「今の私で生きていく」という覚悟ができると何もない私でも一歩前に踏み出せる。

私たちは自分が持ってる魅力や価値は当たり前のものなので、なかなかその価値を感じられないものです。
むしろ、ないものの方が目立つので、つい自分には何もないと思ってしまうのですが、そんなときに開き直れるアファメーションです。

根本先生、お久しぶりです。以前「頭で分かっているのに体が動かない理由→・・・」で取り上げて頂いたMです。あれから3年が経ち、自分の人生が行き詰まってしまいました。

当時付き合っていた彼とは、付き合って5年・同棲して1年半で別れることとなり、結婚前提で彼の住む県へ引っ越したので、正規職も辞め非正規で働いていました。
つまり別れ=「家なし・職なし・金なし・彼氏なし アラサーBBA」へと変化・・・。
崖っぷちも崖っぷち、指5本でどうにか耐えているようなものです。

年齢からの焦り、寂しさや元彼への強がりから、婚活パーティーやマッチングアプリも試しましたが、知り合うのはアム○ェイ信者や姪の遊戯会出席のためデートをキャンセルする人、私の顔写真を見て音信不通になるような人ばかり。
元彼からも別れの餞別に「俺以上の人と、君はもう出会えないと思う」と呪いをかけられており、本当にそうなっている現実に恐れしかありません。

3年前には「自己嫌悪が激しいため、自分を含めあらゆることが嫌いに思ってしまう」と分析して頂きましたが、より強まっているのでしょうか。
一応自分なりに元彼との別れと向き合い、その都度大泣きしたり喚いたりして、元彼を好きだった気持ちや、元彼からの愛、別れなければ良かったという後悔も、全てちゃんと5年間の期間があったからだと消化しつつあります。

ですが、若さもなくなり元より容姿も良くない、学歴も職歴もない、お金も女性性もない、ないないづくしの私には、これからも茨の道が待っている気がしてなりません。
そしてどこかでそのことを肯定してほしい気持ちと否定してほしい気持ちが混ざり合っていて、とても苦しいです。

私はいったいどうやって生きたらいいのでしょうか。

長くなってしまいましたが、取り上げて頂ければ嬉しいです。
根本さんの元にサンタクロースが来ることを祈っています!笑
(Mさん)

続きを読む


ライフワークを生きていると「頑張る」とか「努力」という認識がなくなる。

「根本さん、ほんとあちこち飛び回ってますけど、よく疲れないですね?」

「いや、疲れるときもありますよ、もちろん(笑)でも、旅が好きなんですよねー、ほんと。だから、苦にはならないです。むしろ、ずっと同じ場所にいる方が疲れちゃうと思います。」

「ブログ書いて、本も書いて、いろんな文章書いてるじゃないですか?ほんとすごいなって思うんですけど、しんどくなったりしないんですか?」

「もちろん、しんどいなあ、と思うことはありますよ。産みの苦しみなんてしょっちゅう体験してますし。でも、書くことが好きなんですよね。だから、嫌じゃないんですよ」

「なんでそんなに頑張れるんですか?私はそんなにはできないな、って思っちゃうんです」

「そうですねえ、頑張ってる感覚ってあんまりないんですよねー。頑張るぞ!って感じるのは銀行巡りとか事務作業とかのときくらいで(笑)」

旅が好きだから大阪に家がありながらも「東京在住ですよね?」とか「大阪の家に帰ることあるんですか?」とか聞かれる生活をしています。

去年も4冊本が出て、今年も3~4冊は本を出させてもらってます。
「いつ書く暇があるんですか?」ってよく聞かれるんですが、いつの間にか書いてます。
あ、もちろん、「よし、今から本を書くぞ!」と思いながら書いてますよ。
夜寝て朝起きたら書けていた、、、なんて幸せなことは今のところ一度も起きていません(笑)

続きを読む


自己肯定感があがると今やっていることに意味を感じなくなる!?

自己肯定感があがっていくと今まで主力だった「犠牲心」が影を潜めるようになり、やってることに意味を感じなくなったり、頑張れなくなったりします。
でも、それはとても順調かつ素晴らしいプロセスなのです!今日はその心理を詳しく解説します。

こんにちは!いつも楽しくブログを拝見しております。ありがとうございます(*^^*)

私は一年半程前から自己肯定感を上げるワークに取り組んだり、セミナーに参加したりしていますが、あることに気づいてから何に対しても興味や関心が持てなくなってしまいました。

成長したい、もっと自信を持ちたいと思い、勉強、仕事、美容などに取り組み、自分なりの目標を達成して確かに変化や成長はあったと思うのですが、しばらくすると「それが何になるのだ」というような無価値感がやってきます。

また、私のこれまでの行動(仕事~趣味~恋愛に至るまで)の全てが孤独感や寂しさを埋めるためのものだったと気づき、絶望しています。
心の穴を埋めることをやめたら、もう何に対しても価値を感じなくなりました。
今はまた寂しさの中にいます。

「起きていることは全て正しい。」
私の大好きな言葉です。
孤独を感じることで私は何を得ようとしているのでしょうか?(物心ついた頃から既にそのような状態だったと思います。)
自分でもよく分からず困惑しています。

アドバイスや考え方のヒントを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
(Sさん)

