お金に困らない家で育つとお金が遠くて現実的じゃない存在に思えるので親の影響をモロに受けて、その分野で大人になり切れない問題が生まれる。



お金に困らない家に育った人が全員そういうわけではないのですが、実際にお金に関わる機会がなく育つことが多いので、結果的に、お金が遠い存在になることが多いんです。
そうすると親のお金の観念をまともに受けるし、お金に対して苦手意識やよく分からないという思いを持つようになるのです。

根本先生、こんにちは。
アラサーの自武女です。腹を決めて恥を晒します。。

私はいい歳をしてお金を払う・使うことへの不安、恐怖が強いです。
税金・社会保険等給与から引かれる以外だと先送りにしてしまい、通知書が届くのが怖いです。結婚祝いなども何故か先送りにしてしまいます。
大人として本当に恥ずかしいです。人のためにプレゼントを選ぶ事は大好きで気持ちとしては贈りたいのに、何故か苦しくなります。

実家はお金の不自由は全くなかったのですが、母はお金の不安が強い人でした。大人になってから父の年収が一千万以上ある事を知った時は驚きました。職業柄収入に少しの不安定さがあります。
母はケチではなく使う所は使う人ですが、他の人より損をする事を嫌っていました。
父は気にせずガンガンお金を使う人です。子供の時は母の姿から水道や電気を節約しなきゃ!と不安と使命感に駆られていました。

現在、お金が貯まったら貯金で暮らして苦しくなったら働く。という生活になってます。
お金が欲しいから働く!という強い思いがなく、お金の話をする人が苦手です。漠然としたお金への不安は常々。
仕事は出来る方だと思いますが継続力がないです…他の人はこんな姿想像できないと思います。笑 多分正反対のイメージかも…

こんな私も自分の人生にコミット出来ていて、お金以外はとても幸せです。
今、お金の問題と向き合う時と感じています。

地に足つけて自分の人生を歩んでいくために、お力をお貸しください。
追伸:先生のYouTube、ちょっきり10分で収める技に毎回感動してます!
(Mさん)

ちょうど1週間前にこんな記事を書きまして、Mさんも参考にしてくださったのかなあ?と思っているのですが、改めてお金について書いてみようと思う次第でございまする。

お金に困る現実から抜け出すにはどうしたらいいのか?~お金はエネルギーだから自分のマインドを整えること~

また、ちょうど昨年開催したフォレスト出版の講座がお金や豊かさについての講座なので、良かったら参考にしてみてください。

*セミナー動画:「自分を満たせば、人生は動き出す ~お金が回り人間関係が変わる心のトリセツ~」(フォレスト出版主催)

さて、お金の心理というのは今までちょくちょく触れてきたいますが、まずは基本原則について触れておきましょう。「知ってるぜ!」という方は復習のつもりで見てください。

◆お金に対する感情や意識、考え方は親からの影響をすごく受けるので、親がお金をどう扱っていたか?を思い出してみると合点が行くことが多い。

◆親と言っても父・母のうち、より近い方の影響を受けやすく、その距離が近ければ近いほどモロにその影響を受ける。

◆したがってお金の問題と向き合う場合は、間接的にその親と向き合うことから始めると良い。

◆その上で、お金に対して自分軸で向き合い、お金を良い友人やパートナーのような存在として捉えられるように新たな価値観をインストールしていく。

ということで、どうやらMさんはお母さんとの心理的距離がとても近く、その影響をモロに受けてしまったことが想像されます。

ちなみに余談ですが、Mさんのきょうだいにお父さんのようなお金の使い方をする人っていませんか?Mさんが母に近いなら、きょうだいの中に父に近い人がいるんじゃないかな?と思いまして。違ったらすいません。笑

なので、お母さんと向き合ってみるのもお金問題を解決するアプローチになりますね。

日本では「清貧」という言葉がもてはやされ、それは日本人の長所である「受容」や「忍耐強さ」から生まれたものとも言えますが、その観念が自分を縛り付けていると「貧しくとも清く」が“正しい”という思い込みを持つようになります。

その裏には「お金持ちはズルい」「お金は汚い」「お金の話をするのは恥」などの思い込みがあるわけで、それ故にお金の話をすることが良くないことのように思われてきました。

でも、そうした思い込みを持っている人の中には「もっとお金が欲しい」「もっと豊かになりたい」「お金持ちになりたい」という欲求を隠している人も多く、そこには惨めさや自己嫌悪などの感情も見てとれます。

でも、お金ってみんな好きですよね?たくさんあったほうがいいですよね?

だから、お金の話をすることは惨めなことでも恥なことでもなく、自然なこととして捉えられるように日々、お金を大切に扱う意識を持つことがいいと思います。

もちろん、ほんとうに「お金にはこだわらない」という方もいらっしゃるので、そういう方は今のままでいいですね。

・・・という前提なお話を経てMさんのテーマに向かうわけですが、冒頭に「腹を括って恥を晒します。」ということで、お金に対して強く「恥」の意識を持っていらっしゃるんだな、ということが分かるわけです。

いきなりなんですけど、なぜ今日の話が「恥」なのでしょうね。

全然ふつうのこと、自然なことだと思うんですけど、それをなぜ自分は恥と捉えてしまうのでしょう?

これ、けっこう重要だと思うので、「そう言われてみれば何でなんやろな?」と思ってみてください。

例えば、

>私はいい歳をしてお金を払う・使うことへの不安、恐怖が強いです。
>税金・社会保険等給与から引かれる以外だと先送りにしてしまい、通知書が届くのが怖いです。結婚祝いなども何故か先送りにしてしまいます。

ということを「いけないこと」「悪いこと」「恥ずかしいこと」と思っていますよね。
その裏側には、

「いい歳なんだから、お金を使うことに不安や恐怖を覚えてはいけない」
「給与から引かれる以外の支払いを先送りにするなんて情けない」
「結婚祝いはすぐに支払うのが大人として当然のマナー」

なんて思い込み(観念)が存在してるようです。

「こうするのが大人として正しいことなのに、それができてない自分は情けない。恥ずかしい」

という思いってかなりの人が持っているんですよね。
もちろん、お金に対してだけでなく、人間関係でも仕事でも。

これも一種の「理想主義」なんです。

理想主義についてはブログでも非常によく出てきますし、下記の本やセミナー動画でも扱ってますので良かったら参考にしてくださいませ。

「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*セミナー動画:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ3days

*セミナー動画:「鎧を脱いでありのままの自分を愛するワークショップ~素の自分とつながり、素の自分を愛する3時間~

お金に不自由ない家庭で育った方あるあるをひとつ紹介したいと思います。

ここで言う「お金に不自由ない家庭」とは、「お金のことで両親がいつも喧嘩していた」「家に借金取りが来て大変だった」「収入の不足を補うため母親が夜も働きに出かけていた」「家にお金がないので進学ができなかった」「子ども時代、明らかに他の家の子とは違う貧しい生活をしていた」「小中学生のときにはバイトをして家にお金を入れていた」などではなかった家を指します。

お母さんが不安だ不安だと言いながらも実際はお金にそんなに困ったことがない家庭で育つと「お金」の存在は非常に抽象的な概念として自分の中に根付きます。

お金の存在が身に迫った近いものというよりも、「遠くてあいまいなもの」として認識されているんですね。

(私)→(母)→→→→→→(お金)

という風に、お金というものは母の向こう側にある存在で、全然身近じゃないんですね。

だから、お金に対してはお母さんの思いがそのまま自分の思いになりますし、この意識は大人になって自分で稼ぐようになってもなかなか変わらないのです。

それがMさんの場合は特に顕著なのでしょう。
だから、

>現在、お金が貯まったら貯金で暮らして苦しくなったら働く。という生活になってます。

ということができるんだと思います。

それができるということは、Mさんがお金のある家庭で育ってきたんだろうな、ということを推測させてくれます。

不安や怖れはあるけれど「お金に困る」という体験をしたことがないので、「お金が欲しいから働く!という強い思いがなく」、ということになるんだと思います。

例えば、かつて同様にお金に困らないというかお金持ちの家に生まれたお嬢がカウンセリングに来られたんですけど「なんであたしが稼がなあかんねん、という思いがないと言えばウソになる」と言ってたんですね。

