(本気の手放しワークDVDのご感想)それだけ私も母のことを助けたかったし、支えになりたかったんだなぁ、と。

すてきな体験をお話しくださってありがとうございます。
これだけ上手にまとめられるって、ひとつの才能ですよね~♪
ほんとありがとうございます!!

根本さま

以前、母と自分の関係を娘に投影して、というような内容でメールを送らせて頂いた、AYと言います。
その節はご返信頂き、ありがとうございました。
その返信の中にあった、『本気の手放しワーク』のDVDを体験した感想を勝手ながら送りたく、再度メールをしています。

自分自身が感じていることを整理する目的なのですが
ついでに宣伝(ステマ?)にもご協力できるかなぁと思ったり。

私の手放したいものは、母(いい子でありたい気持ち、母に褒めてもらいたい気持ち)でした。

ワークで目を閉じてイメージする、というところで、イメージしただけで止まらない、止められない涙にびっくりしつつ
それだけ私は母に対して思いがあって
連絡を断ったことに対して罪悪感を持っていたことが実感できました。

色々ワークをしてまだ一週間も経っていませんが、色々気付かされる毎日です。

私、やっぱり母に癒着していた傾向があるのだと思いますが、
悪いことや受け入れられない出来事は母に愛されていないせいにして、自分の弱さとして認めていなかったなぁと思います。
イメージとしては母の鎧を着ていた感じです。
自分の弱さを自分のものとして受け取っていない反面
良いことは母の鎧を抜け出させることが怖い、自分の好きなことも表明できない、というような。

そして母の鎧を越えて暴走=自分自身が主張することにとても怯えていたことに気づきました。

だから、娘に対して何らかの主張をするときは必ず怖くて(母と私の関係のようになってしまうのでは、と)、
その怖さを打ち消すためにまた怒る、のような悪循環。
続きを読む

(ご報告)「覚悟」というのも「あ、これで良いんだ。これでよかったんだ。」という感じですとんとお腹に落ちた気がします。

おおお!なんと素晴らしい覚悟!!それでいいんですよね~!!

もう一つのメルマガに頂いたメッセージですが、こちらで紹介させていただきちゃいました(^^)

根本裕幸さま
おはようございます。初めてメッセージを送らせていただきます。いつも根本先生からのメルマガが届くのを心待ちにしており、過去のメルマガも何度も繰り返して読ませていただいております。
わたしは派遣社員として企業で勤務をしながら、週末は心理学と脳のお話しを絡めた恋愛系のコンサルをしています。
(恋愛系に絞ったわけではないのですが、わたしの実体験を仕事にしたら計らずもそうなってしまいました。)
昨年末までは非常に好調で売上げもぐんぐん上がっていましたが、今年に入ってからスランプに陥っておりまして、記事が書けない・コンサルが楽しくない・告知しても申し込みが来ないという現実と直面しております。
今は休息と引き波の時期で大きな波が来た時に備える時間と割り切って、スランプながらもコンサルで使えそうな、クライアントさんに喜んでもらえそうな知識を学んだり、記事についてもどんなに短くてもその時に書けることを書いて投稿しており、自分で自分の動きを止めないようにだけはしようと決めて動いています。
そんないつ明けるとも分からない闇の心細さやモヤモヤを感じながら過ごす折、今朝発行して下さったメルマガの「私はこれで生きていく」の一文、そして根本先生が書いて下さった「これ以外ないから、できないから、でもいいです。」この言葉が本当に有り難くて涙腺が決壊しました。
「こんなにやってるのに結果が出ない」「しんどいだけで意味がない」なんて報われなさにむくれていたんです。(あ。韻を踏んだ訳じゃないです。)
だけど、今わたしが自分でやっているお仕事は我ながら「これ以外ないし、これしか出来ない」んです。
本などではよく目標設定や達成したいことを決める時にはひとつのことに固執したらだめだのようなことが書かれてあったり、ビジネスは仲間とやるものだのようなことが書かれていたりしますよね。
でも、その両方共がわたしには合わないんです。
続きを読む

(幸せ報告)ちょうぜつらぶらぶです(にやっ)

確かに言語化が苦手、ボキャブラリ、すくなっ!だけど、十分伝わってきますなー。
どうせなら、絵を描いてもらった方が良かったかなー?(笑)

惚気話はあんまり興味ないんで、また来世にでも聞かせてくださいっ!!(笑)

しかし、彼になら刺されてもいい、なんて武闘派臭がハンパないっす。

ヘラクレスオオカブトな彼が犬にもなって
わたしにとって「こころの距離が一番近い人」になりました。
(半年逃亡されたけどな笑)
彼になら刺されてもいいと思います。

うーんいろいろあったけど
わたしの「ない」がぜーんぶ「ある」になって
セクシャリティだのお金だのなんだのもぜんぶ「ある」になって
わたし、最&強!キラキラ!ってなって
わたしがこの世の法律やーってなって
ちょうぜつらぶらぶです(にやっ)
続きを読む

(ご報告)きっとこれもセミナーやセッションに参加して、自分を愛せるようになってきたからかなー?と思いました。

あざーっす!!!(笑)

とても嬉しいメッセージを頂きました。

改めて、ありがとうございます~!!

根本さんにメールでお礼が言いたくて綴ってます。

先週、ヨガの先生から「よく生きる」みたいなテーマで一週間講義を受けました。

内容としては、自分を責めない、自分を愛する、投影の法則、罪悪感、など、まさに、根本さんから聞いたお話ばかりでした。

正直、高いお金払って、早起きして知ってることを学ぶのはめちゃくちゃ退屈でした。
しかも、傲慢だけどその先生より格段に私の方がわかりやすく伝える自信がありました。

先生は短い時間で伝えたいことが多くて説明不足になってただけかも知れませんが、その先生に会ったおかげで、私自分が思ってるより出来るかも、と調子に乗れました(^^)

そしてなにより気付いたんです。

この講義を退屈だと言えるくらい理解してるのは、全部根本さんがしっかり教えてくださったおかげだなぁって。
参加したセミナーはまだ少ないですが、ブログからたくさん教わりました。
学びを与えてくださった根本さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!
続きを読む

(ご報告)「なんだよー私自分なりにちゃんとしてきたじゃんー」って子どもの頃の自分を褒めたくなったんです。

なんと!いいお話だ。
そう、そういう自然体がいいんですよねー。
だいぶ本来の姿、取り戻せたかな?ロックマン氏が変化したのが何よりの証かも!

いつもお世話になっております。
こんな質問(https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/25701)をした私がですが、最近は
100%上がりまくってる人間じゃなくて良いよな、波があるのが私よねって思えています。

最近体感していることがあります。
相談や愚痴、共感を求められているような場面で話が続かなくなりました。

根本先生もよくおっしゃっていますが「しゃあないよな」となってしまうのです。
「そうなんだー。その人がそう言うならその人にとってはそうなんだろうね」という感想で終わってしまうんです。

私は昔から、人が秘めていることを打ち明けられることが多いしそれを引き出してしまうことが上手いのだと今頃気づいたのですが、今の自分との誤差に戸惑っています。

相手は私を信頼して店をOPENしてくれたのに、私は「中には入らないよ」と看板をひっくり返してCLOSEにしたような申し訳ない気持ちになります。
続きを読む

(ご報告)助けたい症候群の私がカウンセラーになったら天職では!?と感じる日々です!!!

おお!なんと素敵な話ー!!(男の話は横に置いて(笑))

2月15日の「助けたい症候群に見る“恵まれていることへの罪悪感”とは?」を読んで、ここによい事例がいることお伝えしたく!久々にお手紙します。
助けたい人ばかり好きになる悩みを、根本さん講座で吐露したのが一年前。もう助ける恋愛はやめよう!私はいい女だから幸せな人とも付きあえる!と毎日アファメーションしているものの、やっぱり「何か」ないと、食指が動かないんです、根本さん。。。

振り返ってみたら、恵まれていることへの罪悪感、とまでいかずとも「使命感」、あったと思います。
私はこんなに平和な日本で、平和な家庭に育って、恵まれている。
だから人に何かしてあげる余裕がある。
どうせいつか死ぬなら、水不足のアフリカで井戸を堀るとか、そういう死に方をしよう、と思っていました。高校生くらいのとき。
続きを読む

(ご報告)何気なく「ハートマーク」「キラキラマーク」をリストの頭につけたり、最後につけると、何だかワクワクしてきたし、とっても女性的じゃん!と盛り上がれたんです。

あ、この方法いいねー!皆さんもぜひ!きっと3人だけってことはないと思う。30人くらいはいると思う!(もっとか(笑))

こんばんは!根本先生(^^)、Hと申します。
中間報告&ネタになれば…と思い、送ります。

先日、1年ぶりくらいにある友だちに会いまして、「女性っぽくなりましたね!」って褒められました。
おおお!!やりましたね、私!

たまたま、その前々日に免許証を見る機会がありまして。
なんと!そこには無骨な女性が写ってました(^_^;)
機能性重視(ハネない・すぐ乾く・セット要らず)な髪型、よく言えば自然なお肌…。!
たしかにこれは、男性性豊かな感じ…。かろうじて女性?って雰囲気。
でもその時の私は、そう望んでたので、ベストの自分だったんだろうなって思うので、後悔はないです。

それみて今を比べると、多少自分でも、女性性がアップしてきてるんだなぁと自覚しました。そんな時に、女性性豊かな友だちに褒められて、とっっても嬉しかったです!

それも、先生に感想やネタを採用してもらって、「そうか上手くいってるからなのか!グフフ」って喜びつつも、アファメーション唱えたり、自分にご褒美あげたり、愛され探ししたり、いろいろやりました!今もやってます!その成果ですよね。
続きを読む