セクシャリティが強すぎてうまくエネルギーが循環しないなら「大きな夢」を持つことが求められている。



エネルギーが強すぎる方は無意識にそれを調整したり、与えることはできても受け取れなかったりしてうまくエネルギーが循環しなくなります。
そのエネルギーを思い切り解放するために「相手にとって不足なし!」と感じられるヴィジョンを得ることがお勧めです。

根本さん!いつもいつもお世話になります。
おかげさまで無条件降伏による癒し癒され道を邁進中です。ありがとうございます。
このご恩は書籍購入やセミナー参加でせっせとお返しします。

そんな中ですが先日の「エネルギー枯渇問題」を読んでえ?あ、あれ・・・?と茫然自失となっちゃったのでちょっと確認したいことが!

セクシャリティが豊かなことは自覚しているのですが(うふっ)、ライフワークを生きるという軌道にイマイチうまく乗れないのは、ふんだんにあるはずのエネルギーを溜め込んでいるからだ、出せていないからだ、という感覚がずっとありました。
本来の私とは真逆の人物像を求められる環境で育ったので、相当小さい頃から自分をわりとハードに抑えてきたのも自覚しています。
なのでその抑制を解き、エネルギーを「出す」ことが課題だと思ってきたんです。

一方で私は本格的に調子が悪くなると過食と過眠の合併症を起こします。笑
必要最低限のタスクと自他のケアだけなんとかこなして、あとは1日1~2食ガーッと猛烈に食べ、抗えない睡眠欲に倒れてひたすら寝る、という生活が、断続的に1年近く続いたこともありました。
そして食も睡眠もそれだけ過剰摂取しているのに全く太らないことがずっと不思議だったのですが、よくよく考えたらこれって意識の及ばないところで相当エネルギーを消費しているからで、つまりは溜め込んでいたのではなく枯渇していたということ?

カギはエネルギーの循環だ、とずっと思ってきました。だから溜め込みすぎてもはや淀んでいそうなそれを放出さえできれば回り始めるだろう、と。
しかし私はありもしないものを一生懸命出そうとしていたのでしょうか・・・?衝撃!!

もし本当にカスカスに枯れているのだとしたら、充填不足もさることながら、与えすぎ?思考?消耗の激しいほかのなにか?
私は一体何にエネルギーを費やしてきたのでしょう。。
(Aさん)

うちの読者様あるあるかもしれませんねー。

膨大なエネルギーを有する
 ↓
周りからの期待に応える/抑圧することにそのエネルギーを使う
 ↓
消耗する
 ↓
元々のエネルギーが膨大なためそれでも使い続ける
 ↓
燃え尽きる
 ↓
根性があるのでそれでもエネルギーを使い続ける
 ↓
マジでヤバい。

という展開でしょうか。

その途中でアンダーグラウンド的なものを使ってなんとかバランスを保とうとすることもあれば、時に暴走して歯止めが利かなくなってしまうこともあれば、その外向きのエネルギーが逆噴射して引きこもりになってしまうこともあれば、展開は様々ですけど。

Aさんが過食・過眠を時々起こすのもその一種でしょう。

確かに、それだけ食っちゃ寝してるのに太らないってのは、よほどどこかでエネルギーを消費している証でもありますねー。

ご苦労様です。はい。

Aさんのおっしゃるように「エネルギーの循環」がテーマなことは言うまでもありません。

そもそもの埋蔵量が豊富なだけにうまく循環させないと大量の産業廃棄物を排出してしまうわけで、人間関係にヒビを入れるだけでなく、時にメンタルを攻撃するだけでなく、婦人科系の疾患も引き起こしたりしますよね。

で、このエネルギーの循環をものすごくシンプルに表現するなら「与える」と「受け取る」になります。

エネルギーを与えて、受け取って、そして、また与えて、受け取って。

消化不良を起こしてややこしいことになってる方はそのどこかのプロセスで問題が起きてることが多くて、バルブをきつく締め付けてたり、配管に穴が開いてたり、ゲートが閉まってたり、ゴミが詰まって流れが悪くなってたりするのですね。

で、エネルギーが強く、自立している人ほど「与える」という点に関してはめちゃくちゃやる気があるんですけど、時にそれが問題になることもあります。

すなわち「与える」が「犠牲」になってしまう、ということ。

「与える」ってのは「相手が喜ぶことをしてあげて、それが自分もうれしいこと」なのですが、それが「義務」になったり、「犠牲」になったりすることが多いのです。

・周りの期待に応える
・周りの人の顔色を読んで行動する
・みんなが不快にならないように自制する
・嫉妬や攻撃を招かないように与える量を調整する
・暴走しないようにエネルギーを制御する
・相手に見返りを求める
・与える意味を考える
・したいことがいつしかしなければならないことになっている

みたいな状態ですね。

そうすると100与えたいのに80とか60とかしか与えられなくなって(与えていないわけではないよ!)、その差分がフラストレーション(=ゴミ)になります。

また、相手に見返りを期待したり、意味を考えたり、計算したりすると始めからバルブを調整してエネルギーの供出量を制御しますから、やはりふん詰まりを起こしやすくなるものです。

一方、自立系な方にとっては「受け取る」ということは時にタブーになるほど苦手です。

受け取り拒否を無意識にやっちゃう人は多く、100与えてるのに10しか受け取ってない方も珍しくありません(これも全く受け取ってないわけじゃないよ!)。

人からの愛を受け取れない。
自分の魅力や価値を受け取れない。
自分の才能を受け取れない。
自分の可能性や能力を受け取れない。
自分が与えてることの偉大さを受け取れない。
自分の存在のすばらしさを受け取れない。

「受け取れない」という部分は「認められない」とか「拒否する」と置き換えてもいいでしょう。

自立してる分だけ、心を開いて相手を受け入れるということに抵抗があるんです。
また、長年誰かのために頑張ってきた分だけ、自分のことがおろそかになってしまい、受け取ることを忘れてしまうわけです。

こういう方々にはよく「サレンダーでっせ」と言ってフリーズしていただいているわけです。

※参考)「サレンダーとは何か?」

その膨大なエネルギーを循環させるために「受け取る」は必須なので、ぜひとも意識をそこに置きたいものですね。
一緒に頑張りましょう(筆者も大いに苦手なので。笑)。

また、自分のエネルギーが強いことをどこかで知っている方は相手をつぶさないように無意識にそれを調整するんです。

分かりやすく言えば、横綱が素人相手に本気でぶつからないのと同じです。

だから、いつしか「本気でぶつかること」が少なくなり、「演技」が上手になります。

そして、自分が本気になることを忘れ、その場に合ったエネルギー量を出すことが癖になります。

もちろんその間にも産業廃棄物は蓄積されますからその処理に困るようになって、アンダーグラウンドを必要とするようになります。(山中にこっそり廃棄する感じ。)

本気でぶつかったら相手が壊れてしまう、ということを感じていらっしゃる方はまさにここに該当するでしょう。

で、そういう場合、個人セッションとかだとこんな荒っぽいセラピーをすることもあります。

セミナールームに大の字に寝てもらいます。
そこで今まで自分が押さえてきた感情を吐き出します。
はっきり言えば「叫ぶ」ことになります。
そして、自分をありのままに出していきます。
ときには「暴れる」ことになります。
そこで自分が腹の中に溜め込んでいるものを全部吐き出そうとするわけですし、自分が今まで閉じ込めてきたものを解放するのです。

ここまでじゃなくてもイメージを使ったり、何か道具を使ったりして自分がずーっと溜め込んできたものを解放することができればパイプはきれいにお掃除されます。

すると自分が今まで多くの人に支えられてきたこと、今も愛されていること、そんなに頑張らなくても大丈夫なこと、今も昔も自由であること、自分が素晴らしい才能を持っていることなどが感覚的に受け入れられ、そして、身体が軽くなるだけでなく、ヴィジョンが下りてくることもあります。

これを日常でやるなら、思い切り体を使うのがお勧めです。
吐き気を催すくらい全力で走ったり、寝食を忘れて何かに打ち込んだり、思う存分人としゃべり倒したり。

一般的には人を相手にするより自然を相手にした方がやりやすいと思います。

そうして思い切りエネルギーを排出する感覚をつかむとそれが日常にもフィードバックしやすくなります。

この辺は時に泥酔するほど酒に溺れたり、Aさんのようにドカ食いする癖があったり、お金を一気に使っちゃったりする人はおススメです。

で、結局のところ、こうしたエネルギーの循環に問題がある場合、今の自分の世界が自分に器に合ってないことが根っこにあって、これが根本的(こんぽんてき)な解決策になるものです。

すなわち、大きなヴィジョンを持つこと、です。

夢とか野望とか言ってもいいです。

おそらく一生かかっても実現が困難かもしれない課題を自分に与えることです。

これは「自己超越」と言われる世界のことですね。

世界平和、とか、お金のいらない世界を創る、とか、海洋廃棄物一掃、とか、砂漠化回避、とか、とても大きなテーマです。

つまり自分が全力でぶつかる価値のあるヴィジョンを描くことなのですね。

たいへん上品な言い方をすれば「小さくまとまってんじゃねぇよ!」ということです。

さて、Aさんの夢、ヴィジョンは何でしょう?

それが確信できたときにエネルギーを循環させることが自然とできるようになるでしょうし、与えることじゃなく、受け取ることも必須になるし、サレンダーだってできるようになるものです。

その巨大な敵(?)を想定することができれば生き方も定まりますし、迷いもなくなるものですし、自然とエネルギーが湧き上がってきて循環することになるでしょう。

ちなみに、そのヴィジョンや夢はよく「使命」とか「ミッション」とか言われますね。
「生まれてきた目的」です。

それに出会うことが求められてるってことじゃないでしょうか?

◎女性性とセクシャリティを解放する3時間ワークショップ
 名古屋:7/25(日)13:00-16:00(キャンセル待ち)
 東京:8/28(土)13:00-16:00
 東京:8/29(日)13:00-16:00(キャンセル待ち)
 大阪:9/5(日)14:00-17:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/40806


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
エネルギーの枯渇問題~パワフルなのに燃え尽きちゃう~
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『エネルギーの枯渇問題~パワフルなのに燃え尽きちゃう~

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい