パワハラを受けてることに気付いて以来、全然頑張れなくなってしまいましたが、生活レベルは落としたくない!!

パワハラを受けていても自分でそうだと気付いたり、仮に気付いてもそれを認めたりすることって案外抵抗があるものです。
そして、気づいてしまうと一気に燃え尽きてしまい、気力がなくなるもの。
そんなときは今の状況を卒業して新たなステージに踏み出すときではないでしょうか?

根本先生、いつも勝手にお世話になっています。
私は今の仕事がライフワークと信じていたのですが、なんかちゃうくね?となってます。
とある会議でとある先輩にめちゃくちゃ詰められ、いつものことだと思っていたら、会議終了後、他の先輩方から「泣いてない?」とフォローが入りました。
これをきっかけに、あれ?側からみたらやっぱおかしいんか?パワハラと指導が紙一重なこの生活ちょっともう嫌やねんけど。何かと結果求められてしんどいねんけど…と本音?の部分が出てきました。
その後も、とある先輩は指導したるとメールを下さり、いつもなら速攻イエスでしたが、なんか嫌だしんどいしーとなって初めてノーとお伝えしました。
「初めて仕事でノーと言った記念日」となるぐらいドキドキの出来事でした。ただこれが言えたことで、「ちょっと提出締め切り伸ばして欲しい」とか、上司に自分の要望を伝えられるようになりました。
そして、それ以来、仕事にやる気が起きません。爆。
なんかもっとゆるーく仕事したい。今はそれなりに評価されており、お金もまあまあ貰ってるのですが、前みたいにこれからも結果残して、頑張るぞ!とはなりません。
やる気いっぱいの同期にも会ってみたのですが、「だめ、あたしもうあんたみたいには頑張れない。そんなふうにもうなれない」と心の中で余計に汗かいていました。
今の生活レベルは維持したいし、なんならお金はもっと欲しいし、欲しい服もバッグもネックレスもある。だけど今は仕事は行くだけで「えらーい」と自分を褒めるのが精一杯です。
こんなわたしはどうしたらいいのか教えてください!
(Yさん)

続きを読む

流れに身を任せて自由になることを許せないのはそこに「孤独になる怖れ」を見ていたから。

ふと浮かんだ「もっと流れに身を任せたらええやん」という言葉。ずっとそうしたいと思っていたのにむしろ不自由になっていったのは「孤独」を怖れていたからでした。
そこには父の影や過去生の影響もあったようです。
「流れに身を任せて自由になるほどもっと大切な人を愛することができる」が答えでした。

さて、今日は「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版)の発売日なので、ここは一発、武闘派読者たちの購買意欲を喚起する記事を一発書いたろう!と思ったのですが、鍼灸に行って緩んでしまった上に、帰りの高速で「おぉ!」という気づきを得たのでその話をしようと思うのです。

いつもよりも何となく車が多めな第二京阪を颯爽と(法定速度に従って)(第二京阪は覆面が多いのだ)走っておりますと、「もっと流れに身を任せたらええやん」という気づきが下りてきましてその瞬間、心のどこかの部分がふわっと緩んだんですね。

そっか、もっと流れに任せればいいのか。
もっと自由でいいのか。
もっとわがままに決めていいのか。

そういえば数年前から自分自身の「自由解放運動」を展開してきたのですが、自由になればなるほどありがたいことにお仕事の依頼を頂くようになり、さらにそれまで以上にアイデアが浮かぶようになり(その結果、お弟子さん制度をスタートさせてしまった)、結果、ますます忙しくなり、目的とは逆に何かと束縛を感じる日常を創り出してしまっていました。

なんかおかしい、と思う一方で、好きな仕事だし、やりたいことなので、精を出して向き合ってきたんですね。

だから、一時期の私は「好きなこと、やりたいことの中から、より好きなこと、やりたいことを選び出さないと大変なことになるで」というメッセージを発するようになりました。
続きを読む

リーダーには可愛がられるのに直属の上司や先輩にはやっかまれるのはなぜ?どうしたらいいの?

例えば、社長には目をかけてもらっているのに、直属の上司からはマウントを取られるなどの“報告”をよく頂いているのですが、その心理と対策について考えてみました。
「怖い女になる」というのが案外平和的解決だと思うのですが、いかがでしょうか?

根本さん、こんにちは!
いつもブログでお世話になっております。
根本先生のおかげで、新しい職場に転職し、野良猫といろいろあって傷ついたものの、仕事では報われ、自分の城的な場所を与えられ、感謝しています。

今回は、仕事まわりでご相談です。

わたしは昔からまわりはふわふわしているようにみられ(感覚派です)、実際そうなので昔からそれがコンプレックスだったのですが、根本さんのブログの読者だけあり、自立系武踏派女子です(中学は、剣道部でした(笑))

そのため、仕事では見かけによらずごりごりやるのですが、それが、トップ的な立場の男性には不思議と受け入れ評価していただけるのですが、その下の男性たち(中間管理職的な)に、若干やっかまれやすい感じがあります。 前職でも最後はそんな感じでストレスでした。

私自身、自分に自信がないわけではないので、上からいろいろアドバイスされたり、決めつけてくる人には、正直辟易します。

ほっといてくれ。。。という感じです。

とくにわたしは戦略づくりなども好きで、思考も使うのですが、最近は女性性解放活動をしているので、よけいふわふわ自由にみられて、いらつかせてるのかもしれません。

リーダータイプの方は、わたしのそういう特性をわりと受け入れてくれるので、楽なんですが。

こういうメンズ上司たちはどうお付き合いするのがよいでしょうか。

御指南、よろしくお願いいたします。
(Wさん)

続きを読む

楽しみを後にとっておく心理~「今」を楽しんで、その楽しみをもっと増幅させる方法~

みなさんはお弁当などで好きなおかずを最初に食べるタイプですか?それとも最後にとっておくタイプですか?
そんな楽しみを後にとっておく方の心理について解説したいと思います。賞味期限が切れちゃう前に美味しくいただきたいですよね。

根本さん、いつも多方面からお世話になっております。いつもありがとうございます。
今日は『楽しみをとっておく心理』について教えてください。
楽しみをとっておく心理について、根本さんもときたま軽くお触れになることはありますが、がっつりピンポイントでこの乗り越え方を教えていだだきたく、お願いします。
少なからず誰の心にもあるものかもしれませんが、私はこれがあまりにも強く、今この心理が自分のブロック、ブレーキになってしまっていることに気付きました。
私は何に対してもとっておくことをしてしまいます。それは形あるものないもの全てに当てはまり、
例えば、好きな食べ物をウキウキしながら買い、食べたくて買ったはずなのに食べずに大事に大事にとっておく。
素敵な物(靴、服、アクセサリー、お化粧品、文具など基本全ての物)を買っても使うのがもったいなくて大事に大事にとっておく。
すごく読みたくて買った本も手を付けずにとっておくこともあれば、あと数ページで読み終わる、というところでずっととっておく。
また形のない物に対しても同じ気持ちになります。温泉に行く、アマゾンプライムやネットフリックスを見る、漫画を読むなど趣味に対しても発動しますし、例を挙げだすとキリがないのですが…
この気持ちに自分なりに向き合ってみましたが、
「楽しみにしている、楽しみがある、状態をずっと保ちたい。」
「実行してしまったら終わってしまう。」
「また退屈に戻ってしまう。」
「また何か楽しいこと好きなことを探さないといけない。」
「もうこれ以上の物に出会えないかもしれない」
「叶えてしまった後の寂しさ虚しさを感じたくない(旅行の帰りなどの気持ちに似たもの)」
「なんかもったいない、もっとここぞ!というタイミングがあるはずだ、それまでとっておこう」
このブロック、ブレーキに困っているのは、根本さん直伝の好きなことしよう!心地いい時間を増やそう!を実践しようにも、上記の感覚との綱引きで全く進むことができません。
私は幼稚園くらいからつまんないな~という気持ちがずーーっとあり何をしても必ず感じますし、今の生活も仕事を筆頭に退屈の極みだったりします。ゆえに楽しみをとっておきその状態に執着しているのでしょうか…

こんな私の心を読み解き進み方を教えていただけないでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

「欲」ってそんな悪いモノなの?~愛からの選択と欲について~

「欲」というのは自分を苦しめるときもあれば、喜びにつながることもあり、なかなか扱いが難しいものですが、それってなくならないし、うまく付き合っていくしかないんじゃないの?というのが筆者の考えです。
自分の欲に徹底的に素直になってみて、その上で、愛からの選択をしていけばいいと思うんです。

先生、いつもお世話になっております!

早速ですが、

離婚危機!?夫婦のペースが合わなくて気が付けば大きな隔たりが生まれている問題。 | 心理カウンセラー根本裕幸

の記事からの、

ずっと棚上げしてきた問題は、棚上げすることが習慣になっているので、なかなか自分からは向き合えないものなのです。 | 心理カウンセラー根本裕幸

刺さりました。

新年一発目、オンラインスクールでも取り上げて頂いていていて、「手放せたわぁ?楽やなぁ?ミニスカートなんて履いちゃって?」と楽しんでいました。
そして、お弟子さんにもお世話になり、セミナー受講したりして、女神になると決めて夫の話し合いに臨み「どちらでも応援するよ」から、夫が離婚をチラつかせる発言(「悪者になりたくないから、「離婚しようとは言えない」と言ってました)してるので私から「離婚しよう」って言いました。
私も夫も号泣でした。

夫の涙に希望を見てしまいました。「感情で決めず、思考で決めたい」と言い、「離婚したくないんじゃないか」と感じてしまいました。なんだか、一気に依存の世界に引き戻された感があります。

2人目欲しい気持ちが私にあり、夫は男性的な自信もないと言います。
「子供は諦める」と伝えましたが、最近、4人家族になっている夢を何度か見てしまい、「私、諦めきれてないなぁ」と思います 笑

愛情からの手放しだと思ってたら、欲まみれだったようです。問題を棚上げしてたようにも思いました。
子育ても辛くなってきて、夫にSOSしたくなり、踏み止まっていましたが、「棚上げ」のブログ見て、送っちゃいました 笑(返事が怖いです)初めて「助けて」って言いました。

罪悪感本とか手放し本とか決める本とか読み返すと、ますます悩むようになってしまいました。
優等生キャラだと思います。半年後から新しく仕事を始めることにしていて、それもなんで引き受けたかなぁと思うようになってしまいました。
ま、ずっとやりたい仕事ではありましたし、新しくことを始めたら何かしら流れが変わるかなぁと、またまた欲で引き受けたんですけど。笑

夫の意思を尊重しなければ、と思っています。
離婚へのレールを敷いた感がありますが、諸々手続きなど、私がやってあげるべきでしょうか?(ぜんっぜん乗り気にならないので、「進めるね」と伝えたものの、放置です。)
愛からの選択と思っていたのに欲だった件について、どうすれば見極められるか教えていただきたいです。

本とかセミナーとか動画とか、めっちゃお世話になってます。ありがとうございます♪以前より、自分と向き合うこと大切に出来る様になりました。自分の中にあと一歩感がありますが、それが何か分かりません。
ネタとして取り上げていただけたら、嬉しいです♪
(Yさん)

続きを読む

好きな仕事でチャンスが巡ってきたのに業界のセオリーやタスクに振り回されてる私~周りに合わせるのではなく「自分を活かす」という発想を持つこと~

好きな仕事であっても、そこで自分の合わないやり方に従っていたら面白くなくなるのも無理ないことです。
『「私」を知り、その「個性」や「キャラ」を活かす』という自己肯定感、自分軸ベースの仕事術を構築していくことが大事なんです。

自分軸で色々選んだりはじめたり楽しんでるはずなのに、心の熱量の賞味期限が早すぎて惰性やタスクに動かされる感覚がずっとあります。
早ければ、はじめた瞬間に気持ちが冷めたり、終わりまでやらないとまずいのに終わりがないことをはじめてしまってたり、そんな時にとくに頭を抱えます。

根本さんは以前ご自分を飽き性と言われてたのですが、飽き性なのに地に足がついて実績を積み上げてく方と何事も中途半端で露頭に迷って自己嫌悪ループにハマる人との違いはなんでしょうか?
やはり自己肯定感でしょうか…?

