他人軸で「頑張ってきた」私が、自分軸になるとなぜか手ごたえのない人生になる理由~結果よりもプロセスを重視する女性性~

誰かのために頑張ってきた(それも自分で決めたつもりなのだけど)人が、自分軸を意識し始めると、途端に成果に関して手ごたえを感じなくなることがあります。
それは頑張って創り上げることに意味を見出してきた「プロセス重視」がなせる業で、それはすなわち女性性がとても豊かであることを示しています。
さて、そこでどうしたら自分らしい人生をもっと楽しめるようになるのでしょうか?

根本裕幸先生

いつもご著書にお世話になっております。
最近は「7日間で決められる人になる」はずっと自分の課題に感じてたことでじっくり反芻読みさせて頂いてます。

それで、改めて自分に色々問いながら日々生きて行こうとしてるのですが、武闘派女子あるあるかもしれないネタに現在足止めをくらってる感じで、根本さんにそのうち心理学講座のネタ記事にしてもらいたいーとお送りさせて頂きます。

「自分で納得して」「ほんとの自分」「自分軸」でなるべく仕事もと思ってここ一年は色々と取り組んで来ました。
まだまだまだですが、効果も出て有難い気持ちになることも時々あるのですが、ちょっと肩透かし感というか、
いつも踏ん張って鼻息荒めにやってる分、頑張らないでとりあえず仕上げたものとかが評価されると、「え…」て手応えなさすぎて、「いや、楽だけどこんなんでいいんなら…でもなんか達成感ないし、何ならこんなの自分なんもやってないじゃん」て感じに今なってます。

ずっとしんどいからもっと楽になりたいとか思ってきたし、そもそも多分そんなバイタリティない方だし、でも実際に楽になる道のフラグが立つと歩みが止まってしまいました。
重い腰引きずってた時は怠くても眠くても休み休みでも前に向かって進んでたのに。

何も感じない、折角今いい流れなのに動けない。
長らくしぶとく武闘派拗らせてると、M化してしまって、楽な道で達成したことが中身スカスカのつまらな過ぎるものに感じるてことありますか?

全然上手く行ってない時は、辛いし早くこの状況から抜け出したいと思うのにいざ抜け出せそうになると、体の力も心の力をどこに行ってしまったんだ?というくらいに霧散してしまう。

「自分で決めて来なかった」からかなぁ?と根本さん本読みながら考えています。

私の優先順位は「自分で決める」より「頑張りたくない」が強くて、そのためなら「つまらなくても」「ほんとの自分じゃなくても」選んでしまうとこがあって、だからそれが余計に「実感のない」状況を作ってるのかなと。

思いっきり書いてることを反転したような矛盾すみません。
心のことを素直にお話しようとすると、こうなってしまいます。

ほんとは自分は何がしたいのか欲しいのか迷子です。
(Iさん)

続きを読む

もしかしたら姉がラスボスかもよ?~遠い上司には可愛がられるけど、近い上司には嫌われるのはなぜ?~

遠い距離の人には可愛がられるけど、近い距離の人に嫌われる場合、シンプルに子ども時代の家族との距離感と関係性に原因を見ることができます。
そのとき意外と出てくるのが「姉(兄)」との問題で、意外とラスボスが姉というケースが多いように思うのです。

はじめてメールいたします。書籍はいつも購入し、参考にさせていただいております。
もし、お時間がありましたら、ネタにしていただけると嬉しいです。

私は昔から直属の上司には可愛がられるのですが、所属長(男女問わず)や担任の教師には嫌われます。
人事課などには重宝されるので出世はします。
母や姉を投影しているのか?権威の問題か?はたまた、被害者ストーリーを楽しんでいるのか?全部?
父とは関係良好です。母や姉は疎遠です。

片っ端から、関係するワークや鏡の法則を試しましたが、中々変わらないまま、問題に気付いて早5年です。
取り組む順番などもあるのでしょうか‥焦っています。
過去にカウンセリングに2年取り組み、心理学も学び、はてこれ以上何が・・という感じです。
アドバイスいただければ幸いです。
(Nさん)

続きを読む

いい年こいた大人のナルシズムについて~根がものすごく強欲な私を消し去りたい!~

異性にモテまくりたい、とか、みんなにチヤホヤされたい、とか、お金持ちになりたい、とか、特別扱いされたいなどの思いって誰もが持っているものだと思うんです。
そんな自分を嫌って恥ずかしいものと思って封印するよりも、仲良くなってみるとパワフルで自由な人生が待っているものです。

著作はじめVoicyにblogいつも楽しくお世話になっております。

昔から自分の中にあり、最近益々強くなってきたとある感覚について根本先生のお考えお聞きしたいと思いました。

それは「自分を消したい」という感覚です。
死にたいとか自殺したいとかそういう深刻なものでは決してありません!
そういうのではなく…説明が難しいのですが、「自分を真っさらにしたい」というか…

もう30代も終わりに近いのに思春期みたいな感情というか、なんか自分が汚いもののように感じてる感覚といいますか。
ある程度ストイックに頑張れてる時はいいのですが、緩んだ時にこの感覚がどっと押し寄せてくる感じです。

多分根がものすごく強欲だからな気がします。
愛されたい、それも1人じゃなくて複数にとか。
愛だけじゃなくて自分という存在を特別視してほしいと思ってんじゃないかなーと、根本さんの本や動画何度も読んで観てるうちに感じるようになって来ました。

以前動画で「完璧主義の奥にある自己愛(ナルシズム)」についてサラッと深掘りはせずに語られていて、ものすごくドキッとしました。

そうだと認めたくないけど、多分私はそうなんだと思いました。
そんな自分が堪らなく嫌で嫌悪して、「消したい」衝動が起こる。

もうこの年になると、同年輩はそれなりに成熟してとっくにそういう十代のような自己愛(中2病?)から卒業して、むしろそんな子供達を庇護して見守る側になっているのに、私は益々拗らせてしまってる…

とりあえずモヤモヤしたらコピー用紙に頭の中ぶちまけたり最近はしてますが、それがもうナルシズムの塊で…
どんだけ強欲で痛くて塩っぱいだと自分ツッコミ入れながら、でも書くと少し冷静になって欲と距離を置けるのも確かなのでやっています。

ということで、いい年こいた大人のナルシズムについてお聞きしたいです。
(Rさん)

続きを読む

「相手を喜ばせてあげたい」という気持ちは「与える」なのか?「自己中・自己満」なのか?

相手を喜ばせてあげたら自分も利益が得られる、という思いが強いのならば、それは押し付けだったり、自己中・自己満かもしれません。
与える、というのは「相手を喜ぶことをしてあげて、それが自分もうれしい」なので、与えること自体に喜びを感じられるのです。

こんばんは。
以前、「鬼軍曹みたいに厳しい脳内セコンドが自分を責め続けるので、いつしか存在感が希薄になってしまった。」で取り上げていただいたDです。
また、お聞きしたいことが出てきたのでお送りさせていただきます。

あれからセミナーにこっそり参加させていただいたり(参加日に記事の掲載を知り叫びそうになりました)、ブログを読んだり、お弟子さんのカウンセリングを受けたりする中で、少しずつですが自分はこれで良いんだな、と思える瞬間がでてきました。
特に「今この状態が自分にとって必要なことなんだ」、「自分で選んでいるんだ」「しょうがないや」と思えることが増えています。
今までセコンドの顔色を伺い受け身だったのが、主体的になれた瞬間に、辛かったことも文字通りストンと自分の中に収まった感覚です。すごいです。

そんな中で自己中・自己満かそうでないかの違いは何か、疑問がでてきました。

今、これまでの「してくれない」という不満・不安が転じて、「相手のために何かしたい」という欲求に変わってきています。
自分そっちのけにならないように意識しながら、相手に何ができるのか、考えることが増えたのは楽しいです。

