本先生の本を読んで自分の心と向き合い、自己肯定感アップに努めました。

その結果なんと!今まで出会ったことない紳士的で愛情深く、おまけに大企業努めの今彼と結婚前提にお付き合いすることになったんです。

私もついにヘラクレスオオカブトに出会ったのだと有頂天でいたところ、本日「実は俺、契約社員なんだよね。ごめん」といつものお言葉いただきました。

こんなことってあるんでしょうか。
信じられない気持ちで今この文章を書いています。

もう白旗を上げ、経済力はないけど大好きな彼と一緒になる覚悟をするべきでしょうか?
それとももう一度、修行の旅へ出かけた方が良いのでしょうか。
本だけでなく根本先生のセミナーに通うべきですか??

一体なにからどうしたら良いかわかりません。
根本先生のネタにしていただければ幸いです。
(Sさん)

続きを読む