nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

私は一人暮らし、彼は実家暮らし、そんな“身分の違い”を乗り越えて幸せになるには?

自分の常識は相手の非常識であり、その逆もまた真なり。
自分の中にある「当たり前」は、無意識に相手に対する「期待」になり、それが叶わなかったときには失望し、幻滅するものです。
でも、自分ができることが相手もできると思ったら大間違いなんですよね。

根本先生、いつもお世話になっています!
彼氏がケーキをいっぱい買ってきて困っちゃうというロマンス期を過ぎ、同棲の話が出てきて、爆進していくと思いきや…なかなかそうはいきません。

実家暮らしの彼と過ごすのは私の一人暮らしの家なのです。
私は、もともと掃除家事料理はできることならしたくない、多少汚くても生きていけると思っています。
彼は最初はそう言う部分も流してくれており、少しずつ掃除や料理をしてくれるようになり、これで私はバリバリ仕事出来るわぁ最高!と思っていたら、だんだん出来ていないことを指摘してくるようになり、あなたは何もできないと言われるようになりました。
ただ、彼は何せ実家暮らしのため、好きな料理やそれにまつわる台所掃除はできても、風呂掃除したことない、洗濯もしたことないということが分かってきました。えー!30過ぎて、おかんにやってもらってるんかーい!と心で叫んでしまいました。
週末に来て、やりたい家事だけやって、自分は家事ができる、やってやってる感を出す彼が鬱陶しくなってきました。
私がたまに仕事で疲れてたり、ガチで体調悪いときにも、気付かず同じテンションで、「皿洗いを命ずる」とか言ってきて、徐々に殺意を覚えています。
モラハラとは言いませんが、亭主関白なのか、マウント取ってきてるのか、私の見た目をdisったり、お前どんだけイケメンやと思って、この私にその発言してんの?と思うことも増えてきました。
私は、自分がしたくないことをやってくれてるしなぁと思って有難うしか言わなかったのですが、辛くなってきています。ていうか、結構我慢してるのかも…。
同棲も彼の実家の近くに住む予定で、私は通勤1時間半となりますが、その負担とか考えてくれてるのかな?と心配になります。
ていうか、このまま同棲に突入して大丈夫?と戦々恐々です。

愚痴みたくなってしまいましたが、相手を変えようとするのではなく、私は何にまず取り組んだらいいでしょうか。
(Yさん)

続きを読む

東京/オンライン:9/25(日)11:30/13:00/14:30/16:00/17:30 根本裕幸の応用心理学講座・5本一挙大公開!

人の心理を分析していくと様々な傾向が見えてくるものです。
私の場合はカウンセリングやセミナーという現場、そして、皆様から頂くメッセージを通じて人の心理を眺めています。
もちろん、私も人間ですので自分の心理もよく観察の対象となります。

「なぜ、そういう感情が湧いてくるのだろう?」
「なぜ、そんな行動をとってしまうのだろう?」
「なぜ、分かっているのにできないのだろう?」
「なぜ、ダメだと分かっているのにやめられないのだろう?」
「なぜ、そんな現実を引き寄せる必要があったのだろう?」

カウンセリング中の私はいつもそんなことばかりを考えています。
そこで生まれた疑問をクライアントさんに投げかけ、「ああ、なるほど」と学び、「ああ、そういうケースもあるのか」と新たなデータを得ます。

だから、カウンセリング中の私はよく「なるほどー」とか「たしかにー」という言葉を連発しているはずです。

そうすると「あれ?これって前にも聞いたことがあるな」と思い当たる事例が増えて行きます。
そうした事例が積み重なると「人の心理にはこういうパターンがあるのか」ということが分かってきます。
続きを読む

今、起きてる問題を掘り下げると、親との関係で生まれたパターンが影響していることが分かるもの。

今起きてる表面的な問題に捉われがちですが、そこをよく見ていくと「あれ?これって親との関係から来てるんじゃね?」と気づくことが多々あります。
だから、そのルーツの方を見て行った方が解決が早いし、再発もしないし、かつ、生きやすくなるものなんです。

いつもありがとうございます。
レス気味で悩んでおり、最近根本さんのブログを見つけて、勉強しています。
付き合っている彼氏とのことなんですが、誘って断られて毎週揉めます。
私は会うたびにしたい、彼はしたくない時もある、ということですが、彼がしたくない時が受け入れられません。
付き合いはじめの頃は、充分なほどしていました。
徐々に頻度が減ってきて、今は無理矢理させている感じです。
したいしたい言われてプレッシャーでますますしたくなくなると言われ、基本断られます。
誘って断られて不機嫌になったり怒ったり泣いたりして、今までは週一セックスにこぎつけてきましたが、最近は彼が途中で疲れて、最後までできなくなっています。
自分がストレスやプレッシャー与えてるんだろうなと思って後悔してしまい苦しいです。
自分が執着していなかったらもう少し昔みたいにお互い求め合うセックスができたのかなと思います。
辛いので、別れるというと、ごめん直すからって言って引き留められます。
怒ったり泣いたり嫌なところ見せてるのに愛してるって言ってくれるので、私も一緒にいたいなと思います。
過去に、少しでも拗らせると冷めたと言う男と付き合っていた経験もあり、今の彼は見捨てないでいてくれることが、一緒にいたい理由として大きいです。
けど、好きな人と体を求め合うことができないのは、嫌です。

自分がプレッシャーを与えているのもわかりますが、相手がする気にならないのも腹立つんです。してくれないから執着している部分もあります。
自分の気持ちを押し付けてしまっていて、自分に問題があるんだろうなと思います。

思えば母親には、私の感情を無視して価値観ややるべきことを押し付けられてきたと思います。

何をどうすれば解決するのでしょうか。
よかったら教えてください。
(Yさん)

続きを読む

【第4期キャンセル待ち】オンライン:吉田れんの「本気でやりたいことを見つけて、人生をステップアップ!マインドフルな自分をつくる集中講座」

◎4期:8/22,9/11満席になりましたのでキャンセル待ちを受け付け中です。(8/31)

「何か変わりたい!!現状のままでは嫌!!でも、どうしたらいいのか、何がやりたいのか、具体的に何をすればいいのかわからない!!」

続きを読む

【ありがとうございました。】【お弟子さん制度】6期の募集を行います!|コンセプト・カリキュラム・日程・料金などのお知らせ

たくさんのエントリーをありがとうございました。定員の2倍近いご応募がありましてものすごくありがたいと感じると同時に頭を抱えております。贅沢な悩みです。今から選考に移らせていただき、ご応募くださいました全員に7/29(金)までに連絡させていただきます。


★エントリー期間:7/23(土)10:00-7/26(火)20:00
★修了生からのメッセージを続々更新しています!>>>修了生に聞いたお弟子さん制度とは?
★オンライン説明会&質問会>>>https://youtu.be/kSoUXM5FIxE

お弟子さん制度のコンセプト

2019年よりスタートしました「根本裕幸のお弟子さん制度」。
その名の通りカウンセラー/コーチ/コンサルを目指す方のためのカウンセラー育成スクールです。
今年の3月に5期が修了しまして、現在140名ほどのお弟子が誕生しました。すごいです。

ただ、「カウンセラーにならねばならぬ!」という場ではありませんので、カウンセラー/講師としてバリバリ活躍している者がいる一方で、ゲリラ化・幽霊部員化している者も少なくなく、「なんか飲み会のときによく会うね!」という奴も珍しくありません。(それでも全然OKです)

むしろ、このお弟子さん制度はライフワーク・セミナーの側面もありまして、「自分らしい幸せな生き方」を模索せざるを得ないカリキュラムが組まれています。
だからでしょうか。結婚・出産などの大きなライフイベントを迎えた者もけっこうたくさんいるし、海外移住を果たしたり、カウンセラー以外にライフワークを見つけちゃったりしたりして、「なんか人生、面白いんじゃねえの?自由なんじゃないの?」という境地に達している者も珍しくないものです。

