「与えたい人」が注意すべき「自立の依存」の罠について。

元々与えたい人は自立的な生き方をしているのですが、オーバーワークになると隠れていた依存が出てきて相手に不満を持つようになります。
そんなときにどうしたらいいのか?を考えてみたいと思います。

根本先生こんにちは。10年前離婚前に心理学系のwebを読み漁っていた時に根本先生を知りました。
そしてまた10年ぶりに心理学のwebを読み漁っていたら根本先生にいきつきびっくりしてメッセージしました(笑)
悩み始めると必ず根本先生にいきつく、という事ですね!

元旦那は野良猫以下の行動を取る人でした(笑)
そこはもう吹っ切れているのですが、その直後に出会った彼とお付き合いして7年になります。
根本先生のブログを読み漁ったところ、きっと私は武闘派女子のカテゴリにくくられるかと思います!
最初の頃は癒される存在で良かったのですがここ数年は受け身な彼にモヤモヤしています。
君の好きにしていいよというスタンスなので、こちらが計画を立てないと動かないですし
空いてる日をあらかじめ言っても「わかった!」といって誘ってきません。
今までなら私が動いて計画もしていたのですがもう疲れてしまってしたくありません(笑)
彼にリードしてっていうのは無理な話なのでしょうか…。
じゃぁ私はどうしたいかというとフェードアウトしても構わないと思ってるのですが
離れようとする言葉を口にすると彼が怒ります…。彼がどうしたいのかわかりません。
このウダウダが3、4年程続いてしまっているのでネタにでもしていただけると最高です。

よろしくお願いいたします。
(Rさん)

続きを読む

他人との距離感が異常なほど気になる人はそれだけ才能が豊かなんだから「ふつうの人」として生きようとしない方がいいんじゃない?

とても敏感な人は他人との距離感が異常に気になったり、周りの人の影響を受けてしんどくなりやすかったり、人が凄く怖かったりするものです。
それは「個性」で「才能」なので「それが私だから」と受け入れること、そして、ちゃんと自分を守ってあげる意識を持つことがお勧めです。
さらには「人とうまくやんなくてもいい」という許可を出してあげましょう。

根本先生、
いつもリツイートといいね、ありがとうございます。
先生のお陰で様々な方からもいいねして頂き、元気を頂戴しております。

皆様のようにご相談をネタにして頂く事に憧れつつ勇気が湧かず、皆様のネタから勉強させて頂く日々でしたが、意を決しました!
今バクバク言わせながら書いておりますw

パニックのせい?で広場恐怖?なのか、電車に乗れなかったのですが、(自宅から駅に近付くにつれ増える人口も恐怖でしかありませんでした)、最近はちょっとずつちょっとずつ目的地や時間帯、路線によっては克服しつつあります。

他人との距離感が異常なほど気になる事に悩んでおります。
エスカレーターは前後3段以上は空けたいのですが詰めて来られる方々に恐怖を感じてしまいます……
人混みを歩かなければならない際もとにかく周りを気にして自ら車間距離ならぬ人間距離をとり、恐怖に備えるわけですが、トリッキーな動きの方にぶつかられてしまった時はぶつかったところが異常に気になり痒みを感じたり、自分にものすごく邪魔者感と言いますか、ステルスなのかな?と気に病んだりします……
潔癖症なのでしょうか……

男性女性問わず人が怖い理由としまして、痴漢にあったり、ストーカーされたり、レ◯プされたり……が関係あるのかな?と思い、先生のブログでセクシャリティについて勉強したり認めたり出来たつもりでいましたけど、今一つ腑に落とし切れてない部分があるのでしょうか……
克服出来る手段があればご教授頂きたく思います。
よろしくお願い致します。
(Aさん)

続きを読む

日本全国の生理痛持ち女子に根本さん愛の手をお願いします(はあと)

生理痛やPMSについて私が熱弁を振るってもいいものか?という疑問はさておき、お陰様で武闘派な女子に囲まれて生きているので、その辺の情報も色々とあるんです。
改善例も多いので、良かったら取り組んでみてください。
あ、前半はどうでもいい話に終始してますので、お忙しい方は中盤以降をお読みください(笑)

根本さんこんにちは。
『「信頼して与える」のカギは「自分軸」にあり。』
のブログの文章
「ただ、いつでも思い出せるようにメモにその魅力や才能を書き記してお渡ししましたけど。」
えっ!?根本さん優しい!根本さんってさりげない心配りが出来ちゃうカッコいい方だったんだ!と私やっと気づきました。そういう優しさを私も受けとっていいんだと涙出ました。ありがとうございます。

