もし今の毎日に退屈しているならば他人軸になっているか、ものすごく疲れているかのどちらかかも。

日々の生活が面白くない!退屈!つまんない!と感じるのは、刺激を外に求めている(=他人軸)からではないでしょうか?あるいは、何かにチャレンジする気力が湧かないほど疲れ切っているからではないでしょうか?
外側に刺激を求めると依存症になりやすいので、そういう意味でも、内側から湧き上がる刺激(=創造性)を享受した方がいいと思うのです。

こんにちは!
たびたびセミナーやカウンセリングでお世話になっています。
根本さんのカウンセリングを初めて受けてからは1年ちょっと、多分、少しは自己肯定感は上がっていると思います。

40代半ば、持病あり、レスの夫、連絡くれない彼氏、つまらない仕事、、、なんか本当に毎日つまらないです。
仕事もそこそこできます(大企業で割と高給)し、見た目もそこそこだと思います。
好きなことは、海外旅行、ライブに行くこと、みんなで飲むこと。
全部コロナでつぶれました。毎日やることがありません。

夫と離婚するとか、転職するとか考えましたが、変化を求めるためにわざわざ変化を起こすような気がするのと、何より面倒。

去年病気をしましたが、治療をしてせっかく繋がった命なのに、毎日張り合いもなく夕方から飲み始めて21時には寝てしまいます。
それでもいいじゃんとも思いますが、時間を無駄にしてるような気持ちになります。
今の彼は激務で、いついつ空いてる?会いたいな。と送っても、確認すると返事は来るものの結局会えずじまいでもう半年も会っていません。

毎日楽しく、ラブラブで、ワクワクするような生活がしたいですが何から始めれば良いでしょうか??
(Aさん)

続きを読む

内的欲求と外的欲求が一見矛盾しているように見えてもライフワークはそれらを同時に満たしてくれるもの。

内側に刺激を求める気持ちがあり、しかし、外側には平穏な生活を望む思いがあると、その矛盾した欲求に振り回されてしまうものですが、実はそれらは両立するものなのです。
その道を探るのは自分自身との対話になるのですが、その内的欲求と外的欲求を同時に満たす道がそのままライフワークとなるのです。

根本先生、いつもありがとうございます。「7日間で自分らしい生き方を見つける方法」の3日目のワークで、自分の好きなものを100個以上上げるワークを実践しました(ネタばれであればすみません)。
自然や人の少ない美術館など静かなものを好み穏やかさを求める一方で、漫画などの作品は不安定なものを好む(たとえば背徳感のある関係性や絶望感の漂うストーリー展開など)傾向にあることがわかりました。外的な、というよりは内面的な刺激を好むようです。
人生を振り返ってみると、いつも自分にとって厳しい環境へ飛び込む選択をしていることが多くありました。人としゃべるのが苦手でパニックを起こしやすい性格なのに、
・上下関係と部活内容の厳しいテニス部に入部する
・高いコミュ力が求められるタイプの医療職を目指す
・初対面の人との交流の多いサークルに所属する
など、苦しんで当たり前の環境に行って、苦しんでいました。もちろん、その中で得たこともたくさんあったのですがそれ以上に傷ついたことも多いです。
刺激を求めるわりに、私は人よりも周りを気にしてしまう性格で、社会人なりたてのころは感情と思考の両面で頻繁にパンクしていました。
3年目には原因不明の体調不良で休職もしました。その後、比較的な穏やかな部署に異動し、仕事にも自分の扱いにも慣れ、人間関係もおおむね良好になり、心情としてはだいぶ穏やかになりました。
しかし、最近は燃え尽き症候群のような、無気力さというか、つまらないという感情に支配されてしまっています。
なるべくは自分のしたいことを優先して自分軸で、と思うのですが、そうすると仕事以外に人とのかかわりを避けてしまい、親しい人も少なくなり、それはそれで孤独感にさいなまれています。
今の好きな人もやはり一筋縄ではいかないタイプで、地で思っていることと正反対のことをのたまう人で苦しんでいるのですが、だからといって思っていることを素直に言える素敵な好青年に恋愛的な魅力を感じたことがありません。
周りからは、「おとなしい子」という評価も、「行動力のある人」ともどちらの評価ももらったことがあります。
根本先生にお聞きしたいのは、刺激を求めるくせに刺激に弱い私は、ライフワークをどのように考えたらいいでしょうか、ということです。いつかネタにしていただけたら幸いです。
(Yさん)

