恋をすると出てくる「めんどくさい女」の正体とそのカウンセリング的アプローチについて。

自立系な女子が恋をすると自分の中から「めんどくさい女」が湧きだしてきて自分でも嫌になっちゃうわけですが、そのめんどくさい女の正体をまた見極めると同時に、カウンセリングでそれをどう扱っていくかをお話しておこうと思います。
ワークみたいにできるからやってみるとよいかもね。

ふだんは自立系の鎧をバリバリ着込んでいる武闘派女子がひょんなことから恋をすると必ずと言っていいほどおっしゃるセリフがあります。

「最近、あたしの中からめんどくさい女が出てきて暴れてる」

先日も誰が見てもいい女と言われるのに数年間男っ気が全くなかった武闘派クライアントさんがどうやら恋をしたらしく(ただお約束通り相手は既婚者らしい)、珍しくため息をつきながら上記のセリフを吐かれたのですね。

自分の中からぐわーっと湧き上がってくる「めんどくさい感情」があって、それに振り回される自分がそこにいるのです。

彼が今、何をしているか気になってしまう。
返事がすぐに来ないと不安になってしまう。
この恋はダメだと思い込もうとするけど気持ちは走り始めてる。
彼にどう思われてるかが気になって仕事に集中できないときがある。
相手の態度でうれしくなったり、悲しくなったりする。
先々のことを考えると諦めなきゃと思うけど、でもやっぱり好きだと思う。
久々に性欲が旺盛になって扱いに困ってる。
これって根本さんが言う「リハビリ男?」と思うと悲しい。
フリーの人と出会って結婚したい気持ちもあるのに何でこの人を好きになったんだろうと思う。
会えると思うと嬉しいはずなのに気が重たい。
イヤな自分を隠して笑顔でいる自分が虚しい。
自分からは誘えないし、だから誘ってもらえると嬉しいけど、待つのも辛い。
今頃家族と仲良くしているのかと思うと無性に腹が立つ。そんなこと思ってもしょうがないのに。
やたら街中でカップルや家族連れを見かけて嫌な気分になる。
こんなこと、ここ数年なかったのにー!!気分よく楽しくすごしてたのにー!!

そして「彼のこと、好きになるんじゃなかったー。どうしよー。根本さーん。どうしたらしい?やっぱダメだよねー?早く諦めたほうがいいよね?」とおっしゃるわけです。
続きを読む

「挿入を受け入れられない」に見る心理とそのいくつかの対策について

「好きな人が相手なのに挿入を受け入れられない」という問題には「ああ、やっぱりそうだよね」という原因もあれば、ちょっと意外に感じられる要因もあったりします。
そのあたりの心理について対処法も含めて少し広めに展開してみました。

こんにちは。
いつも根本先生のブログを拝読しております。
他の方のように面白い文章は書けないのですが、ネタとして取り上げてくださると嬉しいです。

私は男性とのセックスにおいて、挿入を受け入れられません。前戯までは大丈夫ですし嬉しいです。
自分から男性に触ることは出来るのですが、私に対して「真剣な眼差し」で迫られると居心地の悪さに目を逸らしてしまいます。また、「真剣な眼差し」にイライラしてしまうのです。

最近3ヶ月で振られた彼氏には、なんとか3ヶ月、私が彼に触れる形で誤魔化していましたが、もったいぶっていると思われたのか冷められました。
最後に自分からホテルに誘いましたが、挿入のときにしたくない自分を抑えることができず、挿入なしで終わらせました。

「入らないとか、これから先大変だよ」という言葉に傷ついて、大人のおもちゃを買ってみたところ、それはすんなりと入りました。

過去の経験人数は1人、その後に入らなかったのは2人です。初体験はとても嫌でした。
でも、ローションを用意してくれたり、「初めてをくれてありがとう」と言って新しいワンピースを朝プレゼントしてくれるなど、優しい人で7年付き合いました。(でも性的魅力を感じない異性で、浮気されて未練なしで別れました)

初体験前に、知らない若い男性に襲われたことがあります。未遂でしたが、脱がされそうになったのと口を塞がれました。目が合ってしまいました。

…どうすればいいのでしょうか。
正直モテるかなと思います…。(色気があると言われるのでみんなギャップにがっかりしてそう)異性として好きな男性が怖くならない方法があればネタとして取り上げてほしいです。
今回、私も3ヶ月付き合った彼氏とのセックスを楽しみにしていたので、やっぱりイライラしたり挿入を拒む自分に納得がいかないです…(;_;)
(Mさん)

続きを読む

本気の恋愛ができない奴がふいの事故のようにマジ恋するとスクラップになる件~思春期の感情の抑圧とコントロールがもたらす悲劇~

自立系武闘派女子あるあるの一つで、情熱の女が何かのきっかけで感情をコントロール(抑圧)するようになった結果、仕事は抜群にうまく行くのだけど、ふいに訪れた本気の恋にめちゃくちゃ振り回されて燃え尽きる事件が多発しているようです。
「怖くないから素直な自分の気持ちと向き合ってみようねー」を推奨しています。

根本先生

はじめまして
10年前の学生の頃、セミナーや講座にお世話になって今は著作とボイシー、ブログにとても支えられている者です!
何事も懐疑的で自分の中に新しい考えを入れられない偏屈人間なのですが、根本先生のお話だけすんなり(理解が及ばず何度か往復しますが)受け入れられます。

さて、あるあるかわからないのですが「本気の恋愛ができない奴がふいの事故のようにマジ恋するとスクラップになる」件についてご相談させて下さい。

私は現在上記通りの満身創痍状態で、生きがいでアイデンティティだった仕事も休職中です。

相手は会社の先輩のヘラクレスオオカブト(既婚子持ち)で、ただ目をかけて可愛がってたくれてただけで何も無かったのに(ここポイントです・本気恋できん人間は好きな人とは何もできません)

普段はすぐ誰とでも(男女とも)キスするしセックスも好きでおぼこいの反対です。

だのに心が伴った途端これです…

根本先生知った学生時代にも同じことがありました。
その時もヤバかったー!
屍のまま就活戦線に出たもんで敗戦三昧で、数年かけて中途採用でやっと今の希望の職種と環境手に入れたのに…

ホンマの恋て何でこんなに辛いんでしょうか…?

最近の根本先生のブログの無気力になったらとにかく休めに救われてます。
ずっと何で何でどした自分?!と責めてたので。

いい女になりたいな
また本気の恋した時に怖くても好きで居られる強さがある、そんな素敵な女性になりたいです。
(Yさん)

続きを読む

離婚危機!?夫婦のペースが合わなくて気が付けば大きな隔たりが生まれている問題。

最近は「優しくて妻に合わせる夫」と「ブイブイ言わせる武闘派妻」のカップルが増えているようで、奥さんがあれこれ好きなようにふるまっていたら、気が付けば旦那をはるか後方に置いてけぼりにしちゃった!みたいな事件をよく担当しています。笑
これは意外に自己肯定感が低く、自分の能力を見誤ってしまった妻と、同じく自信がなく妻に合わせてきた夫が作り出す悲劇なのかもしれません。

妊活ステップアップを迫ったら、離婚危機!

根本さん!勝手にいつもお世話になっております。
33歳の主婦子ナシ、同い年の夫と結婚して7年です。

昨年11月に妊活のステップアップを提案したら「お金面でも心配だし、育てる自信がないからちょっと」と言われました。
お金面が不安なら稼ごう!と思い起業から少しずつ収入を得ました。

12月の末に「少しずつ収入を得られたので。一歩ずつ解決してみませんか?」とリフレ券と一緒に渡したら、
「好きかどうかわからない。一人になることも考えてる。」
今まで嫌だったことを伝えられて、初めてお金の問題じゃないことに気づきました。
優しい夫に胡座かいたことも。

「罪悪感を手放す本」を読んだり「浮気と離婚の危機とセックスレスの向こう側にあったギフト」を熟読したり、自分軸へ戻る。感謝日記、彼に与えることが出来ることを意識しつつ仕事も売上アップをしています。

夫の無視も関係なく、毎日を感謝して過ごせるようになってきた1ヶ月半。

バレンタインを作って渡したら「申し訳なくて気持ちは受け取れない」と言われました。
神様テストとよく見るけど、これが神様テストなんでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

仕事を辞めてのんびりしていたら旦那にキレられた件~まず自分が楽になって彼を自分の器で休ませてあげること~

自分がしんどい思いして働いてるのに妻は家でのんびりごろごろしてる!と思ったらそりゃキレるのも無理ないですけど、それは旦那がキャパオーバーしているだけ。
その言葉を真に受けるのではなく、とことん自分を癒して楽になれば旦那さんを受け入れられる余裕が生まれてくるので彼のことも癒してあげられます。

根本先生

はじめまして。
blog追っかけ歴は1年半くらいのビギナーです。
きのうの「自分軸に移行して無気力」へのご回答読んですごく楽になりました。
私も疲れて仕事辞めてのんびりしてたのですが、当初協力的だった夫が最近「俺が支えるのが当たり前になってる!今日何してたの?まさか寝てないよね?」とキレ気味であわわわとなってます(笑)

これは投影の法則で言ったら私が私自身の無気力のんびりを否定して責めてる心があるから彼が抵抗勢力となっているのでしょうか?

私が心からまだゆっくりしたい!何ならもう今生は頑張りたくない!社会適応なんかしたない!とコミットしたら彼の態度が変わったり、私の何もしたくないという本音でもスムーズに回って行く新たな展開があるのでしょうか?

ちなみに夫は以前から独立を考えており、会社の仕事以外に外注をとってるのですがそれは生活出来るほどのものじゃありませんし、外注先に問題があったりと不安定です。

会社でのストレスが相当らしく出来ない部下へのディスりがなかなか激しいです(笑)
傾聴と共感を根本先生のblog参考に心がけていますが、私はディスられてる部下に共感して(その子も生きづらいだろうな~)と夫には寄り添えてないかもです。

でも彼は一方わたしに私が居てくれてほんと良かった大好き絶対離さないと言葉に出してよく言ってくれます。
ただ私がぼややんと社会から逃げて彼ばかりがお金稼ぎにせっせと身を削らせてる点は最近ムカつくみたいです。

理想を言えば頑張らない好きなことで、無理なく私がまた収入を得て彼に一旦休んでもらって今度は彼にぼんやりした時間をあげられたらと思います。
彼は私よりずっとサバけている悟り世代で私のように自失して頑張るような馬鹿なこと(私、団塊ジュニアジュニア)はしないのですが、流石に最近色々限界ぽいのかなと…休ませてあげたいけど、私もまだ休んでいたい!と葛藤中です。

また私も出来てないし彼も出来てないのは、仕事を楽しむということです。
私は楽しみたいと思って転職繰り返したり動けなくなったりして来たし、彼は仕事にそんなこと求めてないて感じです。
(Nさん)

続きを読む

私の能力にタダ乗りしながら感謝の言葉もない夫に怒りを覚えます。~自分の価値を低く見積もっているほどパートナーに怒りを覚える~

自分の能力や価値を低く見積もっていると、相手に期待したり、無理な要求をしたり、犠牲したりしてストレスを思い切り溜め込みます。
そして、夫に対して不満や怒りを抱えることになるのですが、まさにこれって自作自演なんですよね。
「自立の依存問題」の一つの事例として紹介いたします。

根本先生こんにちは。
根本先生の本やブログやVoicyのおかげで、自分のことが受け入れられるようになり、楽な毎日が訪れました。本当にありがとうございます。

最近消えない怒りがあり(怖いですね)もしできれば、いつかネタにしていただけないかと思います。

それは育児に対して、夫が私にフリーライドしているように思い、怒りを感じるというものです。

私は小学生男子のワーママです。今思えばあそこまでやらなくてもよかったと思いますが、育休をとっても、時短でも絶対に、以前と変わらない仕事をすると誓って、自分の実感としては辛いながら頑張りました。

育児が楽になってくると、1番大変だった時に身につけたスキルで、定時に上がっても、それなりに仕事をこなすということができるようになりました。
私のチームは、女性が多いこともあり、定時に全員退勤できるような管理は、歓迎されているとも思います。
そんな日々で、仕事はほとんど困らないにも関わらず、夫に対してはフリーライドされている気がしてなりません。
遅くなるとの連絡もなく、残業をしたり、家で仕事の愚痴を言ったり、大変だと言ったり、家事をしなかったり、時々そのような態度が許せません。

私は何年もかけて、スケジュール管理やチームワークの構築、短時間で仕上げられるよう仕事のスキルを上げる努力などしてきたのに、それにタダ乗りして日々の謝罪も感謝もないだと、、、(怒り)と思ってしまいます。

そんなことでイライラして怒ると、逆に責められるので、本当に嫌になることがあります。また子供に当たってしまったりすると、私は何してるのかな?と思ってしまいます。

競争心なのか、罪悪感なのか、ただ単に自分に禁止してることを夫がやっているのが腹が立つのか、、。

こんな怒りをどうすればいいのか分からず、困っています。

いつかネタにしていただけたら嬉しいです!
(Eさん)

続きを読む

「男を感じる男」と「理想のパートナーシップ」のギャップが恋がうまく行かない理由になってない?

「あの人に男を感じる」という相手と「私の理想のパートナーシップ」の不一致から、好きになる男とは幸せを感じられず、幸せになれそうな男には惚れられず、という矛盾が生じてるケースによく出会います。
そのギャップはなぜ生まれるのか?そしてどうしたらいいのか?について考えます。
そのカギは意外にも「仕事」や「今の日常生活」にもあるのです。

「なんで恋がうまくいかないのよー!!なんでこんな男ばかりなのよー!!どこにヘラクレスオオカブトがいるのよー!!!」という訴えを3秒に1度ほど受け止めている勇敢な私なのですが(命知らずなの。)、命尽きる前にこの辺の話をしておきたいと思い筆を執りました。

みなさんはどんな男性に「男」を感じますか?

一方で、どんなパートナーシップを築きたいと思っていますか?

さて、それらは一致していますか?

※男子諸君は「男」と「女」を入れ替えて読んでもらえればOKす。

例えば、自他ともに認めるロックマン氏愛好家のA氏は何年かの間、難攻不落かつ完全防備な彼を落とすべく女子性を開き、セクシャリティを解放することに命を懸けている様子ですが、彼女の理想のパートナーシップをお聞きすると

「アットホームな家庭を一緒に築き、休日は一緒に料理を作ったり、子どもたちと公園に出かけて遊んだり、ホームパーティを開いて友達を呼んでワイワイしたりすることが理想なんですぅ。ふだんから何気ない話をして笑い合い、お互いが尊敬でき、もちろん、夜の生活もめちゃくちゃ充実してるのぉ」

とほざいておりました。その話を聴いて思わず笑ってしまったので私の脛は瀕死状態です。(やはりレガースを着けるべきです)

え?そのロックマン氏ってそんなコミュニケーション取れる人だっけ?
え?そのロックマン氏は料理するんだっけ?
え?そのロックマン氏は休日に公園に出かけたりするタイプだっけ?

そんな風に容赦なくツッコミを入れたところ、さらにハードな脛蹴りが飛んできたので、整形外科の先生に優しく慰めてもらっています。(武闘派しかいない看護師軍団に囲まれているので気持ちが通じ合いました。)
続きを読む