previous arrow
next arrow
Slider

(7/3)認めたくないこと

暑い日が続いていますね。
出張の準備も半分終わると気が抜けて、データのバックアップを取りつつ、テレビに見入っていました。
最近、気が付けばお笑い番組が増えて、若手芸人がよく出てますよね。
お笑い好きな僕としてはとても嬉しいことなのですが、どの番組が何曜日の何時からやってるのか、イマイチ把握できなくて、テレビをつけたらもう終わりかけなことが多いです。

*---*---*---*---*---*---*

認めたくないことってありますよね。
いきなりショックなことが起きれば、心のブレーカが飛んでしまって何も分からず、パニックになったり、頭の中真っ白になったり。
で、少し落ち着いた後も「うそだ。そんなことは無い無い」と現実を受け入れられなくなること。

この前テレビであるタレントさんが話してたんですけど、奥さんに内緒でちょっと悪さをしてホテルから出てきたら、奥さんが目の前に立ってたんですね。
自分では絶対浮気がばれてないって思ってたので、その現実がすぐに受け入れられず、奥さんを無視して素通りしたそうなんです。
「これは幻に違いない。俺は夢を見てるんだ」と。
奥さんから「ちょっと・・・」と袖を引っ張られて我に返ったそうなんです。

その後はきっと怖い目に会ったのかもしれませんが・・・、案外、似たようなことって僕たちの人生では何度も起こる事だと思います。
突然の失恋もそうだし、離婚を切り出されたり、仕事で大失敗したり、あるいは、突然の異動だったり。
大切な人の死も急にやってくることがあります。

そうした出来事を受け入れるのは、僕たちにとってはすごく困難に感じられることも多いんです。
じっくり、ゆっくり、その現実が身に染み入るようにやってきます。
でも、現実に起きたことを「そんなことないもん!」と否定してしまうと、今度は自分自身が前に進めなくなってしまうようです。
そして、解決できること、乗り越えられることも手遅れになってしまうのかもしれません。

また、現実に起きた、ある程度目に見えることは分かりやすいのですが、自分の心の中にある気持ちを認めたくないことだって少なくありません。
どちらかというと、目に見えない分だけ、こちらの方が厄介ですね。

例えば、「旦那しかいない」と思ってた奥さんの心に、最近知り合った別の男性の影がちらつく時。
その心の動きを受け入れられなくて、否定し続けていると、その男性への意識が日に日に高まり、やがては「軽はずみな行動」として受け取られかねないことをしでかしてしまいます。
最初にその気持ちを受け入れておけば、そうはならなかったのに・・・と思っても手遅れですよね。

何が邪魔してると思います?

それは自分の意地やプライド、世間体など。
感情的には罪悪感や恐れなど。
そうした要素が壁になって、僕たちは自分の気持ちに素直になれなくなってしまうようです。

ありのままに受け入れること・・・本にはよくそう書いてあります。
でも、難しいですよね。

でも、自分の心に起きたことは自分にしか分かりません。
誰かに悟ってもらおうとしても、淡い期待に終わってしまうことも多いんです。
まずはその気持ちを言葉に出してみて下さい。
一人のときに、そっと呟いてみるだけでOKです。

そうすると「目に見えること」に昇華して、受け入れやすくなります。
気持ちは天気と同じですから、受け入れてしまえば傘を差すなり、雨宿りするなり、方法はいくらでもあるものです。
雨が降ってるのに「降ってないもん!」と表に飛び出すと、風邪を引いてしまいますよね。


(7/1)出張前に

4月以来の出張を前に、服やら資料やらの準備をしています。
久々なのでちょっと緊張&テンション上がり気味です。

季節は夏。
そして僕は暑がり。
故に着替えもたくさん必要です。

コインランドリーやクリーニングの活用計画や持って行くジャケット or コロンの選別まで色々計算しています。

ま、計算しても必ず間違える。
あるいは、その通りに行かない。
よって現地調達(Tシャツとかパンツとか)のパターンを繰り返しているんですけどね・・・(笑)