続きを読む

受け入れがたいできごとをどう受け入れたらよいのか?~前向きになろうとするのは逆効果になりやすい~

子どもを産めない年齢になっていく、とか、予期せぬ問題が降りかかってきた、とか、ものすごくショックなできごとが起きた、というとき、私たちはその現実を受け入れられず、もがき苦しむものです。
そんなときは無理に受け入れようとか頑張ろうとかしちゃダメで、しばらくは気持ちのまま嘆き悲しんだりするのがいいんです。

気持ちの整理をかねてネタ提供させてください。
子どもを持つことができないことをどう受け入れればいいのか悩んでいます。
不妊に悩んでいるという訳ではなく、好きな人と結ばれることができないまま子どもを持つことが難しい年齢になり、「好きな人と自分の子どもを持つ」ということが叶える可能性がなくなることを受け入れかねています。
夫の不倫が原因で離婚して10年、40歳を超えました。不倫はありましたが人に「付き合っている」と言える関係になった男性はいません。離婚するときは、さすがにあと10年あれば結婚も子どもできるだろうと思っていました。
「絶対に子どもを産みたい」と思い続けてきた訳ではなく「好きな人の子どもを持ちたい」なので、前の夫とは積極的に子作りをしたことはなく(前夫をそこまで好きと思えていなかったと思います)、離婚後も別に好きな人ができるとその人とうまくいく確証はないのに婚活をやめたりなど、子ども優先で生きてこなかったのも事実です。
子どもができないならその人生を受け入れられるだろうと思っていたのですが、「産まない」と決めた訳ではないのにそれが不可能になることについて信じられない、怖い、悲しい、などいろいろな気持ちが渦巻いています。
本やブログも読ませていただいているので、現状を自分がつくり出していることは頭では理解しています。数年前「どうして自分がひとりでそんなことをしなければならないんだろう」と考えるだけで悲しくなった卵子凍結を(年齢的にも金額的にも厳しさは感じつつ)前向きに考えられるようになったことは進歩かもしれないと思っていますが。
根本さんに受け入れ難いことを受け入れる術を聞きたいと思いながら、どこかで一縷の望みを期待してしまう感情を自覚しています。
(Kさん)

続きを読む

「いい夫」と「刺激的な彼」の間で葛藤するのは「結婚」と「恋愛」に求めているものが違うから!?

優しくて家庭的な居心地の良い夫と、刺激的できゅんきゅんしちゃう野良猫な彼氏との間で葛藤に揺れる武闘派女子の相談をよくいただいている私です。
そこを掘り下げてみると、そもそも「結婚」と「恋愛」に求めているもの(得られるもの)が異なっていることが原因であることが多いです。
じゃあ、そこからどうしたらいいのか?を考えてみたいと思います。

根本先生、いつもありがとうございます。
『辛かった頃の自分を解放してあげると本来の自分が蘇ってくる』で取り上げていただき本当にありがとうございました。
記事を見つけた瞬間、感激のあまり叫んでしまいました。(道端で)
今日はまた少し別件ですが身動きの取れない私にご助言いただきたく、メールしました。私には付き合って7年の彼がいます。
彼は結婚にはものすっごくいい人なのですがどうしても踏み切れません。
4年ほど前に婚約指輪とともにプロポーズされ、その時は喜んでOKしましたが、
いろいろあり(彼のお父さんが移植手術が上手くいかず亡くなったり…)間延びしているうちに私の気持ちも変わってしまいました。

今の私の気持ち、状況は、
・彼に対してもう好いた惚れたの感情はない
・彼と触れ合ったりセックスしたりが3年ほど前から無理
・7年付き合っているので情はかなりある
・彼は繊細・弱い部分もあり別れたらおかしくなっちゃうんじゃないか
・結婚するにはとにかくいい人(優しい、頼りになる、決して裕福ではないが食いっぱぐれることはない、とてつもなく平和平穏に暮らしていける、私の思い通りになる、料理が好き、家事も万能)
・逃したらもったいない!こんないい物件は二度と現れず後悔する
・結婚したらどうせ好いた惚れたもセックスもないなんて当たり前だから、ならばいい人と結婚しとくのがいい
・そもそも『結婚』にあまり魅力を感じない
・彼と結婚しても200%浮気する自信がある(私が)
・結婚は妥協の産物

すっごく思考がうるさいですよね…
感情と思考のパワーバランスをひしひし感じています。
贅沢ですし、我ながらひどいヤツだなぁ…

今、私は彼をキープしながら既婚者2人と関係をもっています。(さらに最近もう1人狙っている人がいる)
ちなみにですが、全員同じ会社で別部署の人です。(彼=4つ年上、既婚者18つ年上、既婚者25年上など)
既婚者の彼のことは『結婚したいくらい好き』ですが実際できる!となったらそれは違う…となります。

本音を言うと、
刺激的がいい!退屈は無理!恋愛至上主義!ドキドキしたい!ロマンス命!女を感じたい!

どうしたら決められるようになりますか?
決められないわたしに愛の鞭を…何卒…何卒…!!!
(Mさん)

続きを読む

大切なものを大切にするための断捨離のススメ~「自分軸」できちんと優先順位をはっきりさせてみる~

何事も頑張って取り組んだり、前のめりな情熱系な人は、力の抜き方が分からずに、自分があまり価値を置いていないものに対しても全力で挑もうとしてくじけたりしています。
でも、そうするとほんとうに大切にしたいものを粗末にしてしまうことになっちゃうんですよね?
そこから抜ける価値はおなじみの「自分軸」です。

根本先生ご無沙汰しております。
お元気でしょうか。昨年『お互いの常識の違いがパートナーシップを疲弊させる~正しさを選ぶと幸せは逃げていく~』でとりあげて頂いたAです。その節はありがとうございました!
その後、無事に結婚をし、教えて頂いた通り、自分の常識を押しつけるのはやめる様にしています。お陰様でコロナ禍の巣籠もり生活も平和に過ごしています(多分)。
今回は仕事について相談したいです。私は結婚を機に同じ職場でパートになりました。
家庭との両立に自信がなく、時間は半日のみです。上司に直談判してお願いしました。
私は今の仕事に適性がなく、明らかに他の人よりも経験量が少なく、それなのにお恥ずかしながら仕事を掘り下げようとする情熱が全くありません。
これを読んだ自武女の方は、さっさと辞めてしまえ!と思うかと思います。
ただ他にやりたいこともなく、30代ですが転職するエネルギーもなく、今の職場はお金のためと、社会との繋がりのために働いています。
勿論、せめて任された仕事はまっとうしようという思いでやっていますが、パートで時間も短くなっているので、職場ではお荷物みたいに思われていると思います。
仕事のことを考えたくないし、仕事に関すること、苦手なことは思考がストップしてしまい、それ以上考えられなくなるし、仕事中本当に疲れやすい私は頭がおかしいのか…と本気で心配になります。
仕事が本当に苦手という人が周りにおらず(なんやかんや興味をもって皆楽しそうにやっている…)私だけ変なのかなと思います。
社会不適合なのかなとも。それとも、違う分野に行った方がいいのか…とモヤモヤしてしまいます。仕事というだけで拒否反応が自分にあります。心理学でこの状態の私を客観視していただけると幸いです。何かアドバイスを頂けると救われます。
(Aさん)

続きを読む

恥ずかしさ、人目を気にする、考えすぎると気が散って自分を解放できなくなるよね!~もっとリラックスして自分らしく振舞えるようになるために~

セックスの問題ってその人の本質的な問題を表すので、今日も少し話を膨らませてみました。
恥ずかしがり屋=人目を気にする=考えすぎ、という図式が存在してまして、そうなるとセックスにしてもそのほかのことにしても「緊張」が付きまとって自分を出せなくなります。
なので、いかに自分軸を確立して「緩めるか?」が重要になって来るんです。

