previous arrow
next arrow
Slider

亡くなったお父さんへの思いがまだ払拭できていません。

別居したり、離婚したりして距離が空いてると、未消化な思いが溜まりに溜まって整理に戸惑うことも珍しくないですね。
でも、それだけ大切な存在だったということは認められるでしょうか?
ひとつひとつクリアにしていきましょう。
そんな流れをご紹介しています。

根本先生

これまで先生には恋愛のネタばかり投稿させて頂いておりましたが、今回は武闘派姉妹の父親について相談させてください。

私も妹も30代になってもロックマンの尻を追いかけ回す生活に若干の疲れを感じ始めて、2人で先生の過去の記事を貪り読みました。
話し合いの結果、これはやはりこれはラスボスが関係してるのではないかということになりました。

私たち姉妹の父親は3年前にこの世を去りました。
元々は仲のいい家族4人でした。
自営業の父と専業主婦の母、3歳違いの我々姉妹はちょっと裕福な幸せな生活をしておりました。
しかし私が小学校3年生の頃父が病気になり、そこから信じられないくらい人生が180度変わりました。

両親は10年ほど別居したのち離婚をしました。
父は別居後体調を更に悪化させ生死をさまよう大病をしたのち生活保護を受けてさせて頂き、数年間生活しました。
私たち姉妹は父のこと、それぞれでなんとか整理をし母と暮らしておりました。

父が危篤になり久々に再会した私たち姉妹は最期を看取ることが出来ました。ありがとうと御礼も言えました。
父が亡くなったことですべてが終わったつもりでした。

ですが、まだ多分2人して実は父への思いを払拭出来ていません。
優しかった父、人への気配りが本当に凄かった父、頼もしい父、大好きだった父、いい加減な父、食べるものにも困った父、大嫌いだった父、最期に病院で再会したぼろぼろの父、どれも同じ父ですが、あまりに色々な父がい過ぎて父のことを思うと混乱してしまいます。

大人になったから分かる父の孤独さ、しんどさ、重圧。
大人になったから分かった母への怒りや不満。どうしてお父さんを助けてあげなかったの?どうして全部言う通りにしたの?とぶつけたくなります。

我々の方を向いてくれないロックマンへの執着をそろそろ本当に手放したい。でも父のことを整理して向き合わないとそれが出来ない気がする。姉妹で話し合い、よし、根本先生に聞いてみようということになりました。

よろしくお願いします。
(Rさん)

続きを読む


皇居をぐるっと巡ると体も心も浄化されるような気がしてます。

今日は昼からセクシャリテイと女性性を開くワークショップ。また内容はレポートしますがとてもいい雰囲気なセミナーになりました。(自画自賛)

その前の午前中。最近定例となっている皇居ランへ。ホテルを出発して千鳥ヶ淵を通って皇居を一周し、北の丸公園から武道館を眺めて戻るとたいてい8.5kmくらい。土日はランナーも多いけど平日はさすがに少なくて、私のようなランニングというよりジョギング愛好家にはとても走りやすい。

続きを読む

EDでセックスができない彼との関係は「愛」で乗り越える。

年齢と共に精力を失っていく男性との関係についてはカウンセリングでもよく話題に上ります。
そして、全人類共通のテーマなのであの手この手はたくさんあって本文中でも紹介しているのですが、行きつくところは「愛」なんだよねー、というお話です。

はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝見しています。
今回は、性の悩みをご相談させていただきたいと思い、ご連絡しています。

私は45歳、彼は48歳で、お付き合いして2年です。
付き合って1年間くらい、ずっとセックスはおろか、キスもスキンシップもありませんでした。
なんでだろうとは思っていましたが、自分から誘うのは苦手なタイプでそのままにしていましたが、付き合って1年くらい経った時、ある夜に「自分はEDだ」と告白されました。
私は驚きましたが、特にびっくりしたそぶりを見せず、そのまま流れで初めてセックスをしました。
でも、結果はダメ。
だけど、彼が傷ついているのはわかったので、何も言わず、気にしない様子を見せて、そのままハグしながら眠りました。
その後1年間くらい、まったくキスもスキンシップもなく。
うちに泊まりに来ることは多いのですが、それでもいつもただ眠るだけで、「私たちって友達なの?」という感じでいつも悶々としていました。
でも、変に誘ったりくっついたりしてもプレッシャーになるかなと思い、何もできず・・・。
それが先日、たまたま一緒に眠っている時にそういう感じになり、付き合って2度目のセックス。
でもやはりうまくいきませんでした。
彼は一生懸命、私を楽しませてくれようとしているのはわかりましたし、私も(拙いテクながら)お返しをしようと頑張りました。
滅多に面と向かってお礼を言わない、普段はとてもプライドの高い彼が「ありがとう」と何度か言っていました。

彼がEDであっても、私の彼に対する気持ちは変わらないと思いますし、EDであることを告白してくれたのは、とても勇気のいる行動だったと感謝しています。
こういう場合、彼女としてどんなことをしたらいいのでしょうか。
彼女側が口などで頑張ることは、逆に、彼にとってプライドを刺激することになるのでしょうか。
もしよかったら、ネタに取り上げてもらえると嬉しいです。
(Sさん)

続きを読む


観劇のあとにトークショーという初体験。

初めてのチャレンジはドキドキしますが、それ以上にワクワクがデカい、という体験をさせていただきました。

お弟子さんのひとりでもあるプロデューサーの藤原琳子さんと演出家の斎藤さん夫妻が主宰する劇団の公演。テーマはシェークスピアの「マクベス」。王殺しの重たい悲劇を若者たちが熱く演じていました。この距離で演劇を見るのは迫力がめちゃくちゃ凄くて圧倒されつつ、引き込まれていきます。そんな公演(しかも千秋楽)のあと、その舞台にてお二人に挟まれながら「トークショー」をさせていただきました。

続きを読む

4/6は東京にて「さあ、流れに身を委ねて新たな一歩を踏み出そう!」ワークショップを開催しました。次は福岡だ!!

満員御礼だったワークショップ「さあ、流れに身を委ねて新たな一歩を踏み出そう!」 

頑張ったり、気合を入れたり、勇気を振り絞ったり、ということをせずに、自然に無理なく一歩踏み出せるためにどうしたらいいのか?ということを15個の実習(ワーク)と共にお届けしました。

続きを読む

4/5(金)はパークハイアット東京でアフタヌーンティセット付グループセッションをしてきました。

パークハイアット東京の41F、ピークラウンジ

昨日は西新宿のパークハイアット東京ピークラウンジにてアフタヌーンティセット付グループセッションを開催しました。

離婚後の話、仕事のこと、失恋のこと、別居中の夫のこと、あと男性不信などの話も出てきました。テーマは多岐に渡りつつ、でも、ちょっと掘り下げてみると「あら、みんな似たようなテーマだわ~」ということも。

続きを読む

頑張りたい気持ちがあるのに体調が悪くて思うようにできない自分が情けない。

心と体と意識と三位一体で捉えるようにしています。
そして、それらは繋がっているので、どこかのバランスが崩れるとやはり思うようにはいきません。
ちゃんと自分の価値を認めて自分を大切にすることなど、できることはたくさんありますね。

いつもメルマガやご著書で勉強させて頂いてます。
私はフリーで仕事をしています。根本先生とは異分野ですが、セミナーや個人セッションなどの活動をしています。
以前は仕事が楽しかった。もっと頑張りたいと思っていました。
今でも気持ちはあります。が、更年期でしょうか。体調が悪くて以前の三分の一ほどの活動量でも身体がしんどいです。
でも、先生や皆さんのご活躍を見ると焦りや嫉妬、私ももう一度頑張りたい・・・の気持ちが起こります。
でも、体調を崩して出来る事が限られます。これが現実。
現実を受け入れよう、と思う一方でなんか情けない気持ちもあります。
どう気持ちの折り合いをつければいいのでしょうか。
ネタにして頂けたらと思います。
(Tさん)

続きを読む