決まり事や数字への苦手意識って克服できますか?

思ってる方法ではないかもしれませんが克服していくことは可能です。
ポイントは次の3つ。
(1)自分の素直な気持ちを受け入れる。
(2)win-winの関係を目指す
(3)自分の価値を受け入れる。
いつもお伝えしていることなんですけれど、とっても大事なので女性性豊かな方々は参考にしていただけると幸いです。

根本さん、決まり事や数字への苦手意識って、克服できますでしょうか。

絶対〇〇すること
今日は〇〇万円売り上げること
締め切り厳守/時間厳守
例外は認められません

などのお仕事ワードを見ると、怖くなり、なぜか涙が出ます。

私は会社員ですが、注意力もなく、pcに向かうとすぐ楽しいことばかり考えてしまい、仕事も遅く…。
先週も曜日を勘違いし、出勤するの忘れました(どんなOL)
当然決まり事なんて苦手です…守れる自信がなくて。

でも周りがいつも助けてくれて、可愛がってくれて(嬉)、失敗しても笑い飛ばしてくれます。たくさんの申し訳なさと感謝が入り混じり勤めています。

会社員の傍ら、幼少期から大好きな絵で、少しずつお金をいただけるようになりました。
夢だったことですが、クライアントからの要望、守るべきこと(締め切りや作品のコンセプトやデータのサイズなど)が発生し、自由だった絵にたくさんの決まり事ができました。

寝るのも忘れる程夢中になる趣味だったのに、気づけばペンを持ったまま息が止まっていたり、プレッシャーで苦しくて、泣きながら描くことも増えました。

決まり事への苦手意識から、絵が「ただ楽しいもの」からどんどん離れているのを感じますが、「好きなことでお金を得る」へのブレーキはかけたくないです。

好きなことを好きなままお仕事を増やしていくために、アドバイスをいただけますと幸いです。
(Aさん)

続きを読む

セルフイメージと他人から見たときの自分のギャップは埋めることができるのか?

人からは優しいいい人と見られがちなのに、自分では腹黒くて優しくないと思っているなど、外から見た自分と、自分が思う自分にギャップを感じている方は少なくないと思います。
それゆえ人間関係に問題が起きたりするので、そのギャップを埋めたいと思うのですが、果たしてそれは可能なのでしょうか?

以前、「過酷な人生を生き抜いてきたことは痛みも強い一方で、才能も非常に豊かである。」 、「自分軸が確立され、自己肯定感があがると「恋」はどのように変わっていくのか?」でお世話になりました、Yです。

セルフイメージと、他人が持つわたしへの印象のギャップが大きすぎて、それを消化できない事態が立て続けに起こりました。

わたしは、第一印象で「優しそう、穏やかそう、柔和、話しかけやすそう、話しやすそう、声色がおだやか」と、思われるようです。それを言葉にして伝えていただく場面もたくさんありました。
しかし、わたし自身がもつセルフイメージは、「全く優しくない、むしろ腹黒い、口も悪い、人見知り強めで心を開くのに時間がかかる」なんです。

第一印象がそんなことになっているので、人に話しかけられやすいですし、道もよく聞かれます。観光地ではシャッターを押して欲しいとよく頼まれます。
その場は、外面よく対応してます。
話しかけることも道を聞かれることも、シャッターを押すのも嫌なわけではないんです。

けれど、この外とのギャップに戸惑います。その第一印象からなにかを得られた自覚もないです。
そんなにいい人じゃないんだよなぁ、わたしそんな人間じゃないんだけどなぁって感じてます。

恋愛もまた音信不通期間に突入してますし、バツイチ子持ち、子は不登校。
音信不通もバツイチも子どもの不登校も、以前の自分に比べたら、とても受け入れられているように感じています。
幸せだなぁ、人に恵まれてるなと思うことも日々の中でたくさんあります。けれど、寂しくて、誰かを抱きしめたい、抱きしめてほしいと思うこともあり、なにか満たされない気持ちを抱えてる気がしています。

もしかして、これが「肉屋なのに野菜を並べてる」現象でしょうか?
セルフイメージと外から持たれるイメージを近づける方法ってありますか?
(Yさん)

続きを読む

【実践編】「私の方がAさんより●●できるのに!」という嫉妬心を掘り下げて、具体的な解決方法を提案する回。

嫉妬本の発売日ということで今日も嫉妬について取り上げますが、今回は実践編。
実際に頂いたネタを元に、その嫉妬の裏には何があるのか?そして、何が本当の問題なのか?そこからどう抜け出せば良いのか?というプロセスを描いてみました。

根本さん

度々質問、失礼します!こちらの記事読んで、疑問が湧いてきました。

私の場合、嫉妬した時「なんで私の方がAさんより●●できるのに、評価されないの?幸せになれないの?」と、よくむくれています。

「Aさんよりも●●できる」と、自分の能力を自覚し認めているのに、なぜ嫉妬するのでしょう?まだまだ価値を認め足りてないのでしょうか??

逆にAさんが自分よりも明らかに上だと認めていれば、嫉妬しないです。(オリンピック選手相手に嫉妬しないのと同じような原理で)

そもそも自分と人を比べて優劣つけて見ている時点で、自己肯定偏差値がまだまだ低いんだろうなと思うのですが、それなのになぜ「私のほうがもっとできてるのに」って思うんだろう?自己肯定感が低いなら、こんなセリフ、出てこないはずですよね?謎です。。。

怒りの矛先は変わり、能力や価値を正当に分かってくれない世間に対する怒りも湧いてきてきます。

もっと深く見ていくと、嫉妬対象や世間に対してではなく、自分の才能をうまく活かしてあげられず腐らせてしまっている自分に対して、イライラしてるのも分かります。

でもタイミングとか、トラウマとか、環境などが足枷になっていて、能力を思う存分発揮できないときって(言い訳かもしれませんが)、焦りとかもどかしさとか悔しさが出てきて、叫びたくなるほど嫉妬してしまいます。

そんなときでも、どうしたら根本さんのように相手を純粋に「羨ましいな」と思いながら、自分もその夢に近づく歩みを止めないように進むことができるでしょうか。

本当に苦しいです。ご回答いただけたら嬉しいです。

p/s 本、予約しました!!
(Eさん)

続きを読む

努力できるとか頑張れるってのも才能なんだぜ?

案外知られていないことかもしれませんが、「努力ができる」とか「頑張れる」ということも才能、価値、魅力、長所の一つなのですね。
しかし、努力すべき!頑張ろう!というまるで努力教の信者になったかの如く、頑張れない自分を責めてる人ってすごく多いんじゃないかと思います。

先日、とあるコンサルさん(女子)と話をしていたときに「努力」についての話になりました。
(これ、後ほどYoutubeにアップされるのでまた紹介しますね。)

彼女は「目標を設定して、そこに向けて努力をするのが好き」だそうで、そうして今までも成功されてきた方です。

実際、「次の目標」があると頑張れるので常に目標を求める性質があるようで、立派な武闘派女子であることが伺えます。笑

で、「そうやって努力できるってのも才能なんですよね」とお伝えしたところ、「え?そんなの誰でもできるもんじゃないですか?」と驚いておられ、「ああ、やっぱり自分の価値ってのは自分にとっては当たり前で受け入れられるものじゃないんだよね」ということがよく分かりました。笑

たぶん、みなさんもそうですよ!自分の価値や魅力って「誰にでもできる」「誰にでもある」「あたしなんてふつう」と思っているところにあるんですよ!(強調)

ちなみに彼女は同席された旦那様からも「あんたの努力は異常」とお墨付きをもらっておりました。笑
続きを読む

【嫉妬=羨ましい!×ネガティブな感情】嫉妬をなくして素直に喜べるようになるにはネガティブな感情を癒すことがカギとなる。

嫉妬心って素直に「羨ましい!いいな!」と認められない分野、つまり、自分の弱いところに起こるものです。
弱いところというのは自分が受け入れられないネガティブな感情があるところで、そこと向き合い、癒していくことで嫉妬そのものを減らしていくことができるのです。

今日も嫉妬についてのお話をさせていただければと思います。飽きた?笑

なぜ嫉妬心がむくむくと湧き上がってくるか?という話です。

素直に「羨ましい~!いいなー!!」と言えればいいんです。
けれど、口ではそう言っていても心の中はモヤモヤしており、悔しい、負けた、イヤだ、許せない、ムカつく、惨めだ、と言った感情が出てきています。

それが「嫉妬」(嫉妬心)というものです。

だから

「一緒に婚活頑張ってた友達の結婚が決まった。素直に喜んであげたいし、嬉しい気持ちももちろんあるんだけど、なんか複雑なんです。」とか、

「同期が今年昇進した。自分の方が頑張ってるし、成果残してる自信があっただけにけっこうショックで、思わず転職サイトに登録してしまった。」とか、

「姉が夫の転勤で海外に行くことになった。ずっと海外に行きたがってたから喜んであげたいと思うけど、私だって同じ気持ちだったから素直におめでとうとは言えない。」とか、

そんな複雑でショックで素直になれなくなってしまいます。

そして、そんな嫉妬している自分のことも私たちは許せません。

「素直に喜んであげればいいのにそれができないなんて心が狭い!」と自分を断罪します。

これが「嫉妬の二次被害」と私が呼んでるもので、嫉妬して苦しいところにさらに自分で追い込みをかけて傷口を広げてしまいます。

顔では笑って「おめでとう!」と言ってるのに心の中はとても惨めで情けなくて一刻も早くそのことを忘れたいと思っている自分がいて、そんな自分にも腹を立ててるわけです。

だから、みんな嫉妬が嫌い。嫉妬したくないし、嫉妬なんて認めたくないし、嫉妬なんて早くなくなって欲しいと思うわけです。
続きを読む

嫉妬される心理について~価値や魅力を受け取り、自分軸を意識すると「そりゃあ、あたしに嫉妬する人もいるよね」と受け止められるようになる~

わけもわからず嫉妬されるのはイヤだし、ほんとトバッチリなのですが、実はあなたが自分の価値や魅力を十分受け取っていない証拠でもあります。
そこで自分の価値や魅力を受け取れば「そりゃあたしに嫉妬する人もいるよね」と自分軸で意識できるようになり、嫉妬されることも減っていくのです。

「嫉妬」というと「嫉妬する」こともあれば「嫉妬される」というイベントも起こるわけで、後者の方に関心がある方も多いように思います。

ということで、今日は「嫉妬される心理」について語ってまいりたいと思います。

もちろん、間もなく発売となる #嫉妬本 に関するネタであることは言うまでもありません!!笑

「つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本」(学研プラス)

さて、誰かに嫉妬される際に分かりやすくそれを示してくれたらいいんですけど、多くのケースで「え?それって嫉妬されてるの?全然気付かなかった・・・。」という感想が聞かれるものです。

例えば、華やかな服を着て家を出ようとしたらお母ちゃんが「そんな色気づいちゃって」と嫌味を言う。海外に留学したいと言うとお父ちゃんが「俺らがお前くらいのときはそんなのは贅沢すぎて思っても口に出せなかった」と文句を言う。

これ、どっちも「嫉妬」の可能性が非常に高いものです。
続きを読む

果たしてあたしは彼に依存しているのか?それとも相互依存なのか?姫でいいのか?もっと自立すべきなのか?

心理学は「ああ言えばこう言う学」と言われまして、その状況によっては真逆の提案をすることが少なくありません。
そこは表面的な現象ではなく、その背景にある心理に着目しているから起きることで、実はそれなりに根拠のある話なのです。
今日はけっこう心理学のお話をしています。

こんにちは。気付けばネモラー歴5年になります。いつも楽しく、身になるお話をありがとうございます。

今日の『お金に困らない家で育つとお金が遠くて現実的じゃない存在に思えるので親の影響をモロに受けて、その分野で大人になり切れない問題が生まれる』を読んでいて、あれっ?と疑問に思った事があるので、筆を執った次第です。

> お金はお父さんが稼ぐものであり、自分が稼ぐということに違和感を覚えているのです。

> つまり、今もMさんにとってお金というのは非現実的で遠い存在、すなわち、子どものときの感覚のままお金を捉えているのかもしれません。

というお話しから、「大人になりましょう」というのが一つの提案だったかと思います。

一方で、姫&女王マインドのお話では、

> その頃、姫はこう思うわけです。
> 「だってー、彼はあたしのことを愛してるんだし、自分が私たちの生活を担ってるってことくらい十分分かってるんだから、仕事辞めたって二人の食い扶持くらいなんとかするわよー」と。

『男性性優位な生き方から女性性優位に転じる際に起こりやすい問題について~姫として生きるために、まずは今の環境で女性性を解放する~』より

この辺の「大人になろう」という、ある意味自立的な今日の提案と、「人を頼る」という姫&女王マインドのお話がうまく消化できなかったので、よかったら、もう少し詳しく教えていただけませんか?
依存→自立→相互依存のお話が関係するのでしょうか。

私自身は後者のあげまん道を行きたいなーと思っており、現状は毎日ゴロゴロしながら、旦那の収入が年収○千万円と上がってきているので、「これでいいのかな」と思いつつ、とはいえ「自分のお金じゃないじゃん」って突っ込みもたまに自分の中で入るので、その都度、「でも、ほら。根本さんも言ってたように、そういう道もOKなんだよー」と言い聞かせていました。そこに、今日の「大人になれ、自分で稼ぐ意識を」という話が入って来たので、あれっ?なんか私、勘違いしてたのかな?となった所です。

よろしくお願いします。
(Sさん)

続きを読む