自分らしく振舞えるようになったら出会いがなくなってしまったんだけどどうしたらええねん!という件について。



自分らしく振舞えるようになるのはすごく大事なことですが、だからといってすぐに出会いが爆増してヘラクレス君が登場するほど心はその変化についていけないものです。
そこでは改めて自分を整え、自分を知り、自分らしさを追求することがおすすめなのです。

「自分に合う男」の記事、とても興味深く拝読しました。
ずっと人気記事てことは、それだけ共感する方が多いてこと?!ってところも武闘派読者様の魅力が想像できます。
私は逆共感というか、読みながら反対の反応を貰った経験をいくつか思い出しました。

美容室や服屋さんでオブラートには包まれてたけど、端的言えば「驚くほど色気がない(ので髪型や服装は大人ぽいと浮いてしまうから似合うものにした方がいい)」
友人やクラスメイトにはもっとストレートにセクシャリティがないことを時々言われます。

それで「合う男性」なんですが、私はこの人ないな、って方にごくたまに誘われることがあるのですが、根本先生のblogを読むようになって「自分に正直に我儘になろう!」とそういう人には出来るだけ素っ気なくして、もっと自分が魅力を感じる男性に近づく努力をしはじめました。

するとどうなったかというと…
だ、だれも誘って来なくなった!のです笑
わたしから行っても不発に終わります。

あの記事読んで思ったのは、私は相手を萎縮させると反対の特徴があるようで、それが良さだったのにお高く止まりだしたから誰にも相手にされなくなったのかな…という仮説です。

こんな状況が2年近く続いてるので、神様のテストというよりは判断自体にエラーが発生してるのではと思うようになりました。

まだまだ自己肯定感不安定な人間なので、等身大になる勇気がなく、高いピンヒール履いているような気がします。
でもこれ脱いで歩き易いスニーカーに戻った時に縁がある男性を私は愛せる自信がありません。
自己肯定感が育まれたらスニーカーで出会った男性が輝いて見えるようになるのでしょうか?
(Kさん)

「自分に合う男」の記事ってこれっすね!

「自分に合う男なんてほんとうにいるの?どこにいるの?~セクシャリティが豊かな女性が自分にぴったりの男と出会う方法~」

よく「あたしって色気がないって言われるんですよー。それで彼氏ができないんじゃないかと思うんです。根本さんが言うセクシャリティがない人ってどうしたらいいんでしょうか?」というご相談を頂くんですけどね。カウンセリングでもブログでも。

Kさんも美容師・服屋・友達からそんな風に言われてきたら「ああ、あたしってセクシャリティがないんだわー」と思い込んでしまうのも無理はないでしょう。

正直、そう言われると「ガッカリ」「ショック」ですか?
なんか「寂しい」感じがしますか?

それから「ああ、あたしって魅力がないんだー」という風に思っちゃいますか。

「だから、あり得ない男ばかり寄ってくるし、こっちが気に入ってる男にはそっぽ向かれるし、もう、最悪じゃん!やっぱりあたしってダメな女じゃん!このままずっと一人でときわ荘で白骨化した状態で発見されるだわ!」とか思っちゃいますか?

あ、そこまでではない?

なるほど。

そういうときってまず「セクシャリティってなんやねん」ということを理解する必要がありますし、それと「自分の魅力」との関係についても知っておく必要があるんですよね。

セクシャリティ=色気=魅力のように捉えられていて、もちろん、それはあながち間違いではないけれど、実は必ずしもイコールではないのですな。

そもそもセクシャリティって「性的魅力」って訳されるので、女性ならば「女らしい魅力」という風に解釈できる部分もありますが、その一方で「生命力」とか「命の源のエネルギー」という見方もあります。

だから、「セクシャリティがない=もしかして死んでる!?」という風になっちゃうので、そこはみなさん誤解なきように切にお願いしたい所存でございまする。

つまり、ありきたいな表現になっちまうんですけど、その人なりの魅力ってのがあるわけですね。KさんにはKさんらしい魅力があるわけです。

でも、そこで問題なのが“社会的に”“流行的に”「これが魅力的な女じゃ!」という姿がネットや雑誌で提示されるのですね。

例えば、最近でも「かつては秋田美人が美人の定義だったけど、最近は九州美人に変わってきた」なんて話を聞きました。

さかのぼれば平安時代の美人って今の時代なら・・・ですよね??

ってことで、美の基準ってのは時代と共に変化するし、そもそもそれは一般論であって、結局はその個人の価値観になるんですよね。

そして、恋愛はご存知の通り見た目だけで成り立つものではなく、内面や相性など目に見えないものも含めて成り立つものですから、「色気がない」からと言って彼氏ができないとか、「セクシャリティがない」から結婚できないとか、実は無関係なんですね。

その辺の証拠は私の心の中にあるデータベースを眺めればゴマンとあるんですけど、興味ある方はぜひその辺覗いてみてください。いやん。(恥)

だからこそ、自分らしさ、とか、自分らしい魅力、について研究するのがお勧めで、それが時代と合ってなくても、周りの人になんと言われようと、好きにしたらええよ、というわけなんです。

よく色気がない、とかセクシャリティがない、と言われる方は分類すれば「かわいい系」の人が多いのですが、ある奥様が旦那に女ができたことで一念発起した例を紹介したいと思います。

彼女は浮気されてすごくショックで「やっぱりあたしは女としての色気に欠けてるんだわ!」と思い込み、なじみの美容師さんには恥ずかしくて言えないので街中の人気美容室にて「女っぽくしてください」と懇願し、服屋さんでも「色っぽい感じになりたいっす」と主張し、若干、店員さんからは「は?」という反応をもらいつつもミニスカート履いたり、メイクを濃くしてみたりしていました。

当初は本人も違和感ありありで「なんか女装してるみたい」「無理感ありすぎ」と思い、外出するのも怖かったそうですが、「こいつならなんも言わねーだろ」と思ってカウンセリングに来られたんですね。

で、正直私も違和感を覚えましたが、いつも通り「好きなようにするのが一番やんなー」とテキトーに言い放ってました。

そこで私に否定されなかったことがきっかけでちょっと自信を持った彼女は仕事にもそんな恰好で出かけ、最初はドン引きされたようですが1か月経つ頃には誰も何も言わなくなりました。

※つまり、他人は自分が思うほどあなたに興味がないってことでもあります。

そして、1か月ぶりにお会いしたんですけど、あらまあ、びっくり。
そのミニスカートも濃いめのメイクもめっちゃ似合ってたんです。

これも朱に交われば赤くなる、ってことなんですかね。

人は変わるんですねえ。

彼女もその頃はそれに違和感を覚えなくなっていて、何なら「可愛いじゃん」と言われることも増えていたり、職場の男たちから若干ちやほやされたり、同僚の女子からとげのある言葉をもらったり(これは嫉妬ね)してきたので手ごたえを覚えたんですね。

・・・で、旦那が戻ってきた、、、という話ならきれいにまとまるんですけど、、、まあ、そこはええ、うちのクライアントさん、根が武闘派ですから、、、途中でなんかいい感じの男が現れて気持ちがそっちに持って行かれたりしたんですけどね、、、、。

そんな話です。

で、何が言いたいか?というと、Kさんに真っ先にお聞きしたいのは「スニーカーとピンヒール、どっちが好きなん?」という質問なんですよね。

スニーカーが好きなのに無理してピンヒール履いてたら歩きにくいし、コケそうになるし、いい男を見つけても走れないから逃がしちゃうし、無銭飲食とかやりにくいですよね?

一方、「やっぱりあたしはいい女になるです!」と思い、頑張ってピンヒールにチャレンジしてるなら、それにもやがて慣れるので、コケなくなるし、いい男もヒール抜いて猛ダッシュで捕まえにいけるし、無銭飲食からの逃げ足も抜群に早くなるでしょう。(でも、無銭飲食はやめたほうがいいと思う。マジで。)

「男にモテないから○○する」
「自分は魅力ないから頑張って○○する」
「狙った男がそっぽ向くから○○する」

というのってそれでやる気になるならいいけど、しんどいならむしろ逆効果でかえってセクシャリティを封印するし、自分の魅力を隠すことになっちゃうんです。

そもそもその人の魅力って「好きなことしてる」「楽しんでる」「笑ってる」「前向きに頑張ってる」「成長しようとしてる」「自分らしく振舞ってる」「自然体でいる」「自分のことが好き」等々のときに醸し出されるものなので、「嫌々やってる」「無理してる」「我慢してる」「犠牲してる」と悲壮感が出ちゃったりして、魅力が閉じ込められちゃうんです。

スニーカーが好きならスニーカーが似合うようになるし、スニーカーで一緒に歩ける男が現れる、と私は思っている次第でございまする。

ええ、そこには様々な反論が噴出するかと思いますので、どうか暴動はまだ起こさないでいただきたいと思います。もうちょっと我慢して読んで!マジで!

で、Kさんにとっては色気がないと言われようが、セクシャリティがないと思い込もうが、だからって魅力がないわけではない、ということをまずは“記憶”していただければと思います。納得なんてしなくても構いません。

そして、ある誤解を解かなきゃいけないんです。

Kさんは経験的にこんな風に思ってらっしゃいます。

「私は色気が全くない。女としての魅力もない。だから、そのままだと“こいつはあり得ねえ!”と思う男しか寄ってこない。」

「そこで自分に我がままになってみたらそんな男も寄って来なくなるし、狙った男にも逃げられる。」

だから、

>私は相手を萎縮させると反対の特徴があるようで、それが良さだったのにお高く止まりだしたから誰にも相手にされなくなったのかな…

という風に。

そう思っちゃうのは無理ないですし、そうでも思い込まなければやっていけないし、現状に納得できないと思うんですけど、ただ、はっきり言えばこれは「誤解」なんですね。

似たような話はいっぱいあって「自分らしく振舞ってたらかえってモテなくなった」「自分が好きなようにしていたら狙っていた男から否定的なこと言われて傷ついた」等の報告・苦情・クレームをよく頂くんですけど、「確かにそう思っちゃうかもしれないけど、それって誤解なんだよねー」と一蹴することにしています。

「昔の自分とわがままになった自分とどっちが好き?どっちが楽?」と聞かれたらKさんはなんて答えられますか?

その答えはどっちでもいいんですけど笑、大事なのは「自分が好きな自分はどんな自分?」であり、「自分らしく自然体で振舞えるのはどんな自分?」という問いです。

自己肯定感が不安定ってのは全然問題なくて情熱の女はたいがいそんなもんです。

けれど、トータルで見た場合「今の自分、好きだわあ」と思えることが一番お勧めしたい状態です。

男にモテるため、とか、周りから変に思われないため、という他人軸なあり方だと「今の自分、好きだわあ」にはなかなかなれません。

他人軸だと自分本来の魅力は出てこないので、それこそ「マネキンが色っぽい服着てる」ような状態になってしまいます。

だから、「私はどうしたいか?」ってのが大事で、それは自分が自分を好きでいるためにも大事なことです。

似合わないって分かっても好きでミニスカート履いてたら似合うようになるし、ピンヒールは走りにくいけどそんな自分が好きだったら慣れて走れるようにもなります。

そうして、自分が好きな自分でいることがまずは目標なんですね。

スニーカーが好きならそれでいいし、ピンヒールが好きならそれでいいんです。
今は好きじゃないけど好きになりたい、ならそれもOKだし、それが似合う女になりたいと思えば、その思いは叶えられます。

そうしてまずは「自分を整えていく」ということをお勧めしたいのです。

まずは「自分」です。

そして、その上でもう一つ覚えておいていただきたいのは「スターは遅れて登場する」という法則です。

自分らしく振舞い、自分らしい魅力が開き、それこそ雰囲気が変わってきたとしてもすぐにヘラクレスオオカブト君は現れません。

最初はアブラムシとか蛾とか青虫とかが寄ってくるものです。
でも、そこで花を咲かせ続けてくると、いよいよスターが登場するわけです。

仮にNGKとか行ってみてください。
最初は知らない漫才師が登場するけど、だんだん大御所が出てきてどんどん場が盛り上がっていきますね。

フェスでもそうでしょ?
ヘッドライナーとして一番名前が大きくクレジットされるアーティストはトップバッターなんかでは出てきませんよね?

自分の魅力が開き始めてアブラムシが寄ってきたら「おお、いよいよフェスが始まったな!おほほほほほ!」と楽しみにして良いのです。

もちろん、そんなあり得ない男は鼻息でフッとばしちゃえばいいでしょう。
「あなた、誰に声をかけてるの?身分をわきまえなさい」くらいは言っても良いです。

そして、そこで「あら、あたしっていい女なのね。」なんてニヤニヤしながらヘッドライナーの登場を待てばよいのです。

仮にKさんが「相手を委縮させる何か」を持っていたとしても、そこを乗り越えてくる男じゃないと満足できないはずですよね。

だから、その男が現れるまではどんどん自分らしく振舞っておくのがお勧めなんです。

で、そうすると「2年もその状態なんですよ!」て話になって場が険悪な空気で包まれると思いますので、逃げ足の速い私はちゃんとその辺の答えも用意してるんです。

「たぶん、Kさんが思っているのとまったく違う要因がそこにあるんじゃねえかな?」と。

自分に合う男に出会うためには、当たり前ですけど、「自分」を知らなきゃいけません。
そして、「自分らしく」いないと、自分らしくいられない男と出会うことになります。

てことは改めて、Kさんは自分らしさとか自分本来の魅力とかをちゃんと見つめ直す必要があるんです。

自分に我がままに振舞えるようになったのなら、以前よりは今の方が自分らしく振舞えてるはずですよね。

どんな変化があったのか、どう楽になったのか、ちょっと振り返ってみてください。

そして、もっと自分らしい自分とか魅力的な自分というのをちゃんと自覚していきたいところです。

そしたら、素の自分が見えてくるから、その素の自分と合う男が見えてくるもんです。
もちろん、出会いも増えていくでしょう。

でも、少なくても素の自分でいられたら楽ですし、自分本来の魅力を自覚デキていたらそれだけで毎日が楽しく、幸せになりますし、そしたら、気分も明るくなりますよね。

そのときにKさんの魅力がぷふぁーっと放出されるので、それをかぎつけてヘラクレス君が「マイハニー!待たせたね!」と颯爽と登場してくれるもんですね。

信じられないかもしれないけれど、そんな話をよく聴くので多分本当なんだろうなと思っています。はい。

ってことで、自分を知る、整える、と「素の自分=ありのままの自分」でいることを目指してみてはいかがでしょうか?

★自立系武闘派女子の恋愛講座シリーズ

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せな恋を遠ざける12個の要因を手放してみる~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~自分の魅力と強みを自分で見つけて自信にする!~

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

自立系武闘派女子のための恋愛講座~愛され上手になる秘訣とは?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~ヘラクレスオオカブトくんとどうしたら出会えるのか?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい