ココロノマルシェ カウンセリング体験会!いよいよ本日開催~!!準備の様子を撮影してみましたー!

まもなく初めてのお弟子さんイベント「カウンセリング体験会」が開催されます。
80名ほどの来場者に、55枠の事前予約を頂いています(当日枠は22枠ありますよ!!)。

飛び込み参加も、当日来て枠を予約していただくこともできますので、みなさん、ぜひお越しくださいませ~♪17:00までやってますー!!(最終受け付けは16:00過ぎかな?)

なにぶん初めてのイベントなので行き届かない場面もあるかもしれませんが、どうぞご容赦くださいませ。

カウンセラーたちはふだんと違ってちょっと緊張した様子でみなさまをお待ちしています・・・けど、動画ではそんな雰囲気出てないですね(笑)

こんな感じのスペースでみなさんをお待ちしてますー!!という意味で動画を撮ってみました。

過去のトラウマと向き合うことがなぜ役に立つのか?~そのできごとはまだ過去になっていないのかも!?~

絆創膏を貼って治る程度の傷ならば自分で何とかできるけど、それでも治らない傷は、一度お医者さんに診てもらうように、ちゃんと向き合ってみるといいと思うのです。
そのやり方と効果について今日はなるべく丁寧に解説しています。

根本さま
いつも楽しく拝見しております。元神戸っ子のSと申します。
根本教の戒律(記事)を何日もかけて読んで、自分がロックウーマンなのだと初めて認識致しました。
で、同時にどうも私は男性不信なのかな、とも思い始めました。
もう四十路も半ばを過ぎ、子供も成人し、男も女も関係ないわどーんと来いやぁ!と自分では邁進してたつもりだったのですが、近所で男児(幼児~大学生)がウェーイしてたりするとイラッとします。
女の子は全然平気なのに。他にも職場の男性が想定以上に近寄ってきたりすると、恐くなって身構えてしまいます。
もちろんそうなってしまうだけの過去(ありきたりですがセクハラやら夫からのDVやら)があったのも事実です。
ラスボスおかんが最終試験なのは重々承知ですが、ネタとして御指南頂ければうれしいです。
では大阪の僻地より応援しております!
(Sさん)

続きを読む

ショックなことがあったときは迷わず「非常事態宣言」を出そう~そんなときの4つの過ごし方~

昨日、インスタにこんな写真をアップしたんです。

東京の個人セッションだとセミナールームでやることがほとんどで、私の背後にはホワイトボードが控えているので、何かとここに書いて説明したりしてます。
(大阪やそのほかの地域だとノートに書きますね)

で、ああ、これは使えるぞ!となればSNSにアップしたりしています。
そう、みなさんは黙ってシェアしてくれたらよいぞ。苦しゅうないぞ。
続きを読む

頑張り屋さんやデキる人ほど、無意識に相手に期待し、相手をコントロールしたくなるもの。

自分ができることは相手もできるはず、という期待を私たちは無意識に持つものです。
そして、その相手を自分の期待通りにコントロールしたくなるものです。
しかも、自己肯定感が低いほど、その期待は強くなり、その分、裏切られた感が付きものになります。
期待が生まれる、ということは実は他人軸である証拠なんです。

以前主人の仕事と人間関係について、私は何ができるのかをアドバイス頂いたAです。
この1年間、主人の仕事を私も手伝い始め、私の知恵をフル回転させて様々な改善を手伝ってきました。
経理や経営の勉強をして資格も取り、義父母(主人は後継ぎ)や税理士さん、従業員の方達と話し合いをし、主人にも問題点と解決策を提示し、我ながら本当に全力で主人のためにサポートしました。
前半期は今までになく仕事の成果が出て、主人も以前より不機嫌なことが減りさぞ頑張っているのだと思っていました。
しかし後半期に入ってから業績が落ちてきて理由を探る中で、実は主人の態度や言動自体は以前とあまり変わりなく感じ悪く、一部の反りの合わない顧客からはまだクレームや不信感が募っているということが分かり、なんか今がっくりきています。
私の前では主人はさもよく分かった風で感じも良いので、気づかなかったというのもあります。
最近はみんな以前より風通しが良くなったからか、文句や主人の良くない面が私の耳までばんばん届く様になり、あれだけ主人の話も聞き、慰め励まし、具体的なアイディアまで出してサポートしていたのになんなんだ、と主人への気持ちが少し冷えてきています。
でも専門技術の必要な仕事なので、結局は主人に頑張ってもらうしかない、というのも辛いところです。
私はというと先生のアドバイス通り、自分の楽しみも定期的に予定に入れては気分転換していますが、
長期戦といえどもあまり成果が出ないとモチベーションを保つのが難しいです。
私はもう気を紛らわすこと位しかできないのでしょうか?先生のご本は常に5冊くらい枕元に常備していますし、1年前のアドバイスも新たな気持ちで再度読ませて頂きましたが、できたら先生の生のアドバイスをまた頂けたら幸いです。
(Aさん)

続きを読む

両親が不仲だとなぜ子どもは罪悪感を抱えてしまうのか?~どうしたらその罪悪感とおさらばできますか?~

大好きな人たちがケンカしているのは心を痛めるだけでなく、罪悪感も募らせます。
その理由について改めて考えてみましょう。
そして、罪悪感本には書いていない許し、癒す方法もご紹介したいと思います。

こんにちは!平成のAです!
何度かお世話になってます。

最近、7年通っていた個人カウンセリングを一時ストップしました。もう行かなくても大丈夫かなーと思えたのと、カウンセリングにいくなら友達と遊びたいと思うようになったからです(笑)
しかし、辞めて数週間経った頃から心がモヤモヤしだし、ストレスが溜まってきました(涙)そして自分の中にあるものに気づきました。。。
とてつもなく大きい罪悪感です。
今まではカウンセリングで小出しに出来ていたから気付かなかったですが、自分の心の中にこんなにも大きく居座っているとは思っていませんでした(笑)近くにありすぎて気づきませんでした(笑)

そしてよくよく考えてみるとこの罪悪感のせいで色々と困ったことや問題がおこって来たことに気付きました。
整形をしたり、彼氏に過去の事を言えず処女と偽ったり、元彼の数を少なく言ったり、、、笑。この原因って全部罪悪感だなーと。
なんだい!カウンセリングに7年通っていくら使ったと思ってるんだー!笑
どうしたらこの罪悪感とおさらばできますかー?
両親との関係は父よりも母がラスボスだった事に気付き格闘しています。父は許せましたが、母には何かとイライラしたりしてしまいます。

教えてドラえもん!じゃなくて根本先生!
(Aさん)

続きを読む

母親との心理的距離がパートナーとの親密感を決めてしまう???

昨日の大阪1DAYセミナーで「母との癒着とパートナーシップの関係について」というテーマが出てきたので、今日のネタにしてみようと思いました。

私たちは幼少期に母親との心理的距離が「人間関係の土台」となり、その後の人生の人付き合いがある程度決まっていく傾向にあります。

続きを読む

自分軸で生きるとは、すべて自分が望んで決めたことだ、という見方をすること。

これってけっこう核心をつい話大事なと思うんだ。(と、自分のツイートを貼り付けてみた)

次に書く本は、これが主要な命題になると思う。


とても心理学的な見方でこのお話を解説していきたいと思います。

「潜在意識(無意識)はすべてを知っている」という見方があります。

私のセミナーで、例えばリトリートセミナーや1DAYセミナーなどの深い心の部分を扱うときに、こんな話をすることもあります。

「ずーっと昔から、今日、この場で、こういう形で出会うことを私たちは約束していました。

自分ではそう自覚していなかったけれど、今日この場でここに集まったみんなと出会うことを自分で選択していました。

むしろ、ここにいる人たちはあなた自身が出会うことを望み、あなたが指定した人たちです。

もちろん、私もあなたに指名されました。自覚はしてないですけどね。

そして、お互いに望まれたから、今日、ここで出会うことができたのです。」

また、パートナーシップでのレクチャーではこんな話をすることもあります。

「振ったり、振られたり、というのは実はもうお互いの潜在意識では了解されたことなんです。

どっちが振る役で、どっちが振られる役で、どういうシチュエーションで別れ話をして、何が原因なのか、もお互いに了解して起きるんです。

もちろん、そんなこと、全然意識できないですけどね。」

ちなみにこの辺の話をより詳しく知りたい方はこちらのDVDなどをどうぞ!(あからさまな宣伝す!)

『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』

『史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~』

出会いと別れ、だけでなく、自分自身に起きることも(それが病気や事故や死であっても)、私たちの潜在意識がそれを望んだから起きています。

そうなることを自らが決めているんです。
続きを読む