好きなことをやっていないのは、周りに迷惑をかけること。

自分に制限をかけていたら、なんぼ口ではいいよ、と言いながらもどこかで相手に制限をかけるものです。
自分を自由にすることは、周りを自由にすることでもあるのです。

昔、うちの奥さんが「○○のセミナーを受けたいんだけどいい?」とか「この○○とても良さそうなんだけど買ってもいい?」なんて言ってくると、素直に「Yes」と言えない自分がいました。
口では「いいよ」って言っても内心否定的だったり、あからさまに悪態をついたり、ダメ出ししたり、イライラしたり。

本音としたら行かせてあげたいし、いいことだ、と思っているのだけど、なかなかその気持ちが表に出せないわけです。

子どもの面倒だって何とかなるし、時間も都合が付けられるし、お金もあるし、、、ほんとのところ何で否定しちゃうの?と自分で自分に疑問を持つこともありました。

なんだ、この葛藤?と思っていたわけです。

この間も妻から「○○買っていい?」というラインが来たので、あまり深く考えずに「いいよー」と返事をしてました。
まあ、彼女が買いたいと思うものだったら必要なものか家族にも良いものか何だろうと思うので、色々と説明してくれたり、画像を添付してくれたりしてたんだけど、ちゃんと見てません。

その時、昔の自分だったらこうはいかないなあ、と思いついて、ふと、気付いたんです。
何が違うのか。

そっか。昔の私は好きなことをやってなかったなあ、と。
続きを読む


モテ期が来たのにキモい、ウザい、大嫌いと抵抗感が大暴れしています。

距離が近づくと自分のことを嫌っている分だけ相手を遠ざけたくなります。
そして、自分の長所も全部、短所に見えてしまいます。
ただ自分を愛するだけ、これが目下のテーマではないでしょうか。

***
いつも大変勉強になります、自立系武闘派、情熱抑圧女子です。
自分の価値を認めたり、周りに助けを求めてみたりとコツコツ地味に取り組んできた甲斐あって、人生初の大モテ期に突入しました。
その中に顔、収入、性格、申し分ない超情熱アプローチ男子がおり、プレゼントやサプライズのロマンチックが止まりません。
が、です。
それがもう堪らなくキモい、ウザい、大嫌い!と抵抗感が大暴れ。
周りは最後のモテ期だ大事にしろ、落ち着けとか言うのですが、私にはこの人が怖くて怖くて仕方ないのです。
だって情熱的な人はその分、ダメだった時にその情熱が狂気に変わるもの!
だって私がそうだから!
その自分の狂気を自分が一番汚くて怖れているんだから!!
こんなにモテたら美人で気の強いお姉様方に絶対文句言われる!(実際因縁つけられて既にモメました。)とか
痛みがバンバン出てきてモテ期が苦痛な荒行のようになっています。
他にも数人、私が抑圧している情熱を引っ張りだそうとしてか、情熱的な人ばかりが寄ってくるようです。
根本さん、情熱的になっちゃったら狂気じみた部分で誰かを攻撃し傷つけてしまいそうで怖いです。
サイコパスの気でもあるのかしら?もう暴走したくないです。
長くなりましたが、この情熱的なのの裏?にある狂気っぽいのは誰にでもあるものなのでしょうか?
どう扱ったら良いのでしょうか?
よろしければこの正体を教えて欲しいです。
(Yさん)
***
続きを読む


甘えたいけど甘えられない私~だって、依存はまじでキモいの~

甘えたい、という気持ちは制限してもなかなかなくならないもの。
それは私たちの中から依存心を消そうとしても消せないのと同じこと。
だから、自立したら、今度は依存を受け入れる、というのがミッションなんです。

***
親愛なる根本裕幸さま。

こんにちは、アラサー女子のSです。

浪人のとき初めて失恋をしてから自己破壊的な行動を続けてきましたが、2年前に根本さんに出会い、自己攻撃はもうしないとコミットすることができました。
おかげさまで健康且つすてきな毎日を送っております。

ですが、根本さん。ここに来て、甘えたい欲求がすごく高まっています。
以前から自分にはメンヘラ的なところがあり、自分の依存心を毛嫌いしてきました。
けれどいくら否定したってもうあるものはあるので、(1)依存先をバラつかせる (2)自分を大切にする (3)制限をかける といった手法を取っています。

問題は(3)です。
これはもうずっと前から自分が取ってしまっている苦肉の策になります。

「彼女に連絡を取ったのは確か2週間前だから、そろそろ電話も許されるかな」
「この男性に甘えたいけど、利用したいだけの下心だし、近づかないでおこう」
「家庭持ちだしな。今相談していることがひと段落ついたら、もう個人的な連絡はしんとこう」
好意を抱く全ての人に「甘えたい」と「でも迷惑かけたくない(傷つきたくない)」を両方感じてしまい、不自然な距離感を保っています。

