会話泥棒をしちゃう自分をどう直したらいいのか?そもそも直す必要があるのか?

会話泥棒をしちゃう背景には自己肯定感の低さがあるのかもしれません。
だから、話を奪っちゃうわけで、自分に自信が持てるようになると相手の話を聴くこともできます。
ということで、信頼関係の築き方に触れつつ、お馴染みの自己肯定感の話をしています。

はじめまして。
私は会話泥棒をついしてしまいます。
毎回それで反省して、次こそはと気をつけるのですが、また繰り返してしまいます。
ひとの話を何度も何度も遮ってしまいます。
こんな人間の心理背景はなんなんでしょうか?
また対処法ありましたら是非教えていただきたく失礼しました。

末筆になりますが、いつもブログ読ませていただいて元気いただいております。
ご著書もまず恋愛物から読ませていただいております。
ありがとうございます。
(Kさん)

続きを読む


芸術家は自己肯定感が低い方がいいのか?

自己肯定感はありのままの自分を受け入れること。だから、心の傷や欠乏感を受け入れることを指します。傷を癒すことと、自己肯定感は別モノなんですよね。

根本裕幸さま
はじめまして
数年前に確か「芸術家・アーティスト・スランプ」等のキーワードで検索してお目にかかりました。
上記の通り私はそういうタイプで御多分に洩れず気分の高低差が激しく自分で上手くコントロールできずに長年悩まされています。
そんな時に根本さんの書かれていることがとても参考になり、支えていただいています。
ありがとうございます。

それで一つ質問がありまして、最近続けて書かれる著作である「自己肯定感シリーズ」ですが、
芸術家・アーティストタイプにおける自己肯定感の良し悪しについてひとつお考え聞かせていただけましたらと。

わたしは自己肯定感が低い、或いは傷ついてるからこそ創作を続けられているとも思いますし、
著名なクリエーターで言いますと、先日復活宣言をされたさるアニメ映画監督も以前ドキュメンタリーで、お母様との関係に欠落感がありそれが創作の源であるから、それは治すつもりはないと言っておられました(記憶頼りなので語弊があったら申し訳ないありませんが)
また日本でも人気の北欧のカバに激似の妖精の生みの親である作家は、その作品の中に自身の分身であるとされるある哀しいキャラクターがいます。
それは触れるものを全て凍らせてしまうので、だれとも関係を結べないとても孤独な存在です。

自己肯定感が健全に満たされて人との繋がりに充足を感じるようになったら、創作は必要なくなってしまう気がするのです。

根本さんの文章に助けられてながら、反証のような質問すみません。
いつかお考えお聞かせいただけましたら幸いです。
(Aさん)

続きを読む


周りの人に嫉妬されるのはあなたが自分の魅力を十分に受け取っていないから。

嫉妬されることが多いということは、自分自身を変に低く見ちゃってるからかもしれません。
そうすると合わない人、合わない場所に居てしまい、トラブルが多発します。
でも、自分の魅力を認め、合う人と会うことを選んで行くと、そこはあっさりと解消されるでしょう。

根本先生、こんばんは。
セミナーはあまり参加できていませんが、根本先生の書籍やBlogのおかげで、どん底まで落ちきっていた自己肯定感を少しずつ回復することができています。
今日は、自分の価値や魅力を受け取りライフワークを生きるために、現在の私の最大の障害となっている、嫉妬に対する怖れを癒やすための処方せんを頂きたくメールいたしました。

文字数制限があるので詳細は端折りますが、私はこれまでの人生で嫉妬する苦痛よりも嫉妬されることの苦悩を多く経験してきました。
嫉妬に関するBlog記事などを読み、なるほど、嫉妬されるのは自分の魅力や価値を受け取れていないからかと納得したのですが、いざそれらの魅力や価値を受け取ろうとすると、「私は誰にも理解してもらえない」という虚無感や孤独感が、ワクワクした明るい気持ちの上に重くのしかかります。
パートナーや友人との関係でも近づきたいのに競争意識を持たれたり、周囲にいる異性の存在やその社会的地位や収入を詮索されたり、何の苦労もないと誤解されたり、そうした経験が積み重なってのことだと思います。
また、私は幼少期から現在に至るまで目上の方に目をかけていただく事が多かったのですが、幼少期に母から「ファザコン」と言われて傷ついたことや、小学生の時に担任の教師に特別扱いされたことで級友から虐めやからかいを受けたことなども関係しているかもしれません。

どうしたら、孤独感を癒やしながら自分の価値や魅力を認めることができるのでしょうか。嫉妬されることで悩んでいる方は意外と多い(なかなか相談しづらいですし)と思うので、ネタとして取り上げていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
(Yさん)

続きを読む


お互いの常識の違いがパートナーシップを疲弊させる~正しさを選ぶと幸せは逃げていく~

自立して大人になって来た時点で私たちは様々な正しさ、常識、やり方、観念をたんまりと持っています。
そして、自立時代に身に着けた競争心によってパートナーシップは戦乱の時を迎えるのです。
どうしたら、それを回避することができるのでしょうか。

初めまして!
いつもブログ楽しく読ませて頂いてます!

私は結婚相談所で知り合った男性から、先日プロポーズを受けて成婚退会した31歳自称☆自立系武闘派女子です。

お見合いして、半年でプロボーズを受けた後、初めて喧嘩をしたのでアドバイス頂ければと思います(ネタとして使ったって~)

まず、お世話になった相談所に挨拶に行くのは礼儀として当然だと私は思っていて、(退会したあとは通常の流れ)、当然のように、何時にしようか、手土産は何にしようか♪と話したのですが彼は「行かない」の一点張りなのです。
理由を聞くと、お互い所属してる相談所は別々なのですが、双方のやり取りの漏れや、彼と彼側の仲人との信頼関係ができておらず、私の方の仲人へも不満があり、彼曰く「出会えたことは感謝しているが、また会ったことで不安になったり私との関係が壊れることを言われそうで不安だ」との事。

確かに、連絡ミスや説明不足で関係が微妙になったことはありますがこうして上手くプロポーズをお受けして、結果オーライではないのか、水に流して感謝の気持ちが持てない彼が不思議でなりません。

LINEでお互い一歩も引かず、一度は「行く」になったのですが、そこからLINEが初めて来なくなり、1日だけですが音信不通になってしまいました。

機嫌損ねた表現にがっかりし、(彼は5歳年上)、そんなに嫌なら参加しなくて大丈夫だよ、と私が伝え、結果、彼は来なかったのです。

どう、私のなかで落とし前をつけていいか分かりません。
どうすれば正解だったのか。
どのように考えれば私は腹立たず、彼を受け入れられたのか分かりません。
思考のプロセス等アドバイスをお願いいたします。
(Aさん)

続きを読む


夢やライフワークが見つかると、それが本物であればあるほど急ブレーキをかけたくなる。

夢を見つけることは素晴らしいこと。
しかし、その夢が本気であればあるほど怖れや不安が襲ってきてブレーキをかけてしまいます。
そんな心の仕組みに気付くと同時に、新しいステージに見合う人間関係を求めて見ると、改めて夢にワクワクすることができるようになりますね。

根本先生、こんにちは。いつもブログを読んで色々と参考にさせてもらってます。

先生、私には夢ができました!
自己肯定感とかライフワークとか先生のブログを読んで、自分なりに色々取り入れてようやく夢というか、やってみたいことが見つかったんです。
それは、数年前の私からすれば奇跡です。
夢なんてなかった。好きなことワクワクすることなんて一つも思いつかなかったので。
ただ、最近現実を見つめてしまったのです。

やってみたいことや、気になることはお金がかかります。
ふと立ち止まって現実を見てしまったのです。私、そんなに裕福な身分なんだろうか!?って。私は実家に寄生中の独身彼氏なしのアラフォーです。
働いてはおりますが、親のおかげで余暇を楽しむようなセレブな生活ができております。
周りの友達は子育てや家のローンに追われ、毎日がめまぐるしく過ぎてるようです。
私は親がいなくなったら自分で生活せねばならぬので、今そんな裕福な生活をしていていいのだろうか?老後に痛い目にに合うのではないか!?だったら今のうちに無駄なものにはお金をかけず過ごしたほうがいいのではないか!?と思うようになり、ほんとに先月までキラキラしてたのに、現実を見つめた瞬間パタッと夢の扉が閉じてしまいました。
しばらく何もせずひっそり暮らしております。

えー、そりゃぁ、まぁ、つまらない日々です。
そしたら、嫌なことがそれはそれはわんさかさーと押し寄せてきてます。でも、そこは今までの訓練の成果でしょうか、自己肯定感がこれまたグーンと上がったので全てが自暴自棄の頃からしたらグッと持ち堪えられるようになったと実感してます。土台がしっかりできたって感じでしょうか。

でも、ここから先どうやって進んでいけばいいのか分からないのです~。
やりたいことに挑戦する人生に進みたいけど、お金が、老後が~!!と。
あとは、相変わらず彼氏もできません。
自分では、結構いい女なのにな~と密かに思っているのですが(ダハハ、自分で言うあたり自己肯定感効果ですね)、ぜ~んぜんできません。
そうすると、ちっともみんなみたいな奇跡体験起きないじゃんか!!って、腹立たしくなります。職場は変な人多くて苦労するし、ちっとも彼氏できないし、夢も中途半端だし。
あっ!やはり自己肯定感下がってますね。
そんな感じでもう、心の中ぐちゃぐちゃなんです~。

長々とすみません。
お暇な時にネタにして頂けたら嬉しいです^_^
(Yさん)

続きを読む


ロックマン氏も八つ当たりだったと分かることがあるのでしょうか?

さて、今日はショートなお話を3本立てでお届けしています!!
『ロックマン氏も八つ当たりだったと分かることがあるのでしょうか?』
『女性的になったら、周りの女性陣にボッコボコにされてます(涙)』
『私の鎧は自分軸になれば自然となくなるのでしょうか?』
サクッと読めるけど、3本なので結果的に長くなっております!!(笑)

>後半2つの記事は上記リンクに移動しました。(3/30)

毎度ロックマン彼についてお世話になっております。
私は彼によく八つ当たりされます。

以前は言われたことを本気にして傷ついたり落ち込んだり反論も細かくしてましたが、現在は流す(無視ではない)、怒るときはグジグジではなくドカンと一言言う、私の不調と重なって売り言葉に買い言葉になってしまった時や私にも原因があると反省する点があった場合は時間をおいて謝って「さて、ごはん行こう♪」って切り替える…こんな感じで落ち着いています。

私自身自分に自信がついたからなのか、彼のパターンに慣れたからなのか、以前ほどドギマギしなくなり時には私もワガママ言えるくらいにはなりました。

彼の八つ当たりと思われる言動から感じるのは、怒っている時は本当にその時発している言葉が原因・理由だと思っていて決して八つ当たりだと自覚してないことも多いです。

彼がこうなる時はほぼ、仕事で上手くいかないとか激務の上に激務が重なった時です。

彼は謝ることができませんが、言動から「ごめんね」を感じることもあります。
私がムッとすると自分が使ったティッシュをポーンと投げてくるとか(そんなもん謝罪じゃねーよと思うかもしれないけど、精一杯のそれなのです(笑))

元々罪悪感とか責任感の強い彼だなと思うのですが、男性も後々になってから本当のイライラの原因に気づき八つ当たりだったのだとわかることってあるのでしょうか。
(Hさん)

続きを読む


女性的になったら、周りの女性陣にボッコボコにされてます(涙)

はじめまして。
根本さんのBlogとご本を日々読み込ませて頂いております。
最近の私は根本さんのお陰で自然に変化できてきて、
とくに以前は仕事のことや自分のネガティブな性格の悩みで頭がいっぱいだったのですが、
服やメイクなど女性的な感覚が生まれてポジティブで新鮮な感覚に包まれることが多くなりました。
ありがとうございます。

ですがその変化で、また違う壁に今は当たっておりリクエストさせていただきました。
小さな女の子がはじめて口紅をつけたら、お母さんに「やめなさい!」と怒られるように、
この幼い変化を周りの女性陣にボッコボコにされて戦意喪失しているといった次第です(笑)
これだけバカにされるなら、最近優しいかも?と思いはじめた男性達からも相当滑稽に思われているんだろうな、と人間不信気味です。

それでは日々精力的に活動されてたくさんの女性(と男性)に、光を下さっている根本さんに心から感謝を込めて。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
(Hさん)

続きを読む