previous arrow
next arrow
Slider

【本の感想】「潜在意識ではもう決めている」というのは驚きで、私はその声に従うだけなんだと思いました。

『7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

続きを読む

過去の自分が恥ずかしく感じるのはそれだけ成長した証~成長して視野が広がった分、かつての自分を否定したくなるもの~

自分と向き合い、本来の自分を取り戻したり、成長したりすると、過去の自分が恥ずかしく感じたり、悔しさを覚えたりすることがあります。
それは急激に成長する思春期に多い感覚なのですが、大人になっても成長した分だけそうした感覚を覚えることもあるのです。
それは祝杯をあげるべき素晴らしい変化であり、より自分らしく生きられるようになる一歩となるのです。

はじめまして。
Voicy、気になった回を何度も拝聴しています。

自分を見つめ直したいと思い、先生のご本を中心に心理学の考え方を学んで自分のことを振り返るようになりました。

そして色々と断捨離というか必要のないものや優先順位がわかり随分と生活がシンプルになりました。
ありがとうございます。

ひとつ、好転反応なのか気になる変化がありそのことについてリクエストさせて下さい。

自分と向き合うようになってから、以前は感じなかった恥ずかしいという感情が強く出てきました。
先生のblogで恥ずかしさや羞恥心について検索させていただいたのですが、私の恥ずかしさは、性的なものではなかったのでリクエストさせていただきました。

前は誘われればどこにでも顔を出すノリの良い人間だったのですが、何か急に恥ずかしくなり出不精になりました。
よく言えば無防備、無邪気。
悪く言えばアホ。
私はそんなキャラクターだと思います。
だから人は警戒心抱かず誘われれ易いのですが、そんな自分がとても恥ずかしく感じるようになりました。

自粛期間の影響もあり、ほぼプライベートのお誘いは全て断りやがて誘われれることも無くなりました。
それが楽でLINEやSNSでの交流も徐々に距離を置き今はこちらもほぼ無くなりました。

根本先生のblogやVoicyでたまにテーマにあがる、自分のレベルがあがって人間関係に合わなくなった、というのとは私は違うと思います。
むしろどちらかと言えば逆で、周りは歩みを進めて、私はついていけない、その輝きが眩しく気後れするといった感じです。

自分をちっぽけに扱ってるという感じも少しあるかもしれません。
よくノコノコ顔出してたよな、と感じるし、賑やかし要員としてだったなと感じるからです。

自分の気持ちと向き合うほどに、恥ずかしさだけでなく、悔しさのようなものも感じます。
愛されてるのはわかるし、ありがたいけど、下に見られてる愛され方じゃない?と。

私は自分を大切にするために1人になる選択をとったつもりだったし、確かに楽になりました。
しかし若干自信が無くなってきました。

自分と向き合う時に出てくる性的ではない羞恥心について、いつか教えていただけたらとてもありがたいです。
(Kさん)

続きを読む

【本の感想】まだすぐには決断ができるようになるとは思いませんが気づきを得ることはできました。あとは心の実が熟すのを信頼して待つばかりです。

『7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

続きを読む

【本の感想】この本を通してあなただけの「決められる人」を見つけてください。

『7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

続きを読む

10/11(日)16:00よりYoutubeのライブ配信(第2回)を行います。皆さんからの質問、たくさんお待ちしてますっ!

先月9/19に「はじめてのライブ配信」をお届けしましたが、ほんとうにたくさんの方にご覧いただいて、質問もたくさんいただきました。
(その時の様子はhttps://youtu.be/YAgy0c5no-Mにてご覧いただけます!)

調子に乗って第2回を開催させていただきますっ!!

続きを読む

男性性優位な自立系武闘派女子の恋や結婚がうまくいかない理由と彼女たちと相性のいい男のタイプとは?~「大黒柱は家に2本も要らねえ!」生き方からの脱却~

自立系な女子たちは様々な要因で男性性を一気呵成に成長させることで、パートナーシップにおいては心理的に「男vs男」の関係性を築いてしまいがちです。
とはいえ、それは誰に罪があるわけでなく自然現象みたいなもの。
じゃあ、どういう男性と相性がいいのだろう?という話をさせていただきます。

長らく自立系武闘派女子と呼ばれる方々をカウンセリングしていると、幸いにして結婚に至ったにも関わらず、幸せな時間は一瞬で、その後は主導権争いが顕在化し、その結果、
「旦那が一緒に居られないと言って家を出ていった」
「スマホなどで素行調査をした結果、女の影がわんさか出てきた」
「仕事と言って家を出ていたがどうやら女の子と遊んでいるらしい」
と言った問題が発生するケースによく出会います。(もちろん、結婚されてなくても、お付き合いしている関係、あいまいな関係の話でもよく出てきます)

そんな話を聞きながらふと「そりゃあ、あんたが彼を追い出したようなもんだべ」とボソッと言ってしまうことがあるんですけど、その時、カウンセリングルームに流れる冷たい空気を皆さんは想像できるでしょうか!?ええ、例の、あの、空気ですね。(自業自得)

そうした女子たちは「独身時代から仕事をバリバリこなしていた」「姐さんと呼ばれるよなポジションを自然と獲得してきた人生だった」「男になんて負けてられねぇ、と啖呵を切りながら生きてきた」「気が強いって子どもの頃から周りの人に言われてきた」「売られたケンカは買う主義だ」「男になんて頼っちゃいけねえと思ってる」と言った分かりやすい武闘派な方に限りません。

一見、大人しそう、従順そうに見えながらも急所を的確に打ち抜く口撃力を持っていたり、自信がなさそうなふりをして「ねえ、どういうことなの?どういうつもりなの?あたしは何なの?」と彼を詰問するだけの度胸を備えていたり、頼りない旦那のために頑張って自立してきたら一気に追い抜いてしまったり、出産を機に武闘派魂が目覚め、家庭内の主導権を余すところなく握る女帝になったりするケースなど、ほんとうに様々です。

最近では学校でも職場でも比較的「男女平等」が叫ばれているので、社会人になった際も、男性と同じ職務をこなす方が増えてきていますが、それでもやっぱり男尊女卑な文化が残る企業もめちゃくちゃ多いですから、そうすると結果的に「認められるには男の何倍も頑張らなければならねえ」とめちゃくちゃ自立しちゃう方が出てくるんですね。

いわば、社会の中で男性性をたくましく成長させる女子がここ数十年でめちゃくちゃ増えたと思います。

また、離婚率も高くなり、さらに親世代の離婚を経験された方も多いですし、また経済的な面から言っても結婚して家庭に入るケースよりも、結婚・出産を経ても仕事を続ける女子が増えています。
続きを読む

【本の感想】後半にあった【「思考」は直感や感覚を実現させるために使うもの】というのがお気に入りのフレーズです。

『7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

続きを読む