previous arrow
next arrow
Slider

Youtubeチャンネル#46「感謝の手紙を書いてみよう」

隆盛くんとさつDと作ってるYoutubeチャンネル「独立してライフワークを生きる道」。

今回のテーマは私のブログでもよく出てくる「感謝の手紙を書いてみよう」です。昨日の大阪1DAYでもそんなお話になりました。

ついにチャンネル登録数が500人を越えましたー!ありがとうございますー!!Youtuberからすれば全然少ないですけれど、全然ありがたいし、嬉しいし、ほんと「ありがとうございます!」です。

「感謝の手紙を書くことをなぜ根本はそんなにもお勧めするのか?」ということについて解説しています。

愛とつながることが習慣化されたり、孤独感が癒されたり、一人じゃない!って確信が持てたり、自己肯定感があがったり、ほんといろんな効果があるんです。

 

 

いよいよ、今週末は「ココロノマルシェ カウンセリング体験会」です!!カウンセリング枠、だいぶ少なくなってきてます!

いよいよ、今週末、9/14(土)にお弟子さん制度初のイベント「ココロノマルシェ カウンセリング体験会」が東京・神楽坂で賑々しく開催されます。
ついに入場申込が70名に達し、事前予約も47枠埋まりました!(全部で80枠くらいあんのかな?)、当日はなかなかカオスな状況が予想されます

行ってみようかな~♪と思っていらっしゃる方で、どうせならお話を聴いてもらいたいなあ・・・と考えていらっしゃる方は事前予約が確実&安全です。

1週間を切りまして、一部のカウンセラーがメニューを一部変更しています。

伊藤梓→30分枠を連続して取っていただいて60分にしていただいてもOK!(6,000円)

黒江香→30分5,000円/45分7,500円/60分10,000円と3段階のメニューをご用意!

子育て心理カウンセラー麻里→45分5,000円と従来より時間延長!

竹内えつこ→30分4,500円/50分6,000円の2段階のメニューをご用意!

戸田朱美→40分3,800円と従来より時間延長!

maico→45分4,000円/90分8,000円の激安2コースをご用意!

などなど、「じっくりワシの話を聴いてもらいてぇ」という方のニーズにお応えする設定になっております。

「おいおい、ちょっと安くしすぎじゃねーか?長すぎねーか?」と正直、師匠は心配しているのですが(笑)、「あっしら武士なんで、それくらいのことはさせていただきやす」という彼女たちの気合に押される形で、こんなメニューになりました。

時間が増える→その分、枠数が減る、ということでございますので、ご希望のカウンセラーやメニューがありましたら早いとこ予約した方がお得でっせ。

ご予約や詳細はこちらのブログにてご案内しておりますっ!!

続きを読む

母親との心理的距離がパートナーとの親密感を決めてしまう???

昨日の大阪1DAYセミナーで「母との癒着とパートナーシップの関係について」というテーマが出てきたので、今日のネタにしてみようと思いました。

私たちは幼少期に母親との心理的距離が「人間関係の土台」となり、その後の人生の人付き合いがある程度決まっていく傾向にあります。

続きを読む

9/9配信のオンラインスクールは『私は人を見下してる?~対等に人と接するということについて~』。

月4回、毎週月曜日にお届けしております、オンラインスクール『根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則』。
毎月主に品川区戸越のカフェにて撮影させて頂いております。

最近は毎回4~5名の方に観覧していただいているのでちょっとしたセミナー感もお届けできているのではないかな?と思っているところです。

続きを読む

愛される恋に満たされると、愛する恋がしたくなる。

ひとり寂しいときは「愛してくれる人」が欲しくて、求められることに喜びを感じます。
しかし、本来自立した大人の男女は「愛される」ことよりも「愛する」ことにより大きな喜びを感じるもの。
そうすると、「愛される」ことに満たされると、もっと愛したくなる人が欲しくなるものなのです。

根本先生、はじめまして。
いつも楽しくブログと本を読ませてもらってます。

ご教示のおかげもあり、男性とお付き合いをしたことないまま30歳を過ぎたところで、同時期に2人の男性からアプローチを受けるという事件に見舞われています。
(ありがとうございます…!!)