お金はお父さんが稼ぐものであり、自分が稼ぐということに違和感を覚えているのです。

つまり、今もMさんにとってお金というのは非現実的で遠い存在、すなわち、子どものときの感覚のままお金を捉えているのかもしれません。

>こんな私も自分の人生にコミット出来ていて、お金以外はとても幸せです。

という素晴らしい状況なので、そろそろお金についても大人になりましょうか!というのが今日のテーマです。

たぶん、あちこちでお話していることだと思うんですが、私たちの心は「この面では十分大人で、あの面ではめっちゃ大人だけど、その面ではまだ大人になりきれてない」ということが起こるものです。

「仕事では十分大人、生活力もめっちゃ大人、見た目も雰囲気も大人の女、なのにさー、なんで恋愛するとお子ちゃまになっちゃうんだろ?」という風に。

※ちなみにこのたとえが思わず自分に刺さっちゃって悶絶した武闘派女子はけっこう多いんじゃない?ふふふ。

Mさんにとってはお金がちょうどそんな存在なんだろうと思います。

でも、それを恥とか情けないとか思う必要って全くないんですよ。

それだけ親に愛され、守られた証拠ですしね。

だから、母親と向き合い、感謝をたくさん贈り、お金についても大人としてデビューできるように今から向き合っていけばいいのです。

そういうのを「今さら?」とか「遅い!」とか思っちゃうかもしれませんけど、そんな必要も一切ないんですな。

タイミングが来た時が今なんだから全然問題ないわけです。

私もよくカウンセリングやセミナーで20代ならともかく、3,40代の女子に「そろそろイチゴ柄のパンツは卒業しようねっ!」と保育士さんのように話しかけているんですけど、いい年して今頃?なんて思いはなくて、むしろ、「今までそこと向き合わなくていいくらい(=子どもでいられても許されるくらい)幸せな環境にいたんだよ」と思っています。

ということで、Mさんにとってはお母さんに対して改めて大人の女性として向き合えることが一つ目の目標。

言い換えれば、お母さんを一人の大人の女性(=近所の仲のいいおばちゃん)として見ること、お母さんに大人の女性として接すること、さらには、お母さんを食事に誘ったり、旅行に行ったり、プレゼントをしたり、お小遣いやお年玉をあげたりすること、などをやっていきましょう。

もし、癒着や執着が感じられるなら手放しも肝心。

そして、お金を向き合う、という点についてはできるところから始めたいんですけど何がいいでしょうね。

お金そのものと向き合ってもいいですし、お金の概念と向き合ってもいいですし、できることがたくさんあるんですよねー。

ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家に相談したり、金融資産を増やしたりするって現実的な方法もありますし、家計簿をつけたり、カード払いをやめて原則現金払いにしたり、お金そのものを大切にしたりする方法もありますし、、、。

ということで、カウンセリングを受けていただいてもいいですし、良かったらこのセミナー動画で気になるものに手を出してみて、頃合いのところから始めてみてください。

*セミナー動画「お金の心理学~お金軸を抜け出して、自分らしくお金と付き合う方法~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31913

*セミナー動画「お金の心理ブロックを外すワークショップ~自分に与える、自分を喜ばせるためのお金の使い方~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/39441

*セミナー動画「自分を満たせば、人生は動き出す ~お金が回り人間関係が変わる心のトリセツ~」(フォレスト出版主催)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/41843

で、最後に意外かもしれませんけど、お金=エネルギーという捉え方もできるので、お金の問題がセクシャリティの問題につながっていることもよくあるんですね。

大人になり切れていない=子どもの自分でいたい=セクシャリティが抑圧されてる?という風に見るわけです。

なので、そっち方面と向き合ってみるのもアリだったりします。

ということで、カウンセリングなども利用されてみるのもおすすめでーす!

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい