previous arrow
next arrow
Slider

別れた彼とのセックスが忘れられないときはどうしたらいいのでしょう?

その執着は胸をかきむしるくらい辛く、寂しいものかもしれませんが、現実には、彼との関係以上の素晴らしいセックスだっていくらでも体験できるものです。
今は信じられないかもしれないですが、そうなれるように、ひとつひとつ「今できること」をやっていきましょう。
意外と忙しいですよ!(笑)

先日、10年ぶりに出来た彼氏にフラれました。(ちなみに私にとって2人目の彼氏でした)それも付き合って1ヶ月、その間会ったのは1泊2日の旅行だけという状態。
つまり付き合って2日でフラれました。
それも直接会って別れを言われたわけではなく、LINE上で別れを切り出されました。
理由を聞いても「悪口になるから言いたくない」「一言では言えない」「フィーリングが合わない」と本当の理由はわかりません。
ただ心当たりがあるのは旅行に行って相手が極度にスキンシップが嫌いだということ(外でも中でも手を繋ぎたくない、ハグもしたくない。でもセックスは出来る。多分セックスは好き)1日目の旅行中それを知らなかった私は手を繋いでは拒否され、ハグをすればキレられる状態でした。しばらくして本人から「ベタベタするの好きじゃないかも」と言われてわかりました。
多分相手が別れを決めた理由はスキンシップが好きな私とスキンシップが極端に嫌いな相手の価値観の違いだと思います。
もうお付き合いは終わってしまったことなので仕様がないのですが、問題は私が相手としたセックスがあまりに気持ち良くて忘れられないことです。
10年前にお付き合いしていた方は優しかったし人間的にも素晴らしかったのですが、そんなにセックスは気持ちが良くなく、セックスってこんなものなのかなと思ってました。
しかし、今回の相手とはキスから超絶気持ち良く、セックスって凄い気持ちがいいんだなと感動したほどでした。今は相手との別れよりも彼ともうあんな気持ちが良いセックスが出来ないのが寂しいし、辛いのです。
体が忘れられない。こんな事ってあるのでしょうか?
じゃあ他の人とセックスすればとも思ったのですが、やっぱりセックスするのは別れた相手がいいんです。
(Kさん)

続きを読む

(キャンセル待ち)新潟:9/26(木)14:30-16:30 お茶会します!

・お陰様で満席となりました。現在キャンセル待ち受付中です!
・たいへん失礼いたしました(汗)申込ができない状態になっておりました(汗)まだまだ全然大丈夫!というか、そのような事情でお一人も申込がない状態ですので、ウェルカムです!(8/13)


プライベートも含めて初めてとなる新潟での講演会「もっと自己肯定感をあげて、自分に自信を持つ方法~恋に仕事をもっと自分らしく楽しむアプローチ~」。快調にお申込み頂いておりまして、ありがとうございます。

コメント欄を拝見すると「新潟に来てくださるなんて!感激です!!」という喜びの声がたくさんある一方で、負けず劣らず「うまい酒、肴を楽しんでください!」という応援メッセージも頂いております。
中には「八海山がやはりいいっす」という銘柄指定な声もあれば、「日本酒持って行きますね!」という嬉しい声も届いております。
ほんと、お気遣い結構ですからねっ!(頂けるなら「純米酒」にてお願いします(笑))
ほんと、手ぶらで全然結構ですからねっ!(その代わり本を買っていただければ!(笑))

新潟の酒と言えば、真っ先に思い出すのが〆張鶴でして、福岡のこだわりの蕎麦屋が「蕎麦の風味を邪魔しない酒はこれしかない」と勧めてました。何年も通っていた店なので、だいぶ飲まされたと思います(笑)他にも、寒梅や鶴齢なども好んで頂くことが多いですね。といってもコメどころですから、私の知らない地酒なんて山ほどあると思います。とても1泊2日では足りないのは重々承知です。

あ、日本酒について語る場ではなかったんです。すいません。むしろ逆、スイーツに関するお話をするのです。

当日昼頃に新潟空港に降り立ち、そのまま月岡温泉辺りで汗を流してから街中に繰り出すのも悪くはないと思っていたのですが、そうすると講演会より居酒屋に行ってしまいそうだし、やはりせっかく行くのだから、もう少し皆さんとお話ができる機会を作りたいと思い、「お茶会」を企画することにしました。

4,5名の少人数で、2時間ほどお茶をしながら自由に語らいます。
続きを読む

夫が私に自分の母親を投影してきてすごく嫌なんですけど。

距離が近づくと身近な人への投影が起きたり、投影を引き受けたり、ということが増えていきます。
それによって不快な思いをすることも多いのですが、今回は現実面と心理面の両方から「どないしたらええか?」という話をしております。

根本先生、いつもブログでお世話になっております。
リクエストです。

主人が私に、自分(主人)の母親を投影しているように見えることが度々あります。これをやめてもらいたい場合、どうすればいいですか?

主人は周りからはとても優しいいい人に見えています。
主人の母親への態度は、ひどすぎます。
主人の両親の夫婦仲が非常に悪く、幼少期から夜中に母親が家を飛び出る際に、寝ているところを起こされて車に乗せられ親戚の家につれていかれる という経験を繰り返していたそうで、非常に嫌っております。
そして
私が主人の思い通りに動かない、発言しないと、どうもその母親を投影しているのか、ぼろかすに言い続けられます。
私が言っていないことまで盛られたり、被害者妄想が激しいのもしょっちゅうです。
自分(主人)が怒っているのに、まるで私が怒ってるかのような言い種も、うんざりです。

もう相当、嫌なのですが。どうすればコケおろされないようになれますか?
もう嫌すぎます。
(Mさん)

続きを読む

Youtubeチャンネル#43「お金と向き合うってどういう事?」

岩橋隆盛くん、奥さんのさつDと共にお届けしています、Youtubeチャンネル「独立してライフワークを生きる道」。

43回目の今回は「お金と向き合うってどういう事?」です。

近々お金の本も出るし、明日配信のオンラインスクールは「お金の心理学2~お金に対するイメージとストレスの関係について~」だし、6月にやった「お金の心理学講座」の動画が販売になったり、なんだか「お金」付いていますね。

皆さんはお金、好きですか?
お金を人に例えたら、どんな人だと思いますか?

私はかつては「なんか厳しい、怖い感じの人で、すぐに疎遠になっている人」であり、「ずっと追いかけているのに手に入りそうで手に入らない人」のようなイメージを抱いていました。

それが最近は「きちんとしていて厳しさもあるけれど、けっこう優しいシャイな奴」「力と安心と喜びと可能性とヴィジョンを与えてくれる人」「なんだかんだ、けっこう素直や奴だと思う」なんてイメージを持っています。

厳しい上司、みたいな存在から、比較的身近な友人、くらいにまで距離を縮められたような気がします。

続きを読む

東京:8/17(土)14:00-16:30 クリスタルボウル演奏と音の体感型 workshop

東京で久々に妻の「クリスタルボウル」の音が奏でられます。

直前のお知らせになってしまいましたが、8/17(土)14:00-16:30、東京・神楽坂のセミナールームにて、ちょっとした非日常と癒しを味わってみませんか?

思考を止めて、頭の中をすっきりさせ、

体に響くその音色から、体内に溜まってしまった様々なネガティブな感情を解消し、

ただただ心地よい非日常な時間に自分自身を誘うことができます。

私もちょくちょく聴かせてもらってますけれど、心と体の奥に響き渡る不思議なバイブレーションがほんとうに気持ちがいいのです。

今回はクリスタルボウルを聴くだけでなく、自分の心の声を聴ける時間もあるそうです。

詳細はこちらからどうぞ。

https://ameblo.jp/rikazou3/entry-12498765519.html

まもなく、本格的に録音した、クリスタルボウルの音源も販売されます(CD、ダウンロード等)

恵まれている環境を「罪悪感」ではなく「感謝」で受け取るとリーダーシップが取れるようになる。

自分ばかり愛されたり、贔屓されたり、褒められたりすると、人間関係を重視する優しい人たちは「罪悪感」でそれを受け取ってしまいます。
でも、それは自分が持っている価値がもたらす恩恵なんです。
だから、感謝と共に受け取ることで、それをみんなにシェア(分かち合う)したくなるようになるのです。

根本さん、こんにちは。以前、メンタルにいらっしゃった頃にお世話になりました。

以前からずっと誰かに相談したかったのですが、誰にも言うことができず、取り上げてもらえたら嬉しいです。

私は昔から女性に対して罪悪感を抱いてしまいます。
思春期の頃から友達の好きになった人は皆、私のことを好きになってしまい、自分は引き立て役だと泣かれたこともあります。
ひとりやふたりではないので、友達の好きな人に好かれることが恐怖で、楽しかった思い出よりも辛かった思い出のほうが多い思春期だったので、もう二度と戻りたくありません。

社会に出てからも自分だけが褒められることが多く、先輩より評価されることに恐怖を感じたり、他の誰かが褒められていると、ホッとします。

父は私のことを溺愛を通り越してまるで女神のような扱いをしていて、私に対する評価の10分の1でもいいから母に対して与えてあげてほしい、とずっと思ってきました。

母も私を溺愛していて、母との関係も悪くありません。

こんなことを人に話すと自慢のようになってしまい、頭がおかしいと思われてしまうので、誰にも相談ができないのですが、選ばれることに対して恐怖と、わずらわしさを感じて、ひとりになると、ものすごくホッとします。

私と親しくなる男性は不思議なことに、いつもみんな同じようになるのです。
夫は誰にも甘えない人ですが、私にはベッタリですし、父や職場の上司、仕事上のお客さんも仲良くなると、みんな、私のために動いてくれるようになるのです。

それゆえに女性に対して、罪悪感を感じることがあります。

夫に関しては誰も巻き込まないので、思いっきり愛情を注げるので、私が唯一ホッとできる存在です。

父だと母に悪いなと感じますし、上司だと先輩の目が気になったりしてしまい、遠慮があるのですが、それでも何故か過大評価をされて、罪悪感を感じてしまいます。

母が泣いている姿や、思春期の頃に友達が好きな人から選ばれず悲しい顔をしているイメージが頭にあって、女性に対して罪悪感を抱いてしまうのです。

どうしたら手放せますか?
(Yさん)

続きを読む

暴走しがちな「感情」を制御する「思考」は「自己肯定感」によって培われる。

思考と感情がよくケンカしちゃう皆さんへ。
思考は「正しい」ので、感情にとっては嫌なことをあれこれ押し付けてくるので、余計に暴走し、自己否定することになるのです。
カギは自己肯定感。自分を知ることです。そうすることで感情と上手に付き合ていく思考が育つのです。

根本さんこんにちは。仕事で手抜きか無理のしすぎかで悩んでます。

毎月忙しいときと暇なときを繰り返しているのですが、本当に必要性があるときは必死になるもののそれ以外は怠けがちで、周りの人はガツガツ取り組んでて焦りを感じますがやりたくない気持ちもあります。
でもそれも気になり、周囲を真似て同じスピードですると、苦しくなるまで無理をしてしまいます。

暇なとき周りの人は忙しいときに溜まったことや、手がつけられなかったことを見つけてやってますが、私は社会人経験が浅く、そういうのを見つけるのが苦手なのと、自分にできることが分からない為、日々の社内共有情報を全て確認しきってないので、情報確認に割いてます(何故か皆さんは溜め込んでない様子ですが)

他の人は会社や業務の為になることをしたり、業務の取り組み方の違いに負い目を感じますが、高校以降サボることを覚え、大学はアルバイトに偏った生活をして以来、まともに過ごすことができなくなりました。
苦しくなるまでやると、帰ってからプツッとなり、次回出勤のときは必要なときでない限りやる気がなくなるですが、振れ幅を小さくしたいです。
(Aさん)

続きを読む