自己肯定感が低い旦那に根本さんの本を送ってあげるのは相手を変えようとすることになるのでしょうか?


「読みなさい!」と命令形で送るなら変えようとする(コントロールする)ことになりますが、「良かったら読んでみて」と相手に選択を与えるのであれば、それは提案となり、コントロールではありません。ご安心を。ぜひ100冊くらい送ってあげてください!

根本先生こんにちは!毎日本もブログも楽しく読ませて頂いてます。

自立系武闘派女子って言うてる面白い先生がおってなーって母親に話したら、あんたのことやんって言われてしまいました(笑)

旦那の仕事のことで2年近く暗闇にいて支えてきたつもりだった旦那に実家に帰られ別居してドン底の日々から半年近くになってきましたが、やっと自分の時間を自分の為に使えるようになってきて

ジムで走ったりビール飲んだり毎日めっちゃ楽しいー!!!!

って思えるようになってきたし、素直に笑えるようになってきました!
根本先生のお陰です。
(一方的にですが)出逢って頂き本当にありがとうございます!

で、前置きが長くなってしまいましたが手放しが自分なりに進んできてどうしても旦那が離婚したいのであれば死ぬほど愛してる旦那の幸せの為なら離婚してあげようかと思えるようにもなってきました。

しかし、離婚話も泣いてばかり、話をしようと言っても無理とか、無視とかで結局弱ってるだけで本当に離婚したいのかもわかりません。

そこで手放しの際、相手を変えようとしてはいけないと言うのがあったと思うのですが、このまま見守って自分は楽しく毎日を過ごせば良いのでしょうか?

もしかしたら旦那はとても自己肯定感が低いのかもしれないなと言うことに思い当たったので、先生の新刊を送ってあげたいなと思ったのですがこれも相手を変えようとするということになるのでしょうか?

また、失礼なことだとは思うのですが先生の信者は女性が多いようなので男性には向かないのか?とか思ったりで送ろうか悩んでおります。

長くまとまりのない文章で申し訳ありませんがネタ兼ステマに使ってもらえれば嬉しいです(笑)
(Kさん)

続きを読む

思考で作った「形」を手放して、「心に聞く」習慣を。


賢い人やきちんとした人などは特に頭で考えることが多いんです。
そうするとイレギュラーなできごとに対処できず、どうしていいのか分からなくなります。
「頭で考えるのではなく、答えは心に聞け!」
なんかかっこいいっすね!言うは易し、行うは難しの典型なお話をしましょう!

その節はお世話になりました。人生初の心理学セミナーに参加して、根本先生の訥々としながらも鋭い一言に何度も度肝を抜かれました。ありがとうございました。
職場でのダブル不倫でしたが、女として見られなくなったと突然振られ、以前10年付き合っていた今年還暦の年上セレブ人妻に戻っていった彼。
先生からは「それまたハードルの高い、やめなはれ」というようなことを言われましたが、私はあれから自分を磨きあげることに専念し、お金もかけて自分を可愛がってまいりました。その成果も如実に表れつつあり、仕事もセーブして、ガンバることを今少しお休みしています。
彼からは仕事のパートナーとして、何事もなかったように飲みに誘われますが、デート仕様の店は避け、あえてチェーン店の居酒屋で「ハイボール濃いめで」と自分らしいスタンスで向き合っています。
たまにキュンとする時もありますが、彼中心だった考え方を自分軸に変えていこうと思います。
相変わらず10年ほど、主人とはセックスレスですが、会話もあり仲良しです。でももう長い間5歳児と母親の関係のようで、セックスは無理だと思います。子供はいません。
今も彼によって、一度開いてしまった官能の扉が私の気をおかしくさせてしまうこともしばしばです。年上の彼女は彼いわく、とにかく何でも受け入れてくれる。ラクなんだ。別れるつもりはない、とのこと。出会ったときから彼の一目惚れだったそう。
よりを戻す際、彼女が私のことを知って、ちょっと私に同情したらしいです。悔しいけど負けた感満載。私のことは今でも「最高におもしろい女性、最高のビジネスパートナー」だと言います。
先生、手離しを加速させるにはどうしたら良いのでしょうか。そして私は今後どのような立ち位置で接していけば良いのでしょうか。
(Yさん)

続きを読む

新しい本の執筆(手直し)を始めたのですが、なかなか前途多難なのですよ。


先日、調子に乗って脱稿しました!という記事を書いた。
その後、編集者からほぼ即レスで、既に書き上げていた前半部分の手直しを始めてください、という指示を頂いた。
まあ、これは予想通りである。
そして、私が「いつまでにやればいいですか?年内?」的な返信をしたところ編集者さんから来た返事がこれだ。

根本先生

お世話になっております。
ひとまず、2週間後の12/13くらいを目処に進められますでしょうか?
間に合わなかった場合は、再度リスケという形にできれば。
よろしくお願い申し上げます!

なるほど期限を半分に切ってこられたわけだな。

よし、計画的に執筆時間を押さえるために、手帳を広げて私のスケジュールを見てみよう。

12/2-4 金沢
12/5 ビジネスセミナー受講
12/6 個人セッション
12/7 ランチミーティング
12/8-11 京都リトリートセミナー
12/12 娘の発表会見学
12/13 夕方、取材

なるほど。なかなかいい感じに詰まったスケジュールではないか。
これに細かい仕事や身体のメンテナンスが入ってくるわけだ。

旅に出たらやっぱりその土地を楽しみたいし、セミナーをすれば仲間たちと交流もしたい。
ということで、セミナーで旅をしている時は基本的に作家ではない。セミナー講師兼飲んだくれのおっさんである。

そして、今日、早速手直しを始めたのだけど、やはり書き直したい記事がとても多い。
「修正、手直し」というよりは「ほぼ新規で書いてる」みたいなところも多く、改めて確信した。

これ、ヤバくね?

私は今、Wordで109ページ分(82,479文字)のうち、今、5ページ目の手直しをしてるんだ。
明日のサンダーバードは景色を眺める前に、原稿を眺めた方が良さそうだね!

ははははは(涙)

ファイト~~~(カラ元気)

(新刊の感想26)筆者からの一方的なメッセージではなく、根本さんの問いかけを活用して、自分と向き合う方法を教えてくれる。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)に感想を頂きました!

根本さん~!こんばんは!
お忙しいのに、メッセージを多く送ってしまってすいません!私可愛いから許して!

Read more

名古屋:1/13(土)、大阪:1/14(日)、福岡:2/4(日)、東京:2/11(日)「自己肯定感をあげて仕事や恋愛を成功に導く7つのメソッド」


「自己肯定感をあげて仕事や恋愛を成功に導く7つのメソッド」

好評発売中の「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)では、多くの方から反響をいただいております。

自己肯定感をあげる、というのは、ありのままの自分を認める、ということ。
私たちはみんな自分とまったく同じ人がいないほど個性的な存在なのに、周りの人に合わせたり、理想を追い求めたり、「これはダメ、これはいい」と基準を設けたりして、本来の自分を否定してしまい、自分らしさを見失ってしまうことが多いのです。
それはまるで下の図のように、ダメなところや足りないところを探して補おうと頑張り、長所と言える部分は人から隠したりしてしまうようなものです。

こんなところに当てはまるものはありませんか?
〇周りの人の目が気になって自分を表現することが苦手
〇相手が自分のことをどう思っているかを考えすぎてしまう。
〇人から嫌われるのが怖い
〇自分らしさが何かが分からない。
〇自分のしたいことや好きなものを見失ってしまってる。
〇「自分がない」という感覚がある。
〇自分さえ我慢すれば、という思いをよくする
〇「どうしたらいいのか?どうするのが正しいのか?」を考えてしまう。
〇自分の長所や価値が分からない。
〇自分に全然自信がない。
〇頑張っているのに報われないと思う。
〇自分には能力がないと思ってしまう。
〇失敗や間違えることを怖れて行動できない。
〇自己嫌悪や自己否定が強い。
〇何かあると自分が悪いんじゃないか?と思ってしまう。
〇考えすぎる癖がある。
続きを読む

不倫をせずにいられるようにするためのカウンセラーなのでは?!と感じてしまったのです。


私の場合は「どうしたいの?」しか聞かないカウンセラーですので、本人の意志と選択を信頼しようとします。
また、そうなっちゃうにはそうなっちゃうだけの理由があるので、それを理解すると「しゃあないよね~」ってなることも多いですね。

はじめまして。
いつも根本先生のユーモア溢れる軽快なメルマガで楽しみながら学ばさせてもらっていますKと申します。

いつもならなるほど~と読んでいるのですが、今日は気になることがありましてこうして書かせていただきました。

カウンセラーの立場的に否定はできないのだろうなとは心理学ちょいかじりの私なりに思ってます。
というのも不倫などしてしまう女性に対してしょうがないよねというスタンスをとられていることに対してです。メルマガをずっと見てきて、読んでる側からすると、そのハードルがものすごく下がっている感覚になります。

実際にもうすでにしてしまっている方は、否定されないことには安心感を覚えるかもしれませんが、本当はしたくないことをしてしまっているわけですよね?

そして、思わず誘惑にかられそうでも踏み留まっている方もいると思うのです。

だけど、読んでいると“してしまっても、しょうがないよね”という気持ちが芽生えるというか…

なんというか…不倫の餌食になってしまう人もでてくるのではと。
一線を越える方もいるのではと。

できることなら、それはせずにいられるようにするためのカウンセラーなのでは?!と感じてしまったのです。

完全に八つ当たりだったら申し訳ありません。

その行為は、本当に罪悪感なくいられるものなのですか?私には自傷行為になってる方もいると思うし、色んな人が傷つく行為ですよね…こういう罪悪感をやわらげてくださってるのかもしれません。

ただ、色んな人がみているので。というか、私自身の問題なのかもしれません。

生意気申し上げて申し訳ないです。最近見る度にもやもやしております。
忙しいとは思いますが、もし時間ができて、まー答えてやってもいいかと思ってくださったら何か、納得できる回答が得られたら幸いです。
(Kさん)

続きを読む

(新刊)手作りPOPに、平積みに・・・ありがとうございます!


「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)。発売後2か月以上経っているのにあちこちの書店で平積みしていただいているそうです。そんなの初めて!ありがたいことでございます・・・。

さて、福岡の明林堂書店甘木店ではパートの方がこんな手作りPOPを作成してくれました!!
ほんとありがたいです!甘木市って博多から遠いのかな???御礼参りに伺いたい!

そして、渋谷の紀伊国屋書店さんでも平積み。そして、POPも設置してくださってます!!

ありがたいことです。ほんとうに。
なんか勇気をもらえた写真たちです!