(1/20)ワークショップのアンケート。

長い出張から戻ると、うちの乳児はかくれんぼが得意技になってました・・・。
かわいい~。
僕を見つけて、一瞬びっくりして、うきゃーっと喜んでくれて・・・。
君はどこまで僕の心をワシヅカミにするつもりなのかなあ・・・。

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

色々と書きたいネタは山ほどあれど、内職や裏方仕事に勤しむ毎日です。
いやー、だって、仕事が溜まってるんですもの・・・。
メールの返信が滞っておりまして申し訳ありません。

そんな中、東京と名古屋でのワークショップで皆さんに頂いたアンケートに目を通していました。
Q&A集を作成してたら、あら、もうこんな時間・・・。
参加くださった方が多かったので、嬉々として取り組んでいたんですけど、まだ終わりません。
続きは明日に持ち越しの予定です。

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ワークショップで頂くアンケートは僕にとっては貴重なものです。
皆さんがどう捉えられたのか?
皆さんがどう感じられたのか?
何か問題点はなかったか?
もっと良いワークショップを作るためにどうしたらいいのか?
などを見つめる材料になるからです。

実際にワークショップをしている間は、皆さんの表情や態度、反応などを見ながら話を進めています。
だから、同じテーマでも、日や場所によって話す内容や進めるペースなどは全然変わってきます。
でも、その皆さんの反応を僕がうまくつかめているかどうかはやはり分からないですし、見落とした点や後から疑問に思うこともあるでしょうしね。

でも、実際、ワークショップを終えて、すぐにアンケートを見ることってあんまりないんですよ。
だって、怖いから~~~(笑)

自分では手ごたえがあるなーと思っても、参加くださった皆さんがそう感じるとは保障ないですし・・・。
でも、想像以上に温かいメッセージを頂くことも多くて読みながらじーんとなることも少なくありません。

それに、アンケートにはその人柄がよく表れてるようにもお見えます。
隅っこに「汚い字ですいませんでした!」とか書かれてると、思わず「いえいえ、とんでもないですよ~」とつぶやいていたりします(笑)
心遣いのできる優しい方なんだろうな~と思います。

また、細かい字でぴっちり書かれている方は、それだけ熱意が伝わってきて、ピシッと背中が伸びる気持ちです。

一方、とても親しみを持ってくださってる方もいて、大抵は面談カウンセリングでもお会いしてる方なんですが、にんまりしながら呼んでます。
次の面談のネタになることもあります。

そんな風に皆さんの気持ちや人柄を感じながら、ワークショップを振り返るにはとても良い機会になります。
そして、次はもっと良い内容にしたい!と決意を新たにするんです。

とはいえ、無理なお気遣いは不要ですので、思ったことをできるだけ素直に書いてくださるとありがたいです。
そこで気を使いすぎたらしんどいですしね。
皆さんの素直なご意見がとても大切なものですから・・・。

というわけで、QA集近日公開予定ですので、お楽しみに。
もちろん、ワークショップに参加されていない方にも、分かりやすいように纏めてるつもりですので、読んで下さると少しは役に立つこともあるんじゃないかなーと思っています。

それでは明日も早いのでもう寝ます~

お休みぃ~~~


(1/17)名古屋にて(2)

もう10年経つんですね・・・。
僕は住んでたマンションにひびが入った程度で、直接被災したわけではないのですが、友人が亡くなったり、神戸に住んでいる友人宅が悲惨なことになったり、色んな記憶が蘇ります。
先ほどNHKで特集をしていましたが、10年経っても解決されない問題がたくさんあるようで、残した傷の大きさを感じます。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

15日(土)の名古屋ワークショップに来て下さいました皆さんありがとうございました。
雨の中、たくさんお越し下さいまして。
難しいテーマを扱いましたので、その後の様子も気になるところですが、何か一つでも気付きがあれば嬉しいです。

なお、ワークショップが始まる前、再び、名駅地下街で半分迷子になってました(笑)
7番出口はどこだ?と探しあぐねて、同じところをぐるぐる回ってました。
「大名古屋ビルヂング」の入り口を何度見たことか・・・。

大阪でも東京でも地下街で迷子になったことないのになあ・・・。

ま、とりあえず近くの出口から地上に出たらいいじゃん・・・というツッコミは、根性で7番出口を見つけた僕に失礼なのでやめておくように(笑)

それに、時間的に本当にやばかったら、迷わず地上に出るか、駅員さんに聞く人だから。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

そもそも何でそんなことになったのかというと、ホテルのベルスタッフが壊れた旅行カバンを直してくれる工房を探し出してくれたんですよ。
で、それが地下鉄鶴舞線の荒畑という駅近くにあるので、出かけていたんです。

その駅は都心からさほど離れていないのに閑静な住宅街って感じの静かなところで、その工房も年老いた夫婦が経営してるとても味のあるお店でした。
「熟練の職人がいいカバン作ってます」という雰囲気ありありで。

すぐには直らないので、大阪まで送っていただくことになったんですが、無事、復活することになって本当にありがたいです。
半分諦めかけていたので、とてもホッとしています。

また、あちこちに問合せして調べてくれたベルスタッフの皆さんには本当に感謝です。
このグランコート名古屋にはもう1年半近くお世話になっているんですけど、スタッフの皆さんは本当にいい方ばかりで随分と助けられています。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

そんな名古屋の最後の夜は、例によって、長旅の疲れを解消すべく美味しいものを食べて過ごそうと、今回は3階にある日本料理店に出かけました。

格式溢れる入り口の図。
unkai1.jpg

店内の様子。
unkai2.jpg

どう?
こんなお店にカジュアルないつもの服装で、一人で入れる自分(の恥知らずさ)を褒めてあげたい。

いやー、正直緊張しました~
一人でこういう店に入るの初めてなんで・・・。
やはり心許なくて寂しい。

必死にリッツカールトン大阪でよく見かける、
・上品な物腰で食事をしている紳士
・そのオーラで給仕さんを呼んでしまう気品溢れるおば様
をイメージしながら頑張ってみたんですけど、そもそも姿勢も服装も気品も何もかも無理無理。

このお店は会食やお見合い、接待、打ち合わせなどで利用されるところのようで、店内は緊張感が溢れていました。
だって、奥のテーブルで食事されてたお客さんはずーっとひそひそ声だもの。

でも、料理もお酒もとても美味しかったです。
天ぷらが食べたかったので、その会席を頂いたんですが、きちんと手をかけられた料理は美味で、ぬるめにリクエストした燗酒もちょうど良い温度で、さすが・・・と唸ることしきりでした。

手酌で日本酒を煽りながら、さっとコブ締めの刺身や程よく揚げられた天ぷらを口に運ぶ・・・。
なんか、それだけで酔ってしまいますね・・・。

美味しいものを食べるととてもとても幸せになります・・・。

でも、寂しく一人でだったから、お酒のペースも早く、かなり酔ってしまいましたが・・・。

ただ、なんで、そんなお高い料理を食べれるのかというと、ホテルのメンバーズポイントが溜まりまして、お食事券を頂いたんです。
出張で何泊もしてるから、ポイントも溜まりやすく、実費は2000円ちょっとくらいで済みました。

「そんなんだったら、私に奢ってよ」
という名古屋のお客様の皆さん、すいません(^^)

天ぷら、とても、美味しかったですっ!!


(1/14)名古屋にて

名古屋への移動中、都内から既に富士山が超きれい。
仕事先や自宅できれいな冨士山を見られた方も少なくないのでは?

僕が生まれ育ったところでは、これほど富士山が大きく見えることも無かったし、今住んでる大阪ではテレビや写真以外で富士山を眺めることは不可能なので、なおさら感動。
東京の方は冬の晴れた日にはこんなキレイな景色を見られるんですね・・・。

なんかねー、これだけ長いこと富士山見てたの初めてかも・・・ってぼーっと眺めてました。
何度か写真に収めようと頑張ったんですけど、いかんせん僕の写メではキレイに映らない。

都内や横浜辺りから見ると、名前は分からないんですけど、富士山の手前に雪を頂いた山々が見えるんですよね。
それが横浜を過ぎてしばらくすると、その手前の山々と富士山が横並びに見えてきて、小田原くらいでは、すっかり別々の景色になります。

新幹線の移動スピードと距離の凄さを実感しました。
こんな短時間で、こんなに移動しちゃうんだ・・・と。

#さあ、2行目だけ、富士山の字が「冨士」になってるのに気付いた方、どれくらいいらっしゃるかな???(笑)

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

毎回、東京から名古屋への移動日は、出張中休日のない自分へのご褒美として、ちょっとした贅沢を楽しみます。

いつもはホテルの高くて美味しいお寿司を食べてたんですけど、今回は、名駅でリフレクソロジーを堪能してきました。
最長の90分コースです(^^)

お気に入りのサロン(チェーン店)に行こうと、わざわざ会員証から東京の本部に電話して、場所を問い合わせる念の入れ様。
えらいなあ・・・。

ここで、「東京にいるときに調べとけばよかったのに・・・」とか「どうせ、いつもの思いつきじゃないの?」とか言わないんだよ、大人は・・・(笑)

そして、電話口で「名古屋駅のサンロード店をご案内しますね」と言われ、サンロードって何だ?どこだ?どう行くんだ?と駅員さんやみやげ物屋さんの店員さんなどに聞いて回る俺。

「もっとちゃんと話を聞いておけよ」とか「もう一度電話すりゃ、いいじゃない?」とか、言わないんだよ、大人は・・・(笑)

思いのほか、新幹線出口から遠い遠い。
ゴロゴロとキャリーバックを転がしながら名駅地下街を彷徨ってました。

サンロードに着いたはいいけど、そのどこにあるのか聞きそびれたし・・・。
意地で探し出しましたけどね。

だいたい名駅の地下街はかつて若かりし日々に、あまりに広すぎて迷子になりかけたことがあり、ちょっとしたトラウマになっているのです・・・。

で、施術してくださったセラピストの方が、
「胃腸がだいぶお疲れですね。それから、目もお疲れのようですし、神経系や脳なども疲れがだいぶ溜まっていらっしゃるようです。出張で神経をだいぶ使われていらっしゃるんでしょうか?ゆっくりお休みになって下さいね」
と・・・。
丁寧な口調で言われると、響くんですよね・・・これがまた。

いやー、今回の出張は今までで一番健康的で、元気だと思ってたのになあー(笑)

ま、言い訳をすればですねー。

昨日、東京出張最終日記念として飲みに行き、飲み足りなくて日本酒を飲んで、夜中までいろいろしゃべくり倒していまして、かつ、風呂に入らずシャワーのみで済ませ、寝不足で新幹線で2時間移動した直後なので、血流が足裏に溜まってるんです・・・(笑)

ま、大人しく養生というか、ゆっくり休みます・・・。
それにマッサージしてもらって、体も楽になったり、気分もほっこりしました。
やはり、じっくり長く受けるのは僕の性に合ってます。

体が資本ですもんね。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

持ち主がそんな状態だから、キャリーバッグの取っ手が元に戻らなくなりまして・・・。
(移動するときに引き出して、ごろごろ転がせるようになるアレです)

修理屋さんをホテルの方に探していただいたのですが市内では見つからず、ビル管理会社のおじさんに見てもらっても直りそうもなく、どうやらこのままでは買い替えになりそうです。
ニュージーランドで購入し、長年愛用していただけに残念です・・・。
大阪に戻ってあちこち当ってみようと思いますが・・・。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

来週の電話カウンセリングのご予約ありがとうございました。
今回は直前にアナウンスしなかったにも関わらず、たくさんご予約頂きまして感激しています。

またお話できるのを楽しみにしています。

#来週分はいっぱいです。毎週木曜日に翌週分のご予約を頂いてます。


(1/13)脱皮する

今週の心理学講座をメールマガジン、ホームページそれぞれで配信、更新作業を終え、メールチェックするとお客さまからメールが・・・。

「根本さん、今日、飲みに行ってたでしょう?だってホームページの更新がまだだから~」

どきっ・・・

彼女はいつも更新直後にチェックを入れてくれているそうで、今夜はだいぶ遅かったですからね・・・。
すいません。

いつもはだいたいは深夜12:00頃に更新し、12:10にメールマガジンを配信するようにセットしているんですが、遊びに行ってた日やネタが思いつかずに苦悩している日などは、更新時間が少し遅くなります。

寝る前に心理学講座をチェックしてくださってる方も多いんだなあ・・・
楽しみにしてくださってる方も多いんだろうなあ・・・
などと、パソコンの前で一人ごちてしまいました。

まだかな・・・とチェックしてくださった皆さん、お待たせしました。
ちょっと本格的な講座を書いてみましたので、楽しんで頂けると幸いです。

え?で、飲みに行ってたかって?

いやいや、そりゃあ、内緒ってことで・・・(笑)
(手元の特別純米酒、その名も「山田錦」をぐいっと煽りつつ)。

ちょっとおしゃべりに興じてしまいまして、飲み足りなかったんで・・・。
はい。すいません。
今日も、飲みに行ってました・・・。

*~~*~~*~~*~~*

明日は名古屋に移動。
東京では大人しくしていたのは最初の2日間だけで、後は打ち上げやら友人や仲間と飲んだり、しゃべったりしながら楽しく過ごしました。
カウンセリングでも、色々な方とお会いでき、色んなお話が出来て、充実感がいっぱいです。

ありがとうございました。

次に東京に伺うときは、もう春なんですね・・・。

ああ、一年って早いや・・・。

*~~*~~*~~*~~*

脱皮について。

よくお話していますが、カウンセリングにはその流れが存在します。
今回の東京でのカウンセリングでは、それぞれご相談内容は異なりますが、いくつかの流れが見えました。

・受け取ること
・大きな変革の時=脱皮

というお話をたくさんさせて頂いたような気がします。
受け取ること、というのは、東京に来る前、昨年末からしばらく続いているテーマで、女性性に関する流れのようですね。
積極的に自分から近づくだけでなく、来たものを受け取る、受け入れることが必要な時期もあります。
これは「変化を受け取る」というタイトルで1/11にお話させていただきました。

もう一つ、脱皮する、大きな変革の時、という話を今日はさせていただこうと・・・。
これはお話をお伺いしていても、わくわくどきどきする、大きなシフトチェンジ、流れが大きく変わるときが来ている、という話です。

今まで付けていた「いい人」の仮面がはがれて、本当に自分らしさを発揮できるような感じ、
硬直していた関係が動き出す暗示、
自分の中に潜んでいた才能が開花していく変化、
魅力が一気に噴出して来そうな予感。

これからが本当に楽しみになります。
特に頑張らなくても、そういう流れが来ているときは、ちょっとした勇気で物事が変わっていくものです。
ほんと氷の上をすべるように変わっていく場合だってあるんです。

今日の心理学講座のテーマともかぶりますが、私達は周りの目を意識して「自分」を作り上げている場合が少なくありません。

僕もやはり昔はそうでした。
その時は窮屈なような、あるいは、レールが敷かれているような、安心だけどもわくわく感のない生活を送っていた時代もありました。

でも、僕にとってはこの仕事へ向かい始めてから、その流れは徐々に非常にクリエイティブなものへと変わり始めました。
それから一年が長いような、短いような、非常に濃い時間を過ごせるようになったんです。
それは「自分らしさ」というのを意識し、表現できるような環境を創り始めたからだと思います。

例えば、こんな方もいらっしゃいます。
とても女性らしいんだけど、育ってきた、あるいは、今の環境を気にして、女性らしさを隠してしまっています。
そうすると、自分の本来ある魅力が封じ込められたままですので、まず、恋愛がうまく行きません。
仕事はそこそこうまく行っていて、彼氏もそれなりにいたりしても、全然充実感や満足感が無いんですね。

そうすると、だんだん燃え尽き症候群のように無気力感が心を支配し始めます。

そんなときにカウンセリングなどでお会いする方も少なくないのですが、色々な関係性や自分自身の持つパターンを見ていくと、変えていくべきポイントが見えてくるようになります。

それは出来事や行動というよりも、感情的なものです。
ちょっと痛い場合もありますが、でも、乗り越えられないものでもありません。

例えば「怒り」。
無気力感の裏側には怒りが隠れていることも多いのですが、そのポイントとなる関係性を見ていくと、ものすごい怒りが出てくることがあります。
お母さんに対してすごい怒りが噴出したり、ご主人に対して言えない怒りが出てきたり。
もちろん今までもその怒りはあったんですが、自分がそれを許せない、受け入れられないために、封じ込められてきたものだったんですね。

で、セラピーなどでその怒りを受け入れ、許し、解放していくと、景色が一変したりします。
明るくなったり、色鮮やかに景色が見えたり、あるいは、食べ物の味がきちんと分かったり。
つまり、今までつけていた鎧を外し、仮面を脱いだような感じなんですね。

すなわち、脱皮するような感じ。

カウンセリングの時にはお飲み物をお出しするんですが、ある方はそんなセラピーをした後にふと「あ、このお茶、美味しいですね~」とおっしゃいました。

あんた、さっきもそれ飲んでたがな・・・(笑)

でも、それくらい感覚が変わってしまうこともあります。

もちろん、僕から見たら表情すら変わっています。今回の出張中に、
「手鏡で今、自分の顔見て下さい」
ってお伝えした方もいます。

声が変わってる場合もあります。
ちょっと深みのある声質になってたり。

もちろん、その変化がずーっと続けば言うことないんですが、なかなかそうは問屋も卸してくれません。
でも、そうした経験があると、何かの折に必ず自分を支える土台として役立ってくれるようです。
現実的な変化はこれから徐々に起きてくると思いますが、まずは、そんな感覚的な変化から、自信を持ち、自分らしい生き方を踏み出せたら嬉しいです。

そんな風に仮面を脱ぐ、脱皮するような経験は私達の感覚を一気に変えてくれるくらいのパワーを持つものです。
それは受け入れたくないものを受け入れ、許したくないものを許すような大きなチャレンジを必要とする場合もありますが、決して無駄にはならないものです。

この流れが来ている時って、今回お会いした方だけでなく、皆さん全員に当てはまるような場合もあろうかと思うんです。
もちろん、僕自身にもね。
(こういうのをグループマインドといいます)

そんな変化を楽しみに、また、ワクワクしながら待てたら素晴らしい!と思ってます。


(1/12)東京にて(2)

カウンセリングルームのある泉岳寺から品川って近いんですね・・・
歩いたら10分少々で着いてしまいました・・・
距離にして1.2km(ネットで調べてみました)。
サラブレッドならば、1分10秒で走りすぎてしまう距離です・・・。

第一京浜を一直線なので、見た目遠く感じます。
1年半もここを利用していながら、なんだかもっと遠く、20分以上かかるような気がしてました。

昨日も今日も歩いてみたんですが、これって健康な証拠なんですよね~
疲れていたり、体の調子が悪かったら、なかなか歩こうとは思いませんから。

そんな東京生活もあと一日。
早いなあ・・・もう終わりかあ・・・などと思います。

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

根が単純なのか、それとも順応性が高いのか、元来ジプシー性なのか、『住めば都』という言葉が僕にはとてもしっくりきます。

東京に来れば「東京はいいなあ・・・」と思い、
名古屋に移動すれば「名古屋はいいなあ・・・」と思い、
福岡に行けば「福岡はいいなあ・・・」と感じ、
大阪に戻れば「やっぱりここがホームタウンやなあ・・・」と思うんです。

全部、好き。

きっと他の地域に行っても、同じように思うんでしょう。
旅行先でも「ここにまた来たいなあ・・・通いたいなあ・・・」とよく感じますから。

東京にいても、青山や代官山にショッピングに出かけるわけでもなく、
名古屋にいても、栄や錦で遊ぶわけでもなく、
福岡では天神の真ん中に生息してますが、あちこちぶらつくわけでもありません。
むしろ、大阪にいる時の方が、京都とか、神戸とか、観光してるかも。

その一番の理由は出張先では一人で行動するからなんですけどね。
きっと家族で移動してたら(これはほんとのジプシーですな・・・)、あちこち遊びに出かけてると思います。
行きたいところは山ほどありますから・・・。

でも、どこに居ても、なんだかんだ「俺の居場所」にしてしまうようです。
そういえば、前よく行っていた東京のホテルのバーで、
「お客さんって初めての時から常連みたいな雰囲気出してましたよね」
と言われたことがありました。

物怖じしない・・・わけではなく、けっこう怖がりで恥ずかしがり屋なんですが、それを隠して強がってるのか、どこでも堂々としてるように見られます。
そのせいか、すぐにお店の人と話が弾んで、顔を覚えてもらえることも多いです。
こちらも一人の時は寂しいから意識してバーテンさんに話しかけるんです。

これはありがたい反面、一人でぼーっとしたい時には行き場がなくなります(笑)
「お久しぶりですね。元気されてました?」ってニコニコ話しかけられると、ついつい、あわせてしまいます。
そこで「今日はボーっとしてたいから、放っておいてもらえる?」とはまだ言えないなあ・・・。

でも、海外はダメ。
言葉ができないから。
好きだけど、そこまで堂々としてられません。
外国人相手に、大阪弁でまくし立てる根性はありませんし・・・(笑)
海外では専ら奥さん頼みです・・・。
(ま、新婚旅行以来、海外旅行はしてないんですけど・・・)