(ご感想)「この人たち私のこと相当好きでしょ」とも思うので、合格点まで頑張れーという気持ちで見守っていきます(飽きるまで)。

元ネタはこちらです。
「私はどうすれば売り場の棚に陳列されるんでしょうか?」
https://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/24364

どうすれば売り場の棚に陳列されるんでしょうか?で採用いただいた者です。
まさにイオンに行った日に相談が掲載されており、「イオンにおったらあかんねや!」と震えました笑

その後Aとは「ぶっちゃけ私のことどう思ってたの?」という答え合わせができまして。
「正直もう1人と天秤で、でも君に傾いてた。だけど経験がないって聞いた時点で重いなと。まあ俺が落ち着いた時に選ぶのは多分君タイプ」
いや待たんし。てか女として見れなかったんじゃないんかい。

Bと至らなかったのも「まさか初めてとは思わなかった。じゃあ最後まではしないね」
という理由で、彼らの発言にショックを受けることからも、私の主題は仰るとおりセクシャリティなんだと思います。

今でこそフェミニン大好きですが、高校までは女の子らしい格好をすることに抵抗がありました。
「おしゃれは可愛い子がするもの、私がやったら物笑いの種だ」みたいな。
でも本心は長い髪に憧れてたし、スカートもはきたかった。
大学で「ブスだからこそ努力しないと見るに堪えない!」という謎のパラダイムシフトが起きて外見的には開き直ったのですが、マインドは変わっていないかもです。

なぜ?と考えても思い当たらないのですが、母もそういう格好をさせたがらなかったです。あとは小学校で若干イジメの標的になっていて、可愛い格好をしたら嘲笑されると思っていたり。
続きを読む


そもそも中二病って何?

思春期に大人に成長していく過程で起こる反抗期の一つで、他者との間に線を引いて、マイワールドを構築すると中二病と呼ばれる状態になります。
けど、決して悪いことではなく、成長過程の一つと思っておくのがいいんじゃないでしょうか?

根本さん
こんにちは(^^)
いつもお世話になり、ありがとうございます(はぁと)
「尊敬する人のブログを読む」「自分のインナーチャイルドと向き合う決意をする」「わたしが『今』どうしたいのか問いかけ続ける」を繰り返して、自己否定のループからかなり抜け出しましたー!ほんと辛かったですー(T_T)根本さん、ありがとうございます。

そして、質問がしたくてメッセージを送りました!
質問ですが、心理学的にみて、中二病って何ですか?

というのも、めっちゃ最高だったクリスタルボウル瞑想会から帰ってきたら、浮かんでくる思考がすげー中二病っぽい!なんかすげーイタい!何か解放されたのかしら。クリスタルボウル、恐ろしい子!(笑)
しかもそんな自分を受け入れられる容量が今の自分になくってですねー(^^;)「自分を愛する」なんて発想も吹っ飛ぶほどイタくてハズいです。あ、でも今までの道のりがあるので多分大丈夫です。

んじゃーそもそも、中二病って何だべ?と思った次第でございます。
今考えるとなんであんなに恥ずかしいことを考えたりやっちゃったりするんでしょう~。人間の大事な成長過程なのでしょうか?
良ければ、教えてください~(^^)

根本さんの本がたくさん出版されたり、される予定なので、本好きとしては嬉しいです。たいへんお忙しいと思いますが、お体を大事にされてください!素敵な本と出会えるのをわくわく楽しみにしています!
(Mさん)

続きを読む


明日(6/4)配信のオンラインスクール。テーマは『思春期に反抗期がなく、精神的自立を逃したまま大人になった私。』

毎週月曜日配信のオンラインスクール「めっちゃ使えるココロの法則」メルマガ。

いつもご視聴ありがとうございます~!
今週のテーマは『思春期に反抗期がなく、精神的自立を逃したまま大人になった私。』です。

Read more

みさほさんへ。男は自分は変態で、セックスが下手だと思っているから、受け入れてくれる女性は最高です。

みさほさんへ。

そ、言わせようとしているところ、言いたくなるように誘導するのが上手なところ。
そういうところがSですよね。

余裕があって、何でも受け入れてくれる女性に、男性はついつい気を許して、何でもしてあげたくなるものです。
自分を見せても大丈夫だ、という安心感。

男は女性みたいに自分のことを周りの人にしゃべるのが苦手な人がほとんどで、性癖についても「ヒーロー物語」や「笑いを取るネタ」として盛って披露することはあれど、その正直なところを話せるのはごく少数の友人だけ、ということも珍しくありません。
だから、男はみんな「自分は性的におかしい、変態なんじゃないか?」って思っていることも少なくないんです。

そういう時に心を開いて受け入れてくれる女性がいたら、すごく安心します。

男性がSで、女性がMとほとんどの女性が思ってるというのも意外でした。
Mな女性もいると思うけれど、ほんとは男の方がずっとずっとMなのです。

だって、会社にあれだけ管理されて、土日もないほど働いている男性がSだと思います?(笑)
「仕事」に縛られて・・・という表現があるでしょう?

プレイですよね?それ(笑)

女は姫で、男は騎士。
そういう物語がとても多いのは、男性は与えたい生き物であると同時に、忠誠を尽くしたり、これ、という人に付いていくことを喜びとする習性があるのです。

なんだかんだ「かかあ天下」が多い日本の家庭を見ても、やっぱり男の方がMなんじゃないかなあ、と思うのです。
続きを読む


(ご感想)そんな私が食料武器管理隊長やっているなんて、私頑張っていますねー エライなぁ(笑)

元ネタはこちらです。
「好きなことをすればお金になるというには本当なのでしょうか?」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/24239

根本先生 こんにちは
先日取り上げていただいたAです。

主人と離婚という言葉も飛び交うような喧嘩をした翌朝に取り上げられ、驚きと同時に私は守られているんだとぼんやりしました。

すごくうれしかったです。
ありがとうございます。

夫婦で一緒に仕事をしていくということは、大変なこともあります。
お金のことはよくなりつつありますが、依然厳しいです。

ですが、こんな絶妙なタイミングで取り上げていただける私は守られていると感じたし、感謝の気持ちを忘れずに進んでいけば、根本先生がおっしゃるようになんとかなる気がしてきました。
ありがとうございます!!
続きを読む


自立になったふりしてたけど、私やっぱり依存だわ!

依存時代に辛くて頑張って自立すると、心の中にはまだ依存心がたんまり残っているので、素敵な人と出会うとそれが噴出してくることがあるんです。
それはいよいよ、そんな辛かった自分が癒されるときが来た証なのです。

根本先生へ
ブログに出逢ってまだ2ヶ月ほどの新参者ですが目からうろこのオンパレードで釘付けです。
過干渉で怒ってばかりの母、天然の父。
要領も容姿もいい、少し歳の離れた妹弟を持つ長女で、長女でありながら家族間カーストは一番下。
「何をやってもダメな子」「要領の悪い姉」
これが私と家族の共通認識でした。
幼少期~思春期はイタズラされたり、いじめにあったり。
最初の就職先がブラックの鏡で心と体を壊し、恋愛に関しても依存したり、簡単に体を許してしまったり、幸せになれそうな人からは逃げたり、友人すらも一時離れてしまうなど、まるで昼ドラを地で行くような人生を駆け抜けました。

そんな中でも結婚出産し、やりがいのある仕事を見つけ、離婚し(笑)
今現在シングルマザーとして生活しております。
離婚の理由が、私も幸せになりたい!でした。
その思いから自己改革を進めていく中で先生のブログに出逢いました。
まず王道!と思い、母への思いと向き合う中で、お決まり?の怒りが最初は浮かんできたのですが、その後、笑顔にしてあげられなくてごめんなさい。と自分の中の罪悪感に気づくことができ、家族を愛し、そのために出来の悪い人間として生きてきたのだなと思うに至りました。

だんだん、自分の価値などに目を向けられるようになってきています。

何より不思議なのが、ダイエットがうまくいき始めたことです。いろいろ考察する中で、自己防衛のために魅力も捨てていたのでは?と気づき、私はもう咲いてもいい、魅力的でいていいのだとアファをしだしたあたりからです。
これが心理学、いや根本先生のお力か!?持ち前の思い込みのなせる業か!わくわくしてきたし、ま、どっちでもいいか!と思っております(笑)

さて、ここからが本題で←エっ!?て思いましたよねw

現在お付き合いしている方がいるのですが、いまだ頻繁に私の中の助けてお化けが暴れだし、自立になったふりしてたけど、私やっぱりまだまだ依存だわ!と四苦八苦してしまいます。
この助けてほしいという気持ちも、自己肯定感をアップし続ければなくなるのでしょうか??そもそも、どうしてこの思いが湧き上がるのかと思ってしまいます。
自立武闘派の方が多い中、私は依存武闘派なのでは?と勝手に思っております。よろしければお祓い(一刀両断)お願いします!
長々と失礼しました。
今後もご活躍を期待しております。
(Aさん)

続きを読む


(幸せ報告)“楽しい”を基準に毎日の行動を選択するようになってから、私の日常は劇的に変わりました。

彼女がひとりぼっちでいたときから知っているから、このメッセージにはただただ泣ける。
ほんとうに、よかったなあ・・・。
ほんとうに、人生って変わるよね。
メッセージ、どうもありがとう。

結婚式には出れなかったけれど、また会えるのを楽しみにしてます。

ネムネム

こんにちは。
IY改め、KYです。

結婚式から1週間が経ったのですが、深い感動と喜びに浸りっぱなしの毎日を過ごしています。
でへへへへ。
この感動と、感謝の気持ちをお伝えしたく、メールをさせて頂きました。

私はネムネムのブログにたどり着いてから、丸3年が過ぎました。
3年前は、ずっと変わらない、どうにかしたい自分の問題や家族の問題に、限界を感じていた時でした。
限界を感じてたどり着いたのに、ネムネムに出会ってからは、ブログを読むことも、セミナーに参加することも、楽しくて仕方なくなっていました。
ネムネムの作り出す世界がとっても楽しくて、またそこに参加しているみんなが温かい人達ばっかりで、いつの間にか、セミナーに行きたいのか、セミナーの後にみんなと飲みに行きたいからセミナーに行ってるのかわからないほど楽しくて、たくさん涙を流し、たくさん笑って癒され続けました。

“楽しい”を基準に毎日の行動を選択するようになってから、私の日常は劇的に変わりました。
そしてその選択を続けた結果、最高のパートナーに出逢い、自分の大好きを全部詰め込んだ結婚式を上げることが出来ました。
続きを読む