previous arrow
next arrow
Slider

罪悪感で家族の絆を作るのではなく、愛でそれを築く方法は?

お母さんをお父さんから守るために奮闘してきた方が、なぜか、お母さんに対して強い怒りを持っていることに気付くことがあります。
でも、それはふつうのことで、罪悪感を手放すプロセスにおいて重要な場面です。
それは「愛で家族の絆を築く」ための一歩なのです。

こんにちは。最近、根本先生のブログに出会い、毎日拝読させて頂いております。先生のブログにてネタにして頂けたらラッキーと思い、送らせていただきます。

私は、子供の頃から、父が母に理不尽に暴言をはいたり、怒鳴ったり、時には暴力をふるったりしているところを毎日ではありませんが、見て育ちました。家の中は、いつも緊張感がいっぱいで、毎日ではないにしても、いつ怒るのかが怖くて、安らぎの場所ではありませんでした。

先生のブログの中に「苦しいのに続けているのは、罪悪感でもあるのか」というような文章が書かれていたと思いますが、それを読んだときあれ?と思いました。嫌なのに、なぜ、ここにいるの?修行(笑)
私は、一度も結婚したことがない実家暮らしのアラフォー女子です。父を憎み恨みながら、気がつくと母や家族がうまくいくためにはがテーマのライフワークもしていました。(笑)

また、いつのまにか、自分自身も子供の頃から人間関係においても、必要のない我慢をするようになってしまい、人間不信に陥ったり、心から楽しめなくなっていました。職場でも人が信じられず、心を閉じています。

自分が幸せになってはいけないとか、家族や母への罪悪感があるなと思いましたので、今、必死で先生の罪悪感を癒すアフォメーションを唱えたり、書いたりしています。
そうしていると、それに抵抗するかのように、父や母に対しての恨みがよみがえってきます。(母に対してもです。驚きです。)とにかく、抵抗感がすごく、自分を責めるほうが自分の今から目を背けられて楽だったんだなと感じています。根深いです。
根本先生、ワークを納得いくまで続けてみます。ありがとうございます。
(Mさん)

続きを読む


Youtubeチャンネル:ライフワークを生きる道 #33『完璧主義だと感じる人へ』

岩橋くんとお届けしているYoutubeチャンネル「ライフワークを生きる道」

33回目のテーマは『完璧主義だと感じる人へ』

ライフワークを目指す上での障がいとなりうる「完璧主義」。
ちゃんとしようとしようとし過ぎて何もできなかったり、成果が思い通りにならなかったり。
考えすぎて何もできなかったり、逆にあれこれ取っ散らかったり。
完璧主義は「他人軸」のひとつで、自己喪失なマインドがそこにあります。

なんで完璧主義になるのか?
完璧主義になるとどういう罠に陥るのか?
そして、どうしたらそこを抜け出せるのか?

いつもの緩めな雰囲気で語っております!!

よかったらチャンネル登録もお願いします~♪


「好きだけど付き合えない」という彼の心理と、私の気持ち。

自信が持てないけれど、かっこつけたい、プライドが高い男子はよくそのセリフを吐きます。
そこで「どうしたら付き合ってもらえるのか?」という受身でいると、まんまと相手の術中にハマるわけです。
そういうときこそ「自分軸」なんです。

毎日根本さんのブログを読み進めることが趣味になりつつある私です。
今年で三十路を迎えた私には3年以上片想いしている年下の好きな彼がいます。
是非ブログのネタにして頂きたいと思いお送りします!

彼は5個年下で職場の上司です。
いつからか職場以外でもくだらないLINEのやりとりをするようになり、何度か二人で遊びにも行き、彼も私を好いているような気がしていました。

そんな頃彼は当時の彼女と別れたのですが、何か言ってくるわけでもなかったので私から『私は好きで付き合いたいんだけど、あなたはどう思ってるの?』と聞きました。
彼は『好きだけど付き合うかって言われると…わからない』と。理由は聞けませんでした。

しかし職場で毎日顔を合わせて会話をすることで私も好きな気持ちをごまかせず、その後もご飯やデートだけな関係が一年以上続きました。一緒に居る間は彼の好意も感じることが多々あり付き合っている感覚になってしまいます。

手を繋いだりのイチャイチャくらいで体の関係はないのでそれにもだんだん辛くなってきて、職場の仲良い同僚たち含め周りに隠しているという状況も私を更に苦しめています。

最近は周りの女の子の事もしつこく聞くようになってしまっている自分がいます。
と言うのも最近『俺合コンするんだ』とか『〇〇ちゃんとデートしてきた』と、よく言ってくるようになりました。
でもその後大体『タイプの人は居なかった』とか『ただの飲み会で終わった』とか謎のフォローが入ります。
結局何がしたいの??と思ってその度に泣いている自分がいます。

そしてこの間『好きだけど付き合えないってなんなの?』と聞きました。
すると彼は『俺が居なくても生きていける人とじゃないと付き合えないと思ってる』と。
好きになられすぎると逃げたくなるし基本放っておいてほしくて、構ってほしいときだけ構ってくれればいい。そんな気持ちを一言で言うと、俺が居なくても生きていける人、に行き着いたと。
いやいや、めちゃくちゃ構ってちゃんなのに!?と内心思ったのですが。

