見たくないものに蓋をし続けるとどんどん状況って混乱していくよね?

事情はあれど向き合うべきものに蓋をして見ないようにすると、その蓋の上でまた新たな物語を描き始め、そこで都合が悪いことがあるとまた蓋をするということが癖になって、いつまでも本質と向き合えなくなるものです。
そしたら問題はどんどん複雑化し、混乱していくものですよね。

夫の不倫きっかけで、根本さんの本を、購入したり、セミナーに参加したり、10年以上ファンをしております。
自武女の自覚しかない、アラフィフです。
ここ数年は、根本さんのステマをスルーして課金しておりません汗、が、図々しく相談させていただきます。
ネタってことで、ご回答いただけたら嬉しいです。

現在、離婚前提の別居4年目。
別居してから、子供のために一生懸命仕事をして、結果が出て、疲れたなぁと思った頃に、(スペックが)ヘラクレス級の遠距離の彼ができました。

はじめは、これで今までの人生が報われるかも!、人生最高の幸せ!と思っていました。
が、あっと言う間にレスになりました。

ただでさえ、自己肯定感が低いのに、レス→女としてダメ出しされた感覚(夫に不倫された時と同じダメージ)に悩まされ、自分から誘ってもダメで、落ち込んでいました。

元気のない私に追い討ちをかけるかの如く、彼からのダメ出しが増え、朝から彼のスマホに誰かわからないLINEがガンガン届くようになった(夫に不倫された時と同じ状況)頃から、うつになりました。

自分を守るためにも、く距離を取ろうと、半同棲のような会い方から、月に3日ほどに減らし、彼のことを考えなくて済むように、仕事を増やし、忙しくすること5か月。
最近、うつから脱出しました。

うつから脱出した頃に、自己肯定感を上げるため、昔好きだと言ってくれた男友達(既婚者)に連絡。予想通り、褒めてくれて、楽しくて、その後、数回デートに誘われ、エッチをする関係に。

その男友達とセックスができたことで、久しぶりに女が満たされた感覚になれました。

ヘラクレス級の彼に対して、罪悪感で悩むのかと思いきや、『しょうがないよね、誘ってもしてくれないんだし』と言う居直りの気持ちに。

付き合っている人としかエッチはしない、と生きてきた私の貞操観念が、ひっくり返ったのを自覚しました。汗。

出来ることなら、ヘラクレス級の彼とのレスを解消して、何でも話せるような関係になりたい。

でも、今はこのまま2人と付き合う選択でも良いのかも、と思っている自分もいます。

心の奥で、レスになった彼に復讐をしている気もします。

私とヘラクレスの彼との間に何が起こっているのでしょうか?

できることなら、将来は、彼と仲良く過ごしたいのですが、モテる人なので、私じゃ無理かなとも思っています。

先生は起こっている現実が正しいとおっしゃっいますが
だとしたら、私は何をしたいのか、よくわからなくなってきました。

離婚もできていないですし、恋愛もこの状況でいるので、仕事にエネルギーが注げず、中途半端な結果になっていて、気持ちが落ち着きません。
(Aさん)

続きを読む

「職場でいつも嫌がらせを受ける」という問題から見えてくるいくつもの解釈と解決方法。

一つの問題は原因が一つというわけでもなく、かつ、その解釈も様々な角度から幾通りも考えられるものです。
頂いた事例を元に、そこから考えられる主な解釈と解決方法を紹介していきますので、ぜひご自身の問題に当てはめてお読みいただけたらと思うのです。

根本先生、はじめまして。ブログを5年ほど前から熟読し、色々助けてもらっております、40代女です。

今回、どうしても慢性的に続く問題とやらで根本先生のお力をぜひ貸していただきたのです。
職場での嫌がらせ、攻撃です。
何故か、攻撃的な人からの対象になりやすく、嫌がらせを受けやすいです。
自分の価値を受け取っていないからだ、という根本先生のお言葉を信じ、なんとか自分を鼓舞してきましたが、環境を変えても同じような問題にぶち当たります。

今回のケースで行くと、攻撃的な女性からの仕事上での張り合い、更には相手の仕事のフォローをするよう巧妙に仕向けられたり。
そのフォローは当然のごとく受け取られ、フォローがなければ不機嫌感すら出してきます。こちら側には配慮がないような状況です。
しかも、上司(50代、男)もそこに取り込まれ、細かいミスをその上司経由で指摘してくる始末です。
また、その上司は今朝のミーティングでは私の前職を引き合いに出し、それとなく嫌味を言ってきました。
このことは更に上の上司へ報告しようと思っています。このように戦うことで、また自分が退職することになったらどうしようという迷いもありますが。

家庭環境では、中学の頃に父親が大病を患い、そこから母を何とか助けようとした部分はあったかと思います。高校、大学、就職先と、母親が望むようなところに入りました。

それが今回の問題と関係しているのか分かりませんが、ぜひお力を貸していただきたいのです。
(Aさん)

続きを読む

ライフワークを生きるコツはもっとわがままになること~自分の欲求に素直になれますか?~

私たちは自分の心に従うよりも、こうすべき、ああすべき、という思考に従おうとする傾向が強いようです。
そうすると自分にとってさほど重要じゃないモノにエネルギーをぶち込もうとして疲弊してしまうんです。
わがままになることってそんな方には非常に重要なあり方なのです。

昨日は私にしては珍しくビジネスパーソン相手の連続講座をやっておりました。
ほぼ全員が男性で、初回と言うことで5時間かけてやったのは自己紹介。
みんなのことを良く知るためにあれこれとお話を伺わせていただきました。

一応、講座の目標としては「ビジネスをさらに飛躍させるために、心理的側面からアプローチする」というところでして、それぞれがビジネス上の課題を持ち込んで、それを心理学から見て行こうぜ!という雰囲気です。

で、私としても一応、その方向で色々と話を伺ったり、質問に答えたりしているのですが、ライフワーク(自分らしい幸せな生き方)を提唱する私としては「ビジネス」というのは人生の一部という見方をしています。

すなわち、ビジネス(仕事)はもちろん大事だけど、家族、友達、趣味、時間、お金、健康も大事っすよね?ということで、総合的に見ちゃうんですよね。

そうすると「ビジネスを何とか飛躍させたい!」と考えたときに、「そのためにとりあえず大分にガレージ作りましょうか?」とか「家族が一番大事なんだからもっと家族との時間を作るべき」というアドバイスが出てきます。

私としてはそれがふつうなんですけれど、ビジネスの世界にどっぷり浸かってきた方にはそれが新鮮に映るようで、私もとても面白かったです。
続きを読む

自分自身が持ち、与える影響力にもっと目を向けてみない?~私が変われば相手が変わる~

私たちは自分のことをちっぽけに扱いやすいので、自分に影響力があるなんて思えないのですが、いやいや全然そんなことはないんですよ、という話です。
だからこそ、自分自身の心を整えていくことで周りによい影響を与え、また、自分自身も良い状態になるから幸せになれるのよ、という話でもあります。

初めまして、こんにちは。
根本先生の書籍・ブログをバイブルのように読み、暇さえあればYouTubeを見続けている自立系武闘派女子でございます。
夫あり、子なし、猫ありでございます。

夫から4ヶ月ほど前に「距離を置きたい。別れたい。」と言われ、その衝撃から色々調べまくるうちに根本先生に辿り着きました。

「私は私、夫は夫」「手放しのイメージ」で夫への執着・癒着がかなり弱まり、自分軸になるにつれて、夫を客観的に見られるようになってきました。
そして夫はものすごい罪悪感の塊だと気付きました。自己否定がめちゃくちゃ強いです。
罪悪感本の、夫を癒すイメージワークを数日実践してみたところ、夫が突然「しんどい」と仕事に行けなくなり、病院でうつ病と診断されました。(うつ状態かな、とは別れたいと言われる数か月前から気付いてはいました。)

イメージを始めてすぐに夫に変化があったのですが、これは何か夫に響いたのでしょうか?
この夫の変調はどういった作用なのでしょうか?
押さえつけてた感情が緩み、溢れてきた?
それとも実は私のイメージは癒しではなく、呪いだった?でも、お恨み帳は無事に埋まってます!

不思議に思ったものですから、ネタとして取り上げていただければ小躍りして喜びます。
どうぞよろしくお願い致します。
(Mさん)

続きを読む

思考中心の生き方から自分の心に目を向けられるようになるには?~思考的自信は脆いけど内面的な自信は強いぞ!~

私たちは子ども時代から「思考」を育てることを一生懸命やってきました。その一方で、感情は抑圧され、表面的な自信(思考的自信)は得られても裸の自分には自信が持てなくなってしまいました。
そこからどう変化していくのか?を今日は理屈っぽく語りたいと思います。

こんにちは。以前1度YouTubeで相談を取りあげていただいたものです。
34歳、メンタルダウン再発の夫とうまくいかなくなり、離婚協議中です。
私も激務なのと、人間関係のストレスが限界で私が参ってしまいました。
相談は、自分の人生を損得で考えはじめてしまい、頑張ってきたはずなのに、自分の人生に自信をなくしました。人と比較する、損得勘定をなくすヒントをご教授いただけないでしょうか。
メンタルを安定させないと、私も更に不幸せで参ってしまいそうです。
(Nさん)

続きを読む

実家が安心できる場所でなかった場合、パートナーシップと仕事に安心感を求めるが、それを得た後に刺激物を求めたくなるのできちんと自分と向き合うべし。

夫もいるけど彼氏もいる問題に類するテーマなのですが、実家が不安定だと結婚や仕事には安定を求めるものです。
でも、それは実家を見つけるためのものですから、いざそんな場所を得ると今度は思春期が発動して刺激を求めたくなるのが人の心理です。

残暑の厳しい日々ですが先生はいかがお過ごしでしょうか?
当方アラサー既婚者です。今まさにずっと押し殺してきたセクシュアリティを解放し、サナギからアゲハチョウに開花していく過程を辿っている実感があります。先生に御指南いただき、背中を押していただきたくメールいたしました。

