楽しい時間が見つかってルンルンなんだけど、周りからは自分のこと一番に考えなよ、と言われるんだけど。

神様のテストの変形バージョンかもしれませんね。
もっと遠慮せずにハマれ!ということなのかもしれませんよ。

***
少しネタにしていただけたら嬉しいのですが、自分のことをいちばんに考えるてどういうこと?てことです。

自分のことなんだから、自分が一番わかってるでしょてことなんですが。。
プライベートや仕事のことで2016年は修行の、、成長できた一年だったかなと思います。
時間外100時間超えるハードワークが続き体が悲鳴をあげ、現在の職場を年度末には離れる決意をしました。家をでていった旦那には、腹が立ったり感謝したり、自分の納得するまでそれでも好きだから仕方ないよな~の根本イズムで過ごしてます。
おかげで、舞台にはまって遠出して、帰りに一杯やって過ごすという新たな趣味も見つかって、自分の中でも楽しい時間が見つかってルンルンもしているのですが。。
でも、ここ最近、友人や家族から、そろそろ自分のことを一番に考えて生きていけばいいんだよて言われることが多いんです。
自分のこと考えてるよ?てなるんです。昔から自分のことしか考えてないとかワガママだな~ていじられることが多かったので、やっぱり苦手なのかな?
そして確かに、自分の中ですごく楽しくても急に虚無感がでたり、あとなんか一皮スポッとぬけたらなんかすっきりするけど何かがわからない~てモヤモヤがずっと残ってます。はい、迷走してます。
迷走系自称武闘派女子に根本流アドバイス是非お願いします!!
(Rさん)
***
続きを読む


好きなもの=自分軸、得意なもの=他人軸!?

好きなことは人目を気にせず、自分は自分となります。
得意なものって、つい、他人の評価によって成り立っているような気はしませんか?

好きなこと、得意なこと。
もちろん、好きなこと=得意なこと、になるケースもあり、様々な議論はあるかと思いますが、、、これ、実は似て非なるものなのです。

そもそも「得意」というのは「うまくできる」とか「ちゃんとできる」というもの。
例えば、「自分は別に事務作業は好きじゃないんだけど、意外とできちゃうんだよね」というとき、その人にとって事務作業は「得意なもの」として認識されます。

個人的には羨ましい限りです(笑)

つまり、「好きじゃないけど得意なもの」というのが存在するんですね。

そして、この「うまくできる」「ちゃんとできる」「うまくいく」というのって・・・実は「他者評価」によるものであり、特に「他者軸」になり得るのです。

実は、そもそもこの話は・・・。
続きを読む


もっと魅力的になりたい!と思うあなたがもし仕事を楽しめていないとするならば・・・。

魅力的になりたい!と思ったら、楽しいこと、好きなことをいっぱいしましょう!とたいての本やブログは書いてます。
でも、そこで仕事が楽しめてないとするならば、もしかしたら、せっかく稼いだ貯金をあっという間に散財しちゃってるのかもしれないのです。

魅力的になりたい!成長したい!というときに、カウンセラーさんなどは口を揃えて
「好きなことをしましょう!」
という風に言いますね。

私も言います。
ガンガン言ってます。

「好きなこと、楽しいことをいっぱいするとキラキラしてきますよ~」って。

ちなみに昨日のセミナーでも言ってましたし、そんなセッションもしました。

で、ちょっと前にある重大なことに気付いたのです。

「仕事はどう?」

ということに。

好きなことをする。
楽しいこと、自分が笑顔になれることをする。
でも、仕事中、あなたはどんな気分で過ごしてる??
続きを読む


上手に悩む方法!?

そんなのがあるのか?という思いも出てきましたが(笑)あれこれ考えてみました。
とある事情で途中から若干文章が読みにくいかもしれません(笑)

***
いつもブログに支えていただいています。
今回うかがいたいのは、上手な悩み方について、です。
私の悩みは「自信がない」「自己否定を止められない」「罪悪感が強い」「無価値感が辛い」など数多くあります。
一つ一つに向き合って考えていると、毎日が悩みの日々で、最終的には「悩みがありすぎて疲れて辛い」というところに行き着いてしまいます。
いろいろ解決したくて焦っている、というのもあると思います。
焦りを和らげるために、根本さんのブログにあった「今できること」をやるようにもしているのですが、それが終わると、またいろいろ考え出してしまう自分がいます。
もっと上手に悩めたら苦しくないのかな、と、思うのですが、どうしたらいいのでしょうか?
(Yさん)
***
続きを読む


物事を前向きに捉えられるようになるためのレッスン

ついついネガティブに捉えたり、被害者になってしまったり、誰かのせいにしたり、言い訳をしたり、等、気分の良くない反応をしてしまうものです。
そんな時にも前向きな捉え方ができるように自分を変えて行くこともできるんです。

何らかの物事が起きたときにそれをどう解釈するか?というのは私たち自身の選択です。

例えば「病気になった」というときに、「うわー、最悪だよー。この仕事が忙しい時にどうしよう」と思うこともできれば、「これは休めってことだな」とか「人を頼れってことだな」と解釈することも可能です。

彼が既読スルー状態のときに「もしかしてヤバいこと言っちゃった?どうしよう・・・」と焦ることもできれば、「嫌われちゃったのかな・・・と不安になることもできるし、「私のことなんてどうでもいいんだわ」と拗ねることもできるし、「忙しいのか」と思うこともできます。

そして、いつもブログで書いているように「何が起きたか?」はあまり重要ではないんです。
物事はいつもニュートラルで、無意味です。

ただ、それが起きただけ、です。

それに私たちは自分の色をいっぱいつけて行くんですね。

ネガティブな色を付ければネガティブになるし、
ポジティブな色を付ければポジティブにもなります。

その解釈の仕方によって変わっちゃうんです。

「具合が悪いなあ。今日仕事なのになあ。」

さて、この後、あなたならどうしますか?
そして、どうしたいですか?
または、あなたらしさ、はどんな反応でしょう?
続きを読む