previous arrow
next arrow
Slider

「自分と誰かを比べてしまう時(1)」

*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

自分と誰かを比較してしまうとき、私達は他の誰かの期待に応えようとしてしまうことが少なくありません。
「このくらいはできないといけない」という基準を他人に求めてしまうなど、常に青い芝生を探すのが私達の心なのです。

そこでは物語の主人公をあなた自身に取り戻すために、自分自身をよく見つめてあげる必要があります。

続きを読む

ツイてないときのすごし方。(福岡出張編)

朝8時の便で福岡へ。眠い目をこすり、疲労も溜まっているのでちょっと贅沢してタクシーで空港へ。
早めに着いて搭乗口でボーっとしよう・・・と思っていたら、伊丹空港は大混雑。

なんだ?なんだ?団体旅行でもあるのか?と焦る。

続きを読む

夜間斥候物語。

本日直々に指名を頂いて、夜間の重要任務に赴くこととなった。
この快挙はもしかすると今年初めてではないかと思わされるくらい久しぶりであり、少々の昂奮と緊張を禁じえなかった。

続きを読む

「自分の好きなことがわからないとき」

*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

だいぶ疲れているのかもしれませんね。
自分の心のために普段心がけている事、優しくしてあげてる事はありますか?
頑張りすぎていたり、自分に厳しく当たってしまってませんか?

何らかの事情で感情を押し殺し(抑圧し)、思考(理性)ばかりを使うようになると、「どうすべきか?」ばかりに意識が向かい、「どうしたいか?」という気持ちが見えなくなってしまいます。

続きを読む

ヒーリングワーク明けの休日の過ごし方。

暖冬のお陰で、ぽかぽか日和の2月である。
春だなあ・・・とその日差しの眩しさに目を細めながら、嬉しくなるのが春である。
事実、日の入りは確実に遅くなり、5時半でもまだまだ明るい。
気候の上では一番寒いときで、まだしばらく温かい日は来ないはずなのに、確実に春がそこまで来ているのである。

続きを読む

やるべきことを楽しんでやっていると心は収まるところに収まるものなのです。

このところ、ちょっとかさ張った作業を根詰めてやっているので、肉体的(主に肩腰)及び精神的(細かい作業と緊張のため)な負荷が大きい。
パソコンを使った、カウンセラーというよりはSE的作業なのだが、ふっと力を抜いてリラックスしたりすると「あ、痛ぇ~」と肩が悲鳴を上げているということが幾度となくある。
それにトイレにでも行くべぇと立ち上がると、「うっ、ちょっと腰に張りが・・・」などと、おじいさんのように独りごちることもよくある。
つくづく、年を重ねたことを実感する・・・。

続きを読む

どうやらサウナはオヤジだけのものではないようですぞ。

名古屋からの出張帰りは例によってサウナに直行した。
最近はそれが習慣化されつつあるようでいて、実は今年初めてのサウナ入りである。
東京からの出張帰りは千里中央で正室&側室と合流したためお流れになり、そのあとも何だかんだ行きそびれていた。
よって久々のサウナで期待に胸を膨らませて・・・(あ、まあ、正直そこまでのワクワク感はないんだけど)、「平日昼間からサウナなんて、ほんまおっさんやな~」などとツッコミを入れつつ、うきうきしつつガラガラと引き戸を開ける。

続きを読む