愛するという覚悟について。

うちの読者さんは武闘派だけあって難攻不落な恋に挑む方が好きなのですが、そんな方々への応援のつもりで「愛する覚悟」について書いてみました。
愛は自分自身を解放し、あらゆる壁をぶち抜き、ほんとうの自分に出会わせてくれるものなのです。

根本さんこんにちは。
カウンセリングを受けたり、根本さんのブログやワークライフ本を読んで、少しずつですが自分の変化を感じ始めている今日この頃です。
そして…やっと!自分にピッタリな男性って本当にいたんだ!と思える人に最近出会えたのです、が!!!
例えば私がカウンセラーだとすると、相手はクライアントのような立場の人で…
しかも精神疾患持ちで自死を図ったこともある人で(汗
これはいわゆる逆転移なのだろうか?と悩みつつ、なんとか適切な距離を保っています。

彼はロックマンで最初は人を寄せ付けない雰囲気でしたが、彼の中にかつての自分を垣間見ることが多く、きっとこういう気持ちでいるのかな、と感じたことを素直に伝えると、彼は孤独の闇の中に初めて光が差したような面持ちで、とても素敵な笑顔を見せてくれます。
ロックマンゆえ、おそらく今までの異性関係では心奥は閉ざしながらも、いい獲物と思えばすぐに体の関係に走っていたのだと思いますが、私は温かく接しながらも一定の距離を崩さないため、彼の中の5歳児が孤独や不安に耐えきれず、情緒不安定になりやすい様子です。

初めて5歳児の彼を感じた時は一瞬退きそうになりましたが、彼の中の大人の男も認めながら、孤独の中に長年うずくまっていたのであろう5歳児の彼を癒すことを決めました。

これまで婚活で出会った人の場合、少しでも未来の結婚生活に不安を感じたら即サヨウナラ!と切っていたのですが、彼の場合は不安要素ばかりなのに、何があっても愛すると、自分の中にものすごい覚悟が決まっているのです。

今後彼が私の職場のサービスの利用を終えたら、私は職場を辞めて彼とのお付き合いを始めたい気持ちがあるのですが…
私はとうとう本当に頭がイカれてしまったのでしょうか(苦笑
根本先生に背中を押してもらうか何か助言をいただきたいです(泣
ネタとして使ってもらえたら、ものすごく嬉しくて泣いて喜びます。
(Mさん)

続きを読む

2/6(日)15:00よりYoutubeライブ配信またやりますー!珍しい午後の配信を椙山眞伍(ヤタ)と桐山慶子とお届けしますー!

このところ、頻繁にライブ配信をしております。
これは明らかにこちらのセミナーの告知動画なわけですけれど、内容はもちろん皆様のお役に立てそうなお話をしていく会です。

★東京/オンライン:2/27(日)11:00-18:00

続きを読む

女子の方が無価値感が強くなりやすい理由と、無価値感が強いとセクシャリティが抑圧されて恋愛やライフワークに問題を持ちやすくなる話。

3日連続、無価値感シリーズが続いてます。今日は女の子がなぜ無価値感を強く持ちやすいのか?そして、その無価値感からなぜ待つ女になりやすいのか?というお話や、無価値感とセクシャリティの関連についてざっくりお話ししたいと思います。
無価値感が強いと大人の女になることを拒否してセクシャリティが抑圧されちゃうよ、という話です。

昨日の記事「無価値感とは何か?無価値感は何を作るのか?そして、どうしたら癒すことができるのか?」がなかなか好評でSNSでもけっこう刺さってたようで嬉しいです。(ドS?)

さて、昨日の最後に「無価値感とセクシャリティの問題」という話を気が向いたら書きます、と言ったんですけど、早速気が向いたので書いてみようと思います。

さて、いきなり訳の分からん話からスタートするんですけど、女の子は幼少期、ある時点で「あたしにはアレがない!!」という驚愕の事実を目にすることになります。

パパとお風呂に入ったときとか、お兄ちゃんが立っておしっこをしている姿を見たときとか、弟のおむつを替えてるときとか、様々なシチュエーションが想定されます。

そのときに「へえ、女の子と男の子は違うんだねー」という風に受け止められたらいいんですけど、「あたしにはあるべきモノがない!」とショックを受けて、それ以来「あたしには何かが欠けている」という思いを抱くようになるんですね。

「あたしには何か大事なものが欠けている」という思いを作り出し、これが無価値感の一つのルーツとなるわけです。

・・・。
続きを読む

無価値感とは何か?無価値感は何を作るのか?そして、どうしたら癒すことができるのか?

「自分には愛される価値がない」という感情である無価値感。その無価値感についてざっくりとまとめました。
「え?こんなところに無価値感?」とか「あれ?あの人、実は無価値感が強いん?」と思わせる点が出てくるかもしれません。

最近、無価値感を扱うことが増えて今朝もそんなツイートをかましましたし、読者の皆様からの関心もけっこう高いようなので罪悪感と双璧をなす無価値感について今日は心理学講座的にお届けしたいと思った次第です。

ちなみに以前、こんな記事も書きました。

無価値感がハードワークを作る心理~無価値感は何かで埋めるものではなく、内なる愛で満たすもの~
続きを読む

無価値感があると外側に幸せを求めるようになるけれど、外側にある幸せを手に入れても無価値感がその幸せを消してしまう、という話。

無価値感があると外側にあるものに価値が見え、それを手に入れたいと望むのですが、仮にそれを手に入れても無価値な自分が手に入れたわけでやっぱり価値を感じられません。
内側に価値を見出すことが大切なのですが、外側に意識を向ける癖が付いているのでなかなか難しいのです。

こんにちは、いつも勝手にお世話になっています。
よく話題にされている内容で申し訳ありませんが、どうすれば自分を責める気持ちがなくなるのかについてです。
私は1年前に安定した企業勤めを辞めて今は非正規です。最近たまに、知り合い夫婦が都内のイイとこに家を買ったと風のたよりで聞こえてきます。
それで「あー私も働き続けていれば自慢できそうな所に家買えたのに…」とか、しょうもないことを考えます。(自慢が目的かい、ですが)

と言っても、飽き性で管理されることがキライで、性格的にずっと勤めていられなかったと思います…。
毎日ストレスでひどいニキビ面、胃腸も万年調子悪いでした。
今は緩やかな仕事をしています。(収入は3分の1以下です!)
平均的な生活をするなら必死こいて稼ぐ必要がなく、謎にフルタイム社員ができません。ライフワークは絶賛模索中です。

結局やめる運命だったのに、「もし辞めてなければ~」とか過去の自分にできもしない期待を与えています。
ずっとセルフ突っ込みをしています。

夫からは「好きなことすれば。俺が稼ぐ額で十分でしょ」と言われる。(いざ旦那が死んだらどうすんの?と突っ込み。)
「バリバリ働くを目指して学歴を積んだのに、結局男に守られているのが皮肉」(それの何が悪い?いざとなれば働けるし)
「大企業勤めの友人らが今後もっといい生活をしている姿を見聞きするんだよ~耐えられる?」(耐えられん)
という感じです。

鋼の自己肯定感を持ちたいです。よろしくお願いいたします。
(Rさん)

続きを読む

「自然体な自分」にNGを出して隠していると、それ相応の人間関係を築くようになるので、変わることに抵抗が出るんです。

自然体な自分を「ワガママな奴」と思って隠して人に合わせて嫌われないように生きていると、自然と周りには「ワガママな奴ってダメだよね」という人たちで固まるようになります。
当然、そんな社会の中では自然体な自分を出せなくなるのですが、でも、それだと生きにくいですよね。

根本先生こんにちは!
最近ネタを送りまくっていて申し訳ありません!!苦笑
何度でもチャレンジ可!ということで何度でも送っています…!
今日は、これが私にとって最大の謎だよな!いつもここで足踏みしてるよなー!というのを送らせて頂きます!

私はずっと人に嫌われないように生きてきました。
記憶してる限りでは小学生の時に酷いいじめにあってから。
いじめられていた期間も長かったですし、あの時の辛さや情景は鮮明に覚えていて、思い出して話すと子どもに戻ったように嗚咽しながら号泣してしまうほどでした。
(過去形なのは夫に話を聞いてもらううちにほぼ泣かずに話せるようになったので。)

もう私はいい人をやめる!もう人の目を気にせず自分を生きるんだ!と何度も思ってきました。
何度も気畜生になってきました。
でもいつも、私がありのまま自然体になると本当にただの気畜生だよなーと思うんです。
殿様気質というか、わがままというか。
だからいじめられたのかなー。だから自然体になると受け入れられないのかなーと。
ちなみに母は過干渉で放任で感情的、いじめられていると話したら聞く耳持たず、父は超過保護ですごく可愛がってもらいました。
優しい兄、控えめでしっかり者の姉、やりたい放題の私(30代)という図です。

私の本来の性格は本当にさらけ出していいものなのか?
自然体ってやりたい放題ではないよな?
こんな大人周りにいないな?
でもそこに少しでも社会で生きやすい自分に調節するなら、やっぱり私の自然体では生きられないということだよね?私の自然体は受け入れられないってことだよね?(これは子どもの私の声?)
なんか、ありのままの私をやり切らないと社会生活を送るために調整した私になるのが嫌なんです。

ぐるぐる回っていつもここに戻ってきます。
ここに大きな鍵があるのか?
こんな私にがっつり喝入れて頂けないでしょうか。
(Hさん)

続きを読む

あの苦しみから抜け出して楽になった後にも残るその後遺症について~そのときの自分を許し、愛するということ~

摂食障害はもちろん、失恋・離婚・失業・病気・大切な人を失った経験など、とても辛く、苦しい状態を抜け出しても、行動や価値観にその影響が残ってしまうことはよくあることです。
けれど、それは確実に自分が前に進んでいる証拠なのです。

根本先生、こんにちは。前からずっと伺いたかったことがあります。意外とブログでネタにならないなと筆をとりました。食についてです。

私は20歳から約10年間、過食嘔吐を患っていました。
ある時、根本先生の本に出会って、自分や家族と向き合いまくった結果、「自分って色んな人に愛されてるじゃん」と気付き、摂食障害から抜けられたんです。
一生治せないと思っていたので本当にミラクル!!先生には足を向けて寝られません。

だがしかし、です。未だにずっと、食べること自体が怖いんです。
特に一度、自分の基準から少し太った状態になると、24時間、お腹やお尻周りのお肉が気になってしょうがない。本当に一日中、体型を気にしています。もはや呪いです。
そんなマインドでダイエットしても、十中八九痩せないし、負のループです。

病的に食べて吐く、とまではいかないのですが、いつもご飯に罪悪感がつきまとうのは、本ッ当にしんどいし、自分が嫌になります。
良かれとご飯を用意してくれた家族にも当たってしまうし、罪悪感ループです。

ちなみに体型は普通(BMIは19くらい)で、周りからは「もう少し太ってもいいよ~」と言われます。でも駄目なんです。

ちょっと太っちゃった自分、腰の周りのポニョを気にしない方法って、ありますでしょうか?

P.S.今夜のご飯は肉じゃがでした!
(Rさん)

続きを読む