(1/20)夢?野望?

僕の大きな夢のひとつに『お気に入りのホテルに長期滞在して仕事もする!』というのがあるんです。
『年に数回、海外リゾートで数週間滞在する!』というのもいいけど、日常の中でそうした場を作りたいんですよね。
「そろそろまた出かけようかな~」と気軽に使える近場が良いのです。
たとえばココ
とてもわがまま&贅沢な夢ですけどね。

このホテルの魅力は語りつくせないものがありまして、出産前の最後のチャレンジということで昨日から妻と出かけてきました。
(それで昨晩の更新が無かったわけです)

何度行っても、やっぱりとてもすばらしいです!本当に。
ラウンジに居座って美味しい軽食を取りながらぼぉーっとしたり、妻とおしゃべりしたり、フィットネスに出かけてみたり、とてもたくさんあるルームサービスメニューを見ながら興奮したり。
思い切りリフレッシュして、いいオーラをたくさん吸って、エネルギーも高められました。
仕事やセラピーのアイデアも自然とふつふつと沸いてきて、明日からの名古屋出張にも弾みをつけられそうです。

超高級ホテルと呼ばれるリッツカールトンですけど、内装や料理の味はもちろん、スタッフの応対や姿勢が「超高級」なんだと思うんです。
僕自身がそういう部分、とても苦手で未開発なジャンルなので、コンシェルジュやベルキャプテンの方の一挙一動に自然と頭が下がります。
お客さまを大事にしてる、というのが名目ではなく形になって見えるのがすばらしいです。
これと実現させるのはほんまに難しいことです。

以前宿泊したときに、床を汚してしまい、お詫びをして帰宅すると、数日後にご丁寧な文面で「カーペットはすぐに取り替えさせていただきました。お気になさいませんように」なるメッセージを自宅まで送ってくれたこともありました。

アメリカでの有名なエピソードとしては、深夜到着したビジネスマンが「何か食べるものはないか?」とたずねると、応対したホテルマンが「あいにくレストランやルームサービスはすべて終了させていただいております。・・・・。ただ、私でよろしければサンドイッチをお作りしてお部屋まで持ってまいりますが・・・」と答えたそうです。
(それで、24時間のルームサービスを開始したとかしないとか・・・)

そんな雰囲気に囲まれるとやはり居座りたくなるものです。
そんな野望へのステップとして、次は子連れで伺いたいものです。

↓ラウンジにて雑誌を見入る妻(妊娠8ヶ月)
rika20040119.jpg


(1/19)コンプレックス

冬らしい天気が続きますね。
朝方雪が待っていた(らしい)り、夜になって冷たい雨が降り出したり、昼間はすごくからっとしたいい天気だったり。

久々にコラムを書きました。
お正月、実家に帰っていたときにふと感じたことです。
楽しみしてくださった方、お待たせしました。

18日は前日の続きで、人(異性、パートナー)との距離(壁)に関するお話、コミュニケーションに関するテーマをよく扱いました。
なかなか自分の気持ちを表現することって難しいですよね。
人に近づくのも、怖かったり、恥ずかしかったり、嫌われないように気を使ってしまったり。
自分自身にある程度の自信がなかったとしたら、近づいていきにくいものかもしれません。
でも、自分以上にで自分を嫌悪している人ってあまりいないものです。
特にコンプレックスとして感じていることについてはさらに繊細に繊細になってしまいますね。

以前、こんな話がありました。
うちの奥さんは「男の人は巨乳じゃないと好きになってくれないんだ・・・」と自分の胸を気にしてたんですね。
ところが僕はむしろ小さいほうが好みだったりして、それを言うんですけどなかなか信じてくれませんでした。
僕の周りでも巨乳好きと公言しながら、そうじゃない彼女にベタぼれしている奴がたくさんいます。
「大きさよりも形とかが大事やんなー」という会話を交わすこともあります。
そんな話を何度も何度もして、ようやく妻は納得してくれました。

なかなか自分やパートナーのコンプレックスを乗り越えるのは一筋縄ではいきませんね・・・。


(1/18)熟睡

夕食を食べて、ちょっと妻に甘えて横になろうとベッドに入ったら、そのまま朝まで寝てしまいました・・・。
おかげで目覚めはとてもすっきり!!
10時間も寝たのはほんま久しぶりで、睡眠の大切さを身をもって実感してる最中です。

17日は震災から丸9年。
当時僕は大阪に住んでいたので、マンションにひびが入ったり、本棚の上のものが落ちたり、その程度だったんですけど、ガンときて、ゆらゆらゆらとベッドの上で感じてたのは今でもはっきり覚えています。
僕も高校時代の友人を亡くしましたし、最近でも神戸の方とお話すると、9年前の震災が元で人生や考え方が変わってしまった方によくお会いします。
過去のことと済まされないものがまだまだたくさんあることを実感します。

そんな17日のカウンセリングは心の中に溜め込んでる気持ちを外に出していくようなセッションが多かったように思います。
辛い思いや寂しさ、頼りたい気持ち、助けたい思いなどを僕達は遠慮や罪悪感、自信の無さなどで隠してしまいます。
そこを解放してあげると皆さんの顔がちょっと幼い無垢な少年・少女の表情に変わっていくのが素敵ですね。


(1/17)のろけ

オット好き好き病というのがあるらしいんです。(有名だけど最近夫婦そろってはまってるサイト
ツマ好き好き病というのもあるんですよ(自己申告)。

ここ数日、お弁当を作ってもらってるんです(⌒ー⌒)
・・・などと惚気られるのは幸せです。
そんな幸せを実感しているときは、カウンセリングでも「どうしたら幸せになれるんだろう?」という見方がバシバシできます。
インスピレーションがたくさんやってきます。
広い目でお客さまのプロセスを見つめることができます。
・・・その結果、色んなケースが思い出されてきて随分とおしゃべりになってしまうこともあるんですけどね。

体や心の調子が良くないとなかなかこの仕事は厳しいな、と実感します。
今週は当たり前のことによく気づく時みたいですね。

16日のカウンセリングでは、両親との関係がクローズアップされてきました。
特に“大人になる”プロセスを多く扱ったように思います。
心理学講座の影響でもないでしょうけれど。

自立して大人になろうというとき、お母さんやお父さんの影響から、なかなか自分の希望や夢に向かって踏み出せなくなることがあります。
束縛が厳しかったり、人間として尊敬できなかったり、過干渉だったり、親も大人になりきれていなかったり。
そうすると自分の中に満たされない感情がたくさんあるように感じられたりもします。
まだまだ甘えたり無い、もっともっと愛して欲しい、あれもこれもして欲しい、など。

それに自立することが感覚的に次のような感情を引き起こすようなことも実は少なく無いんです。
「お父さんが死んでしまうような感じ」
「両親を見捨ててしまうような感じ」
「お母さんを寂しくさせてしまうような感じ」
どれも普段はあまり意識してないのに、心の中を見ていくとそんな感情が渦巻いていることがよくありますね。

繊細な感情も含まれるので、慎重に慎重にゆっくりゆっくりその癒着をはがしていきます。
少しずつそんな心の重みが取れていきますように、願いながら。
飄々とセラピーをしてるようで、心の中ではけっこうどきどきしてるものなんです。
そして、最後にニコッと笑顔がこぼれたとき、安心してちょっと眠りに入ったとき、僕はふーっと大きな息をつくことができます。
幸せがたくさん受け取れますように・・・。


(1/16)学び

15日のカウンセリングでは色んな学びがありました。
カウンセリングを通じて、僕自身も自分を見つめ、学ばせて頂いているんだよな・・・ということを改めて実感させていただいた日です。
価値を見て、ヴィジョンや夢を見ていくこと、
認め、受け入れていくこと、
一生懸命に僕自身ができることを与えさせていただくこと、
そして、謙虚に受け取ること。
その大切なことをふとした瞬間に忘れてしまうんですよね。

ついつい自分のペースに巻き込もうとしてしまったり、
自分の考えや見方を押し付けようとしてしまったり、
知らないうちに僕の心の中でそんな反応が出てしまうようです。
反省しつつ、気づいたときにできるだけ修正していくことの大切さも学びました。
(その修正がある程度できるようになったことは僕の成長なのかな、とも)

そういう時の僕は余裕が無くなってるんですよね。
今日は「自分の好きなことを楽しむことが大切ですよー」って何人ものお客さまに言ってました。
・・・・・・・・。
そう、僕がその言葉を必要としてるのかも、、、と後から気づいたんです。
お客さまとは同じラインに立っていて、今学ぶテーマも同じなのかもしれません。

16日はどんなテーマになるのでしょうか、今からちょっとわくわくしてしまいます(^^)