続きを読む


「人の不幸は蜜の味」と「出る杭は打たれる」の心理的な意味

他人の不幸を面白そうに話したり、ニヤニヤしながら聞いてしまうのは、自分の心の中に退屈や居場所のなさ、自信のなさ、必要とされていない思いなどがあって、それが慰められるように感じるからなのです。
だから、そんな不幸話を提供してくれる人が幸せになっちゃったら、それに嫉妬して、出る杭を打つがごとく、攻撃したくなるものなのです。

根本先生、こんにちは。
根本先生のブログと本に人生救われたと思うほど、お世話になっております。

旦那から離婚を突きつけられ、心身共に弱っていた時に根本先生の本に出会い、自分を目つめ直し、旦那から「ここまで俺の事をわかってくれる人はいない」と言われるまでになりました。

ちょうど、離婚問題の真っ最中に私が転職したため、今の職場の同僚はみんな私が離婚しそうだったことを知っています。
その後、ここまで来るには本当に大変でしたが、根本先生の本やブログのおかげでやっと幸せと言えるまでに修復してきました。
周りもすごく話を聞いてくれたりアドバイスをくれて支えてくれて、本当に感謝しています。

ところが、私と旦那がうまく行くようになるとみんな手のひらを返したように「別れなよ」となってしまい困っています。
最近になって、旦那が私の誕生日に会社まで迎えに来てくれたり旅行に連れて行ってくれたりしてるのですが「だって、あんなひどいこと言った人だよ?」「あれだけのことをされたの、忘れたの?」など、『あんなことまでされて許せるあんたが信じられない』というように私が責められます。
あまりに責められて、辛くなってきました。

また、旦那は旦那で私にべったりになってしまい、もともと依存基質だったのか赤ちゃん返りのように甘えるようになってしまい重いくらいです。嬉しくもありますが、私が頼ったりできる状態ではなく、私の意見を聞いてくれる人が周りにおらずとても辛いです。
よかったら、リクエストで取り上げてください。
寒くなってきましたので、お体気をつけて。
(Kさん)

続きを読む


カウンセリングに行くと疲れちゃう他人軸人生を歩んできた私

初めてカウンセリングに行ったら疲れるのは当たり前だと思いませんか?
どんなことをするのか、何を聞かれるのか、前の晩は眠れない方もいらっしゃいますから。
そういうの、筋トレと同じだと思っていて、カウンセリングに行って疲れるのは、トレーニングして筋肉痛になってるのと似てると思えば大丈夫じゃないでしょうか?

続きを読む

「おじさんとねんちゃん。」があるあるすぎて笑える件。

島根県在住のイラストレーター、巴さん(https://palicosp.com/)が無料マガジン(ぱりこれ)とエッセイマンガ(おじさんとねんちゃん。)を送ってくださいました。

おじさんとねんちゃん。めちゃくちゃハマりました。あるある過ぎて笑いました。やはり自立系武闘派女子(自武女)というのは世界中に生息しているのですね・・・(遠い目)。そして、ぜひ、自武女の皆さんに読んで頂きたいと思いますので、セミナーに来られたらぜひご覧ください。神楽坂には常設しておきたいと思います。「これあたしだ!」という叫び声があちこちからあがることが楽しみです(笑)

続きを読む

同性の相手を引きずってしまうのは自分が幸せになる許可が出せていないからでしょうか?

子ども時代に愛情に飢えると(我慢してくると)思春期以降、誰かに依存することで、親からの愛情を埋めようとすることがあります。
でも、それは不自然なことではなくて、当たり前のこと。
だから、自分で自分を子育てする気持ちで向き合っていくとその思いも手放せるのです。

半年前に同性不倫が終了し落ち込み、根本先生のブログにたどり着きお世話になっています。笑

文章がとてつもなく苦手でまとまりがないとは思いますが、ネタにして頂ければと思います。

同性不倫が始まる前に、旦那の浮気がなおらないことに悩んでいたり、育児、家事、仕事、全てのことをこなすことに、毎日頑張りすぎてしまっていたところ、7年前高校のときに付き合っていた同性の子から連絡がありました。
高校のとき精神的にもかなり頼ってしまっていて、完全に依存していました。
それをわかっていて気をつけていたのですが、また連絡を来たのをきっかけにどんどん惹かれていき依存してしまいました。。。

半年前、もうこんな依存して苦しい思いから抜け出したい、逆に相手に依存している自分と葛藤する中、相手ともうまくいかなくなり、相手に好きな人ができたということで、終わりを迎えました。

半年間根本先生のブログを読みあさり立ち直ってきたと思ってきましたが、SNSをきっかけに連絡を取ってしまい、またあのときの思いがぶり返してきて、苦しいです。。

それをきっかけにようやく自分の幸せを考えるようになり、旦那とは今は離婚を前提に別居しています。

家庭環境としましては5人兄弟の真ん中です。笑
両親は私たちを養うために、必死に働いてくれていました。高校時代はお金はなく貧しい思いをしながら過ごしていましたが、両親にはとても感謝しています。

こんなに旦那ではなく同性の相手を引きずってしまったりこだわってしまうのは、ただ単に私が自分に幸せになっていい許可を出せていないだけなのでしょうか。
それとも、ずっとその相手を思い続けている自分に浸って甘えて現実を見ないようにしているのでしょうか。

もしネタになれば使って下さい!!!
(Sさん)

続きを読む