他人軸の作り方講座~気を使わざるを得ない親子関係とその許し~


他愛もないお願いごとにすごい神経を使う、それによって癒着が生まれ、周りの人との距離感が分からなくなり、振り回される人生になる・・・。
そんなとき、癒着を切るアファメーションと「許し」によって「才能」が目覚めるのです。

講演会でもこんな話をしています。他人軸になり、自己肯定感が低くなる育ち方の例。思い当たる方も少なくないんじゃないでしょうか。

**

「明日、給食がないからお弁当作って」
この一言を言うのに、何度も何度も覚悟を決めなければいけなかった。
その時のお母さんの顔を想像すると、気が重たくてしょうがない。でも、お弁当を持っていかなくて周りの子に変だと思われるのも嫌だし、どうせそのあと学校から家に電話がいくから、どうせ怒られることに変わりはない。

リビングに行くとお母さんは例によって機嫌が悪そうだった。ぶつぶつ文句を言いながらテレビを見ている。
料理が苦手で嫌いというお母さんにお弁当を作って欲しいと頼むのは本当に勇気が要ることで、いっそのこと自分で作れたら、と思う。
でも、まだ小学生の自分には荷が重たい。早く大人になっていろんなことを自分でできるようになりたい、と未来を思いながら、もう少し後にしようと思った。

夕食の準備をしているお母さんは少し機嫌が回復したようだ。お気に入りのアイドルがテレビに出ていたからかもしれない。そこで、満を持してお母さんにそのお願い事をした。

「えー?明日?めんどくさいわねえ。ほんと。○○(弟)も?ほんっとに朝早く起きなきゃいけないしー、嫌だわ」
実際、あれやこれやの文句はこの後当分続くのだが、いつしかその声は耳に入らなくなった。
とりあえず、怒鳴られたり、拒否されたりすることなかった。
明日はとりあえず「弁当を持っていない」という恥はかかずに済みそうだ。とはいえ、友達に見られたら恥ずかしいほどの中身ではあろうけれど。

**
続きを読む

他人軸の作り方講座~賢い人ほど気を付けろ!~


例えば、親子関係で自分の意思よりも相手の意思を優先する機会が何度も何度も繰り返されると、やがて自分の意思決定を相手の意思に委ねるようになります。
それが「他人軸」と言う状態なのです。

講演会でもこんな話をしています。他人軸になり、自己肯定感が低くなる育ち方の例。思い当たる方も少なくないんじゃないでしょうか。

**

ある日、お母さんがあなたにこう言います。
「プリンとリンゴとどっちがいい?」って。
素直なあなたは「プリン!」って元気に答えました。
するとお母さんの表情は一変。
「なんでプリンなの?リンゴいっぱいあるってさっきママ言ったでしょ?リンゴにしなさい!リンゴに」
そこで、あなたは「ごめんなさい」と言ってリンゴを手にします。でも、あまりおいしくは感じません。リンゴは嫌いじゃないけれど、そのお母さんの言葉が怖かったのです。

別のある日、お母さんがあなたにこう言うんです。
「コーヒーゼリーとミカンとどっちがいい?」って。
あなたはちょっと怯えながらも素直に「ミカン!」って言います。
すると再びお母さんはこういうんです。
「コーヒーゼリーにしなさい!賞味期限近いんだから!いい!こっちよ!」
でも、そこであなたの頭は「???」となりますが言い出せず、少々苦みのあるコーヒーゼリーを口に運びます。
そして、あなたの中ではどうしたら怒られないか?という思考が生まれていきます。

同時に「自分が欲しいものを望んでも、結局はお母さんがいい方になるんだ」という学習もします。

そして、またある日、お母さんはあなたにこう言うんです。
「リンゴとコーヒーゼリーどっちがいい?」
あなたは悩みます。
トーナメント制ならば、さしづめ決勝戦です。
リンゴの在庫状況をちらっと確認しますが、よく見えません。
賞味期限なんてもっと見えません。
どっちがお母さんの「望み」であり、「答え」なのかを考えるようになります。
でも、結局分かりません。
だから、あなたはこう答えるでしょう。
「どっちでもいいよ」
そうすると、「じゃあ、こっちね」とリンゴを渡されました。
「リンゴの優勝!」ってやってみるけど、やっぱり楽しくありません。
でも、振り返って、じゃあ、自分がどっちが食べたかったのか?と思うと、自分でもどっちか分からなくなっているのです。

**
続きを読む

自己肯定感があがると自分がやりたいことをやる許可をしやすくなる。


そもそも好きなことや楽しいことをやるのを「許可制」にしてしまってるってのがおかしな話なのですよね。

自己肯定感という言葉を使い始めたのはそんなに古い話ではないんですよね。
数年前?もう少し前?
それまでは同じような意味で「自己愛」って言ってました。ほんとうはこっちの方が好きかも知れないです。「ただ自分を愛する」ということだから。
でも、「自己愛○○」みたいにネガティブな言葉ができたり、使われたりするようになって、誤解を招くなあ、と「自己肯定感」という言葉に出会ったのでした。

だから、私は自己肯定感というのを「ただただ自分を愛すること」という風に実は定義づけています。

いい自分も悪い自分も、
うまく行ったときも、行かなかったときも、
長所も短所も、
強さも弱さも、
ただただ、「それが私だもんな」と愛してあげる、ということ。

愛してあげるってどういうことなの?ってよく聞かれるんですが、私が思う一番シンプルな愛し方ってハグだと思うんですよね。

ギュッとしてあげる、というの。

そして、背中をさすさすしながら「うん、あなたはよくやってる。あなたはほんとによく頑張ってる」なんて囁きます。

実は毎回のようにこれをやるセミナーもあります。
二人組でペアを組んで、お互いに「愛を与え合う」ということをしてるわけです。
でも、目の前にいるパートナーは他人なんだけど、そこには自分の心が投影されているので、その人をハグしているようで、実は自分自身をハグしてることにもなるのです。

だから、自己肯定感ってどういうこと?って聞かれたら、私は「自分をただギュッと抱き締めてあげる感じだよ」て答えることが多いと思います。
続きを読む

『現役のオス感』を出されるのがたまらなく嫌な私が素敵な恋をする方法。


その根拠となったお父さんやお母さんを許す、というやり方。
そして、それがゆえに自分の中で磨かれて育った才能を生かす、というやり方。
そういうできごとがあったからこそのメリットを享受することもできるんです。

根本さん、こんばんは。
ここ数日のセクシャリティに関するブログを「あれ、これ私送ったかな?」と思いながら読んでます。

私もこの間のブログの表現で言えば、本当は肉屋(男好き)なのに八百屋の看板を掲げていて、でも肉を持っていることが罪悪感&嫌悪感で許せない。肉屋な自分を受け入れられません。
特に悩みはある程度の年齢の男性で『現役のオス感』を出されるのがたまらなく嫌ということです。
母、姉ときて、やはりラスボスは父なのでしょうか?

父は幼少期は仕事の関係で家にいるのは年の1/3程度、子供好きで、愛情表現は抱っこやハグ、ヒゲをほっぺにスリスリなどスキンシップ系(別に嫌ではなかった)でした。
小学生のある日いつものように父に抱っこされているとブチューと口にキスをされ(しかもディープ)、思わず「気持ち悪いっ」と母に助けを求めました。母は笑っていましたが、私はそれ以降父親のスキンシップを全て拒絶するようになりました。
父はショックを受けてましたが年齢があがったこともありベタベタしてくることはなくなりました。

大人になり、あの記憶が気持ち悪くて。
普通の父親はキスで舌をいれないだろう。父親は変態だ。
記憶にないだけで、もしかしたら私は他にも変なことをされていたのではないだろうか
そんな風に思いました。
そう思うことすら気持ち悪くて怖くて自分の中にずっと封印してました。
今父との関係は当たらず触らず。父からの愛情はとても感じますが、こころのどこかで気持ち悪いと思ってます。そしてそのことに罪悪感を感じてます。

その他にも性に潔癖だった母や、昔の恋愛で生々しい浮気の証拠を見てしまった等、自分の女性性を全否定してきたように思います。

私ももうそろそろ戦場(恋愛)に戻りたいのですが、アラフォーなので対象年齢となる男性も年配になりつつあり、そうなるとますます嫌悪感を感じてしまい困ってます。

この間根本さんに女っぽくなったと言われて嬉しかったのに、どこかで自分に対しての罪悪感や嫌悪感が消えません。
ちなみに当たり前ですが、根本さんには全く嫌悪感は感じていません!!笑

こんな私は、一体どこから手をつけたらいいでしょうか??
女性性シリーズとして採用してもられたら嬉しいです。
(Kさん)

続きを読む

他者評価を気にしてモチベーションが下がってしまったのですが、自己肯定感をあげれば何とかなりますか?


仕事というのは他人の評価によって成り立つところもあるので、ナンボ自分軸とか言うても振り回されることがよくあります。
そこでどういう風に意識を向けたらいいのか?というお話をさせていただきました。

根本先生
いつもブログ楽しみにしています。
今回リクエストしたいのは他者評価と自己肯定感についてです。
これまでブログを通して、幸せかどうかの判断を他者評価に委ねるから苦しくなる、ということは理解できました。
夫に対しても「自分がしてあげたいから、しているんだ。」という意識を持てたことで前よりもイライラが減りました。
しかし仕事ではどうしても他者評価を気にしてしまいます。
私は今大手企業で働いて7年目です。今の会社ではほとんどの社員が入社5~9年目で昇格します。その順番は社内の評価(給与にも反映される査定表)を中心に決まります。
この1年、産休から復職し時短もとらずに仕事と育児を両立しようとかなりの努力をして、その結果部内で表彰もされましたが、肝心の査定は低く来年度の昇格は絶望的です。
そのことで心がポキリと折れたようで仕事へのモチベーションがガクッと下がってしまい、家族にもやつあたりしそうになります。
努力が認められなかった悲しさ、同期に負けているという劣等感と給与に差がつくことへの嫉妬。
結局どれも社内の役職で自分の価値を決めてしまっているから、傷ついているのかなと思います。
昇格できなかったとしても自分の努力が無駄になったわけではないし、同期に人として劣っているわけでもない。と頭ではわかっても、心はもやもやしたままです。
今の仕事は好きですが、「好きなことができているからお金や自己有用感がなくてもやりたいの」と思えるほどには好きではないようです。
こういうケースでも、自己肯定感が高ければ傷つかずに過ごせるのでしょうか?もう少しラクになれるヒントのようなものがあれば教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。
(Sさん)

続きを読む

野良猫を追いかけてる私が幸せになる方法~今の自分を愛しなさいってこと~


不毛な恋と分かっていても手放せないのならば、それがちょうどいいと思っている自分がいるということ。
だから、そんな自分を責める暇があったら、ちゃんと今の自分を肯定して、愛しなはれ、という話。

根本先生
こんにちは。今日もセンセ素敵ですうー。はあーため息。
ばいざうぇい。。。ノラ猫男子の感情がわかりません。だらだらと続く関係とかもういやだー!って思うのに会っちゃうんです。
どうしたらいいんでしょうか。ごはん食べてセックスする関係が半年以上も続いてまっせー。追いかけられたいのに追ってるわ。
よーし!連絡先削除してやる!不毛すぎ!とはいえ、わたし、愛するとか愛されるとかわかんないですね。自分を大切にしてないから、人からも大切にされないってことは、いま彼から大切にされてない私は自分を大切にしてないってことですよね?
よく根本先生が話してくださることですが。。いまいちわっかんない。それだけガマンしてきた人生だったんでーす!麻痺!セフレみたいな不毛な男と付き合うなんて友達にもアホやなーって言われます。
そんな私にも素敵ロマンスができるようになる課題ください!
(Yさん)

続きを読む

自分軸で生きる対象は「人」だけじゃありません。お金や仕事に対しても自分軸の在り方は重要です。


自分軸で生きる、というテーマで新刊を書きました。
「私は私、人は人」という境界線をきちんと引くところから、まずは自分軸を確立していきます。
そして、自分軸を確立した上で、人間関係を築いていくことで、
・周りの目線や評価を気にせずに自分らしくいられる。
・自分の意見や考えをはっきりと持てる。
・それをきちんと表現できるようになる。
・人間関係が楽に構築できるようになる。
・他人の反応や評価に対して一喜一憂しなくなる。
・自分らしさが人間関係においても発揮できる。
・他人との適切な距離感が取れるようになる。
・自分の気持ちを大事にできるので、疲れにくくなる。
・自分がしたいことやしたくないことがはっきりと分かるようになる。
・他人に干渉したり、攻撃したり、批判したりすることがなくなる。
・他人からの干渉や攻撃や批判が少なくなる。(あっても影響を受けにくくなる)
などの多くのメリットが享受できるようになります。

何よりも「自分らしく、自然体な生き方ができるようになる」というところが大きいですね。

で、この「自分軸」。
その効果は「人間関係」だけにとどまりません。

例えば、「お金」や「仕事」、「時間」という者に対しても重要な影響を与えています。
続きを読む