女子力アップと根本さんの尽くしたガールの記事を読みたくて『BAILA』6月号を購入しましたら、『生理ちゃん』が載っていました。

私も生理痛きついです。PMSもあります。
ありがたいことに私は臓器に異常もないですし、ホルモンバランスも正常です。
生理痛が和らぐアファメーションがとかがありましたら、根本さん教えて下さい。

私、20代前半の時に生理痛で意識を失った時に、救急車の中で血圧とかを測ってもらいました。救急隊員さんが「下の血圧が・・・ない!」と驚いていました。私、30歳越えて生きないだろうなーと思っていたら、生きてます。

生理中は波がありますが、痛くて痛くて悪寒はするし吐きそうだしで仕方がないです。私は生理期間中の1週間はビニール袋必須です。いつ吐いてもいいように。

ついさっきまで私は子どもみたいに「痛い痛い」と呻いていました。痛み止めは副作用が出る為に飲めません。漢方薬やサプリを試しています。痛みの波が引いて来たので今これを休み休み書いています。

私生理痛の罪悪感あると思います。
ワークショップに行きたくても生理中だと動けないし。
でも私変わるんです。幸せになるんです。

ちなみに私はお母さんのお母さん役です。両親に弔辞と結婚式の時に読む感謝の手紙は書きました。両親の誕生日にメッセージカード付きでプレゼント渡したりしています。
それと、私は同居している父方の祖母のことが自分勝手で嫌いなので、お恨み帳を書いたり誕生日におめでとうとプレゼントを渡しました。

日本全国の生理痛持ち女子に根本さん愛の手をお願いします(はあと)
(Mさん)

続きを読む

罪悪感なく好きなことに夢中になりたいのですが、学生なのでお金のことを気にしてしまいます。

お金というのは親から引き継いだ観念がそのままインストールされていることが多いもの。
その結果「お金軸」になっちゃってる場合も多いんですよね(それも親から引き継いだもの)。
なので、「今できること」に意識を向けて、自分軸を確立することがまずはおすすめなのです。

根本先生、こんにちは。
本でブログで、たくさんお世話になっております。

学生のお金との付き合い方についてリクエストさせて頂きます。

わたしは大学4年生で、大学院に進学予定。
奨学金を借りており、自由に使えるお金はあります。とはいえわたしは浪人しているし、周りは働いている(4月から働く)しで、未来の自分に借金して好きなことをすることに罪悪感があります。

自分が将来すごい稼げるようになるとも思えないけど、趣味も楽しく、罪悪感なく好きなことに夢中な自分になりたいです。
社会がどんなかまだ知らなくて、大人になった自分を信じられなくて怖い?先輩武闘派女子の方々と話したらわかるかしら。

不況が理由で、父は10年以上前から単身赴任。両親はお金がないからが口ぐせでした。

早く稼げるようになって、家族のお金と自分のお金を切り離したい。
でもまだ学生のうちにやりたいことがある。

やることって感謝と自己肯定感だとは思うんですけど(笑)、先生、わたしに活を入れてください!
(Nさん)

続きを読む

セクシャリティをブロックする硬い硬い壁の意味と外し方

その人らしい魅力を表し、生命力の象徴でもあるセクシャリティ。しかし、幼少期からそれをタブーとして硬い壁の中に閉じ込めてしまい、パートナーシップや仕事などに問題を抱えるケースもとても多いものです。
そんな自分を解放し、自由にしてあげたらどうなるのか?そして、どうしたらいいのか?についてお話しています。

「問題と才能の現れ方~例えば豊かなセクシャリティを持つ女性はヒーラーであり、それがゆえに傷ついてしまう~」

この記事がとても好評で、そんなテーマを持つ方とお会いする機会がまた増えました。
しかし、ほんと皆さん、才能豊かで、ヒーラーなんだなあ、としみじみ思います。
それだけのエネルギーを持ってること、ちゃんと受け取ってね!(笑)

そりゃあ、女性は命を生み出すことができるんですから、誰でもセクシャリティがとても豊かなのは自然なことです(セクシャリティ=生命力でもありますから)。

とはいえ、性的なことがタブーな社会の中では、そのセクシャリティは忌みされ、禁じられてきました。

テレビでベッドシーンが流れたら即座にチャンネルが変えられたり、子ども時代にそうと知らずオナニーをしていたら母親に激怒されたり、体の発育が人より早くて恥ずかしくてそれを隠そうとしたり、セックスに興味を持ってもそれは隠れたもの、いけないことになっていたり。

だからこそ、性的なエネルギーが強い人ほど、それをより強い力で隠さなければならなくなります。

そのセクシャリティを抑圧する方法というのが、

・恥ずかしがりや→自分を出すのが恥ずかしい。自分の内側を見せるのが恥ずかしい。

・自己嫌悪→自分が嫌い、汚い、ダメ。自分なんか表に出てはいけない。

・罪悪感→自分は穢れてる、綺麗じゃない。自分を罰しなければならない。

・秘密主義→人に自分の内側を見せない。自分を隠さなければならない。

などで、それを使って「え?私は性的なものには全然興味ありませんよ」という態度を採るようになるんです。
続きを読む

考えているばかりで行動できないときに取るべき7つのプロセス。

「やりたいことがあるのに足を踏み出せない」という方からのご相談はとても多く、ライフワークに関するもの、結婚、離婚に関するもの、様々なジャンルがありますね。
そんなときに心の中で何が起きているのか?そしてどうしたらいいのか?を7つのプロセスに纏めてみました。

実は似たテーマで本を書いていまして(自分で決められるようになる本)、でも、出るのは来年6月予定なのですね(これは宣伝を兼ねています!!)。

なので、ちょっと違う角度から今日のテーマを取り上げてみようと思いました。

ライフワークセミナーやお弟子さん制度をやっていまして、「こうしてみたらいいじゃん」というアイデアに対し、サクッと動ける人と、才能や実力や人望はあるのになかなか動けない人がいるんですね。

そもそも「待つ女」シリーズというのもありまして、「行動するのに時間がかかる」というタイプの方もいます。

なので、セッションなんかではまずは「まあ、そういうタイプだからねえ。その気になったら動けるようになるから、それを待つってのも手だよ」なんて話をしています。

「やりたいことがある。こういうアイデアを実現させてみたい。」という思いがあるにも関わらず「考えてしまって動けない」というのは、やる気があるかないか、という問題ではないってことなんです。
続きを読む

18年連れ添った夫婦はお互いを見て見ぬふりして何となくやっていくものなのでしょうか?

そう思うってことは、そうしたくないってことですよね?(笑)
ならば、ちょっと今までの人生を棚卸しつつ、自分らしい人生をデザインしていくにはちょうどよいタイミングではないでしょうか?
お金軸、旦那軸、母軸を手放して、自分軸、を取り戻すチャンスなんです。

はじめまして根本さん。Yと申します。

根本さんの記事は、どれもこれも私のことかしら…と思える記事ばかり。もれなく、他のお姉様がたと同じ。なるべくして入信しております。

夫の不倫から、私自身がどっぷり他人軸で生きていることを知りました。
両親は不仲でしたので、子どもが居なかったら離婚してる。と母から言い続けられ育ってきました。経済的に離婚できなかった母の「女も手に職を」スローガンの下、資格職を取得しました。
そこで出会った高給取りの夫のもと、結局専業主婦を希望され資格職は生かされぬまま…。

幼少時からの傷を少しずつ癒しながら、自分軸になれるようワークを少しずつ進めております。

そして、この度、資格職を生かす事となりました。が、夫はこれに大反対です。
私が外の世界に出ることに焦っているようです。私を大好きすぎて籠の中の鳥にしたいそうです。好き好きアピールand好きって言ってアピールに、結局私のことを好きなのではなく、自分を好きと言ってくれる私が好きなんやな。と。私自身、そんな彼に疲れました。
不倫後、再構築を目指してやってきましたが、自分の気持ちに蓋をして再構築してきた事が災いしてきたのでしょう。やっぱりここで、夫への恨み辛みが出てきました。
私自身は夫への執着はもはや無く、ただ子供のことを思えば離婚するべきでない。と感じてます。(3人の子がいる身としては、やっぱり教育費が膨大にかかります。)
そして、これはまさに私の母と同じ考えに到達していることに愕然としてしまいます。
私だけなら、資格職でやっていけると確信しておりますが、子供のことを考えると…難しいのが現状です。

18年も連れ添った夫婦は、そんなお互いを見て見ぬ振りしてなんとなーくやっていくものなのでしょうか。でも、今のままではただただストレスを感じているようです。ストレスが原因と思われる耳系の病気になってしまいました。

ありがたいお言葉を賜りますように。

良かったらネタに取り上げてもらえれば幸いです。

よろしくお願いします。
(Yさん)

続きを読む