nemotosingbook
nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

(ご感想)これからしばらくはいただいたアドバイスをもとに、大人の女性になるべく自分を磨いていきたいと思います。

Cさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!

根本裕幸 様

こんにちは。1/30のメールマガジンでこちらのネタを取り上げていただいた者です。
「母に支配された人生を抜け出して自分らしい人生を創造していく方法とは?~もしかして、お母さんの生霊が憑いていませんか?~」
アドバイスをいただきどうもありがとうございました。

>「お母さんの生霊が憑いているようですよ・・・」
この囁き、心の中で思わず「うわ、マジかよ!」と叫んでしまいました。

実は母はもう2年前に他界しているのですが、最近まで母由来の頑固な罪悪感に向き合うためにお弟子さんのカウンセリングにお世話になっていたのです。
結構向き合って、以前よりだいぶオカンを手放せたと思っていたところにこの一言。膝から崩れそうになりました・・・。

>そんなわけですから「リーダーシップ」なんて課題を出されても困るだけですよねー。
上司の意図を組み、言われたことをきっちり仕上げることに関しては自信があるけれど、自分から動くことなんて超苦手ですものね。
どうしたらいいのか分からなくなっちまいますよね?

↑この一文を読んだ時、正直グサッと痛いところ突かれたという気持ちと、「は?ナメてんの?あたしのこと言われたことしか出来ない人間呼ばわりして。あたしだって自分で決めて行動してきた事くらいあるわ!ふん!!」という怒りの気持ちの2つがわきました。
で、ふっと「怒りは自立に必要な感情」という他の記事での記述を思い出しまして、「あ、これってあたしの自立を促してくれてるんだ、あざーっす!」と思い直したところです。

これからしばらくはいただいたアドバイスをもとに、大人の女性になるべく自分を磨いていきたいと思います。
また、「母という重石をつけて自分を抑えておかないと、自分のエネルギーで周りを壊してしまう」という思いも自分の中から出て来たので、こちらとも向き合ってみたいと思います。

改めまして、どうもありがとうございました。
(Cさん)

(リトリートご感想)「1DAYリトリートセミナー~オンラインでは初めてのリトリート~」のご感想をご紹介!!

1月21日開催の「オンライン1DAYリトリートセミナー」のご感想をいただきました。ありがとうございます!!

「オンライン:1/21(日)11:00-18:00 1DAYリトリートセミナー~オンラインでは初めてのリトリート~」
一日を終えて、セミナー中には感じていなかった疲労感が体を包んでいます。
あっという間に感じましたが、たくさん頭や感情を使ったようです。

1人目の方のお話を伺い、生まれながらの姫、という根本先生のお話に、「いいなー私もそれがいいー、でも私にも少しはあるんじゃないか?」と思っていましたが…

3人目に10倍の倍率で見事当選していただき、「あなたは頼まれなくても面倒を見る人です」とお墨付きをいただき…

私も何もしなくてもいい姫がよかった!と残念でしたが、私の場合問題は「パートナーにどう甘えるか」ではないんだな〜違うポイントで一生懸命悩んでいたんだなあ〜と、腑に落ちる思いでした。

そして自分の中の少女は自分で育ててキラキラの女神にすることができるということ…

悩みの種が次のステージへ進化したような気がします^^
これで安心してビジネスも恋愛もできそうです。目指せNOTハードワークですが。
ここからの心情や感じ方の変化を楽しめたらいいな〜と思っています♪

大変素敵な有意義なお時間、誠にありがとうございました!
(Hさん)

以前、勝手に大変お世話になりました(笑)
アカツキです。いろいろ迷走していましたが、講座では満足できなくなり、オンラインということもあり、リトリートセミナー参加いたしました!

代表してカウンセリングされた3人の方々の相談の中には、それぞれに私の問題でもある事があって、とても不思議な感覚でした。

特に、姫問題については、質問もいたしましたが、私がアピールすると逃げられるのは、私が姫(王女)だからかな!と思うことにしました。
姫は狩りしないから下手でしょうし、鎧も武器も似合いませんものね。

リトリートセミナー以後、「私、姫だからな〜」をココロの口癖にしています(笑)
男性がなかなかアピールしてこないのも「姫だから、並の男性じゃ恐れ多いものね〜」と、ポジティブ変換しています。
それに、姫(王女)なら、相手も王子か王でないと釣り合い取れないもんね!とちょっと違う視点も得られました。
この姫マインドがいいのかどうかわかりませんが、とても楽ちんなので、しばらくはこのマインドでいってみます!

