previous arrow
next arrow
Slider

恵まれている環境を「罪悪感」ではなく「感謝」で受け取るとリーダーシップが取れるようになる。

自分ばかり愛されたり、贔屓されたり、褒められたりすると、人間関係を重視する優しい人たちは「罪悪感」でそれを受け取ってしまいます。
でも、それは自分が持っている価値がもたらす恩恵なんです。
だから、感謝と共に受け取ることで、それをみんなにシェア(分かち合う)したくなるようになるのです。

根本さん、こんにちは。以前、メンタルにいらっしゃった頃にお世話になりました。

以前からずっと誰かに相談したかったのですが、誰にも言うことができず、取り上げてもらえたら嬉しいです。

私は昔から女性に対して罪悪感を抱いてしまいます。
思春期の頃から友達の好きになった人は皆、私のことを好きになってしまい、自分は引き立て役だと泣かれたこともあります。
ひとりやふたりではないので、友達の好きな人に好かれることが恐怖で、楽しかった思い出よりも辛かった思い出のほうが多い思春期だったので、もう二度と戻りたくありません。

社会に出てからも自分だけが褒められることが多く、先輩より評価されることに恐怖を感じたり、他の誰かが褒められていると、ホッとします。

父は私のことを溺愛を通り越してまるで女神のような扱いをしていて、私に対する評価の10分の1でもいいから母に対して与えてあげてほしい、とずっと思ってきました。

母も私を溺愛していて、母との関係も悪くありません。

こんなことを人に話すと自慢のようになってしまい、頭がおかしいと思われてしまうので、誰にも相談ができないのですが、選ばれることに対して恐怖と、わずらわしさを感じて、ひとりになると、ものすごくホッとします。

私と親しくなる男性は不思議なことに、いつもみんな同じようになるのです。
夫は誰にも甘えない人ですが、私にはベッタリですし、父や職場の上司、仕事上のお客さんも仲良くなると、みんな、私のために動いてくれるようになるのです。

それゆえに女性に対して、罪悪感を感じることがあります。

夫に関しては誰も巻き込まないので、思いっきり愛情を注げるので、私が唯一ホッとできる存在です。

父だと母に悪いなと感じますし、上司だと先輩の目が気になったりしてしまい、遠慮があるのですが、それでも何故か過大評価をされて、罪悪感を感じてしまいます。

母が泣いている姿や、思春期の頃に友達が好きな人から選ばれず悲しい顔をしているイメージが頭にあって、女性に対して罪悪感を抱いてしまうのです。

どうしたら手放せますか?
(Yさん)

続きを読む

暴走しがちな「感情」を制御する「思考」は「自己肯定感」によって培われる。

思考と感情がよくケンカしちゃう皆さんへ。
思考は「正しい」ので、感情にとっては嫌なことをあれこれ押し付けてくるので、余計に暴走し、自己否定することになるのです。
カギは自己肯定感。自分を知ることです。そうすることで感情と上手に付き合ていく思考が育つのです。

根本さんこんにちは。仕事で手抜きか無理のしすぎかで悩んでます。

毎月忙しいときと暇なときを繰り返しているのですが、本当に必要性があるときは必死になるもののそれ以外は怠けがちで、周りの人はガツガツ取り組んでて焦りを感じますがやりたくない気持ちもあります。
でもそれも気になり、周囲を真似て同じスピードですると、苦しくなるまで無理をしてしまいます。

暇なとき周りの人は忙しいときに溜まったことや、手がつけられなかったことを見つけてやってますが、私は社会人経験が浅く、そういうのを見つけるのが苦手なのと、自分にできることが分からない為、日々の社内共有情報を全て確認しきってないので、情報確認に割いてます(何故か皆さんは溜め込んでない様子ですが)

他の人は会社や業務の為になることをしたり、業務の取り組み方の違いに負い目を感じますが、高校以降サボることを覚え、大学はアルバイトに偏った生活をして以来、まともに過ごすことができなくなりました。
苦しくなるまでやると、帰ってからプツッとなり、次回出勤のときは必要なときでない限りやる気がなくなるですが、振れ幅を小さくしたいです。
(Aさん)

続きを読む

お盆休みは本や動画でもご覧になりませんか?

台風の進路が気になる今日この頃ですが、大阪は今日も猛暑でした。
外は暑い、室内は寒い、という感じで、長そでシャツに時折、ジャケットまで羽織ってウロチョロしておりました。
今日は大阪・北浜で個人セッションデー。

気が付けばここでセッションをするようになってもうすぐ丸4年なんですよね。
仮のつもりがすっかり定着してしまいました。

そろそろちゃんとしたセッションルームを大阪にも構えたいなあ、と思っているんです。
誰か、タワマンの一室、恵んで頂けないでしょうか?(笑)

さて、明日の大阪でのワークショップの資料をコピーしにいつもの印刷屋さんに行ったら「お盆休みの休日について」という張り紙がしてあって、「あ、そうか、世間はお盆休みか」と今さらながら実感した次第です。

私も今年はお盆休み中は仕事を入れていないので浜松の実家に帰ってのんびりしようと思っているのですが(いや、実際は今月末締め切りの本の執筆に没頭する予定)、その実感が未だに湧いておりませんでした。

皆さんもお仕事を休んでゆっくりされる方も少なくないんじゃないでしょうか?

さて、そんな皆さんに朗報です!(笑)

お休み中にちょっと気持ちの整理を込めてご自宅等で動画をご覧になるのはいかがでしょうか?

あるいは、根本さんの未読の本を読破する、いいチャンス

スマホでも見られる動画・音声はこちらからお選びいただけます。

https://nemotohiroyuki.jp/podcast-list

また、私の著作はこちらにずらーっと並んでいます。気が付けばずいぶん増えました(^^)

https://nemotohiroyuki.jp/books

涼しい部屋で、心のお勉強、お勧めです(^^)

(ご報告)「なんだよー私自分なりにちゃんとしてきたじゃんー」って子どもの頃の自分を褒めたくなったんです。

なんと!いいお話だ。
そう、そういう自然体がいいんですよねー。
だいぶ本来の姿、取り戻せたかな?ロックマン氏が変化したのが何よりの証かも!

いつもお世話になっております。
こんな質問(https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/25701)をした私がですが、最近は
100%上がりまくってる人間じゃなくて良いよな、波があるのが私よねって思えています。

最近体感していることがあります。
相談や愚痴、共感を求められているような場面で話が続かなくなりました。

根本先生もよくおっしゃっていますが「しゃあないよな」となってしまうのです。
「そうなんだー。その人がそう言うならその人にとってはそうなんだろうね」という感想で終わってしまうんです。

私は昔から、人が秘めていることを打ち明けられることが多いしそれを引き出してしまうことが上手いのだと今頃気づいたのですが、今の自分との誤差に戸惑っています。

相手は私を信頼して店をOPENしてくれたのに、私は「中には入らないよ」と看板をひっくり返してCLOSEにしたような申し訳ない気持ちになります。
続きを読む

(ご報告)助けたい症候群の私がカウンセラーになったら天職では!?と感じる日々です!!!

おお!なんと素敵な話ー!!(男の話は横に置いて(笑))

2月15日の「助けたい症候群に見る“恵まれていることへの罪悪感”とは?」を読んで、ここによい事例がいることお伝えしたく!久々にお手紙します。
助けたい人ばかり好きになる悩みを、根本さん講座で吐露したのが一年前。もう助ける恋愛はやめよう!私はいい女だから幸せな人とも付きあえる!と毎日アファメーションしているものの、やっぱり「何か」ないと、食指が動かないんです、根本さん。。。

振り返ってみたら、恵まれていることへの罪悪感、とまでいかずとも「使命感」、あったと思います。
私はこんなに平和な日本で、平和な家庭に育って、恵まれている。
だから人に何かしてあげる余裕がある。
どうせいつか死ぬなら、水不足のアフリカで井戸を堀るとか、そういう死に方をしよう、と思っていました。高校生くらいのとき。
続きを読む

8/12配信のオンラインスクールは『お金の心理学2~お金に対するイメージとストレスの関係について~』。夏休みのお勉強にどうぞお役立てください!

月4回、毎週月曜日にお届けしております、オンラインスクール『根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則』。
毎月主に品川区戸越のカフェにて撮影させて頂いております。

最近は毎回4~5名の方に観覧していただいているのでちょっとしたセミナー感もお届けできているのではないかな?と思っているところです。

続きを読む

ワケありな人ばかりを好きになる理由~私は真水には住めない女だから!?~

似た者同士だからワケありを求む、という風にも捉えられるのですが、それとは別に「助けたいから」という理由でワケあり専門になる、という説も根強いのです。
そこにはなんか罪悪感があるって噂なのですが真偽のほどは・・・。

根本先生

こんにちは。
いつもブログ拝見しています。

突然ですが、私はワケありの人が好きです。

昔から自分に自信がなかったのですが、色々と試行錯誤しているうちに少しずつ女性性が上がってきたのか、最近は男性から話しかけられたり、食事に誘われることが多くなりました。

でもそこで困ったことが一つ…。
みんな真面目でいい人そうなのに、全然興味が湧かないのです。

デートをしてもあまり楽しくないしドキドキしないし、「私、なんでここにいるんだろう?」みたいな気分になります。

そこで表面上だけ嬉しそう、楽しそうなフリをするんですが、帰ってきてから反動が来てベッドから起き上がれなくなります。

でも逆に、「ワケあり」の人にはすごく惹かれてしまいます。

陰のある人というか、傷の多い人というか。
直近だと、見た目は硬派なのに長年不眠症の既婚者といい感じになってしまいました。

ワケありの人の方が一緒にいて楽しいし、自分の汚い部分、めんどくさい部分を見せられるので楽だと感じます。
「相手も最悪な奴なんだし、自分も最悪な奴でいていいやろw」みたいな。

もちろん相手が既婚者だと実りはないのですが、それでも嬉しそう、楽しそうなフリをしなければいけない相手といるより数倍楽しいです。

でも、それって結局「まだ自分が傷ついてるから、傷のある人が好き」っていうことなんでしょうか?
このまま女性性を上げていけば、いつか真面目ないい人を好きになれる日が来るのでしょうか?
それとも、もうこれは性癖でもあるので諦めろwって感じなんでしょうか?

ちなみに家庭環境ですが、ヒステリックで厳しい母と短気で急に機嫌が悪くなる父の元に育ち、年の近い、甘え上手な妹と母の愛情を奪い合いした結果見事に惨敗しました。

妹は学生時代から付き合っていた真面目男子とそのままゴールインし、今は一児の母です。

年齢=彼氏いない歴(だけど男性経験は両手の数)という私とは真逆すぎて、率直に表現すると劣等感をゴリゴリに感じます。
(Hさん)

続きを読む