自分に合う男なんてほんとうにいるの?どこにいるの?~セクシャリティが豊かな女性が自分にぴったりの男と出会う方法~



自分の魅力をありのままに認めることって、その魅力が飛びぬけて強い人ほど難しいものなんです。才能を受け取ることが。
だから自分のエネルギーを信じ、直感や感覚に従って、身の回りを自分のエネルギーに合うものに変えていくことから始めるといいのです。

根本先生、PCCでは大変お世話になりました。先生にして頂いたセクシャリティ開放ワークにとても満足しているのですが、新たな問題が。

婚活サイトで会う男性が、みんな挙動不審なんです。会話も盛り上がらず、でも次のデートには誘われる。なのに突然音信不通になる、の繰り返しです。

ですが先日、指圧師の男性に言われたんです。

「これほどまでに色気とオーラがある人に、初めて会いました。最初に見た時に、本当にびっくりしました。
あなたは初対面から強いエネルギーをまっすぐ向けてくるから、ドギマギしてどうしたらいいか分かりません。
その色気と独特の雰囲気に、大抵の男はあなたを好きになりますよ。だけど、それだけエネルギーが強いと、男は太刀打ち出来ませんよ。
あなたより大きな力を持つ男じゃないと、男は自信を無くして上手くいかなくなると思います。」

セクシャリティを開放しまくっている女性は、自分以上にエネルギーの強い男性じゃないと上手くいかないのでしょうか?
そんな男性は居るのでしょうか?
(Kさん)

お久しぶりですー。
セクシャリティを解放してるしてないもありますが、そもそもセクシャリティがめちゃくちゃ強い女性(男性もそうだけど)は、ちょっと歯車が狂うとなかなか男性と巡り合えないことが多いですねー。
うちの読者あるあるですねー。(他人事風に)

「そんな男いるんですか!?」とよくネクタイを引っ張られるんですが、「いるんじゃねーの?」(他人事風に)と答える私です。

「どこにいるのよ?ねえ、どこにいるのよ?」とさらに強くネクタイを引っ張られるんですけど、そうすると窒息しちゃいますよ?気を付けてね。

その指圧の先生、とても良いことを教えてくれましたねー。
それで婚活で出会う男たちの挙動不審ブリもよく分かったかと思いますー。

そして、ものすごく他人事のように言っちゃうんですけど、

「自分に合う男が必ずいる!って信じられる?」

って聞くんです。

あ、これセクシャリティが強いとかに関係なく、絶賛婚活中&パートナー捜索中の方にお聞きしたいことなんです。

「自分に合う男なんていない!」って信じてません?

その願いが叶ってるだけじゃないですかー?(他人事風に)

「でも、今までそんな男に出会ったことないし、とてもいるとは思えない」という風に過去のデータを参照して「自分に合う男なんていない」と信じ込んでたりしませんか?

「それってね、川釣りに出かけて“鯛が釣れない!”って言ってるようなもんかもしれないですよー」などと言ったりします。

「探す場所が間違ってるってこと?」

そうかもしれないですよねー。

「じゃあ、どこに行けばいるのよ!」

鯛を釣るなら海じゃないっすかねー?

「あたしにとっての海ってどこなのよー!!」

という話を今からします。笑

「絶対自分に合う男を見つける!草の根分けてでも見つけ出してやる!」と鼻息荒くセミナールームを飛び出していった方は、早ければ数日、遅くても半年以内に獲物を見つけて報告に来られます。

猫が自分で捕まえた獲物を自慢しに持ってくるように、「いましたぜー。見つけ出しましたぜー」って。

どこにいたの?って聞けば、その場所はまちまちなんですけど「意外と近くにいた」という報告例が多いのは面白いところです。

この「近く」というのは、物理的に場所が近いこともあれば、人間関係的に近い場合も含まれます。

「自分に合う男は必ずいる!」ということを信じた結果だと思ってます。

いると思えばいるし、いないと思えばいない、というシンプルな法則です。

だから、「どこかに必ずいる!」と信頼することってすごく大事なんです。

めちゃくちゃ難しい条件を掲げていた女子も、見事にそこにマッチする男を見つけ出していました。

「いるところにいるんだねー」と思いましたね。

で、話がすごく飛躍するんですけど、才能がある人はその才能を受け入れることにものすごく抵抗を示します。

めっちゃ美人の人がその美しさを認めることにすごく抵抗があるように。

目に見える魅力を受け入れることに抵抗があるくらいですから、目に見えない魅力や才能を受け入れるってのは、ものすごく抵抗があるんです。

Kさんの場合も自分のそのセクシャリティの豊かさを「受け取ってない」とは言わないですけど、もしかしたらまだまだ「抑え気味」にあるのかもしれません。

例えば、そのエネルギーが100あるとしたら、30は受け取ってるけど70は認めてない、みたいな感じ。

30しか受け取ってないと、30のつもりで行動します。
そうすると、30に相応しい相手と出会います。

でも、自分では30だと思ってるけど、実際は100あるので、30で出会った人はそのエネルギーのギャップに戸惑い、挙動不審になり、ドン引きしちゃいます。

たまたま食事の席で隣に座った人としゃべってみたら、相手が自分よりはるかに高収入な人でビビっちまったような感じかもしれません。

だから、自分の魅力をちゃんと受け入れることってすごく大事なんです。
自分を粗末にしないためにも。

Kさんや同じことを感じる方に提案したいのは「視線をもっと上にあげる」ということです。
「意識を高く持つ」と言ってもいいです。

で、その際に「選んでもらう」んじゃなくて「選ぶ」という意識が大事なことは言うまでもありません。

例えばKさんは、出会った途端にキョドってしまった男たちに対して「あ、違うな。こいつじゃねえな」と瞬時に分かってしまったと思います。

それが答えなんです。

Kさんみたいな方は直感力というか感覚も非常に鋭いので、出会った瞬間に自分と合うかどうかは判断できると思うんです。
なんなら、ああ、この人とはどういう関係になるか?なんてのも何となく分かってしまうと思います。
「この人とは続かないな」とか「この人とは食事に行くくらいかな」とか「この人とは体の関係まで行きそう」とか「この人には身を任せもいい」みたいな感覚。

