previous arrow
next arrow
Slider

自己肯定感があがるとパートナーの別れ話も前向きに捉えられるようになる。

自己肯定感があがると、今まで釣り合っていたバランスが崩れて別れ話が出ることもよくあります。
また同時に価値観の違いなどを受け入れられるようになるので、その別れ話も前向きにとらえられるようになるのです。

いつもご本とブログを交互に読ませて学ばせて頂いております。
地道に自己肯定感の教えを守り幸せ過ぎる状況が来るようになったのですが、先日抜けない棘のような言葉を貰って彼氏と別れました。
こんな時の応急処置的思索頂けましたら幸いです。

まんまじゃないのですが、まとめると以下のこと伝えられました。

・実は別れたいと付き合い当初から思っていたけど、ズルズルしてしまった。
・すごく弱っている時に出会っていつもの自分に戻ってきたら、魅力を感じなくなってしまった。
・趣味や価値観が違いすぎて、話が合わない(彼は音楽や映画など好きで詳しいのですが、私は全くです)。

かなり率直で具体的なのは、私が理由をしつこく聞いたせいです。
わたしと別れようと決心したキッカケは、彼が仲良くしている上司のおうちに2人でお邪魔してお食事を頂いたことだったようです。

私は趣味などが彼のようにお洒落じゃなく、無知でカルチャーのこととか知らないので、そういう話になった時は知らないことを自虐に持っていって盛り上げようしようとするとこがあります。

その時もそうで、上司の方も奥様も結構笑ってくださったので、自分ではわりと悪くなく振る舞えたのではと思っていました。

でも彼が言うには、

・音楽とか知らないのが嫌なんじゃない。
・知らないなら、聴く側に回るとか興味を持って話を聴くということがあってもいいんじゃないか。
・どんな時も自分が話の中心になろうとするところがひっかかる。
・出会った頃は面白く感じたけど、一緒に家族を作って年を重ねて行くイメージが出来なかった。

最近はほんとに自分らしく振る舞えるようになったと思っていたし、それを好いて貰えていたのだと思っていたので、脳味噌をガンガンに揺らされたような衝撃です。
でも正直に言ってくれた彼に感謝もあります。
しかし今、自分らしさや自己肯定感や、人と愛し愛されていくということをどう捉えて考えていけばいいのかわかりません。
自分らしくなれたから、彼のような人とも出会えて、しかも付き合えるようになったという希望の灯火が消えてしまい、今真っ暗闇にいるようです。
怖いし孤独です。

一言頂きたくご多忙とは存じておりますが失礼しました!
(Tさん)

続きを読む


会社の評価と自分の価値は一切関係ないので振り回されないようにしましょうね。

自分の能力や価値を正しく評価してくれるかどうかを気にすると、それは他人軸なので思い切り振り回されることになりますね。
評価はあくまで他人がすることで、自分の価値とは一切関係ないもの、と受け入れ、自分の価値を自分で認めることをやっていくと、きっとなるようになっていきます。

根本先生

いつもメルマガありがとうございます。
こちらの内容、久しぶりにグッサー!ときまして、根本さんの首にかじりついてがりがりと質問攻めにしたくなりましたので、筆をとります。

私はこの3月末で、三年半の出向業務を終え、自社の本社に復帰するのですが、出向前にいた部署の男性(現在は次長に昇進)に「あいつは女だから甘やかされて仕事するのが普通」「そのうちすぐ誰かに取り入って、問題解決するんだろう」など、できない女として悪口を叩かれているようです。

私からすると、小さな支店で女性は私ひとり、年1億の営業ノルマを持ちながら支店の総務・経理をこなしていたのに、どこが甘えていたのか教えてもらいたいくらいです。
しかし今、私のことを知らない本社の人数百人にまで噂が行き渡っており、ここまで風評がひどいと、出向先で頑張ったことも正しく評価されそうにありません。

自社は評価制度がしっかりしておらず、噂や好き嫌いで判断する腑抜けな上司に加え男尊女卑の風潮が強く、私が正しさを言えば言うほど逆に叩かれます。

これはメルマガにあるように、私が周囲に正しさを期待しすぎなのでしょうか?

ちなみに、私は確かに人に頼るのが苦手です。
クライアントさんを喜ばせたくて、限界まで上司には頼らずに頑張る傾向もあります。人前でいい子になりすぎている面もあると思います。
私はもっと自分の仕事を自分で認めたほうがいいのでしょうか?
(Hさん)

続きを読む


7/21名古屋、7/28東京、8/10大阪:『罪悪感から自分を解放する4時間ワークショップ』

6/14発売の新刊『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』をベースに「罪悪感から自分を解放する」ために具体的な実習を多く取り入れた4時間ワークショップを開催します。

自分を幸せにしないために様々な問題を投げかけてくる罪悪感。

続きを読む

子育て本、脱稿しました。

初めての「子育て本」の執筆を終えました。すなわち、脱稿です。

脱稿と言う響きは脱力を思い起こさせ、編集者に原稿を贈った瞬間、胸の緊張が大きく緩み、なんか腑抜けになりそうな感じがしました。

続きを読む

自分の幸せを優先することは、周りの人を幸せにすることだ。

昨日、こんなツイートをしました。

もう少しこの話を掘り下げてみたいと思います(^^)

人の気持ちを考えすぎる敏感さんから、よくこんな質問を頂きます。

「根本さんはよく自分の幸せをまず優先しましょう!っておっしゃいますが、それって自己中っていうか、ワガママなんじゃないでしょうか?周りの人のことを考えずに自分の幸せばかりを優先してたら浮いてしまいませんか?」

おそらく、数万回は聞かれたであろう、この質問(思い切りサバを読んでいます)。

「まあ、そこがあなたのええところなんやけどね~」と軽く受け止めたのち、こんな話をさせてもらいます。

自分の幸せを優先するでしょう?
甘いものを食べたり、気の乗らない誘いを断ったり、ふと思い立って旅行に行ってみたり、いきなり部屋の大掃除を始めてみたり、見たかった映画をハシゴして楽しんだり。

もし、あなたが今まで周りの人に気を使って「合わせてきた」とするならば、その周りの人はあなたのことを「付き合いが悪くなった」「わがままになった」「自分のことしか考えてない」って言い始めるかもしれません。

でも、それでいいんですよ。
それくらい自分を殺して周りに合わせてきた証拠なんです。

人は無意識に他人を「利用」することがあるんです。

「一人で買い物行くのはつまんないなー。あの子、誘おう」
「やっぱりみんなでワイワイするのが楽しいから、あの子も一応呼んでおこう」
「あの子、私の話をちゃんと聞いてくれるから、ちょっとカフェで話しよう」

たいていそういう人は悪意はないものですが、それに“付き合わされる”「あの子」としてはまあ、なかなかしんどいわけですよ。

つまり、「あの子」ってのは「都合の良い人」なんですね。。これは男女関係でも同じね。
続きを読む


今日は公園で動画撮影。

BBQか焚き火が始まりそうな様子ですが、実は動画の撮影をしています。

岩橋くんとさつDとのYouTubeチャンネルです。外が好きな我々はずっとこの機会を楽しみにしてました。

ちょっと暑かったですけど、木陰の昼下がりは風が吹くと本当に気持ちよく、なんかまったりした雰囲気になりました。

続きを読む

東京:5/27、大阪:6/5「お金軸を抜け出して自分らしくお金と付き合う方法~お金の心理学~」

・東京(5/27)は当日飛び込み参加もOKです!!受講料は現金でも大丈夫です。
・大阪会場(東梅田)が確定しました。(5/20)


皆さんは「お金」に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?
・生きるためには必要なもの
・ないと困るもの
・すぐになくなるもの
・怖いもの、汚いもの
・自分のしたいことを実現させてくれるサポーター
・仲のいい友達みたいな存在
・いつも自分や家族を苦しめる奴
・自分を振り回すもの
・喜びや感動を与えてくれるもの
・人生の選択肢を広げてくれるもの
・たくさんあると天狗になって人が離れていく
・しっかり管理しないとダメなもの
・いつもそこにあるもの
・ちゃんと貯めておかないとあとから困るもの

ポジティブなイメージ、ネガティブなイメージ、悲喜こもごもかもしれません。
今の社会、お金は必要不可欠なアイテムです。しかし、それゆえにお金に意識を取られ、振り回され、怖れや不安を抱く原因になります。

いつもお金のことを考えていたり(計算していたり)、お金のことが頭を離れなくなったり、買い物をするときは値札を見て買うかどうかを判断してしまったり、仕事をする際もお金(給料)にばかり目を奪われたり、婚活しているときに相手の年収が異常に気になったり、貯金残高が減るとすごく神経質になったりしていませんか?

そんな風に「お金」を今の生活の軸にしてしまうことを「お金軸」と私は呼んでいます。自分軸ではなく、お金軸。自分の楽しみや喜びよりも「お金」を優先してしまい、頭の中に常にお金がいる状態です。

続きを読む