nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

12/11発売「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)の著者見本が届きました!

12/11発売の「今日こそ自分を甘やかす(大和書房)」。
その著者見本が届きました。

なんとオシャレできれいな表紙なのでしょう!
いいですねえ。飾っておきたいです。笑

まもなく発売となるわけですが、現在、プレゼント企画実施中!!

続きを読む

【スズキチサ】自分にぴったりのパートナーと幸せになりたいです。どうすれば出会えるのでしょう?

恋愛道を極めようとする武士たちにとって永遠の課題とも言えるこの「あたしにぴったり会うパートナーってどこにおんねん問題」。
様々な角度から、様々な人たちがああだこうだと意見を論じておりますが、ダイエットと同じく「これぞ決定的!だれがやってもうまくいく!」という方法が見つかっていないので、求道者は後を絶たないという現実があります。

続きを読む

「正解主義」から抜け出すにはどうしたらいいのか?

正しさを求め、その正しさに従っていない自分を責めるクセを「正解主義」と言います。
その正解主義のルーツを探りつつ、目的にも触れつつ、その解決策を考えていきたいと思います。
ちなみに理想主義者も似たところがあると思うので参考になると思いますー!

根本さんへ
いつもブログ楽しみにしています。

正解主義から抜け出せず、苦しいです。
抜け出し方を教えていただきたいです。

30代後半なら、結婚してて子供がいて、その中でも3人いる人が一番勝ちで、マイホーム建てて、車は高級ミニバン乗ってるのが、一番の正解、一番勝ち、更に容姿も良ければもっと勝ちという考えから抜け出せません。

結婚したくない人や、子供を持ちたくない人、賃貸がいい人、マンション派の人、軽自動車がいい人……人によって考えが違うし好みのタイプも違うのは頭ではわかります。

ですが、自分の正解にかすりもしない自分を、すごく否定し痛め付けてしまうし、逆に当てはまっているように見える人には恐ろしく嫉妬します。

今の自分も否定していますし、今に至る過去の自分も否定しています。人生設計ミスった、人生詰んじゃったと感じています。

厄介なのは、今の時点で正解に当てはまっていないから自分の人生は終わったと思っていて、これから結婚したり子供産んだとしても遅すぎるので、人生設計ミスだし女として屈辱負けと思ってしまうことです。

どうしたら良いでしょうか。

ネタにしていただけますと幸いです。
(Jさん)

続きを読む

新刊「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)を抽選で30名様にプレゼントしますっ!!

新刊、「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)。

本日、目次・まえがき・第一章を無料公開(PDF)させていただきました。どんな内容か気になる方はぜひチェックしてください!

下記ページよりお読みいただけます!

続きを読む

東京のセミナースタッフに関するお知らせとお願い。

いつも根本やココロノオフィス主催のセミナーをご利用くださいましてありがとうございます。
皆様にお知らせです。

東京・神楽坂で開催するセミナーでは、時々、難聴のスタッフがお手伝いをさせていただいています。
そのスタッフは胸に下の写真のようなバッチを付けていますので、話しかける際は少し大きめの声でお願いいたします。
少々気を遣わせてしまうことがあるかと思いますが、本人は至って明るいキャラですので、気軽にお声掛けいただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

東京/オンライン:12/9(木)19:30-21:00 新刊「今日こそ自分を甘やかす~いま幸せを感じられないのは、 それは自分に厳しすぎるから。~」発売記念講演会。(1週間アーカイブ配信あり)

12/10(金)に約半年ぶりに新刊が出ます。
その名も「今日こそ自分を甘やかす」(大和出版)で、「自分にとても厳しい皆様」に贈る1冊です。

実はこの本を書き進めているときに「今、幸せを感じられないのは、自分に厳しすぎるからだ。」というフレーズが下りてきまして、なるほどなあ、と自分に厳しすぎるクライアント様たちの顔が次々と浮かんできました。ていうか、ほぼ全員なんすけどね。笑

みなさんは自分に厳しいと思いますか?
それとも自分に厳しすぎると思いますか?

(ええ、この2択です。笑)

もし、この問いに「いや、自分は自分にすごく甘いと思います。」と答えられた方こそ、自分にめちゃくちゃ厳しい人なのかもしれません。
続きを読む

セクシャリティや女性性が強すぎる上に器もデカいし、後天的に男性性を育てちまったからそのバランスに苦慮してる女子のための話。~リボンの騎士問題~

セクシャリティや女性性が強く、器もデカい人のお話。幼少期、親でも受け入れられないエネルギーを持つがゆえに否定され、それに対抗すべく男性性を鍛え始めると、男性性も強烈になって行く先々で戦いが生まれ、生き辛さを抱えるようになるものです。
そんな自立系武闘派女子が生きやすくなるためのあれこれを考えてみました。

こんにちは。根本先生、お元気でしょうか?

「人に異常に好かれたり、嫌われたりすることが多いのは私が超能力者だから!?」

前回↑のネタをアップして下さり、ありがとうございました。何かにつまづいた時は、何回もこちらの記事やYouTubeを見て励みになりました!

で、マニアックな続編として、また取り扱って貰えたら…と思い、ネタを送らせて頂きましたm(_ _)m

今回困っている件は、本来持っている女性性を婚活などに発揮したいのに、頻繁に出てくる男性性が邪魔をする、という悩みです。

私は聞き上手、察しが良すぎて依存されやすい、厳しい事が嫌い、感覚的で芸術が大好き、感動して鳥肌が立って体が痺れる、すぐ泣くといった、元々生まれ持った女性性があります。

ですが男尊女卑の毒親の元で生まれ育ち、いつも女性だからとバカにされて戦って生きてきた故、男性性が強くなりました。
強くなると周りからバッシングやモラハラ、プライドや劣等感を無意識に刺激したり、特に仕事となると頭の回転が早く、打算的になります。

どちらの性もエネルギーは強く、アイデンティティだと思います。性エネルギーの振れ幅がある為か、人格が変わるよねとも言われた事がありました。

困っていたので、某有名な方のセッションを受けたのですが、私の考えが理解できず、その講師が混乱して怒ってしまった、という事もありました。
カウンセリングでも、貴方はよく分からないと言われ、やはり混乱させてしまいます。

仕事中や普段は、男性性の方がよく出ている気がします。でも、心身疲れるし、もう戦いたくないよー!と心の中で泣いています。

婚活でも、最初はハイスペからべったり好かれます。ですが、男性性が出ると、案の定相手が攻撃的かつ征服的になり、痛い目に合います。どうしても仕事モードになったり、ストレスが溜まると男性性が強くなります。

話し盛っているんじゃない?と思われる部分もあるかと思いますが、本当のお話しで、本当に困っています。。
自分のセクシャリティが強すぎて扱えないです。本来生まれ持った女性性で、人と接したいです。どうしたらいいでしょうか?( ; ; )
(Tさん)

続きを読む