nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

自分が傷ついたように子どもを傷つけたくないと誓って子どもと接しているのに・・・。

そもそもそう思う時点で愛情たっぷりなママであることが分かりますけど、そのことに気づいているでしょうか?
それよりも自分の足りないこととかできてないところばかり見ていないでしょうか?
そんなに頑張ったらむしろ逆効果ですよね、というお話です。

はじめまして。
Hと申します。
いつもブログや書籍を読ませて頂き、お世話になっております。

はじめまして、なのですが、とても苦しい状態から自分では抜け出せず、根本先生にメールを送ってみることにしました。

わたしは子どもが2人いまして、長女の気持ちを受け止めてあげられないことに悩んでいます。

わたし自身、母から大切にされずというか、気持ちを受け止めてもらえなかったり、話を聴いてもらえずに育ちました。
(母は母なりに大切に育ててくれたのだと、過去を振り返り、怒りや号泣を繰り返し、今では感謝できるようになりました。が、もっと気持ちを受け止めて育ててくれたら、育児や人付き合いに悩まずにいられたのかもなぁというのも正直な気持ちです。)

そんな経緯もあり、長女には沢山の愛情を注いできたつもりです。
でも最近、長女から愛を確かめるような言動(顔色を伺う、用がないのに何度も呼ぶ、できることもやってという、など)を毎日朝から晩までされて、受け止めるどころか、嫌な気持ちに押しつぶされそうになっています。
どうして愛を疑うんだろう、愛を試すんだろう。どうして伝わらないんだろう。どこまで頑張ればいいんだろう。もう心底疲れた。でも受け止めなければ。心がついていけない状態で毎日を過ごしています。

わたしは、自分が傷ついたようには傷つけたくない。愛情をたっぷり注いで、気持ちを受け止めて育てるんだと心に誓ってきたのに、どうして同じように傷つけてしまうのか。
なぜ、受け止めてあげられないのか。
わたしの傷が癒えていないからなのか。
そんなごちゃごちゃな気持ちと、長女を傷つけている毎日が、苦しくて仕方ないです。
もしよろしければネタにして頂き、アドバイスを頂けないでしょうか。

読んで頂き、ありがとうございます。
(Hさん)

続きを読む

失恋して廃人のようになってしまったときは大人しく廃人になっておくのが正しいのです。

自立系な方々は全身骨折のような心理的ダメージを受けたにも関わらず、気合や根性で立ち直ろうとし、再びエンジンを吹かすのですが、それって傷口を広げることになるんですよね。
廃人は廃人らしく過ごすのが一番で、それが回復の早道なんです。

こんばんは。

2週間程前に2年半付き合った彼氏と別れました。結婚も視野にいれていたのですが、向こうは外国人で、コロナで、次はいつ会えるか分からない状況に疲れてしまった、と言われ私から別れを切り出しました。

根本さんの失恋クリニックなどを読み漁り、色んな人に話を聞いて貰い何とか1週間は乗り越えました。好きなこともちょくちょくやるようにはしています。

でも、ここ2,3日体調を崩して、急に生きることが嫌になってしまいました。死にたいわけでは無いのですが、考えたくなくてベッドでずーっと寝ています。寝るのも疲れて起きると、また思考が戻ってきて絶望的な気持ちになるのです。

一応、仕事は出来ているのですが、仕事が終わると廃人に戻ってしまいます。
まともなときは仕事をしてるときだけ。

失恋はいつかは抜ける。と言われているので、この廃人のような生活を続けていても何時かは抜けるのでしょうか。

心が動かないときは無理に動かさなくても良いんでしょうか…好きなことも無理にやる必要はないんでしゃうか。(というか、単にやる気が出ないだけかもですが……)

よくよく考えたらあまりネタっぽくないな、と思いましたが
アドバイスいただけましたら幸いです。
(Sさん)

続きを読む

今の彼が過去彼たちとは全然違うタイプになるのはなぜ?~失恋を機に自分も変わり、恋も変わることもある~

今の彼氏が過去の男たちと全然違うタイプになるのはなぜ?というテーマでお届けします。
みんながみんなそうなるわけじゃないですが、大失恋を機に付き合う男がガラッと変わることってよくあるんです。
その心理を一つご紹介したいと思います。

根本先生、こんにちは。

私は人に恵まれていて、今までつきあった男性たちは人として尊敬できる正統派ヘラクレスオオカブトくんたちばかり。今では心から信頼できる友人たちで、私はとてもラッキーだと思います。
ところが、今おつきあい1年弱の彼は超ド級の自立系、仕事へのウエイトが偏りまくり、立派なシングルタスカー、コミュニケーション術が女性とは天と地ほど離れている男性です。

その前の彼氏はヘラクレス中のヘラクレスで、別れた時は自己攻撃が止められず、執着も捨てられず、真っ暗で出口のないトンネルから這い出すのに4年掛かりました。
それから3年、前彼と別れてから7年越しに、やっと恋愛に踏み出せ、好きになったのは今までとまるで違うタイプ。

私自身はリーダーの右腕タイプ。武闘派突撃部隊には所属していないと思います。
彼のおかげ?で、イイ女度は上昇中だと感じてますが(笑)、なぜ私はロックマン?を求めるようになったのか不思議でなりません。
なぜなんでしょうか? やっと好きになった人だから、気持ちに無理してるのでしょうか?

彼が大好きです。塩対応なヘラクレス? 放置や、素っ気なさが寂しい時もありますが、苦しい恋愛ではないです。
(Yさん)

続きを読む

【ありがとうございました!】久々のYoutuveライブ配信。9/11(土)21:00start!! こんな遅い時間に始めるのって初ですね!スペシャル。

ここしばらく本の執筆、お弟子さん制度、日常業務、夏の暑さ等の理由により気が付けば3か月もライブ配信をやってないことに気づきました。(そりゃ、うすうすは気づいていたけどさ)
なので、久々にライブ配信をして、皆さんからの質疑応答に答えまくろうと思う次第です。

続きを読む

やりたいことだと思って準備をしているのに全然やる気にならないのはなぜ?

「その根拠は?目的は?」とお聞きするんです。「ほんとうに求めてるものはなに?」と。
やりたいのにやれないのにも何か理由があるんですが、その一つに「ほんとうに求めているものとは違うから」というのがあります。
そんな心理を紐解いてみたいと思います。

根本先生、いつも一方的にお世話になっております!
2年ほど前から自分軸や自己肯定感を学び始め、当時と比べると少し生きやすくなってきました。
が、、やはり無価値感は根強いようです。
人として深みを出せるように教養を身につけよう!と歴史を勉強したいなぁとか、英語を勉強したいなぁとか思うものの、なぜか手がつきません。。
やる気になって本も買って、あとはやるだけなのになぜか気が乗らない。同じDVDを繰り返し見るくらい時間はあるのに。
でも、友人や周りの人が勉強していたりキャリアアップしているのを見ると、やっぱりやらなきゃ…とか焦りを感じます。
今の自分では不十分だから何かやらなきゃ、と思っているものの、やらないということは今のままでも認められたい!って思ってるんでしょうか?それとも本当にやりたいことじゃないんでしょうか?
(Yさん)

続きを読む

(ご感想)あぁ、愛されてたいからと人格が崩壊していたけど、素の自分って本当は十分魅力のある人間だったのかも?

Cさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!
元ネタはこちらです。
「すぐに彼氏はできるんだけどすぐに振られてしまう問題。」

1ヶ月ごとに男が変わる女Cです。根本さんこんにちは。
題材に取り上げてくださり、いつも男で頭がいっぱいのお花畑女なのに、嬉しくて男の事を忘れて喜びました(笑
私の外からのイメージ(言われた事が有る物)
*芯があって人間味がある
*見た目が美しい
*話の構成がうまく、退屈しない。
*おもしろい

実際
*男相手になると芯もクソもない軟体動物口癖は「いいよ」
*癖が強いと嫌われる可能性があるのでおしとやかに当たり障りの無い事を話す
*LINEは常に繋がっていたいしもっと話したいずっと話したい自分を不安にさせたらコロス
*自分に自信がなく嫉妬深い

これは明らかです。完全に八百屋が肉屋です。
最初は相手の事を本気にしておらず、普段の自分なんです。その状態で惚れた男が、次第に「誰だお前?」状態の可能性が大。
男相手でなければ、外から見えるイメージ通りの人間です。同性が見たらこういうイメージの人間。男にこんな態度しているだなんて想像もできないでしょう。男以外の事であれば、自分の意思を貫く芯もあるし、仕事もできる。プラスα男が好きそうな見た目をしている。
自分の自信の無さを、男で埋める為に人格を変えてしまうのか、本来こんな人間なのか?自分でもわかりません。
実は根本さんから回答が来る前に、もう自分はこんな人間だし、しょうがない!嫌われても素の自分をだしてみようキャンペーンを開始。 続きを読む

怖れが強い、怖がりな人の中にある最後の依存心について。

怖れが強くてなかなか動けない、考えすぎる、という方は本来めちゃくちゃエネルギーが強いからこそ、その分だけ怖れが強くなるんです。
でも、その怖れを作っているのは自分でもうんざりするほどの依存心なので、なかなか向き合う勇気が出ないのです。

怖れが強い人というジャンルがあると思っていて、例えば、このコロナ禍においてはとにかくコロナが怖い、ワクチンが怖い、という思いに支配されているものです。

そもそもが婚活が怖かったり、出会いが怖かったり、異性が怖かったり、仕事はまあいいんだけど転職が怖かったり、起業なんてもっと怖かったりするものです。

引っ越しが怖くもあり、一人暮らしも怖いのでセキュリティが万全なマンションを探します。

もちろん人が怖いので、たくさんの人と交わる場所には足は向きません。

でも、それでいながら外から普通の社会生活を送っているように見えます。

仕事もちゃんとしてたり、友達もいたり、表面上は幸せそうに生きています。

結婚している人ももちろんいます。

でも、何か動こうとすると強い怖れがやってくるのでなかなか行動に移しにくいんですね。

で、そんな風に強い怖れを持っている人というのは、自然と「考えすぎ」な傾向にありまして、コロナのことを考えすぎて鬱っぽくなっている人も珍しくありません。

その他にもあれこれ考えることがいっぱいで、ああでもない、こうでもない、と考えすぎて結論が出せず、結果、一歩を踏み出せなかったり、踏み出すタイミングが遅くなって後悔したりします。

でも、何を考えているか?と言えば、理論的に、分析的に考えているのではなく、ただ漠然と何かを考えている状態なので、正確には「思う」とか「憂う」という方が正しい表現かもしれません。

だから、ああでもない、こうでもない、と行ったり来たりの思考に支配されるんです。

こうした怖れが強い人は、そもそもが感情に敏感で、周りの人の感情の機微などを上手に捉えてしまい、それでまた考えてしまったり、怖くなって動けなくなったりするものです。
続きを読む