(11/5,6リトリートセミナー)各地↔出雲行き航空券。まだまだ安値&余裕あり。

izumo_logo
リトリートセミナーに興味をお持ちの皆様、気になる飛行機の状況ですが、本日はこんな感じ。(JALのサイトより
もうチケット買いました???

リトリートセミナーの案内ページはこちら!

ちなみに「サンライズ出雲」や新幹線、特急「やくも」などの電車、または、バスなどは1か月前からの発売です。もう少しですね。

続きを読む


福岡:10/15(土)。自己肯定感を上げる/自分を許す/自信を持つ。全部ひっくるめた1DAYワークショップ。

8/27東京、9/17大阪は大盛況でした。ありがとうございました!!!写真と感想をアップしてます(^^)


引き続き、10/15福岡で開催!
テキストを2,3度見直して最終的にこれだけの項目になりました。1日ワークですが、1日でできるかなあ・・・合宿バージョンだな(笑)
実習は全部で38個!!タイムマネジメント、超大変!(笑)
「これってやったことあるかも?」と思うテーマのものもあるかもですが、どれもバージョンアップさせてます。
1.グラウンディング~地に足を着けるところから~(2)
2.心が喜ぶ=自分を許す=自己肯定感が上がる=自信を持つ。(3)
3.投影を使った魅力発見法(2)
4.あなたの子ども時代のワクワクから魅力、才能を引き出す。(2)
5.あなたが人生にお金と時間をかけたもの。(3)
6.問題の影に才能あり。問題が教えてくれるあなたの魅力と才能。(4)
7.感謝の魔法~受け取ること、与えること~を実感する。(6)
8. 自己承認の実習~そのままの自分でいい!と思えるための考え方をインストールする~(5)
9.魅力や価値を与えて、受け取る(2)
10.自己肯定感を高めるアファメーション集(3)
11.ヴィジョン・クエスト~本当のあなたに出会う、受け入れる、覚悟する~(2)
12.自分らしく生きることを決める~私らしい生き方をするためのミッション・ステートメントを作成する~(1)
13.あなたの足跡を残す。(3)


8/27、東京で開催しました様子をちょっとご紹介。
朝、皆様を迎えるために配布資料を準備。意外とたくさんあるんですよね。
DSC_0820
続きを読む


【残1席!】10/13(木)福岡にてお茶会セミナーをします。ざっくばらんにあれこれしゃべる会を。

「気軽にお茶でもしながらざっくばらんにしゃべれるような会がしたいねん。なんかいい店知らん?」って友人たちに聞いてみたところ、出るわ出るわってさすが福岡ですね。
プランもあれやこれやあるみたいだし、皆さん、あれこれ調べてくれるし。
ホスピタリティが高すぎます。

そんなご縁でお店を選ばせてもらいました。

西中須の名店。「イル・ソーニョ (IL.SOGNO) 」
img_logo

むしろ、夜行きたいわ~ってお店。
でも、ここランチとディナーはやってるけどティータイムはないよ!?と思った方。

正解。

なんか特別にランチとディナーの間の時間にサービスしてくださるんだそうです!!!
ええ~?こんな高級店がそんなことしてくれるの?え?どんなコネ使ったの???と思いました。
続きを読む


自立系武闘派女子のための戦の終わり方。

引くのは武士の恥と思い、惨めになるため、どうしてもいつもボロボロになるまで戦い続ける、引き際が分からない武闘派女子。
得るものを得たら、さっさと逃げるのも大事な戦法。その心を語りましょう。

***
いつも、特に野良猫とロックマンでうんうん唸っては鳥肌立ててます。
私は前彼が野良猫で、今回ロックマンなもので、過去を振り返りながら今回の勉強にもなっています。
ありがとうございます。

質問です!

別れようと思うのですが、これでいいのかな?と思っています。
いつも根本さんは暖かく続けていくご提案をくださいますが、やめる時の腹のくくり方も教えて欲しいんです。

私の例をお話ししますと

無邪気で始め、女神で落とし、小料理屋の女将で続けてきたので、また女神と女将を使い分ければいけない気もしないのですが、2度目の別れを提案されています。

私ももう30半ばなもので…と言っても、こないだまでは何としても結婚したくて、そーゆー話もこちらからしたんですが、それを機にあちらは上っ面の態度になり電話にも出ず別れをほのめかし出しました。

