(4/13)私の常識vs彼の常識

時間に余裕があったので、12日はよく行く五反田のマッサージに出かけ、いつもより長い時間、しっかり揉み解していただきました。
そのマッサージ屋さんは僕にとても合っているようで、いつもとても効果が感じられるんです。
(五反田のマッサージ・・・というと、色んな意味で取れそうですね(^^))
お陰で、終わった直後から、体中がぽかぽか、血行ばりばりで、その後一日中、その気分は続き、とても元気で開放的な気分で夕方からのカウンセリングに望めました(^^)

そして、その気分のまま、一度行ってみたかった白金台の都ホテルでランチを。
ラウンジから眺める庭(?)が、まるで京都の庭のようで、さすが「都」ホテルだなあ・・・と思いました。
僕や妻は京都がとても好きで、ちょっとお出かけするとなるとかなりの確率で京都に行くんです。
久しく京都にでかけていないので、変な懐かしさすら感じました。

ちょっと贅沢なランチでしたが、マッサージでほぐされた心にさらなる息吹を吹き込んでくれたようです。
とってもご機嫌で泉岳寺に戻ってきました。

*---*---*---*---*

パートナーシップに関するご相談が今も圧倒的に多いのですが、最近よくお話させていただくのが、タイトルにも書いた「私の常識vs彼の常識」なんですね。
これは自分にとっては当たり前のことだけど、彼にとっては非常識なことがたくさんあるんですよ・・・というお話です。

自分にとって当たり前なので、相手がそれに反抗する理由が分からなかったり、相手を否定するようになったり、逆に相手に受け入れてもらえずに、理不尽な思いや「私のこと、好きじゃないんだわ」と誤解してしまったり、意外な盲点になりやすいポイントなんです。

例えば、もしあなたが育った家庭がとてもアメリカンな家族で朝はトースト&コーヒーを食べて育ったとしましょう。
朝起きればお母さんがトーストを焼いていて、何の疑問もなく、それを食べて育ちます。
一方、あなたの彼は和風な家庭で朝食は白いご飯に納豆が出てくるもの、と思って育ってきたとしましょう。

そんな二人が結婚して初めての朝。
あなたが朝、ルンルン気分でトーストを焼いて食卓に並べると、旦那がとても怪訝そうな顔をしてます。
「おい、ご飯と納豆はどうした?」なんて言い出すわけです。
それを聞いたあなたもまたとても不思議そうな顔をします。
「ご飯?朝はトーストでしょ?ご飯は昼や夜に食べるものでしょ?」

そして、ケンカが勃発します。
「お前はおかしい」「いや、あんたこそ変だわ」と。

実際はこんな夫婦はいないかもしれませんが、案外僕達が引き起こすケンカの多くは、こんな「常識の違い」が作り出してきているものも少なく無いんです。
お互いに正しいも何も「それが常識でしょ?」と思っているわけですから、相手のことを「非常識」としか感じられなくなるんです。

でも、まさかそんな「常識」が違ってるとは夢にも思いませんから、後で一人反省会を開きながら、「私が昨日冷たい態度を取ったから、それを怒ってるんだわ」とか「昨日は初夜だからって張り切りすぎて、彼女を傷つけたのかもしれない」などと、全然違う理由を考えてしまったりします。

それで、お互いに「ごめんなさい」なんて謝ったりするものの、本質的な問題は解決しないわけですから、また翌朝、ケンカが勃発します。
そうすると「この結婚は間違ってた・・・」なんて気分になってしまったりもします。

カウンセリングを通じてお話を伺っていると、そんな「自分の常識が相手の非常識」なんて場面によく出会ったりします。
パートナーシップのご相談に限らず、案外問題を引き起こすのは自分にとっては「常識」と思っている、「当たり前でしょ?」と思っているところにあるものです。

以前、心理学講座でも似たお話をさせてもらったこともあるのですが、相手と自分の違いを受け入れることはとても大切なことなんです。
だって、もしパートナーがアメリカ人だったとしたら、朝はトーストを食べるもの、という常識は受け入れやすいものだと思うんですよね。
最初から「違いがいっぱいある」ということを意識していますものね。

相手を外国人と思え、というほどではないにせよ、案外それに似た意識を持っておくと、しなくてもいいケンカも増えるのかもしれません。

因みにうちの奥さんは僕のことを「宇宙人」のように思ってた時代があるそうです(笑)


(4/12)目に見えない疲れ

カウンセリングを終えて、お風呂に入るのですが、今日のお湯はとても熱くて実家を思い出しました。
大阪の自宅ではだいたい40℃程度なんですけど、43,4℃はあったかなーという熱さ。
ま、東京の銭湯は熱いって言うしね。
真似てみました・・・(⌒-⌒)
それで調子こいて長風呂しようと思ったから、すっかり湯ダコ状態になってしまい、風呂上がりはしばらくパンツ一丁で過ごしてしまいました・・・。
ま、そんな格好しても許されるのは今のうちだけだしね。
何年かしたら「パパ、そんな格好で家の中うろちょろしないで!」と心臓直撃弾を打ち込まれるはずですから・・・(笑)

*---*---*---*---*

運動したり、仕事を頑張ったり、ちょっと緊張する場に出たり、色々疲れる場面ってありますよね。
その疲れも認識できる場合は「少し休もう」なんて思えるので、まだマシなのですが、僕たちの生活の中には目に見えない疲れ、慢性的な疲労感というのが知らないうちにひたひたと心を圧迫している場合があります。

それは知らず知らずのうちに溜まってしまうものもあり、また、自分の性格や考え方が原因になってしまう場合も少なくないものです。
体だって、意識はしないもののあまり良くない姿勢を取り続けると腰痛や肩こりに悩まされるようになりますよね。
心も同じで、心にとってあまり良くないパターンを取り続けると、心が本当に疲れてしまうんです。

例えば、「私さえ我慢すれば・・・」という姿勢も、その場その場は良くても、その我慢が知らないうちに心の大きな負担になっていきます。
もちろん、自分でそれがまずいことなんだ・・・と分かっていれば、何とか修正しようと思うのかもしれませんが、家庭環境とか夫婦の状態などで、そうせざるを得なかった場合、まるで癖になってしまうように無意識的に感情を抑圧してしまい、その負担が疲労として蓄積されていきます。

そうすると体に異変を起こすようになったり、「離婚の危機」などの問題として浮上してきたりするんです。
姿勢の悪さが偏頭痛を引き起こして、日常生活がままならなくなるようにね。

ところが、慢性的なパターンだったりすると、何が問題なのかに気付けなくなってしまうんですよね。
むしろ、本質とは違う判断をしてしまうことだってあるんです。
相手に気を使いすぎて疲れてしまっていることが実質的な問題なのに、「私の努力が足りないからだ。もっと頑張らなければ」と思ってしまうんです。

ところが、疲れているわけですから、頑張ることなんてもうできなくなって、むしろ、無気力な状態が続きます。
そうすると、またそこで自分を責め始めます。
「こんなこともできない私はダメなんだ・・・」と。

そして、またもっと厳しく自分を扱うようになり、感情の抑圧にもどんどん拍車がかかっていきます。

そうすれば、本質的な問題に目を向けられず、ただ、空回りばかりが続くようになってしまうので、結果的にその問題は解決しないまま、ずーっと苦しみが続くようになってしまいます。

もし、あなたがなかなか動かせない問題があるとすれば、知らず知らずのうちに溜め込んでしまった疲れが影響しているのかもしれません。
しかも、自分ではなかなか気付けない思考パターンが原因で。

そういうときは・・・あなたの近くにいる人に相談してみましょう。
自分が思うよりもはるかに身近な人の方があなたのことを知っています。
なかなか自分のことは分からないものですから、勇気を持って聞いてみましょう。
特に自立的な方はこの「相談する」というのがすごく苦手ですよね。
だから、だから、勇気を持って・・・です。

もちろん、そこでカウンセリングを使ってみるのもお勧めです。
「え?そうだったんですね。ぜんぜん気付きませんでした。納得です」なんて気持ちになれるかもしれません(^^)

そして、疲れていることが判明したら、あなたが取る手段は一つだけ。
万難を排してでも「休みを取る」ということ。
その休みも、家でぼーっとしていては問題を考えるばっかりで何の休みにもならないので、できるだけ家や会社などの生活圏を抜け出すことが大切です。
温泉やシティホテル、海外などの旅行に出かけたり、やってみたかったけどなかなかできなかったことにチャレンジしてみたり。

