previous arrow
next arrow
Slider

オンライン/大阪:7/19(日)15:00-17:00 右京みさほさんとのオンライン&リアル交換書簡を開催します。

セクシャルカウンセラーの右京みさほさんと先日ほぼ1週間前に告知というゲリラ的な作戦にて開催いたしました「オンライン交換書簡」。参加者は少なかったんですけど、その分、濃密でかなり盛り上がり、何よりも私たちがめちゃくちゃ楽しかったので、その場で「次いつしましょうか?」と次回開催が決まりました。

続きを読む

大好きな人にもっと近づけるためにちょいと自分の人生を整理してみない?

大好きな人がいるのになかなか距離が近づけず、また、今までも幸せな恋の経験がそんなにないとしたら、その奥に何らかの事情が隠れてることが多いんです。
今回はSさんのお話をネタに私がどのようなところを問題解決のためのポイントとしていくかをお話ししたいと思います。

根本先生、いつもお世話になっております。
voicyで嫉妬に荒れ狂う女として6/17に紹介頂きありがとうございます。
数回セミナーを受けて「悪女」と根本さんにコメント頂いただけで直接会話したことのない独身アラフォーです。
大好きな人と幸せになることを禁止している理由を知りたくて22歳の時に子供を堕しました。その直後、私は子供を産まない、この子の罪を償うためにと考えたことがあります。
20後半から30代は不倫や自分から関係壊す恋愛を20回以上繰り返し続けて、数年前の婚約破棄と大病治療をきっかけに恋人はいません。
2年近く大大大好きな片思いの人はいます。嫉妬も波があって、最近出てきてません。疲れちゃうから笑

両親とも教師でした。母は心配性、若い頃はヒステリックで自分の好みを私に押し付け、今は周囲に「申し訳無い」と言うのが口癖です。
母の両親は離婚しています。実母が大嫌いというのが母の口癖です。母も結婚前に堕胎を経験しています。
父は、私が幼いころ私母妹に暴力を振い続けた時期がありました。20代後半から10年近く掛けて両親への恨み辛みを吐き出し、私の病気をキッカケに怒りを直接ぶつけて、暴力を謝ってくれました。父もその両親も暴力が当たり前の環境で育っています。
両親共に一生懸命だったのだと許せています。愛を感じています。
母親は理解できない宇宙人のように最近思えてきています。
小さな私を抱きしめるイメージワークも毎日根本さんのvoicy使ってやってます。
女であることを目一杯楽しむことも。自分の魅力をうけとることも取り組み始めました。
両親や周りへのへの感謝ワークも続けています。愛されている前提で物事を見るようにしています。そして、ここ最近、片思いの人との距離が少しづつ近づき始めています。

父との関係や恋人との関係を焦点に10年近くカウンセリング受け続けてきましたが、母親との癒着こそ取り組む課題なのでしょうか。
癒着していると思うだけで気分悪く感じます。まさか!私が宇宙人の母と癒着?って感じで。
取り組むポイントを知りたいです。
距離をゆっくり近づけてきている大好きな人と、めっちゃ幸せになりたいです!それが1番欲しいんじゃーーーーーと叫びます。よろしくお願いします。
(Sさん)

続きを読む

オンラインで編集者と打ち合わせ。

諸般の事情で昨年10月に脱稿した上に「未完成なのに講演会」までやったにも関わらず、その後、停滞していた「決められない人が決められるようになる本」。
ようやく再稼働しました。
ってことで、編集者とオンラインで打ち合わせ。

続きを読む

現実が辛いときに私たちは「妄想」という形の慰みを求めるもの~ファンタジーとヴィジョンの違いについて~

今が辛かったり、苦しかったりして逃げたくなったときに「妄想/空想」することで自分を慰めようとする心理は誰もが持っているものです。
しかし、その妄想(ファンタジーと言います)、自分が本気で現実化させたいと思えば、実現させることができるものなのです。

初めまして。
親が共働き・不仲・母親の不倫・父親の報復(奇行)から自立を余儀なくされた長女という、こちらの読者の皆さまにあるあるすぎな自立派武闘家女子です。

さて、親の様にならねえ!と自立を選んだはずが、モラハラ旦那と結婚4年目で自身も不倫をし、旦那にバレて問題の真っ只中・・・という状況もなんだかあるあるすぎて・・というのがご相談ではなく、今回の発覚で主人と話しているうちに、自分が都合の良い方には妄想がどんどん膨らんでしまい、期待が勝手に膨らんでしまうという癖(?)に気づき、そんな自演自作に疲れてしまいアドバイスいただけないかということです。

