nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

夫もいるけど彼氏もいる問題~アンダーグラウンドとその解放、そして、その先に見るライフワーク~

思春期の頃に表と裏の自分に分離させると裏の自分はそこに留まったまま、表の自分だけが大人になっていきます。
その表を担うのが夫で、裏を刺激してくれるのが彼氏、というわけです。
そうして、その彼氏を使って裏の自分を大人に成長させようという試みがあるのです。

根本先生、はじめまして。アラサー女です。
先生の本に出会い、そしてブログを発見してみなさんの投稿に共感しつつ、根本先生の軽妙で鋭い返しに心が軽くなったりと日参しています。
相談したいことがあるので、よかったらネタとして扱ってください!

私はこれまでの恋愛パターンとしては、いわゆるロックマンや野良猫さんのような方を選びがちでした。
しかし恋愛の痛手を繰り返すのはもうやめにしたいと、仕事や友人と満たされた時間を過ごし余裕がでてきたところ、これまで関わってきた人とは全くタイプの違う、落ち着いて誠実で余裕のある素晴らしい方と出会い、結婚することができました。

しかしそれだけで終わらず、年下の野良猫くんに出会ってしまいました。
自分が幸せだと信じて疑っていなかったので、既婚だと知ってもぐいぐい攻め込んでくる彼に余裕を決め込んでかわしていたのですが、古傷を疼かせようとしてくる彼に、陥落させられてしまいました。
たまにもらう嬉しい言葉やこれまでで一番だと感じられるようなセックスと引き換えに、彼の機嫌をとるような自分がいることに気づきました。
彼を突き放して、寂しくなって縋りつくを繰り返し、ぼろぼろに傷つきながら離れることを決心し実行しましたが、気持ちの収まりがつきません。

野良猫くんは、末っ子長男で女性の感情の機微を察知して言語化するのがとても上手です。あと多分マザコンです(男の人はみんなそうなんですか?)。
私は長女で、家ではわがままな妹や母親の機嫌をとらなきゃと動き、父のことは好きですが、家族の中では飾らない自分ではいられませんでした。
私は夫に対して、きっと父親のようだと感じてしまっているんだと思います。
夫は優しいのですが、良くも悪くも鈍感で、いい意味で私に振り回されすぎません。

夫、野良猫くんのどちらにも違う方法で甘えようとしていた気がします。
夫とは、安定した関係性を築ける気がするのですが、子どもは欲しくならなくて、野良猫くんとの関係性のような、縋りたくて、独占したくて、自分の依存的でだめな部分が全て引き出される関係性に、本当の自分があらわせているような気がして、絶対大変だと思うのに子どもが欲しいと思っちゃうし。

自分が脅かされないで、のびのびといられるのは夫なのに、どうして私は足るを知ることができないのでしょうか。
よかったら、先生の力添えをいただければ幸いです。
(Eさん)

続きを読む

昨日は今井孝さんとのFacebookライブをお届けしました。ビジネスを軌道に乗せるまでや嫉妬についてお話ししました。

かれこれ8年ほどのお付き合いになります、コンサルタントで作家の今井孝さん。
元々福島正伸先生のセミナーを主催されていたことから今井さん主催のセミナーに何度か参加させていただいたりしておりました。

そんな今井さんの最新刊「誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方」(幻冬舎)がめちゃくちゃ売れておりましてすでに3刷に達していらっしゃいます。(羨ましい。)

そこで、今回のライブではうちのお弟子さんたちの話題を持ち出しまして、「うちのお弟子さんたち、人もいいし、腕もあるのにどうして売れる人とそうでない人に別れちゃうんだろう?」というかねてからの質問をぶつけてみました。
そこから「商品がない」「売ることにマインドブロックがある」「売ってもいいということを知らない」というお話が出てきた挙句、最後は「自分の価値を受け取ることだよ」という、どこかでいつも聞いてるようなお話になりました。
ただ、この自分の価値というのは「人としての価値」ではなく「市場価値」のこと。
そこを理解できるとぐんと売り上げが伸びるようになるそうです。

・・・ということで、うちのお弟子さんたちにぜひ聴かせたいお話をたくさんしていただきました。

その動画はこちらから。

>>>https://youtu.be/dPNfSptKeMY

元々私はビジネスを学んできたわけではなく、しかも、ずいぶんと昔の話でもあるので、うちのお弟子さんたちには最新のビジネスを教えるってことはできません。
ビジネスは好きで学ぶことも好きで続けているのですが、それを伝えるというのはまた違います。
だから、お弟子さんたちには今井さんをはじめ、何人かの知り合いというか友達というかビジネスを教えている方を招いてセミナーをしたり、紹介したりするようにしています。

なぜ、こんな人が私の前に現れたのだろう?~シャドウ?投影?スキルアップ?許し?次のステップ?~

人間関係において「なんでこんな奴が自分の前に現れたんだ?」と考えてみるのはとても意味のあることで様々な気づきと発見と成長を促してくれる現象です。
そこから目を逸らすのではなくがっつり向き合うことで確実に一歩先に進めます。

ロックマンと野良猫MIX男子をロックオンし、自己肯定感がだだ下がりになっていたところ、根本先生のブログに出会い、それからは先生の本やセミナー、Voicyなどなどお世話になっているAと申します。

先生のブログ、セミナー等々のおかげで、自己肯定感は回復し、MIX男子の方は、ゆるーく、手のひらで転がしながら、喉元をゴロゴロする日々です。

今回は、仕事についてのご質問です!
昨年から怒涛の如く、スタッフの異動、育休突入、退職と続き、今まで一緒にやってきたスタッフは全員いないという状況になってしまいました。
そこで、管理職から第一線に復帰し、それと共になんとなく不調だったメンタルも回復し、つくづく武闘派を自覚したところです。
今回ご相談したいのは、この4月に異動してきたスタッフのことです。
40過ぎの男性で、前部署で後輩へのパワハラ、上司への逆パワハラ等の問題があり、私の部署に異動してきました。
本人も望んだ異動だったようで、当初から「本当にこの部署に来て良かった」「この部署が大好きです」など機嫌よく過ごしていたので、静観していたところですが、最近になって、6月から入ったスタッフへの陰湿な嫌がらせ(伝言メモを残さないなど)が発覚しました。
また、私のいないところで、「私が彼の能力に嫉妬している」などと言っているとの情報が入ってきました。(私の耳に届かないはずもなく、その辺も浅はかです。(笑))
彼自身の自信の無さから私に嫉妬していて、対策としては同じ土俵に立たない、とは理解しているのですが、「彼が私の前に現れた理由はなんだろう?」と思っております。
長年、戦場のような職場を闊歩して来ましたので、そろそろ次のステージに移れということでしょうか。
ご教示いただければ幸いです。

今年は猛暑が続く予報ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。
(Aさん)

続きを読む

夢をあきらめて傷心していても、長らく追いかけていたその夢の中にライフワークの源泉は眠っている。

長年追い続けてきた夢をあきらめなければならないとき、相当な痛みを心は抱えるものです。燃え尽きてしまうこともあるでしょう。
しかし、そこにはライフワークにつながる要素がたくさんあるんです。
勇気をもって一度は閉じてしまったその蓋を開けてみませんか?

根本先生、いつもお世話になっております。
先生のブログ読歴5年になる、舞台関係の端くれにいる者です。
武闘派女子かなぁ?

私は元々この仕事がしたかった訳じゃなく名前からしてマイノリティなので、子供の頃は自分のルーツに関わるジャンルの踊りを10年程踊っていてかつてはプロを目指していました。
ただ高校3年の時にその道のプロになる事は(身長が足りなかったのと、体形が原因で)貴方には難しいと当時の先生に言われ当時親も私が踊りの道に進むことに反対だったので断念せざるを得ず、大学進学したものの大学すら合わなくてひたすら楽しむことを抑えられたような学生時代でした。
勿論良い思い出もあって、遠回りはしたものの今では結果辞めてこの道に進んでよかったなぁと思えるようになりました。
ただ、18歳から22歳までの欲しかった思春期を私はことごとく逃してまして、、
思春期を取り戻したかったからか20代の10年間はそれまでとは別のダンスや舞台漬けの日々に精を出していて流石にもう疲れた、芽は出なかったし、やりたいビジョンもイマイチ描けないし、今のうちに資格取ったり嫁にでもいくかとも最近では考え始めています。
この、思春期はもう取り戻せないと気付いた今の私が次のライフワークやパートナーシップに進むには、はたまた今の30代を生きるにはどうしたらいいと思いますか??
ちなみに自己嫌悪克服セミナーに参加したり罪悪感のセミナー映像実は観てます!ご教示いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
(Sさん)

続きを読む

気が付けばあれほど嫌だったおかんと同じことを旦那にしていることに気付いた話と、誤解しやすい男性心理について。

旦那様からの「離婚予告」を「離婚宣言」として受け取ってしまいませんか?その解釈、もしかしたら間違ってるかもしれないんです。
また、気が付けばおかんにされて嫌だったことをそっくりそのまま旦那にしていた、なんて事例も多く報告されてます。
そんな心理を今日は解説しつつ、どうしたらいいのか?を考えて行きたいと思います。