いろんな成長もありましたが、もう打つ手がないような感覚もあり、なにせもう本当に疲れたなと思ったとき、別れようかなと思いました。

彼は元から乗り気ではなく、私だけが踏ん張ってきていて、相手も別れをほのめかしているので別れるのは簡単だと思います。

それなのになぜ迷うのかというと、私は自分の無価値観の強さと内心とても浮気を疑う気持ちを、乗り越えられずにいます。

こういう気持ちは本当に好きな人のときに出てくるので、この機会に乗り越えられないままでいいのかな、今回もこの気持ちに負けるのかなと思って悩んでいます。

でももう、乗り越えるどころか、踏ん張る力すらほぼないです。
愛することはできなくもないけど、なんだかたくさんえぐれた傷があります。

彼との関係では、たくさんの成長がありました。
最近自分の内面で気づいたことがあります。

私はシャイで、ウブで、小心者でした。

前々から言われてはいたんですが、自覚しました。
社交的なのは、そんな自分を隠すためでした。
なんていうかもう、守ってもらえないといられない。

他力本願や依存ということもないのですが、ずっと繊細に扱ってほしかったことがわかったんです。
とても無理をして、今の人と付き合ってきました。

私が風邪をひいたとLINEしても、彼は自分の仕事のしんどさを話してくるので、なんか今後も大事にされないなーと。

これらは今日のブログを読んで、私の段階が変わって、意地でも愛し抜くだったのが、別れも発想に出たのかなと思います。

つらつら書いてしまいましたが!
よかったら、ネタに使ってやってください。
(Kさん)
***
続きを読む


【満席】10/7(金)北浜・ルポンドシエルにてランチセミナー。

東京、名古屋、仙台とやって、おいおい、地元は放置なん?、という声も聞こえた大阪。
「いつでもできる」が「いつまでもやらない」になりつつあるのを怖れ、また、「選択肢が多すぎて絞れない」という葛藤を乗り越え、ようやく決定しました。
結果、常連様の「ここがええんちゃう?」という一言で、北浜のルポンドシエルさんに決定。
LE-PONT-DE-CIEL003

個室をご用意していただきましたので、ゆっくり(というか遠慮なく)おしゃべりに熱中できますね~

以前、開催したランチセミナーで頂いた感想をいくつかご紹介します。
完璧ネタバレしてますが(笑)雰囲気を想像しながらお楽しみください。
続きを読む


息子の幼稚園で森林浴をして癒される。

出張から帰るとどっと疲れが出て体が重たいことが多い。
多忙なのと、飲みすぎなのと、寝不足と、原因は多数。
こういうのはちゃんとメンテナンスしてあげたい。

と言うことで今日は妻と息子の幼稚園に行ってきた。

DS

幼稚園??
え??
続きを読む


依存を恐れる自立系に必要なのは依存を悪者にしないこと。

怖れは引き寄せの法則を発動します。
だから、依存を恐れると依存するものを引き寄せやすくなります。
依存を悪者にするのではなく、依存を認め許し愛することができればもっと自然になります。
だって人間だもの。

***
毎日メルマガ楽しみにしております。
どんな相談も華麗に回答する根本さん、本当にすごいなと日々感心しております。
もし良ければネタに使っていただき華麗に斬っていただけると、すごく喜びます。(笑)

紛れもなく、自立系武闘派女子の1人です。
自分に恋愛なんてムリだろうと思って生きてきて、ようやく出会った相手は既婚者でした。
私にとって初めての恋愛、世界がまるで違って見えました。不倫でしたが、とても楽しかったのです。
結果的にその彼と結婚したのですが、3年もたずに離婚となりました。(その間、激務による私の鬱発症等、色々ありました)
恋愛~結婚して1年ほどは、お互いにどっぷりべったりでした。
ただ、彼の仕事が多忙になるにつれ、私の依存が激化していきました。
それはそれは、彼を追い詰めるものだったと思います。彼は疲れきり、白旗を揚げました。修復は不可能でした。
こうなってしまったのは自分のせいだと猛省しました。
私にとって初めての失恋=離婚。あんなに愛していた彼が離れてしまったことは、本当にショックでした。

離婚した後、心理学のセミナーや講座に通っています。
自分で自分を認めること、愛すること。私はこういう状態になって、初めてそのことを深く理解できました。だから、その点は離婚にとても感謝しています。
ただ、離婚まで追い込んでしまった自分の依存が恐ろしくて、なかなか自立を手放せません。色んなものと闘い続けてしまいます。

結局人は私から離れていってしまうんじゃないか・・・その頭が昔から強いです。将来を誓ってくれた人すら離れてしまった実績も作ってしまいました。
今でも助けてがほしい時もあります。でも「助けて」って言えません。私の「助けて」は重いような気がして。
そんなことを考え始めると、「もうこの先一人でもいいか」という、諦めの気持ちで自分を納得させようとしてしまいます。
だけど、それでは寂しいんです、やっぱり。
もちろんこの先、パートナーシップが欲しいという気持ちもあります。ただ恋愛の場面ではより自分の依存が暴走してしまいそうで、怖いです。

地味に息苦しい毎日を送っております。ネタにつかっていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。
(Aさん)
***
続きを読む