良い方向に向かっているとニンマリしているときになぜこんなトラブルが起きるわけ!?



自分を癒して状況もメンタルもいい感じになってきた頃になぜか予想だにせぬ問題に遭遇することがあります。
そうするとあまりのショックで変化の歩みを止めてしまいそうになるのですが、その問題すらも恩恵に変える力を私たちはみんな持っているのです。

根本さんこんにちは。
いつもブログを拝見しております。
今日は少し助けていただきたく、ネタ提供をさせていただきました。

過干渉な母と浮気者の父のもとで育ち、自身の恋愛を通して自己肯定感の低さと無価値観を抱えながら生きていたことに気がつき、ここ1年は自分を癒すこと、自分を大切にすることを目標に、それまで頑張っていたものをやめてみたり、自分のための時間を作ったりして、少しずつではありますがこの1年で自己肯定感も上がってきて良い方向に向いているように感じていました。

最近は上司との関係で悩んでいたので、それも自分を癒すべくブログを読んだりしながらすごしており、昨日ようやく糸口をつかんで改善の兆しが見えて来たところでした。

よりよくすごせるよう頑張ろうと思っていた矢先、こちらの不注意で対物事故を起こしてしまいました。
大事には至りませんでしたが、継続していると思っていた自動車保険は更新手続きがされていなかったことがわかり、修理費は全額負担。さらに近くの車も傷つけてしまい、さらにそれが知り合いのものであることもわかり、その知り合いにも嫌な思いをさせてしまいました。

普段より道が混んでいてやや焦って運転していたこともあり、注意すべきところができていなかった、契約についてもルーズな点があったところも理解しており、全部自分の責任であることは理解して反省しています。

ただ、このタイミングでこうもいろんなことが重なってしまうのか、順調に行くと思っていたタイミングでまさかの事故をおこしてしまったことに気持ちがついていけていません。
反省して気をつける、は軽薄のような気がしていて、このタイミングでこうも重なったことに意味があるのなら、もっと深いところでどこに気づくべきなのか、アドバイスや視点をいただけると嬉しいです。
(Mさん)

大事に至らず良かったですー。
しかし、全額自己負担は痛いですね。
なんでこんなことが起きてしまったのでしょう?

「反省して気を付ける」でも全然良いと思うのですが(ほんとに)、カウンセラーってこういう状況をどう見るのか?って話をさせていただければと思う次第です。

“不注意”による事故とか怪我というのを“偶然”として処理してしまうのはもったいないことでして、「なぜ、不注意になってしまったんだろう?」という点が心理的には注目すべき点です。

表面的には「焦って運転してたからね」ということになるのですが、そこから見えてくることは様々です。

あくまで例え話なのですが、「ふだんからきちんとしようとしすぎていて、時間に遅れることを許せない性質なのだ」とか「ハンドルを握ると性格が変わってしまい、運転は常にイライラしながらだ」とか「このところ忙しくてストレスが溜まっていて、それでバタバタしていたのだ」とかいろいろと見るべき点があります。

そもそも“不注意”になるのって、気が逸れていたからで、上に挙げた以外にもいろいろと事情があるんですよね。

「このところ自分になついてたと思ってた野良猫がどうやら他の女にちょっかいをかけているらしい。それは許せぬ!」

「最近ストレスでやたらと食べてしまい、服はパンパンだし、ハンドルにお腹が付きそうになってるし、もう最悪!」

「ほんとあの取引先の態度がムカついてしゃあない。絶対仕事できないくせに態度だけはデカくてほんとにやだ!」

気もそぞろになる理由っていっぱいあるわけですよね。

で、こういう話をするとけっこう微妙な空気を招くんですけれど、「事情はともあれ今のあんたはちょっと自分を見失ってるんちゃう?」というタイミングで、まことにほど良い問題が示されることがよくあるのです。(これは不思議なんですけどほんとうによく起こります。)

今回の事故についても「物損で済んだし、全額自己負担はきついけど何とか支払いができるし、ぶつけた車も知り合いのものだったので話がまとまりやすかったし、なんか絶妙なラインだった」という解釈も可能ではないかと思うのです。

これが対人だったらどえらいことですし、修理費が目が飛び出る金額だったらほんとヤバいですし、傷つけたのが知り合いじゃなくてややこしいおっちゃんだったらめんどくさいことになりますよね。

だから良かったね、というつもりはないのですが、なんだか「絶妙なライン」だと思いません?

潜在意識が注意喚起する規模はまこと頃合いのサイズ感なのです。

だから、これを機に改めて自分と向き合ってみると大きな人生の転機を迎えられると思います。

そもそも事故に限らず、仕事上とかご近所とか色恋のトラブルとかは「あんたそろそろ本気を出して生きたほうがええんちゃうの?もっと自分らしく生きなきゃあかんで」と神様が丁寧に教えてくれてると解釈することができまして、ここでMさんが向き合うべきは、ご迷惑をかけた各方面だけでなく、「自分の生き方」でもあるのです。

これが「自己肯定感もあがってきて良い兆候だった」という流れの中で起きているのであれば、むしろ、この事故もあとから振り返れば吉兆という解釈になる可能性も高いです。

病気になったことも、離婚したことも、会社をクビになったことも、家を追い出されたことも、短期的に見れば“悲劇”ですが、それをきっかけに人生が大きく好転するとなれば、それは“恩恵”です。

大きな問題ほど「生き方を見つめ直すべし」というメッセージが含まれており、そして、その問題はほんとうに絶妙なタイミングで起きることになっています。

私などはそういう人生の転機にお会いする仕事をしておりますので、頻繁に「ほんま、ようできてるよなあ」という事例をお伺いしているわけです。

ほんと神の采配としか思えないほどのタイミングとサイズ感で問題って起きるんです。

Mさんの状況についても様々な解釈ができるので、正直、ひとつひとつを紹介するのはめんどくさいので、いっそのことカウンセリングとかでしゃべらせてくれない?と思っちゃうんですけどね。笑

良くなっている流れの中でこうした大きなトラブルに見舞われると、人は「え?なんか間違ってた?いい感じだと思ってたけど違うの?」と思ってしまいますし、目の前のトラブルがショック過ぎて歩みを止めてしまうこともあるのですが、カウンセラー目線で見れば、むしろ、その変化を加速させるためにこのトラブルが起きたと見るんです。

まあ、神様のテストという解釈をしてもいいんですが、無価値感を癒し、自己肯定感をあげている最中であれば、今回の事故についても無価値感にハマらず、自己肯定感を下げずに対処するにはどうしたらいいか?という実践編みたいなものと解釈できますね。

同時に、今回の事故を機に、もっと自分らしく生きるで!と覚悟を決めるのもお勧めなのです。

それで「なぜ不注意になってしまったのか?なぜそんな焦っていたのか?」という視点が重要なわけで、日ごろの自分のメンタルを見つめ直してほしいわけです。

カウンセリング風に矢継ぎ早に質問をさせてもらうなら次のような感じになります。

・その仕事、自分がやりたいことなん?楽しんでる?自分に合ってると思う?
・そもそも今の働き方が自分に合ってる?
・何か責任感が強すぎるとか何かと自分を卑下しすぎるとか真面目過ぎるとか、そういうところってない?
・いい人になり過ぎて周りの目を気にしすぎるところってない?
・長年の無価値感などから自分をちっぽけに扱いすぎてない?
・家族の中でどんな役割を担ってきたの?それが犠牲・我慢の元じゃないの?
・子どもの頃から居場所がなかったよね?いつも心の中は不安でいっぱいだったんじゃないの?
・自分を持つことが難しくて周りの人に流されたり、期待に応えたりしてきてなかった?
・どんな恋愛してきたの?幸せになれない人ばかり追いかけてない?
・お母さんとの癒着はどう?今もお母さんから強く影響受けてない?
・ずっと不自由な生き方をしてきたんじゃないかな?本来のMさんってどんな人なんだろう?

これらの質問に答えるだけで優に数か月は暇をつぶせるんじゃないかと思いますが、自分を見つめ直すきっかけにしてもらえればと思う次第です。

別件ですがある人の事例を紹介したいと思います。

ちょっと重めの病気にかかり、これは人生を見つめ直す機会だ、と解釈し、今までの自分を変えるために自分がしたいこと、自分が好きなこと、自分らしく生きることを目指した方がいらっしゃいました。

そうして自由に生き始めることができ、なんかいい感じになってきた!と思った矢先、別の重めな病気が発覚したんですね。

これはショックで落ち込むし、なんでやねん!と神様にツッコミを入れる状況ではありましたが、彼女はその間に変化を遂げていたので、「これはまだまだ自分らしく生きる余地があるってことか」「もっと好きなように、自由にしていいってことね」などと解釈したわけです。

そして、自分の感情、思考、感覚、欲求すべてに今以上に素直になることを宣言し、どんどん自分を解放していくことを始めました。

婦人科系の病気でしたから女性性やセクシャリティを解放していくことに特に力を入れて行ったところ、こちらの病気も寛解に至り、ずいぶんと生きやすくなりました。

でも、彼女は慢心することなく「再発予防のため」にさらに自分に素直に生きることを推し進めることにしたのですね。

ある時から長年の夢だった海外移住を果たしまして、帰国時にお会いしていたのですが、コロナが始まったこともありまして、今はどこで何されてるのかは分かりません。

Mさんもそんな両親の元、生きにくさを感じながら生きて来られたと思うのですが、これを機に、ぜひとも「自分らしさ」にこだわり、自分の気持ちにとことん素直に生きることを推奨していきたいわけです。

自分を癒しまくり、解放しまくり、どんどん鎧を脱ぎ捨て、仮面を剥ぎ、すっぴんで生きていくことを目標にするんです。

そうして人生を大きく変えることになるならば、今回の事故はそのターニングポイントとして“恩恵”として受け止められるでしょう。

ちょくちょく私の記事に出てきますが「夫が浮気してくれてよかった!」「病気になって良かった!」「会社をクビになって良かった!」という“なんだそれ事例”の中にMさんの体験も入れられたらいいと思います。

ということで、そういう未来が待っていますから、ここは一発、自分をより解放することに意識を向けてみてはいかがでしょうか?

★無価値感を癒す。

動画配信/DVD:「無価値感を癒して今の自分に自信を持つためのワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/45220

★女王様マインド、お姫様マインドを習得する。

*セミナー動画「女王様マインドとお姫様マインド~本来の自分を目覚めさせ、女の幸せを感じさせてくれる2つのマインド~」

◎東京/オンライン:9/25(日) 根本裕幸の応用心理学講座・5本一挙大公開!
 「旦那もいるけど彼氏もいる問題/アンダーグラウンド/問題の陰に才能あり/ワーカホリックとプレイボーイ/ペルソナ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/45903

◎東京/オンライン:9/24(土)14:00-17:00 嫉妬する人も嫉妬される人も嫉妬心と徹底的に向き合って仲良くなるワークショップ~嫉妬は敵じゃない!あなたの魅力を教えてくれる味方なんだ!~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/45955

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
良くなっていってると思ってるときに何でこんな問題が起きるの!?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『良くなっていってると思ってるときに何でこんな問題が起きるの!?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい