現実が辛いときに私たちは「妄想」という形の慰みを求めるもの~ファンタジーとヴィジョンの違いについて~

今が辛かったり、苦しかったりして逃げたくなったときに「妄想/空想」することで自分を慰めようとする心理は誰もが持っているものです。
しかし、その妄想(ファンタジーと言います)、自分が本気で現実化させたいと思えば、実現させることができるものなのです。

初めまして。
親が共働き・不仲・母親の不倫・父親の報復(奇行)から自立を余儀なくされた長女という、こちらの読者の皆さまにあるあるすぎな自立派武闘家女子です。

さて、親の様にならねえ!と自立を選んだはずが、モラハラ旦那と結婚4年目で自身も不倫をし、旦那にバレて問題の真っ只中・・・という状況もなんだかあるあるすぎて・・というのがご相談ではなく、今回の発覚で主人と話しているうちに、自分が都合の良い方には妄想がどんどん膨らんでしまい、期待が勝手に膨らんでしまうという癖(?)に気づき、そんな自演自作に疲れてしまいアドバイスいただけないかということです。

例えば、「旦那から離れて(今は自営旦那の手伝い)転職をしたら、好条件の職場な上皆んなにちやほやされてモテモテウハウハ!」とかなのですが、それがドラマのシーンの様に主人公自分で細部まで、架空の同僚と会話の内容まで想像してしまうのです。
もちろんまだ面接さえ受けていません。勝手に妄想した上に大体は自分が舞い上がっているだけでそんなこと起きるはずもなく後々地に落ちます。
大体が他者から好かれる自分の妄想で、そんな妄想をする自分が恥ずかしいし、疲れます。
それが自分の中で完結するのならまだ良いのですが、行動に移しては旦那に「常識で考えたらそんなんありえんだろ」と言われる始末。自分でも呆れます。

バリバリの他人軸を生きているからなのか・・・
妄想をやめさせる手はあるのでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

女性性が豊かな人がライフワークを生きるコツは「今をもっと楽しむ!」という心がけ。

大人になって自立すると思考が優位になって「べき論」が闊歩するのですが、それは逆に豊かな女性性を抑圧する結果になってしまいます。
より自分の気持ちに素直に、自分の心のままに生きることが女性性が豊かな方には必須項目なので、自分を気分よくさせる=自分のご機嫌を取る、とうことがライフワークを生きる秘訣になるのです。

『自己肯定感をあげ、自分軸を確立しようとしているときに恋を始めてもいいものでしょうか?』でお世話になり、ありがとうございました!
恋を始め、今までとのダメンズと違い、優しい彼と順調に過ごせて幸せです。
根本先生のお教えに従い、気持ちの伝えた方を変えられたおかげか、彼は私が小爆発しても受け止めてくれます。(先生のメルマガを読み漁って自己肯定感があがったおかけで、私が大爆発することもなくなりました、ちょびっと進歩!)

ただ、彼と会ってからの数日は、彼のことで頭がいっぱいになります。生理前1週間はさみしさやネガティブな気持ちでどうしようもなくなります(先程の小爆発がこの時期です)

また、それ以外で感じるマイナスの感情は、そのときに認識するのではなく、しばらく時間が経って冷静になって、あの時こんな気持ちがあったのか、、と感じることが多いです。(その時はなるべくノートに気持ちを書くようにしています。)

これらの原因は、ライフワークがまだ見つかっていない(平日は定時退勤、ジムやスポーツで体を動かす、週末はおいしいものを食べて、体を休めてまったりというの生活ですが、不満があるわけではありません)ことと、まだまだ自分の気持ちを犠牲にしてしまっている部分があるからだと思っています。

こんな私に次の一手を教えてください。ライフワークを見つけるための第一歩や、負の感情をその場で感じ、やがては相手に伝えられるようになるための第一歩は何か、アドバイスをどうぞお願いします。2つも書いてしまいとっても欲張りですが、引き続き先生に献金させていただく所存ですのでよろしくお願いします。
(Yさん)

