自立系武闘派女子が武器を手放したら女性性が解放されて弱くなったように感じる件。

誰かのために自立して戦うことを選んだ武闘派女子たち。
彼女たちが武器を捨て、戦うことを手放すと、女性性(女神性)が開花していきます。
それが本来の姿だから自然なのことなのですが、その分、弱くなったり、不安になったりするものです。

根本先生

こんにちは(*^o^*)
大阪セミナーに何度かお伺いし、グループコンサルでもお世話になったHと申します。

今日のメルマガはまさしく私へのメッセージに感じて、1つ質問があり、セミナーを待ちきれずメールしております。
回答をいただければ心から嬉しいですし、根本先生大好きです!

教えていただきたいのは、変わった自分を認め、成長していることを感じたら、過去を終わらせることはできますか? です??

武闘派女子の私は神様から強制終了が掛かり、今、人生の夏休みを過ごしています。
入退院~自宅療養で約1ヶ月半会社を休んでいます。(*^o^*)
来週から仕事に復帰します。薬の副作用から身体はまだシンドイので、これからはボチボチ楽しくやっていこうと思っています(*^o^*)
4月に穏やかな部署に異動して、これからは17時30分の定時にも帰れるので神様は粋な計らいをしてくれています。

私はこの夏休みに、頑張る、無理をする、部下を庇い矢面に立つ、犠牲になる、戦う、他人軸ばかりだった自分をかなり手放せました。
病気になり、自分を褒めて家族や友人に甘え、会社の優しさも受け取り自分に与え、身体も気持ちもかなり楽になりました。
夏休み最後には、私が10代の時に家庭内暴力を振るっていた父へ、亡くなった父へ恨み辛みの本音や育ててくれたお礼の手紙をかいて所縁の神社に納めることまでやりました。

ただ3月末までの以前の部署での出来事に対してまだネガテイブな感情を思い出すと未だ悔しい哀しい気持ちが湧きます。これを手放して今を楽しく気楽にこれから生きていきたいです。
復帰する不安からなのか、この数日以前の頑張る、無理をする、部下を庇い犠牲に矢面になる、嫌な仕事からは逃げるズルい男から悪者にされ悪口を言われる、言いがかりを言う専門職に対して事務課として必死で戦う等いろんな事を思い出し、涙がポロポロでます。
大丈夫かいな私!!って感じです。
(Hさん)

続きを読む


「変わりたいけど変われない」を乗り越える3つの提案。

「今のままじゃダメだと思っているけれど、なかなか自分を変えることができない」というお話をよくお伺いしている根本です。

「そのうち、その気になるから、それを待ってたらいいんじゃない?そもそも、私のクライアントさんには『動かない妻たち』というシリーズ物もあって、、、」

「いや、それは前にもお聞きしました!けど、早く変わりたいんです!」

というやり取りもよくあります(笑)

今の状況がしんどくて、苦しくて、という場合はなかなか喫緊のテーマですが、そうでなくても、「今の状況を変えたい」「自分を変えたい」という方も多いと思います。

なぜ、変われないのか?ということについては、ほんとカウンセラー人生と同じ年月だけ考えてきたと言っても過言ではないので、色々とお話しできるネタはあります。

ただ、そうして色々な人とお会いしてきた中で、

「その気になったら変われるから、それを待っててもいいよ」

という提案に結びついていることも事実です。

「変わらなきゃ」には「自己否定=今の自分ではダメだ」という意味を伴うことが多いと思いません?

自分を否定して、自分に鞭を打って、それで走りだそうとしても、やっぱりしんどいだけなんです。

「変わりたいけれど、変わりたくない」と思う裏にはいくつかの原因がよく挙げられます。

「勇気がない。怖い。」
「自信がない。」
「その先がどうなるか分からない。」

どうでしょうか?皆さんも心当たりがありますでしょうか?

新しいことにチャレンジすることが日常的になっている人や、常に変化の中で生きてきた人たち(要するに不安定な日常を送っている)にとっては、怖いのも、自信がないのも、どうなるか分からないのも当たり前になっています。

だって、新しいことにチャレンジするんだから、その先どうなるかなんて実際やってみないと分からないわけですし、初めてのことをするんだったら自信がないのは当たり前ですし、チャレンジするってことは「怖れ」と同義語だから、そんなのはふつうのことだし、と考えるのかもしれません。
チャレンジに慣れている人は、怖くないことはしない!くらいの人もいます。

だから、「変わりたいけれど、変われない」とおっしゃる方は、そういう意味で初心者マークであることを忘れてはいけません。

30歳でも、40歳でも、それが初めての経験であれば、初心者マークです。

だから、怖くて、自信がなくて、その先がどうなるか分からなくて不安になるのは、当然のことなんです。ふつうです。
逆に、その怖れがなかったらヤバいです。(無茶しやすいから)

でも、その怖れが強すぎて変化できないならば、いつまで経っても動けません。
もちろん、その間に自己嫌悪はどんどん増していきますよね???
続きを読む


なぜ、幸せになっちゃいけないと思っているの?

とっても素敵な人なのに、なぜかあまりいい出会いに恵まれなくて、周りの友達からも「え?なんであの人と?」と言われるような恋をしてしまうこと、ありませんか?

幸せになりたい!と思っているのに、いつも幸せになれない人ばかりを選んでしまうような気はしていませんか?

頑張り屋さんで、実力もあるのに、なぜか、報われない仕事ばかりをしていたり、色々と配慮できる長所を持っているのに、いつも人疲れしていて休日は疲れを取ることだけにエネルギーを向けざるを得なかったり。

そういう方とお会いすることがとても多い私です。

「なぜ、幸せになっちゃいけないと思っているの?」

そんな質問をよく投げかけています。
もちろん、意識的にしていることじゃないから、その答えは

「分かりません」

がほとんどですけれど。そして、そんな自覚はないことがほとんどですけれど。

「自分では幸せになりたいと思っているんですよ。でも、なぜか、こうなっちゃうんです」

そんな声もよく耳に届きます。

「そりゃそうだよねえ」
続きを読む


相手のトークの勢いやエネルギーが強すぎて精神的に消耗してしまう。

いい人をやっていると自分にダメージを与える相手に対しても、誠実に、まじめに、ちゃんと対応しようとしてしまうものです。
そこではいい人を辞めて鬼畜生になり、嫌われることもいとわずに距離を取る、壁を構築する、逃げることなどがお勧めです。
何よりも大切なのは自分自身だと思いませんか?

根本先生 はじめまして
長年の愛読者ですが今回初めてリクエストしてみようと思いました。
投影の法則を当てはめてみても、解けない命題にぶち当たっています

それは 対話のパワーバランスの問題です
あまりにも相手のトークの勢いやエネルギーが凄すぎると、追い詰められてる気分になり、息が詰まったり涙が出そうなほど、打ちのめされてしまうのです。

例を挙げると、
・こちらの発話がまだ終わらぬうちに被せたり、遮って話し出す生徒さん(大人)や同僚

・酔っぱってハイになり、娘(私)と話すのが嬉しくて仕方ない父の異常なテンション

・こちらが相槌を入れる間もなくひっきりなしに話続けるお客さん

・何の話を振っても、自分語りに持っていく人、

私の場合、その場だけでなく、もうその日1日、力が入らないほどエネルギーを奪われてしまい、精神的に消耗してしまうのです。
そのような相手がお客さんや生徒さんだと避けて通れず、何か解決の糸口が見つかれば嬉しいです
また、私は広場恐怖症を、父はパニック障害を患いました。
その事も何か関係あるかも知りたいです。

核心をつくような辛辣なお返事も大歓迎ですのでよろしくお願いいたします(*^^*)
(Hさん)

続きを読む


素直に自分の気持ちを伝えられるようになるために、できない自分を許してあげる。

素直に自分の気持ちと伝えられないことを「ダメ」だと思っていませんか?
それは今の自分のありのままの状態なんだから、やっぱり受け入れてあげたいよね?
できないことを否定するのか、肯定するのかで、その後の展開が大きく変わります。

根本先生、こんにちは!
私はおそらく自立系武闘派女子(武器はあまりない)の長女です (笑)
いつも先生のメルマガ、ブログに元気をもらっています。ありがとうございます!!

さっそく本題なのですが、私はずっと昔から素直になることができません!
というか、素直に自分の気持ちを感じることはできるのに、それを素直に相手に伝えられません。それに、伝えられたとしても、何かモヤモヤするというか…
よくいえば、ツンデレ?
悪くいえば、伝えるのが下手、不器用?です。

昨日の彼との電話で、
「いや~久しぶり話したらめっちゃ楽しいわあ!」といったことを何度か言っていて、
私も楽しいと思っていたし、「私も楽しい!」とか言えばいいのに、照れなのかなんなのか、 笑って返すことしかできずにいたら、
「Sはどう?楽しい?」と聞かれ、
あーーやっぱり聞くよね~、言わなあかんのね、( ?ω? )
「うん。楽しい…よ ???」
なんでこうなるのーーー!
本当に楽しいと思ってるのに!
とモヤモヤしながら 電話を切りました (笑)

ちなみに、同じパターンで好きversionもあり、いつも好きと言えずに困っています。
そもそも本当に好きじゃないから言えないのか、好きだから言えないのか すら わからないです。

彼が伝え上手、受け取り上手、めっちゃピュアすぎるからなのか自分にもそれが求められている、素直に伝えないと伝わらない、(冗談で嫌いといっても信じてしまいます笑笑)のでどうしたらいいのか…

素直に伝えられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?
好きとか口で言うことにもすごく抵抗があります。
自分の気持ちを裏切られることがこわいのか、受け取り下手だから信用できていないのか?
あと、少しロックウーマン的なところもあるのかな とも思います。

もうどうしたらいいのかわかりません!
何かアドバイスいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします!
(Sさん)

続きを読む


それは「手放し」なのか?「諦め」なのか?

「ベストを尽くした!」と自分を受け入れることができ、未来に希望を感じられる状態が「手放した」状態で、何らかのモヤモヤが残って強がっている状態が「諦めた」状態です。
その区別はなかなか難しいですが、自分の感覚を元にチェックしてみることがおすすめです。

根本先生、いつも楽しくメルマガを拝見させていただいております。ありがとうございます。手放しと愛の関係性についてお伺いしたく、メールさせていただきました。

私は婚活中の30代女性です。年齢と経験を重ねる中で手放しが進み、物や人に執着しなくなってきたなあと感じています。何でも自分で決めていくことができますし、本質を見つめられる感じがして、とても楽です。

しかし、パートナーシップにおいて、手放しが楽であることを覚えてしまった人間は、うまく距離を縮めることが難しいのかも?簡単に手放せるから「心底合う人」というハードルを上げるばかりで、一生彷徨い続けることになるのかも?それは本当に自分が望んでいることではないかも?と思っています。

例えば、私が婚活で出会った元彼とお別れした理由は、価値観の違いについての話し合いがしにくいなあとか話がなかなか伝わらないなあという煩わしさが、元彼との距離を縮めたいとか、関係性を維持したいという思いに勝ってしまったからです。
「私のような我の強い人間は、元彼には合わない。私も窮屈だから自由になりたい。別れよう」と結論づけてしまいました。その後の感情として、寂しいなあと思うことはあっても、後悔することはありません。
私は手放し力をアップさせることで、とてもドライで自己完結型な人間になったんだなあと悲しくなりました。

単純に、そんなに好きではなかったのかなと結論付けることもできます。
ただ、婚活は、好きになる力や運命にする力が必要だと聞きますし、私自身もその考えに共感しています。そのため、この先の出会いにワクワクしながらも、その力のなさへの落胆を抱えているという矛盾した状態です。
「愛を育む力」と「手放しできる軽やかさ」の関係性というかバランス感覚がよくわからなくなっています。

そんな私が「この人と何が何でも添い遂げたい、そのための努力なら何でもする。話し合うことだけでなく、放っておいたり待ったりすることも含めたコミュニケーションが面倒だなんて思わない」と断言できるような愛に近付くためにできることは、どんなことでしょうか。

直感的には、パートナーとの距離を縮めたり関係性を維持したりすることによる嬉しさを思い描いたり、パートナー以外の人間関係で近距離の心地よさを感じたりすることが必要なのかなと考えています。
あるいは、関係性自体を手放すのではなくて、「本当に合う人なら〇〇だろう」というような思い込みを手放すことが必要なのかもしれません。

もし何か一言でもアドバイスいただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
(Kさん)

続きを読む


自分が自分に期待する~アンダーグラウンドの誕生とそれを手放す方法~

いい子や優等生をしてきた方によく起こりがちなこと。

お母さんを悲しませたくない。
人に迷惑をかけたくない。
お父さんを失望させたくない。
この子でよかった、と思ってもらいたい。
失敗して周りをがっかりさせたくない。

そんな思いから頑張りすぎてしまうのです。

しかも、頭がよかったり、しっかりしていたり、体が丈夫だったりして周りの子ができないこともできてしまったり、「○○さんってすごいね」って言われることが多かったりすると、人前で自分の弱さやダメなところを出せなくなってしまいます。

そして、周りからも「○○さんはすごい人」と思われるようになって、その期待に無意識に応えるようになります。

それがいつしか自分に過大な期待を抱き、「これくらいできなければ」「この程度のことで根を上げてはいけない」と自分自身にとても厳しくなります。

自分に課している期待がどんどん大きくなってしまうのです。

そうすると、周りの人が評価してくれても「私はまだまだダメだ。もっと頑張らねば」と鞭を入れています。
もちろん、そんな厳しい一面も周りを気遣って表に出さないので、敢えてマイペースな人を演じている人もいます。
実は内面では非常に強い嵐が吹き荒れているのです。

だから、自己肯定感は高いように見せていながらも実はとても低い、という状態が生まれます。

内と外とのバランスがとりにくくなってくると、そのストレスがどんどん心のうちに溜まってくるようになります。
出せる場所がないので、アンダーグラウンドに溜まっていくことになります。

外側の世界と、内側の世界が全然違う姿を見せるのです。
続きを読む