モテる女が身に着けるべき御作法とは?~セクシャリティの強さを自覚し、ちゃんと「有事」に備える態勢を整える~

セクシャリティが強いのも自覚しづらいし、モテる自覚があっても謙遜しやすいし、自己肯定感があがって女性性が解放されてくると新たな局面に立たされることもよくあるものです。
出る杭も出切ってしまうまでには問題も生まれるので、そんなモテ女がすべき作法を紹介して、出切ってしまわれることを願う次第です。

いつも先生には助けられています。ありがとうございます。

今日の記事(https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/44787)の、趣旨とは全然違うところでキュピーンと閃いた感じがあったのですが、教えて下さい。“自己肯定感があがると安全・安心な人になる”と仰ったことについてです。

全然自慢じゃないのですが、老若男女犬猫野鳥から、知人・赤の他人問わずモテる方です。でも例にもれず恋人や結婚を考える相手が現れず、結婚相談所の婚活からはじまりマッチングアプリ数社を使って3年目に入るアラフォーです。
2年で35人ほどと会い(少ない?)、中には2回めのデートをした人もいますが、とにかくみんな気持ち悪くなってしまいブロックするハメに。

根本先生のもとで学んでいるので“気持ち悪い”と感じでしまうのは、親密感のおそれからくるわたし自身の潜在意識の悪さだということも理解しています。でも、現実的に物理的に、気持ち悪い行動をとる男性の多いこと!

何年も会ってないのに仕事の交流会で顔を合わせた(話はしていない)タイミングのみ、帰宅後メッセージを入れてくるひと。わたしのSNS投稿に対する感想文をDMしてきて、、と思ったら開く前に削除してるひと。お誘いではなく今現在いる場所を特定しようとしてくるひと。すべて返信はしませんが、それぞれに年1回とかのペースで繰り返されたりしています。

また、つねにセフレが3人いるうえに、いい感じのひとや彼女が別にいて「困ってるねん」と相談してくる脂ギッシュなおじさん。こいつは完全にブロックしたら「Mさん(わたし)といい感じやったんですけどね~ダメになっちゃってぇ」と狭い業界界隈で最近言いふらされる被害にあっています。いい感じになった覚えなどないのに。友人男女に相談してみたら「名誉毀損とかセクハラで訴えてもいいレベルじゃね?」というくらい気持ち悪い人だねと。

キモいキモい!お断りしてるのに間をあけてまた「ランチでもどう?」って誘ってきやがる男ももうキモい!←

職業柄、界隈では半分公人みたいなふるまいを余儀なくされる部分もあるんですが、アプリなんかで他と繋がりのない人物と連絡先を交換したり本名を名乗ることさえも、またお誘いを受けることさえも、将来のストーカー候補のような気がして受け付けないんです。安心・安全感のある男性と出会ってる気がしないのです。たぶん、普通の良き人物は知らない間に自分で却下しちゃってるという部分もあるのでしょうが、、

で、冒頭に戻るんですが、“自己肯定感があがると安全・安心な人になるし、”ということは、安全と感じられない男性はやっぱり自己肯定感の低い男子たちで、それを引き寄せるわたしはまだまだ自己肯定感が上がりきっていない可能性があるということでしょうか?もっと自己肯定感と向き合っていればヘラクレスくんと出会えるでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

女友達の価値観や行動にとてもモヤモヤするのだけど?~モヤモヤは見ないようにしている心の内を教えてくれる心の反応~

「なんでマジメに生きてるのに幸せになれないの?」という思いを抱いている方もいらっしゃると思うのですが、このマジメさは自分の心の痛みが作り出したルールをきちんと守っていることを指しているのかもしれません。
とすると人の言動を見てモヤモヤすることはその痛みの存在を教えてくれていると言えるのです。

こんにちは
いつも心に出来たモヤモヤを根本先生の回答でスッキリさせて頂いております。
ありがとうございます!

近頃嫉妬についてのネタが続いておりますが、ついでに私のモヤモヤを吐き出したく投稿させて頂きます!

仲が良くよく旅行にも一緒に行く女友達がいるんですが、彼女の恋愛観を聞いてドン引きしてしまった自分がいて、これはこのまま友達として会うべきか、距離を取るべきか悩んでいます。

その女友達は色々な既婚者の男性とよく2人で食事をしに行くんですが、彼女曰く、婚活で会う男性よりも話が面白いし楽しいから行く。と言います。

私も婚活中なので言っている意味はとても分かるので、そこはいいんですが、少しは相手の奥さんに対して贖罪の意識があると思っていたんですが、全くなかったんです。

もしその男性と浮気する関係になったらどうするの??
と聞いたら、 
私はそんなつもりはなかった。相手(男性)が悪い。
と言い切ったんです。

そんな価値観もあるのね~と流せればいいんですが、自分の父親が浮気をしていてずっと母から愚痴を聞いてきた私にとって、浮気するやつ=気持ち悪い。になってしまっているので、その女友達の事も生理的に受け付けなくなってしまいました。。

いつもモヤモヤした心を隠しながら会うのは嫌だな。と思い、その子にも既婚者とご飯に行くのは父親の浮気もあったからとても嫌だと伝えました。

それぞれの価値観だから、辞めろという訳ではないが、そうやってご飯に一緒に行っている事を知って悲しむ奥さんもいるんだ。という事を知ってほしい。と伝えたら、ふーん。と言う他人事の様な相槌に、こりゃ言っても仕方がないと思いました。

私もそれぞれの価値観だから。と言いつつ自分の価値観を押し付けているんですよね~

そのあと彼女は知り合いから紹介された人と3ヶ月でスピード婚約して、私のモヤモヤは止まりません。笑

自分は誰も傷つけていないし、真面目に生きてるのに何故。。実は彼女の様に自由奔放に恋愛したいのね。って事も薄々気付いています。

やっぱり恋愛、結婚には根本先生がおっしゃる愛されたい姫を素直に出して行くのがベストでしょうか?
(Cさん)

続きを読む

女性性が豊かな人はどう「男性社会」の中でライフワークを見つけて行けばいいのか?

まだまだ男性性優位な社会の中で女性性が豊かな人はどこか生き辛さを感じているかと思います。
今まではそんな自分を抑圧して合わせるしかなかったかもしれませんが、今の時代は徐々に選択肢が広がっているのも事実。
ライフワークをデザインするためにどういうプロセスを経るのが良いかを一つ提案しています。

女性性と男性性を私たちは心の内に持つわけですが、社会に目を転じればまだまだ男性性が優位な環境が強く残っています。

21世紀は心の時代、女性性の時代などと言われ、また2021年からは「風の時代」などと言われていますが、なかなか社会がそうした変化に対応するのは(少なくても日本では)まだまだ難しそうです。

男性性の強い社会というのは分かりやすく言えば「軍隊式」の組織構造を持ち、ピラミッド構造をしており、役割分担の元、上意下達の命令系統にて管理されるものです。
つまり、個よりも全体を重んじ、感情よりも思考が優先され、定められたルールに基づいて結果・数字を求めて行動(仕事)することが重視されるわけです。

そこでは誰かと競争して勝ち残ることが目標であり、かつ、完璧に振舞うことが求められるので、感情を抑圧し、思考的であることが必要となってしまいます。

そうなると個人の感情というのは無視されるわけでして、“機能的”にならざるを得ず、感情・感性が豊かな方は当然ながらそこから弾き飛ばされます。

そうするとことで、結果的に女性性が豊かな人ほど「社会に適合できない」という問題を抱えるわけで、その中で生き残らんとする人は、その女性性の強さをベースに男性性を強化して「男よりも男らしいマインド」を獲得していきます。

そうして見事、自立系武闘派女子が現代に誕生するわけでございます。
(なんか壮大な物語ですな。笑)

自武女の皆さまなどはあまりに女性性が豊かなゆえに男性性社会にも適応する柔軟性を持っており、「武器を持て?競争に勝て?うーん、興味ないんだけど、できんこともないから頑張るわ~!」などと言いながらも鋼のメンタルをもって頭角を現し、「めんどくせーなー」と思いながらもルールに適合して社会を闊歩されてるわけですけれど、でも、やっぱり「自分らしくない生き方」をしてる分だけストレスを抱えることになります。

それも体力溢れる20代の頃は鼻息荒く乗り越えていくのですが、30代に入れば自然と女性性がより表に出てくることもあいまって、「なんかイヤだなあ、この生き方」などと考えるようになります。

一方で、そんな思考的・システム的・競争的な環境において、感情・感性・つながり・自由さは葛藤を生むので、あまりに女性性が豊かというか男性性に興味がないという方々ほど、そもそも受験が目標となる競争社会について行けないので、思春期以降「社会が怖い」「お金を稼ぐということが怖い」「仕事がしんどい」「不自由だ」「生き辛い」「会社が嫌だ」「窮屈で仕方ない」という思いを抱き、「何をしていいのか分からん」という結論を得るのです。
続きを読む

創作をライフワークにしたいけれど、生活費を稼ぐ仕事をするのもしんどい状況はどうしたら変えられるのだろうか?

ライフワークにしたい仕事があっても、それがすぐに生活を支えてくれるわけではないので、その間は別の仕事(ライスワーク)に就くことが多いと思います。
しかし、そのライフワークの実現に本気になればなるほど、別の仕事は苦痛ではなくなっていくのです。

根本先生、こんにちは。いつもありがとうございます。初めてネタを採用していただいてからもうすぐ一年。なにかと脳内に先生が現れては、しかたないよね~と言ってくれ、落ち込むことが少なくなりました。とはいえ悩みはつきないもので、またネタを送ることお許しください。

仕事にしようと長年励んでいること(創作関係)がありますが、まだスクールに通うレベルです。お金がかかるので、現実的には別の仕事でお金を稼ぐ必要がありますが、それができなくなって困ってます。

わたしはもう10年ほど介護職で、すすんでハードワークしては貯金し、やりたいことに費やしてきました。でも1年半ほど前、色々大変なことが重なり無気力に(その頃根本先生に出会う)。

それで、自分軸や自己肯定感を意識するようになりました。おかげで確実に生きやすくなる一方、好きだと思ってた介護の仕事はつらくなり、半年前退職して今にいたります。

30代半ばの独身一人暮らしで、貯金も余裕がないです。最低限の生活費だけでも稼ぎたいですが、いまや人とかかわる仕事はなんでも腰が重く、面接も通勤も、誰かと働くこともしたくありません。

家でできることなら、とライティングの仕事を始めてみたものの、書くのが遅く、寝ずに書き上げることもあり、結局ハードワークしてるやん、とため息です。ひとりで仕事するのはとても気楽で、書くのも好きな方ですが、時給にしたら数百円。生活費にするにはほど遠いです。

周りには「やりたいことをやって自由に生きてる人」に見えてると思いますが、実際はそう見られるよう、超自立で生きてきた節があり、本当はもうずっと窮屈です。介護の仕事も、ハードワークも、創作も、すべて無価値感を埋めるために選んできた気がします。

それでも、創作はライフワークとして続けたく、どうにか生活と両立できるようになりたいです。最低限働くことすら辛く、永遠に休んでいられそうな感じですが、目に留まったら、なにかアドバイスいただけるとうれしいです。
(Sさん)

続きを読む

なぜマウントをとってくる女のことが心底ウザいと思うのか?~心の中の抑圧された欲求を見せつけてくる女だから~

ちょっと気分の悪い話になるかもしれませんが、マウントをとってくる人がなぜウザいのか?キモいのか?その心理について掘り下げてみます。
シャドウとの統合がテーマになるのですが、そこには自分が絶対認めたくない欲求が隠れているのです。

根本先生お久しぶりです!!最近セミナー等に参加できていませんが、今もブログや本に日々お世話になってます。嫉妬本、楽しみにしてます♪
今までロックマンや野良猫を追いかけ回し、踏み台にされ、泣いていた私ですが。なんと!!!
ヘラクレスオオカブトくんに出逢ったのです。
そして今婚約中です!信じられません!先生のおかげです!!ありがとうございます!!
今回新たに相談したいことがあり、送らせていただきました。
私の彼には小中学校の友達がたくさんいます。そのグループにいつもポツンと女が1人います。付き合った当初から話は聞いており、一度会ってみたいと思い紹介してもらいました。彼の地元の飲み会に私が参加させてもらった形です。
私はよそ者なので大人しくしていましたが、まぁ~その女が嫌でした。
人の話を自分の話に持っていくところや、自分が学生時代モテただの、世話をやたら焼いてきたり、とにかくウザい。そして極め付けはこれでした。
「〇〇(私の旦那)は中学のときあたしのこと絶対好きだったよねー?」と、私の真横で発言したのです。久々に心底氏ねと思いました(笑)
美容のことや夫婦のことなど、何かとマウント取ってきて疲れます。酔った勢いで同級生の男子にベタベタするところも気持ち悪かったです。
その女は既婚者で、女の旦那は海外赴任中です。「ついて行く」と言いながらグズグズとまだ日本にいます。普段から男友達とばかり飲みに行っているようです。
私の彼は「昔から知っているし、女として見たことがない」と言っています。確かに彼がその女をなんとも思っていないことは、私も見ていて分かります。
でも、その女が男友達に「女」を出しまくっている感じが無理なんです。その女の旦那も「酒の席で酔い過ぎるの気をつけろ」と言っているようです。
離れている旦那に心配かけているにもかかわらず、直す気のない態度にも腹が立ちます。
シャドウかな?と思い、自分との共通点も見つけ、向き合おうと2回目も会ってみましたが、相手の言うことなす事すべて悪意に感じて無理でした。
彼は優しいので、私の気持ちに寄り添ってくれていますが、本当は苦しいと思います。
飲み会の場で、すごく気を遣っていました。彼を困らせていると思い、私も激しい自己嫌悪に陥ります。
自分が拒絶過敏症な気もします。さすがに悪く捉えすぎなんだろうな~と思ったりもします。
その女のことは嫌いなままでいいし、仲良くなりたいとも思いません。
でも大切な彼のために、せめて気にならないレベルにしたいと思っています。
シャドウ、嫉妬心、無価値感、自分軸、自己肯定感………何から向き合って良いか分からなくなってしまいました。
先生からアドバイスを頂けたら嬉しいです!!!お願いします!!!
(Mさん)