とりあえず、理加・深希・ショコラの写真さえ忘れなければいいかな・・・て感じですねー。

今回は10日間の旅芸人生活なのですが、一番悩むのが「靴」なんですよね・・・。
10日も同じ靴を履いていたら、だいぶ痛むだろうし・・・、でも、荷物になるし・・・。
(前回は一足で強行突破しましたが・・・やはり靴が少しかわいそうでした)

それと・・・この季節は雨が心配ですね。
昨日、新幹線止まってたみたいだし、帰りはいいけど、行きに止まっちゃったらどうしましょ・・・って感じです。

無事東京・名古屋に着けることを願ってますっ!!


(6/29)予防接種デビュー

うちの娘が予防接種デビューを果たしまして、これから4週間ごとに何らかの注射を受け続ける生活に入りました。
BCG、ツベルクリン反応、三種混合etc…覚えられないんですけど、とりあえずお医者さんが「次はコレね」と指示してくださるようで、ホッとしています。
友人達からは「ぜんぶ、自分らでスケジュール立てて調べて行かなきゃいけないから大変だぞー」と脅されていて、うわーっと夫婦揃って頭を抱えてたところなんでホッとしました。

因みに僕は大学院時代、そうしたスケジューリング問題を扱ってたことがありまして、修士論文にも少し絡んでた部分がありまして、即ち、
「おいおい、それって学生時代の経験がまるで役に立ってないってことかい?」
と言うことです。
我ながら、見事に退化している左脳にとても驚いております(笑)

小児科というところに、ほんと、数十年ぶりに入ったのですが、大量(といっても10人くらい)の乳児・幼児を目の当たりにしまして、とても面白かったです。

そんな中、ご機嫌だった深希はさっそく年配の女医さんに愛想を振りまいておりまして、ふぁーふぁー、一生懸命何かしゃべっていました。
注射を打たれた瞬間は泣いてましたが、すぐに機嫌が戻って何か言ってましたし。

今回はツベルクリン反応なので2日後にまた伺うことになってます。
BCGの注射はとても痛くて一日中ぐずる、という噂を良く耳にしますので、妻は今からブルーになってます(笑)

ただ問題は、それが8時半なのか、1時半(午後)なのか、しっかり聞いておりませんで、とりあえず、両親しっかりしろ!って感じです。

お子さんをお持ちの方 > こういう話は懐かしいでしょ?

新米の親としては一歩一歩新しい世界が開かれていってとても面白いです。


(6/26)大切なもの

このところ雨が降って梅雨らしい日が続いていますね。
雨の日のカウンセリングはどこかしら、しっとりと落ち着いた気分で始めることができます。
そうすると目に見えない疲れがじわーっと湧き上ってきて流れていったり、深い安らぎや落ち着きを感じられるセッションが作れるようです。

ふーっと大きく息をつけると心は広がりますね。
僕のセッションでは、本当に良く「深呼吸してくださいね」と言ってるんですけど、日常の中でも大きく息を吸い、ゆっくり吐くことで、心身の力を抜くことができます。

*---*---*---*---*---*

あなたにとって本当に大切にしたいものは何でしょうか?

自分?
家族?
恋人?
幸せ?
・・・・?

大切にしなくてもいいものを、大事に抱えてしまっているところってありませんか?

プライドや意地、見栄や恨み・辛み。
怒りや自己嫌悪。
そして、心の痛み。

そんなつもりはなくても、ついつい僕たちは罠に引っかかるように、そうしたものを大切にしてしまっているのかもしれません。

手放したいけれど・・・できないんですよね・・・。
手放したら・・・どうなります?
何が怖いのでしょう?

