子どもの頃からイジイジ拗ねることが癖になってます。

なぜイジイジしてる自分が思いのほか気持ちいいのか?というと、ちゃんと心理的理由があるんです。
だから、それは悪いことじゃねーんだな、と思って、イジイジしてる自分もかわいいぞ!と思ってあげることがまずは一歩目じゃないでしょうか。

根本さん、こんにちは。
いつも楽しくメルマガを拝見しております。

さて、私は自己肯定感が低い武闘派です。
(なんのこっちゃですが)
先日またちょっとした出来事でいじけてしまい、例のごとく「どうせ私なんか認めてもらえない。どうせ私なんかダサくて地味で才能もない。うわーん。」とかイジイジ拗ねておりました。
その時ふと気付いてしまいました。
イジイジが思いの外、気持ちいいといいますか、楽しんでいる自分がいたのです。

子供の頃、妹が可愛くてみんなから愛されていたので、「どうせ私なんかかわいくないから、私はかわいがられないいんだ。いいんだ、いいんだ。みんな妹ばっかりかわいがればいいんだ。ケーッ!」とかよくいじけていたものですが、30年たった今でもその根本は変わってないことに気がついて、アホかと笑ってしまいました。

子供の頃からずっと持っていたものが思いの外、根深くてびっくりしましたが、こういうものはずっと引きずってしまい、ほーら、やっぱりを見たくて繰り返しているのでしょうか?
自分のこうしたことを気づけたので、次回からは冷静に見れるとは思うのですが、このクセはどうしたら手放していけますでしょうか?
もうイジイジ卒業したいです。
やはり根本さんのセミナーに行くのが一番でしょうか?
(Hさん)

続きを読む


(ご報告)200人以上も部下がいる大企業の超エリートリーマンなのに、5歳児!! でもちゃんと「ごめんなさい。」と謝ってくれました(^-^)

元ネタはこちらです。

パートナーとお金の観念がすれ違うとき~なんで年収の低い私がそんな高いものを買わなきゃいけないの!?~

根本先生、こんにちは。
以前、『パートナーとお金の観念がすれ違う時』でお世話になったMです。
あの時は本当にありがとうございました!
おかげさまで野良猫&ロックマン&超自立の彼と今も続いています(笑)

今回「あー、ほんとに5歳児だ!さすが根本先生!」ということがあったので、ご報告させて下さい。

彼の誕生日がもうすぐなので、プレゼントの話をしていた時のことです。
彼はお金はめっちゃ持ってるし、持ち物もブランドばかりで、貧乏シンママの私はいつも悩みます。「何が欲しい?何が嬉しい?」と聞いても「何もいらない。」としか言わないので、いつも色々考えて、彼が自分では買えないようもの送っています。
一年間の彼と過ごした風景に彼の後ろ姿だけのアルバムとか、個室温泉食事付きのチケットを贈ってマッサージをしてあげたりとか、感謝の手紙を添えてみたりとか。
その時はとても喜んでくれたのに、今回「今年はどうするー」と話していたら、「あなたのプレゼントは気持ち悪い。自己満足だ。」と言うのです。
がーーーんとショックを受けて泣く私。
それを見ても何も言わない彼氏。
今までの私ならそのままスルーして、また数日後に何もなかったかのように振る舞うのでしょうが、根本先生と出会った今の私は違います!
LINEで「気持ち悪いなら返して欲しい。」と伝えることが出来ました!
「返さない。」と言う彼。
そこからの話でわかったことは、
「気持ち悪い。自己満足だ。」

「誕生日は何もいらない。お金がかかるから。」と伝えたかったと言うのです。
わかるか!ボケ!!

「本当は何て言いたかったの?」と聞いてやっと分かりました。
200人以上も部下がいる大企業の超エリートリーマンなのに、5歳児!!
でもちゃんと「ごめんなさい。」と謝ってくれました(^-^)

なんだか本当に保育士さんみたいですね(笑)

「お金がかからず、あなたが嬉しいことを一緒に考えようね。」と伝えると了承してくれました。一緒に考えてくれることが、一番嬉しいです!
ちなみに、今まであげたプレゼントは全部大事に持っててくれてました(≧∀≦)
根本先生のおかげです。本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
ライフワークの生き方・見つけ方の講演も、超自立の彼と生きるには絶対に必要だと、行く気満々です!
お忙しい日々だと思いますが、どうかご自愛下さい。
根本先生がいらっしゃらないと困る自武女が沢山ですよー(^-^)
(Mさん)

すばらしいーーーー!!!
そうねえ、翻訳しないと分からないんですよね~

頑張って向き合ったかいがありましたね~!!!

ぜひ、この体験を生かして、彼の言葉を日本語に訳してあげてください(^^)

5歳児なので、言葉が不自由なんですね~


怒りを認めることと、相手に悪意を持つことの違い~自分の感情に責任を持つ、とは?~

感情は天気と同じ。ただ受け入れ認めてあげることが賢く生きる方法です。
しかし、相手を攻撃したり、悪意を持ったりすることは行動。
行動は選択可能ですし、リカバリーもしやすいのです。

親愛なる根本さま

いつも楽しみにブログを拝見しております。
根本先生のブログで色々と学び、母親と距離を置き始めたことで頭の中の母親濃度が下がって来て、やっとこさ最近自分の感情が見えるようになって来ました。
中には何十年前の出来事を唐突に思い出しては、「あの時の私は本当は悲しいのを我慢して母の言う通りにしてたんだな」「死ぬほど悔しいのを我慢して母の意見を正しいと思い込んでいたんだな」と今になって気がつく事も。
それを繰り返すうちに、私は頑張って来たんだな。良くここまで生きてこれたな。ってしみじみと思えるようになってきました。

さて、そこでです。
そんな経験から自身の感情を素直に認めることの大切さに気がついて更にそれを実践しようと思っているのですが、怒りや恨みのような負の感情を認める、又は心に思うことに対しての抵抗感がいまだ抜けません。

というのも、よく「悪口を言ったり思ったりすると、脳は主語を認識せず、全て自分にかけた言葉と認識する」といった言葉を時々目にするからです。
多少言葉のニュアンスが違えど似たようなことを言っている方は割といらっしゃって、どうにもその言葉が頭をチラついてしまいます。

怒りを認知する、という事と他人に悪意をもつことは一緒ではないような気もしますが、腹が立つとどうしてお世辞にも綺麗とは言えない言葉が脳裏をよぎりますし、う~ん…
この辺をスッキリさせて更なるステップアップをしたいです。
(Aさん)

続きを読む


夫婦の距離感をどう縮めたら良いのか?

それぞれに心地よい距離感があって、そのちょうどいい距離を見つけていくのがパートナーシップの面白さとも言えます。
我慢するのでも、相手をコントロールするのでもなく、win-winの関係性を見つけていくプロセスは「ゲーム」です。
つまりは遊び感覚でやる方がずっとうまくいくと思います。

根本さん、こんにちは

結婚して5年「夫婦間て、どうしてそんなにギスギスするんだろう?うちは子供がいないから穏やかなのかな」とのほほんほんとしていました 幸せでした
ちょっと「ん?」と思うことはあったのですが、そういうこともあるでしょう、と良いところだけを見てきたのです が。
だんだん気になってきてしまったので、こちらでご相談させてもらおうかと思いました

ん? と思うのは、距離感です
夫は、休日人と会いません
ひとりで家でいるのが好きで、私とどこかに出かけるのも面倒。一緒になにかをするのが面倒らしく、ひとりでテレビを見たりネットをしたいようです
会社がくれた新婚旅行休暇、私ひとりで旅行行きましたし。

そんなふうに私がひとりで新婚旅行に行けるタイプなので距離感についてもそんなに気にしていなく、この人、本当に出不精なんだな、と思っていたのですが、先日ちょっと「距離感」の話をしたときに
「実は俺、誰とも距離をちぢめたくない」という発言を聞き、びっくりしてしまったんです
私とも、絶妙に距離を保ちつつ接している、とのことでした

