男が羨ましいと思う気持ちの裏側にあるものは?~人は無意識に自分の本質と向き合うことを避けやすい~



男が羨ましいと思うことは全然いいのですが、そう思うことによって自分自身の本質的な問題から目を逸らそうとしてしまう心理も存在します。
もしその傾向があるならば、一度心の蓋を開けて自分と向き合うのも一興です。

生まれてこのかた一度も恋愛が上手くいったことがなく、解決策を夜な夜な泣きながら探し続けた結果、根本先生のブログに先日辿り着き、ようやく自分が自立系武闘派女子であるということに気づいたことで、人生に一筋の明かりが差した27歳女性です。
(もっと早くに根本先生のブログに出会いたかったです…)

野良猫男子を追いかけたり、自分の女性性を受け入れられずにいたりと悩ましい日々を送っていましたが、根本先生のブログのおかげでほとんどの悩みが解決に向かい、晴れやかな日々を送っていました。

が、まだ1点だけどうしても解決できない悩みがあります。
それは「男性がとにかく羨ましい」という点です。
私は自立系武闘派女子なので、仕事やお給料に充実しており、会社は男性が大多数の中で、同世代の中でもトップレベルの成績をあげています。
仕事は楽しく、日々は充実しているのですが、会社の同僚(男)たちは、皆パートナー+遊び相手に恵まれているのに
私は一切モテもせず、いまだに独身です。

同じ会社の男性たちは、私と同じように働き同じ給料なのに私と比べ圧倒的にモテ、恋愛にも遊びにも困っていません。
思うに、これは男性はお金や地位があるとモテるが女性は基本的に見た目で評価されるからだと思っています。

そんな時、仕事を頑張っている自分が虚しくなります。
むしろ仕事のせいでモテずに、恋愛の機会も減っているのじゃないかと。
職場の男性は皆既婚または相手がいて、私が唯一の女性であり独身です。とても辛いです。

どうすれば、この男性への羨ましさを克服できるでしょうか?
男性だったら私もモテたのに、と毎日毎日思ってしまいます。。
(Hさん)

「男が羨ましい」とか「あたしが男だったらよかったのに」という話は武闘派女子を相手に寿命を削りながらカウンセリングをしている私にとっては日常茶飯事でございまして、「だよねー。そう思うよねー。でも、ある日突然生えてくるわけじゃないしねえ」と言って脛を思い切り蹴り飛ばされております。
先っぽがとがってるヒールとか、ほんと危険。

さて、「あたしが男だったらモテたのに!!」という声もきっと賛同者がうじゃうじゃいると思います。「そうそう、ほんまそう!」と絶叫している声がそこかしこから聞こえてこないでしょうか。

でも、忘れちゃいけないもっと最悪なのは「男なのにモテない」という現実でして、Hさんの周りの男子ってほんとに“全員が”もれなくモテてるんでしょうか?

これは我々の心の動きでよくあることなのですが、「恋人ができない→あたしが女だからだ→男だったらモテるのに→周りの男たちはみんなモテてるし」という一つの理論を導き出すと、それが正しいことを証明するように動き始めます。

そうすると「周りの男が全員モテてるわけじゃない」という事実を目にすると自分の理論が根底から覆ってしまうので、それはマズいんです。

そうすると当然の如く視界には「モテてる男」しか入らなくなります。

例えば、「休日のショッピングセンターはカップルか家族連れしかおらん!」と憤慨している女子を私も多数知っているわけですが、実際は「友達同士」「独り者」もショッピングセンターを闊歩されております。

しかし、自分がそう思い込んでいると不思議とカップルと家族連れにしか目が行かず、「休日に一人で買い物に来てるのはあたし一人だわ!孤独だわ!寂しいわ!根本さんのセミナーに行くしかないか!」という思いに至るのです。

★東京/オンライン:6/27(日)14:00-17:00 つながりと自己充足で寂しさと孤独感を癒す3時間ワークショップ(1週間アーカイブ視聴可)

なのでぜひとも次の休日はショッピングセンターに行っていただいて、間髪入れずにセミナーの申し込みをしていただきたいと思う次第です。

「私たちは見たいように現実を見て、聞きたいように声を聞く」というので、「男ばっかりモテて悔しい!羨ましい!」という思いもその一つに過ぎないものです。

ただ、本質的な見方をすれば「男だからモテる」というのは、うちのブログをこっそり読んでくれているいたいけな男子たちは「ええー!そんなことないわよ!あたしなんて全然モテないわよ!」と心の中でひそかに思っているはずです。

ということで、Hさんはもうお気づきかもしれないけれど恋人ができなかったり、遊び相手に不足したりするのは男だから、女だからではないんだろうと思います。

ただ、ここがまた人の心の動きの不思議なところで、そこで私たちは「本質的な問題」に目を向けることを無意識に避ける傾向があります。

例えば、仕事上のプロジェクトの進捗が思ったように進んでいなかったとき、「あいつが足を引っ張ってるからだ」と誰かのせいにしたいものです。

ところが、内心「プロジェクトはチームプレイであり、誰かが遅れれば別の誰かがサポートをして全体の進捗をあげていくべきなんだ」という思いを持っていると、“あいつ”のせいにするのは罪悪感が伴います。

そして、「本当ならば自分があいつをサポートしてあげるべきだけれど、それはちょっとしたくない」という本音も出てきます。

けれど、その本音と向き合うと「そんなこと言ってないでサポートしてやればいいだろ?」という声が聞こえてきちゃうので、それを聞きたくない自分は「あいつが足を引っ張ってるからだ」という答えに固執するようになります。