続きを読む

心の痛みは少しずつ、ちょっとずつだけど、着実に回復していく~痛みがぶり返した時はさらなる癒しのチャンス~

もう大丈夫と思った頃にカサブタをはがすようなできごとに遭遇して痛みがぶり返すこともよくあるものです。神様のテスト、とも言えますね。
とはいえ、その経験が自分の成長を実感させ、さらに癒しを進めるチャンスにすることも可能なんです。

根本先生
いつもお世話になっております。
長年狙い定めて追いかけ続けたロックマンをやっと手放し(先生のセミナー、手放し本のおかげです)新しい人生を歩み始めました。
世捨て人のような生活からやっと抜け出したところです。
そしてロックマンを追いかけていた時いつも頭の中にあった悲しい気持ち、苦しい気持ちも薄れてきて、でもまだその生活に慣れてないせいか、あああ!!目が覚めた時不安じゃないね!?苦しくないね!?心が穏やかだ、、と日々自分に問いかけながら確かめながら喜びを感じています。

が、某芸人さんの不倫のニュースが流れるようになってから朝の悲しい気持ちが復活してきてしまったのです。
理由は、女性をお手洗に呼び出し短時間で行為を終え、お金を払って帰すという知りたくもない情事の詳細を知ってしまい、自分がロックマンの元カレに軽んじられた扱いを受けていたことを思い出したからでした。
元カレの場合は流石にトイレに呼び出すまでの酷いことはしませんでしたが、自分の気分で私を呼び出したりドタキャンしたりすることは多々ありました。

お恨み帳まだ足りてなかったのでしょうか。
赤の他人のことなのに、自分のことのように感じて傷がうずくなんてことあるのでしょうか。
(Rさん)

続きを読む

「女で生まれてごめんなさい」という罪悪感について~女に生まれたことの罪悪感と向き合う~

男尊女卑の社会だったり、家だったりすると「あんたが男の子だったらよかったのに」という心ない言葉をかけられることも少なくないものです。
そうでなくても、男兄弟の方が可愛がられている姿を見たりしても、その罪悪感は芽生えるものです。
そんな罪悪感とはどのようなものなのか?どう向き合えばよいのかをレクチャーしています。

週末のお弟子さん制度3期のデモセッションで「女として生まれたことへの罪悪感」がひとつテーマにあがってきましたので、ちょいとここで触れてみたいと思います。

この罪悪感と言えば、そのほとんどが「親が男の子であることを期待していたのに、自分は女の子だった」というケースでして、「生まれた時に父親が明らかに落胆した話」を母親から聞かされたり、親せきなどから「あんたが男の子だったらよかったのにねえ」なんて言われたり。

別に旧家に生まれたわけではないのに、そんな風に女の子であることを否定されて育った方も珍しくないようです。

で、もちろん本人はまったく悪くないわけですが、そんな風に言われてしまうと当然ながら「女の子でごめんなさい」という罪悪感を覚えます。
まったくもって理不尽極まりないもんですけれど、性別だけで差別されることに抵抗を示すのは大きくなってからで、子ども時代はどうしたってその傾向があるんです。

まあ、現代社会でも少なくなったとは言え、そんな風潮が残っている家、地域もまだまだあるでしょう。

また、「あんたが男の子だったら~」とか言われてなかったとしても、親や周りの人が兄や弟の方をかわいがったり、学校の先生が「男の子優先」みたいな態度を取っていた李すると、やはりそのような罪悪感を持ってしまうこともあるでしょう。

それで、「女の子に生まれてごめんなさい」というマインドを持ってしまうと、その後はいくつかの道に分かれるようです。

それは「女でよかったことを証明する人生」と「人として必要とされる人生」、そして、「その罪悪感に飲み込まれてしまう人生」。

もちろん、ほかにもありますし、これらも一言で言うにはおおざっぱ過ぎるかもしれませんけど、それはおいおい修正していきたいと思います。
続きを読む

つい爆弾を投下してしまい彼から「距離をおきたい」「関係をリセットしたい」と言われてしまう情熱系なみなさまへ。

その爆発するほどの情熱、ネガティブに出るとそんな風に関係性もろとも吹き飛ばしてしまうものですが、貴重かつ大切なエネルギー源です。
「本気で生きる」がテーマだと思うんですよね。そういう生き方がしづらい日本ですけれど、でも、道はちゃんとあると思います。

根本先生!こんにちは!
根本先生信者のYです(笑)

先生、またやっちゃいました。

大好きな人に爆弾を投下し、関係をぶち壊し、戻る。を繰り返し、とうとう彼から『関係をリセットしたい。』と言われました。

なんでしょうね。あのエネルギー。
凄まじいんです。破壊力。
私も知ってます、
自分のエネルギーが沢山あることも、エロいしずる賢いしわがままだし、でも良いところもいっぱいあるし。
男どもが弱いんでしょうか?
私が強いの?

何かに操られているのか?と思うくらい本能で動いてしまいコントロールや制御出来ず感情が爆発しぷつんと(関係性)を切ってしまいます。

以前は『もうこの世の終わりだー』と自分を責めていたのですが、先生のブログを長年読むうちに『仕方ないんちゃう?怖かったんやわ。大丈夫』って思うようになり、前は彼の言動に一喜一憂し寂しかったのに、今になって『そうかー。私は好きやけど、あなたがそうしたいならいいんちゃう?』って思っている自分がいます。なぜ?手放せてる?

ずっと不足感を補うように頑張ってきだけど、彼に愛されて、初めて安息の地に着き、親に愛があったのだと彼を通して知ることができました。
彼にも両親にも感謝しています。

ですが全てやる気を失い、泥のように寝て過ごし、その間も自分と向き合い、彼との爆弾劇を繰り返しながらも自分の成長も感じています。

自分の至らぬ点も甘えも自覚しています。
きっと彼に甘え過ぎたり物事を浅く捉える所、開き直りが諦めになっているのかな?

ゆっくり自分のペースで行きたいのですが目の前の現状があっという間に変わっていきます。

やっぱり、日に日に増す爆弾劇は辞めたいのです。
こればかりは解決しなくてモヤモヤしています。
何かアプローチ方法はありますでしょうか?
コロナも落ち着き、お仕事も始まるし、目の前のことをやっていけば見つかるものでしょうか?

読みづらく分かりにくい所があるかもしれません。
簡潔に書いたけど伝わるかな。
根本先生のステキなメッセージを頂きたいです。
(Yさん)

続きを読む

(新刊執筆中)脱稿しました。でも、毎回のごとく実感はありませぬ。

脱稿。

とはいえ、例のごとく、あまり実感も感動はありません(笑)

他にもっと書けることがあるんじゃないか?
何か大切なものを忘れているんじゃないか?
これで意味のある本になったのか?

続きを読む

自信=経験×自己承認

自信というのは自分を信じると書きますが、自分を信じるってじゃあなんだ?ってことを考えてみました。
そして、自信を作る式の重要性について語ってます。
結局のところ、自己承認、すなわち、自己肯定感が重要だって話ですけどね。

根本さん、こんにちは。いつもblog楽しみにしています。今日は自信について質問がございます。
私の上司(50代既婚男)は、英語が苦手、エクセルも使えない、コミニケーションは一方的。ですが課長の役につき、自信が当たり前にあり、「自己否定」という概念とは無縁のようです。
私はというと、英語は得意、エクセルも使える、コミニケーションは相手に気を使うけど、自信がいつもなく、何かと「私が悪い」と悩む40歳女です。
自信は能力ではないのでしょうか。
(Sさん)

続きを読む