nemoto_talklive2015
nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

「結局あたしはこういう女なんだよね」と自分を知り、受け入れると肚が括れるので自由に生きやすくなるって話。

野良猫好きの野良猫ちゃんの話はよく出てきますが、その恋をもう卒業しよう、そのパターンを手放そうと思ったら、それにふさわしいヴィジョンが必要なのも事実。
ただ、そのためにも「今の現在地」を知るために「今の自分」を知り、受け入れることが大事なんです。

初めてリクエストしました。
根本先生のブログを読み、voicyを聞き、YouTubeを見て、書籍を購入!
次はお会いしてエアハグするだけです!

とまぁ…前置きが長くなってすみません。
野良猫の彼が家猫になりそうで怖くなっているんです。
よかったらネタにしてください。

彼は野良猫と少しロックマン要素もあります。
彼からの熱烈アプローチで2ヵ月追いかけられ捕獲されたのち、お互いジリジリ攻防戦を繰り返すこと1年、彼のシャッターが前触れもなく降ろされ3ヵ月。
その3ヵ月の間、どんな作戦を仕掛けても岩のようになってしまい私も疲れていました。
するとそこへ現れたのはヘラクレスオオカブトくん!
あれ?こんな普通に連絡ってとれるの?

ヘラクレスオオカブトくんのおかげで野良猫を追いかけなくなったんです。
しばらくやる気のなかった美容から投資をして、ご飯をつくって、読書をして平和に暮らしてました。
これが自分軸かぁと毎日楽しく過ごしてました。

そしたら私には起きないと思っていた例のことが起こりました。
なんとあの野良猫がすり寄ってきたんです。
気のない返事をしていればどこかへ行くかなと思っていたのですが、家猫になりそうな勢いです。
なんだかとても可愛いのですが、そんなに寄ってこられても…私も野良猫ですね。

このまま野良猫を家にいれてあげないなんてとても心苦しいです。
抱きしめてあげたいのですが、また身も心もボロボロになりそうで怖いです。
以前、自分を大事にできなかった時期があり、そのときは本当に辛かったです。
当時の気持ちを紙に書いたり、スマホに打ったり、ときどき読み返しては思い出しています。
決断して迷って、決断して…ひとつずつ階段を登っています。
こんな風にしていれば少しずつ離れられるでしょうか。
(Yさん)

続きを読む

(GSご感想)全員初めましてなのに、共通点というか同じ課題を持っているということがびっくりでした。

SMさんからグループセッションのご感想をいただきました!ありがとうございます!!
「(満席)オンライン:6/6(日)、6/12(土)女性性とセクシャリティの問題を解決するグループセッション」
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/40764

根本先生、本日はありがとうございました。
すごいですね、グループセッション。
全員初めましてなのに、共通点というか同じ課題を持っているということがびっくりでした。
自分以外の他3人の方のお話に何度も首がもげるほど頷きました。

母親の母親役、家族を背負ってきた、男性が怖い、自分に対する期待を上げがち……まさに私でした。
なんかみんな優しそうでおとなしそうな見た目が似てるな…って思ったんですけど私だけですかね?
私は心に日本刀2本所持してますが。笑

私自身は、お話していて先生から「子供の頃寂しかった?」と聞かれたとき、答える前に涙が込み上げてきて、ああまだあの頃の漠然とした寂しさが残っているんだなと改めて思いました。
それと小学生のときの事件。これがやっぱり人間関係が苦手になった原因のひとつなんだな…と実感し。
先生に教えていただいたいくつかの宿題をやってみようと思います。
三十数年来抑えてきたセクシャリティ解放するぞい(‘・ω・’)

今回、自分を含めて4名という少人数だったのがよかったなと思いました。
あとZoomだったのでお互いの顔を見ながらだったのもよかったと思います。
会場に集まっての空気感の中でやるのもいいと思いますが、Zoomならではの良さもあると感じました。
また少人数のグループセッション開催してください!!!

最後に。今回一緒に参加した皆さんが今よりも更にハッピーマインドで過ごせますように!!!
わたしたちめちゃくちゃがんばっててえらいものー(*^^*)

(SMさん)

愛情表現の違いを乗り越えて信頼し合える関係を築く3つのステップ。

たぶんみんな頭では分かっているのだと思うのですが、愛情表現というのは人それぞれで、人との距離感もまた人それぞれです。
それを心で理解していないと不満・不安をひたすら溜めるし、愛情の豪快なすれ違いが起きてしまうのです。
そこから抜け出して信頼し合える関係を築くための3つのステップをお話しします。

みなさんは自分がどんな愛し方をする人なのか知ってるでしょうか?
そして、その愛し方はどれくらいの強度・頻度を持ったものか知っているでしょうか。

愛情表現というのはそれこそ立体的なもので、その方法の強度もさまざまだし、それを出すタイミングも人それぞれです。

例えば、AちゃんとBくんのカップルがいるとしましょう。

Aちゃんは言葉で愛情を表現したい人。スキンシップも大好きです。
そして、たいへん情熱的な人なので機関銃のように愛の言葉を伝えるし、一緒にいればずーっとくっついていたい人です。

一方Bくんはやはりそんな情熱的なAちゃんが惚れるくらいですからロックマン的な人。
仕事はバリバリできるし、理論的な思考も得意だし、信頼のおける人物です。
しかし、あまり言葉でのコミュニケーションは得意ではなく、恥ずかしがり屋なので人前で手をつなぐことは苦手です。
でも、二人きりになると甘えん坊な一面もあってAちゃんをきゅんとさせるし、デートもAちゃんの希望をできるだけ聞いてくれる優しい一面もあります。

しかし、Aちゃんは不満なのです。そして、不安なのです。

彼女は彼と結婚したいのですが、彼はそんな素振りは見せてくれません。
他の女の影は見当たらないものの、常に仕事優先で、連絡もマメではありません。
続きを読む

ジュンコと盛り上がったあっという間の120分のYoutubeライブ配信!!

天満橋の京阪モールの地下でお惣菜とかビールとかを買い込んで、ついでに成城石井でもうちょっとお惣菜を買い込んで会場へ。
もう慣れたものでものの10分でセッティング完了。
ゆえに配信開始を待てずにビールで乾杯して早速スタート。

続きを読む

大阪/オンライン:8/19(木)19:00-20:30 NHK文化センター梅田教室「寂しさの癒し方~孤独感とどう向き合う?~」(見逃し配信あり!)

1年ぶりにNHK文化センターにて講座をさせていただくことになりましたー!

テーマは「寂しさの癒し方」。
もちろん、こちらの本をベースにした講座です。

ここ最近「なんか寂しいな。孤独だな。」と感じることが増えていませんか?人が集うことに抵抗を覚える風潮の中でその思いを感じる方が増えています。そうでなくても、SNSの隆盛は人との物理的距離を空けた面もありますし、価値観の多様化により様々な生き方を模索する中で孤独を感じられる方も多くいらっしゃいます。そんな時代に寂しさや孤独感との向き合い方を学ぶことは自分らしい人生を生きるためにもとても役立つものではないでしょうか。実習を加えてその感情との向き合い方癒し方をお話しします。

続きを読む

今までと同じ職種はイヤじゃないけど楽しくない。けど、特別やりたい仕事も思いつかない。ってときに何をしていけばいいの?

地に足を着けて生きることって大事で、まずは生活を安定させることを優先し、その上でライフワークをデザインしていこう!という話です。
それはライフワークをファンタジーにしないためにも大事なことなんです。

5/13のパワハラの記事を見て私もリクエストしたいな、と思いました。

私はかつて勤務していた会社で精神的ダメージを受け休職していました。
復職後も調子が悪く、会社に行くのは辛かったですが我慢して働き続けていました。
他の企業に移るにも自信が無かったり、転職活動が思うように上手く行かず、そんな中でも次を決めてからでないと!と我慢して勤務していました。
その後、ある企業から内定をもらい転職しましたが、ここがなかなかのブラック企業で、「こんな従業員を大切にしない環境では続けてられないな、前みたいに体調崩したくないし」と思い、次の目途をつけないまま退職しました。退職し、劣悪な環境で働かなくて良くなったことにホッとしました。

私はずっと根本さんのブログを見て、嫌な事はしない・我慢しない・自分を守る・(趣味としての)好きな事をする・自分が楽しいと思えることをする、というのを実践してきました。そのお陰か、辞めた事に後悔はないです。
しかし、今後もこれまでやっていたのと同じ職種なのは嫌じゃなけど楽しくもないです。
組織にいるのも合わないんで嫌だけど、今、一人で出来ることも思いつかないです。ライフワークと言っても、特別やりたい仕事は思いつかないし、この先どうなるのかな?という不安が湧いてきます。
何かアドバイス頂けると嬉しいです。
(Rさん)

続きを読む

2刷「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版)

・この本をネタに8/19にNHK文化センター主催の講座を開催します。(6/14)
・早速、重版かかりました!(5/22)
・この本を題材に6/27にワークショップを開催いたします!(5/20)
・voicy / youtube / note版公開しました。(5/3)

続きを読む