僕たちは常に成長しています。
何もしなくても、心や体や周りの環境がちゃんとその方向に導いてくれています。

考えなくてもいいのです。
ただ感じてみましょう。

自分が本当はどうしたいのか?
多くの場合、きちんと答えが出ています。

出口のない迷路に迷い込んでしまっているように感じたら、まずは、目を開けて、前を向くことが必要なのかもしれません。

乗り越えられない問題は決してやってこないものです。
何とかなるものなんです。

諦める必要もなければ、
しがみつく必要もありませんね。

ただ、今の気持ちを大切にしてみましょう。
今の自分を大切にしてみましょう。

それだけで、少し明かりが差し込んできます。


(6/23)近況報告

このところ仕事に子育てに忙しくしていて、なかなか更新できません。

今までのように24時間お仕事モードではやっていけないことに漸く気付いたせいか(←あほでしょ?)、時間をどんな風に使おうか、結構悩んでたりするんですよね。

したくないことならば、まだいいんですけど、どれも大切なもので、どれもしたいことだったりするので、やはり1日は24時間では少ない!なんて思ったりもします。
(まさしく「パターン」ですね~)

子どもができると夫婦二人で過ごす時間は減るんですよね。
子どもを挟んで一緒にいる時間はたくさんあるのですが。

家族と夫婦と仕事と、この3つのバランスを取っていく難しさを学んでます。

なんせ、わがままだから、どれもしたいようにしたいんですよっ!(笑)

子どもはとてもかわいくて、面白いので、少々疲れていても抱っこしたくなります。
妻も育児や家事でけっこう疲れてるので、ゆっくりさせてあげたいな、と思います。
僕自身も周りばかり見てるといっぱいいっぱいになってしまうから、自分なりのガス抜きは必要だと思ってます。
仕事も好きな仕事ですから、アイデアも出てくるし、より良いものを提供したいと思ってます。
他にも友人や大きな家族との付き合いも大切にしたいです。

そんな贅沢な命題を、体ひとつ、1日24時間という制約条件の中で、どう最適解を見つけるのか?というのが今僕がさしあたり取り組んでいる問題です。

たぶん、ベストな答えがあって、それを僕は見つけることができるんじゃないかと楽観しています。
それまでは試行錯誤、はたまた、行き当たりばったりで見つめていきたいと思ってるんです。

解けるか解けないかは分からないけれど、きっと解けると信じて問題に取り組むのは悩む反面、楽しいかもしれません。

そして、それがまたカウンセリングやセラピーのネタになるってのも、面白いですね~

近況報告でした(^^)


(6/20)不本意なできごと・・・

19日は大阪・心理学講座にたくさんの方が来て下さいましてありがとうございました。
「自己嫌悪」、難攻不落なテーマを扱いましたので、分からないところもたくさん出てくるだろうと思いますし、「でも・・・でも・・・」と思ってしまう部分もあるんじゃないかな・・・と思います。
皆さんから頂いたアンケートもまたじっくり目を通させていただいて、質問・疑問などには、このページでお答えしようと思います。
楽しみにお待ちくださいね。

*---*---*---*---*---*---*

僕は講座が終わると、「講師」から「普通の人」に戻るんですけど(笑)、打ち上げの酒量では物足りず、少し道草食って帰りました。
最近はメリハリが付いてきたのか、飲まないときは1週間も酒を口にしなくても平気ですし、飲みたいときはとことん飲むような、そんな感じになってきました。

少し、健康的かも。

土曜日の夜ということもあって、江坂の街はまだまだ人がたくさん歩いていまして、そういうときこそ、どこかしら、寂しい感じもします。
昔から、都会にある独特の寂しさを感じることがあったんですけど、本当に久しぶりにその感覚を思い出しました。
これで人が集まって、繋がろうとするのかな・・・。

*---*---*---*---*---*---*

どんな状況にあっても、物事の見方一つを変えてみると、自分の気持ちを変えていくことができます。

不本意な異動、就職、恋愛、対人関係・・・自分の思い通りにいかないことは山ほどありますよね。
しかも、その出来事によって、この先数年の自分の人生が決まってしまうくらい過酷なプロセスを感じてしまうときだってあるでしょう。

でも、そんな理不尽さを、学び、に変えることが出来たとしたら、そのプロセスは自分がより成長するため、強くなるため、イキイキとなるため、魅力的になるためのものに変わっていきます。

何を学びとるか?は、実は自分自身にかかってくるんですよね。
自分がどう感じるのか?で、その出来事を宝の山に変える事だって可能なはずです。

でも、その切り替えが浮かばない、うまくいかないとしたら・・・。

自分は何にしがみついているんだろう?
どんなプライドや意地を張ってしまっているんだろう?
見栄や世間体にどれくらい拘ってしまっているんだろう?
何を怖がっているんだろう?

そんな観点を持ってみてもいいかもしれません。

「手放す」こと、
「やめる」こと、
「受け入れる」こと、
「忍耐する」こと、
「変えていく」こと、
何を学ぶかは本当は自分自身が選択できるものです。

でもね、そんな場面で選択していくとしても、自信なんてこれっぽっちもないのが普通です。
自信なくて当たり前なんです。

だって、自信があったら、悩むことなく選択してるはずだから。

でも、自分自身の可能性を信じることができたとしたら・・・
自分のことを見守ってくれる、応援してくれる人たちの存在を受け取ることができるとしたら・・・

あなたの人生は、その瞬間に大きく変わり始めるかもしれません。


(6/19)変わりたいけど・・・

ところで夏ですか?
台風もまた来てますよねー。
毎日気持ちの良い空を眺められて、それだけで幸せを感じられるようになりました。
ただし、エアコンの効いた涼しい部屋から眺めるんですけどね・・・(笑)

ちょっと用事があって休憩時間に郵便局まで出かけたんです。
歩いて10分くらいだったでしょうか。
汗がたくさんでてきて、夏っ!!をまた実感してしまいました。
体型からして夏向きではないんですけど、夏!は好きな季節なんです・・・。

・・・ていうか、僕はたぶん四季全部好きですね・・・。
秋になったらなったで「いい季節になりましたねー!僕、秋、好きなんですよ!!」て必ず言うてると思います・・・節操ナイデスカ?(笑)

*----*----*----*----*----*

自分を変えるのはすごく難しく感じることがあります。
「変わらなきゃ」と思っていても、心のどこかで「なんであたしが?」と思っていたり、「あんたが変わりなさいよ」と誰かを攻撃する気持ちがあったり、心の中でブレーキになってしまっているところがたくさんあるものです。

あるいは「わたしが悪いんだから、早く変わらなきゃ」という焦り、不安、恐れなどの否定的な感情がある場合も、なかなか自分を変えることが難しく感じます。

否定から始めたことは、やはり否定的な結果になることが多いんです。

「変わりたいんですけど、変われないんです・・・」
というご相談を頂くとき、
「変わらなければいけない(そうしないと嫌われてしまう、うまくいかない)」
という恐れが隠れていることがあります。
そうすると、それはもう「義務」になってしまっているので、変わろうとするだけでしんどくなってしまうものです。

しんどいことを当てもなく続けることは難しいですよね。
「腕立て伏せ20回!」とか言われたら、「えーっ」と思いながらもできますけど、
「腕立て伏せ、俺がいいと言うまで!」とか言われたら・・・。

変わろうと思って何かにチャレンジしても、こういう心理が隠れていると大抵は長続きしないものです。

そして、その時見落としているものがあるんですよね。
それは「変わりたくても、変われないくらい傷ついてる私」。

その傷を無視して、自分を変えようと思ってみても、その不安や恐れの感情はいつでも「変われない理由」ばかりを探してしまうようになります。

そして、結果的に変われない自分を作り出してしまうのです。

このメッセージの「変わりたい」は色んな言葉に置き換えることができます。
「信じたい」
「愛したい」
「成功したい」
等々。

そういうとき、僕は二つの方向性を提案してセラピーを進めていきます。
一つ目は、そんな自分を癒してあげましょう。
二つ目は、否定ではなく、肯定的に目標を設定しましょう。

こういうときは「えー、具体的にどうするの?」とか考えなくてもいいんです。
そのことを意識の隅に入れておくだけで、具体的な方法をキャッチできるようになります。
あるいは、こちらにお任せくださいな。