この距離感は、結構人を振り回します。
助けたい症候群の塊みたいな女なのに、依存を嫌っているので「助けて」って言ってくる人は基本嫌悪感を感じます。
「助けさせて」って近寄っては「まじでキモイ」と言って身をひる返してきた感じです。ひどいなぁ笑

対策のはずだった(3)が問題を余計ややこしくさせていますね!
ですが、甘えたいけど甘えられないってわりと定石な悩み。お応え頂ければ幸いです。
根本さん、ご拝読頂きありがとうございました。これからのご活躍も期待しております。
(Nさん)
***
続きを読む


どうしたらいいのか分からないのは、心が受け入れていることを、思考が受け入れられないから。

起きていることはすべて正しく、すべて自分が望んだことで、自作自演。
その考え方に基づいて、「意図→方法論→目的」に照らし合わせて見てみると、どうすればいいのか?が見えてくるのですね。

***
根本さん、初めまして。
旦那の不倫の発覚時ここを見つけ、メルマガやコラムなどを毎日読み漁っております。ネタになりそうなら是非使って下さい!
私は今、不倫された側あるあるを爆走中です。旦那は初めての彼氏で10年間付き合ってから昨年結婚しました。私なりに愛していたし浮気もせず一途で過ごしてきました。
しかし結婚して4ヶ月、旦那の携帯に知らない女性からのメールをたまたま見つけ、ベットインの写真も一緒に発見。また結婚前にも複数浮気相手がいた事も知り、頭が真っ白になり、絶望を経験しました。離婚の方向で考えていたのですが旦那は頑なにそれだけはと拒否。
そこからは自立系武闘派情熱女子の大爆発(笑)態度責め、別居する、今後の為にと離婚届を書いてもらう、など(笑)
自己否定が強い私とは上下関係のようなものが出来上がっており私が依存型だったことなど、旦那の不倫は私の方に多く原因があったと思います。
友達に助けてもらいながら過ごしていると急に出現したのです。私を女として見てくれる男性が(笑)
彼の友達で私への手助けから好意を持ってくれたようです。よく記事にも彼氏は作らないように…とありますが、弱さから関係を断ち切れず。女として接してくれ経験したことのない優しさから抜け出せなくなりました。
しかし罪悪感はどんどん増すばかり。発覚して3ヶ月後から旦那とまた生活をし始め、妻を努めなければ!と家事や仕事にも精を出すのですが、向き合いきれない事を自覚。
しかも、旦那は最近だんだんと無に近い状態になってきてこれはどこかで見切りをつけなければやばい…と考えていると、不倫相手が地元から離れて過ごす事となりました。
引越しの日は2ヶ月ほど前から知っていたので、手紙を書いたり声に出して言い聞かせたりし、引っ越し前にお別れを言いました。それからは連絡も全くせず過ごしているのですが、彼への気持ちが増してしまい爆発しそうです。
しかも、彼の引越し先近くに女友達が引っ越し、彼氏とイザコザがあると彼に助けを求め頻繁に会っているとのこと。女友達への嫉妬、彼に会いたい気持ち、旦那に向き合いきれない自分への嫌悪、旦那の態度の戸惑いなどで悶々とし、どう気持ちを整えたら良いのかわかりません。
(Mさん)
***
続きを読む


鬼畜生になったら礼儀知らずの私になっちゃった???

今までのいい人の仮面を脱ぎ捨てて、自分らしさを大事にしようとすると、当然ですが、今までのように人に気を遣えなくなります。
でも、それはよい兆候、正しい方向に進んでいる証なんです。

***
根本さん、いつもすてきなブログありがとうございます。根本さんのブログを教科書に、不倫失恋からアンダーグラウンドを掘り下げ、恨み帳を書きなぐり続け、やっと最近「鬼畜生」というのを実践できているような気がします。
ここで質問なのですが、「人は人、私は私」と線引をし、私がいやなことは私にしない、とやっていくと、最近の私は恐ろしいほど礼儀知らずの態度を人に取っているような気がします。
もともとの私は誰とでも仲良くなれる子で、誰にでも正面からドーンと体当りしていくタイプですが、それを開放してやると、どうも自分が失礼なやつになっています。
仕事でも、敬語は一応使ってるし…けど、態度は友だち風…みたいな。先日のブログにもあったような、空気は読まないけど、さらに人の気持ちを読んであげることもヤメてしまったのかなぁと、なんとなくどう自分らしさを発揮していいか、塩梅が分からなくなってしまいました。
ちなみに武闘派の私は、これまですごい形式上の礼儀は完璧でした(その結果、いつでも影の薄い人、異常に礼儀正しくて近寄りがたいといわれる、ということが続いていました)
最近、コミュニケーションをテーマにされていますが、「礼儀」とはどういうことなのか、どういうふうな心理でいれば、自然体な礼儀を発揮できるのか、ブログのネタにぴったりでしたら、よろしければご教示くださいませ。
(Hさん)
***
続きを読む