東京:10/19(木)10:00-16:00「夫婦問題を解決して幸せな関係を築くための1DAYセミナー」


今年1月、4月に開催して大好評をいただいた、このセミナー。
夏休みなどがあったりしてスケジュールが取りにくいかなあ、と思い、敢えてこの10月に設定しました。

幸せな夫婦関係、と聞くとどんなイメージが湧きますか?
ちょっと絶望的な気持ちになるかもしれないし、
何とか頑張って前向きにやっているところかもしれないし、
寂しかったり、悲しかったりするかもしれません。

そういう自分をそっとハグして愛してあげませんか?
そう、まずは自分を、という趣旨がこのセミナーの一つです。

家のこと、仕事のこと、子どものこと、などなどを抱えながら、夫婦のことも一生懸命やってる自分のことをちゃんと認めて愛してあげませんか。
もちろん、足りないところ、できないところもあるし、悪いところもあるでしょう。
旦那の愛情に胡座をかいたり、旦那の愛情を試したりしちゃったこともあるでしょう。
裏切ったり、悲しませたりしたことだってあるでしょう。
でも、そういう自分も含めて自分なんだしね、だから、ただただ愛してあげましょう、と思うのです。

それが「幸せな夫婦関係」のためには必須だと思うのです。

そうして、自分を愛することをちゃんと学んで実践してから、パートナーを愛する、ということを学んでいきます。
どうしたら、幸せな夫婦関係が築けるのか?を学び、実践していきます。

もちろん「離婚」という選択肢もありですよね。
それが二人を幸せにするのであればOKだと思うんです。

「別居婚」をするようになって幸せになった夫婦もいます。
「週末婚」を選んだら、ずっと関係がよくなって長年懸念だったレスが解消した夫婦もいます。

何が正しいか?なんてないんです。
二人にとっての「幸せ」を選べるようになりたいのです。
続きを読む

(新刊の感想5)思ってたより 自分にダメ出ししてた!もう少し優しくしてもええんちゃうん?と思えました。

新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の原稿をリトリートセミナーに参加してくれた仲間たちに一足先に渡して感想を書いてもらいました。(もちろん、出版社の了解済み)

Read more

大阪:9/19(火)、東京:9/22(金)大人の心理学講座「インナーチャイルドと改めて向き合ってみる。」


私の手違いにより、9/22の東京の会場が変更になります。同じ神楽坂の別のセミナールームとなります!


子どもの頃の寂しい私、我慢していた私、お母さんが笑顔になって欲しくて気を使っていた私。
そんな頃に身に着けたパターンが今も現役で残っていて、寂しさに耐えたり、言いたいことを言わないでおいたり、相手に迷惑をかけるからと1人で頑張っていたり。

その根拠の一つとなるインナーチャイルドについて今回は向き合ってみようと思います。

子どもは才能や元気やエネルギーの塊。
また、親密感が大好きで、素直な上に、創造的。

「嫌われるのが怖くてパートナーに言いたいことが言えない」
「嫌なことがあっても、揉め事になることを避けて我慢する」
「誰かに頼ることは迷惑をかけることだから、一人で何とかしようとする」
「家族の調整役として活躍していたから、今も自分の意志を通せない」
「周りの期待に応えて来たので、今も自分がしたいことが分からない」

そんな問題を抱えているのならば、幼少期のその体験が今に尾を引いているのかもしれません。
続きを読む

他人軸の作り方講座~賢い人ほど気を付けろ!~


例えば、親子関係で自分の意思よりも相手の意思を優先する機会が何度も何度も繰り返されると、やがて自分の意思決定を相手の意思に委ねるようになります。
それが「他人軸」と言う状態なのです。

講演会でもこんな話をしています。他人軸になり、自己肯定感が低くなる育ち方の例。思い当たる方も少なくないんじゃないでしょうか。

**

ある日、お母さんがあなたにこう言います。
「プリンとリンゴとどっちがいい?」って。
素直なあなたは「プリン!」って元気に答えました。
するとお母さんの表情は一変。
「なんでプリンなの?リンゴいっぱいあるってさっきママ言ったでしょ?リンゴにしなさい!リンゴに」
そこで、あなたは「ごめんなさい」と言ってリンゴを手にします。でも、あまりおいしくは感じません。リンゴは嫌いじゃないけれど、そのお母さんの言葉が怖かったのです。

別のある日、お母さんがあなたにこう言うんです。
「コーヒーゼリーとミカンとどっちがいい?」って。
あなたはちょっと怯えながらも素直に「ミカン!」って言います。
すると再びお母さんはこういうんです。
「コーヒーゼリーにしなさい!賞味期限近いんだから!いい!こっちよ!」
でも、そこであなたの頭は「???」となりますが言い出せず、少々苦みのあるコーヒーゼリーを口に運びます。
そして、あなたの中ではどうしたら怒られないか?という思考が生まれていきます。

同時に「自分が欲しいものを望んでも、結局はお母さんがいい方になるんだ」という学習もします。

そして、またある日、お母さんはあなたにこう言うんです。
「リンゴとコーヒーゼリーどっちがいい?」
あなたは悩みます。
トーナメント制ならば、さしづめ決勝戦です。
リンゴの在庫状況をちらっと確認しますが、よく見えません。
賞味期限なんてもっと見えません。
どっちがお母さんの「望み」であり、「答え」なのかを考えるようになります。
でも、結局分かりません。
だから、あなたはこう答えるでしょう。
「どっちでもいいよ」
そうすると、「じゃあ、こっちね」とリンゴを渡されました。
「リンゴの優勝!」ってやってみるけど、やっぱり楽しくありません。
でも、振り返って、じゃあ、自分がどっちが食べたかったのか?と思うと、自分でもどっちか分からなくなっているのです。

**
続きを読む

【ココロノポッドキャスト】新刊発売記念講演会「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」


【試聴】

ご購入はこちら

先日行われた「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」大阪講演の模様を収録。

(9/14新刊発売!)「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」担当編集者からのメッセージ

東京で行われた新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の記念講演会には、担当編集者の淡路さんがとても多忙な中、駆け付けてくださいました。
なかなか聞けない作る側(編集者)の思いを聞くことってないと思うので皆さんにもシェアしたいと思います。

Read more

自己肯定感があがると自分がやりたいことをやる許可をしやすくなる。


そもそも好きなことや楽しいことをやるのを「許可制」にしてしまってるってのがおかしな話なのですよね。

自己肯定感という言葉を使い始めたのはそんなに古い話ではないんですよね。
数年前?もう少し前?
それまでは同じような意味で「自己愛」って言ってました。ほんとうはこっちの方が好きかも知れないです。「ただ自分を愛する」ということだから。
でも、「自己愛○○」みたいにネガティブな言葉ができたり、使われたりするようになって、誤解を招くなあ、と「自己肯定感」という言葉に出会ったのでした。

だから、私は自己肯定感というのを「ただただ自分を愛すること」という風に実は定義づけています。

いい自分も悪い自分も、
うまく行ったときも、行かなかったときも、
長所も短所も、
強さも弱さも、
ただただ、「それが私だもんな」と愛してあげる、ということ。

愛してあげるってどういうことなの?ってよく聞かれるんですが、私が思う一番シンプルな愛し方ってハグだと思うんですよね。

ギュッとしてあげる、というの。

そして、背中をさすさすしながら「うん、あなたはよくやってる。あなたはほんとによく頑張ってる」なんて囁きます。

実は毎回のようにこれをやるセミナーもあります。
二人組でペアを組んで、お互いに「愛を与え合う」ということをしてるわけです。
でも、目の前にいるパートナーは他人なんだけど、そこには自分の心が投影されているので、その人をハグしているようで、実は自分自身をハグしてることにもなるのです。

だから、自己肯定感ってどういうこと?って聞かれたら、私は「自分をただギュッと抱き締めてあげる感じだよ」て答えることが多いと思います。
続きを読む