previous arrow
next arrow
Slider

自分の感覚が人と違っていることは素晴らしい個性なのです。

私たちはつい他の人と自分を比べて「同じ」であるとホッとし、違うとつい自己否定をしてしまうところがあるものです。
でも、そうした「違い」は素晴らしい個性なので、それを否定してしまったら自分らしく生きることができなくなってしまうんです。

グラウディングと個々人の個性についてお聞きしたいです。

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」と言ったとある文豪いましたが、私は非常にこれに共感するところがあります。

以前まではそんな自分を現実逃避と考えグラウディングなどを中心に取り組んだりしてきました。

でもどうにも要領をいつまで経っても得られず、現実に真正面から取り組もうとする程疲弊して身体が動かなくなり燃え尽きを繰り返してました。

そんな時に根本さんのブログ読み返してたら「あらゆる問題は自作自演」「この世はテーマパーク、辛いこと怖いことも人生を愉しむために自ら選んでる」
(いずれもうろ覚えで間違ってたらスミマセン)という言葉に出会い、ふに落ちる感覚があり、また同時に心身の膠着も極まってたので、もういいや!と人間関係も仕事も人生のあらゆることに距離をとったら(物理的というよりは心の距離です)スッーと楽になりました。

また根本さんの本のワークなど通して辛くなるまでの自分(20歳くらいまで)を振り返ったら、私は元々そういう性質の人間だったかもとも思いました。

また学生の頃、研究論文で私の書くもの何本も読んでる担当の先生に「極端な俯瞰視点が特徴的だよね」と言われたことも思い出しました。
(女子の多い学部だったので、自分にグイグイと引き寄せてエモーショナルな主観で対象を情緒豊かに紐解く人が多かった)

そういう主観に立たないことは他人軸なのかな?感情を感じることから逃げてるのかな?ともずっと考えて来ました。
また「グラウディング」も気になって。
俯瞰視点て地に足がついてないというか。

それでも人によっては一般的に見たら地に足がついてないようでも、そのスタンスが本来的な性質ということもあるのかな?と根本先生にお聞きしたくなりました。

また私はごくたまに依頼で楽曲制作をしてるのですが、その際に「夢と現実の狭間な感覚で~」とか「この世とあの世のたゆたう感じで~」などの内容で依頼されます。
(※かなり擬態する形でライスワークをしてて疲弊するので出来れば制作仕事のライフワークに収入面でも移行出来ればと長らく希求しております)

グラウディングと個性について根本さんのお考えお聞き出来ればとても嬉しいです!
(Yさん)

続きを読む

【ありがとうございました!】セミナー動画&DVDセール開催中です!今だけの超特別価格にてご提供!年末年始のお供にいかがでしょうか?

好評をいただいております、セミナー動画&DVDセール。「年末セールなんだから、年末までやろうぜ!」ということで、ほんとに年末、12/31まで期間を延長してお届けすることになりました。(ただし、タイトルの一覧の最後に☆が付いているDVDは1/4以降の配送となります!それ以外は入金確認でき次第、年末年始も発送させていただきます!!)

続きを読む

(ご感想)それが私にとっての当たり前だったからなんだなーと記事を読んでとても納得し、私の中の砂上の楼閣のようなものが崩れる感覚がありました。

Mさんからご感想をいただきましたー!ありがとうございます!!
ネタ元はこちらです。
両親から愛されていたはずなのにその実感がありません!!~素直な自分に戻る→両親なりの愛情を受け取る2ステップ~

12/28の心理学講座ブログで採用していただいた者です。
お忙しいところ記事にしていただき、クリスマスプレゼントをいただいた気持ちになりました。

記事に書いていただいた内容を読んで号泣してしまいました。
実は、この気持ちを外に出したのはこれが初めてで、誰にも言ったことがありません。
私は幸せではなかったんだと認めるのは勇気がいりましたが、数日経ち、徐々に認められるようになってきました。
そう考えると残念ながら、人生全般が「問題ないかもしれないけれど幸せではない」に当てはまることがわかりショックです…

私の短い文章からこれほど見抜かれるものなのですね。ご指摘の通りで、両親+私の関係は3人各々独立した存在、という感じです。
かなり親しい会社の同僚同士、という雰囲気が近いでしょうか。喜怒哀楽のうち哀の感情は、お互いにほとんど見せません。感情的にぶつかったことも滅多にありません。

私は体があまり丈夫ではないので、特に幼児の頃は両親(特に母)にかなりの負担をかけていました。
それもあって、他のところで迷惑をかけてはいけない!という観念が染みついているように感じます。
寂しいとか、悲しいとか、つらいとか、そういう感情を自分以外の誰にも見せたくないと今も思っていますし、体調不良に起因する場合以外では実際にほとんど見せません。
それが私にとっての当たり前だったからなんだなーと記事を読んでとても納得し、私の中の砂上の楼閣のようなものが崩れる感覚がありました。

とはいえ、いきなり空虚感が消えるには至りませんが、ワークに取り組んだり、先生の本を再読したり、素直な自分を解放するためにできることはしていきます。
そしてこのテーマのYouTubeを視聴すると直接お話しさせていただいている気分になれるので繰り返し視聴しようと思います!
本当にありがとうございました。

(Mさん)

2020年は心の断捨離の1年だった!?~何が大切で、何がそうじゃないかを選択してきませんでしたか?~

ライフスタイルが大きく変わった2020年を心の面から総括してみようと思いました。
様々な情報、価値観、考え方が飛び交う中で、私たちは自分自身の生き方やあり方を問われた1年だったと思うのです。
その上で行動を取捨選択し、何が大切かが分かってきたとするならば、2021年はより自分らしく飛躍する年にできそうですよね。

今日で2020年も終わりなのですが、みなさまにとってどんな1年だったでしょうか?
先日、今年を振り返って来年に希望をつなぐワークショップをやったばかりなのですが、その中で気づいたことがあってシェアさせていただこうと思います。

2020年って実は大きな「断捨離の1年」だったんじゃないかなあ、ということです。

コロナちゃんの登場で私たちの生活は大きく変わりました。
私もオンラインでのセミナーが中心になったり、東京以外の地域に行くことがなくなったり(来年は行くよ!)、それゆえセミナーの企画の仕方なども変わりました。
まさか1年前の今日はこんな2020年になるとは想像だにしてませんでしたねー!

とはいえ、逆にライフスタイルが変わったことにも慣れてふつうになってません?
マスクをしてないと気持ち悪く感じたり、お店に入れば勝手に手を除菌する癖が付いたり、当たり前に人との距離を気にするようになったりした方も多いんじゃないでしょうか?

で、今書いている「寂しさと孤独感」についての本でも触れているのですが、ライフスタイルが変わることによって、様々な変化を私たちは体験しました。
今まで当たり前だと思ってたことが当たり前じゃなくなり、今までとは全く違う行動様式が生まれてきました。

・・・と具体例を出したいんですけど、せっかくなんで書いてる途中の本から引用しちゃおうと思います。(本になったときにはこの通りじゃないかもしれないことは了解ください。)
続きを読む

今年の振り返り放送~voicy 今年よく聞いていただいたTop3の放送は?

2019年10月から始めました #voicy ですが、今年は1年無事完走しまして、ブログの更新に合わせたり、たまに「ラジオな時間」をやったりしてたくさんの放送をアップさせていただきました。

今年、よく聞かれた放送のTop3を事務局がまとめてくれたので、皆さんにご紹介したいと思います!

続きを読む

新年1/3(日)20:00より、Youtubeライブ配信を開催します!!「2021年はこんな1年にするぞー!」

新年1/3(日)20:00より、ライブ配信をさせていただこうと思いますっ!
今回はワンマン運転でお届けする予定でございます。

お正月のひととき、お節にも、お餅にも、ネットにも、ラジオにもちょっと飽きてきたなー、という方はぜひともアクセスいただいて動く根本をご覧いただけたらと思います。

続きを読む

仕事のモチベーションをあげるのに「仕事=セックス」という捉え方ってありですか?~セクシャリティとワーカホリックと素顔の自分~

「その人のセックスを知れば、その人の本質が分かる」という部分がありますから、仕事にその感覚を持ち込めばうまく行くのは当然な気もします。
とはいえ、夢中になりすぎてワーカホリックになっちゃうのはちょっと違いますよね?
仕事にもセックスにも様々な要素が入り込みやすいので、そこはきちんと見つめたいところです。

根本さん

以前から大ファンなのですが、最近のご本はじめブログ、ボイシーでのお話ヤバいです!
何回も聴いて反芻してるうちに点が線になったり、思いがけずな気づきがあります。

最近の話だと自分軸の話、セクシャリティの話、内的充実の話、仕事の話が私の中で自分の経験と結びついて独自回路で繋がりました。

自分軸というか、「メイクしてない素顔な自分でする仕事」て、、、めちゃくちゃエッチじゃないですか?!

私ちょっとワーカホリックというか、いつも仕事のことで頭が一杯なのですが、それは自己肯定感の低さが原因かと長年思ってたんですが、根本さんの教えのお陰で自分らしさでする仕事(ライフワーク?)を少しずつ出来るようになったら、益々ワーカホリックというか中毒状態とも言えなくなくて。

何にホリックになってるかというと、素顔の自分て裸みたいなものじゃないですか!(笑)その状態で、仕事すると、なんかこれもうSEXじゃね…?と思い至りまして笑

しかも身体の相性ならぬ心の相性というか、「わかるわかるそれそれえ、え?そんなとこまでイッちゃう?!こんなのはじめて~」などが発生する相手だともう堪らんのです。

で、こんな気づきを得たらこの頃は乾燥気味だった仕事へのモチベーションが潤ってきました!(笑)

また「キモチいい~仕事したい!」と。

と、同時に振り返ると自分軸で仕事をすると上記の通り気持ちいいんですが、また上記の通り素っ裸感もあるし、気持ちいいほど恥ずかしさもあって、私はいききれないところがあるというか、隠したくなるんですよね。

自分の感覚信じて進めるより、相手のニーズ探ったり時勢の動向探ったり(あ、でもSEXでも相手に気持ち良くなって貰うことは大事ですやね?)

何言ってんのか、意味不明になってきたのでここらへんで質問内容を無理くりまとめると以下です。

「仕事のモチベーションアップに、仕事=SEX、という観点はありですか?!」

加えてセクシャリティと仕事の話などもお聞き出来たらめちゃんこありがたいです!

ではでは麗かな冬晴れで脳天沸いたイチ読者より変化球なネタリクエストでした。

補足:仕事限らず会話とかでも妙に深く話せると快感が忘れなかったりしますよね、それも結局セクシャリティなんじゃないかと思えます。私はその点では「出会って5秒」がザラなビッチかもです(笑)
(Nさん)

続きを読む