疲れが取れると、本当に生き返ったように目の前の問題に取り組めるようです。
集中力が違いますよ。


(4/11)休日の風景

2ヶ月ぶりに東京へやってきました。
カウンセリングルームの雰囲気が色々変わっていてびっくり。
とてもお洒落な感じがして、居心地が良いんです。
大阪のカウンセリングルームもこれに見習って模様替えしたくなりました。

ところで、10日は土曜日だったのですが、いつも東京に来るのは平日だったので、何度も「そっかー、今日は世間は休日だったのね・・・」を感じさせられました。
・新大阪までの道がとても空いていた
・新大阪駅に団体旅行客と思われる集団がたくさんいた
・いつもよりも車内が空いていたし、スーツ姿のサラリーマンをほとんど見かけなかった
・多摩川を渡るとき、ゴルフ練習場や広場にたくさんの人がいた
・品川駅前はとても混雑していた
・いつもは「出張ですか?」と聞かれるのに「旅行ですか?」とタクシーの運転手さんに聞かれた
・よく顔を出していたクリスタルショップが閉まってた(閉店したのかと焦った・・・)
・マッサージに出かけたら、満員だったり、お休みしていたりしてた(涙)
・マッサージだけでなく、あちこちのお店がお休みしていたため、買い物に出かけても空振りが続いた・・・(涙)

平日と休日(土曜日)というのは、こんなに違うんですね・・・。
よって、曜日感覚が合わないと・・・空回りしてしまいます・・・。

あまりに悔しいので反骨心を出して、今まで歩いたことの無い道を探索してみました。
しばらく歩くと汗ばむ陽気だったのですが、ひょんなところにお洒落な洋館が立っていたり、古い味のある民家や、三重塔を構えた立派なお寺にであったり、入って見たいカフェを見つけたり、それなりの収穫がありました。

知らない街を歩くというのは、色んなものに出会えて気持ちも新たになりますね・・・。
しばらく天気も持ちそうなので、オフタイムには運動も兼ねて散歩してみようと思いました。
いい季節ですしねー。

*---*---*---*---*

また、11日は友人夫婦がお子さん(1歳半くらい)を連れて遊びに来てくれました。
旦那は仕事で大阪に出張したときにちょくちょく顔を見ていたのですが、奥さんに会うのは数年ぶり。
バカ親ぶりをしっかりと拝見しつつ、「でも、俺も確実にこうなるんだろうなあ・・・」と深く実感。
今でも「みずきたーん、パパでちゅよー」ってホッペ吸ってますから・・・。
その時は深澤も一緒にいたので、しばし子どもの成長話になりました。
僕は親デビューしたてですから、先輩の話は興味津々です。

しかし、子どもというのはほんとかわいいですね・・・(^^)
数年前まではとても苦手な存在だったのに、人間、変わるもんです。。。


(4/10)出張直前に

*まずは業務連絡*
東京の面談カウンセリングにキャンセルが2枠出ました。
どちらも4/12(月)分です。
この機会にお話してみたい!聴いて欲しい!という方、ご予約お待ちしてます・・・。

*---*---*---*---*

久々の出張(といっても2ヶ月振り)を前にして、はて、何をどう準備していいのか、少々考えあぐねてしまいました。
今回は東京~名古屋の9泊10日の旅になるので、これってまるで「旅芸人」な気分ですね。

よって、持参する洋服類をどうしようか非常に悩みました。

10日分の服を持っていくと、とても大きなスーツケースが要ります。
でも、そんな大きなサイズのものは無いので、今回はどこかの「コインランドリー」を利用することに決定しました。
でも、どこにコインランドリーがあるのかはまったくの不明なんです。
高輪近辺にはありそうもないです。。。
でもまあ、「ホテルの人に聞けば何とかなるだろう」と楽観的に構えて出発することにしました。
それよりも忘れ物をしないかどうかの方が、余程、心配です・・・。

2ヶ月ぶりに出張に出かけるともなると、泉岳寺(東京)や金山(名古屋)の付近の景色が懐かしく思われてきました。
毎月のように行っていましたから、2ヶ月ぶりというだけなのに、ずいぶんとご無沙汰しているような気すらします。
そんな気持ちの一方で、ついこの間歩いたかのように、付近の景色やショップがありありと思い出されて、その角を曲がればお気に入りのカフェにいけそうな、そんな感覚すら残っているんですよね。

その両方の思いがミックスされると、とても摩訶不思議な感じがします。
まるで、デジャヴのように・・・。

春の東京~名古屋の雰囲気も楽しめたらな・・・と思って旅立とうと思います(^^)


