成功することへの怖れと、その怖れと向き合うのに必要なもの~コントロールを手放し、ヴィジョンに向けてサレンダーする覚悟~

成功することへの怖れ、というものがあるのですが、それはいったい何なのか?成功したいと思っているのに何で怖いのか?という話をしていきましょう。
そして、どうしたらそれを乗り越えられるのか?について考えていきます。

KindleのオーディオサービスAudibleで根本さんの罪悪本聴くのにここのとこハマってるSと申します。
朗読されてる方がたいへん落ち着いたお声と語り口で堪らなく沁みるんです。
(ナイスキャスティング!願わくばライフワーク本はじめ、その他根本さん本もAudible化されますことを~)

さて罪悪感の話ではないのですが、最近のVoicyで「欲求からはじめたことは際限がない。やったらすぐ気が済んで、でもまた欲しくなる」と聴いて、すごーく心当たりがありました。

私、何事も中途半端で長続きしないことが長年の悩みでして。

ひとつひとつやり切って次に行けば積み重なって行くし、好奇心旺盛さとか行動力などの長所になると思うのですが、Voicyで言われてたように「また欲しくなる」のです。
少しやって満足して、離れてまた戻って、今度はもう少し本越し入れようとはじめても、また少しやっただけで気が済むというか飽きてしまって離れる。のパターンです。
いつまでも山の1号目付近をうろちょろしている感じです。

不足感などの欲求が動機になってる以上この虚しいループから抜けられないのでしょうか?

また私は一見行動的で怖いモノ知らずなキャラなのですが、ほんとのところはかなり恐がりな気がします。
人生を左右する大事なことほど決められないし逃げてしまう。
また小学生くらいまではすごく気が弱くすぐ泣くビクビクした子でした。

どこで読んだのかは忘れたのですが「人は失敗より成功を恐れる」と読んだ時すごく腑に落ちました。

でもどうしてなんだろう?とも思いましたが。
成功が失敗より怖いことがわかったら多少なり向き合えそうな気がします。

とりあえず最近はお恨み帳に「怖い怖い怖いよー」と恐怖心をとにかく顕在化して出し切ったらいいのかもと書いたりしてます。

何事も中途半端な人間の動機の不純(ビジョンではなく不足感など)と恐怖心周り(失敗より成功が怖い心理など)のお話そのうち拝聴出来たら幸いです!
(Sさん)

続きを読む

寂しさ・淋しさ・さみしさについて~目標を達成した寂しさ、「老い」のもたらす寂しさ~

目標達成のために頑張ってきて、それが果たされると途端に心にぽっかり穴が開いたように寂しくなることがあります。
また、年齢と共に経験が増えると情熱の量が減るので、そこでも寂しさを覚える人がいます。(老いって言ってますが、20代から起こる変化です)

個人的には根本先生の裏テーマではないかと思ってる「さみしさ」についてリクエストしたいです。

秋の長雨で陽の光を浴びてないせいか、この頃みょ~にさみしいんですよね。

以前は焦りから目標達成に忙しくて、でも達成出来ても虚しかったりして、根本先生のblogに答え求めたらどうも男性性優位思考優位なせいらしいとのことなので、見様見真似でDon’t think! Feel.に努めてみました。

おかげさまで追い立てられるような焦燥感と一線をひけたように感じます。
ありがとうございます。

前は目標達成に忙しかったので、ぽっかり穴が空いたようなさみしさも感じるようになりました。

辛くはないけど只ひたすらさみしいんです。

恋人とは上手くいってるし最近根本さんのホットワードな「内的充実」にも楽しく取り組んでいるので、自分とのつながりが切れてる…とは思えないのですが…みょーにさみしいんですよね。

単純に友達が少なく家族との交流も希薄というごく当たり前の理由ですかね…
でもそこらへんは自由にやりたいし一人で好きなことやってるほうが好奇心が最短で満たされるので不満はないんですよね。

これを機に「さみしさ」存分に味わってみたら、大人のしっとりした魅力とか出てきたりするんでしょうか。

さみしいなぁ、なんだろうなぁこれ…?と毎夜のように感じてるので、根本先生プレゼンツ「さみしさの心理学講座2020.秋冬」リクエストさせていただきました。
(Kさん)

続きを読む

かつてのお客様に対して「今の自分だったらもっとうまくやれたのに!」と罪悪感を覚えてしまう心理とその対処法について。

成長したからこそ、そういう思いを感じられることを意識しましょう。
そして、そのお客様のおかげでその成長が得られたとしたら、そこには感謝が生まれると思います。
そして、潜在意識では完全に同意しての出会いなので罪悪感を覚える必要はないんですね。

根本先生、こんにちは。いつもありがとうございます!
11/4の『「弱さ」について~どうしたら自分の弱さを受け入れ、許すことができますか?~』の記事、ちょうど仕事で痛い出来事があって自分の弱さを責めていたところにナイスタイミングで刺さりました(笑)早速自分の弱いと思うところを書き出すワークをやってみて、かなりスッキリしました。ですが、喉に刺さった小骨のように受け入れられない部分はいくつかあり、その中の1つについてご相談させて下さい。

私は、過去に上手くできなかったことを長々と引き摺って後悔する癖があります。
おかげ様で自己肯定感がだいぶ上がり自分の成長を感じられるようになったのですが、そうすると、同時に「あの時、今の自分だったらもっとこうできたのに・・・。」と思ってしまいます。
恋愛に関しては修行の成果かだいぶ無くなったのですが、こと仕事に関しては、昔のお客様に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう時が今でもあります。
自分はあの経験が成長の糧になって良かったかもしれないけれど、未熟だった私が担当したお客さんは踏んだり蹴ったりなんじゃ?とか、自分が恥ずかしい、という気持ちです。
職業が援助職ということも関係しているかなと思います。

そうやって罪悪感を使って自分を責めているのかなあ、とりあえず私ってそれだけ愛が大きいのね、と思っておこう、と思って心が軽くなる程度に自己肯定感もあるのですが、成長を感じる度に後悔するのはつらいし成長を阻害するかもなあと思うのです。どうしたものでしょうか?

よろしければネタに採用して頂けますと泣いて喜びます!
神様仏様根本様、ぜひぜひよろしくお願いいたします~!
(Mさん)

続きを読む

“超絶魅力的な彼”という洗脳を解くための自分解放イメージワーク~自分本来のエネルギーを感じ、許すワーク~

ものすごく魅力的な人に出会うと、その魅力に洗脳されたようになって彼以外が見えなくなっちゃうこともあります。
そういうときは「手放しワーク」も有効ですが、今日は「本来の自分に戻る」「自分が持っているエネルギーに素直になる」ための、自分解放ワークをひとつ紹介してみたいと思います。

根本先生、好きな野良猫男性に彼女ができました。
2年くらい、互いに拒否したり受け入れようとにじりあいを続けていて、そろそろ素直になれるかも、そう思って積極的に動き始めた矢先のことでした。

悲しい、悔しい。とってもとっても寂しい。ずっと寂しかった感情で、今じわじわとしんどいです。
私も、彼女に向けているであろう笑顔や時間が欲しかったし、もっと愛したかった。

そんな訳で仕事もぼーっとしがちですが、運よく閑散期。
職場でやることがない時、保存版「失恋クリニック」を読んで涙目になっています。
(テキストファイルなので、近寄って内容読まない限り、仕事の書類っぽくて職場でも読めますねw)

何度も読んでいる記事が、「vol.4 P55.手放せないのは魅力に洗脳されちゃったから?」です。
彼は、生命力(セクシャリティ)がこんこんと溢れ出ているような人で、いつもたくさんの人に囲まれていて、私にとってはまぶしかったです。
おばかだったりダメだったり不器用なところがたくさんあるけど、みんなに愛されて憎めない人です。

“洗脳されている” 感覚。何だか分かります。
言葉しにくい感覚ですが、彼のオリジナルなところが、他の男性と比べるという枠から出ているのです。
No1という訳ではないのですが、この人って決めちゃっていたのです。なぜか。訳わからないけど。

私(彼も)の自信のなさ、無価値観から、彼を見上げて受け入れられず逃げていた、それも今になって身に染みて分かってきました。
あの彼のエネルギー的なものが私も対等、そう思うと、あるのかもしれません。それを、持て余している感覚はあります。
自分の中でエネルギーが消化不良起こしていて、どうしたらいいのか分からない感じです。

焦りは禁物でしょうが、ボエーっとした状態で、どうしたものかと。
こういう彼の“洗脳を解く”のはどういうプロセスになるのでしょうか。
お答えいただけるとうれしいです!
(Mさん)

続きを読む

人間関係を断捨離したら楽になった反面、寂しさが込み上げてくるようになった。

心地よい人間関係のためにめんどくさい相手とは距離を置きましょう!という話をよくしています。それを実践すると良いこともある一方で、その人たちが占めていた心の領域が解放されて寂しくなることもあるんです。
特に、それがお母さんだとけっこう辛かったりするんですよね。

先生!自分のことを最優先できるようになってきて、心地よさのなかにいながら、目指したい目標もあって、とってもいい感じなのですが。。。
友達がめっちゃ減りました笑
「この人、私の話は聞かずに、自分の話ばっかりしてるな」と気づいたら、すごくストレスに感じて、会うのを止めてしまいました。
そしてその「自分のことばっかり」軍団の団長が、自分の母親でした。。。いまや母からのLINEは滅多に返さないし、帰省もしないし、娘というか息子のような感じです。(マメに親に連絡している息子の皆さん、すみません!)
たまに母と話そうかな~と思って連絡しても、やっぱり自分の言いたいことばっかり返ってきて、がっかりして無視する、をくり返しています。
ちょっとさみしいです。いつかお互いが心地いい関係になれると信じて、待つしかないでしょうか。。。
先生の優しいお言葉お待ちしております。
(Rさん)

続きを読む

両親を許せない気持ちを手放して成熟性を手に入れるとどうなるのか?~手放しと自分育てと自己充足~

親が十分愛してくれなくて、大人の自分と子どもの自分の両方を心の中に持っているのが今の私たちです。そのままではいつまでたっても親を求め続けてしまうので、ここは一念発起して成熟性を手に入れるまでのプロセスをご紹介します。

根本先生こんにちは!
今日は「親を許せない気持ちと男性の優しさ」について伺いたくメールしました。

長年付き合った恋人と別れ、病気を患い、仕事を失いかけた私ですが、この度、入籍することが決まりました!

入籍に伴い、恋人の両親と食事や旅行に行くことが増えたのですが、なぜかモヤモヤが晴れません。
その理由の1つが、彼がご両親と仲良くしていることです。

私と両親の関係は、主従関係に近く、子供の頃から本音で話すことができませんでした。

しかし、学生時代まで母子家庭で育った彼は、いつも母親に対して優しく、思いやりを持った大人の男性として両親と接しているように見えます。

私も彼のように両親を許して、優しく思いやりを持ちたいという気持ちと、どうしても許せない気持ちが葛藤しています。

そもそも自分の両親に対して優しくするなんて気持ち悪いと感じます。

甘えたかった時期に甘えられなかった悲しみと、私が覚えている限りでは優しさや思いやりを与えてくれなかった両親を許せない怒りもあります。

また、彼は私の事より母親を大切にしているような気がして競争心?嫉妬心?がメラメラします。
正直、彼が羨ましいです(笑)

この気持ち、どのように消化したら良いでしょうか?
ご教授頂けると嬉しいです。
(Sさん)

続きを読む

「ほど良い」と現状を受け入れることで自分にもっと素直になれる。

最近よく「それが今の自分にとってはほど良いんだよ」という話をあちこちしているのですが、それはあくまで「現状肯定」「自己肯定」のための解釈で、結果論なんです。
だから、初めから「ほど良い」を目指していくと、チャレンジしたいことからも逃げてしまうことになります。そこで大事なことは「自分の本音」なんです。

自分軸を確立すべく、人間関係に距離を置いてるので根本さんのたくさんの発信にとても支えられています。
さみしくなったら聴いたり読んだり、さみしさが緩和されるだけでなく、自分軸への強力なアシストになるのでこの上ないです!
有難うございます。

先日の「不満があってもそれが丁度良いのかもね」あいたた…と耳痛かった(特に前に出る恐怖とか)ですが日を追うごとに腹に落ちてきて「確かに…受け入れるとなんか楽になる」と思いました。
そして新たな疑問符というか、これってどうなの?というのが出てきまして、色々過去記事など読み返して頂きながら考えていました。

「ほんとは何がしたいの?」「ほんとの自分が好きなもの」「自分を大切にする」などなどの自分軸へのマスト問いかけがありますよね。

それらに日々お世話になって問いかけているのですが、上記の「丁度良い」の納得感と合わせると…
例えばですね、ほんとの私が喜びそうな上質な深煎り珈琲と燻銀のマスターの美しい佇まいより、フラッと入れる近所のチェーン店の淡白なコーヒーとマニュアル対応の距離感が「丁度良くて」「満たされる」のかな…?と。

ほんとの私、自分を大事にする、の基準で選択してたらいつも満足できた近所のコーヒー店など足が向かわなくなって、でも思いきって高いコーヒー店入ったらなんかモゾモゾして楽しめなくて…。

また人間関係も素敵な人とご縁あっても(恋愛限らず)遠くで見てるのが今の私には心地よい…ならお誘いお断りしても、それで良しなのかな?などなど。

このモゾモゾザワザワのハードルを少しずつでも越えて行かないといつまで経っても「いつものダメな自分のぬるま湯」から抜けだせないのかな?

それとも今の自分に「丁度良い」「満たし方」をすることが無理なく自愛になって結果として、私で言えば「前に出る恐怖」などにも向き合っていけるのかな?と。

「どちらでもお好きな席で。以上ごゆっくり」と他人軸にさせないちょいSなダンディマスターの根本先生が浮かびながらも深煎り根本ブランド一杯お願いしまっす。
(Kさん)

続きを読む