(6/15)流れの中で

眠れない夜が続いています。
今夜はデンマークvsイタリア。

一昨晩はポルトガルvsギリシャ。
さすがに昨晩のイングランドvsフランスはビデオ撮りましたけど。

なんの話かというとEuro2004、サッカーのお話です。
昔からサッカー見るのが好きで、ついつい見てしまいます。

どのチームも個性があってすごく面白いですね。
選手それぞれにも魅力があって、90分は短すぎるって感じです。
もっとじっくり見たいなあ・・・。

しかし、イケメンが多いんですよねー。
スタイルにしても、顔にしても、男前がほんとに多いです。
かっこいいですねー。

サッカーってあんまり点数が入らないのでイライラしやすいんですけど、こういうハイレベルな試合ばかりだと、そのワンプレー、ワンプレーに見どころ満載なんですよね。

ワンタッチで試合の流れが変わるようなスーパープレイが出てきます。
ぞくぞくします。

そう思えば毎日の流れも同じようなもので、ちょっとしたきっかけで、辛い流れが楽しい流れに変わることがありますね。
その逆もあります。

先月の中ごろからかな、けっこう大きな流れがやってきているようです。
色んな変化を体感されてるお客さまが多いんです。
今までにないくらい厳しい流れが来ている方も少なくないのですが、その先には必ず良い流れが待っているものです。
忍耐するのも、自分を変えていくのもとても勇気が必要です。
でも、一歩一歩足元を見つめながら進んでいきましょうね。
自分を見つめ続けることだけでOKです。
その分、必ず後で大きなリターンがやってきます。

サッカーも攻め込まれる流れに耐えていると、ふと決定的なチャンスがやってくることが良くあります。
絶望的な状況が、ふっと変わることだってあるんです。
例えば、昨日イングランドを残り3分で逆転したフランスのように。

「コミットメント」というのはそこで諦めず、自分を信じ続けることです。
(相手、ではなく、自分を信じる、というのがコツですね)

その一方でよい流れがやってきたときは、思い切ってステップアップしていくチャンスですよね。
ワンランク、ツーランク上の自分を目指してチャレンジしていきたいですね。


(6/14)お食い初め

13日で深希も生まれて100日が過ぎました。
この日は「お食い初め」と言って、箸でつまんだ料理を子どもの口元に運んで、食べる真似をさせるんですね。
「一生食べるものに困りませんように・・・」
「健康で長生きできるように・・・」
ってお願いしながら。
もちろん料理は親が食べるんですけど(^^)

早いのか、遅いのか、よく分からないですけど、最近は自分の意志を少しずつ持ち始めたようです。
お風呂に入れた後、ベッドで添い寝してると、今までは反射的に僕の指を握ってたのに、最近は自分の意志で掴んできます。
しかも、ちょっとベッドを離れようとすると、それまでよりも強くぎゅっと指を握ってきました。

指だけでなく、ハートも鷲掴みです・・・( ̄ー ̄)ゞ

「きっとこいつにはプレイガールの才能がある・・・」と思うのは親バカな証拠です。
きっと深希にとってパパの心を掴むくらい朝飯前なんでしょうねえ。
何もしなくても勝手に心を掴ませにくるんですからね、この親は・・・。
「いやいや、それこそ、プレイガールの才能なんじゃ」
別に遊び歩いて欲しいわけではないですけど・・・。

っていうか、心理学を駆使してパパ以外の男の人とは付き合えなくしてやるぞぉー・・・と気合を入れるのも親バカな証拠です。
対してママは「私がパパから守ってあげるからねっ☆」と戦う気満々です。

降参・・・_| ̄|○

*---*---*---*---*---*

その前日12日は妻の誕生日でした。
「子どもが生まれて迎える誕生日は今までと全然違うよね」
「自分が生まれたときも親はこんな気持ちだったんだよね」
そんな話をしながら過ごしてました。

生まれる、生きる、などの「生」の意味がとてもよく分かるような気がします。


(6/11)定時は終電?

