女性的になったら、周りの女性陣にボッコボコにされてます(涙)

はじめまして。
根本さんのBlogとご本を日々読み込ませて頂いております。
最近の私は根本さんのお陰で自然に変化できてきて、
とくに以前は仕事のことや自分のネガティブな性格の悩みで頭がいっぱいだったのですが、
服やメイクなど女性的な感覚が生まれてポジティブで新鮮な感覚に包まれることが多くなりました。
ありがとうございます。

ですがその変化で、また違う壁に今は当たっておりリクエストさせていただきました。
小さな女の子がはじめて口紅をつけたら、お母さんに「やめなさい!」と怒られるように、
この幼い変化を周りの女性陣にボッコボコにされて戦意喪失しているといった次第です(笑)
これだけバカにされるなら、最近優しいかも?と思いはじめた男性達からも相当滑稽に思われているんだろうな、と人間不信気味です。

それでは日々精力的に活動されてたくさんの女性(と男性)に、光を下さっている根本さんに心から感謝を込めて。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
(Hさん)

続きを読む

借金癖について~どうして借金を繰り返してしまうのか?~

お金だけの問題だと思うとなかなか解決しないものです。そのウラにある心理についていくつか紹介しています。
お金について興味がある方も参考になると思いますよ!

はじめまして。

悩みながらの日々の中で、根本先生のブログに辿り着き、配信される内容をありがたく読ませていただいております。

また、地元にいらした時には講演会にも参加させていただきました。

私が勝手に先生のブログが自分の人生を取り上げてくださっていると感じているのか、、、離婚問題やその後の恋愛、そしてライフワークなど、いつもピンポイントな内容ばかりで、驚きながらも参考にしつつ毎日を送っています。

去年、急に思い立って行った大幅ダイエットに成功してから、急に女度が上がった!?せいなのか、自信がつき、モテまくり、仕事でも少しずつ結果が出せるようになってきました。

さて、本題は、、、、しか~し、私、若い頃からずっと借金癖が治らないんです。これまでどうにかこうにか支払えてきたので、あまり深く考えたことがなかったのですが、つまるところ、これが大元の問題で、全てから逃れてきたのかな!?と思い当たりました。

ズバリ、今後どのようにしたら私の人生さらに楽しくエンジョイできるのでしょうか?

好きなようにしなはれ!以外のお言葉を希望いたします。

根本先生のますますのご活躍をお祈りしていま~す。(^ ^)

かしこ
(Aさん)

続きを読む

自分ルールを押し付けてくる上司にどのように向き合えばうまく対処できるのだろうか?

正しさの争いや権威との葛藤などの自分の問題も出てくるし、話を聴く姿勢、みんなが幸せになる目標設定など、人間関係のスキルを磨くのに必要な課題がふんだんに入った、すばらしいチャレンジができる機会なんです。

根本さん、こんにちは。
いつもブログで勉強しています。
会社で、上司が代わった中で気づいた事があるので今日はリクエストします。
それは自分ルールを押し付ける人についてです。新しい上司はグループ会社から出向してきた人で、私が勤務している会社は全く初めての環境のハズなのですが、
これまでのやり方を確認したりする事も、何の断りもなく、突然、自分が良いと思うやり方に変えるのです。
知らない間に、これまでのやり方でなくなっているので部下としては戸惑うばかりです。
一方で上司は、これで良い!と思い込んでいるようですし、その理由は、自分は部長で権限があるから、のようです。

私の母や母方の祖母も似たタイプで、自分のやり方の押し付け、それに家族が従わないと、自分の思うようになってない、とマジギレし、私は親なんだから、とか、口ごたえするな可愛くない!と声を荒げる傾向にあります。

似たような奴キター、って事で、こういう人の心理や上手い対処法を、教えて!根本さん。
(こう書いても、結局は自分の話にされてしまうんだろうな)
(Kさん)

続きを読む

頑張りたいのに頑張れないから苦しい。

ある金融系の会社に勤めていらっしゃる方のご相談。
「好きな仕事でずっと頑張ってやってきたのだけど、どんどん職場の環境がハードになってきてしんどくなってきた。
人が辞めても補充がなく、その分、みんなの負担が大きくなってきている。
お客さんに対してもっと手厚くサポートをしたいのだけど、顧客数が増えているので一人当たりにかけられるエネルギーが減ってしまい、申し訳ない気持ちがある。
お客さんが増える=収入が増えるということに違いはないのだけれど、そろそろ独立か転職を考えたほうがいいんじゃないか?
今の会社はとてもいい会社で上司のことも好きなだけに迷いがある。」

恋愛と似ていて、仕事でも「好きだけど、しんどい」という状態はなかなか辛いものがありますよね。

「仕事、頑張りたいんだよねー。仕事愛してるもんね。でも、思うように頑張れなかったりするから辛いんだよね」

そんな話をしたら、彼はハッと目を見開いていました。

続きを読む

パートナーにはついつい両親を投影してしまうもの。

モラハラ気味の父とは全然違う優しい夫に対しても、私たちはその関係性を投影して、パートナーに対してお父さんに対するのと同じ態度を採ってしまうんです。
それに気付くことが手放しの第一歩ですし、パートナーとの関係改善にとても役立つのです。

