見守るのと踏み込んで愛してやるのと違いって何ですか?

ここは踏み込んだ方がいいのか?見守る方がいいのか?という選択はロックマンを相手にしたときに限らず、様々な場面で登場する葛藤かと思います。
自分軸で考えようぜ!とは別のお話を今日はさせていただきましょう。
結局は同じことかもしれませんけど。

ロックマンネタ失礼します

仕事で自己実現が何よりも大事な彼。
経営者の自立男は従業員にも自立っぷりで、店が上手くまわらず2年、失うものも多々あったようです

私も放置されまくり、コミュニケーションとるのも一苦労の2年です
付き合ってるの?って感じですが、放置に対抗して「ですけど何か?」って思っており、お互い様です

『「会いたい 心細い 泣いてしまった」と伝えてもノーリアクションな彼をどのように調教したらいいでしょう?』
の「何を言ったらいいのか分からない」ということになり、見事既読スルーになってしまう
→彼もそんなこったろーなと

『話し合いもできずに別れて、その相手が同じ職場の場合の立ち直り方を教えてください。』
の「返事をしない」という返事をする彼なりの「やり方」を採ったのです
→結果も出してないし今更する返事もないのだろーなって

『気を使い合う夫婦はお互いの愛が見事にすれ違う』
の、お互い肚の中の思いを溜め込んだまま、自分ひとりで考えて行動しちゃうんですよね
→お互い悪気はないんだよなーって

オンラインスクールのロックマンネタ
→完全納得です

誰にも迷惑掛けたくない、ろくに相手をできないのなら何もしない、期待させたくないって良かれとやっているのであろー彼のやり方

自立女だから彼の気持ちも解る
私も一人で頑張るのが良い事だと思ってきたし、気分を概してでも近づいてくるおせっかいな両親でもなかったし、関わらない事を善としている2人だなって

でも自分が人を当てにできるようになったりで、彼もこっちにこれたら楽になるかなって思うけど、それも私の勝手な想いだしって踏み込む事もできず

見守るのは得意だけど、何年経っても進まない(一度同じような理由で別れているので)

放っといて欲しいの反面で
「どーしよもない俺を誰か何とかしてほしい、けど、どーしていいかもわからん」
って彼もいるんじゃないかと思うんです

よくドラマでおせっかいで近づいてバーーン!ってなるけど上手くいくケースあるじゃないですか?
それも良いなって思うんです
ドラマにあることって、よくあるケースなんだと思うんですよね

見守るのと踏み込んで愛してやるのと違いって何ですか?
慣れてない分、踏み込むことが良い事に思えない
武闘派だから粉々にするのが怖いのかもしれませんけど
(Rさん)

続きを読む


半年前の自分と比べて成長したところを見つけると自己肯定感もあがって、自信が付きやすい。

先日のとある個人セッション。
「先生、大変なんですぅ~~~今日の日を待ちわびてましたぁ~~~~」って駆け込んでこられたMさま。

で、何が大変なのさ?て話をお聞きしていったところ、私が出した結論がコレ。

Read more

家族の5つの役割~組織・グループの問題解決に役立つ視点~

家族や組織などの人によって構成されるグループは、そのメンバーがヒーロー(ヒロイン)、犠牲者、傍観者、ヒール(悪役)、チャーマー(ピエロ)という5つの役割を担います。
それぞれがそのグループを救うために無意識に選択した役割で、これが組織の問題を解決するヒントになることが多いようです。
さて、あなたはどれ?そして今の組織では誰がどれでしょう?

心理学では「家族には5つの役割がある」という考え方をしています。
この「家族」というのは、組織、グループに置き換えることができ、会社の部署でも、プロジェクトチームの編成でも、また、友達とのバーベキューにおいても、この傾向がみられます。

そして、この役割は時と場合によって移り変わり、また、同じタイプの人間を集めたとしても不思議と5つの役割に分散していくことがあります。
また、複数のタイプを兼任する人も自然と出てきます。

この役割はそれぞれにポジティブな面とネガティブな面を持っています。
そして、根底にあるのは「家族を救うために担う役割」である点はとても重要です。

一見、グループに対してネガティブな影響しか見せていない人にしても、そうして問題を一身に引き受けることでその人はグループを助けているのです。

そして、誰もがこの5つに分類される心理的パターンを持っていて、目の前に現れるグループメンバーは、その自分自身のマインドの投影です。
だから、仮にグループの問題児を首にしたとしても、また新たな問題児が生まれます。
当然ですよね?自分の内なる部分を投影しているのがその問題児であるならば、自分自身がその問題と向き合わなければこのパターンは繰り返されることになります。

だから、グループの中でそれぞれの役割を「愛をもって担っている」という視点から見ることができると、仮に問題が起きても積極的にそこに関わっていくことができます。

このグループ全体を一人の人間として象徴化(シンボライズ)することもでき、そのマインドのことを「グループマインド」と呼びます。
組織を形成するのは一人一人の個人ですが、それがグループになると、そのグループとしての人格(グループマインド)を持つのです。
だから、組織においてはそのグループそれぞれに個性が生まれます。
そうすると、小さいグループを集めた上位のグループ(営業一課、二課、三課を集めた営業部のように)にもまたグループマインドが発生することになり、例えば「一課はとても優秀だけど、三課は問題ばかり起こしやがる」といったグループ単位での5つの役割も生じてきます。

組織長は自らもグループの一員となりつつも、そうしたグループマインドを見て、問題を解決していく必要があるのです。

ただ、何度も繰り返しますが、それぞれが家族(グループ)を救うために、愛するために、その役割を担っている、ということを忘れてはいけません。
その価値や役に立っている点からその人を見ていくことが重要です。