そもそも「幸せじゃないカウンセラーにカウンセリングしてもらうのってどうなの?」と私は思っているんです。
だから「まず、自分が幸せになること!」が何よりも最優先なのです。

カウンセラーという仕事は年齢を問わないというか、むしろ年齢を重ねたほうが価値が出るものです。人生経験がモノを言いますしね。
だから、自分が人生を楽しみ、幸せを得たのちに「本格的にカウンセラーやりまーす!」となっても全然いいわけです。

だから、うちはできるだけ「入りやすく出やすい場所」にしたいと思ってます。
何年も音沙汰がなかったとしても、ふらっと戻って来れる環境を作りたいと思ってます。

元々私が「来る者拒まず、去る者追わず」というタイプなこともありますが、「好きにしなよ」「自由にやったらええよ」というポリシーです。
続きを読む

【ミナト】【お申し込み解禁!!】ラスボス(おかん・おとん)最終章

カウンセラーとしてデビューしてから一貫して「手放し」を売りにしているミナト。
もう「専門」と名乗ってもいいんじゃないか?と思うほどでして、実際、だいぶ腕を上げてきている様子。
ただいま6期のお弟子募集中なのですが、彼女は同じく全編オンラインだった4期なんですよね。
修了後、何度も会ってるし、貫禄がある(!?)からもっと古株な気がしています。

さて、よく私のブログでは「ラスボスおかん」が出てきます。時には「ラスボスは姉だねえ」なんてことも。
パートナーシップにせよ、ライフワークにせよ、いろいろ過去を振り返って整理していくと行き着く相手がラスボス。
もちろんRPGにちなんでます。

「結局、母がラスボスなんですよねー。どこを掘っても母が出てきますから。そろそろちゃんと向き合わないとヤバいんですかね?」

そんな思いを抱いたことはありませんか?
続きを読む

ほんとうの私は自分が今まで思っていた私とは全然違うかもよ?~“事件”はほんとうの私と出会うきっかけを与えてくれるもの~

自分は引っ込み思案で自分に自信がなく、大人しい女だと思っていても、それがほんとうの自分とは限らないんですね。
何かの拍子に押さえていた蓋が吹っ飛んで中から「ザ・情熱の女」が登場することも珍しくないのです。

いつもお世話になっております。
とても苦しくて、話を聞いていただきたいです。

告白をしていただき、お付き合いを考えていた男性がいました。
信頼できそうな人だとは思っていましたが、初めて会って以降、複数回にわたり、家に誘われたり、それに準じた発言がありました。
私の個人的な価値観ですが、お互いの家を行き来するのは、お付き合いをした後で、かつ、ある程度の信頼関係や安心感を持ってからが理想です。
逆に軽く家に誘われることには抵抗があるため、お付き合いをする前にその価値観については伝えました。
ただ、彼としては「付き合ったらいいと思っていた」そうで、お付き合いを了承した直後にも家に誘われたのですが、その瞬間に私の中で大爆発がおき、自分でもよくわからないくらいにブチ切れてしまいました。
その日は態度を謝罪をしながらもきちんと話もできず、数日後の気持ちが落ち着いた頃に連絡したところ、ふられてしまいました。
恐らく、私の感情的なところを見て、嫌になった、引いてしまった、という感じだと思います。

なぜあんなに感情的になってしまったのか、今は後悔でいっぱいです。
自分なりに考えてみたところ、あのときは「なんで家にばかり誘うの?私のこと本当に好きなの?」という大きな不安を抱えていたことまでわかりました。
それを正しく表現できない代わりに、怒り狂ってしまった理由がわからず、自分の感情が怖いし、その出来事がひっかかり、前向きになれません。
自分との向き合い方について、教えていただけないでしょうか?

もし読んでいただいただけたら、それだけでもありがとうございました。
今後もブログ楽しみにしています!
(Yさん)

続きを読む