根本さん、こんばんは。
いつもメルマガを読ませて頂いてます。

20歳でデキ婚し、仲の良い悪いを一年おきに繰り返してきた40代主婦です。

先日とても酷い暴言を、夫に放ってしまいました。

「私の事を管理しようとしないで。気持ち悪い!」

というのがそれなのですが、自分でもなぜそんなことを言ってしまったのか良く分かりませんでした。

夫に依存してしまっていたため、結婚したくない子供も生みたくない、もとはといえば子供が出来るかも知れないようなセックスはしたくないと言えず流されて結婚しました。

ただ、夫は別に束縛するタイプではなく、ここ数年は家事を手伝って欲しいと頼めば出来る限り家事をしてくれたり、気を使ってくれたりと頑張ってくれていたのですが、かまってかまって~と子犬のようにすり寄ってくる事もあり、少々うんざりしていました。

そこにとある事件が勃発。
冒頭のセリフです。

それから数週間後、ふと気づきました。
夫に言った事は、自分の父親にずっと言いたかったことでした。

父はモラハラっぽいところがあり、自分の言うことは絶対で、家計も自分が握っているタイプでした。
子供を大事に思ってくれているのは分かるのですが、今でも困った事もあり、その度に思ったことを言えない自分がいます。

夫に父親を投影してしまっていたなんて。自分がこんなにファザコンだったなんてショック過ぎて自分が気持ち悪いです。

そして父にも夫にも言いたいことをきちんと伝えられない自分が本当に許せません。

夫とは出来れば仲良くしたいのですが、私自身も少し距離を置きたい気持ちがあり、別居の話を進めています。

こんな私が自分と父との問題を解決し、夫と向き合うにはどんな方法が有りますか。

(父に言いたいことをあなたに言ってしまいました。と伝えようかと思いましたが、向こうにしたら「はぁ?(怒)」ですよね。)

よろしければネタとして取り上げて下さい。
(Mさん)

続きを読む

人間関係が居心地悪くなったのは、あなたが成長したせい。

自己肯定感があがったり、成長すると今までは心地よかった人間関係に違和感や嫌悪感を感じるようになるものです。
そうなったら悲しいけれど、その場を離れるのが自分を心地よくする術なのです。

お陰さまで、先生の本を読んだり、セミナー等に参加させていただいて、悩んでいた主人との関係や子どもの行動など気にならなくなり、だいぶ楽になりました。
自己肯定感が上がってきたように感じる今日この頃です。

しかし、主人の事や子どもの事にあれやこれや言ってくる外野(学校の先生や親)に腹が立ちます。
少し前までは相談しながら一緒になって、あーだこーだ言っていたので、急に関心がなくなった素っ気ない私の態度が気に入らないのか、いらんお節介を焼いてくる&攻撃してくるのです。

そんな相手の姿がかつての自分にだぶって余計に腹が立ち、今は刀に手を添えている状態です。
次また言われたら鞘から抜きそうです。
私こんなに攻撃的だった?と自分にびっくりしてるところもあります。
自己肯定感が上がったように思えてたのに、勘違いだったのかと思ってしまいます。
(Mさん)

続きを読む

自分が幸せになれば、自然と親のことも許せるようになるから大丈夫!

私たちの潜在意識には「親を愛さなければならない」という思い込みが深く根付いているようで、親と距離を取ったり、嫌ったりすることとを悪いことのように思って自己嫌悪しちゃうことがあります。
それにはそれだけの理由があるんだから、今はそれでいいんじゃね?というお話です。

根本先生

おはようございます。
いつもメルマガの内容に自身の悩みを重ねながら拝読してます!

生きづらさ、女性としての自信の無さの根底に親との関わりがある気がするのですが、ネタになれば、と思いきってメールしました!ご助言を頂ければ幸いです。

私は28から今夏まで8年ほど独り暮らしをしていました。仕事はアパレル関係です。
住まいでトラブルがあった際、3日間だけ実家へ戻ったのですが、その間ずーーーっと心が休まらないことに気づいたのです。
アパートに戻り、あの家に居たくない、嫌だ、という気持ちが自分にあると感じました。

ふと思い出したのは思春期当時のこと。
父に容姿をけなされたり、女性特有の体質をからかわれたり、怒鳴られたりしても、しかし私に言い返す勇気はなく、母も宥めることはありませんでした。

気がつけば涙が止まらなくなり、怒りに任せて当時の辛さを手紙に書き殴り両親宛に送りました。
それが2年前です。

その後両親から謝罪もあって「許せた」「大丈夫」と何の根拠もなく実家に戻ったのが今年の6月。
結論から言うと…実家暮らしはまったくダメでした!

引っ越し直後に父のものの言い方(自分自身を卑下するような言葉)に苦言を呈したのですが
「どうせ俺が悪いんだろう」で片付けられてしまいました。悲しかった。
それから、ほとんど口を聞いていません。

母と私は普通に話す仲、すでにリタイアしている父と母は挨拶程度です。
家族揃って食卓を囲んだりすることはありません。

安易に実家に戻る判断をした自分、父を苦手としているのにまだここに居る自分…
昔と違ってうまくやれる!と自分に期待しすぎたのか、時おりとても虚しくなります。

過去に囚われず前を向くには両親と物理的な距離が必要だと考えていますが、逃げ…でしょうか。

とりとめのない文を最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後の益々のご活躍を祈っています!
(Mさん)

続きを読む