根本が考える夢の叶え方~なぜ、いつも好きなことをしなさい!と言うのか?~


最近、ライフワークについて興味が沸いて、今後、セミナーをしたり、記事を書いたりってことが増えそうです。
それで今、私が思う「夢の叶え方」についてお話しておきたいと思います。

昨日は大阪で昼間っから大人の心理学講座なるものを開催しておりました。
狭いお部屋に親密感たっぷりで集まっていただいて、あれやこれやとお話をしていました。
頂いた質問に

「旦那さんとまた仲良くなりたいんですけど、今、やりたい趣味もあって、そっちに行くと家庭から目が離れてしまうような気がして、どっちがいいんでしょう?」

というものがありました。(かなり端折ってお話しています)

講座に参加された方も、質問された本人も、おそらく熱心な読者らしく、

「そういう質問をされると僕はどっちでもいいよって言っちゃうのよね~」

って返すと、ああ~やっぱり~?って皆さん笑ってました。

最近、私が特に興味をもって取り組んでいるのは「ライフワーク」でして、それはすなわち「やりたいことを実現する」とか「望む状態を現実化する」ということでして、すなわち、現世利益なんですな。

どうしたらやりたいことだけをやって生きていけるか?とか、好きなことだけをやってていいのか?とか、どうしたら自分が一番ワクワクできる生き方ができるんだろう?というのをセミナーとかで提供したいなあ、と思ってるんです。お楽しみに!
続きを読む

増刷中!「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

9/14に発売となりました!そして、翌日には重版(増刷)が決定!という私史上最速のできごとが起きています。ありがとうございます!

amazonでご購入> 敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法(根本裕幸著)

Read more

武闘派女子がどうしても苦手です~アラサー男子の切なる訴え~


勇気あるリクエストを有難うございます!笑
男女の違い、その成長プロセス、そして、どうしたら「猛獣使い」になれるのかについてお話させていただいております。

はじめまして、いつも武闘派女子の生態を恐る恐る拝見させて頂いてます、アラサー男子です。
自分は根本先生に相談するタイプの人種ではないかもしれませんし、武闘派女子の攻撃がとても恐ろしいのですが、この際言ってしまいます。

武闘派女子がどうしても苦手です。

パートナーとは思いやりあいたい、労わりあいたいと言う気持ちがあるんですが、
武闘派女子よりも強く、しゃしゃり出る事もなく、都合の良い男でいなければならないのなら、
好かれたくもないし、結婚もしたくない、と最近思うようになってきました。
そして最近そういう気持ちの男は多いと思うんです。職場にも多いです。

最近、もの凄いスピードで増殖中の武闘派女子ですが、彼女らがどこに向かっているのかが、全くわかりません。そんなに毎日に刺激が欲しいというのも、あまり理解出来ません。

平和を望む草食男子は時代遅れなんでしょうか。
僕は平和が大好きです!!笑

今までお付き合いした方は大人しめのタイプが多く、平和な関係が多かったのですが、アラサーになり最近出会う方は武闘派女子が凄く多いのですが、とてもじゃないけど、恋愛や結婚が想像つきません。色仕掛けも全部どギツい罠のようににしか見えません笑。
てか、とにかくギスギスしててマジ無理っす!!

根本先生、そんな草食男子が武闘派女子と付き合って幸せになれますでしょうか。
またどのように付き合っていったら良いんでしょうか。
最近はしおらしい女子を探す方が難しく、腹をくくらなアカンのかなと、覚悟しております。

しょうもない質問かもしれませんが、宜しくお願い申し上げます。
(Hさん)

続きを読む

「自立を手放す」と「依存→自立を目指す」は矛盾していませんか?


私たちの心の成長プロセスは「依存→自立→相互依存」という段階を踏みます。
だから、依存の人には自立しろ、と言い、自立の人には相互依存を目指せ、と言うのです。

ところで、質問なのですが、今日の課題「自立を手放す。」は、
いつも先生がおっしゃっている、「依存→自立を目指す。」
と矛盾しているような気がします。

同じ自立でも意味合いが違うのでしょうか?
教えていただけると、嬉しいです。
(Yさん)

こういう心理学的な質問を頂くとついつい取り上げてしまう私です。
以前からブログをお読みの方にとっては復習になるかもしれませんね。
ベテランの皆さん、このYさんのご質問にさらっと答えられますか?(笑)

