自分軸で仕事をするってどういうこと?男性性と女性性と「自分軸」の関係はいかに?

自分軸を活かして仕事をしていくと、自分の中の仕事における男性性と女性性のバランスが整っていくので、とても楽になるばかりか、成果も上がり、いい出会いも増え、楽しく仕事ができるようになります。
しかし、そこで旧来の常識や仕事のやり方が邪魔してると、そこで混乱を生んでしまうようです。

※今日の内容はなんか小難しいと感じられる方も多いと思いますので、私の文章を読んで訳わからん、と思った方は、最後のまとめ的な文章を先にお読みいただいたほうがいいかもしれません。

YouTubeライブ配信で質問に答えて頂いたHNドラネコです!誠にありがとうございました。
とても勇気を頂けもっともっと自分軸追求して突き進んで行きたいと思いました!

そこでライブ配信の質問ではお伝え漏れていたというか、まだしつこいですがネタのリクエストというこちらから、自分軸を邁進する際の新たな疑問があり投稿させていただきました。

私はフリーのデザイナーなのですが、自分軸を意識するようになり、方向性(テイスト)をガラッと変えるに至りました。

それは良かったのですが、結果として新しいテイストは男性的な感じです。
というのも、私の中で「自分軸=男性性?」の帰結になんとなくなってしまっている感じだからです。

女性性での自分軸というのが、うまくイメージ出来ないといいますか。。

女性性は委ねるというか、柔らかくて自分が手綱を持って進んで行く感じではなく、根本さんが数日前のVoicyで言われたように「ただそこで咲いてる」ことで、そのままを活かされるような仕事の展開の仕方といいますか。。

以前はどちらかと言うとそういう感じで、そのただ自分は座ってるだけで運ばれるだけのような感覚に手応えがなく、現在のテイストや、やり方に移行したこともあります。

ですが、元々は女性的な感受性を活かすためにはじめた仕事だし、根本さんも言及されてたように、自分軸とはいえ、鼻息荒く男性的に頑張ってると短期間で成果は出ますけど、持久力がなかったりで。。

自分軸は大大大前提なのは確かなのですが、「女性性」な「自分軸」が今、学ぶべき課題なのかなと思っているところです。

ライブ配信でのお応えを頂いて「自分軸」へのエンジンはまたアクセル思いっきり踏み込むところですが、このままでは「主成分/男性性」のガソリンを給油してしまいそうです。
「主成分/女性性」の給油方法、或いは「ハイオク満タン!男性性/女性性のハイブリットガソリン」の給油なんて可能でしたらご講義いただきたいです。
(ドラネコさん)

続きを読む

面倒見のいい自立系武闘派女子は周りをどんどん依存させちゃうのでここには注意した方がいいよ!という話。

自立系武闘派女子と呼ばれる人たちはそもそも頭の回転が速く、また手も早く、面倒見がいいことで知られていますが、その能力ゆえに周りの人たちを次々依存させてしまうことが多いものです。
そうするとある日突然ぶちキレて爆発するんですけど、結局それって自作自演で自業自得だからね!という話です。

根本さん

いつも価値あるコンテンツのシェアありがとうございます。武闘派女子の、大層共感できる相談内容と、少々へっぴり腰で毒舌をかます根本さんのコントを、笑って読ませていただいています。

今日は、無価値感製造機の武闘派女子に、甘ったれ男公正のための処方箋をお願いします。

私は25歳、自立系両親の別居を機に、弟の母役を買って出て早5年経ちます。
「今年弟も20歳で、いい大人。自分のことは自分でしよう。」と弟に宣言し、母役に徹するをやめました。ご飯の作り置きや、弟のための買い出し、弟が使った後の食器洗い、今までの自己犠牲を、全てやめました。

「私は私」と自分軸という結界を張り、「執着を手放す」本に学び、弟との癒着を外すことを意識しました。

当初は自己否定感を伴いましたが、「てめえ甘ったれんじゃねえ」と、食べ散らかした食器を弟の部屋に召喚するなど、モラルに反するけど、嫌われてもええわと、本来の武闘派が顔を出してきました。

しかし、何年も甘やかしてしまった名残はなかなかの強者で、「俺の面倒を見るのは当たり前やろ」と言わんばかりに、反発、無視、命令、非協力的など、甘え方が厄介な姿に変わり困っています。(まるで父が母にしていた幼稚な態度みたい。)

弟は、友達や恋人には、自立的な態度で、やってあげる側として接するのに、私に対しては超依存な態度。甘えれるとこないよな、と受止めていたけど、今はもう、うんざりです。

このまま冷戦でもしょうがないと思えています。ただ、生活面で非協力な部分に、イライラしてしまって、気に食わないです。本当は一人暮らしすると全解決ですが、経済的な理由で、できない現状です。

自己肯定感よし上がってきた、自分軸確立した、根本本の熟読よし、とするならあとは何ができますか?
甘ったれ男を育ててしまった拷問で、一生乳飲ませろってそんなわけねえでしょう?ねえ、根本さん?(^^)

そして、この依存されるパターンは、弟だけでなく、様々な人間関係でも反映されています。私なら許してくれるって思われやすいようです…。「ああ、生きづらい。」

お答えいただけると、嬉しいです。
(Mさん)

続きを読む

ほんとうにやりたいことをやってこなかったので、自分の存在がペラペラで頼りないものに感じれてしまう。

自分がほんとうに好きなことを大切な人に否定された痛い経験があれば、ほんとうにやりたいことに飛び込む勇気ってなかなか出ないものですね。
そしたら、自分の人生がペラペラなものに思えても仕方がないのかもしれません。
そこで、「今」を生きるためにどうしたらいいのか?を考えてみたいと思います。

根本さんの大海のような穏やかな愛情と、でも甘えさせきらない心地良い距離感がとても好きです。

仕事・ライフワークについて自分自身の振り返りと共に運良くネタとしてご回答いただけたら嬉しいなと思いました。

私はほんとうにやりたいことの周辺をずっとグルグル回ってる感じがあります。
私がやりたいことをやってる人をサポートする仕事、あるいは発注する仕事、またある時はそのハードをつくる仕事。

転職が多く、ぐるぐると色んなところを回ってますが、核心には触れられない感じ。

心当たりはあって、子どもの頃と高校生の頃の2度、秘密にやってたその好きなことを大切な人に教えたことがありました。

でも反応は予想以上に悪く、自信をなくしその気持ちを封印しました。

それからは、二番目に好きなこと得意なこと、ぶっちゃけ言うと、人に認められやすい・成功体験があることを選択してそれなりに楽しく生きてきました。

でも年を経るごとに自分がペラペラな頼りない存在に感じられるようになりました。

根本さんの本を愛読してるので、だいぶ自己肯定感や自愛はいい感じにいってます。
随分気楽に生きられるようになりました。
思い詰めることはもう殆ど無くなりました。

しかし癒されて余裕が出てきたせいか、上記のテーマがこのところずっと私のなかにぐるぐるとしています。

ほんとは大事と思ってることの周辺をぐるぐるぐると、ちびくろさんぼよろしく(昭和世代にだけわかるネタ)周り続ける人間に御信託いただけましたらたいへんありがたや!です。
(Aさん)

続きを読む

制限された中で順序だてて言いたいことを構成するのは男性性の力なのでしょうか?

確かに理論的に言いたいことを要約して伝えるスキルは男性性の力が必要かもしれません。男性性を磨く方法のひとつとして「1日1回○○する」などの習慣化がけっこう役立つのでSNSなどを利用してトレーニングしてみるといいのではないでしょうか。

第二回目のYouTubeライブ配信おつかれさまでした!
第一回目同様、滑り込みで質問は出来ずじまいでしたがとても楽しくアーカイブ拝見しました。
質問出来なかったのは、タイミングも有りますが、前もって文章化してないと伝わらないだろうなと思っているところがあり、そのことについてのネタリクエストです。質問とは、こちらの意図をちゃんと「伝える」必要があり、わたしはあまり上手くありません。
「伝える」ことと「コミュニケーション」はまた違うように感じます。
私は広義のコミュニケーションには苦手意識はありません。
とくに実際に相手を目の前にして声を出して身振り手振りや間合いなど総合的にするコミュニケーション、またとくにプライベートでの答えのないなんとなくのコミュニケーションは好きだし、苦手意識をとくに感じたことはありません。

でも、ライブ配信のチャットだったり、仕事の場だったり、ニュアンスより、明快さや制限された中での順序立てなどの構成などが必要な場合、うまくいかず萎縮しがちです。

自分は頭が悪いのかな…と心配になります。
これって根本さんが最近言われる「女性性」「男性性」に関係してるのかなと思いました。
「情報を整理して伝える」ことは、男性性ぽいので、私は男性性を高めることをしていけばいいのでしょうか…?

その場合どのようなアプローチがありますでしょうか?
ちなみに上記通り私は女性性がたぶん強く男性性があまり育ってないタイプなせいか、ビジネス本など割と以前は買い込んでせっせと取り組もうとしたのですが、頭に入って来ず…またなんとか習得しようと頑張ると一定期間は頑張れるけど、その後どっと疲れて反動で自堕落な生活になりがちという経験があります。

女性性が強いタイプが、男性性を育てたい場合の現実的なアドバイスをいつか頂きたら幸いです。
(Tさん)

続きを読む

カウンセリングを受けるといつも立場が逆転して、カウンセラーさんの生い立ちを私が聴くことになります。

カウンセラーというのも人間関係ですので、やはり相性というものがあると思っていいと思います。
ただ、自分の器がデカかったり、エネルギーが強かったりすると、カウンセラーさんと立場が逆転してその話を自分が聴く羽目になって本末転倒になるものです。
そういうときってどうしたらいいのでしょうか?

いつもブログを楽しく見させて頂いてます。

「7日間で自分で決められる人になる」本を先日購入し、楽しく読んでいます。まだ1日目しか読んでいませんが、クライアントさんのエピソードを見て共感し、自分と重ねて思わず涙が出そうになりました。

これから読んでワークして、どんな風に自分が変わっていくのかが楽しみです。

本題なんですが、私は過去に何回も色んな方にカウンセリングをお願いしてきたんですが、最近上手く活用できてない気がしました。

話しても伝わらない。
カウンセラーさんとクライアントの立場が逆転してしまい、カウンセラーさんの生い立ちをずっと聴いていた。
その場で分かったつもりでもカウンセリングが終わったらモヤモヤしたり…
自分の中で答えはあるんですが、その答えが分からない。

だからカウンセリングをお願いしたんですが、とあるカウンセラーさんから「答えがあるんですよね?もうそれはカウンセリング卒業していいんじゃない?はい、おしまい」と言われ、「困ってるから相談してるんですけど!?」と怒りそうになりました(普段あまり怒らない方ですが)。

知人に相談しても「あなた変わってるから」「芸術家なところあるから」とよく言われます。それは全然良いんですが…あまり自覚はありませんでした。

相談してもモヤモヤ。相談してもモヤモヤ。どうしたらいいんだろう…と悩む日々です。もし宜しければネタにして頂けると幸いです。
(Mさん)

続きを読む

自分軸に変化してきたら旦那さんとの関係がぎくしゃくしてきた。離婚した方がいいですか?

自分が変化すれば、一番身近にいる旦那さんに影響が及ぶことは必至なので、ふつうはその変化に抵抗を示されるものです。
そうすると旦那さんと離婚した方がいいのか?考えると思うんですが、その前にできることがいろいろあるので、それをやってからでも遅くはないんじゃないでしょうか。

いつもYouTubeで貴重なお話を拝見させて頂き有難うございます!
変化に伴い、抵抗勢力とは距離を置くというお話が出てきましたが、私も最近に他人軸から自分軸に変化して過渡期の混乱に困惑している一人なのですが、夫は以前の何でも受け入れてくれるサービス精神旺盛な他人軸の私が良かったようで、ここのところ関係の変化に伴いギクシャクしています。
距離を置くとは、夫婦間において、どういうことなんでしょうか?
例えばですが、以前の都合のいい私を良しとしていた夫とは離婚したほうがいいということなんでしょうか。
身近な抵抗勢力に対する対処の仕方を是非、次回のYouTubeでご説明頂きたく、リクエストしたいと思います。
(Mさん)

続きを読む

「焦り」「焦燥感」とは何か?その背景にある心理とは?~焦燥感を感じると即、他人軸になる法則~

焦燥感に駆られると人はすぐに他人軸へ移動し、その感情を収めるための行動に走ります。
それって当然ながら自分らしい選択とは離れてることが多いので、後々後悔することになるんですね。
そんな焦燥感(焦り)の心理と、その対処法。そして、あなたの周りで焦燥感にハマっている人がいるときの対処法までご紹介します。

焦燥感
逝ったかと思ったら
また傍らに
どんだけ俺が
好きやねん!?

オカンより恋人より長らく人生の伴侶の焦燥感という感情について尊敬する根本先生にいつかお聞きしたいと妄想して10年くらい経っていました。

昨日誕生日だったので、えいやと投稿します!

ざっくりですが「焦燥感」てなんなんでしょ?

いっつもジリジリさせやがるんです。
でもなんか程良いと甘酸っぱかったりして。
でも基本居座られると辛い感情です。

不惑の年齢になったので流石に最近あいつ居ねーなと思ってたらどっこい、ひょっこり帰ってきました。
なんなんでしょ、焦燥て。

いつかVoicyで魅惑のねむねむボイスでお聴きしたいッス。
(Yさん)

続きを読む