nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

手放し本(執着本)こと「「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」がオーディオブックになりました。

電子書籍版も入れるともしかして自分の本で一番売れてるのかも?と噂される手放し本(もしくは執着本)『「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本』。

この本が最近話題&人気のオーディオブックになりました。

続きを読む

北浜のル・サンクさんにてランチ付きグループセッションを開催しました!

大阪では初のランチ付きグループセッション。

いつも個人セッションで来てる北浜駅、その直結のビルにあるLe Cinque Kitahamaにお邪魔しました。

なかなか高級感ある雰囲気ですがけっこうカジュアルに楽しめるお店だと思います。

続きを読む

(3刷)『もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本』(学研プラス)

〇オーディオブックになりましたっ!(2022/4/18)
〇3刷が決まりました!発行部数は9500冊になります!(電子書籍は含まず)(2020/9/11)

『「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本』

続きを読む

【愛野ひと】「私のこの寂しさが、お前にわかってたまるか」と、世界にケンカを売っていた私の話。

愛ちゃんの言葉が胸に突き刺さるのは、たぶん、彼女がいつもハートをむき出しにして語っているから。
仮に自分の心を閉じていてもそのむき出しのエネルギーがそれをこじ開けてしまう。
そして、その中に隠していた感情が引っ張り出される。

続きを読む

東洋経済オンラインにて嫉妬本をご紹介いただいております!~他人の成功への「黒い嫉妬」をこじらせる人の心理~

ビジネス誌・東洋経済オンラインにて嫉妬本こと「つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本」(学研プラス)を紹介していただいております。

>他人の成功への「黒い嫉妬」をこじらせる人の心理 「欲しいけれど手に入らない」のジレンマが暴走

続きを読む

友達の幸せを素直に喜んであげられるようになるには?

友達からハッピーなニュースを聞いたときに素直に喜んであげたいのになぜか嫉妬してしまうシーン、心当たりありませんか?
そんなときの心のあり方から素直に喜べるようになるためのプロセスを描いてみました。

例えば、友達が結婚した、とか、同期が出世した、とか、中学時代の同級生が事業でめっちゃ成功してる、とか、きょうだいに子どもが生まれた、とか、そういう話を聞いたときに素直に「おめでとう!」と言える場合もあれば、複雑な気持ちになることもあります。

「友達の幸せを素直に喜んであげられないんです」という相談はちょくちょく頂くメジャーなものなんです。

自分もそれが欲しい!けど手に入ってない!なのにあの人は手に入れてる!くそー!羨ましい!!という思いが「嫉妬」になっていきます。

そこには様々な思いが蠢いているものです。

「自分も結婚したくて婚活頑張ってるのに全然うまくいかなくて。それなのに友達はさっさと相手見つけて。すごく悔しい。そりゃ、あの子も頑張ってたのは知ってたけど。なんか、自分の方が魅力ないって証明されたような気もして辛い。」

「正直、自分の方が仕事ができると思ってたからあいつの方が先に昇進するなんてありえないと思った。どんな手を使ったんだよ?と。部署も違って仕事内容も違うから一概には比べられないけど、でも、俺だって頑張ってたのに。やる気なくすよ」

「別に子どもが欲しいって思ったことなくて、できたらできたで、と思っていたんだけど、妹に子どもができたって聞いてめちゃくちゃショックで。しかも、ショックを受けてる自分にびっくりしてて。ほんとは自分も子どもが欲しいと思ってるんですかね?」
続きを読む

決まり事や数字への苦手意識って克服できますか?

思ってる方法ではないかもしれませんが克服していくことは可能です。
ポイントは次の3つ。
(1)自分の素直な気持ちを受け入れる。
(2)win-winの関係を目指す
(3)自分の価値を受け入れる。
いつもお伝えしていることなんですけれど、とっても大事なので女性性豊かな方々は参考にしていただけると幸いです。

根本さん、決まり事や数字への苦手意識って、克服できますでしょうか。

絶対〇〇すること
今日は〇〇万円売り上げること
締め切り厳守/時間厳守
例外は認められません

などのお仕事ワードを見ると、怖くなり、なぜか涙が出ます。

私は会社員ですが、注意力もなく、pcに向かうとすぐ楽しいことばかり考えてしまい、仕事も遅く…。
先週も曜日を勘違いし、出勤するの忘れました(どんなOL)
当然決まり事なんて苦手です…守れる自信がなくて。

でも周りがいつも助けてくれて、可愛がってくれて(嬉)、失敗しても笑い飛ばしてくれます。たくさんの申し訳なさと感謝が入り混じり勤めています。

会社員の傍ら、幼少期から大好きな絵で、少しずつお金をいただけるようになりました。
夢だったことですが、クライアントからの要望、守るべきこと(締め切りや作品のコンセプトやデータのサイズなど)が発生し、自由だった絵にたくさんの決まり事ができました。

寝るのも忘れる程夢中になる趣味だったのに、気づけばペンを持ったまま息が止まっていたり、プレッシャーで苦しくて、泣きながら描くことも増えました。

決まり事への苦手意識から、絵が「ただ楽しいもの」からどんどん離れているのを感じますが、「好きなことでお金を得る」へのブレーキはかけたくないです。

好きなことを好きなままお仕事を増やしていくために、アドバイスをいただけますと幸いです。
(Aさん)

続きを読む