神様の目で自分を見る新しい習慣を採り入れると、自分のことがもっと愛おしくなる。

誰かのために頑張り過ぎたり、相手の人の気を引こうと思って取引しちゃったり、敵を作らないように優等生になったり、という「習慣」が様々な問題を作ります。
そんなときに「新しい習慣」として「神様の目」を採り入れてみると、そんな自分を「いとおしい」とすら感じられるようになるのです。

根本先生こんにちは!
いつも楽しくブログ拝見しております。
今日は「取引」を手放す方法についてお伺いしたくメールしました。

わたしは大好きな彼のために自分が無理してでも頑張ってしまう性格です。
好きって言って欲しいから、愛してほしいからいい子でいることが子どもの頃から癖になっています。
相手から愛を引き出すためにどんな努力も惜しまない、ある意味、優等生的な生き方をしてきました。

「私は私、あなたはあなた」
自分軸がブレそうになる度につぶやいています。
しかし、取引が習慣化してしまい、相手の言動に不穏なもの(距離を置こうとしている、私のことを嫌っている等)を感じた途端に、自分が弱くなったように感じ、相手に対して依存的な立場であれこれ手を尽くしてしまいます。
行動のきっかけ、動機がいつも相手ありきで自分のライフワークが見つからないのも気になります。

どうしたら取引を手放して、相互依存の関係になれるでしょうか?
(Sさん)

続きを読む

次の一手が見つからないときは、さらに成長した自分をイメージしてみるといい。

今までのプロセスを肯定し、自信に変えた上で、さらに素晴らしくなった自分を具体的にイメージしてみます。
そうすると自分が勝手に成長し始めるだけでなく、具体的にどうしたらいいか?というアイデアも浮かび、さらには人との出会いそのものも変わっていくのです。

根本先生、こんにちは!
昨年2月セクシャリティのセッションを受けた、離婚調停中・長女・M気質の自立系武闘派女子です。

恐らく私と一緒にセッションを受けた方の彼氏が出来た報告を拝見しまして(とても嬉しかったです!)、私もその後の成果?を報告してみようと思いました!

セッションを受けてから、体のラインが出るような服や、セクシーな下着を普段使いで揃えたり、全身脱毛を始めたり、髪の毛は常にほのかに良い匂いがするようにしたり、外見を磨きながら少しずつ自信をつけ始めました。

また先生のアドバイスで1人に依存しないように、ボーイフレンドを3人作る事を勧められ、何とか2人までは出来た気がします。

ただ…ボーイフレンドの1人は5歳年下の既婚者(ロックマン)、もう1人は婚約間近の彼女がいる1歳年下の独身男性(野良猫)。
どちらもキスもセックスも上手く、姫のように扱って貰えて嬉しいのですが…所詮は2番手の女。
いや私もまだ結婚しているので、彼らを2番手3番手扱いしているのですが…。

やっぱり好きな時に会えて、我が儘も遠慮しないで言えて、人前で堂々と関係を言える相手が欲しいです。めっちゃカナブンor絆創膏くんとしか思えません…。

そもそも、夫(ロックマン)の浮気・モラハラ・セックスレスで私が別居・離婚を決めたのですが、調停に至っても婚費の支払いや財産分与が嫌なのか、中々夫が離婚に同意せず、調停を始めて早1年。

最近漸く夫が離婚に同意しつつあり、今は財産分与の話に移りつつあります…が、いつ決着がつくやら。

いや、私も財産分与をして離婚したい!と主張し続けているけど、本当に離婚したければ財産分与を諦めれば良いわけで、もしかして私、実は離婚したくないとか??

自分の気持ちは常にゆらゆらしていますが、私はヘラクレスオオカブトなパートナーとの間に男の子を2人もうけて、夫とは週5回セックスして、週1回はお出かけデートをする生活を送りたいんです!

ただ…もう打つ手が分かりません。
次の一手は何が良いでしょうかね…。
(Yさん)

続きを読む

「受け取る」ことと「流れに身を任せる」ということ。

どちらも「女性性」がテーマであり、自立やコントロールを手放すことが求められるプロセスです。
日々感謝しながら過ごし、自分や状況を信頼し、起こりうる結果に責任を持つことを意味します。
だから、実に自分自身を成熟させてくれるプロセスなのです。

根本先生、こんにちは。いつも楽しくブログを読ませていただいているJと申します。退屈を嫌う武闘派女子であると自負しております。

結婚した旦那は感情を見せないロックマンで部屋にこもってヘビメタを聞いているような年中思春期みたいな人で、浮気もたびたびありその結果、仮面夫婦になりました(お金だけは入れます)。離婚したいと言いましたが、だめだよと断られました。(謎)

それから20年ワンオペ育児で子供二人大学生に育ちましたので、私も情熱のやりどころがなくなってきたので起業して経営者として仕事はしています。(ちなみに両親ともに経営者でした。)

まじめに過ごしてきたはずだったのですが、最近おかしくて、バツイチの彼氏ができました。付き合って5年になります。彼氏は母親に捨てられたという経歴の持ち主で、めんどくさいときもあり、付き合うのが苦しくなると、私は浮気を繰り返してしまいます。

自分の人生これではいかんよな、と思ったりもしますし、そんな元気あったら夢中になれるものを頑張った方が健全だとも思います。

はっきり言ってどうかしてるぜ!って言う状態です。どうしたらいいのか流れに任せている状態です。

実は以前、根本先生のセミナーなどでお会いしたことがあり、先生からクールに「受け取るだけだね」というメモをいただきました。

全部受け取ったらなんだかしっちゃかめっちゃかになっているのですが、ご意見いただければうれしいです。
(Jさん)

続きを読む

情熱の女の適職ってなんですか?

たぶん、どこでもイケると思うんですけど、どうせなら自分が喜ぶこと、楽しいことでお金をもらえたら最高ですよね?
そんな風に生きられる時代になってきていますから、自分の能力を信頼してライフワークを探してみませんか?

根本先生、こんばんは。

今日は記事に関係ないことですみません。

情熱の女の適職ってなんですか?
いや、そりゃあ人によるんでしょうけども笑

カフェ→キャバ嬢→パチンコ屋店員→歯科助手→経理(今ココ)

どれもそつなくこなしてきました。
研修期間中にすでに一人前の仕事を任され、先輩たちを出し抜き、それでもあまり上がらない収入のもと給料以上に働いてきた自負はあります。

現状は雑談ばかりして残業だらけのバカ女共を横目に、要領良く仕事をこなし定時で帰っている私偉いです。
他人が1時間かかる仕事を30分で終わらせ、一服してもおつりがくる私すごいです。(私を気に入らない人からはサボっていると言われた)

そうやって「今日はどう仕事をさばこうか?」とわくわくしながらこなしているのも、自分が仕事をマスターするまでは楽しめていたんです。

単純に飽きちゃったんでしょうか?
他人と比べないつもりでいても、どうしても割に合わないと思わざるを得なくて。
もちろん他人のフォローも尻拭いも進んでいない業務のツケも私に回ってくるんです。

経理が向いているのは解っています。
でもやりたいことじゃない。
なのに会社は退職願を受理してくれない。
私のために組織を変えようとしてくれていることも知っている。
でもやりたいことじゃない。
会社がくさいものにしてきた蓋を開ける機会になったのならいいんですけど。

自分が楽しいことをしたい。喜ぶことをしたい。
そんな仕事ってなんなんでしょうね。
1日1つは自分が喜ぶことをして、本当に自分が求めていることを模索中ですが、根本先生に会いに行ったら教えてくれますか?
(Mさん)

続きを読む

頑張ることをやめるのではなく、頑張る理由を変えていくこと。

頑張ることやハードワークすることが必ずしも悪いんじゃないんです。
ワクワクしながら、ニヤニヤしながら頑張るなら、それって楽しいからいいと思うんです。
逆に怖れながら自己否定しながら頑張ると好きなものも好きじゃなくなっちゃうから危険ですね。

初めまして!
恋愛で悩み、根本先生のサイトにたどり着き、日々癒されています
ありがとうございます♪

きっかけが恋愛でしたが、今回はお仕事のことで相談させて頂きたいと思います

離婚をして、シングルマザーとなり、今は日々、愛情たっぷり伝えてくれるがハードワーカーで全然会ってくれない彼がいます

今のお仕事は、そんな彼がお金を稼ぐのも大切だけど好きなことをしなよ。いざとなれば支えるから!との後押しと、運良くそれならとここがいいなと考えていた場所からスタッフを探していると声をかけて頂き、今にいたっています。

日々、勉強ではありますが、その勉強も楽しく、学べることがこんなにも幸せな時間になるんだと実感でき、周りにも支えられ、ライフワークとしたい!と思っています

これは根本先生の言葉を日々、心に留めていたお陰でもあると思っています

が……、これは武闘派なのでしょうか?
好きすぎて、自分を追い込んでしまいます

まだまだ足りない!もっとプロとして!と、今の自分を認められないのです

新人だから仕方ないこととは自覚しつつ、まるで、片思いや素敵な男性を恋人にしたかのように自身の不甲斐なさに目が行ってしまいます

好きすぎるみたいです

周りから、向いてる!いつかオーナーになってそう!○○なら大丈夫!と温かい言葉も貰えます

一方で、私をよく知る身内からは、真面目に取り込み過ぎたり、考えすぎて潰れないか心配。肩の力を抜くことを忘れないでとも言われます

それが私だから~と、開き直るのもありだと思いつつも、潰れたくないです。
長く続けて行きたいです

1度、鬱も経験済みなので、そうなったら?との恐怖心もあります

恋愛でも離婚にしても、これは!と思うと特攻や短距離走は得意なのですが、戦略を練ったり長距離走が苦手です

それが君だからしょうがないよねぇ~と先生の声が聴こえて来そうですし、先生も同じタイプな気もしちゃうのですが、お答えを貰えたら嬉しいです

心地よい時間や物を自分に与えるようにはしていますが、まだ足りないみたいです

野良猫好きは野良猫同様、ハードワーカーに惚れてる私はハードワーカーなのでしょうか?

先生のように長くお仕事を続けていくコツを教えて下さい

よろしくお願いします
(Kさん)

続きを読む

夢もモノも男も手に入った途端に価値が感じられなくなる心理。

自己否定が強い状態だと、自分が手に入れていないものにはとても価値を感じるのに、実際手に入れると全然価値を感じられなくなるもんです。
そうすると、夢を叶えたって喜べないし、男を手に入れても全然幸せを感じられなくなってしまうのです。

根本先生、こんにちは。
ライフワークやお金のことと、母との関係で苦しくなる時があり悩んでいます。
自分の夢に向かって今頑張っている最中なんですが、なかなか先が見えず、貯金は少しあるけどお金に対する不安が強いです。

やりたいことをして夢を叶えている人を見ると嫉妬してしまいます。
そういう人を見ると、育った環境が裕福でなくても、親族から愛情を注いでもらっていた人ばかりなのでは?と感じることがあり。。
そんな時『自分が今何をすべきか?』より『全部母のせいだ!』という思いでいっぱいになってしまい、苦しいです。

お恨み帳を書こうかとも思うのですが、『そんな酷いこと書けない。。』と思っているので書けません。それだけ母が好きなんだとわかりましたが、それでも自分の欲求が満たされていない時に母を憎む対象にしてしまっています。
どういう考え方をしたら気持ちが楽になるでしょうか?

私の生い立ちは、、
●長女30歳。
●5歳の時に親が離婚、母は10年後に再婚するも、バツ2。
●母親は彼氏ができるたびに家に連れてきたが、 歴代彼氏はDVだったり、物を投げたりする人がいたり。
●情緒不安定な母から早く逃げたくて『早く大人になってなんでも自分でできるようになりたい』という思いを小学生から20歳くらいまで持ち続けていました。(20歳で一人暮らしを始める)
●私は、私のカウンセラー役のような愛情をたっぷり注いでくれる大好きな人と結婚しましたが、彼もまた家庭で色々あった人で、お互いに親密感の恐れ?なのか別居婚です。
(Yさん)

続きを読む

「自分はどうしたいのか?」という問いは常にあなたに投げかけられている。

「正しさ」を主張してしまうと、チームの中には不協和音が流れるのが決まりでして、時にはそれを捨てることも必要になります。
だからこそ、「自分がどうしたいのか?」という自分軸な問いかけが何よりも重要なのです。

根本先生こんばんは。
最近はVoisyをよく聞かせていただいています。とっても楽しいです。ありがとうございます。

仕事のことで少し相談させてください。

私はサービス業で販売をしています。最初は自分の担当のメーカーの業務と接客が主でしたが、リーダーが寿退社され、今までイベントごとのレイアウトや什器の発注、本部とのやり取りなどなど、細かい沢山の仕事が降ってきました。

前からおられるパートのおばさんはそれらに手を出そうとせず、何かと理由を付けてそうゆうのは若い子が、とか言うのです。
いちいちあれはどうなの?これはどうなの?と聞かれるのですが、立場的に同じなので私もわからないこともありイラッとしてしまいます。

子どもっぽいかもしれませんが、長年働いている人が動かないのに、何で私がやらないといけないの!と思ってしまいます。

私の依存心と自立心が闘っているのかな?
毎朝職場に行くと、またあれもこれも自分がやらないとなのか、と思うとイライラしてしまいます。

今日上司に私の態度が悪いとクレームがあったことがあるから気を付けるようにと言われて泣きそうになりました。

余裕がないとイライラしてしまうのは私のよくない所ですが、余裕がありゆったりしている穏やかな自分は大好きです。

職場のおばさんをみていると、責任のがれをしているように見えた母を思い出します。
まだ生きていますが。近いと辛いので別々に住んであまり会わないようにしています。

同時進行であれやこれや仕事が降ってくる内容が自分に合わないのか、人が減っていくばかりであっちこっちから声がかかる売り場にいろいろ少ないメンバーでやりくり出来るよう案を出しても何も変わらず怒ってばかりいる自分が少しかわいそうだな~と思って先生に何か少し心が軽くなるお言葉をいただけないかとメッセージさせていただきました。

長々とすみません。よろしくお願い致します。

(Yさん)

続きを読む