不足を埋めるために頑張って来た人がその前提に気付くと頑張れなくなる法則。

自分は30点の人間なんだ、という根拠のない理由を元に、不足分(70点分)を補うために頑張ってくると、当然ながら疲弊してしまいます。
それに気付くと頑張る根拠がなくなってしまうので、だらだらした人間が誕生するわけですが、それは至極順調な変化なんです。
さて、そのとき、何をすればいいのか?そして、その後はどうなるのか?というお話をだらだらしています。

根本先生
こんにちは。いつもブログや本に助けられています。

伺いたいことがあり、メールしました。
いつかブログやvoicy でネタにしていただけたら嬉しいです。

6年前に育休から復帰してから、自分としては忙しい日々を過ごしてきました。
子どもがいるので、急な病気や長時間勤務などができず、自分が不足しているように感じて、それを埋めたいと自分なりに一生懸命働いて来ました。
元々子どもの頃からなぜか、自分は30点くらいの人間で、精一杯努力しても70点くらいという思い込みがあり、ずーっと不足を埋めなければという思いでやってきました。

そんな中、根本先生のブログや本を読んでいるうちに、ふと30点てどこから来たんだろう?本当に30点なのかな?と思いはじめ、なんだか思い込み自体がバカバカしいと思うようなりました。

それが数ヶ月前ですので、25年以上もずーっと不足を埋めることをモチベーションにしてきてしまったせいで、ほかの頑張る理由がなかなかみつけられないでいます。
もちろん所属する部署のために、仕事の相手のためにとは思いますが、今までのような気持ちでは働けていない気がします。

普通の人はどんな風に頑張ってるんだろう!とさえ考えてしまいます。

30点の思い込みから抜け出せたのは良かったのですが、そこから進めず、何だかダラダラとした気持ちでいます。。

こんな悩みを持つ人はいないでしょうか。。

ネタにならなければご放念ください。

いつも本当にありがとうございます。
寒くなってきましたので、お体にお気をつけください。
(Eさん)

続きを読む

辛かった頃の自分を解放してあげると本来の自分が蘇ってくる。

親のケンカや学校でのあれこれで辛い暗黒時代を送ってくるとファンタジーやアンダーグラウンドの世界の住人になるだけでなく、本来の自分を隠し、耐え忍ぶ生き方が板についてしまいます。
改めてその時代の自分を解放してあげることで、本来の自分を取り戻してあげることができると思うんです。

根本先生こんにちは。
根本先生、いつもありがとうございます。

今日は『多感な頃の自分を癒す』について教えてください。
今私は27歳で、人生を振り返った時に思うのは、特に小学生から中学生くらいまでは心が壊れそうなほどつらかった、です。

小学3年生から中学生くらいまでは、両親が寝ても覚めても毎日怒鳴りあいのケンカをしていました。原因は父の浮気だったと思います。
インナーチャイルドセラピーで幼い自分に何度も会いに行き、寄り添い、抱きしめ、何もできなかったにしろただ生きてくれたことに感謝を伝え、癒すことを続けています。

今は小学生の頃の自分以上に中学生の頃の苦しさに悶絶しています。
そして気づいたことは、中学生の頃に感じていた苦しみと、今感じている苦しみが似ている…

中学生の頃、部活が嫌いで心が限界に達し、行くことができなくなりました。
中学生の自分はものすごく狭い世界に住んでいて、辞める、ということがどうしてもできませんでした。
部活をやめたら絶対噂になる、悪く言われる思われる、
親にもこんなこと絶対に言えない、申し訳ない

今でこそ、全然そんなことないんだよ!と言ってあげられますが…

土日や夏休みなんかは地獄で、部活に行くふりをして毎日サボっていました。
この時間がとてつもなく苦しかった…
中学生なんて金銭的にも行動範囲的にも行ける場所なんて限られており、図書館か中古マンガショップでひたすら時間をつぶす毎日でした。

今私は『死亡フラグが立ちそうなほど退屈な仕事だと感じるのに辞めることができない』

『婚約者がいながらも結婚に拒否反応を示し、不倫もしている』
という悩みを持っています。

今感じる感情が多感な頃と似ている、その頃に決めた自己価値を持ち続けている、のでしょうか?
自作自演ですが八方塞がりで苦しいです。
正解を求めてしまうようですが、やはり『多感な頃の自分を癒す』は鍵でしょうか?
(Mさん)

続きを読む

親との問題を必ずしも解決しなくても良い!?~幸せになったら何でも許せるんだよね~

セッションでその人の「今」をお聞きしています。
私の場合は今のところパートナーシップとライフワークに関する問題がほとんどで、そこに家族(子育て含む)や自分の性格についてのご相談が入ってきます。
とはいえ、問題の成り立ちは複合的なので、一見、「野良猫男子にまた逃げられた」という問題に付随して、「ハードワークに燃えてしまう自分」や「おかんとの癒着問題」が絡んで来るものです。

