明日(2/12)配信のオンラインスクール。テーマは『やりたいことをやるのに親を許す必要があるの?30歳なのに親への反抗期が来るものなの?』

毎週月曜日配信のオンラインスクール「めっちゃ使えるココロの法則」メルマガ。

最近の撮影は「公開録画」にチャレンジしています。毎月の撮影日にご都合の良い方に集まっていただいてライブ感を出してます。平日に品川方面に来れる方が今のところ対象となりますが、撮影風景に興味ある方はぜひご参加ください。(募集方法はオンラインスクールのメルマガ内でご案内しています!)

Read more

リトリートセミナーに参加して良かったこと(2)

4/14,15福岡リトリートセミナーの開催にあたり、今まで参加して下さった方に「参加してよかったこと」と聞いてみました。
第二回目です!(1)はこちら
参考にしてくだされば幸いです~!

福岡リトリートセミナー会場からの景色

続きを読む


ライフワークを生きようと思ったら、おかんから爆弾が落とされたんですけど。

ほんとうにしたいことをしようとすると、潜在意識のエゴが暴れて妨害工作を始めます。
それに流されちゃうとライフワークを生きられず、しかも、それを誰かのせいにしてしまうのです。
まずは自分軸で、そして、その上でやりたいことを選択する、という意志がとても大切ですね。

こんにちは!根本先生のお言葉を生かして、今日は女らしく着飾って根本先生の新刊片手に気持ちよくお茶をしています♪

今日メッセージさせて頂いたのは、ライフワークと家庭環境についてです。

ライフワークのセミナーを受けて「好きなことを好きなだけやって生きていい」と花柄の便箋に書いて貼っていました。

ですが昨日母親から大きな爆弾を投げつけられライフワークを邪魔されそうです。

母は私が高卒した頃から糖尿病がひどく、今年は入退院を繰り返しました。
自武女である私の母ですから神経質・ヒステリック・感情や心の声がダダ漏れ・家族を責め続けていて、病気や経済苦を家族のせいにしています。

父は母を愛していましたが、最近は母にバレない程度の浮気をし始め、母への愛は感じなくなりました。

母の糖尿は重いですが、少ない収入で借金体質の父に養って欲しいと素直に可愛く頼めない為、正社員で働いています。

それを周りは「家族に養ってもらいなよ」「旦那は何で見舞いに来ないの?」等色々言われるようで、それを不満としてぶつけてきます。

母の家庭環境も悪かったので、家族の愛を受け取るとか、自分軸で生きるとかが母には皆無です。

そんな母は昨日の診療で、病状は深刻だと言われたそうで、不安や不満を怒鳴り続けて暴れた後、私に「病院代ももう自分ではどうにもならなくなっている。仕事と療養食の両立が難しい。転職して養ってほしい」と言いました。

そこで、私のライフワークはどうなるのか?
私は母が死ぬまで母の人生を生きなければならないのか?
ライフワークがまだ見つからなくて転職先も無理くりになるような。

私が有給をとって行った見舞いや迎えでさえ、「毎日家族が来ていた隣りのベットの人に比べたら、そんなものは来たうちに入らない」と言う母の不満は、何をしても変わらないような。

長くなりましたがライフワークと、やらざるを得ない状況との合理性の付け方とかありましたら、教えてください。
(Yさん)

続きを読む


@FM crisp airの収録ののち、伏見の地下街で幸せになったカウンセラーの話。

前の会社でカウンセラー/講師をしていた頃は名古屋の事務所は鶴舞にあり、年に何度もこの駅に降り立っていました。(もちろん、今もそのカウンセリングルームはあります)
3年前に退職して独立して以来、ほとんど立ち寄ることのなかったこの駅にほんとうに久々にやってきました。

Read more

新刊『敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法』のゲラチェックをしながら名古屋を往復しました。

日帰りで名古屋に行ってきました(それはまた別記事で)。
その往復の車中は再校ゲラチェックに明け暮れておりました。

タイトルは『敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法』。

前著、「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の「人間関係応用編」というべき一冊で、人との距離の取り方から、嫌いな人との付き合い方まで、事例を織り交ぜながら、読みやすいけれど、とても本格的な人間関係の心理を扱った読本となっています。

Read more

リトリートセミナーに参加して良かったこと(1)

4/14,15福岡リトリートセミナーの開催にあたり、今まで参加して下さった方に「参加してよかったこと」と聞いてみました。
たくさん頂いたので何回かに分けてご紹介します!
参考にしてくだされば幸いです~!

福岡リトリートセミナー会場から見える海。

続きを読む


戦場を脱して燃え尽き症候群に陥っている武闘派女子に送る処方箋。

元々能力がある人は人のために、と頑張る傾向があります。
問題が起きればなおのこと頑張ってしまいます。
しかし、その場を離れると一気にその無理が気力体力に来るものです。
だとしたら、その体を引きずって戦うのではなく、一旦オフにしてリセットして自分を見つめ直しませんか?という提案です。

ご無沙汰しております、Kです。
おかげさまで夫の不倫は終わりこそしないけれど、牛歩ながらゆっくりと関係改善してきています。

そこで、今日は直接不倫問題とは関係ないのですが、私自身の最近のうまくいかなさについて質問です。

9月にめでたく転職を果たし、素敵な会社で頑張るぞ!と意気込んだのも束の間。
会社からは期待されてるし、やりがいある仕事は目の前にあるのに、どうにもこうにもやる気が出ないんです。
仕事だけでなく、家事育児、あらゆることに意欲がわかなくなってしまい、息子のお迎えは義父母頼み、家事も夫頼み。

私はただ毎日会社へ行って帰ってくるのみ。

さらには、根本さんのおかげで女性性に目覚めオシャレにも意欲を燃やしていたのに、ゆるふわロングヘアも急に気持ち悪くなりバッサリ切ってしまったり、会社で必ず履いていた
7センチヒールもなぜだか急に痛くて痛くて履けなくなってしまったり。

夫の浮気のおかげで8キロ痩せたのにこの数ヶ月で一気に戻ってしまうというミラクルまで。

原因はいろいろと思い当たるんです。

1、新しい環境になってこれまでと違うやり方に変わる時。
2、夫と夫の不倫相手と同じ職場という緊張感から解放されて燃え尽き症候群。

特に2つ目は大きくて、離れてみると日々会社でいつ夫の彼女に会っても素敵な私でいよう、とか、仕事のできる人と評価されることで社内評判は彼女に負けないとか、それはそれは気を張った毎日を送っていたな、と。

いわば今は、戦場それも最前線から帰還した兵士みたいなもので、平和な生活と戦場の激しい毎日のギャップに私が追いついていないのかな、と思っております。

とはいえ、上司からももっとガンガンやっていいんだよ、と言われ本当はできるの自分でもわかってるのにいつまでもモタモタしてるのも申し訳なく、そろそろ浮上して、ギア入れて私第2章のスタートダッシュを切りたいところなのですが、どうもまだまだ気持ちが上がりきらないというか、なんとなく体が重いというか。

最近3センチヒールなら履けるようになってきたので、そろそろ浮上の兆しとは思っているのですが、この無気力からどう浮上したものでしょうか?

ブログネタとして取り上げていただければ幸いです。
(Kさん)

続きを読む