お金の話をしてる人を見るとイラッとするのだけどなぜ?

そもそもイライラするような感情が動くのは、似たところが自分の中にあるのかもしれないし、何か罪悪感が動いているのかもしれません。
その人を攻撃するのではなく、自分自身にフィードバックする心がけが大切ですよね。

いつもブログを楽しみにしています。
夫婦関係や自立系武闘派女子のテーマが多い中なので、根本さんのブログにふさわしいか分かりませんが、リクエストします。

それはお金の事を言う人についてです。

会社にいて、常務が言っている言葉にイライラしている自分に気付いて、「あっあの人、ウチの母親と同じこと言ってる」と気付きました。

それは、病気がちな奥様の医療費の事を「私は家がもう1件建てれるくらい医療費を払ってきた」とか、息子の教育費を「金がかかる、金がかかる」「大学の受験費用が馬鹿にならない」等です。また、会社で同僚に向かって「いいね○○財閥は、余裕があって」と言っているのも何度か聞きました。

ウチの母親も、高校までは公立、大学が私立だった一人っ子の私に、「あんたには塾通わせたりして、2人子供を学校に行かせたくらいお金がかかった」とか「たまるはレシートばかりなり」とか、よその人に向かって「良いわね、○○さんは、ご主人稼ぐでしょ」とかよく言っていました。

会社の人もそれなりの立場に居ますし、母も職人で他の同世代の女性よりも随分稼いでいて、しかも無駄遣いばかりしているのに、先に書いたようなことをよく言っています。

会社の人の言葉にイラつく自分に気付き、こういうことを言う人は何故なんだろう?と思い、その心理(理由)を知りたいと思いました。

その心を教えていただけると幸いです。
(Rさん)

続きを読む


夢や目標を実現しやすくする“心の環境問題”について考える。

今、あなたはどんな自分になりたいですか?
そうした目標を持った人たちと出会える場所にいますか?
あなたのいる場所はその目標や夢を応援してくれる環境ですか?

例えば「恋愛がうまく行かないんです」というご相談をよく頂くわけですが、最近、根本くんが好きなのは「環境問題」なんですよね。

そう、エコです。エコ。
あ、嘘です。すいません。

周りにどんな人たちがいるのか?っていうことです。

例えば、先日おしゃべりした方がこんな話をしてくれました。これは仕事の話なんですけどね。

「私、ふだんは普通のOLをしてるんですが、何か自分を変えたくてビジネス系のセミナーに行ってるんです。そこは士業とかコンサルタントの方とか経営者の方が多くて独立起業が当たり前の雰囲気なんですよ。
今まで私、そんなこと考えたことなかったんですけど、ちょっと最近、自分でビジネス始めるのもいいな、って思い始めて・・・。」

皆さんも、この認識、分かりません?

彼女はこうも言ってました。
「自分でビジネス始めたい、みたいな話を同僚にしたら『ええー?何するの?やめなよ~』って雰囲気だったんですが、ビジネスセミナーの人に言ったら『お、いいじゃん。しなよ、しなよ。協力するよ。』って感じで全然反応が違うんですよね」

ま、当たり前と言えば当たり前の変化ですが、私たちは「自分がいる世界」が「実世界」になります。

「頭で知ってる世界」とか「ドラマで見る世界」はあくまで「別世界」。
皆さんに一番影響を与えているのは「今の周りの人たち」なのです。
続きを読む


自己肯定感を上げる、とは???

自己肯定感を上げる。
自分を愛する。
自分を信じる。
自信を持つ。

この辺の言葉が私のブログにも、心理系、自己啓発系のブログにもめちゃくちゃ登場するわけですが、この辺で私なりの自己肯定感をお話ししましょう。

とはいえ、これが正解だ!!!皆の者、控え、控えぇ~~~~!!などと言うつもりはございませんし、半年後、1年後はまた違うことを言ってるかもしれません。

私たちは自分たちの行動や思考を、どこかから仕入れてきた基準/ルール/観念によって「これは良い」「これはダメ」と判断(ジャッジ)しています。

その基準が厳しい人ほどダメ出しが多くなりますね。

そして、この基準/ルール/観念の多くは過去の体験からもたらされるものであり、
「上手く行くために」
「嫌われないようにするために」
「もっとモテるために」
「バカにされないために」
「すごいと言われるために」
「完璧であるために」
「迷惑をかけないように」
「もっと○○でなければならない」
などの思いから作り出されます。

そして、このルールがきつかったり、たくさんあると窮屈になり、生き辛くなるわけですが、そうしたルールの多くは「痛み」が原因です。
つまり「もう二度と傷つかないルール」なのです。
続きを読む


なぜ、また自己否定のループに陥ってしまって抜け出せないのか?

今日はこの「癖」について考えてみたいと思います。
変わりたいと思っているのに、なぜ、変われないのか?
そこに注目してみたいと思います。

夫と子育てについて大ゲンカしました。寝付かない息子(4歳)に私が怒り散らしたためです。夫は「眠たくなったら寝ればいい。無理に寝かせる必要はない。親(私)の都合でコントロールするな」という意見です。
息子にいつも私のわがままを押し付けてしまって申し訳ないと分かっているのに、自分勝手で怒ってしまいます。わがままを言える相手が息子しかいないからかもしれません。海外駐在で家族以外に心を許せる人はいないからです。

自分の心に余裕がないと分かっています。元々、自己肯定力がかなり低く、根本さんのブログを読み、ネタを取り上げて頂きやっと分かったのに、また振り出しに戻ってしまった感じで、夫婦問題についてもまた不安が襲ってきました。原因のひとつがこれであると思っているからです。ずっと息子を怒ってばっかりの私が、夫に嫌悪感を与えてきたからです。

ダメな母親と自分で思っている所をさらに深く傷つけられて、誰も私を認めてくれないと落ち込むのですが、息子が翌朝「お母さん昨日はごめんね」と謝ってくれて救われつつ、でも私は罪悪感満載で、息子にこんな事言わせるなんて!とまた自己否定のループに陥ってしまいます。

今までの子育ての中で何度も繰り返してきました。夫に全否定され、ダメな母親の烙印を押され続けてきて、自分でも何とかせねばと思うのに、抜けられないこの自分勝手さをどう処理したらいいのでしょうか?
(Aさん)

続きを読む


お酒を飲むとキャラ変しちゃうのはなぜ?

お酒を飲むと本性が現れる、なんて言いますが、ほんとにそうなんでしょうか?
長年酒場にて酔客を観察してきた研究成果を発表しましょう(!?)

根本さん、こんにちは。お久しぶりです。
今回は、お酒を飲んで酔うと、キャラが変わることについて聞きたいです。

最近わたしは、酔うとキャラが変わるようになってきました。
普段は(自分で言うのもなんですが)
人見知り、おとなしい、話すの苦手、真面目、恥ずかしがり屋、臆病、頑張り屋、マイペース(のんびり屋)、ふわふわしてて癒し系、省エネ(テンション低め)、優しい、自己主張が苦手な人間なんですが、
お酒が少し入ると、若干テンションが高く人に馴れ馴れしくなります。

そこまでは以前からで、そんなに気にしていなかったのですが、ここ最近はそれに加えて
毒舌になる、男性のような言葉づかいが出てしまうようになってきました。
(例)「えー、うざーい」「ああ、あの人評判悪いよね」「は?嘘つくなよ」

・・・そのときはお酒に酔ってるため、制御できず、
でも記憶を失うタイプではないので酔いが醒めてから「ああ、またやってしまった・・・」となります。
お酒を飲むと本性が出る、とか聞いたことがあるので、わたし本当は性格悪いのかなぁ、と落ち込むし、一緒に飲んでいた人から嫌われたんじゃないか、と不安になったりもします。

なので、わたしが知りたいのは、
わたしが本当はどういう人間なのか、
どうしてこうなってしまうのか、
(人から嫌われたくないので)どうしたらこうならずに、楽しくお酒が飲めるのか、
です。

お忙しいと思いますので、お時間あるときにネタにして頂けたら嬉しいです。
お身体ご自愛くださいませ。
(Yさん)

続きを読む