(ご感想)劇団根本(?)、最高です(笑)

自分を見つめ直す、ということを1日ずっとやるセミナーでした。
自分って何者なんだろう?
自分ってどうしたいんだろう?
そんなことを考えながら1日を過ごします。
色んなテーマを見聞きしながら、そして、その場で体験しながら。

そして、時に心の中にブロックがあれば、それを外すセッションを作ります。

Nさんのセッション。
両親への罪悪感を手放して、幸せに向かう、というセッションを作りました。
両親への愛は決して悪いものではありませんが、時に、家との癒着を創り出してしまいます。
それは年々、母性が高まる世代に浸透していくのです。

それよりも自分の幸せを選ぶ、それが自分の、そして、両親の幸せである、というところにコミットしていきます。

東京1DAYセミナー
罪悪感を越えて幸せを選ぶ

続きを読む


自己肯定感が高いのと、自己愛が強すぎる人は違いますか?

自己肯定感が高いのと、自己愛が強すぎる人は違いますか?

という質問を頂きました。
確かにねー、そういう疑問も出てきますよね~。

「自分大好き!!」って言ってる人が果たして自己肯定感が高いのか?というと、実はこれ、とても微妙なところがありまして。

ちょっと脱線するんですけど、実はかつて私は「自己愛」という言葉をよく使っていました。
「自分を愛すること」という意味で、とても大切なことですよ~!!って訴えてたんですね。

ところが、その後、「自己愛性人格障害」とか「自己愛パーソナリティ障害」と言う言葉が出てきまして、「自己愛」という言葉を使うと誤解を招くなあ、ということでやめたんです。

で、新たに使い出したのが、その頃、これまたよく使われ始めていた「自己肯定感」という言葉。

だから、私の場合「自己肯定感」というのは「自分を愛する」という意味で使っていることが多いのです。

だから、自己愛と言う言葉を見ると若干、複雑な気持ちになる・・・というのが正直なところでして。
それはまるで、別れた女がその後悪者扱いされてるような感じですかね?とはいえ、こっちはこっちで別の女に乗り換えてるんだけど、まだ前の女にちょっと未練が残ってる、、、みたいな感じですかね。
なんてことを書くと色々物議を醸しだしそうですが、我ながらいい例えだと思ったのでそのままにしたいと思います(笑)

さて、「自己愛が強すぎる人」というのは、時に「自己中心的な人」という解釈が成り立つと思います。
このタイプの人は「計算」や「損得」で人間関係を捉えたり、「正しい/間違い」「良い/悪い」「強い/弱い」といった概念で行動したりします。

つまりは、自分にとって得ならばいいけれど、損ならばNGという感じですね。

また、「自己愛が強すぎる人」というのは、他人に自分の意見を押し付けます。
「俺が言ってるんだからその通りにしろ」となりますし、相手の否定的意見を受け入れられない傾向も示します。
つまり、反対されたり、否定的意見を出されたりすると、時に感情的に反応してしまいます。
そして、「私が間違っているの?ひどい、ひどいわ!」と被害者モードに入って、相手を攻撃しようとします。

職場の上司、家族、習い事、恋人等で、そういう人、見かけたことありませんか?

でも、まあ、そういう部分って誰にでもあるんですよね。
職場では素直に振る舞えるのに、お母さんに対してはついついそんな風になっちゃったりね。
続きを読む


近親相姦の夢が教えてくれる心の状態とは?~夢分析の例~

夢というのは心の中に眠っている感情を解放するために潜在意識が見せてくれるもの、という解釈をします。

根本さんこんにちは。
自立系武闘派女子、いや根本系武闘派女子のMです。

私は一年半ほど付き合ってる不倫の彼がいます。私が独身、彼が既婚です。今は私が海外に在住して遠距離です。

お恨み帳を書き始め、少しスッキリすることもありますが、まだまだ依存や執着が強い状態です。

自分なりに彼にハマってしまった原因を考えると、理想の父親を彼に求めている、結婚したいけど結婚にいいイメージがない。後最近気づいたのは、母が仕事人間で休日も仕事をしていたのですが、彼も同じで彼に母を投影しているのかもしれないことです。インナーチャイルドが癒されてないのか、彼と過ごす時はすごく甘えたくなります。

このような背景を踏まえて相談したいのは、彼と付き合うようになってからよく家族の誰かに近親相姦される夢を見るようになりました。
父、母、姉、兄がいるのですが、全員夢に出てきました。定かではありませんが、母と姉が多いかと思います。夢の中でやめて、嫌だと必死に叫び、本当に嫌な気持ちになります。またその感覚がリアルで、寝起きの状態では、今のは現実だったのかもしれない、、と思うほどです。

夢を見るようになったのは彼と付き合ってからですが、本当に自分でも恥ずかしいのですが、オナニーをする時近親相姦のAV(父、娘)見て興奮してしまいます。そしてその後すごく自分が汚く思え、また犯されている女優さんにものすごく申し訳なくなり、罪悪感を感じます。

私には近親相姦願望はないと思うのですが頻繁に夢に出たり、性的興奮の際にそういうものを使ったりする自分が本当に気持ち悪いし、夢に出て来るときは本当に嫌です。何か潜在意識からのメッセージなのでしょうか?

ネタにしていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
(Mさん)

続きを読む


根本が考える夢の叶え方~なぜ、いつも好きなことをしなさい!と言うのか?~

最近、ライフワークについて興味が沸いて、今後、セミナーをしたり、記事を書いたりってことが増えそうです。
それで今、私が思う「夢の叶え方」についてお話しておきたいと思います。

昨日は大阪で昼間っから大人の心理学講座なるものを開催しておりました。
狭いお部屋に親密感たっぷりで集まっていただいて、あれやこれやとお話をしていました。
頂いた質問に

「旦那さんとまた仲良くなりたいんですけど、今、やりたい趣味もあって、そっちに行くと家庭から目が離れてしまうような気がして、どっちがいいんでしょう?」

というものがありました。(かなり端折ってお話しています)

講座に参加された方も、質問された本人も、おそらく熱心な読者らしく、

「そういう質問をされると僕はどっちでもいいよって言っちゃうのよね~」

って返すと、ああ~やっぱり~?って皆さん笑ってました。

最近、私が特に興味をもって取り組んでいるのは「ライフワーク」でして、それはすなわち「やりたいことを実現する」とか「望む状態を現実化する」ということでして、すなわち、現世利益なんですな。

どうしたらやりたいことだけをやって生きていけるか?とか、好きなことだけをやってていいのか?とか、どうしたら自分が一番ワクワクできる生き方ができるんだろう?というのをセミナーとかで提供したいなあ、と思ってるんです。お楽しみに!
続きを読む


武闘派女子がどうしても苦手です~アラサー男子の切なる訴え~

勇気あるリクエストを有難うございます!笑
男女の違い、その成長プロセス、そして、どうしたら「猛獣使い」になれるのかについてお話させていただいております。

はじめまして、いつも武闘派女子の生態を恐る恐る拝見させて頂いてます、アラサー男子です。
自分は根本先生に相談するタイプの人種ではないかもしれませんし、武闘派女子の攻撃がとても恐ろしいのですが、この際言ってしまいます。

武闘派女子がどうしても苦手です。

パートナーとは思いやりあいたい、労わりあいたいと言う気持ちがあるんですが、
武闘派女子よりも強く、しゃしゃり出る事もなく、都合の良い男でいなければならないのなら、
好かれたくもないし、結婚もしたくない、と最近思うようになってきました。
そして最近そういう気持ちの男は多いと思うんです。職場にも多いです。

最近、もの凄いスピードで増殖中の武闘派女子ですが、彼女らがどこに向かっているのかが、全くわかりません。そんなに毎日に刺激が欲しいというのも、あまり理解出来ません。

平和を望む草食男子は時代遅れなんでしょうか。
僕は平和が大好きです!!笑

今までお付き合いした方は大人しめのタイプが多く、平和な関係が多かったのですが、アラサーになり最近出会う方は武闘派女子が凄く多いのですが、とてもじゃないけど、恋愛や結婚が想像つきません。色仕掛けも全部どギツい罠のようににしか見えません笑。
てか、とにかくギスギスしててマジ無理っす!!

根本先生、そんな草食男子が武闘派女子と付き合って幸せになれますでしょうか。
またどのように付き合っていったら良いんでしょうか。
最近はしおらしい女子を探す方が難しく、腹をくくらなアカンのかなと、覚悟しております。

しょうもない質問かもしれませんが、宜しくお願い申し上げます。
(Hさん)

続きを読む


「自立を手放す」と「依存→自立を目指す」は矛盾していませんか?

私たちの心の成長プロセスは「依存→自立→相互依存」という段階を踏みます。
だから、依存の人には自立しろ、と言い、自立の人には相互依存を目指せ、と言うのです。

ところで、質問なのですが、今日の課題「自立を手放す。」は、
いつも先生がおっしゃっている、「依存→自立を目指す。」
と矛盾しているような気がします。

同じ自立でも意味合いが違うのでしょうか?
教えていただけると、嬉しいです。
(Yさん)

こういう心理学的な質問を頂くとついつい取り上げてしまう私です。
以前からブログをお読みの方にとっては復習になるかもしれませんね。
ベテランの皆さん、このYさんのご質問にさらっと答えられますか?(笑)

なお、Yさんがおっしゃる今日の課題というのは
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/20986
こちらの記事を指してのことかと思います。

白旗を作れ~!そして振りまくれ~!!とう奴ですね。

続きを読む


「ないもの」に注目して自分を責める習慣を手放して、「ないもの」を許せる自分になる方法

私たちは他人軸で生きていると「ないもの」を見つけて否定して、頑張って何とか「あるもの」にしようとするのですが、それはなかなか苦しい生きです。
「ないもの」は許し、受け入れ、「あるもの」を認める人生はいかがでしょうか。

Read more