人に気を使う人は「自立」ができず、そのまま「相手を察しよう」とすると幽体離脱になる。

元ネタはこちらです。

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17133

「まずは自分の足できちんと立つこと(自立)」

 ↓

「そのうえで初めて相手の気持ちを的確にキャッチすることができる」

この流れは鉄板とも言えるもの。

「人に気を遣う人」というのは、相手のことを考えたり、相手の気持ちに配慮したりすることを優先してしまう人なのですが、実はその陰には

「嫌われる怖れ」
「見捨てられる怖れ」
「理解されない怖れ」
「誤解される怖れ」
「頑張らないと認められない怖れ」

などの「怖れ」が隠れているもの。
その怖れを回避するための補償行為として「気を遣う」という現象が生まれているのです。

だから、「気遣い、よりも、配慮を。」という記事も書いたように、本当に相手のことを思うのであれば、まずは自分自身を確立してから、相手のことを考える流れなのです。
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16580

この「怖れ」が強い“気を遣う”時、私たちは相手のことを見ているようで実は自分自身を見ています。
続きを読む


意図と手段と目的の関係性~そもそもなぜそれをするの?~

「どうしたらいいですか?」という質問を一番多くいただくのですが、その時に「そもそもなんでそれがしたいの?」という「意図」をよく質問しています。
意図がきちんとすれば、手段はあまり関係ないからなのです。

先日、アンチエイジング&ダイエットセミナーの時に、こんなお話をしました。

「意図」→「手段」→「目的」というお話。

「ダイエットしたい」という思いがあった時に、ついつい私たちは「どうやって?」という“手段・やり方”に意識が向いてしまいます。

糖質制限がいい、とか、○○ダイエットがいい、とか、○○に通うべ、とか。

でも、大事なのはダイエットしたい、と思う「意図(動機)」なんじゃないですか?という提案です。
続きを読む


あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ3:互いの関係の目的を共有する~連帯感の発生

あえて一人力を鍛える、という3つのステップ。

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17133

この続編です。

1.まずは自分の足でしっかりと立ち、
2.相手の状態や気持ちをキャッチして、

それでようやく関係性の構築が可能になります。
これが3ステップ目です。

これが依存状態で自分の足で立てていないと、
・相手に気を遣う
・嫌われないか怖れが出る
・相手を思い通りにコントロールする
・自己中心的な考え方になる
わけでして、自立しても、相手の気持ちを察することができないと、
・自分本位な考え方をする
・自分の思い通りに状況を勧めようとする
・自分だけの解釈で関係性を構築しようとする(思い込みの発生)
といった状態になってしまいます。

この3つ目の状態は心理学でいえば「相互依存状態」と言え、自立しながらも、独りよがりになることなく、相手を信頼し、与え合う関係が築ける状態です。

そこではじめて創造的な関係、つまり、連帯感が生まれるのです。
続きを読む


あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力

しばらく間が空いてしまったのですが、こちらの記事の続編です。

>あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

自分の足でちゃんと立つことができたときに、始めて「相手」に意識を向けることができます。

人間関係で疲れちゃう。
いつも人に気を使っちゃう。
頑張りすぎていっぱいいっぱいになる。
人の顔色を窺ってしまう。

なんてパターンをお持ちの方は、この順番が逆になってることが多いんです。

まず、自分。
そして、相手。

だから、「与えたい」と思うのであれば、まずは自分自身が地に足が着いている必要があるのです。
続きを読む


どうして二人の距離が縮まるとケンカや不満が増えるのか?~依存的態度と鏡の法則~

自己肯定感が低いほど、近い人に不満を持つようになります。
だって、それは他人ではなく自分自身だから。
そして、依存的態度が強まるほど不満が強くなります。
相手を変えようとするからですね。

始めの頃は仲は良かったのに、付き合ってる期間が長くなるとだんだんケンカが増えて来て、それはそれでいいことかと思ってたら、どんどんそれがひどくなっていってやがて口も利かなくなるようになる・・・。

好きじゃないわけでもないのに・・・
どうもすれ違いばかりで・・・
口を開けばケンカばかりになって・・・
全然分かり合えてる感じがしない・・・

そういう体験ってしたことありませんか?

これは夫婦関係、恋愛関係でよく起きるものですけど、それだけじゃなくて会社との関係で、あるいは、友人関係でもふつうにあり得ることです。
お笑い芸人のコンビも長年やっていると口を利かなくなる、なんて話を聞いたこともありますが、それも当てはまるのかもしれません。

そういうことって人間同士であれば当たり前のことかもしれないんです。
続きを読む