1人は20歳以上年上の既婚ロックマン。
お互いの気持ちを確かめた後は、やや依存的に愛し甘えてきます。

もう1人はよく遊びに出かけていた独身男性。
とまどう私に好きだから返事は待つと言ってくれています。

このように男性から想いを寄せられるという状況は思ってもみなかったので、とても驚き嬉しく思っています。
また、不倫とはいえ長らく慕い尊敬していた相手に体を開けたことに、深い喜びを感じています。

状況的に罪悪感を持ちやすいシチュエーションなので、気がつくたびに「いい女だもんなあ私」と思ったり、この状況にただ感謝したりしています。
(もちろん、不倫に関しては共犯であるという自覚もありますし、そうやって正当化しないといけないような関係は、私を本当に幸せにするのかしら?とも思っていますが…)

で、で、で、
ここからが本題なのですが、恋の喜びを再び感じるにはどうすればいいのでしょうか?

そんな2人に愛されながらも、実は最近恋にテンションが上がらないのです。

会って出かけても、関係を持っても。
なんとなく楽しいけど、相手に対して「好き。嬉しい。愛しい。」みたいな気持ちになりません。
むしろ自分を与えたり明け渡す感覚がしたり、相手の好意を利用して私の寂しさを埋めているのか?などと考えたりしています。

なのでこんな調子で会っても悪いなあと、会うのも億劫な気分です。
この前まで幸せだったのになあ。

マンネリなのか、情熱の女あるいは自武女の宿命か、親密感の恐れか、無意識の罪悪感に疲れたのか、単に仕事に疲れているのか。。

不倫だ二者択一だというのは一旦置いときまして、どうすればまた恋の喜びを感じることができるのか、ヒントを教えていただけると幸いです。

これからもブログや書籍を楽しみにしております。
(ぜひセミナーにも参加して、お会いできる機会も楽しみにしていますね!)

暑くなりますが、どうぞご自愛くださいませ!
(Yさん)

続きを読む

(感想と質問)魔性の女が幸せな結婚をするためのアドバイスをいただけませんでしょうか?

あざーっす!!!

根本先生!!24日のグループセッション本当にありがとうございました!魔性の女・Yです。笑

グループセッションでしたので、まさかあんなにも話を聞いてくださり、またたくさんのアドバイスをお話をいただけるとは思ってもいませんでしたので、美味しい抹茶スイーツとともに大大満足で帰宅いたしましたー!本当にありがとうございました!

そして今日のこのメルマガでもフォローアドバイスまで送ってくださり、先生の優しさに涙が出ましたー😭 本当に感謝です!

そして帰宅後、人生初、「魔性の女」についてググってみました。笑

もうビックリというか呆れるというか、絶望というか、「みんな好き勝手に人のどうにも変えられない性質を魔性の女呼ばわりしやがってーーーーー」ととりあえず叫びましたが、はい、つまるところことごとく自分は魔性の女の特徴というものに当てはまっておりました。

うちの母も妹も恐らく弟も、父方のおばあちゃんも、母の妹も皆魔性の女の特徴を血肉に秘沈し自然な性格の一部として持っておりますので、恐らく一族の血筋のようなものかと思います。

ただ私が一族の中でも突出していたため、母も小さい頃から私を心配していたのだなと初めて色々合点がいきました。
続きを読む

自分軸で生きるとは、すべて自分が望んで決めたことだ、という見方をすること。

これってけっこう核心をつい話大事なと思うんだ。(と、自分のツイートを貼り付けてみた)

次に書く本は、これが主要な命題になると思う。


とても心理学的な見方でこのお話を解説していきたいと思います。

「潜在意識(無意識)はすべてを知っている」という見方があります。

私のセミナーで、例えばリトリートセミナーや1DAYセミナーなどの深い心の部分を扱うときに、こんな話をすることもあります。

「ずーっと昔から、今日、この場で、こういう形で出会うことを私たちは約束していました。

自分ではそう自覚していなかったけれど、今日この場でここに集まったみんなと出会うことを自分で選択していました。

むしろ、ここにいる人たちはあなた自身が出会うことを望み、あなたが指定した人たちです。

もちろん、私もあなたに指名されました。自覚はしてないですけどね。

そして、お互いに望まれたから、今日、ここで出会うことができたのです。」

また、パートナーシップでのレクチャーではこんな話をすることもあります。

「振ったり、振られたり、というのは実はもうお互いの潜在意識では了解されたことなんです。

どっちが振る役で、どっちが振られる役で、どういうシチュエーションで別れ話をして、何が原因なのか、もお互いに了解して起きるんです。

もちろん、そんなこと、全然意識できないですけどね。」

ちなみにこの辺の話をより詳しく知りたい方はこちらのDVDなどをどうぞ!(あからさまな宣伝す!)

『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』

『史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~』

出会いと別れ、だけでなく、自分自身に起きることも(それが病気や事故や死であっても)、私たちの潜在意識がそれを望んだから起きています。

そうなることを自らが決めているんです。
続きを読む