なお、Yさんがおっしゃる今日の課題というのは
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/20986
こちらの記事を指してのことかと思います。

白旗を作れ~!そして振りまくれ~!!とう奴ですね。

続きを読む

「ないもの」に注目して自分を責める習慣を手放して、「ないもの」を許せる自分になる方法

私たちは他人軸で生きていると「ないもの」を見つけて否定して、頑張って何とか「あるもの」にしようとするのですが、それはなかなか苦しい生きです。
「ないもの」は許し、受け入れ、「あるもの」を認める人生はいかがでしょうか。

Read more

どうして夫婦なのに競争してしまうのか?そして、どうしたら競争を手放せるのか?


常に勝ち負けの意識で育ってきた分だけ、夫婦関係にもその競争原理を持ち込んでしまいます。
競争はお互いを疲弊させ、燃え尽きを招く方法。できるだけ早く手放したいものですね。

今度の東京での心理学講座でのテーマにかぶってしまいますが、今日のネタは「自立(競争)を手放す」というお話。
>東京:9/20(水)19:00-21:00 心理学講座「比較と競争の罠を手放して、自由な自分になる方法」(飯田橋)

自立、中でも足の引っ張り合いや正しさの争い、そして、相手を否定したり、コントロールしたり、嫉妬したりという現象が起こる「競争」というのは、私たちの心を疲弊させ、燃え尽きさせるものです。

例えば、職場内で「同じ仕事しているのにあいつの方が評価されてるなんて許せない。この会社おかしい。もしかしたら、あいつ、裏で何かやったんじゃないか?」なんて思うことも競争です。

それから「旦那がイチイチ私の言うことに反発してくるんですよ。理屈責めにしてきたり、あからさまに嫌な態度を採ったり。上から目線であれこれ文句言って来たりして、ほんと感じ悪いんです。」という旦那様の態度にもこの競争が隠れています。
(ちなみに上記のセリフは私の奥さまに読ませてはいけない一文ですので、皆様宜しくお願いいたします。)

また、「この間、いい雰囲気の人に出会ったんです。とてもいい感じにデートもできて、次に会う約束までしたんです。でも、私の職業を知った途端、音信不通です。」とお嘆きの女子がいましたが、ここでもその彼の競争心が疼いています。
続きを読む

あなたは誰に押し付けられた着ぐるみを着ているの?~自分軸と自己肯定感~


期待に応える人生を送っていると、それは周りの人があなたに求めた「着ぐるみ」を着て生きてることになるのかも。
それって重たいし、苦しいし、暑いよね。
裸になってほんとうの自分の価値を見ませんか?というエロい話を今日はするのです。

「期待される」のが嬉しいって感じてた時期がありますよね。
「褒められる」のが嬉しい時期もありますよね。ああ、それは今もそうか。

でも、期待されたり、褒められたりすることで、自分を見失ってしまうこともある、というお話。

***

Aちゃんはほんといい子だよね。
とても優しくて、弟思いで、いつも面倒見てて、ほんといい子。
お手伝いもいっぱいしてくれてママ助かっちゃうなあ。
頭もいいからきっと将来はいい学校に入るんだよね。
お医者さんになったりするのかな?
ママ楽しみだなあ。

それにAちゃんは友達もたくさんいて、ママ羨ましいくらい。
学校も楽しいでしょ?
優しくていい先生でよかったね。ママのあの先生好きよ。

Aちゃんはお母さんのことちゃんと言うこと聞いてくれてえらいよね。
それに引き換えお姉ちゃんときたら、ほんと自分勝手でわがままで困っちゃう。
Aちゃんはそんなママを困らせるようなことはしないのに、お姉ちゃんはほんと言うこと聞かなくてママを振り回してばっかり。
Aちゃんがいてくれてよかったわ。
Aちゃんは私の味方だもんね。

そういえば、パパ、また明日から出張なんですって。
ふだんから忙しくしてるのに、これでまた居なくなっちゃってほんとうちは母子家庭だわ。
Aちゃんがいっぱいお手伝いしてくれるから助かってるけど、ほんと家のことが大変。
パパがもう少し家のことを見てくれたり、子どもたちと遊んでくれたらいいのいな。
ね?Aちゃんもそう思うでしょう?

ほんとAちゃんはいい子ね。ママはそんなAちゃんが大好きよ。

***
続きを読む