previous arrow
next arrow
Slider

6/14大阪、6/21東京、6/26那覇、7/13札幌、7/15仙台、7/21名古屋:新刊発売記念講演会「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる話」を開催します!

※東京開催(6/21)は満席になりました。キャンセル待ち受付中です。

6/14(金)発売の新刊「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)。

私がかねてから著したかった罪悪感についての本がいよいよ発売となります。

続きを読む

罪悪感の7つのタイプ

罪悪感について本にも書きましたが、ブログにも残しておきたいと思って今日のネタにしてみたいと思います。

・・・というか、昨日発売になってからいろんな方がシェアしてくださったり、感想を送って下さったり、昨日は大阪での講演会でしたので、すっかり頭の中が罪悪感モードですので、ご容赦くださいませ。

罪悪感には7つのタイプがあると考えています。
今日はその7つをご紹介したいと思います。

(1)加害者の心理

罪悪感と言えばコレ!というくらい分かりやすく、かつ、意識しやすい感情です。
「自分が相手を傷つけてしまった」とか「迷惑を掛けてしまった」とか「困らせてしまった」と言った、自分が何かをしたことによって生まれる罪悪感です。

彼女を振った、ひどいことを言った、誘いを断った、ミスをして迷惑をかけた、意地悪をした、いじめた、暴力を振るった、裏切った、嘘をついた、等々様々な場面で出くわすものです。

罪悪感の特徴として「正当化」というものがあり、そうした行為も「仕方がなかった」「そうするほかなかった」「相手が悪い」「自分は正義だ」等々の“言い訳”も多用されるのですが、私たちの「良心」はそこで確実に罪悪感を覚えているものです。

これはとても分かりやすいですね。
続きを読む


(罪悪感本の感想)ブログで所々拝見している部分がありますが、こうして1冊の本として拝読すると、点から線へ、理解がつながり、深まりますね。


『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。

セミナー、ブログ、本などなど、お世話になっているSです。

昨日、発売日前日ですが本屋には届いているに違いない!!と本屋に行き、早速入手いたしました。
(店頭にありましたので、平和に入手できました)
読みやすくわかりやすく腑に落ちること満載で、一気に読み終えました。
根本さん見てたんですか?!と思うくらい同じシチュエーションが度々登場し、こういう悩みを抱えているのは自分だけじゃないんだな、と思いました。
ザ・罪悪感のみならず、癒着のお話、謝らない人も実は罪悪感を感じている、など、相手の心情まで踏み込んだお話で、あー、あの人も結構つらいのかもな(イライラが消え大きな心)、となり、アファメーションもせっせと行なったところ、早速今日は心も軽く、制服もゆるく、肩の力が抜けた感じです。
ブログで所々拝見している部分がありますが、こうして1冊の本として拝読すると、点から線へ、理解がつながり、深まりますね。
具体的な問題があるわけじゃないし恵まれているんだけどなんだか生きづらい、と悩んでいる人に、とりあえず軽やかになれるヒントになるかもしれないから読んでいただきたいな~、と思いました。

根本さん、この本を執筆いただきありがとうございます。

昼休みの合間に、ダッシュのカキコミです。
誤字、乱文はお許しください!


(罪悪感本の感想)この世で一番自分が自分を厳しく罰していると分かったら、自分がいじらしくかわいそうで、思わずゴメンネと呟いてしまいました。


『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

私は罪悪感で自分を縛り、こんなに罪深い私は幸せになってはいけない!と無意識下で自分を不幸する選択ばかりしてきました。
罪悪感のタイプの中でも「3・5・7」に当てはまるな~、と自分がどのタイプの罪悪感を持っているのかが分かって、なるほど!と思えました。

自分の罪を大罪として罰しようとしているのは他の誰でもなく「自分自身」で、この世で一番自分が自分を厳しく罰していると分かったら、自分がいじらしくかわいそうで、思わずゴメンネと呟いてしまいました。

罪悪感が多方面にわたって人生を面倒で辛いものにする原因になっていたことを知れたことで、生き辛さや居心地の悪さ、直したくても治せないクセの奥に罪悪感があるからなんだ…と分かった事はとても大きな収穫でした。
また、長所が自分にとって「してあげられなかった」「役に立てなかった」と罪悪感の種になることも納得できました。
長所ゆえに自分を責めるなんて…どれだけ私達は健気に生きているんでしょうね…

自分自身の中にある罪悪感を知るのにもこの本は役に立ちましたが
それよりも私の心を楽にしてくれたのは

私を傷付けたあの人の冷たい態度は、感情を麻痺させてしまわないと自分が壊れてしまう程に強い罪悪感を感じた彼の精一杯だったんだな、と知れた事です。
自分が嫌われた・ひどい扱いを受けるような存在になったんだ、と自分を責めてしまっていましたが
それは「私」が原因なのではなく、相手が自分で感じていた自分自身の罪悪感なんだ、と分かった事で相手を理解し、許しが加速しました。
続きを読む


(罪悪感本の感想)「罪悪感からの行動は、罪悪感をばらまく結果を招く」この言葉、ココロにグサッと突き刺さりました。


『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

知らず知らずのうちに、たっぷりと背負ってたことに気づきました…。
無意識に選択してしまう感情、罪悪感を。

根本裕幸さんの新刊「罪悪感のなくし方」を読んで
「罪悪感からの行動は、罪悪感をばらまく結果を招く」

この言葉、ココロにグサッと突き刺さりました。

まさに外資系企業で働いていた頃の私だったからです。

罪悪感から多くの依頼を抱え込み、溺れそうになりながらも
「自分の能力が足りないだけだと」と自分で自分を追い詰めてしまい
ドクターストップになるまで、仕事を止められなかった、あの頃。

良かれと思ってやっていた事も、自分の心や体の声を無視して背負い込んでしまったことは
結果的に周りの人にも罪悪感を与えてしまった事でしょう…。

この本では、その存在が当たり前になりすぎて、自覚することが難しい罪悪感を具体的事例をもとに説明してくれています。

「罪悪感とは、7つのタイプがあり、無意識レベルが深くなるほど、気づきにくくなる」など
さまざまな視点から掘り下げているので、客観的に考えることが出来ました。

「罪悪感の裏側にある愛に意識を向けることで、私たちは自分を肯定し、ゆるし、ずいぶんと生きやすくなる」
「罪悪感があろうが、なかろうが、あなたは今、そのままでしあわせになれる」

罪悪感を背負い込みやすい私ですが、日々この言葉を意識することで、自分にやさしく過ごすことが出来そうです。
(Mさん)


結婚2週間で離婚したいと言われるわけ。

自分が何かをした、という可能性もあるけれど、相手があまりに何も考えてなかった、ということも否定できないんじゃないかと思います。
とはいえ、そういう状況を招き寄せてしまった自分の心と向き合うのが基本であることに変わりはありません。

 再婚相手から結婚2週間で離婚したいと言われました。
前の夫は単身赴任で過ごしていました。どうしても好きになれず、嫌だと思っていたところ一回り下の彼と不倫関係に。彼からの愛してるよって言葉にもう完全にノックアウトでした。彼と出会って1ヶ月後、前の夫の子供を妊娠していることが判明。彼とも別れる事も含めて相談しました。
彼は産めばいいと言って、私とのお別れも出来ない、夫とは離婚して、自分と結婚して、残りの人生を共に生きようと言ってくれました。
彼のご両親には不倫していたことは伏せたらしいですが、お金目当てで年下の男をたぶらかした悪い女と言われ、絶対私に合わない反対だと言ったそうです。
過去に学生時代の彼女が出来ても全て交際を反対し、別れろと言われていたため、彼は結婚は好きな人としたい。親の反対を押し切っても結婚すると言ってくれました。ご両親はどうしても結婚するなら勘当すると。
私達は同棲から7ヶ月で入籍。結婚の会社へ報告すると上司から、夫は私に騙されて結婚したのでは?お金目当ての結婚ではないか?この結婚に納得しているのか?などほぼ毎日責められ、友達にも同じことを言われ、この結婚は、間違っていた。離婚して欲しい。俺は被害者だ。君に騙されている。君のせいで俺の人生はめちゃくちゃだ。他人の子供は愛せない。と言い結婚1ヶ月で家を出ていきました。
彼のご両親はいつ離婚するのだ?早く離婚しろと言ってくるようです。義父は職を失いそうで、鬱を発症しています。別居から4ヶ月後、退寮の為引っ越ししてきましたが、依然ほとんど家に帰ってきません。
家庭的な人が理想だといって選んでくれたのに毎日外食です。仲良しの時には、不満ないの?と聞いてもないよと言ってました。今までの自分は全て偽りで、本当はこの姿。給料は全部自分が使いたい。私だけならいいけど、なぜ子供達に払わなければならないのか。みんなで出かけるなんて、自分は行きたくない。と言い続けてます。
どうすればいいのか、私も分からなくなってます。こんなになにもかも嫌になるほど追い詰めたのでしょうか?
こんな状態でも私に甘えてきます。
(Mさん)

続きを読む


(罪悪感本の感想)何か自分を責めそうになったら、私は無罪です!が最強のアファメーションですね。


『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

7つのタイプの罪悪感、全部当てはまる、思い当たるフシがある自分です。根本先生の罪悪感本の出版、ずーっと楽しみに待ってました。

読んだ感想としては、

翌日気分が落ち込み、あーあんな本読まなきゃよかった…過去の罪悪感を思い出して辛いん…

からの、1日後には

あれ?なんか立ち直れてる!心が軽い!!
という感情をキョーレツに感じております。

他者のことばかり責めてしまって落ち込んだ気分で過ごすことが多かったんですが、実は罪悪感から自分を責めていたんですね。

その罪悪感どこからやってくるの?と突き詰めたくて、過去の罪悪感を思い返しました。えぐい、キツイ、苦しい感情でした…

小さい頃、母はヒステリックで過干渉でした。辛くて苦しくて、でもどうにもならない罪悪感。今思えば、激しい反抗期でした。
それに家庭崩壊からの両親の離婚、罪悪感まみれの人生だったけど、愛ゆえにこんなにも苦しんでたんですね。
自分自身が自分を一番傷つけて許せてなかったんだ…と。

両親のだって私を幸せに出来なかった罪悪感にまみれながらも、私に愛を注いでくれてました。今まで生きて来られたのは周りからの愛があったからこそ、だけど私はそれが受け取れなかったんだ、そんなにも自分は傷ついてたんだ、と理解できました。

大人になって、根本先生のところで自己肯定感の上げ方を学ばせていただいた今なら、過去の自分に対して、頑張ってたよねー、よく生きてきたねー!と声をかけて労ってあげられます。牢屋から過去の自分を出してあげて、自由になってもらうイメージも自然と湧いてきます!何か自分を責めそうになったら、私は無罪です!が最強のアファメーションですね。

私が愛し、私を愛してくれる大切な友人と接するように自分を扱って、もっともっと自分と仲直りして、自由に幸せに貪欲に生きていきたい!

あ、根本先生の過去の話ってあんまり知らなかったけど、親近感が湧きました。

今思えば、私の父親も無茶苦茶子煩悩でいろんな所へ遊びに連れてってくれてたなぁ、愛されてたなぁって思えるようになったんですよー!

先生、素敵な本を執筆して下さって、ありがとうございました。

(Mさん)