そういう自分の直感や感覚をただ信じるようにするんです。

そもそも婚活サイトに自分に見合う男がいるのか?というところももしかしたら分かってらっしゃるんじゃないかなあ?

そこで思考を使って「でも、出会いもないし、きっかけ作りとしたら婚活サイトしかないから」なんて頑張ってみても、あるいは「一度会っただけじゃその人のことは分からないから3回は会ってみないと」と考えてみても、もう分かってることを確認するだけの作業になると思うんです。

自分の直感や感覚をただ信じるんです。

もちろん、婚活サイトで出会うことが悪いわけではもちろんないし、確かに一度会っただけでは分からないことも多いと思います。

けれど、自分の直感や感覚が「違うでー」って言ってるなら、それをただ信じるってことです。

「あたしのようなセクシャリティが豊かな女に合う男ってどんな男だろう?」と、ここでも自分を基準にして相手の姿をデザインしてみるんですね。

そして「あたしに合うその男はどこにいるのかしら?」と直感に聞いてみるわけです。

そしたら「ああ、この辺かなー」なんてアイデアがふと浮かんできたりするものです。

それはもちろん試行錯誤になるかもしれないし、直感の声なのかエゴの声なのか見分けは付かないかもしれないけれど、とりあえず「信じて行動してみる」ということをやります。

そうすることでますます直感が冴えてきます。
自分を信じることに慣れてきます。

そうすると、偶然を装ってそういう人と出会うことができます。

自分に合う相手ですから、その人も何となく「ああ、この人だ」と気付いてくれるかもしれません。

そうするととても自然に関係が続いていきます。

「なんかこの人にはもう一度連絡したくなったの。ふつうあたしから誘うことなんてしないんだけど、なんかこの人には自分から連絡してみたの。」

「第一印象がそんなにいいわけじゃないんだけど、なんか居心地よくて、自然体で振舞っている自分がいることに気付いたの。相手も同じ気持ちだったみたいで自然と次に会う約束をしていたの。」

「出会った瞬間に“あ!見つけた”と思ったの。だから、自分からどんどん行けたの。」

そんな報告をよく頂くんですよね。

もちろん、惜しいケースもあって「あ、この人なら自分に合う」とエネルギー的に思ったんだけど、その相手が既婚者だった、なんてことがね。
あるいは、仕事上の付き合いの人でなかなか会えない人、とか、忙しい人で遠くに住んでる人、とか。

でも、「出会えた」ってことが大事で、それが経験と自信になります。

そこで「じゃ!次行くぞ!」ってやってもいいですし、もし、何らかの形でその人に会えるなら会い続けてみてもいいです。

そうすると「自分のエネルギーに合う人と一緒にいる」という経験が積めるので、より自信にできますし、そのエネルギーに自分を馴らしてあげることができるので、その感覚をより自分にフィットさせることができます。

つまり、またそんな人に出会う確率を上げられるわけです。

意識を上げる。
視線を上げる。
視座を高く持つ。

よりそんな意識を持ってみるとよいのです。

そこは頑張るところかな。

自分のセクシャリティの豊かさをほんとうに受け取るのってめちゃくちゃ抵抗がありますけど、それをもっともっと認めてあげることがテーマです。

そしたら、自分のエネルギーにフィットする人と必ず出会えますから。
もし、心当たりのある人がいれば、その人と積極的に会って自分のエネルギーの高さを自分の潜在意識に教えてあげましょう。

あなたはこのレベルの人と対等なのよ、と。

で、今日は出会いについてなので「人との出会い」というのを中心にお話ししましたけど、実は日常生活においてもあらゆる面で「自分のエネルギーとフィットするモノ」に意識を向けるといいです。

自分のエネルギーに合う服。車。部屋。カフェ。レストラン。

で、特に仕事はめちゃくちゃ重要で、自分のエネルギーレベルに合う仕事じゃないとものすごく消耗してしまいますね。

だから案外Kさんの場合も「仕事を自分のエネルギーに合わせる」というところから始めてみたほうが早いかもしれないなあ、と思うんです。

よくブログでもカウンセリングでも「恋愛相談に来たのに、仕事頑張れって言われた」みたいなことがあるんですけど、それはこういう狙いがあるんですね。

自分の身の周りを自分のエネルギーに合ったものにしていくと、当然ながら出会う人も変わっていくし、“会った瞬間に体がジーンと熱くなって濡れちゃう”ような男と巡り合えるようになるのです。それって最高でしょ?

なので日ごろからより直感や感覚に従って生きることを意識してみてください。
それが一番早い方法だと思うのです。

★そんな恋愛セミナーの動画はこちら~。

自立系武闘派女子のための恋愛講座~ヘラクレスオオカブトくんとどうしたら出会えるのか?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
自分に合うパートナーなんてほんとうにいるの!?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい