今の自分を否定して理想の自分に向けて頑張ることが癖になっていませんか?

一見、それって前向きかついいことのように思えるんですけど、スタート地点が「自己否定」なので、仮に理想を達成しても、その理想を達成した自分を「否定」して、新たな「理想」を掲げることになるので、むしろ悪循環なんです。

続きを読む

Hな妄想をしすぎると現実のHから遠ざかるんですか?~妄想を現実化させるためにした方がよいこと~

世には様々な心の法則や恋愛の法則みたいなのがあふれているのですが、どれ一つとして100%そうだ、と言い切れるものってありません。
当てはまる人もいるし、そうでない人もいる、という程度に思っておいた方がいいんです。
だから、妄想だって全然していいんですけど、ただそこで一つポイントがあるんです。

ラブラブ恋愛妄想ならぬエロエロH妄想てありでしょうか?

根本さん聞いてください。
先日夢でイケメン俳優とエッチな雰囲気になったんです(そんなチベットスナギツネみたいな目で見ないで下さい)
でもこれからってところで無慈悲にもアラームがなりまして。
それは未遂に終わりました(そんなチベットスナギツネみたいな…同上)

そんなことは忘れてその週末にお恨み帳を書いてたんです。
そしたらふとそのHな夢を思い出しまして。
「くそー続きしたかったー!」という口惜しさが出てきました。
それでそのままお恨み帳にエチな夢の続きを書いていました。

「彼は卑猥なでも下品じゃない言葉をわたしの耳元でつぶやいた。
その甘さにわたしの身体は緊張と緩和に揺さぶれる。
今何時なのかここに来てからどれくらい経ったのか分からない。
時間が引きのばされてこの空間をすっぽり包み込んでいるようだ…」

といつの時代の(令和では決してない)官能小説風のエチな妄想にペンが走ったんです。

でもそこで私の中のリアリストが、「妄想が加速するほど喪女度も加速」と高速道路の標語みたいな突っ込みを入れてきました。

その時わたしの脳裏に浮かんでたのは、
・ドエロな成人漫画を描くけど実はチェリーガールなエロ漫画家
・ドエロなボーイズラブ小説を書くけど未だチェリーガールな友人
でした(いずれも実在)

あ、いちお私はチェリーではありませんよ(セカンドバージンに限りなく近くはありますが)

何が言いたいかというと、恋愛妄想は現実的なアファメーション&シュミレーションになるけど、H妄想はむしろ逆効果になるのでは…?と心配になりまして。

でもしたい、、妄想したいです。
あの続き書きたい、、クライマックスまでイキたいんです、、!!

勝手に書けや。知らんわ。。
かもしれませんが、私としては昔から気になるトピックなんですよね。

「H妄想過ぎるほど現実H遠ざかる」という力学てありますか?

教えて!根本センセ!
(Rさん)

続きを読む

直感ってどうしたら磨けるの?~直感を磨けば人生のウンコを踏まないようになる!?~

直感って「自分の感覚を思考に伝える手段」という解釈ができまして、それ故に、考えすぎなときも、心が乱れているときも、直感は受け取れません(感じられません)。
では、どうしたら直感を磨けるか?ということについて考えてみたいと思います。

こんばんは!
根本さんの自己肯定感の心理学をブログやセミナーで学ばせていただいて、寝る前は根本さん本を毎晩目を瞑って偶然開いたページを読んでから寝るという謎の儀式をしておりましたら、遅まきのモテ期到来しました!