リトリートセミナーの目的のひとつでもあった、イメージワークもとてもゆったりと受けられて、良かった…のですが、不思議と内容を思い出せないのです(汗)がんばってがんばって、なんとか思い出せるくらいで…。癒やされたから、思い出す必要なくなったのでしょうか。
なんとなく覚えてる、寂しがってる少女の自分を癒やすワークは、汚部屋に住んでた頃の私を癒やしてみています。

7時間も…?家族に邪魔されないかしら…?と不安もありましたが、蓋を開けたら、あっという間に終わっちゃいましたし、家族も邪魔されませんでしたし、とてもステキで充実した1日を過ごせました。
また機会があったらオンラインも、日程が合えば現地参加もしたいです!

この度はありがとうございました!
(アカツキさん)

続きを読む

男や恋愛に苦手意識を持ってる女子がそれを克服するための大切なものとは?

なかなか彼氏ができない、婚活が行き詰まってる、という場合、あれこれ理由を考えると思うんですけど、それで自分の気分が沈むんだったら逆効果だと思うんです。
確かに問題はあると思うのですが、その問題に向き合うにもエネルギーが必要なわけですから、ちゃんと“武器”を携えていくことが大事なのです。

はじめまして。婚活が行き詰まっていて、恋愛の迷子なので、根本先生に、何かご教示頂けないかと思いメールさせて頂きました。 

私は30代後半になるのですが、今までにお付き合いをしたことがありません…。
(本当にお恥ずかしい限りです)

紹介や婚活パーティー、習い事を始めたりしたのですが、なかなか良い出会いがなく…。どうにも行き詰まってしまいました。
何年かぶりに気になる人ができましたが、後から12歳も歳下と分かり、別の人を探そうと思うのですが、上手くいかず…。

私のことを話すと、小学生の時に男子から軽いいじめを受けてから、男性と話すことや、初対面の人と話すことが苦手です。
高校生まではずっと共学でしたが、女子校かってくらい女子としか話しませんでした。

大学では良い方達に恵まれて、ゼミや音楽サークルなどで、男性とも仲良くなれました。好意を持ってくれた人もいたのですが、その時は全く気付かず…。
好きな人はいて、かなり頑張って仲良くなったのですが、「恋人にすると、嫌いになることが多いから、そうなりたく無い」と言われ、振られました。

その恋が若干トラウマなのか、その後も気になる人はできたけど、前のように自分から積極的にアプローチできず、声を掛けて貰う人はあまりタイプでない方だったり、タイプでも好意が受け取れなかったりで
もはや、どうしたらいいのかわかりません(泣)

恋愛がいい感じになると、仕事や家庭で問題が起こり、恋愛どころじゃなくなったり…。本当に付き合える気が全くせず、お先真っ暗です(泣)
色々恋愛心理学も勉強させて頂き、 
母との癒着もあるような…
女性性が足りないのかな…
好意が受け取れないのかな…
自己嫌悪が強いのかな…
とどれも当てはまるような気もして、私って問題ばかりなのかもしれません…。

そんなこんなで、もうどこに向かえばいいのか、全く分からないので、少しでも何かヒントなど、ご教示頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。
(Yさん)

続きを読む

今回はラッキー!?2/10,11,12 ザ・リトリートセミナーは2/6(火)18:00入金分にて申込終了となります!

あれ?なんか今回はお申込のペースが遅くない?もしかしてみなさん興味なくなった?怖い!?(涙)

根本の個人カウンセリング、グループセッション、講座、ワークショップ、書籍、ブログ、Youtube、voicy等々のすべてが詰まったセミナーが「ザ・リトリートセミナー」です。

というわけで、今回のリトリートセミナーは少数精鋭と言いますか、少人数ならではの和気あいあいとしたアットホームな感じで開催できそうです。

ますます想い出に残る3日間になると思いますので、参加されるみなさまはお楽しみに!

そして、迷っているみなさま。チャンスですぞ!今なら「行けばよかった!」と思わなくて済みますよ。

そんなラッキーなチャンスを掴める方は誰でしょう?

ということで、本気で人生を変えたい方にお勧めなリトリートセミナー。

申込は2/6(火)18:00入金確認分までです!お急ぎくださいませ!

詳細・申込は↓

【申込は2/6(火)18:00入金分まで!】【残8席】2/10,11,12 ザ・リトリートセミナー in 神楽坂~生き方が、人生が、自分自身が変わる3日間~

男子から「怖い」と言われてしまうのはなぜ?~自分が思ってる自分と周りから見る自分は違うキャラなのかもよ?ほんとの自分を取り戻してみない?~

ほんとうに怖い人に怖いとは言わないもの。
ということは、自分が何かしらを隠していて、それがうっすら見えるからそんな風に言われてしまうのかもしれません。
なぜ怖いと言われてしまうのか?それは何を意味しているのか?そして、これからどうしていけばいいのか?を考えます。

いつもブログやセミナー、動画購入等で勉強させていただいております、Yと申します。
自分や両親に対しての色々な気づきを経た上で、長年の悩みに踏み込みたいと思いネタ投稿いたします。拾っていただけると幸いです。
男性(特に同年代)から怖がられることがとても辛いです。
私の性格は真面目、引っ込み思案で自信がない、内弁慶と自認しています。
幼少期友人に「Yのせいで皆迷惑している」と言われ、へりくだる態度や迷惑な自分を卑下するのが常態化しました。勉強や運動は得意だったため、直接的ないじめや不登校はありません。
真面目コミュ障で学生時代男子には遠巻きにされ、就職後も1年目で新しい環境にテンパり職場で泣くようなお子ちゃまなのに先輩達から「怖い」とからかわれ、多忙で切羽詰まっている際に態度がきついと他部署からクレームが入ります。
私より怖い女性職員(看護師)なんて沢山いるのに私だけ怖がられるのが嫌で仕方ありません。
勤務地が変わり自分いじめを辞めた今も年下の男性同僚に怖いとからかわれます。軽くスルーしても調子に乗るし、やめてほしいと言ってもさらに怖いと言われるだけ。怖がられる原因と対処法について知りたいです。
(Yさん)

続きを読む

セミナー動画:女性性を解放し、体感し、会得する短期集中プログラム|ゆるむ・うけとる・ゆだねる

自立系な女子にとって次のステージに進むために必要なアイテムが「女性性」。
自立(=傷ついた男性性)を癒すために女性性が必要な上に、「ひとりで何とかしなければ!」という自立心を手放すためにも「つながり」をもたらす女性性は必須なのです。

続きを読む

母に支配された人生を抜け出して自分らしい人生を創造していく方法とは?~もしかして、お母さんの生霊が憑いていませんか?~

過干渉な母親に支配されて育つと、母親がいない場所であってもその声が響き渡り、自分の意志を否定することが癖になってしまいます。
そしたら自分が本当に望むことも分からないし、分かっても行動ができないわけで、どんどんフットワークが重くなってしまい、自己嫌悪も募りますね。
そんな状態から「母離れ」をするにはどうしたらいいのか?を考えます。

「本当はやりたいんだけど逃げてるだけ」と「本当にやりたくない」の見極めについてと、フットワークを軽くする方法について質問させて下さい。

私は何かに興味を持っても躊躇してしまって動けないことがよくあります。特に男性性を必要とする事について「興味はあるんだけどね~…(横目でチラッ)」という状態のまま、ものによっては数年放置したりしています。

例えば

・投資(証券会社の口座は開いたものの株は買わず放置)
・バイク(中型と大型の免許は取ったものの公道で倒れた時に引き起こせるか不安で結局ペーパードライバー、ちなみに車ならどこでも行けます)
・大学院進学(行きたいと思い調べてみるものの、入試と学費の準備が大変そう→あれ、ホントに私行きたいんだっけ?)
・仕事(バリバリやりたい気はあるものの、未経験のタスクに取り掛かるのが異常に遅い。過去のハラスメント経験がトラウマで、失敗への怖れあり)

などです。

動き出せない間に「これって本当にやりたいこと?それとも頭で考えて「良いこと」に見えるからそう思い込んでるだけで、本当はそんなに興味ないのかな?」と思ったりします。いざやろうと思うと面倒、怖いとなります。

自分の中では以下の点が原因として思い当たります。

・母親が過干渉で感情的、子供を自分の自己実現の道具に使うタイプ。1番や100点以外は認めず、小さなミスへの揚げ足取りもありました。また、彼女自身の心配を私に押し付けてくる節もあったと思います。ちなみに私は第一子長女です。

・私はこちらの記事の「怖れが強い人」に当てはまると思います(特に「家庭の雰囲気は悪かったけど経済的には守られていた」のあたり)。
怖れが強い、怖がりな人の中にある最後の依存心について。

自分でもこの腰の重さはヤバいと思っていたところ、上司との面談で「やればできるのに、考え込み過ぎてスピード感がない。自分を信じてまずは手を動かしなさい」と指摘されました。
また「あなたは経験もあるんだから私の右腕になってほしいし、もっと上のポジションも目指すべき。あなたの今年の目標はリーダーシップを取っていくこと!」と今年の目標まで決められてしまい、今はここと向き合えってことなのか~…と思っています。

というわけで、「その気持ち、実際どうよ?」の見極めについてと、もっと人生ゴリゴリ動かしていくためのアドバイスをいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。
(Cさん)

続きを読む