(4/9)セルフ・カウンセリングをしてみる

朗らかな陽気だったので、休憩時間はぼーっと空を見ながら過ごしてました。
それだけで幸せになるような、そんな気持ち良さがあって、大きく伸びをしたり、深呼吸をしたり。

でも、そんな日にも悲劇はやってくるようで、この一ヶ月、僕が夢中になっていたゲームのデータが、突然すっかり消えてしまって、めちゃくちゃショックで落ち込んでしまいました・・・。
まあ、それだけのこと・・・と思うんですけど、けっこうダメージ食らってるんですよ・・・。
せっかく順調に来てたのに・・・。
くそーっ!!!

ただ、妻とか、たぶんショコラも、ゲームばっかりやってる僕をあまりよろしく思っていない様子で、奴らの呪いなんじゃないだろうか?とちょっと真剣に考えてしまいました・・・(笑)
だってね、理加の思いの強さってすごいんですもの。
「私が強く望んだことってほとんど実現するの」って自分でも言うとおり、羨ましいくらいに色んなことを実現してしまいますもの。

かくいう僕もそんな理加の「裕幸は絶対、大丈夫と思うの!」という言葉を信じて今までやってきているところもあるんです。
そういう意味ではすごく精神的な支えになってくれているんですよね。
不安定な職業ですけれど、その中でもどこか安心して仕事に取り組める一番大きな根拠かもしれません。
これぞ、内助の功かな・・・。

カウンセリングの中でもお話するんですけど、「根拠の無い自信」ほど強いものはないですよね。
理加の思いの強さもそんなところを感じさせるところがあって、一緒にいる者としては、大きな安心感を与えてもらっています。

*---*---*---*---*

因みに、データが消えてしまった根本君を僕がカウンセリングするとしたら・・・。

カウンセラー:「ゲームばかりやってることで、知らず知らずのうちにたくさん罪悪感を溜め込んでしまったんじゃないでしょうか?」

根本君:「ああ、確かにそれはあります・・・。いけない、いけないって思ってましたから・・・。仕事にも差し支えますし、どこかで辞めなきゃ・・・て思っていました」

カウンセラー:「そうすると、その罪悪感が、そのデータを無意識に消させたのかもしれませんよね。データが無くなったとき、ショックだけじゃなくて、何かホッとしたような、そんな前向きな気持ちも少しはありませんでしたか?」

根本君:「うっ・・・痛いところ付きますね・・・。確かに、これですべきことにきちんと向き合えるだろう・・・とか、仕事や家事の効率ももっと上げられるだろう・・・とか思いました・・・」

カウンセラー:「じゃあ、ある意味では、データが無くなったことで助かったところもあるんですよね?」

根本君:「はい、確かにあるかもしれません・・・。でも、ショックはショックで・・・。」

カウンセラー:「ええ、それはすごく落ち込む出来事だと思いますよ。ゲームをしてることで、息抜きができたり、楽しみができたわけですものね」

根本君:「はい。そうです。僕って何か面白いことを見つけるとすぐに夢中になってしまうところもあって、ちょっとやり過ぎるところがあるんです。仕事にしても、何にしても・・・」

カウンセラー:「なるほど・・・。そしたら、その『何でも夢中になってやり過ぎてしまう』ってパターンがあるんじゃないでしょうか?それを見つめていくいい時期かもしれませんね・・・」

根本君:「うっ・・・。昔からそういうところもあって、妻や周りの友人にも心配かけることがあったんです・・・。でも、ゲームのデータから凄く大きな話になってしまいましたよね・・・」

カウンセラー:「それを『パターン』って言うんです。でも、向き合って乗り越えようと思えば、必ずできますよ。たぶん、あなたにとって、夢中になれるということはとてもいいことなんですが、その一方で、何が本当に大切なのかを見失ってしまうことも少なくないのかもしれませんよね。それをまずは見つめていってみて下さい。大切なものを本当に大切にできるようにね。」

根本君:「はい・・・わかりました・・・ありがとうございました」

このカウンセラー、ちょっと痛いところを付いてくる奴ですよね・・・。
少しだけ、お客さまの気持ちが分かったような気がしました・・・(笑)

妻の呪いってことにしときたかったのに・・・やっぱり僕の問題か・・・(苦笑)