彼に言えない秘密があるときはどうしたらいいのでしょうか?~彼にカミングアウトしたくなるほど彼を愛し、リスクを冒すこと~

彼に言えない秘密があるとそれだけで罪悪感を量産するし、彼との間に壁を建設することになりますからカミングアウトするのも二人の愛を育てるためには大切なことだと思います。
そのためにはまず彼を愛する覚悟をもっと高める必要があるのです。

こんにちは。
何年か前に根本先生のブログに出会い、自分自身や他者との関係でわからない事がある度に貪るように読ませていただいております。
野良猫とかロックマンとか武闘派とか、ここで覚えました、ありがとうございます。

今回メールしたのは、カミングアウトについてです。
わたし(情熱武闘派野良猫と見せかけて犬35歳)には今、付き合って9ヶ月位の彼(超自立ロックマン37歳)がいます。
同棲の話も出ているし、この先も一緒に居られたらと思うし、彼も色々考えてくれてると感じます。

ただ、同棲結婚ともなると、自分や家族の事情を伝えなければいけないと思っているのですが、わたしには3つ隠していることがあります、、、

1つめは、中卒であるということ。
世の中的、一般的には高卒が当たり前ですよね。
だから誰にも言ってません。友達にも言ってません。ふわ~っと嘘をついて高卒の人のふりをしています。
何故言えないのかというと、恥ずかしさと、学歴がないから引かれてしまうのではないかという怖さだと思います。(そんなの関係ねえ!という声が聞こえてきそうですが、だよね!という気持ちと、本当に?という気持ちが生まれます)

2つめは、母と姉が宗教に入っていること。
小さい頃はわたしも集まりに連れて行かれましたが、大人になってから、わたしはやらないと伝えていますし、母も姉もどっぷりではないので、何かを強要されることもありません。
母と姉とわたしはそれぞれ別の人間だと思っているけれど、でも、人それぞれ考えがあるので、これを受け入れられない人がいることも理解しています。だから、怖いです。
以前話の流れで、宗教の話になった事がありましたが言えませんでした。これも友達にすら話していません。
(離婚した父は、離婚後に入信した母をずっと否定していて、わたしにもやらないようにと言っていました)

3つめは、姉の旦那さんが亡くなっていること。
うつ病で薬を飲んでいたようで、事故なのか自死なのか、わかりません。
友達や彼と家族の話になる時、もちろん姉のことも話しますが、わざわざ旦那さんのことを話す必要もないし、という気持ちもあり話しません。
それと、うつ病の人とその家族の辛さをほんの少しだけ感じてはいたので、うつ病の人に関わらない/関わりたくないという人の考えや気持ちもわかります。だからこそ言いづらいです。

全部、拒絶される怖さから言えないでいるのだと思います。(拒絶された過去を癒すことが必要?)
話すタイミングもわかりません。
それと、話せたとして、それでも気持ちは変わらない言ってもらえたとしたら、そこにすがりついてしまうのではないかと思ったりもします。
(起きてもない未来を考えて不安になってる笑)

まだ彼のことも自分のことも信用できてないんだとも思うし、選ぶ自由はお互いにあるのもわかっています。
学歴も家族の事情も関係ない、わたしはわたしだし、わたしの素敵な所をわかってくれてたら、そんなことで終わるなんてないよな!という強気な自分もいます。
でも怖いのも本当です。

こういうの、どうしたら良いのでしょうか。
こういう方はあまりいらっしゃらないのかな。
長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。
誰にも相談できないので、ネタにしていただけたら幸いです。

心も身体も健康第一でお過ごしください。
これからも頼りにしています。
(Yさん)

続きを読む

いつも年上の男子とバトルになってしまう理由とその対処法について~恋愛感情絡みのパワハラはめんどくさいよね~

いつも先輩や上司と揉めてしまうならば、それは自分が戦闘民族である可能性を示唆しているわけで、まずは自らの矛を収めましょう!というところがゴールになります。
ただ、この問題は恋愛絡みのケースも多く、嫉妬が絡んでより複雑になることも多く、まずは自分の身を守ることを最優先させたいものです。

25歳女性です。
働くといつも高確率で仕事のできる年上の超自立男性とバトルになってしまい、困っています。(年上といっても大体5歳以内で、超年上だと大丈夫です。)
たまたま私が戦闘タイプの女子だったからよかったものの、私が応戦していなければ
パワハラで訴えられるレベルのことをいつもされます。
でも大体皆仕事以外でも何かと関わろうとしてくる感じがあって、別に私のことを嫌いではなさそうな感じがします。
今バトルしている超自立男性については、上司に相談したら「好きなんだと思いますよ」とめちゃめちゃ言いづらそうに言われました。
今はその上司が守ってくれて距離をおけていますが、優しくしても距離を置いても一向にパワハラをやめてくれないので、 どうしたらいいかわかりません。
彼のせいで日々ストレスがたまるので、最近こっそり喧嘩を売ってくる妹系女子と合わせて棍棒でぶん殴ってしまいそうです。

恋愛感情由来のパワハラって結構受ける女性が多いと思うのですが、私の件に限らず、どう対処すればいいのでしょうか?
修羅場続きで折角得た平和な職場なので、棍棒沙汰は避けたいです。
(Mさん)

続きを読む

ミスをしたときに「自分のせいじゃない!」と思ってしまうのはなぜなのか?~罪悪感と正当化について~

罪悪感が強い人ほどミスをしたときに「ごめんなさい」と認めることができなくなります。
それどころか正当化や自己弁護に終始することもしばし。
ところが罪悪感が強いと、そうした自分の心と向き合うことも抵抗を生むのです。

根本さんこんにちは。
一つ教えていただきたいことがあり、大なり小なり同じように感じてる方は意外にも多いのかもしれないと思いネタ提供させていただきました。

わたしは昔から、自分がミスした時に
「自分のせいじゃない!」
と思いたい欲が強いんだなと感じることがあります。

何かミスをした時に、そのミスの責任が自分以外にもなかったかと自動的かつ半強迫的に探してしまい、自分だけのミスじゃなかったと言いたいし思いたいという気持ちが強いです。

そして自分だけの責任じゃないとわかると安心し、まあそんなことあるよね~次から気をつけようとまわりに大口を叩いて気にしてないフリをするのに、自分だけの責任とわかると思い切り後頭部をなぐられたようなショックな気持ちになり、相当落ち込んでしまい消えてしまいたいと思うくらいまで気分はさがります。

自己肯定感と向き合って引きずる期間はだいぶ短くなりましたが、まだ引っ張られる自分がいて、自分のミスというものにはとんと弱いです。

これを克服するためには、どのようにしていけば良いでしょうか。
もしよければ、扱っていただけると嬉しいです!!
(Mさん)

続きを読む

意地悪・悪口・嫌味に遭遇したときはどうするのが良いのか?~その処方箋と本質的な対処法について語ってみた~

意地悪されたら気分が悪いし、悪口なんて聞きたくもないし、嫌味を言われたら凹むし、というところですが、これらは人間関係においては必須と言っていいほどのできごとです。
だから、そうしたネガティブなエネルギーに巻き込まれない自分になることを目指してみるのです。

根本先生こんにちは!
殺伐とした会社員生活から抜け出し、プチバカンス中の元?武闘派女子です。
いつもグフフと笑えるお話と目から鱗のご回答を楽しみにしています。

今日は暮らしが落ち着いてきた中で、ふと気づいた「意地悪」について伺いたく、投稿させて頂きました。

私は、自分の怒りや嫉妬を隠しきれず他人に意地悪してしまったことがあります。
また、友人や上司からあからさまな意地悪をされたこともあり、まず自分から意地悪することは辞めたいと思いました。

自分の内面の投影かもしれないと気づき、メラメラとお怨み帳と反省メモを書いておりますが、この先、どのように向き合っていけば良いのでしょうか?

また、相手からあからさまな意地悪(わざわざ目の前で悪口や嫌味を言う、不機嫌な態度で無視する)に遭遇した時、どのように対処すればよいでしょうか?

ひとまず、お怨み帳は書いて燃やしています。
ご助言頂けると嬉しいです。
(Sさん)

続きを読む

彼から甘えられるとめっちゃ気分が悪いんですけど?

「受け入れてあげたい」「癒してあげたい」と思う一方で、相手が甘えてくるとめっちゃ気分が悪いってことは、甘えることを禁止してタブーにしちゃってる自分がいるんですよね。
その多くはやはり両親との関係に由来することが多く、まずはそこを扱っていった方がいいんです。

「いずれ~」のはじめまして。ネットで「彼氏 腹が立つ」などと検索しまくった結果、先生のブログにたどり着きました。この桃源郷で私は救われるのでは!?という心境で読み漁っています。
今回ネタになればお送りしたのは、彼に甘えられると強烈な気持ち悪さを感じてしまう件です。

お互い30代半ばと後半、彼の方が少し年上です。彼からのちょっとした触れあいでも、それを甘えだと感じた瞬間、強烈な気持ち悪さを感じてやんわりと避けてしまいます。
ある時に彼から「今日は君にとびきり甘えようと思ってるんだよね」と言われた時にはゾッとし、何をされるのだろうと怖くてたまらなくなりました。

性的な行いも好きではないので、前向きになれるよう努力しています。
彼に家族を投影している可能性は十分あり、それが離婚してほぼ記憶に無い父なのか、大好きな母なのか分かりません。母との癒着については、最近自覚しました。

出来るならば癒してあげたいのですが、現状取引しかできず、与えてあげることにも理不尽さと怒りを感じ、こんな自分こそが不平等でズルい自覚があります。
普通甘えられれば嬉しいはず。私も苦しまず穏やかに過ごしたいと模索する日々です。
(Sさん)

続きを読む

ファザコンな娘はなぜ仕事がうまく行かず、パッとしない人生を歩むことになるのか?~カギは封印されてるセクシャリティ~

パパと仲良しなのは良いことなのですが、それが行き過ぎてしまうと「大人女子」になるチャンスを取り逃がしてしまい、パパに愛される娘とパパの面倒をみるママを兼務するようになってしまいます。
そこではセクシャリティがまんま封印されてしまうという事件が起きているのです。

「「いずれ」向き合おうと思っていても「いずれ」はこないので、何かモチベーションを上げて行動できる何かがあるといいよね?」の記事を読んで、父親との関係でお聞きしたいことがありメールしました。

私は仕事があまりうまく行かず、パッとしないまま生きています。
仕事は父親、とありますので、父親と向き合うのかー、と思いましたが、私は父親とは割と関係がいい方です。

ただ、どっちかというとファザコンなのかもしれない、と最近思いつつあります。

小学生の頃に両親が離婚し、私は父についていきました。
その点で見れば、私はエレクトラの勝者?なのかもしれませんが、離婚しているので母親に返すイメージワークなどもどうしたらいいのやら?と思ってしまいます。
(「いらね」って母親に返されそう笑)

ファザコン寄りが父親と向き合う時のポイントや、または父親以外で仕事に関係していそうなところなど、教えていただきたいです。

仕事がうまく行って稼ぎがよくなった暁には、根本さんへの課金も倍増できると思いますので、ぜひよろしくお願いします。
(Aさん)

続きを読む

応用心理学講座「ペルソナ~自分を偽ることで得られる不都合な現実~」

ペルソナは幼少期から必然的な流れで身に着けてきた「○○用の自分」のことを指すわけで、誰もが何種類も所持しているものです。
しかし、素顔に戻ることを忘れ、常にペルソナを着け続けているならば生き辛くなって、やりたいことも見つからなくなってしまうのです。

9/25(日)に1日で5本の心理学講座、しかも「応用」と付いた実践的な講座をお届けするのですが、その1本1本について解説していくシリーズです。
5本連チャンで受けていただいてもいいし、興味ある講座をバラで受けていただいてもOKという出入りの激しい講座です。

Part 5.) 17:30-18:30 ペルソナ~自分を偽ることで得られる不都合な現実~

子どもの頃から私たちは「本来の自分」を封印して「愛されるための自分」になろうと頑張って成長してきました。

それは「処世術」とも言うべきもので、「こんな自分では生き残れない!」と思った分だけ、「愛されるための自分」を研究し、そういう自分になっていくのです。

そうして身に着けた自分のことを「仮面/ペルソナ」と言います。

私たちは少なからずペルソナを身に着け、世の中を渡っています。

もちろん、それは悪いことではありません。
役立つこともいっぱいあるし、それがあったほうがうまくいくこともたくさんあります。

しかし、その一方でそのペルソナを着けているがゆえに生き辛さを感じることも少なくありません。

ちょうど最近は「マスクを外そう!」というキャンペーンが張られているところで、私などはそもそもマスクに慣れてないので基本的に外しているのですが、逆にすっかりマスク生活に慣れてしまい、外せって言われても外すことに抵抗を覚える方もいらっしゃるでしょう。

ちょうどそんな感じで「ペルソナ(仮面)を着けてることは分かるけれど、それを外すことに抵抗がある」という心理が生まれるんです。
続きを読む