ただ「相手のために何かしたい」という気持ちと、自己中心的な「してあげたい」と押し付ける気持ちの差はどこにあるのでしょうか。

先日友人に、「彼にこういう風にしたいな」と話したら「それは相手が辛いでしょ」と一刀両断されてしまいました。

鬼軍曹セコンドは辛い存在でしたが、自分が傷つくのが怖いという自己防衛心が作り出した存在でもあったのだろうなと思ってます。
そう考えると受け身でも主体的でも、結局は自分が一番かわいくて、人のことなんて見えていないのではないか、と思います。

「自分のため」に生きることは良いと今は思えます。
でも、他人にも優しい人間になりたいです。

自己中・自己満で良いのでしょうか。
相手の受け取り方までコントロールはできないので、そこは手放す範疇なんでしょうか。
相手に与える感覚ってどんなでしょうか。

教えがありましたらいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
(Dさん)

続きを読む

「夫と仲良く添い遂げたい」という夢は他人軸なのでしょうか?~自分軸と他人軸の見分け方について~

自分軸というのは「自分一人のことを考えること」ではなく、自分がどうしたいのか?自分がどうするのか?を主体的に考え、行動できることを言います。
つまり、「夫と仲良く添い遂げたい」という夢も、自分の心のあり方によって自分軸にも他人軸にもなるのです。その見分け方についてお話ししたいと思います。

いつもブログを読ませて頂き、自己肯定感を上げるべく色々と取り組ませていただいています。

以前はまずは外見磨きということで、髪型、化粧品や下着や洋服など、見た目から変わることを重視してきまして、今の自分を鏡で見ても、いいやん!って思えるようになってきました。

次のステップとして、内面磨きとか、自分軸への取り組みをやっているのですが、普段は自分が何をやりたいかなとか考えて、行動出来ています。
しかし、自分が将来どうなりたいかなーとか、どうなってることが幸せかなーって考えると、どうしても夫・子供の存在が不可欠になってしまいます。
「私がどうなりたいか」なのに、「夫と仲良く添い遂げたい」とか、「子供の夢が実現して、それを応援しに行きたい」とか、「夫、子供、孫に囲まれて、時間とお金に余裕がある平穏な生活が送りたい」とか…

自分軸で!と考えるのに、自分の夢は夫・子供ありきで、相手の気持ちや行動も伴うので、自分だけでは叶えられない。夫や子供に依存してるのかなー、夢も他人軸なのかなーと思ってしまいます。

じゃ、私にとっての自分軸の夢って何なんやろ?と考えるのですが、やはり出てこず、もう、堂々巡りです。仕事もしていて、充実していますが、それは夢とは別次元にある感じです。趣味もありません。

どう考えればこのループから抜け出せますか?ぜひ教えて下さい!!
(Kさん)

続きを読む

「仕事」に抵抗を覚えている人のためのワーク集を作ってみました~仕事に向き合うための男性性と自立心のお話~

今日は普段とテイストを少し変えてお届けしています。
「仕事」というもの対して強い抵抗や嫌悪感を覚える方のために、どうしてそういう思いを抱くに至ったのか?そして、どうしたら男性性と自立心を養っていけるか?についてお話しています。
まるでセミナーのレジュメのようにワークがずらりと並んでおります。

こんにちは。いつも悩んだ時に見させてもらっています。ありがとうございます。
いきなりですが、ずっと悩んでることがあります。根本先生のブログではいつも仕事はできるけど恋愛はうまく行かない、といった武闘派女子の話が多いと思うのですが、私はいつもその逆で、仕事がうまく行かない、けど恋愛はまあまあ適当に彼氏もできる。
仕事をうまく行かせたいけど、モチベーション続かない し2年前に転職してうまく行ったように見えたのですが、できないことだらけで自分がなぜ採用されたのか、お荷物だとしか感じられないです。人間関係もうまく行かないです。
というか、やりたくないです。仕事なんて。ありがとうと言ってもらえない小さな仕事ばかりで、お金もらうためとはいえわりきれないです。
でも生きていくには必要だし、その折り合いがつけられるのが大人だと思いますが、、なかなか難しいです。
たぶん、やりたくないんだから仕方ないね、という話になるのかもしれません。。。それなら、うまく行ってる彼氏の方を充実させておけばいいのでしょうか?
(Aさん)

続きを読む

彼の長年にわたる浮気が発覚して以来、気持ちが「無」になってしまいました。

あまりにも強いショックを受けると、自己防衛本能が働いて何も感じれない「無」になってしまうことがよくあります。
また、強い怒りを抑圧するときにも「無」になることが多いものです。
そんなときはどうしたらいいのかをあれこれ考えてみましょう。

根本せんせい、初めまして。Nと申します。

だいぶ前から読者ですが初めてメールさせていただきます。
わたしは言わずもがなバリバリの武闘派自立系女子、長女です。

今の彼とは3年ほど付き合っていて、2年同棲。
2人とも30代前半です。

心理学のブログは3~4年前から読み漁りまくってます。
おかげで、今の彼には褒めまくり、喜びまくり、立ててあげて、、とやっていたのですが…去年の年末に複数人との長きに渡る浮気が発覚しました。
その時の気持ちといったら、全てがゼロになったような。いわゆる無。

発覚時は、彼は土下座に号泣、なぜこうなってしまったのか、自分の生まれた時からの生い立ちの話を聞かされ、こんな自分を変えたいと、懇願されました。
その頃わたしもまだ好きだったし、そんな姿は初めて見たので、結論今も一緒にいます。
ですがそう簡単にハイ仲直りとも行かず。再構築を決めてからというもの、やはり女と会っていたり、連絡とっていたり。浮気まではしていないにしても、嘘ついていたり。

これだけ書くとクソ男ですが、発覚してからはまるで人が変わったように変化しました。わたしからは何も縛ってはいません。
早く帰宅する、飲み会に行かない、月1旅行に連れてってくれる、突然プレゼントを買ってきてくれる、家事を手伝ってくれる、褒めてくれる、身体を求められる、など。でもそれが全て罪悪感の報酬に思えてならないのです。
以前のように愛情を受け取りたくない、楽しい気持ちにもなりたくない、彼の前で笑いたくない、褒めてくれても反発したい。

決定的な何か証拠を見つけてわたし別れたいのかもしれない。そう思うようになり、そこから小さな証拠集めをしては何度も別れ話をしました。
でも、その度に彼は死ぬ騒ぎ。その度にわたしはこの人に死なれたら嫌だな、もっと一緒に楽しいことしたいなぁとやっぱり思い直し。。
疑う気持ちは晴れないけど、今まで浮気されたという事実にだけ目を向けすぎていて、今努力している彼にフォーカスは全くできていなかったなと。

結婚も前向きに考えていこうかなと思っていました。
でも、、毎日彼といても無なんです。最初の頃の疑心暗鬼満載の気持ちもあまりなくて。どうぞ、浮気するならすれば?その時は静かに消えるし、って気持ちも持っていて。でもやっぱどこかでまた嘘ついてるんだろうなーとか湧いてきたり。

周りの友人からは、何故か浮気発覚後もわたしのキラキラ具合が変わらないのが本当に不思議と言われます。たぶん彼じゃない他のところで自分の機嫌を取るのが得意だからだと思うんですが。。

この無な気持ちっていつか有になるんでしょうか。
結婚してもいいししなくてもいい。むしろそっちから離れてくれればわたしは潔く消えれるのにな~、と思うのに全く離れようとしてくれません。むしろ彼が子犬のようにどんどん寄ってくる。その度どんどん引いてしまう自分。
この無の状態って何なんだろうと。ただの温度差に引いているのか、なんなのか。。
話がまとまらずすみません。。
どの部分を切り取っていただいてもいいのでネタにしてくださると嬉しいです。
(Nさん)

続きを読む