さて、その5つの役割について紹介していきましょう。
続きを読む


(ご感想)この記事を読んでいたら、頭が、右の側頭部がぎゅーんって痛くなり、衝撃が走りました。

元ネタはこちらです。
「どこに行っても自分は邪魔者だと感じてしまう心理。」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/22335

自分のこととして読んでくださった方が多いみたいですね。

自分の素直な気持ちに向き合うことができると、心がぱーっと明るくなります。

誰を邪魔者だと思っていたの?という問いはとても深い考察を与えてくれます。
でも、無理ないんです。
子ども心にそういう気持ちが生まれるのは。

ママだって人間だから、娘のことをそう思っちゃうのも無理ないんです。
逆に愛情があるからこそ、そこに罪悪感も生まれるのです。

だから、責める必要なんてないんです。

そういう自分を受け入れてあげるだけでいいんですよね。

続きを読む


どこに行っても自分は邪魔者だと感じてしまう心理。

自己否定があると邪魔者だと思うようになります。
また、誰かを攻撃していると、その投影で自分が邪魔者だと感じます。
そして、自己肯定感があがると、邪魔者であることに快楽を感じられるようになります。

根本裕幸さま

邪魔者の心理についてご教授願えませんでしょうか。

子供の頃からその場に相応しくない、ここに居て申し訳ありません、的な思いが時々強く出て、いてもたってもいられなくなります。
誰しもそんな状況になることはあると思います。
私は堪え性がないので、我慢出来ず逃げ出すことしばしば。
子供の頃家庭で疎外されていたかというと、むしろく逆で過干渉気味くらいです。
ということは、本心は自己卑下ではなく、尊大で中心的に扱って欲しいけど、それが叶わないので耐えられない、という心理なのでしょうか…?
確かにわたしは内弁慶なところがあります。
慣れて心地よい人の前ではとてもリラックスして多弁です。

そんな自分を恥ずかしく思います。
少しずつでもそんな自分と向き合い成長出来るアドレスを頂けたら幸いです。
(Aさん)

続きを読む


他人軸な基準で自分を見るとダメ出ししかできないもの。

ウソをついたり、見栄を張ったりするのも、他人軸な基準で自分を見てるから。
それってやっぱり辛いよね、ということで、それを手放して、自分軸に立ち返るプロセスをサクッとご紹介しましょう。

根本先生
はじめまして。ブログと本で先生を研究してる熟女です。この前、同窓会があったのですが、自分をよく見せたいがために嘘をつきました。自己卑下なのか自己肯定感が低いのか、自分を認めてないのはわかります。
私43歳、独身、彼氏は結婚願望なしの野良猫、職なし、子供なし、バツなし、キャリアなし、貯金なし、なーーーーーーーんにも持ってません。
なので、同級生と会った時、こんな私じゃダメだと思って、結婚して子供いるって嘘をつきました。幸せな家族がある風に。その後の罪悪感といったら…涙。
結婚して子供いれば認められるとか、一人前とか、見下されないとか、そんな気持ちがあります。いまの自分じゃ認められない、見下される、かわいそうって思われる。そんなのいやだ。かわいそうって思われたくない。そんな感じです。
どうしたらいいんでしょうか。
そのままの自分でオッケーなんでしょうか。かわいそうって思われたくないし、独身ってだけでアララって思われたくない。
いい男はみんな結婚してるんですか?
私だっていい女だけど結婚してないよー!
嘘をついた自分もやだけど、結婚に対してなんの期待もしてないし、したくなかったし、なんで結婚しないといけないの?家族増やすため?いずれ憎しみあうかもしれないのに。
同級生の女子たちも、旦那に話しかけられても聞こえてないふり、無視。旦那が家にいるとうっとーしー。とか言ってて、じゃなんで一緒にいるの?と思うのです。
ま、言うだけで実はラブラブかもですが。私は結婚したいって思える男性に出会ってないだけですかね。根本先生のご意見お聞かせください。
(Yさん)

続きを読む


働かない人間はダメだという思い込みを外してライフワークに出会い、輝く人生を歩むには?

今の時代は価値観が多様化していて、選択肢が増えると同時に、旧来の価値観との板挟みになって葛藤しやすい時代です。
自分に合う価値観を身に着け、自分らしい人生を生きることができる素晴らしい時代がやってきています。
そのために何が必要か?というお話を簡単にさせていただきました。

初めてお便りさせていただきます。
ライフワーク探しについて何かヒント欲しく、お便りいたします><
私は半年ほど子なし専業主婦をしています。

私は、小さい頃から祖父・祖母・母が一生懸命にずっと働いている姿を見てきました。
働かなくてはいけない、働かない人間はダメだということをずっと叩き込まれてきました。(父は離婚して居ません。)

そのため、有名大学を出て大企業に入ることが正解だと思い込み、ずっと頑張ってきました。
しかし、大企業に入社したはいいものの、仕事に全く適正もなく人間関係にもすっかり疲れ果ててしまいました。
自分の能力を生かせる仕事を思う存分やりたいという欲求が抑えられなくなってしまい、三年足らずで辞めてしまいました。

いざ専業主婦になると、働いていないことへの罪悪感で日々精神的にはゆっくりできず、
自由にやりたいことをやることがとても難しく感じます。
主人はゆっくり探せばいいよと言ってくれますし、経済的な心配はいらないのですが、焦りと不安でいっぱいです。
前職でのことを思い出すと働くのが怖いなと思って動き出せない状態です…。

こんな私に、専業主婦であるという罪悪感を解消し、ライフワークにバッチリ出会い輝けるようなアドバイスをもらえたらこれ幸いです!
(Kさん)

続きを読む