そして「プロジェクトはチーム制だけど、ちゃんと個人の責任は果たすべきだから、あいつが自分で何とかすべきだ」という理論を作るんです。

これが「自己防衛」という奴ですね。

そして、その理論を盾に自分を正当化して“あいつ”のせいにして、「ほんとならば自分がサポートしてあげたらいいんだけど」という罪悪感を感じないように持って行くんです。

で、こういうことが自分の内面でも起きていて、「男だったらモテるのに、あたしは女だ。男だったらよかったのに」という理論を作り上げて、それを正当化することによって本質的な問題から目を逸らそうとするんです。

もしモテない理由が「女だから」ではなく、別の理由、しかも、自分の内面的な理由だとしたら嫌なんです。

「自分が悪いんじゃなくて性別の問題なんだよ」という風にしておきたい自分がどこかにいるわけです。

ということで私はHさんに「女であること以外に恋がうまく行かない理由って何だと思う?」という問いかけをするでしょう。

でも、やっぱり何かしら見たくない心があるとするならば、そこで出てくる理由もほんとうのところではないかもしれませんけれど。

また、それとは別にもう一つジェンダーの問題というのもあって、幸い今の職場は男女差別なく給料が支払われるようでほんと良かったと思いますが、現代の日本でも同じくらい仕事ができても男女で給料差が生まれる差別が平然と行われているところも多いですね。

「女は男の3倍努力してようやく対等に認められる」
「女というだけで職場では認められず、自分より仕事ができない男がどんどん出世している」

という話はまだ昔話になっていないようです。

今「自分ばっかり損してる」という本を書いているのですが、そこで読者さまからこんなメッセージを頂きました。

===
そもそも「女は損」が、基本に生きていました。
父は、仕事から帰ると何もしない。母は、仕事も家事も近所付き合いも…朝から晩まで寝る間を惜しんで休みなく、働いてて、なんかかわいそうなイメージでした。
兄は、唯一の男で、跡取りというだけで、祖父母からの愛情をわかりやすく受けているのを見て、ため息ついてました。
高校生くらいになると、一般職は、給料に男女差があることを知り、怒りを覚え、大学卒業後は、給料に男女差のない公務員になるわけです。(Aさん)
===

おお、分かる分かる!という方も多いと思います。

Aさんの中に元々「男は得で女は損」みたいな思いやそういう扱いをされてきた過去はなかったでしょうか?

男への対抗心があるとすると、その辺の事情も絡んでいるように思います。

親が男尊女卑だった、学校の先生が男の子を優遇した、就活で女は不利だと思い知った、等々。

そうすると恋愛に限らずあらゆる面で「男が羨ましい」という気持ちを持つようになるでしょう。

この辺はほんと立場が違えば感じ方も違って人それぞれで面白いですが、今の自分を肯定できている人ほど「女で良かった」「男で良かった」と思いますが、今の自分を否定的に見ている人はそこを逆に捉えていることが多いです。

だから、Hさんの話も何かしらの自己嫌悪・自己否定が裏にあることが想像されるわけです。

「仕事はバリバリできて自信もあるのに、恋になると・・・あああ、もぉおお!ムカつく!!!!」という自立系武闘派女子がとても多いんですけど、Hさんの中に「女としての自分に全然自信がない!」という思いは強くありませんか?

なので改めて「あたしの女としての魅力ってなんだ?」というところに注目してみるといいでしょう。
たぶん、ここは今後ずっと役立つポイントだと思うんです。

※ちなみに「自分ばかり損してるネタ」を募集した際、先ほどのAさんとは真逆で「男は損」というネタをくださった方もいらっしゃいました。とてもいい対比になったので本の中で扱わせていただくことにしました。

で、たぶん、Hさんとしては「男になりたい」というよりも「モテたい。ちやほやされたい。」という思いが強いんだろうと思いますので、そこで敢えて「女磨き」を推奨したいわけですね。

もちろん、そこでは「なぜ野良猫男子を追いかけたがるのか?」という問題も出てくるかもしれないし、女性としてのコンプレックスなども絡んでくるかもしれないですが、「女磨き」というのをテーマにしてみるのも新たな趣味として面白いかもしれません。

★7月からこんなシリーズも始まるので良かったら突撃してくださいませ。

心理学講座5回シリーズ「全てを手に入れたい欲張りな女たちへ!女子力をゴリゴリ磨く3か月集中レッスン」

みなさんにとっても「○○がうまくいかないのは△△が原因だ」という風に思い込んでいて、自分の本質と向き合うことを避けてるところはありませんか?

そろそろ向き合った方がいいよなあ、けどなあ、ちょっと怖いよなあ、イヤだよなあ、と思うかもしれませんけど、そこを向き合うことで「男が羨ましい」という思いからは抜け出せるかなあ、なんて思います。

★自立系武闘派女子の恋愛講座シリーズ

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せな恋を遠ざける12個の要因を手放してみる~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~自分の魅力と強みを自分で見つけて自信にする!~

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

自立系武闘派女子のための恋愛講座~愛され上手になる秘訣とは?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~ヘラクレスオオカブトくんとどうしたら出会えるのか?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
人は無意識に問題の本質から目を逸らそうとしてしまうもの。
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『人は無意識に問題の本質から目を逸らそうとしてしまうもの。

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい