その「やりたいこと」は「愛」からのもの?それとも「怖れ」からのもの?


他人軸で生きていた人が自分軸を取り戻すと、なぜか今までたくさんあったモチベーションが消えて、燃料切れみたいになってしまうことがあります。
実はそれ、「怖れ」を燃料にしていたからなんですよね。
自分軸を取り戻していくと「愛」を燃料にできるので、燃え尽きずに済むようになるんです。

LINE@早速登録させていただきました。
根本さんが近くに感じられて心強いです。いつもありがとうございます。
今日はネタリクエストを失礼したいとご連絡させて頂きました。

本当はどうしたいか?という問いを根本さんの心理学で学ばせて頂いて以来自分に問うようになりました。

仕事で非常に疲弊していた時に、「何もしたくない」「癒されたい」となるのはわかるのですが、出来うる限りのストレスを無くし、今ではほぼノンストレスの生活になりました。
ですが、ストレスに紛れてた時の方が色々欲求がありました。
こんな仕事がしたいとか。
こんな人間関係が欲しいとか。
元々すごい他人軸で人と比べてばかりで辛くなったので人と会ったりSNS等をほぼ経って半年になります。
人の目が無くなったら気張ることがなくなり楽になったけど燃料も無くなった感じです。

今唯一ある欲求は日記を書くことです。
行動日記ではなく気になることや考えたいことなどふと浮かんだらそれを気が済むまで書き続けることです。
なぜかというと1番癒されるからです。

私はノンストレスにした結果生きる活力も無くしてしまったのでしょうか?

それともそもそもが何をしてても疲弊し癒しを求める性質なのでしょう?

もしこの癒しの選択を取り続けたらいつか活力が湧いてイキイキと生きれる日が来るのでしょうか?
(Hさん)

登録ありがとうございますっ!!

LINE@???なんじゃそれ?あるの?という方はこちらをご覧ください。

https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/27653

Hさんの話、けっこうあるあるかもしれないです。

自分軸になったらモチベーションが下がってしまった・・・
自分がしたいことをやろうと思ったら、やりたいことがなくなってしまった・・・
人目を気にせず自分を大切にしようと思ったら、欲求がなくなってしまった・・・

もし、これがものすごく素晴らしい変化であり、解放であるならば、何だと思いますか?

「怖れ」というのは行動する上では爆発的なパワーを生み出す源泉となります。

「○○にならないように」という怖れを使うことで、私たちはめっちゃ行動できるんです。

「怖れ」からの行動は瞬発力もあり、その「怖れ」を強めることで見せかけの持続力を作り出すことができます。

でも、それは「怖れ」からの行動であり、「愛」ではありません。

どんなに素晴らしいことをしていたとしても、「怖れ」からの行動はやがて燃え尽き症候群へと至るものです。

よくよく考えれば「怖れ」を元にした行動は、常に誰かから脅されて何かをしているようなもの。
いつもそこに自分に向けられた刃を感じながら生きていくようなもの。

楽しくありません。
しんどいです。
常に緊張状態にあります。
ストレスはハンパないです。
疲れてしまいます。
結果が出ても嬉しくありません(ホッとする程度)。
いつまで頑張ればいいのか絶望します。
報われません。

だから、行き詰ってしまい、google先生やSNSを通じて根本さんと出会うことになったんですよね?皆さん?そうじゃない?

皆さんの「怖れ」のお陰で今日もご飯を食べることができています。

あざす。

まことに、あざっす。

で、そんなのは嫌だ、と。
もう根本さんのブログのお世話になり続けるのはもう嫌だ、と。
そう思われた不届きも、あ、いや、人生を変えたい方々はそこで「自分軸」という言葉を知るでしょう。

「本当はどうしたいか?という問い」を自分にかけることによって、自分というものを取り戻していき、他人との間に線を引くことができるようになります。

それはすなわち、自らに向けられた刃を引っ込めさせる効果があるのです。

「私は私、他人は関係ねー」という風な思いを持つことができます。

すると、その「怖れ」から解放されることになります。

「怖れ」からやっていたことができなくなり、恋人と別れたり、仕事を辞めたりする場合もあります。

しかし、その一方で、何にもやる気が出なくなり、燃え尽き症候群のようになり、また、今まであったはずの夢やヴィジョンや目標が消滅してしまったりすることもよくあります。

>人の目が無くなったら気張ることがなくなり楽になったけど燃料も無くなった感じです。

そう、まさにそういうことなのです!!

それくらい今まで「怖れ」が強かったのかが分かりますね。
それだけ「怖れ」を燃料にして突っ走ってきたことが分かりますよね。

で、「しんどい人間関係から解放されることは分かるけれど、なんで夢や目標までなくなってしまうの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

Hさんも

>ですが、ストレスに紛れてた時の方が色々欲求がありました。
>こんな仕事がしたいとか。
>こんな人間関係が欲しいとか。

とおっしゃってます。

今からする話はある意味、ものすごく恐ろしい話です。

「怖れ」からの行動は先ほどお話ししたように膨大なストレスを抱え込むことになります。
そうすると、そこで「そのストレスを解放したい」という欲求が生まれます。

「ハワイに行ってのんびりしたい」というのは分かりやすいですね。

でも、「より充実した仕事をしたい」「恋人と親密な関係になりたい」「今ハマってる趣味に没頭したい」「ライフワークを生きたい」という思いまでもが、時には「ストレスを解放したい欲求」から来ている、と言われたらどんな感じがします?

あ、もちろん、そうした思いのすべて「怖れ」から来たものだ、という意味ではありません。

時にはそうしたポジティブな目標すらも「怖れ」から生まれることがあるのです。

だから、自分軸を確立していくプロセスにより、その「怖れ」が消えていくと同時に、その「怖れ」が作り出していた目標も消えてしまうのです。

ご自身でもおっしゃっていましたが、それくらいHさんは「他人軸」で生きてこられたんだろうと思います。

他人軸というのはまさに「他人の目を気にして○○しないようにしよう」という怖れの中を生きる道ですから。

だから、自分軸になった途端、まさに「燃料切れ」になってしまうのです。

そこで燃料の種類を変えることにしたのが今のHさんです。

「怖れ」ではなく、「愛」を燃料にしていくのです。

「私はどうしたいの?」という問いにはそれくらい深い意味と効果があるんですね~。すごいです(笑)

Hさんが今することは今まで通り自分に「どうしたいの?」と問い続けることです。

自分が気持ちいいように、笑顔になれるように、幸せを感じられるように、今できることをしていきましょう。

日記を書くことは素晴らしいことですね。
ぜひ、続けてみてください。
そうして自分と対話することはきっと、新たな燃料へのシステム変更に効果的な役割を果たしてくれると思います。

今、一番したいことなんですから、それをやるのが正解です。

そのうちまた違う自分が出てきますからお楽しみに!

〇新しい人生の扉を開け放つ2日間へようこそ!

6/23,24 軽井沢プレミアム・リトリートセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/29926

〇女性性的なアプローチで新しい自分に一歩踏み出す。

ワークショップ「さあ、流れに身を委ねて新たな一歩を踏み出そう!」
福岡:4/21(日)13:00-17:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28936

〇自己肯定感をあげる、自分を愛するワークショップ。

ワークショップ『自分を愛する、ということ』
広島:4/20(土)13:00-16:00
札幌:7/13(土)15:00-18:00
仙台:7/15(月祝)15:00-18:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/27420


あわせて読みたい