飽き性というか潔さが物凄い伝説のビジネスマンのインタビューをニュースメディアで先日読んでとても感銘を受けたのですが、感想のコメントで
「この方は実力と肝力がズバ抜けてるからやれること。凡人は真似出来ない」
とあり、「あー、そうなんだよな。わたしものすごいビビりなんだよなーだから飽き性の自分を生かしきれない…」と思いました。

根本さんに憧れてて先日の前の職場でのスケジュールが2年先まで決まってることにフラストレーションがあった話などとても興味深かったです。
私は上司や先輩に飽きるな根気よくやれと口を苦言を呈されることが時々あります。

自分の飽き性に任せてやってた時は棒にも引っ掛からなかったのですが業界のセオリーにそれなりに合わせてから急に成果が出たという成功体験があり葛藤があります。
会社は辞めて自由の身になったのだから好きにやればいいのに自信がなく、アドバイスや周りのやり方を与して自分のやり方への勘死んでます笑 
その結果当たり前ですが楽しく無くなってしまって仕事自体もう嫌いになってしまいました。
好きな仕事でやっとチャンスが巡ってきたのに。
昔の必死だった頃の私が卒倒しそうです。
手に入ったら案外こんなもんなんでしょうか。

根本さんが潔く独立され益々活躍されてるのを見て眩しくて尊敬しまくりです。
ほんとカッコいい…

何度失敗しても一度くらい自分のやり方で(側から見るといつも独善的なやり方らしいのですが自分としてはめちゃくちゃ合わせて大人しくやってる感覚です)やり切って勝利を勝ち取ってみたいです。
エール下さい!笑
(Mさん)

続きを読む

寂しさ・孤独感を感じるシーンと、その感情を癒す方法について。

日常の様々なシーンで寂しさや孤独感を覚えるのが私たちなのですが、今日はそれをシーン別にご紹介しつつ、どうしたらその感情を癒せるのかの方向性をお伝えしたいと思います。
あるあるー!!と思った方は迷わず本を購入されるといいですぞ!(ステマです)

さて、今日は思い切り「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版)のステマ記事なのですが(この時点でもうステマとは言えないけど)、今日は「孤独感・寂しさ」の種類(?)について語ってみたいと思います。

本にも書いてあるのですが、ブログ用に改めて書き直してみましたので、本が手元に届いたらその違いを読み比べてみるのも面白いかもしれないっすよ!

〇ふとした瞬間に孤独であることに気付くこと、ありませんか?

ふだんは元気に過ごしてる、それなりに幸せで楽しい毎日を送っている、けっこう物事がうまく行っている、頑張って目標に向けて進んでる、など、そんな状況にあってもふと「あれ?なんか心が変だぞ」と感覚がして、よくよく心を覗いてみたら「あれ?もしかして、あたし、寂しい?」と気付いちゃうこと、ありませんか?

例えば、朝から晩までオンラインで打ち合わせや会議をして「ようやく仕事が終わった!」とホッとした瞬間、今日は一日誰ともリアルに話してないことに気付いてふと寂しさを感じてしまったり。

例えば・・・、買い物に行った先で家族連れを見つけてしまい、「ああ、自分は一人だ。家に帰っても誰もいない」と思った瞬間にすごく寂しくて、惨めな気持ちになったり。

例えば、何の気なしにSNSを開いたら仲のいい友達が数人集まってなんかやってる。「あれ?誘われてないけど?」と思った瞬間に取り残されたような、仲間外れにされたような思いがして寂しくなったり。

例えば、とても仲がいいと思っていた友人が実はすごくショックなことがあったのに、自分には全然相談してくれなかったことを人づてに聞いてすごく寂しくなってしまったり。
続きを読む