現在は数名と並行してデートしてるというありがたい状況です。
こんなことは人生初で、コロナ禍中の会えない時期もありーので甘く楽しくもダラダラとひとりに絞りきれずにおります。

それとライフワークもせっせと向き合い中なのですが、あっちこっちと節操がなくて。

そんな時に根本さんのVoicyをまとめてドバーッと聴いた日がありまして、その時「女性性が強い人は気分がコロコロ変わるもの」というフレーズにハッとしました。
そうか、そうだったんだ~と肩の力が抜けました。

それともう一つ気になるフレーズがありました。「女性性の特徴的なことに直感がある」という一言です。

え?!となりました。
直感て特別な人だけのものと思ってました。
第六感というか、霊感というか、選ばれし者のみ持ちえる超能力みたいな…

感情や感覚が女性性の中にあるというは、なんとなく分かってて私はとくに感覚を主に使っています。

前は思考を使いまくってたので、頭でっかちの非モテだったのが、根本さんのご教授のおかげで、感情や感覚を使うことを意識して状況が改善して来た感じです。

だから思考は男性性、そして直感もどちらかというと男性性の領域かと思ってました。

でも私の直感は遠巻きにされて、眠りこけているから出会いはたくさんあっても「ピンとくる」時が訪れないのかなとも思えました。

ピンとくる、てよく漫画とかドラマできくことですが私には縁のないことと思って来ました。
でも確かに今までの人生迷いが多く、またカンが鈍いのでブラック企業入社は何度もだし、変な物件引き当てたり、めんどくさい人と縁があったりと、、人より貧乏くじ引きやすいこと思い出しました。

女性性の直感の部分を磨いたら、人生における、う○こを踏むこと少しは減らせるのではないか!と思い至ってるところです。

これは都合の良い妄想でしょうか。

折角のモテ期も迷いが多く決めかねているのは、自分のカンに自信がないことがあると思います。
ヘラクレスだと思って選んだら…みたいな。

ズバリ、直感てどうやって磨けばいいのでしょうか?!
(Nさん)

続きを読む

成熟した魅力を持つ「大人女子」へと成長する方法。

母親との心理的な距離が近いと、どうしても「子ども」であることから逃れられず、大人なはずなのに自分のことをそうは認められなくなります。
また、自分をまだ子どもだと思ってる分だけ、大人な行動は先送りしちゃうので、ますますその思いが強くなるのです。
どうしたら「大人女子」になれるのかを考えてみたいと思います。

根本先生こんにちは!自立系武闘派20代後半女子です☆
ネタとしてご相談させてください。

今回ご相談したいのは、ズバリ大人女子へのなり方です。
と言うのも、一人っ子の私は過干渉・過保護・心配性と三拍子揃った母に育てられました。
幼少時に無口だった私に母は「女の子は普通お母さんに色々と話を聞いてもらいたいもの!もっと話しなさい!」と言い、母との間に沈黙が訪れた次の瞬間には絶対お小言を言われ、それが嫌で必死に話したり、おちゃらけたりとピエロを演じました。

そんな私も母子癒着強めのバリバリ他人軸レディへと成長。
他人軸すぎて悩んでいたところ、スーパーカウンセラー根本大先生のブログを発見。
先生のブログを読み漁り、少しずつですが自分のことを好きになってきました!

しかしここで問題が。
長年母の前でピエロを演じてきたので、いまだに沈黙が怖く、親しい人(主に恋人)との間に沈黙が訪れた際には、おちゃらけたり、スキンシップ過多になったりと条件反射でちょっかいをかけてしまい、
大人の穏やかな女性になりきれないのです。

女性性を上げる記事からヒントを得、大人っぽい仕草を真似たり、アフォメーションや自分をお姫様のように扱ったりとしているのですが、段々と内なる私が
「え、そんなことしてええの?沈黙作ったり面白くなかったら、オカンみたいに小言言われるで?」
と騒ぎ出し、母からは
「もっと精神的に大人になりなさい!」
と怒られ、その割には私を大人としては見てくれず、次第には母の言う通りに動かなければいけない始末。
あれ?詰みでは?

幼さもあってもいいけれど、新たな成熟した魅力を引き出したいのです!
先生、私はどうすればいいのでしょうか?
迷えるか弱い子羊に処方箋をお願いします!

追伸
先生の「7日間で自分で決められる人になる」本やその他著書も買い漁っております(はーと)
(Yさん)

続きを読む

内的充実を優先していたら、外側の世界への興味が減り、彼との関係に影が差す気がしてきました

内的充実を図ることは楽しく、面白く、魅力アップにもつながり、さらには本当の自分に出会えたり素晴らしい体験をするのですが、ある程度それが進むと次のステージに誘われるようになるもんです。
それが「これからは外的世界との関係の中で内的充実を図ってみない?」ということです。

いつもブログ更新楽しみに拝読しています。
この頃のお話ではとくに内的充実のテーマが好きです。
自分ももっと内的充実させたいと思い意識的に自分の内側が満たされるようにこのところしています。

おかげさまでいい感じで、前はいつも頭にあった人間関係の悩みなど全く考えない日が数日続いたりと、なかなかの効用です。

いつもながらすごいなぁと改めて感服です。
ただブログを楽しく読んでるだけで、いつの間にかいい感じにしていただけるとは。
(あ、勿論ご本も読ませて頂いております!恋愛本とライフワーク本は本棚の神棚ゾーンに鎮座しております)

ひとつ内面に関心が向かってるせいか、自分の外見に前ほど気を使わなくなっています。
前はけっこうヘアもメイクも服も関心が高かったのですが。

彼に美容室行ってきたら?とか。最近少し太った?(日課だったボディメイクの運動をサボり気味)と言われ自分の変化に気がつきました。

あと、前ほど彼を喜ばせようという気持ちも減ってます。
神経質な彼のためにほぼ毎日布団を干して掃除機の専用ノズルでダニ吸引(これめっちゃ疲れる…)もサボり気味。

サボって出来た時間に何やってるかといえばとくに何もやってないんですよね(笑)

以前は過活動気味で時間さえあればお買物、お出かけとお外大好きだったのに。
この頃は日向の猫のごとく時間あればぼやや~んとしています。

心は穏やかなので総評としていい感じです。
また内的充実をめざして、おしゃれに磨きがかかる人もいると思います。
ということは、私は実はそんなにおしゃれにも美容にも関心がなかったのでしょうか?

彼はすごく大事なので、これからも仲良くやって行きたいし、幸せを感じて居て欲しいのですが、このまま自分の内的充実進めていったらこのラブい関係に影が差すような若干のさみしさもあります。

それで根本先生に『内的充実進行におけるあるある話』をいつかしていただきたいと思いました。

そういえば彼には他に、「オレの休日なのに朝からなんか書き書き(朝日記です)して何時間も出てこないで朝ごはん作ってくれない(プンプン)朝ごはんのニオイで起こされるのが好きなのに(プンプン)」とも言われました(笑)

朝はゴールデンタイムなので内的充実には逃せないんですよね。
寝室とは別の部屋で扉しっかり閉めて1人自己対話が心地良い秋の日です。
(Rさん)

続きを読む

セクシャリティがきれいさっぱりないタイプの私が色気のある女になるにはどうしたらいいのでしょう?

セクシャリティの豊かさと色気はあまり関係のないものなのですが、今日はそんな女としての色気をどうしたら解放していけるのか?というのを考えてみたいと思います。
何よりも大事なことは「ない」という思い込みを外すことなんです。

数年来の根本さんのファンです。
最近はお弟子さん方のblogなども読ませていただいて魅力的な方々ばかりでため息ついてます。
流石根本さんのお膝元に集まる方々はエネルギーも愛も魅力も常人の値を軽く超えてる…と眩しくも温かい気持ちにさせていただいております。

お弟子さま方の大人の女性のセクシャリティにウィンドウ越しでもクラクラしながら、根本さんにセクシャリティについての質問したいです!

私はもうすぐアラフィフなのですが、セクシャリティ…ナッシングなのです(泣)きれいさっぱりナッシングですハイ。

これはなかなか恋愛には不利でして…
男性と親友かという距離感には、スッと入れるのですが、お察しの通り「女としては見られない」のです。
三度ほど面と向かってフラれたこともあります。

そうお決まりの「大事な友達だからそんな風に見れない」です。
なんかどっかで聞いたことのあるセリフかもしれませんが…私の島では「またか、わかったよ」のシーンです。

根本さんのblogには不倫、ダブル不倫、二股三股、ワンナイト、セック○フレンドなどなど、私からみたら都市伝説の世界です。
私の島にはそのような絢爛豪華なめくるめく世界はスクリーンの中でしか拝めません。

島島言うなら根本さんの最新作でしっかり学んでそのションボリ島から出航することせんかい!でしょうが…

色気がありあまる故に、めくるめくドラマチックな世界を展開される方々の事例は根本さんの十八番だとは存じているのですが、反対にセクシャリティきれいさっぱりないタイプの生成過程など、そのうちらお聞かせいただきたいです。

肌寒くなって夜風が独り身にしたたかに滲みてきたので凍え死ぬ前にリクエストさせていただきました。

ちなみにとくにメンズライクだったりボーイッシュな雰囲気でもありません。
メイクもナチュラル寄りですが普通にしますし、恋愛映画など大好物です。

普通なんですけどね…なんでセクシャリティだけ抜け落ちて今に至ってしまったのか。
これはもう個性と諦めるしかないのでしょうか?

モテなくてもいい…1人でいいから私を女として見てくれ………!!
(Yさん)

続きを読む

モラハラな彼と電撃的に恋に落ちてボロボロになって別れたけど、私は彼を助けられたのではないでしょうか?

助けたい症候群をお持ちの自立系武闘派女子の皆様は、つい傷ついた男を見かけると放っておけなくて、時に稲妻に当たったように恋に落ちてしまうものです。
しかし、そこからは共依存(癒着)関係に陥ってボロボロになるまで悪戦苦闘を繰り返すことが多いのですが、じゃあ、どうしたら幸せな恋ができるようになるのでしょうか?

今回相談したいのは、先日別れを告げた彼のことです。
端的に言うとモラルハラスメントです。
お互いに稲妻に当たったような恋の落ち方をしてしまい、恋人になるのはトントン拍子でした。出会ってすぐに言葉の暴力がはじまり、極端な二面性(5つくらい顔があったかもしれません)が見えて、これはヤバい!と思った頃には時既に遅し…共依存というのてしょうか。
なかなか離れられなくなっていました。ひどい暴言に私が手を出してしまいそうになったこともありました。友人の助けもあり一度距離を置けましたが、その後反省されたり追われると再度受け入れてしまっていました。
ですが私もやられたらやり返す精神で必死に反発。わたしのわかりやすい反応を見て、彼も変わらなくてはと思ったようで、少しずつですが穏やかになっていきました。
不機嫌になったときに自分で気分を変えようとしてみたり、何か言ってしまいそうな時にグッと堪えている様子もみえました。
ですが、彼の精神状態は改善されていくけど、私は一向に悪くなるような気がしていて(不安感や緊張から)、時々おきてしまうモラハラタイムに私は耐えられず、遠距離になったタイミングで別れを告げました。

変わろうと努力した彼を見ていて、そのサポートができて嬉しい気持ちもありましたし、私がもう少し頑張ればこのまま良くなっていき、いつか優しい男になってくれるのでは、と今でも期待してしまいます。
本当は彼と幸せな家庭を築きたい…でもこの人とは無理だとわかっていながら付き合ってました。なんだかんだ私は彼のことが大好きだったようです。 受けた言葉の傷は深く残っています…

質問は、モラハラを自覚した本人は、その後どうしたら改善していけるのでしょうか。
私は今回の彼では、そのサポートを最後まで果たせませんでしたが、もし次の機会があれば参考にしたいてす。(正直次の機会はあってほしくないですが)
ネットではモラハラは治らない、という記事をよく見ます。ですが、完全にはなおらなくてもベターになっていく元カレを見て、なおる可能性もあるのでは。と。これは幻想なのでしょうか。
モラハラの連鎖、加害者と被害者の関係、改善していくには本人はどう意識すればよいのか、心理学的な視点から解説をよろしくお願い致します。
(Aさん)

続きを読む