自分で答えを出す前に人に聞いてしまう癖があるのですが、これって良くないですよね?

物事を決断するときに人の意見を聞くのは全然悪くないし、それを参考にして自分軸で決めるならばむしろ良いことなのですが、もし別の意図があるのであればちょっと問題かもしれません。

いつもお世話になっております。
根本さんファン歴3年くらいの中堅?新参かな?な独身アラサーです。

主要読者様の自立系武闘派女子の風上にも置けない悩みかもですが失礼します!
私は仕事でもプライベートでもなんでも自分で考えたり答えを出す前に人に聞いてしまう癖があります。
でも結局決めるのは自分なので、それを知ってる彼はどうせ無視するんだから聞くな!と最近は聞いてくれません笑
まぁ彼以外にも聞いてくれる人(男性限る・女性は正直恐い)はいくらでもいるんですが。

しかし自分でもわかってるんです。
ほんとは自分で考えて決めないと納得出来ないし誰も私を変えてくれるわけもないしましては幸せになんかしてくれない。
だから根本さんの本読んでます。
今日Amazonセールで3冊目ポチりました~
暫く悪癖(人頼り)抑えられそうです笑
あっ、でも根本さんにネタと称して結局質問しちゃってますが笑

こういう甘えたはあんま読者に居ないタイプだとは思いますが、かっこいい武闘派女子様方の箸休めとしてこんな軟弱派のネタもありでは?とネタぶっ込んでみました~

ps.頼ってるようでホントは誰も信じてない気もします。
(Mさん)

続きを読む

セルフカウンセリングのやり方を2種類ご紹介~自分の心と向き合い、メンテナンスするための効果的な方法~

自分で自分をカウンセリングできたらとっても楽だと思います?(高いお金払う必要もないし)
なので、今日はそんなセルフカウンセリングの方法をお伝えしたいと思います。
ただ、使用条件(?)がありますので、そこは厳守してくださいませ。

採用試験の失敗や失恋など、自分の存在が受け入れられなかった時の痛みへとの向き合い方知りたいです。

今までは考えないようにしたか、ショックが強い時はただひたすら感情に飲み込まれていました。

いずれにしろ「乗り越えて一皮剥けた」という経験は記憶する限りほとんどありません。

歳をとるほどに挑戦することや、恋に臆病になっている自分がいます。

もしまたそのような喪失体験があったら、自分で自分をセルフカウンセリングする感じでしょうか?
暖かいハーブティーとケーキ用意して。
「今の気持ちは?」とカウンセラー役の私を作って聞いてみるとか。
しかし今は直近にそういうことがないので、余裕もってこんな優等生的なこと言ってますが、実際にハートブレイクの直後は頭フリーズしてます。

失恋その他のショック時にやれることで心理学的に推奨されることってなんでしょうか?
(Yさん)

続きを読む

考え癖があり感情を感じる習慣がない人間はどのように心と向き合えば良いのでしょうか?

思考的な人は物事を分析したり、客観的に見たり、知識や情報に変えたりすることが得意なのですが、その分、人間的な感情は切り捨ててしまうものです。
そんな方が自分の心と向き合うには何に意識を向けたらいいでしょう?カギは「オカマちゃん」かもしれません。

心理学講座へのネタリクエスト

はじめまして神奈川県在住、男、30代です。
いつもYouTube中心に楽しく心について学ばせて頂いております。
ありがとうございます。

根本さんの心理学と出会ってから、自分で好きでやってると思ってたことが、ほとんど流されたり自信がなくて人に委ねたりしてた他人軸だったことが分かりました。

これはショックでしたが、とても大きなことでした。
今気づけて本当に良かったと思いました。

現在は自分軸を作るべく、日々なるべく自分はどうしたいか聞いてます。
ランチのメニューから、コーヒーもとりあえずブレンドをやめて豆の種類読むようになりました。
いつもじゃないですが、思い出した時はやってます。

休日は根本さんが紹介されてたワーク等をメモってお気に入りの喫茶店で時間かけてやってみたりしてとても楽しいです。

そこで質問なのですが、元々頭で考える癖が多分あるせいか(男性は多いと思います)、自分のことなのに、客観視というか、多分こういう理由からこうなったのだろう、など推察に終始することが多く、それはそれで気づきが得られてスッキリするのですが、感情を感じるという点ではあまりやれてないのかな?と気になってます。

考え癖があり感情を感じる習慣がない人間はどのように心と向き合えば良いのでしょうか?

