好きな人やものが次々と自分から離れてしまうルールを作ったのはもちろん自分。


ショックなできごとがあると、その痛みから自分を守るために「傷つかないルール」を作ります。
そして、そのルールに基づいて現実社会を作り出しているのが私たちの心なのです。

根本先生こんにちは。
いつもメルマガを楽しく読ませていただいています。
 私は28歳のときに8年間付き合い、結婚の話も決まっていた人から、Nは一人で生きていかれるとある日突然別れを告げられました。
そこからは仕事に打ち込もう、頑張ろうと思っていたら、仕事も不当に解雇され職を失いました。大好きな職場であり、尊敬する方々と働けなくなったことは精神的に堪えました。
そんなときになぜか既婚者2人からアタックされました。その1人に私はどんどん惹かれ、彼も心から私のことを愛してくれました。
しかし今度はその彼の奥様が癌だと分かりました。彼はとてもショックを受けており、私は彼には奥様のそばにいてほしいと思っています。
ただこのように自分の好きな人やものが次々と自分から離れてしまうことに恐怖を感じています。
この状況は自分自身が作り出しているものなのでしょうか。
ネタにしていただければ幸いです。
(Nさん)

続きを読む

そないうまくいくときばかりではない、という大事な原則。


そもそも「うまく行く」てなんやねん?という議論もありますが(うまく行く=思い通りになる)、それはさておいて、色々とワークしたり、心の在り方を変えたり、あれこれとチャレンジしたところで、うまく行くときばかりではありません。

完璧主義っていうのは、「せっかくセミナーに出たんだから」「あの予約の取れないことで有名な某カウンセラーN氏のカウンセリングを受けたんだから」という“名目”のこと、自分を追い込んでしまうことがあるわけです。
そこでN氏が有名であることと実力が伴っていることについての議論は再びさておきます(笑)

例えば、アファメーションの宿題を良く出します。
毎日やってねえ~なんてN氏は言うんですけど、当然ながら新しいことを習慣化するには時間がかかります。
よしやったろうやん!と思っても、つい忘れちゃうこともよくあります。

自己肯定感上げるワークをやって「気に入った奴は続けて見てくださいね~」とかN氏は適当に言うんですけど、それだって忘れちゃうことはよくあると思うんです。

気が付けば3日も放置してた、みたいな。
続きを読む

負けを認める、だけでなく、相手や自分のいいところを認めるのも、比較競争を手放すヒント。


昨日の記事「同業他者の事を言われると私の提供する事はダメなのか?とまず先に思ってしまうのです。」についての補足、というか、違う見方がありまして。

自分軸じゃないと相手に振り回される、というのが基本で、自信を付けるには他人軸では難しいから、ぜひ自分軸に移行しましょうよ!そこで「できることを一生懸命やればいいよ!」なんて展開をしました。

>そんな中、あなたのblogは面白くないと言われてるようでちょっと悲しい気持ちにもなりました。

という一文がMさんのシェアの中にあります。
そう思うのは無理はないのですが、私たちは自信がないと他人軸でモノを見やすくなります。
Mさんの場合は「ひよっこ」ということで無理はないことなんですけど、とはいえ、他人軸ってのは辛いもんです。

「比較」という罠があるんです。

友人から紹介された他の占いblogと自分のblogを「比べる」ということをしてしまうんですね。
続きを読む

色気のある女性にとても憧れるのですが、その心理ブロックの外し方を教えてください。


他のテーマにも通じることですが、今日はこの4つのお話をさせてもらいました。
・なぜ、そのブロックが生まれたのか?
・イメージの世界から実践の世界へ
・人に会いに行く
・許可すること

根本さん、こんにちは。
私は色気のある女性にとても憧れます。私もそうなりたいと思うけど、自分の中に何か心のブロックがあるような気がしています。

私は幼稚園児の頃から運動会で上半身裸で踊らされたり、トイレに鍵がついていなかったり、下着姿でお昼寝させられたり、裸でプールに入れられたりするのが物凄く嫌でした。
周りの子達はあまり気にしている様子がなく、自分だけが過剰に気にしていることがバレるのも恥ずかしくて悟られないように我慢していました。
でも、そういった感情を抱くのは普通、思春期からではないのかな?と疑問に思っています。
また、男の子と仲良く遊んでいたのを母にからかわれた時に感じた羞恥心、惨めさ、屈辱、恐怖が入り混じったような何とも言えない不快感が今でも忘れられません。
私は幼稚園児の時からすでに自分の女性性を否定していたという事でしょうか?
また、どうしたら心のブロックを外せますか?教えて頂けると有難いです。
(Aさん)

続きを読む

同業他者の事を言われると私の提供する事はダメなのか?とまず先に思ってしまうのです。

ひよっこの時はまだまだ自信がないから無理ないですよね。
自信を付けるには自分軸になる必要があるよ、というお話です。

昨年セミナーやメルマガでお世話になりましたMです。
最近恋愛系じゃなくて心がザワッとチクっとする事があるんです。

Read more

私がお金に対する意識を変えたら、旦那の貧乏マインドがよりひどくなってるのだけど?

変化を求める女性と安定を求める男性。
バランスを取り合う夫婦関係。
そして、無意識の圧力やニーズ。
そんな観点で見てみると、実に深い話になるのです。

夫婦間のお金の問題について教えてください。

Read more

やりたい仕事を始めたが、ブログを書こうとすると気が重くなってしまう。


「書く」という行動は情報をギュッと圧縮しないとできないので、実はそれなりの慣れやらスキルやらが必要です。
でも、それも手段の一つ。もっと大切なことがあると思いませんか。

こんばんは。Tです。
ブログなどで日々大切なものをもらいながら過ごしています。本当にいつもありがとうございます。

さて先生。
わたし、人生初の円形脱毛を拵えました。本日ヘアサロンにて発覚。ようやく自分が苦しんでいるとわかりました。
最近、気掛かりこそあったものの、そこまでストレスになっていたとは気付かず、むしろ鞭打って過ごしてました。

原因は、わたしの仕事に対する葛藤かと思ってます。
セラピストとして1ヶ月半くらい、じわじわ活動しております。
仕事の内容そのものは「好き!喜んでやる!」ですし、仕事に達成感もワクワクも感謝も感じます。いまはこの道を進んでいきたいと思います。

ですが、本格的に始動しようとすると「気が重い…けどやらなきゃ…」と抵抗が。ブログ書いて自己アピールせねばと思うのですが、途端に借り物のような言葉になったり、言葉が出てこなかったり。
そして「どうしていいか、わからない」と、フリーズ。結局何もアウトプットせず、その先に進めずにいます。単純に怠慢だったり、必死さが欠如してたりもあるのだと思います。

ですが、そんな自分でも、とてもありがたいことに、人とのご縁が繋がったり、応援してくれる方々がいたり、追い風も感じます。
なので、一歩踏み出したい!と思うのですが、やがて抵抗とフリーズが…。

勇気を出して、もっと多くの人に仕事を届けたいとは思っています。

どうしたら進んで行けるのか。
それとも、いまは進むときじゃないのか。
道をどこかで間違ってしまっていて、ほんとはそっちじゃないから、先に進めないのか。
それとも全てドラマチックに進むための自作自演?!

先生ならどう感じるか、教えていただきたいです。
自分ではよく見えません。

読んでくださりありがとうございました。
お答えしてくれなくても、こんな弱いわたしをさらけ出せたことで、何か変わるような気もしています。

どうぞご自愛くださいませね。
またお目にかかること、楽しみにしております。
(Tさん)

続きを読む