台風が向かっているらしいですね・・・。
明日には四国、中国・近畿地方を通過するようで今年は早いご到着です。。。
このまま梅雨前線を押し上げて「夏っ!」てなったらいいよなあ・・・と思いつつ、今から9月まで連日35,6度の日が続くっていうのもどうかなあ・・・と究極の選択(懐かしい響き!)に悩まされる今宵の僕です。はい。

まー、でも、夏っ!の方がいいかなあ・・・
海とか川とか行けるしなあ・・・
空、きれいだしなあ・・・

そんな中、さっきベランダに出てみると、そこから見えるオフィスの灯りがまだ点いていました。
「まだ、仕事してるんだなあ・・・今夜は徹夜なんかなあ・・・大変やなあ・・・」なんて思いながら一服してたんですけど、この深い時間でもオフィスでネクタイ締めたまま頑張ってる方もたくさんいらっしゃるんですよね。

ご苦労さまです。

僕が昔いた会社も不夜城のように夜はフロアの灯りがどこもついていたものです。
「定時=終電、残業=徹夜」なんてみんな自嘲気味に言ってました。

先日、メルマガに載せる広告の件で先方に問合せのメールを送ったら、その返事が夜12時を過ぎたくらいに届いて「おー、残業かー。東京は終電遅いけど、まだ大丈夫なんか?」なんて思いながら、僕も負けじと返信してあげました(笑)

そういえば、この前ビジネスセミナーで伺った会社は日曜日というのに社員のほとんどが出社してらしたようで「ここも昼も夜も、平日も休日もあんまり変わらないですよ」なんて話を聴きました。

それに「今朝も一人下で倒れてた社員がいたそうです。時々動けなくなる人間がいるんですよ」なんて平然と話されてましたけど、それって・・・どうかと・・・。
その会社のすぐ隣が大きな病院だっていうのも妙に納得しました・・・。
笑い事じゃないですよね・・・。

皆さん、ハードワークもいいけど、体には気をつけましょうね・・・。


(6/10)虫と天使と悪魔と

僕はパソコンの作業は主に自宅のリビング・テーブルでやってるんです。
ノートパソコンを購入して以来、ずっと。

お気に入りのCD(レゲェらしいです。ぽくないんですけど)をかけっぱなしにして、記事を書いたり、作ったり、メール書いたりしてるんです。
そんな僕の視線には寝室のベッドが入ってきて、妻に「虫」と名付けられた愛娘がもぞもぞとその名にふさわしく動いてます。
眠ってるんですけど、足を動かしたり、手を伸ばしたり、丸まってみたり(お腹が空いてきたんでしょうね)。

かわいい・・・。
おもしろい・・・。
わらえる・・・。
見てるだけで微笑ましい。
思わず癒されてしまう。
こういう存在を天使というんだろうなあ・・・。

昼間、機嫌が悪くてぎゃーぎゃー泣いてるときはチビ悪魔にも見えますけど・・・。

前の晩は、寝る前に寝室を覗いてみたんです。
そしたら、妻と娘がまったく同じ格好で眠ってまして・・・たまらない気持ちで胸が一杯になりました。

・・・笑いをこらえるのも必死でしたけど・・・(⌒-⌒)


(6/9)遠慮のかたまり

6/8は東京・名古屋の予約のため、たくさんのお電話をありがとうございました。
残念ながら予約できなかった皆様、申し訳ありません。
忙しいスケジュールの中、都合をあわせてくださった方も多いかと思います。

充実した素敵な時間にしたいと思いますので楽しみにしてくださいね。

ところで、以前から不思議に思っていたことがあるのですが・・・。

「遠慮のかたまり」って言葉、ご存知ですか?
食べ物とかをみんなで食べるとき、それぞれが遠慮して譲り合い、誰も手を出さないために最後の一つだけが余る現象です。

カウンセリングの予約にも同じことが起きるんです。
今回、東京も名古屋も12時になると同時にたくさんの電話を頂きました。
本当にありがとうございます。
東京も名古屋も1時間程度で、あと1枠を残して埋まったんです。
でも、その後、しばらくその状態が続き、2時前に名古屋が、3時前に東京の枠が埋まりました。

この現象は以前から気になってたことなんですよね・・・。
かつては予約初日で1枠だけ余ったこともありました。

みんな申し合わせているわけでもないでしょうし、また、本当は面談を受けたかったけれどスケジュールの都合でどうしてもダメで・・・という方もいらっしゃったでしょうし、誰もそれを意図してることはないはずなんですけどね・・・。

不思議な現象だな・・・と思ってました。

ただ、予約が取れなかった方にとっては「ちっ・・・」という感じなのかもしれません・・・。
ほんま、すいません・・・m(._.)m

お電話くださった皆さん、本当にありがとうございました。
くどいようですが、何度でも言いたいです。

それと予約を取ってくれてるスタッフにも感謝です。
「いっそのこと、予約専用番号作って自分で電話取ったら?」
とか言われると、「ああ、それはいいかもなー」とか思ってしまう自分がいます・・・。
ご苦労さまでした。


(6/8)お出かけ

毎年のように梅雨入り宣言が出ると晴れる日が続くものですね。
今年初めて 入 道 雲 を見ました。
もこもこもこーっと青い空に聳え立つ姿は、夏!を感じさせてくれます。
それにしても暑かった・・・。
気持ち良かったけど。

そんな空を見ていたら外に行きたくなったので、久々に家族3人で外出。
まずはスターバックスでひんやりフラペチーノを食します。
僕は「マンゴーシトラスフラペチーノ」が大好きなんですが、これを口にすると、条件反射的に「夏やなあ・・・」とすっきり心が晴れていきます。

続いてドラッグストアへ。
深希の哺乳瓶を調達するのが目的のはずなのに、妻が「裕幸はなんか欲しいものないの?」と唐突に聞いてきました。
こういうときは「(私は見たいもの、欲しいものがあって、そっちに行きたいんだけど、)裕幸はなんか欲しいものないの?」と解釈するのが夫の務めですよね。
妻がマニキュアとか色々物色している間に、サプリメントコーナーをじっくり観察することができました。

因みにこのドラッグストア、赤ちゃんコーナーのすぐ隣はコンドームなど避妊用品のコーナーになっていました。
店側の深い意図が見え隠れするのですが・・・、気のせい?

子どもがいるのでそんなに長い外出はできず、東急ハンズで傘を買い、スーパーで食料品を買出ししてお散歩は終わりました。

うちの深希は、ベビーカーに乗って、ガタガタ道を進むときはご機嫌 or おねんねなのですが、お店などの平坦な床は嫌いなようですぐに泣き出すんです。
だから、今回も僕と深希はママの買い物が終わるまで外で待ってました。
・・・。
そういえばショコラと散歩してるときも、こうして外で待ってたよなあ・・・と、赤ちゃんと愛犬の共通点をまた一つ見つけてしまいました。


(6/7)自由

いよいよ梅雨入り宣言だそうで、大阪は夕方から激しい雨が時折降っていました。
その前は暑いながらもいい天気だったんですけどねー。

僕や原の共通のお客さんで今、宮古島に長期旅行に行っている方がいらっしゃるんです。
彼女が僕ら宛に、宮古島のパンフレットや写真や色んなものを送ってくれまして、カウンセリングの待ち時間にじーっと眺めてました。

「行きてぇ・・・」

沖縄でも宮古の海岸がもっとも美しい・・・なんて言われているそうですね。
空も海も、もう、うん、何と言っていいのかすごくキレイで、心はすっかり宮古島に飛んでいました。
体も飛ばしたい・・・。

因みに原はその写真に刺激されたようで、「じゃらん」の沖縄・北海道特集号を早速購入したようです。
自分でも言ってますけど、ほんまに影響されやすい奴ですねえ・・・。

*---*---*---*---*

昨日の最後は「自由」で結びましたので、今日は「自由」をテーマにしてみたいと思います。

僕のカウンセリングの中ではよく解放・自由をテーマにしたセラピーをしています。
自分を解き放つ、自分を自由にする、そんなイメージを作っていくんです。

でも、自由というのは、じゃあ、何でもしていいのか?というと、もちろん違うんですよね。

自由には必ず責任が付いて回ります。
その責任というのは、そのシーン一つ一つに関係する人や社会性に対するものです。

好きにしてるだけだとしたら、それは自由ではなく「わがまま」「自分勝手」と呼ばれます。

だから、子どもは「自由」ではなく「わがまま」と言われることが多いんです。
つまり、「自由」というのは大人に与えられた一つの特権かもしれません。

「自分を自由にしてあげる」ということは、いつの間にか自分を縛ってしまっていた鎖をほどいてあげること。
その鎖というのは、親や周りから押し付けられたり、あるいは自分自身で作り出した「ルール」です。
「~してはいけない」「~しなければならない」という「観念」です。

このルールや観念があると、縛られて自由を奪われる代わりに安全は保障されるかもしれません。
でも、その分、退屈したり、窮屈だったり、希望が見えなかったり、問題が起こったり、あまり幸せになれないことが多いような気がします。

自由というのは、そこから抜け出して、自分自身の責任で物事を選択していくことではないでしょうか。
だから、自由というのは、とてもクリエイティブな響きがするんだと思います。
マニュアルに縛られることなく、ルールに振り回されることなく、クリエイティブに生きたいですね。