ちなみに私は元から思考タイプではないと思います、ごく小さい頃はよく泣いていてそれが大変恥ずかしく、クラスメイトにも舐められやすかったのが悔しくて徐々に感情を切り捨てるようになりました。

それではどうぞ宜しくお願いいたします。
寂しさについての新刊も大変待ち遠しいです。
(Tさん)

続きを読む

堪え性がなく落ち着きがない私でも自分を掘り下げれば飽きないライフワークが見つかるでしょうか?→たぶん無理です!!

珍しくタイトルに質問と答えを書いてしまったのですが、堪え性がなく、落ち着きもなく、飽き性な方が一つのモノを極めて一生それを続けるなんてことを求めるのは、太陽が西から上る可能性しかないと思われます。笑
でも、ライフワークとして解釈するレンジ(幅)を見直したら可能になるかもしれません。

YouTubeライブ配信お疲れ様でした!
お一人で沢山の質問に丁寧に時にユーモア交えそして愛溢れるご回答じっくり聴かせて頂きました。

何人かとても共感させて頂くご相談があり、わがことのような耳の穴かっぽじって聞いてました。
とくに「飽きっぽくて何も極められない」はたいへん心当たりがあり、相談された方にも感謝です!

基本根本さんのご回答の女性性強い人の特性なんだから気にせずどんどんやってこー!に納得なのですが、しつこくも、いつもこういう可能性ないかな?という疑問というか希望?をお尋ねしたいです。

それは、もっと核のようなとこまで自分軸掘り下げられたら私にも飽きないライフワークあるんじゃないかな?!という希望的可能性です。

堪え性がないし落ち着きがないので、夢想に終わって今日も今日とて飽き性に振り回されてるのですが笑

手を出さず仕舞いだった根本さんのライフワーク本先週入手しましたので、じっくり向き合ったら私のネバーエンディングストーリーにエンドがやっと来てくれるかなと嬉々として赤線ひきまくり書き込みしまっくってます。

というわけで、飽き性は女性性の特性としても、ちゃんとライフワークと向き合ったら何か芯の通った何かが見えてくる可能性てありますでしょうか?

ではでは今週末はかなり冷え込み関東では雪予報も出ています。
お身体ご自愛くださいませ。
(Sさん)

続きを読む

なかなか状況が変わらないのは「自分」より「何か」を優先してしまう習慣が付いてしまってるかもしれない。

状況が好転しない、とか、しんどいのがなかなか変わらない、とか、いつも同じことを繰り返してる、なんて場合に考えられるのが今日のテーマ。
自分よりも無意識に優先しているものがあって、それがゆえに状況が変わらないのかもしれないのです。

ふと思いついたことをメモ代わりにツイートして、話が広がりそうだったらブログにしてる根本です。こんにちは。

カウンセリングだけじゃなくて、お弟子さんたちのコンサルをしていたり、何気ない日常会話を誰かと交わしていたりするときにも、このテーマがふと過ぎることが少なくないんですよね。

「自分より他の何かを優先してしまってるぞ!」と。

でも、これが厄介なのはそのほとんどが習慣化されてしまい、自分ではそのつもりがないこと、そういう行動が当たり前になってしまってることなんです。

「なんかさー、いつもお金にとらわれてない?もっと自分のために使ってあげたほうがいいと思うんだけど」ってお伝えすると「そう言われてみれば確かにそうかもー。全然気付いてなかった・・・」とか。

「いつも“理想の自分”にとらわれてて、自分を責めることが習慣になってるよね?それって今の自分を否定して、理想の自分を優先するってことになるんだよね。気づいてた?」って話をすると「うむむ。確かにそうかもしれません。そういう風に考えるのが癖になってるかも」とか。

「気が付けば自分よりも周りの人を優先するクセが付いてない?今だってお母さんとか彼とかの意向にどう従うか?って考えちゃってるでしょう?」って指摘させてもらうと「ぐぬぬぬ。それ、友達にも指摘されたことあります。つい良かれと思ってやっちゃってるみたいで」とか。

「いつも誰かに迷惑かける、とか、嫌われる、とか、どう思われるかを気にしちゃうのが当たり前になってるんだよね。でも、それってたぶん無意識でしょ?それが辛いと思うんだよね」って言うと「分かってるんですけどね、ついついやっちゃうんですよ」とか。

常に自分を優先すべきである、なんてことを言いたいわけじゃないんですよね。
自分に余裕があって、元気で、与える気が満々で、相手を喜ばせることが好きなら、全然OKだし、むしろ、良いことです。

けど、自分がしんどい、状況が変わらない、体調を崩してる、先が見えない、なんかうまく行かない、余裕がない、みたいな状況だとしたら、自分以外のモノを優先することって、、、どうなるかは想像に難くないですよね?

そういう人って「優しい人」とか「きちんとした人」とか「頑張り屋さん」とか「賢い人」とか、けっこういい人に多いんです。

で、この話って昨日のネタにも通じるところがありまして、「自分より何かを優先しているので、肝心な問題から目を逸らしちゃう」という傾向にもなるんですね。

「ずっと棚上げしてきた問題は、棚上げすることが習慣になっているので、なかなか自分からは向き合えないものなのです。」
続きを読む

ずっと棚上げしてきた問題は、棚上げすることが習慣になっているので、なかなか自分からは向き合えないものなのです。

ドキッとする人が多いかもしれない今日のネタ。
「向き合った方がいいって分かってるんだけど、ついつい避けちゃう問題」ってありませんか?
そういう問題って避けることが癖になっているので、向き合わなきゃと思ってもなかなかできないのです。
けど、その問題の裏には才能やライフワークが隠れていて、人生を一気に変えてくれたり、楽にしてくれたりするものでもあるのです。

お金のワークショップ気になってる者です。
お金の問題はずっとあるのですが、今はまだいいかなと思ってたのですが、
ふと見た動画で「お金の設定を変えたらその時より収入があがった」と聞いてしまいちょっと怖くなってしまいました(笑)

年々収入が下がってる(仕事減らしてるから当たり前なんですが)し、このままお金問題棚上げしててええんか自分?!と。

でも今は「自分軸」にとにかくコミットしたくて日々根本さんの本にブログにお世話になりながら「あたいはホンマは何がしたいねん?」と問いかけてます。

亀の歩みで変化感じにくいですが、微妙にほんとに何となく前より心がザワザワしたり自己嫌悪したりしなくなり、あと笑うことが多くなりました!
ありがとうございます!

たまたま見た動画で危機感煽られたからって地に足つけずに受けるのこそ他人軸じゃね?とも思うし、
でもお金に関してはとにかくストレスを感じるから避け続けてるのは確かだしで、それにいわゆる直感の声てやつかもだしでモヤってます。

こうゆう場合もやはり自分軸で「あんた、今ホンマにお金問題向き合いたいん?」と問いかければいいんでしょうか?

それでは末筆になりますがいつも楽しくブログはじめ拝読させて頂きありがとうございます。
生き方が確実に楽になってます!
(Mさん)

続きを読む

自己啓発すると喜びの一方で、そこにネガティブな声が聞こえるのです。それって自己肯定感が低いからでしょうか?~インプットとアウトプットの話~

自己啓発本を読んだり、セミナーに参加したりすると「これでちゃんとした人間になれる!」という思いが出てくるのは自己否定があるからですよね。
どうせセミナーに参加するならば、ぜひとも意識していただきたいのは「アウトプット」なんです。

こんにちは。いつかカウンセリングを受けてみたいなあ、と思いながらブログを読ませていただいております。
突然ですが私は自己啓発に対してよくお金を使います。
自己啓発の本を購入したり講演会に行ったりいろいろです。
こういったものにお金を使うときに喜びを感じるのですが、その時に「やった!!これで真人間になれる!!」だとか「ちゃんとした人間になれる!!」という結構ネガティブな心の声が出てきます。
すごく嬉しいんです。自分が変わっていくのが。
でもなぜかそういうネガティブな心の声が出てくるんです。
その度に「「ちゃんと」ってやだな、そこは訂正しよう」だとか「ちゃんとってなんなんだろうな」という風に自問自答していまいます。
自分という存在を生きるために自己啓発をやっているのに、何処か違う自分になろうとしているような気がします。
このネガティブな声は「ありのままの自分じゃダメだ」という心の声なのでしょうか。
こういう風に自分じゃない者を目指しているときは、自己肯定感が足りないのでしょうか。

読みやすく、わかりやすい文章を書くのって難しいですね。他の質問者さんはすごいです。
ネタにしていただけましたら幸いです。
(Tさん)

続きを読む