私にも、私の家族にも優しい夫。
作ったごはんには「おいしい」といつも言ってくれ、仕事も好きなだけやらせてくれ、なんでも相談にのってくれます
しかしこれは、私から文句が出ない方法のひとつでもあるのだな?と思いました
もちろん愛情もあると思いますけれど

ひとは変えられないし、たとえば私がほかのひとを見ちゃっても良いしってことは頭では思うんですが…
とても優しい素敵なひとなので、なんとかお互いに気持ち良いかたちで溝を埋められたらいいなと思っています
向こうは埋めたくないのでしょうが、わたし我慢したくないな、もう、と思って。

夫は、寂しいという感情が、分からないそうです。
退屈して私がいなくなったら、すごく寂しいと思うのですが…
このような夫を持つケースに関してどう考えていけば良いでしょうか
(Sさん)

続きを読む


付き合って3年の彼から将来を悲観して別れ話を切り出されたのですが。

人はよく「勝手に過去の経験から将来を思い込む」ことをしてしまいまうものです。
そんな別れ話に自分軸のままに自分の気持ちを貫くにはどうしたらいいのか?どんな風に話し合いをすればいいのか?を提案しています。

私(29歳)と彼(44歳バツイチ)は付き合って3年経ちます。

居心地の良い今の関係が、前妻との結婚生活と重なり、2人の将来を悲観的に考え別れを切り出されました。
前妻とは、居心地の良さから自分の事にばかり夢中になり、奥さんに寂しい思いをさせたことで離婚したそうです。

私は寂しいとは一言も言ってません。
ですが彼は、別れた方が私の為だと思っているようです。私との結婚は考えているけど、今じゃないと言っていました。

私は彼と付き合っていたいですし、いずれは結婚もしたいです。
彼の気持ちをもう一度振り向かせるにはどうしたらいいですか?
(Mさん)

続きを読む


(新刊執筆中!)一通り書き終えました!読み直して手直しすれば脱稿です!もう少しだ~!

とりあえず通しで書き終えました~!やった~!!
こんな夜中になってしまいましたが、勢いに乗って一気に書き上げました。
最後は愛について語る章になりました。
この章だけ読んでもらいたいくらいの中身になっていると思います。

Read more

やる気はあるのですが、体調がなかなか戻らないのはなぜでしょうか?

起きてることが正しいとするならば、そして、その状況を自分で望んでいる前提で考えてみると、色々とその意味が見えてくると思います。
顕在意識レベルではちょっと理解し辛いできごとを、潜在意識に問いかけてみると捉え方を変えることができるのです。

根本さん いつも興味深く読ませていただいています。

心からくる身体の症状について、ブログで取り上げていただけたら大変嬉しいです。

私の母は子供に厳しく自分に甘く、怒りを常に秘めていました。

大人になっても親の支配から逃れられず、要求がエスカレートしていった時期、何年も修復を試みるも無理で、私はストレスから自律神経が狂い始め体調を崩し、ある時脱出に成功しました。

心身共に非常に打撃は受けましたが、これから立て直せるという希望でいっぱいでした。

しかし体調は戻りません。

病院でも特に異常無、鬱病でもないとのこと。
やる気はあるのです。

カウンセリングでは親への抑圧した感情のせいだとー

しかし親から受けたことに例え同情してくれても、今の自分が復活できなければ、スッキリすることはありませんでした。

確かに最初は親への怒りもありましたが、平穏な生活を手に入れ、思い出すこともそうなくなりました。

幸い社会では、人並みにうまくやってこれたと思うので、今、困っていることはありません。

不調が精神にストレスを与え続けている感じで、最近、自己肯定感のあまりの低さに気付きました。

確かに親は不調のきっかけであるけどもう自分自身の問題では、と思っています。

過去より今これからを良くしたい、辛い記憶があっても自分の人生は立て直せるはず、と思っています。

このような状況で、私の心の持ちようと今すべきこと、方向性など何かアドバイスをいただけないでしょうか。
(Sさん)

続きを読む