根本さんこんにちは。いつも何か問題が起こった時には、根本さんのブログにお世話になっております。

私は今、旦那さんから離婚宣言をされております。
私:30歳 旦那さん:34歳、子供なしで、もうすぐ結婚して1周年です。

青天の霹靂で離婚宣言をされてすぐは慌てふためき、次の日にはカウンセリングに行き、根本さんのブログを読み漁り、一週間後にはTバックを買いに走りました。

旦那さんが離婚したくなった主な原因は、
・私の束縛が強い
・私が旦那さんをコントロールしようとしていた
・私が旦那さんをサンドバックにしてしまっていた

旦那さんを苦しめてしまったこと、愛情に胡座をかいてしまったこと、深く反省しております。

私は旦那さんのことが大好きで、関係を修復したいと思っています。
それを伝えたところ「俺は君に対して情はあるが愛情は無い。君がカウンセリングに通ったり自分を変えようとしても、俺には修復したいという気持ちがないから、無駄だよ。次に活かしてくれ。」と言われてしまいました。

それでも私は関係を修復したい!もっと愛が溢れるような関係になりたい!と思い、カウンセリングに通い、根本さんのブログや本を読み、根本さんのYouTubeを観て、自分と向き合うことを続けているのですが、なんと今日恐ろしいことに気がついてしまいました。

旦那さんが私にされて嫌だったと言っていた事は、私が母親にされて嫌だったことだったという事です!

私は母親に、もっと私のことを信頼してほしい、自分の不安やイライラを私で解消しないでほしい、そんなに干渉しないでほしい、自分の正しさを押し付けないでほしい、こんな人間にはなりたくない!と思っていたのですが、まさか自分がそんななりたくなかった人間になっているとは。とてもショックでした。

自分がされて嫌なことを、大切な旦那さんにしてしまっていたなんて…

別れたいという旦那さんの気持ちにも納得がいきました。
苦しめてしまったんだなぁ。でも私は別れたく無いんだよなあ。大好きなんだよなあ。

根本さん、旦那さんと関係を修復したい私が向き合うべきなのは、旦那より先にオカンなのでしょうか?
何かアドバイスを頂けませんでしょうか?
(Nさん)

続きを読む

東京/オンライン:7/5(火)19:30-21:00 桐山慶子の心理学講座「マウンティング女子から身を守る!〜繊細なあなたが、戦わずに心の自由を勝ち取るためのレッスン〜」(1週間アーカイブ視聴可)

こんな思いをすることはありませんか??

〇気付けばいつも、会話を自分の話に持っていかれるので、疲れる…
〇幸せそうな人を見るたび、アラ探しをしてディスるから、聞いていてイヤな気分になる…
〇親切にしてくれるが、こちらの反応が薄いと態度が悪くなる。なんだか見返りを求めてられている感じがしてしんどい…
〇「〇〇先生はこう言ってたよ」「それこないだインフルエンサーの〇〇さんが言ってた!」など、自分の意見は言わずに権威や有名人が言っていた話ばかりしてくる。私が聞きたいのは彼女の気持ちなんだけど…
〇周りくどい言い方で「すごいでしょ」「私のこと褒めて〜!」って空気を出してくる。素直に褒めて〜!って言ってくれた方が分かりやすいんだけど〜^^;
〇「〇〇ちゃんがあなたの悪口言ってたよ」「あなたの彼が駅で女の子と歩いてたよ」など、親切そうな雰囲気で不親切な告げ口をしてくる。聞きたくなかった〜!!
〇聞いてないのに推しのファン歴が長いことや、自分の方が推しを愛していることについて主張してくる。別にどっちでもいいよくない??
〇「私間違ってないですよね?!」(=他の子が間違ってますよね?!)みたいな〝自分が正しいアピール〟がすごい。蹴落としてくる感じ、ツラい…
〇子供の学歴(就職先)が優秀なことや、「◯人産んだ(育てた)から〜〜だった」みたいな子育て自慢がちょいちょい入ってくる。…暗に私のことディスってきてます??
〇自分の過去の不幸話や苦労話を、誇らしそうにいろんな人にしゃべっている。正直、どう返すのが正解なのか分からない…
〇負けそうな会話には加わらずに興味がないフリをする。が、気になっていることが隠しきれていない。それ、バレてますよ〜!
〇心理学を学んで人生悟った雰囲気出してくる。勉強するのは個人の勝手だけど、学んでない私を下に見てくる感じがイヤなんだよね…

そんな「マウントを取ってくる女子(もしくは男子)」にどう対抗したらいいのか?(もちろん平和的に)

そんなテーマで桐山慶子が講座を開催します。
続きを読む

【過酷】7/2(土)15:00start!6人の女子と6時間以上ぶっ続けでYoutubeライブ配信を行う件

根っからの修行僧である吉田れんがニヤニヤしながら「そりゃあ、根本さんは出突っ張りの方がいいでしょ~♪」と言う。
「は?」という顔をした私に対してマミコが「いえーい!」と訳が分からぬ同調し、愛ちゃんは「あー、それは大変ですね。応援してます。」と既成事実かのような反応をしつつ、チサが「がんばってくださいよー。応援してますよー」とお前、興味ないだろ?とすぐに分かる棒読みなコメントを残す。

続きを読む