無価値感は自分のエネルギーを抑え込むために使っている“道具”のひとつに過ぎない。

「自分には価値も魅力もない。自分なんていなくてもいい」と思わせる無価値感。
しかし、その感情は本来自分が持っている魅力を隠すための都合のいい道具なんです。
もちろん、それが必要な時期があったからなのですが、大人になってもその道具を手放せないケースが多発しています。

根本先生、こんにちは。
自立系武闘派女子とはつゆ知らず、がんばってムチ打って生きてきた結果、はじめてがんばれない状態になり、こちらに辿りつきました。
この数ヶ月、毎日心の支えになっています。

じぶんの感情に目を向けられるようになり、抵抗があったお恨み帳も最近書けるようになりました。

そこで行き着くのは、いつも無価値感です。
思えば思春期の頃から、いつもずっと、ひっそりと、それはわたしの中にありました。

家族にも友だちにも、特別嫌われたことってなくて、むしろ愛されていると思います。

でもなぜか、「わたしって、別にいてもいなくても変わらないな」といつもどこかで思ってきました。

嫌われはしないけど、かといって特別にもならず、わたしがみんなを好きなほど、みんなはわたしを好きではないなと。

たとえば、大事な報告がわたしにはこないとき、その時その人の頭にわたしが浮かばなかったことにさみしさをおぼえます。

中高は華やかな同級生に囲まれ、じぶんの影はうすく、色んなコンプレックスが確立しました。

家族仲はよいですが、犠牲心が強い母の顔色、姉よりも優等生であることに気を遣ってました。
勉強はできたのに就職ができず、学費を出してくれてる父には申し訳なさがありました。

でも、たくさん辛い経験をされた方に比べたら、わたしは環境的にとても恵まれていて、なのに感じる、この無価値感ってなんなのでしょう。

恵まれていることへの罪悪感とは、少しちがう気がするのです。

たくさん先生のブログを読み漁ってますがどうにもわからず、ネタになればと送らせていただきました。目についたら取り上げていただけましたら幸いです。
(Sさん)

続きを読む

もしかしてみなさん「頑張る教」や「何かしなきゃ教」を熱心に信仰してませんか?

頑張りたくて、頑張るのが好きで頑張ってるならいいけれど、頑張ることがイヤだったり、頑張ってない自分を責めたりするくらいならさっさと脱会しちゃえばいいんじゃない?
なんでそんな好きでもない宗教を信仰しているの?というお話です。

先日のあげまん道?の記事を見様見真似で試み中の者です。
ですが、私にあげまん素質ないのか難航してしまい相談させて頂きました。

自分を元気にするためにも、そして元気になった私の心のスペースで主人が休めるようにと、楽しいことを日々の生活に見出し中だったのですが(季節の花を飾る、旬の素材で料理する、彼と一緒に新しい器を買うなどなど)今夜主人に「オレが頑張ってるのにそのお金で毎日楽しそうでいいよね」と不満を伝えられました。

私は大学以来続いてる慢性的な抑鬱に燃え尽きが重なり仕事を辞めました。
以前はそんな私に主人は同情的だったのですが、私が元気になってくるとそれはそれでモヤモヤするようです。

ちなみに彼は「俺が頑張る、俺が守る」というタイプではありません(どちらかと言うとかつての私がそうでした。いちお自武女の末席にいたので)年下ですし自立した女性に甘えたい方だと最初から言ってました。

じゃ、彼ばかりに頑張らせないで私も頑張ればいいのですが、それは身体が拒否します。

頭に浮かぶ選択肢は楽しいことは何も無くてもいいから、まだ何もしたくないというものです。
また何かを社会の中で関わりを持ってくくらいなら灰色のままでいいから廃人で居たいというのが本音です。
いや、もっと本音で言えば働きたくない、でも楽しいことはしたい、…なのかもしれません。
というのも、自分を楽しませようと思えばあちこちに割とフットワーク軽く出かけるし、外出しないとしても1人で内的充実?とかも楽しく出来るので。

主人の反応をフィードバックしながら私にはあげまん道はなかなかハードルが高いから、でもどうやら本当の私は怠け者のようなので、怠け者のまま社会を拒否しつつも仕事が成り立つような特殊案件を成立させるべく知恵を絞るしかないと思案中です。

根本さんのツッコミ頂けたら参考にペシミストなりの幸福なライブデザインしたい所存です!!
(Sさん)

続きを読む

自己肯定感があがってきたらイライラすることが増えてきた!?~とても順調に新たなステージに入った証です~

自己肯定感をあげる試みを始めると最初の頃はすごくいい感じなのですが、だんだんイライラしてきたり、つまんなくなったり、飽きてきたりするものです。
それってとても順調な証拠なのですがびっくりしますよね?

続きを読む

パワハラを受けてることに気付いて以来、全然頑張れなくなってしまいましたが、生活レベルは落としたくない!!

パワハラを受けていても自分でそうだと気付いたり、仮に気付いてもそれを認めたりすることって案外抵抗があるものです。
そして、気づいてしまうと一気に燃え尽きてしまい、気力がなくなるもの。
そんなときは今の状況を卒業して新たなステージに踏み出すときではないでしょうか?

根本先生、いつも勝手にお世話になっています。
私は今の仕事がライフワークと信じていたのですが、なんかちゃうくね?となってます。
とある会議でとある先輩にめちゃくちゃ詰められ、いつものことだと思っていたら、会議終了後、他の先輩方から「泣いてない?」とフォローが入りました。
これをきっかけに、あれ?側からみたらやっぱおかしいんか?パワハラと指導が紙一重なこの生活ちょっともう嫌やねんけど。何かと結果求められてしんどいねんけど…と本音?の部分が出てきました。
その後も、とある先輩は指導したるとメールを下さり、いつもなら速攻イエスでしたが、なんか嫌だしんどいしーとなって初めてノーとお伝えしました。
「初めて仕事でノーと言った記念日」となるぐらいドキドキの出来事でした。ただこれが言えたことで、「ちょっと提出締め切り伸ばして欲しい」とか、上司に自分の要望を伝えられるようになりました。
そして、それ以来、仕事にやる気が起きません。爆。
なんかもっとゆるーく仕事したい。今はそれなりに評価されており、お金もまあまあ貰ってるのですが、前みたいにこれからも結果残して、頑張るぞ!とはなりません。
やる気いっぱいの同期にも会ってみたのですが、「だめ、あたしもうあんたみたいには頑張れない。そんなふうにもうなれない」と心の中で余計に汗かいていました。
今の生活レベルは維持したいし、なんならお金はもっと欲しいし、欲しい服もバッグもネックレスもある。だけど今は仕事は行くだけで「えらーい」と自分を褒めるのが精一杯です。
こんなわたしはどうしたらいいのか教えてください!
(Yさん)

続きを読む

流れに身を任せて自由になることを許せないのはそこに「孤独になる怖れ」を見ていたから。

ふと浮かんだ「もっと流れに身を任せたらええやん」という言葉。ずっとそうしたいと思っていたのにむしろ不自由になっていったのは「孤独」を怖れていたからでした。
そこには父の影や過去生の影響もあったようです。
「流れに身を任せて自由になるほどもっと大切な人を愛することができる」が答えでした。

さて、今日は「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版)の発売日なので、ここは一発、武闘派読者たちの購買意欲を喚起する記事を一発書いたろう!と思ったのですが、鍼灸に行って緩んでしまった上に、帰りの高速で「おぉ!」という気づきを得たのでその話をしようと思うのです。

いつもよりも何となく車が多めな第二京阪を颯爽と(法定速度に従って)(第二京阪は覆面が多いのだ)走っておりますと、「もっと流れに身を任せたらええやん」という気づきが下りてきましてその瞬間、心のどこかの部分がふわっと緩んだんですね。

そっか、もっと流れに任せればいいのか。
もっと自由でいいのか。
もっとわがままに決めていいのか。

そういえば数年前から自分自身の「自由解放運動」を展開してきたのですが、自由になればなるほどありがたいことにお仕事の依頼を頂くようになり、さらにそれまで以上にアイデアが浮かぶようになり(その結果、お弟子さん制度をスタートさせてしまった)、結果、ますます忙しくなり、目的とは逆に何かと束縛を感じる日常を創り出してしまっていました。

なんかおかしい、と思う一方で、好きな仕事だし、やりたいことなので、精を出して向き合ってきたんですね。

だから、一時期の私は「好きなこと、やりたいことの中から、より好きなこと、やりたいことを選び出さないと大変なことになるで」というメッセージを発するようになりました。
続きを読む

リーダーには可愛がられるのに直属の上司や先輩にはやっかまれるのはなぜ?どうしたらいいの?

例えば、社長には目をかけてもらっているのに、直属の上司からはマウントを取られるなどの“報告”をよく頂いているのですが、その心理と対策について考えてみました。
「怖い女になる」というのが案外平和的解決だと思うのですが、いかがでしょうか?

根本さん、こんにちは!
いつもブログでお世話になっております。
根本先生のおかげで、新しい職場に転職し、野良猫といろいろあって傷ついたものの、仕事では報われ、自分の城的な場所を与えられ、感謝しています。

今回は、仕事まわりでご相談です。

わたしは昔からまわりはふわふわしているようにみられ(感覚派です)、実際そうなので昔からそれがコンプレックスだったのですが、根本さんのブログの読者だけあり、自立系武踏派女子です(中学は、剣道部でした(笑))

そのため、仕事では見かけによらずごりごりやるのですが、それが、トップ的な立場の男性には不思議と受け入れ評価していただけるのですが、その下の男性たち(中間管理職的な)に、若干やっかまれやすい感じがあります。 前職でも最後はそんな感じでストレスでした。

私自身、自分に自信がないわけではないので、上からいろいろアドバイスされたり、決めつけてくる人には、正直辟易します。

ほっといてくれ。。。という感じです。

とくにわたしは戦略づくりなども好きで、思考も使うのですが、最近は女性性解放活動をしているので、よけいふわふわ自由にみられて、いらつかせてるのかもしれません。

リーダータイプの方は、わたしのそういう特性をわりと受け入れてくれるので、楽なんですが。

こういうメンズ上司たちはどうお付き合いするのがよいでしょうか。

御指南、よろしくお願いいたします。
(Wさん)

続きを読む

楽しみを後にとっておく心理~「今」を楽しんで、その楽しみをもっと増幅させる方法~

みなさんはお弁当などで好きなおかずを最初に食べるタイプですか?それとも最後にとっておくタイプですか?
そんな楽しみを後にとっておく方の心理について解説したいと思います。賞味期限が切れちゃう前に美味しくいただきたいですよね。

根本さん、いつも多方面からお世話になっております。いつもありがとうございます。
今日は『楽しみをとっておく心理』について教えてください。
楽しみをとっておく心理について、根本さんもときたま軽くお触れになることはありますが、がっつりピンポイントでこの乗り越え方を教えていだだきたく、お願いします。
少なからず誰の心にもあるものかもしれませんが、私はこれがあまりにも強く、今この心理が自分のブロック、ブレーキになってしまっていることに気付きました。
私は何に対してもとっておくことをしてしまいます。それは形あるものないもの全てに当てはまり、
例えば、好きな食べ物をウキウキしながら買い、食べたくて買ったはずなのに食べずに大事に大事にとっておく。
素敵な物(靴、服、アクセサリー、お化粧品、文具など基本全ての物)を買っても使うのがもったいなくて大事に大事にとっておく。
すごく読みたくて買った本も手を付けずにとっておくこともあれば、あと数ページで読み終わる、というところでずっととっておく。
また形のない物に対しても同じ気持ちになります。温泉に行く、アマゾンプライムやネットフリックスを見る、漫画を読むなど趣味に対しても発動しますし、例を挙げだすとキリがないのですが…
この気持ちに自分なりに向き合ってみましたが、
「楽しみにしている、楽しみがある、状態をずっと保ちたい。」
「実行してしまったら終わってしまう。」
「また退屈に戻ってしまう。」
「また何か楽しいこと好きなことを探さないといけない。」
「もうこれ以上の物に出会えないかもしれない」
「叶えてしまった後の寂しさ虚しさを感じたくない(旅行の帰りなどの気持ちに似たもの)」
「なんかもったいない、もっとここぞ!というタイミングがあるはずだ、それまでとっておこう」
このブロック、ブレーキに困っているのは、根本さん直伝の好きなことしよう!心地いい時間を増やそう!を実践しようにも、上記の感覚との綱引きで全く進むことができません。
私は幼稚園くらいからつまんないな~という気持ちがずーーっとあり何をしても必ず感じますし、今の生活も仕事を筆頭に退屈の極みだったりします。ゆえに楽しみをとっておきその状態に執着しているのでしょうか…

こんな私の心を読み解き進み方を教えていただけないでしょうか?
(Mさん)

続きを読む