夢や目標を実現しやすくする“心の環境問題”について考える。

今、あなたはどんな自分になりたいですか?
そうした目標を持った人たちと出会える場所にいますか?
あなたのいる場所はその目標や夢を応援してくれる環境ですか?

例えば「恋愛がうまく行かないんです」というご相談をよく頂くわけですが、最近、根本くんが好きなのは「環境問題」なんですよね。

そう、エコです。エコ。
あ、嘘です。すいません。

周りにどんな人たちがいるのか?っていうことです。

例えば、先日おしゃべりした方がこんな話をしてくれました。これは仕事の話なんですけどね。

「私、ふだんは普通のOLをしてるんですが、何か自分を変えたくてビジネス系のセミナーに行ってるんです。そこは士業とかコンサルタントの方とか経営者の方が多くて独立起業が当たり前の雰囲気なんですよ。
今まで私、そんなこと考えたことなかったんですけど、ちょっと最近、自分でビジネス始めるのもいいな、って思い始めて・・・。」

皆さんも、この認識、分かりません?

彼女はこうも言ってました。
「自分でビジネス始めたい、みたいな話を同僚にしたら『ええー?何するの?やめなよ~』って雰囲気だったんですが、ビジネスセミナーの人に言ったら『お、いいじゃん。しなよ、しなよ。協力するよ。』って感じで全然反応が違うんですよね」

ま、当たり前と言えば当たり前の変化ですが、私たちは「自分がいる世界」が「実世界」になります。

「頭で知ってる世界」とか「ドラマで見る世界」はあくまで「別世界」。
皆さんに一番影響を与えているのは「今の周りの人たち」なのです。
続きを読む


東京:6/22(木)、大阪:6/27(火)心理学講座『犠牲をやめる、我慢をやめるために、必要なこと~自立を手放す勇気を持つ~』

誰かのために、って頑張りすぎていませんか?
私さえ我慢すれば、と思っていませんか?
自分がやらなきゃ!とやりたくないことを引き受けていませんか?
それをしないと嫌われる、浮いてしまう、と思って、嫌なことでも我慢してやっていませんか?

これらのことが「一時的」なものであれば、まだ大丈夫です。
また、時にはこうした試みが必要なケースもなくはありません。

しかし、それが定常化して、習慣化してしまうのは、ちょっとしんどいですよね。

だって、私たちはその「やりたくないこと」をするたびに、また、「怖れから行動する」たびに、心にどんどんストレスを溜め込んでしまうわけですから。

誰かのために、と頑張って犠牲した分、あなたはちゃんとそんな自分を労い、楽にし、許し、承認し、褒めたたえているでしょうか?
それとも、「それくらいしなければ」「それくらいして当然」と、そんな自分の活躍を抑圧してしまってるでしょうか?
続きを読む


体感型な私は腑に落ちるまで、とことんやらないと本当の意味で、分からないみたいです(笑)

頭で分かっても・・・ね。体験しなきゃ納得できないですよね。
とことん、こだわって、
とことん、悩んで、
とことん、向き合って、
それで悟っちゃいましょうね。

それにしても、素晴らしいですね。

「これ、旦那の感情?」って気付くの。すごいです。
感情って共鳴しますから、意外とあなたのその痛み、自分の者じゃないかもしれませんよ。
助けたい誰かのものかもしれませんよ。
続きを読む


1DAYセミナーにて「愛」について考える一日を過ごしました!

今日は大阪本町にて「根本裕幸の1DAYセミナー」を開催。

それぞれの「個人の問題」を中心に掘り下げたり、広げたりしながら、笑いあり、涙あり、納得のお勉強あり、使える知識ありの1日でした。

でも、結局は「愛するということ」や「自分を許すこと」と言ったテーマに帰着するのは、私のセミナーだから仕方がないですね。
表面的なテクニックよりも、どうしても、そんな内なる部分にフォーカスを当ててしまうセミナーです。

「自分らしさ」を追求するセミナーなのかもしれません。

今日は5つのテーマを頂いて、それぞれにセッションをしつつ、参加者みんなを巻き込みつつ、「愛」について学んだ一日だったのではないでしょうか??

また詳しいレポートやご感想は後日お届けします。

今日の懇親会は近場の「博多一口餃子」を食らう会、でした(^^)
大阪に居ながら、博多メシを食えて、個人的には幸せでしたが皆さんはいかがでした?
いつか本場(!?)をぜひ、味わいましょう!!


明日配信の有料メルマガは「心の中にぽっかり開いた穴は、自分の気持ちに素直になることで埋められていく。」

今週の「めっちゃ使えるココロの法則」メルマガ
『心の中にぽっかり開いた穴は、自分の気持ちに素直になることで埋められていく。』です。

バーテンダー風の根本先生がこんなことを呟いてます(笑)

今回は「幸せって何か???」こんな哲学的命題をお届けしています。
続きを読む