nemoto_181126
cocoromarche
nemoto_talklive2015
nemoto_180409_04
previous arrow
next arrow

(リトリートご感想)初めて海外旅行に出かけた時のようなワクワクする感覚で、あっという間に時間が過ぎました。

タケノコさんからリトリートセミナーのご感想をいただきました!ありがとうございます!!
「【満席】5/22,23 ザ・リトリートセミナー in 神楽坂~人生を変える2日間へようこそ!~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/40090 

根本先生、はじめお弟子さんのカウンセラーさん、スタッフの皆さん、二日間ありがとうございました。

初めて海外旅行に出かけた時のようなワクワクする感覚で、あっという間に時間が過ぎました。リアル根本先生にお会いできたのも嬉しかったし、一人ひとり抱えたものは違えど、12名の同志の皆様とあの時間・空間を共有しあえた事は本当に貴重な体験でした。腰に故障を抱えた私でも完全に横になれて、瞑想に集中出来ました。終了後、優しく背中に手を添えて頂いたのも ありがたかったです。
セッションの中で、根本先生の要所要所でボソッと発せられる問いかけと言葉が、的確で鋭くて。でも暖かみとユーモアがてんこ盛りな一方で、学者肌的なシニカルな面もあり、すっかり魅せられてしまいました。まるで万華鏡を覗きこんでいるるが如く、、でした。
30年前にお会いしたかった、です(笑)
セミナー中に振りかけてもらった「アホ菌」に感染したらしく、なんだか もうどーでもよくなっちまったアホな自分がおります。あゝ 軽くなり、自由になるって、こういう感じだよねー?と。ただ、長年の呪文を解くためのトラウマ解消ワーク?とかは必要かな…と思っているので、別の機会にまた伺いたいなと考えております。

今後も「アホ道」に邁進してまいります!
本当にありがとうございました。

(タケノコさん)

私たちは「幸せになること」から逃げ続けているのかもしれない。

漠然と、あるいは確信をもって「私は何かから逃げてる」と感じている方、実は少なくないと思います。
向き合わなきゃいけない嫌なものから逃げてるように思えるんですけど、実はそれも罠。
ほんとうは幸せとか成功から逃げ続けているのかもしれません。

YouTube単独ライブ配信お疲れ様でした!
コメントするタイミング難しくてひたすら観覧に徹してました。

ライブ配信聞いてても改めて思ったのですが、根本さんのお話を摂取すると囚われから自由になる感覚があります。
多分ガッチガッチの無意識の枷がある私にはもう手放せない常備薬です。

そんな有効成分が効いたのか、ふっと力が抜けていつもより自分を俯瞰して今見れてる気がします。

それで何というか、私の人生(というかとくにここ数年のこと)は、それが何か分からないけど、希望を求めて行動して、一つ一つ潰して行くような作業だなと思いました。

「あれはダメだった。そしてここもダメだった」みたいな。

格子にひかれたマスの中にマッキーでばつ印をつけてる自分の姿が浮かびました。

そして、今なかなか『詰んでる』状態なんだなと(笑)

でもここでふと、心の中のスーパーバイザー根本先生ならどう見るかな?と思ったら「いよいよ年貢の納め時で、問題と向き合う時」なのかもと思いました。

「外」や「行動」に答えを求めるんじゃなくて、自分の「内側」と「感情」に。

ライブ拝聴した後、更新されたblogの最新記事がスッーと身体に染み込んで来てそんな風に思えた気がします。
というか、その記事で根本先生が言われてたことそのまんまですね私が言ってることて(我田引水!笑)

ライブの中で「逃げる系男」の話があった時めちゃ共感しました。
わたしいつも逃げたくて。
で、時々自分は一体何から逃げたいんだろう?と思うのですが、まぁよくわからないままで。

逃げたい系の心理てどんななんだろう?と根本さんのお話で一度聞いてみたいと思いました。

それではいつも誠にありがとうございます。
新刊の「孤独本」拝読出来ること、とても楽しみです。
(Tさん)

続きを読む

(満席)オンライン:6/6(日)、6/12(土)女性性とセクシャリティの問題を解決するグループセッション

・キャンセル待ちの受付も終了しました。(6/1)
・6/6(日)、6/12(土)ともに満席になりました。満席・キャンセル待ち受付中!


パートナーシップでも、ライフワークでも、何かと話題に出てくる「女性性」と「セクシャリティ」。
私のブログでもちょくちょく話題に上りますし、人気のテーマです。

「何でも一人で頑張っちゃうクセがあり、気が付けば相手を下に見てしまっている」

「いつも頭で考えすぎてしまってワクワクするヴィジョンが浮かばない。私はいったい何がしたいんだろうか?」

「物心ついたころから自立して頑張って生きてきて、でもなんか満たされない。なんか面白くない。」

「自分をほんとうに花開かせるのが怖い。エネルギーが強いことは分かっているけど、それを出すことに抵抗がある。」

「いつも問題のある人や障害のある恋ばかりにハマってしまい、幸せになれない。」

「やりたいことをやっているつもりだけど充実感や達成感がイマイチない。ほんとうに自分がしたいことなんだろうか?」

「親密感への怖れが強いのか、なかなか心と心がつながる恋ができない。」

「仕事は全然うまく行ってるのに、恋愛となるとさっぱり」

「パートナーとはいつもセックスの問題が付きまとう。そもそも性的な問題がずっとある。」

「自分の本当の魅力や才能を知りたい。自分らしく生きるためのヒントが欲しい」

などなど、私のブログでよく見かけるネタですが、皆さんは思い当たるところはありませんか?
続きを読む

執筆2日目にして前半部分の構成が見えてきて順調な滑り出しをしたので調子に乗らないように注意したい今日この頃です。

昨日「起稿した」という話をしたのですが、今までのパターンだと「起稿したことでちょっと安心すると同時に、立ち上がりの苦労が重たくのしかかってしばらく現実逃避する」ことになるのですが、今回はなんか今までと違ってそんなに重たく感じていなくて、軽い感じで、何なら普段のブログを書く感覚で原稿に向き合えているのが不思議です。

続きを読む

背負いすぎる癖があると対等なパートナーシップを築く障害になる~相手を信頼し、対等な関係性を築くコツ~

子ども時代から母親の面倒を見るなど誰かを背負ってきた人はそれが癖になってしまい、仕事もパートナーシップも背負おうとしてしまうものです。
でも、そうすると対等な関係って築けないし、結婚への抵抗も強くなりますよね。

私は33歳の男です。
先生のライフワーク本のお陰で念願の自営業になれました。
ありがとうございました。

私には付き合って3年になる彼女がいます。
私の収入が月平均で30万を越えたら結婚する予定です。来年には達成出来そうです。
ですが時々迷いが出てしまいます。
私は以前からプレッシャーに人一倍弱く、会社で部下を持たされることに耐えられずフリーランスになった人間です。

彼女は今まで付き合って来た人と比べると自立的というかドライな性格で1番相性が良いです。
ですが時々とても怒ることがあり情け無い話ですが、そんな時は気が遠くなって心がシャットダウンする感覚になります。

自分はやはり結婚の責任など、増してや子供を持つことなどやり通せるなのだろうかと不安になります。

今日のことですが同業の友人と飲むことがあり店で呑んだあと酔い覚ましに近くの公園を散歩しました。
友人はかなり酔ってたのか私の肩にしなだれかかって来たり手を繋いで来たりしました(同性の友人です)
酔ってると思ったしとくに意味はないと思いされるがままにしてたのですが公園の暗い方へずんずんと歩いて行こうとするので、なだめてタクシーに乗せて帰らせました。
私は一駅だったので歩いて帰りました。
精神的に少し動揺してたからです。

大学の時も親しい友人と似たようなことがあり、その時は友人には明確な意志があったのですが、当時女性とも何の経験も無かった私は固まってしまって、それに彼は気を悪くしてキスをしかけてましたが、やめてふて寝してそれ以来何もありませんでした。

帰途を歩きながらその当時のことを思い出し、自分は別に嫌じゃなかったし今日も嫌じゃなかったと思いました。
大学時代の彼も今日の彼も背が高く体格が良いので中肉中背な私は同性としての憧れはあります。
じゃ同性愛者或いは両性愛者かと言えばそれとも何か違う感覚があります。
何となく確信としてあるのは、責任を取りたくないという感覚です。
同性ならそれが無いから楽で、そういう意味で嫌悪感がないというか。

また私は若干の女性への苦手意識があります。
それは母が依存的で情緒不安定な人だったので、必要以上に要求に応えなくてはいけないという意識とまた癖があります。

自立系武闘派の皆様にお怒り頂きそうな話ですがサンドバッグ資材くらいにはなるかもしれないと思い吐き出させて頂きました。
(Aさん)

続きを読む

(リトリートご感想)実はつい半年前まで(私側)レスでした。 それが今や「パートナーシップはすべてを癒す」道をうきうきしながら歩み始めています。

iさんからリトリートセミナーのご感想をいただきました!ありがとうございます!!
「【満席】5/22,23 ザ・リトリートセミナー in 神楽坂~人生を変える2日間へようこそ!~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/40090 

根本さんのブログに出会って4ヶ月ほど。
勢いにまかせてぐいぐい迫っていったら、リトリート1発目の公開セッションに当たってびっくりしました。

おもな質問はふたつ。
・突如(そしてようやく)解放された女性性を生かし、ライフワークをどう生きるか?
・「愛」に対する違和感。

今までおなかいっぱい取り組んできたおかん問題にも、やはりまた新たな発見がありました。
息子への愛情の注ぎ方は「自分の母親と正反対のことをしているから、これでいいはず」と思いつつも、拭えない微妙なもやもや感がずっとありました。
「母親と正反対」という時点で基準は母親にあり、自分オリジナルの愛のカタチではなかったんですね。
旦那に至っては「旦那の言うことをふんふん聞きつつ切り捨てる」という、母親とは違う形で「受け入れない」という、私がかつてされていたのと全く同じことを彼にしていたんだ、ということに気づきました。
そして、旦那がアホな・・・ではなく器が大きいおかげで、そんな私をまるごと受け入れてくれていたことも。

それから「自分が本当に欲しいものリスト」1位と2位が真っ黒く塗り潰されていることも確認しました。
それがすなわち「ライフワークを生きたい・・・でも私って一体なにがしたいんだ?」
手に入るのはいつでも3位以下、なのでどこへ行ってもなにをやっても本当には満たされず、行き場のないエネルギーが体内でぐるぐるしている感じがしていました。

そういう諸々の問題の根源にあるのは、自己不信でした。 続きを読む

「私だけ損してる」をテーマにした本を起稿しました。

起稿しました。
読者の皆さんから「私だけ損してる体験」を募集させていただいて、思った以上にネタが集まり、そのネタの整理・編集・並び替え・分析に勤しんでおりました。

この「起稿」というのはゼロからイチにする作業なのでものすごいエネルギーを要するので、何かと伸ばし伸ばしにしちゃう作業です。

続きを読む