(2/7)福岡にて(3)

2/5の福岡ワークショップに参加くださった皆さん、ありがとうございました。
頂いたアンケートやワークショップ中に頂いたネタについては後日お答えさせていただきます。
また、打ち上げに参加してくださった皆さん、二次会、三次会と朝までお付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。

いやー、しゃべった、しゃべった・・・(笑)

朝までしゃべっても喉が枯れないってのは、それだけ日ごろの鍛錬の賜物ですな・・・。
それにそれができる『若さ』も実感しましたよ。
ふふふ。

ちなみに前の晩は、ながのも書いてます『磯貝』にて、うまい魚を肴に大谷と差しで熱燗をやり繰りしまして、相当酔いました。
二人で何合飲んだんでしょうか?

そのお陰でワークショップの朝、実は、結構な二日酔いでして、「もー、サケはいいや・・・」と思うほどだったんですけどね。
懲りないですねー。
その晩の打ち上げではまたビール、焼酎、ビール、ビール、ビールって飲みまくってましたからー(笑)

でも、二日酔いながら、昼までにはちゃんと抜けて絶好調でワークショップが出来たりして、
「俺って、こんなに元気だったっけ?」
とちょっと不思議な気分でした。

* * *

ワークショップに参加された方が、メルアドを交換したり、個人的に仲良くなってらっしゃる光景は、講師としてはほんと嬉しいことです。
福岡は情の深い方がやはり多いのでしょうか。
参加者同士のつながりもとても強いようですね。
友達になるのが早い早い。
人の優しさや温かさもよく感じるところですし、それが旅人にとっては居心地の良さになってるのかもしれません。

東京の「友達感覚」、名古屋の「身内感覚」、大阪の「連れ感覚」と、それぞれ地域によって仲間作りにも個性があるんですよね。
こうした出張生活をさせていただいてるお陰で、それぞれの土地の風土が身近に感じられるのはたまりません。
こういう生活は一度はまると抜けられないものです。
ほんと、ジプシーのような気分ですな。

* * *

博多に来ると、美味しいもの巡りができるのが楽しみの一つです。
食べ物へのこだわりも強い土地なんでしょうか。
屋台も含めれば、人口比、すごい数の店があると思うんですよ。
今回の滞在中、ラーメンは3回(替え玉入れて5杯)食し、海の幸、山の幸、思い切り堪能させていただきました。

ええ、帰ってから体重計に乗るのが非常に勇気要ります。

打ち上げでも、おいしい馬刺しが“生”で食べられました(^^)
凍ったものしか食べたことない(食べられない?)ので、馬刺しが魚の刺身みたいに出てくるのはまだまだ不思議な気分がします。

本場・熊本では馬肉の焼肉があるとのことで、いかなるものか是非食したみたいです。
福岡からは1時間程度らしいので、機会があれば行ってみたいと思います。
温泉もたくさんあるところですしね・・・。

あと福岡に来て「さすがだなー」と思うのは、女性が普通に
「焼酎、芋をお湯割で」
ってオーダーするところです(笑)

最近は焼酎ブームもあって、東名阪でもそういう女性は珍しくないのかもしれませんが、あまりお目にかかることも無く、「おぉー、すげー」と思います。
僕もサケ好きですから、嬉しいです。

* * *

そんなこんなで、面談カウンセリングも充実しつつ、かつ、ワークショップも、飲み食いも、温泉も観光も楽しんで4日間があっという間に終わりました。
7日は朝早くから大阪に戻ります。

東京・名古屋の10日間出張をこなしてると4日間なんて、ほんとあっという間です。

荷物を片付けつつ、まだまだ名残惜しいなあ・・・と天神の夜景を眺めながら思うのです。

次回は4月。
もう春真っ盛りの時期にお邪魔します。
どんな新しい出会いと再会があるのか、今から待ち遠しいです。


(2/5)福岡にて(2)

今朝はぐっすり眠って快適に目覚め、その勢いを買ってちょっと「観光客」になってみました。
まずは祇園へ。
博多の街にも祇園があるんです。
京都のそれは雅な町屋ですが、こちらは寺社町。
大小のお寺や神社があって、通りを歩いているだけでいい気分になれます。
外は寒いですが、心は安らかになる感じで。

土地が広いからか、歴史が古いからか、大陸が近いからか、こちらのお寺はどちらかというと奈良風の佇まいに感じました。
威風堂々とした伽藍という感じで、建物も門構えも石畳も男性的な力強さを感じて、奈良のお寺巡りをしてるのと同じような気分がしました。
(京都のお寺はやはり優雅な、女性的な感じがするところが多いですから)

子どもができてから好きだった京都・奈良の寺社巡りをしてなかったんで嬉しいです。

で、そのままJRに乗りまして二日市へ。
古(いにしえ)からの習いに従って、二日市温泉で汗を流して大宰府天満宮へ。

うちの師匠から聞いたんですけど、元々温泉はお参り前に身を清めるために入る風習があったようで、有名な寺社の近くには必ず温泉があるらしいんですね。

硫黄の香りがする温かいお湯でした。
源泉掛け流しなのがとても良いです(^^)
ただ、ついつい忘れて指輪をはめたまま入浴してしまい、シルバーのリングがブロンズ色になってしまいました・・・。
また妻に磨いてもらわなければ・・・。
でも、案外ゴールドに見えるようでオシャレかも、なんて思うところが、おじさん風・・・。

その後訪れた天満宮は受験シーズン、梅シーズンということもあって、平日の割には人出が多かったように思います。
のんびりと広々とした空間を楽しんできました。
外は寒いんですが、温泉効果で体はほくほくです。
背中を丸めることなく、温泉上がりのぼーっとした“ピュアな心”で参拝できたのではないかなあ?
梅はまだ咲き始めでしたが、こういう古の空間は不思議とほっとさせてくれるものですね。
短い時間でしたが、心地よく過ごせました。

その後、歴史が古い観世音寺、大宰府政庁跡を巡って帰ってきました。
政庁跡は広大なイメージが非常に印象的で、振り返ると曇っていた空に少し覗く青空がとても素敵でした。
気分が限りなく解放されていく気持ちがして、素晴らしいです。
昔の装束や建物を想像しながら歩くと気分も凛となりますね。

二日市から特急に乗ったら10分そこそこで天神に着いたんですが、ずいぶんと遠くに行ってきたような気持ちになれたのもまた素敵です。

ちなみに、下はJRで二日市に向かう途中の駅です。
漢字では「水城」と書くそうですが、いやー、大阪に残してきた娘の顔が浮かんできゅんとなります・・・(笑)
mizuki_station.jpg

実は最初に訪れた祇園を歩いてると「アカチャンホンポ」の大きなショップがあったんですよ。
ふらふらふら~と中に入ってしまいそうになりました・・・(笑)


(2/4)福岡にて(1)

博多弁のイントネーションが心地よく感じる根本です。こんばんわ。
しゃべれるようになりたいな・・・でも、難しそうだな・・・。

今回も空を飛んで福岡にやってきました。
1時間で着いてしまうと、全然遠いところにやってきた気がしません・・・。
まるで神戸に来たかのように普通に過ごしてます。

東京も福岡も飛行機で1時間、名古屋へは新幹線で1時間。
もうほんとに自分がどこにいるのか分からなくなる日も遠くないかもしれません・・・(笑)
朝目覚めて「ここはどこだっけ?」と思ったりして・・・。

* * *

ただ、今朝、ちょい寝坊しまして・・・(笑)
慌てて家を飛び出してタクシーに飛び乗って・・・。
でも、結果的に余裕をもって空港に着くことになり(当初の予定時間よりも早く着いちゃって)、かえって暇をもてあましました・・・。
電車+モノレールだったら40分くらい見ておくところが、タクシーだと20分で着くんですね・・・。
知らなかった・・・
朝はもっと混むものと思ってた・・・

機中では、広島を過ぎる頃から曇りがちだったので雲海を眺めつつ、新聞を読みつつしてたら、あっという間に福岡に着いてました・・・。
山はうっすら雪景色だったんですが、街中はもう溶けてて無いみたいですね。

* * *

こちらに着いて初めて知ったんですが、2/3は新しい地下鉄線がオープンする日で(その七隈線にはまだ乗ってませんが)、縁起が良いですー。
新しいスタートって感じで。

そういえば、一昨年、新幹線の品川駅がオープンする日にもその駅、利用したんです。
初物に縁があるのは良い気分です・・・ふふふ。

* * *

出張生活の楽しみの一つは、ローカルニュース&ローカルCM。
実家のある静岡県だと、CMもニュースも地域情報を良くやってるので「帰ってきたなあ」という気持ちになりますし、東京や名古屋でも見たこと無いCMやローカル番組に出会うとワクワクします。
意外なタレントが深夜番組などに出てたりしてビックリしたり。

(とはいえ、家でもどこでも僕はあんまりテレビ見ないんですけどね。もっぱらBGMを流してます)

今日テレビを付けたら、ちょうどローカルニュースをやっていて、今日はやはり新線開通が大きなトピックになってました。
福岡の地下鉄はきちんと座席が区切られていて座り心地が良いのです。

CMはやっぱりホークスの選手がよく出てきますよね。
福岡に来たなあ・・・と実感が沸きます。

知らない地名もたくさんありますから、テレビで流れるたびにガイドマップでどの辺りか確認したりしながら楽しんでます。

ええ、地理は好きなんです。

* * *

今回は3回目の宿泊にして初めて海の見えるお部屋です。
福岡ドームやシーホークなども見えて爽快ですねー。
「あれは何だろう?」と地図と睨めっこしながら眺望を楽しんでました。

新しいものを知るのは嬉しいです。

明日は時間に余裕があるので、ちょっとお出かけしてみたいと思います・・・。


(2/2)喉元過ぎて学べること

めちゃくちゃ寒い日が続いていますね。
風邪など召されないように気をつけましょう。
僕は外出先から帰ったら、塩で手洗い、うがいをしてます。
あと妻が部屋にユーカリのアロマオイルを芳香させていて(風邪菌などに効果があるそうです)、それらが奏効したのか、今年はまだ風邪は引いてません!

※などということを書くと、風邪を引いたりするんで、要注意ですね(笑)

続きを読む


(1/31)「愛する」ってどういうこと?

例によって前振りが長くなりまして、別記事にすることにしました・・・。

「愛するってどういうことなんでしょうね?」
夫婦関係や恋愛の問題に取り組んでる方から、よく頂くご質問です。

説明するのはほんと難しいですね。
僕もそれを語るには若すぎると思うくらい恐れ多い言葉です。
まだまだ学んでいる最中ですし、これから先もこの答えを求めて試行錯誤していくんだろうと思います。
死ぬ間際になって、少しでも明解に説明できれば良いかな・・・というくらい気の長いチャレンジのつもりでいます。

ただ、ご質問を頂いたらそれにお答えするのも僕の役目ですから、その場で、分かる範囲でお伝えしようと試みます。

続きを読む


(1/31)ベビー・サイン

急に冷えてきましたね。
強い寒波がやってきているそうで、大阪でも気温がマイナスになったり、雪がちらついたりするそうです。
確かに作業してる自室も、普段よりも寒いような気がします。
風邪も流行っているみたいですから、お気をつけ下さいね。

ちなみにうちの乳児の風邪はすっかり良くなりまして、高速ハイハイにも磨きがかかってきてます。
ご心配下さいました皆さん、ありがとうございました。
意味不明にリビング内をぐるぐる回って、
「それ、何かの儀式か?お払いでもしてくれてるのか?」
と思わせるくらい元気になりました。

ただ、僕がカウンセリングに行ってるときなどに、気が狂ったように泣き叫ぶときもあるようで、妻はほとほと困り果てるそうです。
「私の方が泣きたいわ・・・」
と、嘆いてました。
母親ならば誰でも一度は経験するそうですが、ほんと大変ですよね・・・。

* * *

そんな乳児に妻がベビー・サインを教えています。
その存在は源河から教えてもらったんですが、手話のように手でコミュニケーションするもので、言葉はまだ話せないけど、自分の意志を伝えたり、周りの意志を受け取ったりできるようです。

乳児も1、2週間かかりましたが「ミルク」というサインをどうやら覚えたようです。
乳搾りをする仕草なんですけど、見てるとかわいいし、感動しますね・・・。

「言葉」や「コミュニケーション」ってほんとすごいもんですね。

ただ、妻が色々覚えようと、作業してる僕の横であれこれ本を片手にやってるんですけど、その動作が妙にコミカルで笑えます。
(ベビーサインがコミカルというわけではなく、妻の動作がコミカルという意味です)

ちらっと横目に入りますから、気になってしゃあないんですけど・・・。


(1/30)ワークショップの制作裏話。

もう1月も終わりですね。
あっという間ですねー。

1週間後にせまった福岡のワークショップ用のテキストを作っていました。

同じテーマでも、毎回見直しをかけているんです。
前回の気付きや学びを都度テキストに反映させるために。

新しいテーマの場合は時間配分やレクチャー内容などを考えつつテキストを作っていきます。
実習内容を決める時はどんな雰囲気になるのか、どうしたら盛り上がるのか、どうしたら実習がうまく行くのかを頭の中で空想しながら作ります。
この作業がかなりワクワクするもので、テキストができると、もうワークショップ当日が待ち遠しくてたまらなくなるんですよねー。

こういうワークショップを始めた6,7年前はレクチャーを10分して、実習を5分して、で、その説明を5分以内に纏めて・・・などと細かく設定してましたし、何を話すのかの台本を作っていたこともあるんです。
きちんと自分が理解できてるのか、それを伝えられるのか自信がまだ持てなかったし、不安でしたから、けっこう細かいネタまでセリフのように書いてたこともありました。
(その台本作りが今のメルマガなどの記事作りに生かされるわけですから、何がどう役立っていくのかは本当に分かりませんね)

また、時間配分も何年もやってるうちにだいたい勘で分かるようになるもんですが、本番になると必ずしも思い通りに進むわけではありませんので、融通の利く作りにしておかないと、時間オーバーになったり、足りなくなったりしてしまいます。

「融通の利く」というのは、お話する内容を増やしたり減らしたり、その場で内容をやりくりすることなのですが、その分、プレッシャーをけっこう感じてます。
ただ、それもワークショップをする面白さの一つです。
ぜーんぶセリフが決まっていて、時間配分も決まってたら、やる方も面白味に欠けますよね。

最近ではレクチャーの内容や、実例の紹介などは、時計見ながら調整できるようになりましたから、我ながら成長したもんだと思います(^^)

だから、余裕そうに見えても、けっこうハラハラドキドキしながらワークショップを進めているんです。

たくさんの方に来て頂いてますから、その期待に応えようって気持ちも強いですし、かといって、気勢を張りすぎると滑ってしまいますから、地に足を着けつつ、楽しみつつ、とカウンセリングとは違ったワクワク感がワークショップには付き物です。

笑いが取れるかどうかも重要なポイントなんですけど(笑)、それ以上にちゃんと内容を伝えられたか、少しでも学びや気付きを得てもらえただろうか?というのが大切ですもんね。
皆さんの反応を見ながら話をその都度調整しているつもりですけど、やっぱり「どうだったのかな?」というのは気になります。
だから、アンケートは必ず毎回取るようにしているんですね。

以前、たまたま仕事の都合と重なって、同じテーマを東京、名古屋、大阪の3ヶ所で受けて下さった方がいらしたんですが、
「同じ内容なのに、中身が全然違いますよねー。雰囲気もそれぞれ違うし面白かったです」
という感想を頂いて、かなり嬉しかったことを思い出します。
そう、その場の雰囲気で話す内容は変えてますし、テキストの内容も変わることも少なくないですから。

ま、そういうとかっこよく見えますけど、要は「思い付き」が占める割合も高いです。
もちろん、思い付きだけで僕一人の自己満足になってたら全く意味ありませんからね。
いい意味でのプレッシャーを常に感じています。

今回の福岡のワークショップでは久々に男女関係をテーマにしているんですが、できるだけ参加してくださる方の意向に沿うように、コミュニケーションを取りながら進めていく形にしてみました。
自由度が高い分だけ、またちょっとしたチャレンジになりそうです。
男女関係のテーマは僕自身、好きなジャンルですし、もう今からワクワク、ドキドキしてきてまして、1週間後がとても楽しみになってます。

ちなみにワークショップの中身もそうですが、何人くらいお客様がいらしてくださるかも、けっこう気になるものでして「誰も来なかったどうしよう?」なんて不安は今だにちょっぴり感じてたりするんです。
6年くらい前、お客様1名様でやったこともありますから(それはそれで面白かったんですけど)。
まあ、先にご予約をいただいてますから、その不安は不要なものですけど、ほら、天候によってとか、やっぱり心配になるんです。
とりあえず、今のところ2/5は悪い天気じゃなさそうなんでちょっとホッとしてます(笑)

・・・なんてことを思いながらワークショップを作っているんです・・・というお話でした。