例えば、「旦那から離れて(今は自営旦那の手伝い)転職をしたら、好条件の職場な上皆んなにちやほやされてモテモテウハウハ!」とかなのですが、それがドラマのシーンの様に主人公自分で細部まで、架空の同僚と会話の内容まで想像してしまうのです。
もちろんまだ面接さえ受けていません。勝手に妄想した上に大体は自分が舞い上がっているだけでそんなこと起きるはずもなく後々地に落ちます。
大体が他者から好かれる自分の妄想で、そんな妄想をする自分が恥ずかしいし、疲れます。
それが自分の中で完結するのならまだ良いのですが、行動に移しては旦那に「常識で考えたらそんなんありえんだろ」と言われる始末。自分でも呆れます。

バリバリの他人軸を生きているからなのか・・・
妄想をやめさせる手はあるのでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

右京みさほさんとの「オンライン交換書簡」。とてもきれいな「ザライブリー大阪本町 テレワーク専用ルーム」から楽しくお届けしましたっ!

今日は大阪・本町から右京みさほさんとの「オンライン交換書簡」を昼の部・夜の部、それぞれお届けさせていただきました。
オンラインセミナーは最近ヤリまくってるんですけど、2人でお届けするのは「初」でして、一人でやるのとは違った楽しさ、面白さがありました。

続きを読む

女性性が豊かな人がライフワークを生きるコツは「今をもっと楽しむ!」という心がけ。

大人になって自立すると思考が優位になって「べき論」が闊歩するのですが、それは逆に豊かな女性性を抑圧する結果になってしまいます。
より自分の気持ちに素直に、自分の心のままに生きることが女性性が豊かな方には必須項目なので、自分を気分よくさせる=自分のご機嫌を取る、とうことがライフワークを生きる秘訣になるのです。

『自己肯定感をあげ、自分軸を確立しようとしているときに恋を始めてもいいものでしょうか?』でお世話になり、ありがとうございました!
恋を始め、今までとのダメンズと違い、優しい彼と順調に過ごせて幸せです。
根本先生のお教えに従い、気持ちの伝えた方を変えられたおかげか、彼は私が小爆発しても受け止めてくれます。(先生のメルマガを読み漁って自己肯定感があがったおかけで、私が大爆発することもなくなりました、ちょびっと進歩!)

ただ、彼と会ってからの数日は、彼のことで頭がいっぱいになります。生理前1週間はさみしさやネガティブな気持ちでどうしようもなくなります(先程の小爆発がこの時期です)

また、それ以外で感じるマイナスの感情は、そのときに認識するのではなく、しばらく時間が経って冷静になって、あの時こんな気持ちがあったのか、、と感じることが多いです。(その時はなるべくノートに気持ちを書くようにしています。)

これらの原因は、ライフワークがまだ見つかっていない(平日は定時退勤、ジムやスポーツで体を動かす、週末はおいしいものを食べて、体を休めてまったりというの生活ですが、不満があるわけではありません)ことと、まだまだ自分の気持ちを犠牲にしてしまっている部分があるからだと思っています。

こんな私に次の一手を教えてください。ライフワークを見つけるための第一歩や、負の感情をその場で感じ、やがては相手に伝えられるようになるための第一歩は何か、アドバイスをどうぞお願いします。2つも書いてしまいとっても欲張りですが、引き続き先生に献金させていただく所存ですのでよろしくお願いします。
(Yさん)

続きを読む

心の痛みは少しずつ、ちょっとずつだけど、着実に回復していく~痛みがぶり返した時はさらなる癒しのチャンス~

もう大丈夫と思った頃にカサブタをはがすようなできごとに遭遇して痛みがぶり返すこともよくあるものです。神様のテスト、とも言えますね。
とはいえ、その経験が自分の成長を実感させ、さらに癒しを進めるチャンスにすることも可能なんです。

根本先生
いつもお世話になっております。
長年狙い定めて追いかけ続けたロックマンをやっと手放し(先生のセミナー、手放し本のおかげです)新しい人生を歩み始めました。
世捨て人のような生活からやっと抜け出したところです。
そしてロックマンを追いかけていた時いつも頭の中にあった悲しい気持ち、苦しい気持ちも薄れてきて、でもまだその生活に慣れてないせいか、あああ!!目が覚めた時不安じゃないね!?苦しくないね!?心が穏やかだ、、と日々自分に問いかけながら確かめながら喜びを感じています。

が、某芸人さんの不倫のニュースが流れるようになってから朝の悲しい気持ちが復活してきてしまったのです。
理由は、女性をお手洗に呼び出し短時間で行為を終え、お金を払って帰すという知りたくもない情事の詳細を知ってしまい、自分がロックマンの元カレに軽んじられた扱いを受けていたことを思い出したからでした。
元カレの場合は流石にトイレに呼び出すまでの酷いことはしませんでしたが、自分の気分で私を呼び出したりドタキャンしたりすることは多々ありました。

お恨み帳まだ足りてなかったのでしょうか。
赤の他人のことなのに、自分のことのように感じて傷がうずくなんてことあるのでしょうか。
(Rさん)

続きを読む