自分を愛するということ、自分から人を愛するということ~汚い自分を受け入れるという成熟さについて~

人生経験を積めば積むほど視野も広がり、傷つくことも増え、自分のことを汚い奴だ思ってしまうことが増えるものです。
でも、それは心の傷が作り出したものなのだから、許されるべきものなのです。
そんな風に汚い自分や弱い自分を攻撃するのではなく受け入れて許すことが成熟さの一つ。
そうすることで今の自分のまま他人に愛を贈ることができるようになります。

こんにちは。いつもブログや本を読ませていただいています。Yと申します。以下、いつかネタにして頂ければ幸いです。
人を信じてまっすぐに生きるにはどうすればよいか考えています。

ぞんざいに扱われるなら一人でいいという謎信念を持ち、異性関係は半年サイクルで自分からは追いかけず(武闘派女子ではない?)
友人はその時々で割とできますが、私とかそんな大事じゃないだろうと思って、早々にバッサリ切ってしまいます。

恐らく小さい頃、好きな男子含む集団いじめ、女子の対立などで疲弊したせいか、他人は面倒だと思うように。両親は、非社交的な私に怒りました。
2人は感情の起伏がはげしく子供をコントロールしたい人でした。お金に困らない生活を送ったことは感謝しています。
昔自分を否定されショックだったことなどメールで伝えましたが、昔は殴られるのが普通だった、あなたの性格を否定したことはないと言われ、理解されず。 今はほどほどの距離です。

少し前に、5年付き合った彼と結婚しました。
自分が怖かったです。彼と交際中も他を引っ掛けるのが楽しく、つまらない日常でドキドキが活力でした。流石にまずいと考え、大勢と関わずすむ仕事を考え中です。(現職は、社内外の色々な人と関わります。)
夫は精神的に安定して話し合いができます。家事も自分からやり、私の分も手伝ってくれます。優しく、好きと言い続けてくれる彼が便利で結婚しました。最近はようやく彼への愛?も芽生えてきました。

私は、散々彼のことを見下してきました。最中に他の人とフフフな妄想したり。
彼は社会情勢や文化に関心なく、正直尊敬していませんでした。(今はビジネスマンなので多少は。)彼の家族もローカルに生きています。
私の家族はワールドワイド志向(笑)で文化的な生活をしていますが、精神的成熟度や満足感と関係ないのですかね。妹も自己肯定感低めに神経症っぽく育ちました。

いつも人と話している時、心の中に汚い自分がいます。もっと綺麗な心で周りを愛し愛されて生きられたらと思います。まず自分から愛せないんです。 ぼんやりして恐縮ですが、アドバイスいただけましたら幸いです。
(Yさん)

続きを読む

子育てをしていたら、子ども時代の親の態度に怒りが止まらなくなってきた!~子育ては自分育て~

自分の子どもには自分の子ども時代を投影するもので、子育てをしていると「過去のこと」と思っていた親との問題が再燃することがよくあります。
でも、それは自然現象なので改めて自分と向き合っていくことで、自分自身も成長しますし、子育てにも好影響を与えるものなのです。

以前、ころの名前で、狂ったように根本さんのセミナーに参加させて頂いていました。結婚ができないと悩んでいたのですが、お陰様で、結婚し2児の母になりました。高齢出産でへとへとの毎日ですが、幸せを実感しています。

子育てをしていて、すぐ怒鳴り暴力をふるっていた父親への嫌悪感に苦しむようになりました。父の暴力は、思春期ごろから、母と私に対して始まったと記憶しているのですが、小さい頃も、躾と称して、頭を叩かれたり、ゲンコツをされていたりはしていました。
父の父も、すぐ怒鳴り暴力を振るう人だったようで、父はそのやり方しか知らないんだ、、、母も喧嘩して父を煽っているし、、、最近は年老いてあまりなくなったし、、、と許したつもりでいたのですが、また許せない気持ちが再燃しています。

夫が子供を可愛がっている姿をみて、私も甘えさせて欲しかったと悲しくなったり、暴力は最低なことだと怒りが蘇ってきたり、今では父と目を合わせることも、返事をすることもできません。子供に触れられるのも嫌悪感でいっぱいになります。

父親をとっちめて、警察につきだしてやりたい衝動にかられる気持ちと、このままの関係で父が亡くなったら後悔するんじゃないかと、気持ちの落とし所がわかりません。
暴力を許せない気持ちと父を許す気持ちは共存できるのでしょうか?

どうぞ、よろしくお願いします。
(ころころさん)

続きを読む

婚活戦線には女子アナ服で挑まなあきませんか?Yohji YamamotoはなんでNGなんすか?

婚活に限りませんが、いろいろとマニュアルやルールを押し付けられる場面に遭遇するかと思うんです。
そうするとつい武闘派女子は「戦う」というモードを選んでしまうんですけど、そこで大事なのは「自分軸」なんですよね、やっぱり。
なので自分軸に立った話を皆様にできるだけ分かりやすい例を用いて紹介したいと思います。

こんにちは。
只今絶賛婚活中の東京在住アラフィフです。
婚活し婚活を勉強するほど、根本さんはじめ心理学のあれやこれやと心の世界で学んだことと若干の矛盾というか疑問が出てきてしまいなかなかの煩悶中でございます。

心理学も婚活も大切なことは実は同じで私の理解が浅いだけの気もしますが…。

が、しかしです。愚痴です。もう愚痴なんです。愚痴らせて下さい。

心理学は自己肯定感ですよね…?
ありのままの自分を肯定して頑張ることも程々に、まずは自愛ですよね…?そう学んでかなり楽になりました。

楽になって自分て悪くないかも?
むしろなかなか素敵なんじゃない?!
ありのままの私けっこうイケてない?!
と前向きになり、遠巻きにしてた婚活へ向かいはじめたのですが、ですが…どっこい、たっかい壁にぶち当たっております。

ありのまま?何言っての?
理想の相手のイメージ?何言ってんの?
それより自分が相手にしてやれること!
相手の幸せに貢献できること!
相手相手相手!!

与えよ、ならば与えられん…の世界でした。

学ぶほど、失敗するほど、どうにも婚活戦線では、自分より相手、希望より現実受容。

そりゃそうか…私アラフィフだし。
まぁ、そうなんですけど…ここで折れてゴールイン出来ても成田離婚(古過ぎる)が目に浮かぶ今日この頃。

ちなみに婚活用の服装するのも辛いです…。
女子アナ服て。。いっちばん嫌やねん!
嫌いやねん!
わたし服好きやねん!
Yohji Yamamotoでキメて何がいけないねん!
誰が魔女子さん、ねん!
黒着てたら、赤い巨大リボンの幼女連想するそっちもなかなかやで?!

って…すみません直前の婚活のお恨みが噴出してまいました。

こんな時はお恨み帳っと…。
硯、割れんばかりに研いでますハイ。
買っといて良かった本格セット。
墨汁の香りって鎮静効果ありますね。
まぁ、お恨み書道開始すると修羅のごとくで鎮静効果も吹っ飛ぶのですが。

「黒は墨の色ですね…そうだ、今やってる水墨画展もし良かったら行きませんか?」
なんていう紳士現れてくれませんかね…妄想が過ぎました。

てか妄想しちゃダメなの?
婚活戦線で妄想や理想は博打なの?
入会金ドブに捨てることになるの?

と、まぁお恨み帳が閻魔帳になりつつある全身墨染の女より詰問じゃなかった…質問いやSOSでした。
(Cさん)

続きを読む

過去の自分が恥ずかしく感じるのはそれだけ成長した証~成長して視野が広がった分、かつての自分を否定したくなるもの~

自分と向き合い、本来の自分を取り戻したり、成長したりすると、過去の自分が恥ずかしく感じたり、悔しさを覚えたりすることがあります。
それは急激に成長する思春期に多い感覚なのですが、大人になっても成長した分だけそうした感覚を覚えることもあるのです。
それは祝杯をあげるべき素晴らしい変化であり、より自分らしく生きられるようになる一歩となるのです。

はじめまして。
Voicy、気になった回を何度も拝聴しています。

自分を見つめ直したいと思い、先生のご本を中心に心理学の考え方を学んで自分のことを振り返るようになりました。

そして色々と断捨離というか必要のないものや優先順位がわかり随分と生活がシンプルになりました。
ありがとうございます。

ひとつ、好転反応なのか気になる変化がありそのことについてリクエストさせて下さい。

自分と向き合うようになってから、以前は感じなかった恥ずかしいという感情が強く出てきました。
先生のblogで恥ずかしさや羞恥心について検索させていただいたのですが、私の恥ずかしさは、性的なものではなかったのでリクエストさせていただきました。

前は誘われればどこにでも顔を出すノリの良い人間だったのですが、何か急に恥ずかしくなり出不精になりました。
よく言えば無防備、無邪気。
悪く言えばアホ。
私はそんなキャラクターだと思います。
だから人は警戒心抱かず誘われれ易いのですが、そんな自分がとても恥ずかしく感じるようになりました。

自粛期間の影響もあり、ほぼプライベートのお誘いは全て断りやがて誘われれることも無くなりました。
それが楽でLINEやSNSでの交流も徐々に距離を置き今はこちらもほぼ無くなりました。

根本先生のblogやVoicyでたまにテーマにあがる、自分のレベルがあがって人間関係に合わなくなった、というのとは私は違うと思います。
むしろどちらかと言えば逆で、周りは歩みを進めて、私はついていけない、その輝きが眩しく気後れするといった感じです。

自分をちっぽけに扱ってるという感じも少しあるかもしれません。
よくノコノコ顔出してたよな、と感じるし、賑やかし要員としてだったなと感じるからです。

自分の気持ちと向き合うほどに、恥ずかしさだけでなく、悔しさのようなものも感じます。
愛されてるのはわかるし、ありがたいけど、下に見られてる愛され方じゃない?と。

私は自分を大切にするために1人になる選択をとったつもりだったし、確かに楽になりました。
しかし若干自信が無くなってきました。

自分と向き合う時に出てくる性的ではない羞恥心について、いつか教えていただけたらとてもありがたいです。
(Kさん)

続きを読む

男性性優位な自立系武闘派女子の恋や結婚がうまくいかない理由と彼女たちと相性のいい男のタイプとは?~「大黒柱は家に2本も要らねえ!」生き方からの脱却~

自立系な女子たちは様々な要因で男性性を一気呵成に成長させることで、パートナーシップにおいては心理的に「男vs男」の関係性を築いてしまいがちです。
とはいえ、それは誰に罪があるわけでなく自然現象みたいなもの。
じゃあ、どういう男性と相性がいいのだろう?という話をさせていただきます。

長らく自立系武闘派女子と呼ばれる方々をカウンセリングしていると、幸いにして結婚に至ったにも関わらず、幸せな時間は一瞬で、その後は主導権争いが顕在化し、その結果、
「旦那が一緒に居られないと言って家を出ていった」
「スマホなどで素行調査をした結果、女の影がわんさか出てきた」
「仕事と言って家を出ていたがどうやら女の子と遊んでいるらしい」
と言った問題が発生するケースによく出会います。(もちろん、結婚されてなくても、お付き合いしている関係、あいまいな関係の話でもよく出てきます)

そんな話を聞きながらふと「そりゃあ、あんたが彼を追い出したようなもんだべ」とボソッと言ってしまうことがあるんですけど、その時、カウンセリングルームに流れる冷たい空気を皆さんは想像できるでしょうか!?ええ、例の、あの、空気ですね。(自業自得)

そうした女子たちは「独身時代から仕事をバリバリこなしていた」「姐さんと呼ばれるよなポジションを自然と獲得してきた人生だった」「男になんて負けてられねぇ、と啖呵を切りながら生きてきた」「気が強いって子どもの頃から周りの人に言われてきた」「売られたケンカは買う主義だ」「男になんて頼っちゃいけねえと思ってる」と言った分かりやすい武闘派な方に限りません。

一見、大人しそう、従順そうに見えながらも急所を的確に打ち抜く口撃力を持っていたり、自信がなさそうなふりをして「ねえ、どういうことなの?どういうつもりなの?あたしは何なの?」と彼を詰問するだけの度胸を備えていたり、頼りない旦那のために頑張って自立してきたら一気に追い抜いてしまったり、出産を機に武闘派魂が目覚め、家庭内の主導権を余すところなく握る女帝になったりするケースなど、ほんとうに様々です。

最近では学校でも職場でも比較的「男女平等」が叫ばれているので、社会人になった際も、男性と同じ職務をこなす方が増えてきていますが、それでもやっぱり男尊女卑な文化が残る企業もめちゃくちゃ多いですから、そうすると結果的に「認められるには男の何倍も頑張らなければならねえ」とめちゃくちゃ自立しちゃう方が出てくるんですね。

いわば、社会の中で男性性をたくましく成長させる女子がここ数十年でめちゃくちゃ増えたと思います。

また、離婚率も高くなり、さらに親世代の離婚を経験された方も多いですし、また経済的な面から言っても結婚して家庭に入るケースよりも、結婚・出産を経ても仕事を続ける女子が増えています。
続きを読む

内的充実ばかり図って外的世界(現実)が疎かになるタイプの次のステップは?~与える、分かち合う、つながる、という愛の世界へ~

内的世界にエネルギーを注ぎ込みすぎると、外的世界との交流がしんどくなって自分ひとりの世界に閉じこもってしまいます。
でも、内的充実はものすごく重要なことで、それができるようになったならば、今度は外的世界との交流がテーマになるんです。
その際のカギは「愛」。ハートチャクラがカギを握ります。

こんにちは。
昨夜のYouTubeの初ライブ配信、誠にありがとうございました。
出遅れてほぼライブではなくアーカイブ拝聴でしたが丁寧で愛溢れるご回答感動でした。

以前からのファンなのですが根本さんのお話で、最近はとくに女性性や内的充実の話が自分に響き何度も繰り返し読み聴いています。

内的充実的行為は自分とすごく相性が良いのか、ともするとハマり込んで現実的な世界が億劫になるところがあり問題にも感じています。

先日、女性性は内向きのエネルギーで全ては一つという感覚で多幸感があり、スピにハマる人などはこの感覚に中毒になってる的な見解を読み、私じゃん…と思いました。

私はごく個人的内的充実を探る方なので、スピは詳しくないしスピ仲間もいません。
私の場合ですが内的充実求めると例えスピリチャルだとしても外のフォーマットは邪魔になるというか…スピなりアートなり文芸なり音楽なり、なんらか内的世界を共有出来る現実世界と関わりがあればいいのだろうなとは思うのですが、あれこれ試しても持って数年。
関わり合いが面倒になって構築されかけた人間関係や仕事などなぎ倒して、自分の内的世界に引き籠りを定期的にしてしまいます。

内的充実にばかり嵌まり込んで現実が疎かになるタイプはどうやって生きて行けばアドバイス頂けたら幸いです。
(Yさん)

続きを読む

年の離れた兄・姉がいると疎外感を感じやすくなり、自信も持ちにくくなる話~けれど、長所ももちろんたくさんあるものです~

年の離れた姉や姉がいる末っ子だと、どうしても「子ども」「小さい」「何もできない」扱いをされて育つので、大人になってからもそのポジションについ収まってしまい、疎外感を感じたり、自信を持ちにくかったりするようになります。
そうしたパターンを手放していく方法について考えます。

根本さん、こんにちは!
いつもネタを取り上げてくださる根本さんに甘えて、今回も送りました。

これまで、最悪だった夫婦関係を再構築できたし、自分のことも大切にできるようになってきたおかげで、やりたかったことや気になったことに挑戦できるようになってきました。
以前は全く見えなかった理想のライフワークも見えてきて、日々の充実度は確実に上がってきていると感じてます。

でも、どこでも付き纏ってくる「疎外感」に困っています。
例えばコミュニティに参加してみて、最初の頃は、学ぶことにワクワクするし色んな人と関わるのが楽しいと感じますが、時が経つにつれ「私は受け入れられてないんじゃないか?」「私は浮いてるんじゃないか?」という感覚があります。

職場でも同様です。例えば、「あの人は私の同期と親しげに話しているのに、私にはそうでもないな。」という風に。

書くのが恥ずかしいですが、「あの人はいいね!もらえてるのに、私には反応がない」「私にはよそよそしいな」っていう感じで無意識に感じてしまうのです。

私には10歳近く歳が離れた姉が2人いて、私は家族の中で常に子供の立場だったので、「みんなの中に入れない」という気持ちがあったのも関係しているのかな?とも思っています。

「子供のくせに偉そうに言うな」というようなことも言われたことがありますが、そこまで気にしていないようで、実はすごく根が深いのかもしれません。
ゆえに、特に年上の人に意見を言うことに躊躇したり「年下のくせに偉そうに言うな」と思われてないかと怖くなる時もあります。

もともと人間関係が得意ではなく、「別にそのままでもいいじゃん」って思うものの、色々と気にしすぎて疲れるのでやめたいです。

大人数じゃなくていいから気の合う仲間が欲しいと思うのですが、無意識に感じる疎外感のおかげで人と関わるのが怖く、これからもっと人生を楽しみたいのに、人間関係での悩みがいつまでもネックです。

今まで散々自己肯定感を上げるために学んできたのに!!と悲しい気持ちにもなりますが。苦笑

何かアドバイスいただけると嬉しいです。
(Rさん)

続きを読む