札幌リトリートセミナーの初日の晩はこんな素敵なところでクリスタルボウル&ディナー。

気が付けば札幌リトリートセミナーまであと1か月。

リトリートセミナーではセミナー本体とは別にイベントを通じて「遊び」「楽しむ」ことも大事な柱です。

今回の札幌では、初日の晩、私が今回のリトリートセミナーでどうしても行きたかったこの場所に皆さんと一緒に訪れます。

Read more

(ご感想)「寂しいという感情」をそのまま認めてあげたらいいんだなあと腑に落ちました。

根本先生、こんばんは。

元引きこもりのAです。いつもお世話になっております。

今日のオンラインスクール「親から愛されなかった私は大人になっても寂しさが消えず、人や仕事に依存してしまう」にとても感動しました。

私は「自分が寂しい」ということにものすごく長い間気づきませんでした。ハッキリ自覚できたのは、去年9月の出版記念講演のときで、あのとき根本先生が、酒田のお店へ何時間もバスに乗って訪れるお話をうかがったあとに、ようやく自分が寂しがりだとわかりました。

今回のオンラインスクールでも、先生ご自身についていろいろお話されていて、それをお聞きしているといっそう自分の寂しさにすなおになれました。

イヤらしいんですが、長年ずっと寂しさを認めるのが悔しくて「ひとりで平気さ!」とイキがっていたんですけど、いややっぱり寂しかったです。白旗揚げます。

そして、しおらしく動画を拝見していたのですが、「寂しさがあっても良い(自己肯定)」(13分21秒)のところで、なぜか茫然としてしまって涙がぶわぁ~っとあふれてきました。しばらくおもくそ泣きましたが、そのあとはすっきりしました。そして、「寂しいという感情」をそのまま認めてあげたらいいんだなあと腑に落ちました。
続きを読む


(ご感想)私は私なりの、「天下無双」をめざしたいと思います。

元ネタはこちら。
「一流にならなきゃ幸せになれない?」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/24374

根本先生

昨日はGWの最終日、お昼まで寝ていようと思ったのに、
メルマガのタイトルに度肝をぬかれました!

先生のおっしゃる
「私はそのままで十分素晴らしい」が、なかなか体にとりこめず、
色々あがいてみた結果、成功しましたのでメールします。

私も9歳の頃から親に
「一流の大学に入れば一流の人生が歩めて幸せになれる」と叩き込まれ
それを信じて生きてきました。
また一人っ子である私は、同い年のいとこと比較され、
「あんたは〇〇ちゃんと違って、自分勝手で金だけかかるダメな子」
という烙印を親に押されました。
続きを読む


市場の駐車場の中にあるイタリアンに行ってきた~名古屋・Parcheggio(パルケッジョ)~

最近、お馬さんの話を他のブログに寄稿し始めた直人氏が、「駐車場の中の小屋でやってるイタリアンがあるんですよ」なんて言うものだから、名古屋のライフワークセミナー・メンバーに声を掛けて集まることにした。

Read more

自分軸になるとパートナーの不倫も気にならなくなるもの。

夫の不倫というのは武闘派妻にとっては何よりの刺激物となってコーフンしちゃうものですが、勢い余って旦那軸になりがちなのも事実。
それを自分軸に意識を移行すると、あら不思議、全然気にならなくなっちゃったわ!という現実が目の前に現れるのです。

不倫発覚で先生の著書やブログを読んで少しずつ実践、主人や家や子供たちに感謝して毎日を過ごしています。ありがとうございます!

友美恵さんのカウンセリングレポートを参考にしていたら女の気持ちを想像してしまいましたので相談させください。
主人は会社経営をしていて承認欲求や自己顕示欲が強いタイプです。

不倫相手は四年前に取り引き先の1人として現れ、2年前には秘書になりました。
女のSNSから、この2年間ずっと主人とラグジュアリーなホテルやレストランに行って嬉しい!楽しい!愛していてお弁当なども作って尽くしていて仕事にも貢献。主人は彼女の仕事のモチベーションアップの為に色々連れていったと言っています。その頃から会社の借金の返済を銀行に止めてもらっています。
この3年間私はデートもせず子育てに構いきり、主人は一緒に子育てする仲間として接するが、いつも疲れていて主人の会社の悩みや褒めたり認めたりするのを忘れていました。

不倫発覚当時は意味がわからず主人を責めて罵る。顔も見たくない、離婚したい、死んでくれと言われました。そこで心を入れ替えた次第で、日々改善している感じがしています。
もう主人は離婚する気は無く、私に仕事の相談をしたり、夫婦で協力して節約しようとか、子供の将来のことを話すことも多いです。セックスはありますが、義務感からしているような感じはします。

彼女にも子供が2人いて、ご主人と一緒に上京してきたが不仲になり、DVなどもあり、今は別居しているそう。
以前見てしまったメールには
「社長(主人)と一緒になりたいと思ってしまったけど、私は自立しているから、あなたの全然自立してない奥さんにお返しします」
「40才なのにこのままズルズル50になってマンションの1つでも買ってもらって今までありがとうと言われても困る」
「骨になるまで愛し合って一緒にいたかった」
との表記もあったことから、想像ですが、彼女は夫婦の危機から自立し、管理栄養士やフードフォトグラファーとして活躍し、生き生きした時に主人と恋に落ち、そのまま嵌まっていると思いました。

主人は仕事でも気持ちの上でも女に相当依存していると思われる言動「彼女がいないと取り引き先の人から仕事がもらえないんだ」「すぐには別れられない」があり、私の気持ちの持ちようとしてはどうしたら良いのでしょうか?
(Yさん)

続きを読む


(当日ドタ参加もウェルカム!)大阪:6/8(金)19:00-21:00 梅田蔦屋書店にて「ついつい抱え込んでしまう人がもう無理! と思ったら読む本」講演会&サイン会。

続報です。

例えば、
「一生懸命やっているのだけどどうも報われない」とか
「頑張っても頑張っても楽にならない」とか
「最近、なんだかやる気が出ない」とか
「頑張るのがばかばかしくなってきた」とか
「いつも人疲れしているような感じでオフタイムも元気が出ない」とか
「心がいつもモヤモヤしている」とか、
「ついSNSを見てしまって、他の人が元気よく投稿している記事を見てモヤっとする」とか、
そういう状態になっていませんか?

あるいは、こんなことになっていませんか?
「甘いものやお酒が最近やめられないのよね~」
「ダイエットしようと思うんだけど、全然その気にならなくて」
「やめよう、やめようと思っているけどズルズル関係が続いちゃってる男の人がいて」
「ついイライラして後輩に当たっちゃうことが最近多いかもしれない」
「ちょっと部屋がヤバいことになってて、誰も家に入れられない状態」
「休日はメイクもほとんどせずにだらだら過ごしちゃっている」
「新しいことを始めたいんだけど、全然やる気が湧いてこない」
などなど。

「私がやらなきゃ」とか「何とかしなきゃ」とか「嫌だけど仕方ない」なんて言葉が口癖になっていませんか?

これは立派な抱え込み症候群と言えます。

でも、どうしてそんな状態になってしまうのでしょう?

「ちゃんとしなきゃ」
「きちんとしなきゃ」
「人に迷惑かけちゃダメ」

そんな責任感が強い方は、つい頑張りすぎてしまう人。
でも、その自覚がなくて「もっとやらなきゃ」「他の人はもっと大変」「私ばっかり弱音を吐けない」みたいな厳しさを自分に向けると、

「ほんとうはしんどいのに、しんどいって言ってられない!!

と自分をコントロールしてしまいます。
続きを読む


自分軸で生きようとする過程で他人のことが極端にどうでもよくなってくるのは、通過点といえるのでしょうか?

確かに他人のことがどうでもよくなっていった後に、やっぱり人は大切だ!と思い直して近づくこともありますし、通過点だと思ってたら、それが本来の私だった!ということもあるでしょう。

初めまして!いつも楽しく読んでいます。

私は御多分に盛れず野良猫問題に苦しんでいた自立系武闘派女子です。
自分自身が問題を抱えているとも気づかずブログにたどり着き、衝撃を受けました。

当初は一語一句胸に突き刺さるような気持ちで読んでいたのですが、システムを一度理解してしまうと早いですね。
3ヵ月も経った今は全くの平常心で気楽な読み物として読んでいます(笑 
本当にありがとうございます。

一つ質問をしたいのですが
自分軸で生きようとする過程で他人のことが極端にどうでもよくなってくるのは、通過点といえるのでしょうか?

人は人、自分は自分という考えが当たり前になりすぎて、他人の言動にどんどん興味がなくなってきました。
ずっと家にいたい、一人で好きなことをしていたいという欲求が強くなり、その他のことは如何に省エネで済ませるか、くらいになっています。

他人って煩わしいなという気持ちは幼い頃から持っていて、週5の通勤も不要と思ったので転職して在宅中心に変えました。
自由な時間が増えると生きるのが本当に楽になり、体調も良くなりました。一人最高!家って最高!と思いながら暮らしています。
やりたいことはどんどん湧いてくるし、絵や文章などの創作もしているので飽きないし。

ただ、今の自分の状況って「自分され良ければ全てよし」と紙一重なのでは?と思います。
自分はそれで居心地がいいのですが、これって我儘や傲慢さとどう違うのかなと思いました。
他人と過ごしてても帰りたくなるし、面倒になって予定をドタキャンしちゃったり。人が話していることも創作のネタになるかな、くらいには思うけど大体聞き流してます。
ある意味、他人からもらうもので感動することが少なくなったように思います。

ほら、例の野良猫くんのことだって書いていて今やっと思い出したり、、笑

これでいいんだ!と自信を持てないということはまだ肯定が足りない?自分への愛が溢れるほどになったら他人へ向かうの??と想像もするんですけどね。

ネタにしていただけたら嬉しいです!
(Kさん)

続きを読む