私もそろそろ結婚も考えたいし、何もしようとしない彼からは出来れば離れたいとも思ってます。
でも彼との未来を夢見て諦めきれない自分も居ます。
仕事を辞めて彼に会わなくするのが一番良いと思い何度も考えたのですが、辞める辞める詐欺で最後にはいつも辞めることができません。
(Sさん)

続きを読む


バーの片隅で執筆すると異様に筆が進んで気持ちがいい。

初の子育て本の執筆が佳境に入って参りました。
確実に10万文字を越えるんですが、編集者曰く「けっこう厚みを出すので全然大丈夫です!」とのことで、その言葉を信じて邁進しています。

子育て本も「初」なんですけど、少し小説っぽい書き方をしているので、それ自体がとても刺激的かつ面白くて、どんどんハマってます。

続きを読む

お弟子さんたちが皆さんの相談にお答えする「ココロノマルシェ」では、現在、ご相談を受け付けております。

以前より皆さまからネタを頂いてブログやメルマガの記事を書かせていただいているのですが、現状、2,3か月待ちで、130本ほどのストックになっています。
採用される保証もないし、「いつまで待てばいいんだよー!!」と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで根本は考えました。

弟子たちは今デビューしたててヒマである。
 師匠の贔屓目でも何でもなく、奴らは想像以上に腕が良い。
 そして、弟子どもは全員がうちの読者なのでバリバリの武闘派であり、読者たちの気持ちを痛いほど汲める。
 ならば、奴らに読者の皆さんからの相談を受けさせたら、読者の皆さんも喜んでくれるだろう。
 奴らも経験を積ませてもらえるし、もちろん、そこからリアルなカウンセリングにつながることもある。」

そして、あまり仕事をしないことで有名な私のコンサル氏に相談を持ち掛けました。
彼はいつものように「お!いいですね!やりましょう!」とだけ言いました。

そのまま何か月も待つことになるんだろう、と気長に構えていたところ、彼から「こんな感じでやりましょう!」という提案がLINEで届いたのです。

「おい、何が起きたんだ?」

私の中では若干の混乱が生じました。もしかして、間もなく2人目の子どもが生まれるから心を入れ替えたのか?まさかそんなはずは・・・。

色々考えました。

しかし、本題はそこではなく、皆さんからの相談を受け付ける準備が整ったことなのです。

ということで、下記に相談フォームへのリンクをご紹介します。
そちらに皆さんの相談内容を書き込んで下さいね!!

続きを読む


モラハラ夫と別れたが、そのダメージで目の前が真っ暗です。

別れることができたのはとても幸いです。
しかし、物理的に顔を見なくなっても、心の中にはまだまだその暴言が鳴り響いているでしょう。
まずは「体」を元気にすることを目標にします。そこから「心」に目を向けていくのがいいでしょう。
一人で頑張るのではなく、誰かと共に進むのがお勧めです。

根本先生、毎日ブログ見ています。
武闘派女子たちに宣教師のごとく教えまわっているので近々集団でお伺いするかもしれません。

モラハラだった夫について相談させてください。
働かず、全部私のせいにし、私の独身時代に貯めた貯金を奪い取り、嫌なことがあるとすぐ実家に帰り、私のお金で生活しているにも関わらず暴言もどんどんエスカレートしてしまい、私が限界を迎え別れてしまいました。
先生のブログや本で、もうこれ以上は頑張れなかった、できるだけのことはすべてやった、と自分を褒めてあげて、との記事を読み、そうなれるように日々自分を大切にしようと思っています。
ですが、夫に言われたひどい言葉で自己肯定感がゼロに近く、この年でもう次の結婚はないかも、子供は産めないかも、もう家族は作れないかも、と絶望的な気持ちです。
この先に新しいステージなどあるのでしょうか。
なるようになるのでしょうか。
目の前が真っ暗で、体も心もぼろぼろなため、息をするだけで精いっぱいの毎日です。
どうかネタにしていただけると幸いです。
(Kさん)

続きを読む


6/20(木)&7/5(金)13:00-17:00 セクシャリティに特化した人数限定グループセッション

・6/20がすぐに満席になってしまいましたので、7/5(金)にも開催させていただきます!!(どちらも満席になりました!ありがとうございます!)

2、3月に開催して瞬間的に満席になった大好評なグループセッションを再び開催します。

以前より「セクシャリティを扱ったより深いグループセッションを受けてみたい」「性の問題をがっつり向き合えるセッションを受けたい」という声をよく頂いておりました。
「まあ、男性のカウンセラーがやるよりは女性のカウンセラーの方がよくない?」と思って、お友達のカウンセラーを紹介していたのですが、男性ならではのアプローチや視点もあるだろう、と思うに至りました。

個人セッションでは当然、そうした話題も出るのですが、グループセッションは、他の方の話を客観的に聴けたり、それを自分自身にフィードバックできたり、つながりが生まれるので個人ではなかなか気付けない潜在意識のパターンに気付けたり、また、グループエネルギーが扱えるので心の深い部分にアプローチすることができるので、個人とはまた違った効果が味わえます。

続きを読む