そりゃあ、一人の人間が恋愛をし、仕事をし、親と付き合っているわけですから、そのパターンは各方面に発揮され、複合的な問題となるのは至極当然と言えましょう。

もちろん、「仕事やお金はうまく行ってる。問題なのは男だけだ」というケースも多いわけですけど、それとて、「いやー、親が過干渉で参っちまいましてね」とか「学生時代、モテ過ぎて女子の嫉妬を買いまくってたね」などの背景が浮かび上がると、途端に複合的な問題となっていくわけです。

さて、すでに親の話もちらほら出てきているわけですけど、カウンセラーという職業柄、「今の問題がなぜ起きているのか?」を理解するために、子ども時代の家庭環境や学生時代のこと、お仕事や恋愛、結婚歴についてあれこれお聞きして行きます。

そうすると「ああ、そうするってぇと、あんたは母親の母親役をずっとやっちまって来てるわけだねぇ。父親が頼んなかったのも大きいねぇ」などと親子関係の問題がクローズアップされてくることも珍しくありません。

それで「とりあえず、母親にお恨み帳を20冊ほど書きねぇ」とか「結婚式の花束贈呈のときに読む両親への手紙を書いてみなせぇ」などという宿題を出したり、イメージワークで母親と向き合ったり、ロールプレイセッションで母親との癒着を切ったりなんてことをよくしています。

★そんなロールプレイセッションが受けられる1DAYセミナーを開催しますぜ!

東京:1/12(日)11:00-18:00 愛で問題を解決する1DAYセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32857
続きを読む

家でできる心をゆるめるワーク集

家でできるものばかりではないですけれど、セミナーが待てない!とか普段家でできることをやりたい!という方にお届けします!

根本先生こんにちは

ここ最近、停滞期?なのかずーっと不調なのです。

これじゃいかん!!と思い、心とカラダをゆるめるWSに申し込んで、それに行けば、何とかなる!!

そこに行きさえすればこの心のモヤモヤやしんどさなんか緩んじゃうんだもんね~イヒヒヒ…と放置していた私です。

台風によってWSは2ヶ月後へと吹き飛びましたが、私の心のモヤモヤは吹き飛ぶ気配がありません。(←上手いこと言えてる…?実は、ブログで根本先生に文章上手いですねって言って貰えてる人が羨ましくて、毎回ヤキモチ焼いちゃう…!私だって上手いこと言って感心されたいの…)

この状態なんだかやばいなぁと思いつつ、入浴剤入れてイメージワークしながらお風呂にゆっくり入ったり、褒め日記再開してみたり、マッサージ行ったり、ウィッシュリスト作ったり、アファメーションしたり、お出かけしたり、やれる時にできることはやるようにはしているんですが…

肩痛い…腰痛い…肌かゆい…心重い…わからん。自分の気持ちがわからん。つかれたー!!!私、めちゃくちゃにつかれておるー!!!自分軸どこにあるんー!?どこ行ってもうたーん!?
今日も、会社の人にめちゃくちゃ褒めてもらったんです。いつもならジーンとしちゃうくらい喜ぶのですが、その時は「あっなんか私の心硬いっっ…全く受け取れない…」って思いました。

さて、12月まで待てないそんな私にオススメの、家でできるゆるゆるワークを伝授していただけると幸いです。何卒、よろしくお願いします!
(Mさん)

続きを読む

「欲求」との付き合い方~自分をありのままに知り、直感や感覚を信頼すること~

直感は正しいものなのですが、つい思考や欲求(感情)にかき消されて面白くない選択をしてしまうのが私たちです。
それが人間らしくて愛おしい面でもあるのですが、自分を傷つけ続けたり、自分らしくない人生を歩むことになったりしたら面白くないですよね。
欲と上手に付き合うには、自分をありのままに知り、直感や感覚をもっと信頼する、ということが相応しいのです。

根本先生、こんばんは。いつも心がアワアワしたら先生のブログを読んで落ち着きを取り戻してます、Mです。

武闘派あるあるかもしれませんが、私はそっちの欲が高めです(笑)そのせいか、それ目的の人に引っかかることがあります。理性でこいつヤバいな~と思いつつも引っかかりそうになり、人生3回目にして、友人の助言をもってちゃんと事前に自己防衛出来ました。

2度あることは3度ある、、
3度目の正直、、とあるように、
さすがに3回経験するといい加減パターンも分かり、さすがにこれはやんないな、良い勉強になったな、なんて思います。割とスッキリ爽快な気持ちです。反省、対策も考えました。

良い友達を持ってよかった、
やはり信じるべきは自分の友達、
自分の勘は当たってたんだし、そしたら勘で良いと思ったことは大丈夫なはず、
まぁ前向きに捉えると、色気出過ぎってことかな?笑 
ちゃんと危険と分かって対応する本能が残ってるし、やりきったんだからいいじゃん、とか思うんですが、