結婚して2年。安定感抜群の夫に一途だったのに、友達だと思っていた陽キャ系野良猫に、女であることを目醒めさせられました。

ひょんなことから酔っぱらいの状態で二人になった時に、勢いのままキスやボディタッチをされ、甘い言葉を囁かれ。今までの私なら絶対嫌悪感があったのに、なんてことでしょう、嫌などころか超~良かったのです。笑
お泊まりのお誘いもありましたが、そこは笑ってお断りして帰ってきました。ちなみに野良猫は夫と共通の友人です。

キスの時、なぜかビビビッ!と撃たれたような感覚になり、「ああ、私ってエロい女だったんだ」と腑に落ちちゃったんです。野良猫こわい。

どのコミュニティでも「エロい」、「色っぽい」、「大人の魅力がある」と男女問わずずっと言われてきたので、セクシュアリティが強いんだろうなとは思ってましたが、自覚がありませんでした。
幼少の頃は、気を抜くと周りからなんとなく浮くので周囲に合わせながら生きるか、めんどくさくて一人でいました。
母親からは、「男に媚を売る女はみっともないから自立しなさい」、「あんたは色気ないね~」と言われて育ちました。
両親は家庭内別居で、実家は常時冷戦なので安心感は皆無の環境でした。

そんな生い立ちなのでずっと女になるのが怖くて恋愛も上手くいかなかったのですが、夫だけは初めて会った時からめちゃくちゃ安心感があり、きちんとトキメキも経て結婚しました。
正直最近はその安心感に甘えてしまい、私が夫を親代わりに見てしまっていた感じがあります。夫の前で女であることを隠したくなる感覚と言いましょうか。

エロい女であることを自覚してしまった今、溢れ出るエネルギーを持て余しています。何の制約もなければ野良猫に今すぐしゃぶり尽くされたいです(笑)
でもこのエネルギーを不倫に投じるのではなく、夫との関係や自分自身のライフワークに健全に活かしていくために、今回の事案が発生したんだと思っているんです。

そこで、私の展望は以下になります。

・夫との関係性を整理して女として向き合いたい。夫と情熱的に愛し合う男女の関係でいたい。

・溢れ出るエネルギーをライフワークにぶつけたい。以前から自由への渇望が強く、もっとお金も時間も手にすべくフリーランスや起業にチャレンジしてみたい。もっと前に出てキラキラ輝きたい。(今の医療職フルタイムは好きじゃないので辞めたい)

野良猫に情熱が全振りする前に、上記の2点にコミットするにはどこから手をつけたらいいですか~~??!

もっと自己愛を深める?好きなことする?母と向き合うのが先?
アゲハチョウになりたい!どうか教えてください!!
(Nさん)

続きを読む

ロックマンとの別れをきっかけに燃え尽きて何をするのも「めんどくさい」となってしまった私が今すべきこと。

無気力になって燃え尽き症候群のようになってしまったとしたらそこから動こうとしても動けないのが現実ですよね。
だから、動けない自分をただただ受容して休むことが大事なのですが、さらにそこから「ほんとうの休息」を自分に与えてあげるのです。

根本先生、いつもブログや著書拝読しております。
ありがとうございます。

過去にロックマンの彼とのことで取り上げて頂きました。その節はありがとうございました。
その後数年間頑張ったものの結局一年前にお別れをしました。
長い戦いが終わったことで一気に疲労感が襲ってきて、身の回りのモノや人間関係を断捨離しました。
(人間関係まで断捨離と表現してしまいすみません)
これからは無理せず生きていこうと思った矢先、結婚して子供がいる友人に会うことがとても億劫になってしまいました。というより恐怖を感じるようになりました。
会うことで自分はみんなと違うことを痛感させられるようで、頑張って会おうとしても心が拒否します。
私自身、年齢的に子供はそろそろ難しいだろう年頃に差し掛かっています。それもあってか、友人たちとトラブルがあったわけではないのに避けてしまうようになりました。
ロックマンの彼といる時はそんな風に思ったことがなかったので大きな変化です。
また恋愛したいと思うものの、実際はその気力はなく、何もしたくない病になりました。
刺激のない生活の方へどんどん流されていて、気づけば必要最低限の人間関係とモノで暮らしています。
自立系武闘派の情熱女という自称があったのに、見る影もなくなりました。
兎に角さまざまなことが面倒くさいんです。
眉毛を描くのもブラジャーつけるのも面倒くさいんです。
軟体生物みたいにだらーっと生きてしまうんです。
私はどうしてしまったのでしょうか。
今は出勤が必要な時だけ死ぬ気で眉毛描いてます。
このままおばあちゃんのような暮らし続けていくことになるのではと怖くなっています。
もし先生の目に留まりましたらアドバイス頂けるとうれしいです。

これからも先生を頼りに生きていきますので末永くよろしくお願いします。
(Rさん)

続きを読む