続きを読む

感情を感じるようになってきたらネガティブな感情が口調や態度に出てしまうようになってきた。

とても順調な証拠なんですが、長らく思考を使って自分をコントロールしてきたがゆえにとても違和感を覚えるかと思います。
むしろ、素直な感情を認め、出せるようになってきた、と喜んでいただきたい事例です。

いつもお世話になっております。
根本先生のブログ熟読に加え、昨年より講座にも参戦し始め、自分を見つめることがたいへん捗っております。

今回お聞きしたいのは、感情を感じることを許可した場合の弊害(?)についてです。

幼少期から感情を抑圧&自立してきて、
私には、
「大切な人の1番になれない」
「どうせ私は愛されない」
といった前提があり、嬉しくはないですが後生大事にしてきました。

その前提をいっちょ変えたろうと、感情を感じることを自分に許可するワークに取り組んでいます。

感情を感じることと、それを表現することは別物だと理解しています。

しかし、不安、怒り、惨めさなど、見たくない感情もそのまま感じるようにしたところ、つられてそれを表情や口調、態度で出してしまいます。

例えばパートナーの言動に私が不安や怒りを感じた時、その感情を受け入れることはできていると思います。
「不安だね、そうだよね、不安になってもいいよ」と宥めつつ感情を受け止めるのですが、彼に対してもその不安や怒りが滲み出た対応をしてしまうのです。
当然彼は、とつぜん不機嫌になった私に困惑、といった状況になります。

感情を感じることを許しましょう、と提言されている記事がいくつかあると思いますが、これってうまくやるには何がコツがあるのでしょうか?
感じることと、それを表現することがセットになってしまうことについて、何かアドバイスいただきたいです。
(Mさん)

続きを読む

生活費には困っていないのに万引きがやめられない理由~罪悪感とその才能について~

生活に困っていないのに万引きを繰り返したり、満たされているのに浮気をしたり、やめればいいのになぜそんなことをしてしまうのだろう?という心理を掘り下げます。
罪悪感という感情がカギで、その感情の特性を理解することは大いに意味のあることだと思うんです。

いつもすごい情報をありがとうございます。
はじめまして、Sと申します。よろしくお願いします。
モラハラな父と被害者意識の塊の母、私、妹、優しい祖母(父方)の家庭で育った典型的な長女です。両親揃って厳しく私も妹も実家で楽しかった記憶が一切ない状態です。

私は小1の頃から父や母の財布からお金を盗っていました。
見つかっては怒られ叩かれ、小4の時は父から蹴り飛ばされました。殺されるかと思いました。
その癖は大人になっても無くならなくて、職場のレジからお金を盗っていました。盗ったお金で何か欲しいわけでもなくて当時の彼氏にひたすら貢いで・・・・お金が切れたら暴力を振るわれて怖かったのと、捨てられたくなくて必死で・・・・。
その後妊娠を機にその彼と結婚しました。職場を辞めて盗ることが無くなってホッとしたのを覚えています。
でも今度は万引きをしてしまいました。あまり覚えてないのですが確か出産後彼の浮気複数とDVがひどくなって、多分その頃から食材と子供服を万引きしたような気がします。
子供にも暴力を振るうようになったので離婚して、その後優しい方と再婚しましたが優しくされればされるほど嫌になり、再婚後出産してからはセックスレス(10年以上)です。
再婚してからも万引きしていました。生活費には困らないのに毎日食材を盗っていました。
それが何のきっかけか思い出せないのですが8年前に止めることが出来たんです。ある日からピタッと。10代の頃からしていた過食嘔吐も同じくらいに止まりました。それから今日までどちらも再発しておりません。
今年の1月に根本さんのブログと出会ってから、やたらとお金を盗んでいた事と万引きの事を思い出すんです。またしょっちゅう「死んでもいいかなぁ」とぼんやり思ったりします。
でも多分、今は、これまで生きてきた中で一番穏やかに過ごせているんです。
これは根本さんのお蔭です。ブログを拝読してから色んな取り組みをして随分と思考が明るくなりました。
本当にありがとうございます。

私がこれまでやってきた事に対してどのように意識を持てばよいのか教えて頂けないでしょうか。
どうか宜しくお願い致します。
※3歳の頃にオナニーが見つかり母から凄まじい折檻を受けた記憶があります。歴代の不倫相手3名のセックスはそれぞれ気持ちはいいけど皆様クンニしてくれません。今夫は執拗にしたがっていました。
(Sさん)

続きを読む