previous arrow
next arrow
Slider

動画配信「愛される価値とは?~無価値感について~」

〇自分に魅力や価値があることを知りたいと思う方
〇自分には愛される価値なんてないんじゃないかと感じている方
〇恋や仕事でいつも頑張りすぎて相手に尽くしてしまう方
〇人から褒められても素直に受け取れない方
〇いろいろと努力しているのになかなか自分に自信が持てない方
〇いつも「選ばれない」「2番目」のポジションになってしまう方
〇何かしないと愛されないと思ってしまっている方

そんな皆さんに贈る2時間講座です。

皆さんも頭では理解されていると思いますが、誰もが「愛される価値」をふんだんに持っていて、そして、今までも誰かに愛されてきたはずです。

しかし、自己否定が強くてその愛を受け取れなかったり、そもそも愛されるわけがないと思い込んでいるので、愛されていたのにそのことに気付けなかったりしてしまったのかもしれません。

また、人はいい思いをしたことよりも、痛い、ネガティブな思いをしたことの方が記憶に強く残ります(これは人の防衛本能によるものです)。
だから、過去を振り返ったときに、愛された経験よりも愛されなかった経験の方が強く印象に残ってしまっている場合もあるでしょう。

また、思春期になると他人との比較や競争心が生まれます。
そこでは何かに秀でた人がヒーロー/ヒロインになります。
美人だったり、頭がよかったり、運動ができたり、面白かったり。

その競争に敗れたり、あるいは、いつも自分以上の人(目の上のたんこぶ)がいて、何でも比べてしまったりすると、いつしかあなたは「自分には何ら価値がない」と思い込むようになります。

それを「無価値感」と言います。

そのままの自分では愛されないわけですから、自分をもっとよく見せなければ、と頑張ったり、犠牲をしたり、我慢をしたりして、本来の自分から遠ざかって行きます。

「こうすれば愛されるんじゃないか?」と思い、本来の自分を隠して、別人になろうとするのです。

それを「仮面(ペルソナ)」と言います。

例えば、ある人は自分を良く見せようとブランド品で自分を飾ります。
ブランド品には価値があるから、価値のない自分をブランド品で飾るのです。
虎の威を借る狐、そのものです。

例えば、ある人はハードワークをすることによって会社に尽くして認められようとします。
人より何倍も働くことで自分の存在を認めてもらおうとするのです。
夢を追うためにそうするならばいいのですが、承認欲求からハードワークをしてしまえば、相手が認めてくれない以上、どんどん燃え尽きていくでしょう。

例えば、いい彼女になって彼にたくさん尽くします。
嫌なことでも彼が望めば笑顔で対応します。
嫌われたくないから相手が嫌がることはしません。
捨てられるのが怖いから、相手にNoを言えません。
そうやって彼の思い通りの女になれば愛されるんじゃないか?と思うのです。

例えば、ある奥さんはいつも我慢ばかりする人です。
自分には何も価値がなく、もらってもらっただけでもありがたいと信じています。
だから、旦那さんが理不尽なことを言っても、子どもたちが言うことを聞かなくても、ひたすら我慢です。
そのストレスは膨大なものになるでしょう。

でも、この無価値感は誰にでもあるものです。
子ども時代の私たちはみんな親から愛されるために頑張ったのですから。

そんな心の闇に光を当てていきましょう。

そして、自分にも愛される価値があり、今のままの自分でいいんだ、という思いをぜひ受け取っていただければと思います。

さて、皆さん、ちょっと考えてみてください。

〇あなたの親はあなたにどうあることを求めましたか?

〇それは本来のあなたに合っていると思いますか?

〇親に対してしてきたことを、他人(例えば恋人など)に対してしていませんか?

〇今のあなたは仕事やパートナーに対してどれくらい自分らしくいられていますか?

〇素の自分を出してしまったら嫌われてしまうと思いますか?みんなが去っていくと思っていますか?

答えは出さなくてもいいので、ぜひ、そんな心に注目してみてください。

 

★動画配信(ストリーム)での購入を希望の方は↓の画面、右上の「¥5,500で購入」をタップ or クリックしてください。左下の再生ボタンをタップ or クリックされるとサンプル動画がご覧いただけます。

 

動画配信「今年1年を自己肯定感的に振り返り、ライフワーク的に来年の目標を考える会」

「今年1年を自己肯定感的に振り返り、ライフワーク的に来年の目標を考える会」

若干強引な気もしますが、私のブログでよく出てくるキーワードを2つ(自己肯定感、ライフワークをはめ込んで見ました!(笑)

実はこのセミナー、毎年、好評を頂いています。もちろん、内容は毎年変わるのですが、
「1年の振り返る機会がふだんなかなか作れないので有り難い」
「去年作った目標リストを見返してみたら、願い事がかなり叶っていてびっくりしました!」
「できなかったことではなく、できたことを探すアプローチなので安心して振り返りができます」
という声もよく頂いている企画を今回はzoomセミナーにてお届けします。

毎年年末もしくは年始に開催しているこのセミナー。必ず参加者さんから「このセミナーで立てた目標がなぜか叶っているんです!今年もやってください!」とお願いされるセミナーでもあります。年末年始のキリのよいところで開催しているのですが、実はこのセミナーで紹介するセッションは1年のいつ、どこでやってもOKなものばかりなんです(その時点から前の1年を振り返れば良いので)。ひとつ区切りをつけたいときにぜひご活用ください。

続きを読む

動画配信「新刊「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」発売記念講演会」

2019/6/14の新刊発売日当日に行われた大阪での講演会を収めた動画です。

新刊「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)。

私がかねてから著したかった罪悪感についての本がいよいよ発売となります。

続きを読む

動画配信「罪悪感と癒着の心理学」

 

「僕の安易な発言のせいで彼女を傷つけてしまった。絶対、口にしてはいけない言葉だったのに。僕はこれからこの罪を償い続けなければいけない。彼女がしてほしいと望むことはすべてやらなければならない。それは罰だ。大切な彼女を傷つけてしまった罰だ。」

続きを読む

(ご感想)そこまでの愛がある自分が なんか嬉しかったです(^_^)。

voicyというネットラジオやっているんです。

私も素敵、と言えることが素敵(^^)

今日のネットラジオ
聴きやすかったです(^_^)

台風だったから、
家で大人しくしてる時に聴きました( ・∇・)。

アファメーション、棒読みでもOKみたいだったので(笑)
棒読みで言ってみましたー。
試しに。(笑)試しただけ(笑)
あ、意外と効くかも。
私に愛される人は幸せ~( ・∇・)🌺🌺🌺って。

私は、彼の為に別れてあげれて、相手の為に別れてあげれた私凄いかも~( ・∇・)とか、
めっさ愛の深い私が
当時は別れが辛かったけど、
私凄いなぁー( ・∇・)
そこまでの愛がある自分が
なんか嬉しかったです(^_^)。

今日だけかもしれないけど、
今日は凄い心が楽になったので、

根本さん、
ありがとう(^_^)。

私も素敵(笑)
(Sさん)

(ご感想)あの日以来確実に心が軽くなりました。

ありがとうございます~!こちらこそ、紹介するのが遅くなってしまいましたー!!!

新潟良かったなあ~。またじっくり行きたいなあ。(遠い目)
やっぱり新潟も情熱的女子が多い街なんですね~♪(^^)

根本先生こんにちは!
新潟のお茶会&講演会でお世話になりました。その節はありがとうこざいました!お礼が遅くなりすみません…。
先生に直接お会いすることができ、その上カウンセリングをしてもらえたことがなんだか夢のようです。講演会の後は、しばらく放心状態で、呆けていましたが、ようやく地に足がついてきました笑。
あの日以来確実に心が軽くなりました。
ずーっと一人で抱え込んできたものを外に出せたのが何よりも大きな事でしたし、「わたしはわたしでいいんだ」という事が、腑に落ちたというか、体感できたというか、覚悟が決まったような感じです。
まだまだドロドロしたものとか、無意識の枠や観念とかが自分の中にたくさんあるのでしょうが、どんどん外して身軽になって、かるーく生きて生きたいと前向きな心持ちです。
先生のおかげです、本当にありがとうこざいました!またぜひ何度も、新潟に来てください!リトリートセミナーとかも、いつか参加してみたいです。これからもお世話になります、よろしくお願い致します^^
先生もお忙しいと思いますが、お身体に気をつけられて、迷える仔羊たち笑…を、これからもお導きくださいませ^^
(Kさん)

周りに振り回されないように「私」(自分軸)をしっかり意識する方法。

その才能が豊かで、エネルギーが強い人ほど、そのエネルギーに自分自身が振り回され、それが周りに投影されるので、周りの人たちに振り回される、という現実が目の前に現れます。
なので、改めて「自分軸」を確立しようぜ!という話になるのですが、その具体的なひとつの方法をお伝えします。

いつもブログ拝見しています。ロックマン夫の浮気から先生の本や動画で心理を学び、ライフワークを仕事にして武闘派女子の鎧を脱ぎ捨てた頃から、ヘラクレスオオカブトの皆さんに愛されまくり始めました。

仕事でも家庭でも立派な(でも寂しい)方が、私に癒やしやスキンシップを求めます。私は清楚な外見とは反対に奔放でエロいです。それでも尽くしてくれるんです。

夫とは今ではお互い愛情があります。両親との過去も見直しました。だから寂しさからの逃避で愛されたいとは、今は思いません。

そんな中、なぜかふと「私は男性に何かを与える存在なんだ」と感じたことがあり、先日の「問題と才能の現れ方~例えば豊かなセクシャリティを持つ女性はヒーラーであり、それがゆえに傷ついてしまう~」を読んで、しっくりきました。

私を介して大きな愛とつながってほしいし、愛させてあげたい。
でも、確かに嫉妬から同性とのトラブルが起きたり、一般論で縛られたり、男性の欲に振り回されたりと、エネルギーが枯渇しそうな時があります。

先生は『だからこそ「私」というものを強く意識して、しっかり自分の足で立つ(=自分軸)が必要』と書かれていましたが、具体的にはどのようなことを気をつけたらいいのでしょう? 

だれかれ構わずヤリまくっているわけではないのですが「自分を大切にする=セックスしない」は違和感があります。
(Aさん)

続きを読む