正直終わると怖かったし、
仕事でも得意技はトラブル対応だし、
(続くと嫌気がさすんですが、難しいことを解決するのが楽しいのか、俄然やる気になってしまいます)
自分はそもそもトラブル好きなのか?と思ってしまいました。

思春期に親の過干渉を経験してますが、現在は自己肯定感は大分上がったと思ってます。ライフワークのストレスの鬱憤の反動が出たのかなぁ、、なんても思いますが、そもそもの気質ってあるのでしょうか。

平和で穏やかな余生を過ごすにあたり笑、ご教示頂ければ幸いです。
(Mさん)

続きを読む

問題と才能の現れ方~例えば豊かなセクシャリティを持つ女性はヒーラーであり、それがゆえに傷ついてしまう~

「才能」と言うとtalentという意味を思い浮かべられる方も多いと思いますが、心理学ではgiftという表現をして「あなたが生まれたときに神様から与えられた贈り物=才能」という解釈をしています。

もちろん、誰にでもあるもので、あなた自身も例外ではありません。

ところが、この才能。その能力が大きければ大きいほど、その分野においてあなたは苦悩を強いられる、という状況が訪れるのです。

ちょっと想像してみてください。

あなたがもし「平和」という才能を持っていたとするならば、次のどちらの家に生まれようと思うでしょうか?

A.怒号や暴言が飛び交う荒れた家庭
B.家族みんなが仲良く暮らしている家庭

あなたがもし「豊かさ」という才能を持っているならば、次のどちらの家に生まれようと思うでしょうか?

A.とても貧しく、日々の食事にも困る家庭
B.安定的な収入があり、経済的に不安のない家庭

言うまでもないですよね。きっとあなたは「A」の家庭を選ぶはずです。

ところが、当然ながら子ども時代は幼く、人間社会においては力もありません。
両親のケンカを止めようとしても、むしろ跳ね返されたり、逆に暴言を吐かれたりするでしょう。

そして、あなたが「平和」という才能を持っているがゆえに、その才能が活かせない状況に傷つき、罪悪感を覚え、激しく自己嫌悪するでしょう。
しかし、その才能があるがゆえに、何度も傷ついても家族を平和にすることを諦められません。
もちろん、その人は「家族」の枠を飛び出したなら、学校や職場、パートナーシップ、友人関係などの世界においても再び、同じ状況に自分を置くことになるのです。

すなわち、ずっと「争い」の中に自分を置いて、常に「平和」を実現すべく奔走することになるのです。

そうした観点から「問題の影に才能あり」という格言が生まれました。
あなたがずーっと悩んでいる問題があるとするならば、そこにあなたの才能があるのです。
続きを読む

自分で自分を傷つける行為がやめられない裏にある「助けを求める声」に耳を傾けてみる。

自傷行為って表面的なものだけじゃなく、内面的には壮絶なものがあると思うんです。
つまり、強烈な自己否定、自己嫌悪ね。
でも、そうせざるを得ない理由もちゃんとあるんです。
それは助けを求められない私が見つけ出した唯一の方法、なのかもしれません。

根本さんはじめまして。
野良猫男子との不倫の末、ズタボロになって根本さんにたどり着き、助けていただいたアラフォー主婦です。まだセミナーには参加したことはありませんが、書籍は1冊購入させていただきました。これでも熱烈な根本ファンです。(笑)

わたしは自傷の癖があります。唇や口の中を血が出るほど噛んでしまう、逆剥けをむいてしまう、といった癖です。男に会う前は恥ずかしいので我慢して傷を治し、その後はまたやってしまう、、といった悪循環です。皮がボロボロになった自分を汚く、恥ずかしく思っています。
因みにオナニーの際は、嫌なのに好きな男と別の女がしているところを想像しますし、わざわざ思い出したくないショックな出来事を思い出し、懐かしみ嫉妬する変態です。
ちなみに、旦那とはセックスレス(わたしが拒否)による離婚問題が勃発しましたが、今は友達のような関係で落ち着いています。旦那には汚いと思う自分をさらけ出していますし、わざと悪態をついてしまいます。
多分わたしも親密感を恐れる野良猫です。仲良くなっても、時が経つとこちらが嫌になって関係を絶ってしまうこと(そんな出来事が起こる)が多いです。そのことに罪悪感があります。
母親の言う事が正しいと思い、その通りに生きてきたところがありましたが、最近はこんな年ながら反抗期です。(笑)
お陰様で大分自己肯定感が上がり、生きやすくなってきた感じはしますし、自分を綺麗だなーって思いますし、そこそこモテます。しかし、自分を傷つける癖が治りません。治したいのですが、これは自己肯定感が関係しているのでしょうか?
PS ここまで書いてきて、わたしって随分自分のことが分かるようになってきたなーって思いました。(笑)数年前は自分が無いことにあんなに悩んでいたのに!
(Yさん)

続きを読む