根本先生、36歳ド自立系武闘派女子です、
お世話になっております(一方的に)。
3年お付き合いしている大好きな彼とのセックスについて、今さら悩みが生じてメールしております。
ここ数ヶ月、不完全燃焼と言いますか上手く楽しめていない自分に気付いてしまいました。
彼は既婚者なので限られた時間の確保のため、逢瀬はいつも私の家。
私は声のボリュームを気にしたり、この後ひとりで眠るベッドが汚れる事を気にしたり(汚すような体質もコンプレックス)と、今一つ集中できずにいます。
毎回『気持ちぃ所に集中するぞ!』と言い聞かせて臨んでいるのですが、その言い聞かせはバリバリ思考を働かせ逆効果なのでしょうか?
いつも良きところで声やあれこれへの制御に意識を持っていかれ、気付けば不完全燃焼を繰り返しています……
異常なほどの恥ずかしがりを自負しているので先日の『受け取り下手で~恥ずかしがり屋のあなたへ』を改めて拝読し、まともになった気がしていた自己肯定感を差し置いて未だに自己嫌悪が悪さをしているのか……と哀しくなりました。

聴く力のない母親が苦手で今やっと遠ざけ快適なのですが、でもそんな母が大好きって事になっちまうのは勉強済みで。
20年前に父が他界した時に、母はまだ39歳だったのに今もずっと男を作らずいる事へ罪悪感があるのでしょうか?
その後、母は高血圧や子宮筋腫での入院や手術が続き、母や弟のケアなど私がどれだけ必死になっても周りは母の心配しかしなかった怒りや淋しさが癒せていないのでしょうか?
母が子宮を摘出している事にも罪悪感があるのでしょうか?
根本ブログを読めば読むほど課題やアファメーションが増え続けていてパニックな私でも、彼とのセックスを満喫できるようになれるのでしょうか?
(Aさん)

続きを読む

自己肯定感は確実にあがっているのですが、容姿コンプレックスだけはどうにも越えられない。

容姿というのは見えるものなので思春期以降、たいへんコンプレックスになりやすいものです。皆さんも少なからず感じたことがあるかと思います。
その容姿コンプレックスについて今回も少し掘り下げつつ、乗り越え方を考えてみたいと思います。

ブログいつも興味深く拝見しています。会社員兼業の劇団員、アラサー男性です。
ネタの一つにでもしていただければと、不躾ながら投稿させて頂きます。

私は過去、両親からの心理的虐待・過干渉に苦しみ、中学高校でいじめを受け、と典型的な自信喪失ムーブを経て今に至り、今なお会社でも孤立する日常です。
このブログや根本さんの本のおかけで少しづつ気持ちは改善していると思いたいのですが、昔からの「自分の容姿へのコンプレックス」という大きな壁が最後まで残り、どうにも越えられない感覚があります。

私はとても地味で冴えない、気持ちの悪い容姿をしており、そのせいでいじめられ、軽んじられているのだと思ってきました。
顔の気持ち悪さを少しでも薄めようと、できるだけファッションを派手なものにしたりしますが、会社に行く日は限度もあり、どうしても他人の目におびえ続けている自分がいて、毎日吐きそうになりながら家を出ます。

しかし最近、妻にこんなことを言われました。
「あなたの見た目に対するこだわりは病的だ。身内のひいき目もあると思ったから今まではっきり言わなかったけど、あえてあなたの容姿を評価するなら、少なくとも並以上。イケメンと言っても異論は出ないと思う。役者の仕事でイケメンキャラの役をもらったり、ファッション誌のスナップに撮られたりしてたこと、今までどう思ってたの?」

「自分の容姿は悪くない」という、その発想自体が自分の中になさすぎて、瞬時に混乱し、全く何も言葉が出ませんでした。
初めて天動説を聞かされた昔の人ってこんな感覚なのか、とさえ思いました。
しかしその妻の言葉を信じるとすれば、学校で、今なお職場で、バカにされ続ける気持ちの悪い顔の自分はいったい何なのか。
確かに役者の現場での評価は不思議にも思いましたが、同じ人間に対する印象がそんなに変動するものなのか。
今更ながら、自分というものが全くわかりません。

とらえかたによっては自慢と思われそうな気がして、人に相談することもできません。
この混乱をおさめる第一歩は、どこにあるのでしょうか。
(Yさん)

続きを読む