厳しく育てられていい子になって生き辛さを感じる人は実は可能性の宝庫である。



虐待じみた思いを子ども時代に味わっていい子として育てば都合のいい女になるのも無理のないことですが、そうした子ども時代のトラウマを癒していくことで、それまで隠されていた自分本来の才能が輝き始めるので、未来は希望と可能性しかないのです。

野良猫男子への片思いについて

執着を手放したくて根本さんの本に出合ってそこからブログを見漁って
日々「なるほどな」と思っています。気付きをいつもありがとうございます。

今回はぜひネタにしていただきたく…お願いします。

私は幼少期、父親から「しつけ」と称して暴力を受ける事が多々あり、「自分が悪いからなんだ」といつも思っていました。母からも怒られる日々。怒られたくない一心と自然と顔色を伺っては、自分が何かをすれば褒めてくれると思っていました。その癖は未だに直りません。
いい人ぶろうとしてしまうんです。

誰かが怒っていれば「私何かしたのか?」と思い、「自分が悪いんだ」と思い、ここまで来てしまっています。職場、頼まれごとも断れません。
人に頼むのも苦手なので、自己解決しようとしてしまいます。
そんな背景もあり、職場でもプライベートでも人に尽くしてしたり、顔色を伺ったり、そんな事が当たり前になっています。

現在職場の野良猫男子に片思いをしています。
「嫌いじゃないから来る」と家には時間があれば来ます。
でも、「好きじゃない、恋愛感情はない」と。

彼の仕事用の着替えが置いてあり、私服も置いてあり、だから、友人と出かける前や、日曜の夜は来るくらい。平日もたまに。
昔は何をしてるのか?今日の予定はなんなのか?と連絡がしょっちゅうありましたがそれもここ1カ月はなくなりました。

家に来てもインスタを常に見たり、youtubeを見たり。
携帯ばかり。私の話を聞いてくれることもなく、彼の話を聞くだけ。
複数の女の子とのLINEはしょっちゅう。おかげで着信音も恐怖症に…。

いつか振り向いてくれるんじゃないかと、来るか来ないかわからない彼を日々待ち、彼が来ればご飯含めた身の回りを世話し、我儘を言われても全部聞く。
気付けば職場では彼の言いなり。他の方が自分でする事を面倒な事は押し付けられるようになりました。
元々他の方の仕事も頼まれると断れないので、受け入れるしかなくなっています。

怒らせたくない、その一心で顔色を伺い、何もかも受け入れてしまう自分がいます。

彼に執着しているからとにかく自分を見てほしい一心で色々な事やりながら、振り回されている事はわかっているのです。
都合のいいように使われている事もわかっています。
ただ、「もう来ないで」という一言が言えないのです。

どこか寂しそうで、強がっている彼を見ていると投影しているような気もします。

とにかく執着を手放したい、ラクになりたいそう思っても、都合がいい存在でも傍にいたいと思っている自分と、本当に好きなのか?一人になるのが恐いからではないのか?と自問自答の日々です。

こんな片思い、どうしたらいいのでしょうか。
好きなはずなのに、彼の本心も見えなければ
なんで来るんだろうという疑問、いろんな気持ちに押しつぶされそうです。

こんな時どうしたらよいのかアドバイスをいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いいたします。
(Aさん)

まあ、それは大変な。よう我慢できますね。好きだから?なのかな。
うちの武闘派女子軍団がAさんの話を聴いたら武装蜂起しそうな話ですよね。みなさん、落ち着いて!

とはいえ、Aさんのような体験ってあるあるっちゃあるあるなんですよね。

怒られる/嫌われることが嫌。怖い。

相手を怒らせないように/嫌われないようにご機嫌を伺う。

言われたことは何でもしてしまう。

奴隷化する。

都合のいい女になる。

けどそのことに気付かない/認めたくない。

それを聴いた武闘派女子軍団、武装蜂起。

というのが王道の流れでして、知らず知らずのうちに「相手の都合に合わせる女」になるんですよね。
そうすると彼からすれば「この女はこういう扱いで十分」ってことになり、好きだし怒らせたくないという思いに付け込んで、「なんでも言うことを聞く女」という程度の扱いになります。

残念ですが、今のままで彼が振り向いてくれる可能性は太陽が西から上ってくるくらいの確率しかないので、まあ、ちょっとここで生き方を変えて行きましょうか、というのがざっくりした私の提案です。

「なんで彼は家に来るのか?」という疑問も無理ないですけれど、それを彼に聴く勇気はありますか?仮に1度聞いたくらいでははぐらかされたり、納得できない答えを返してくると思うので、そこをさらに突っ込んで聴く勇気はありますか?

子ども時代から「たぶんそれ、虐待だよね?」という体験をしてきた方は大きく2つの方向に別れて行きます。

一つはそんな父母に対抗すべく「理論を磨く」「腕力を磨く」「外に救いを求める」というアクティブなタイプで、その結果、「筋金入りの自立系武闘派女子」に育って行きます。
そんな方々からの投稿もうちのブログにはたくさんありますよね。

もう一つはそんな父母に抑え込まれて何とか耐え忍ぶタイプで、我慢力や適応能力や器用さを持ち合わせる一方で、なかなか自分から行動を起こしにくくなり、常に怖れの中で生きることになります。
その結果、自立系武闘派女子の中でも「後方待機部隊」に所属することが多いのですが、彼女たちはおしなべて核兵器級の武器を隠し持っていることが知られております。(が、本人たちはそのことを知りません。)

ということで結局、自武女になることは確定しているわけですが、共通項としては、女子力高め、感受性豊か、高性能レーダー完備、強力メンタル装備、根性あり、と言った特徴も有しております。

とても才能豊かでエネルギッシュな方々なのですが、その多くは封印されてしまっており、自分でもその才能を知らないし、また、使い方も分かりません。(なのでとても危険ですね。)

だから、その有り余るエネルギーを用いて「ひたすら我慢」とか「徹底的に相手に合わる密着ディフェンス」とか「無限のスタミナを活かした行動力」とかに出るわけです。

そういう意味でAさんが彼にしてあげていることってのは、相当なエネルギーを消費することなので、常人にはとてもできぬことなのですが、子どもの頃から虎の穴で鍛え抜かれた精神力により、疑問を感じつつも彼を受け容れ続けるという離れ業が可能になっているわけです。

加えて文章を読むにAさんは賢い人のようで、それ故にまた考えすぎる傾向にもあるのかもしれません。

ということで、結局のところ子ども時代のトラウマから抜け出せていないので、【「彼」に「父」を投影してしまい、形は違うけれど「父」との関係に起きたことを「彼」にしてしまっている】という状態が今のAさんなわけですね。

だから、なんだかんだお父さんなりお母さんなりと向き合い、そこで封印されてきた本来の自分を取り戻していくことが課題となります。

彼のことはその後で扱うことにして当面は放っておきましょう。

>私は幼少期、父親から「しつけ」と称して暴力を受ける事が多々あり、「自分が悪いからなんだ」といつも思っていました。母からも怒られる日々。怒られたくない一心と自然と顔色を伺っては、自分が何かをすれば褒めてくれると思っていました。その癖は未だに直りません。

そういう風に思うのは子どもにとっては当たり前で、それ故に親の責任は大きいのですが、とはいえ、完璧な親など存在しないので、どこかで傷ついて育つのが子どもなのです。
そして、どこかで躓くのでそのときそんな自分の傷を癒していけばいいんです。

子どもにとってそれくらい親は絶対的な存在ですから「お前が悪い」と言われたら、「あたしが悪いんだ」と思い込むようになるのが自然の反応です。

その思い込みは非常に根深く、そして、確信をもっているので、何が起きても「自分が悪いのでは?」と思う癖が芽生えます。

よく人は「罪悪感を刺激して相手をコントロールする」ってことをやりがちなのですが、子育てにおいても非常に多用される方法です。

すなわち「こうなったのはお前のせいだ」とか「お前がこうだったらこんなことにはならなかった」とか「お前のせいで俺はこうなった」という形で、相手に罪悪感を感じさせ、罪を償わせること=自分の思い通りにすること、という風にするわけですね。

そうした育てられ方は、常に罪悪感を仕込んでいくので、知らず知らずのうちに罪悪感に取り込まれることになります。

だから、大人になっても自分を傷つけること=幸せじゃないことを選択することになり、「幸せになりたいのに全然幸せになれない」という問題を作り出したり、敢えて傷つく方向に舵を切ったりして「なんでこうなっちゃうんだろう?」と天を仰ぐことになります。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナー動画:『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』
*心理学講座動画:『罪悪感と癒着の心理』

また、Aさんのように「怒られるのが怖い」という思いをずーっと体験している場合、他人に対して怒られないように行動するってことが基本となってしまいます。
これもまた悲しいことですよね。

自分の思いとか何が正しいかよりも「怒られないように」が行動の基準になりますから、自分でも「あれ?おかしいぞ」と気づいても、それ以上に怒られることが嫌なので「おかしいと思っていながらも変わらない」という日常が現れるわけです。

ということでとりあえずの目標は「親に対して怒りを覚えること」です。

そのために心の中を整理していくことにしましょう。

まずは、子ども時代の自分と向き合っていきます。

〇子ども時代の自分に出会ったとしたら何て言ってあげたいでしょう?

〇子ども時代の自分が親から欲しかったものって何でしょうか?

〇子ども時代の自分が我慢したことってどんなことだったでしょうか?

〇子ども時代の自分を黙ってぎゅーっと抱きしめてあげてください。どんな気持ちになるでしょう?

続いては親と向き合っていきます。

〇今だからこそ思う、親に言いたいこと。

〇親に対して言いたいけど言えなかったこと。分かってほしかったけど分かってもらえなかったこと。

〇親に対して怒りを爆発させている自分をイメージしてみてください。そこで何を感じるでしょうか?

〇親に対して反抗的な態度を取ってる自分をイメージしてみてください。そこで何を感じるでしょうか?

〇親に対して「嫌い!無理!」と叫んでいる自分をイメージしてみてください。そこで何を感じるでしょうか?

まずは、この辺から取り組んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、その先には親を理解する・許すといったプロセスも用意されてるわけですけれど、それは思考(頭)でやることではないので、まずは感情面の整理から始めて行きます。

※その先に進みたい人はこちらを参考にしてください。

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』

子どもの頃に虐待のようなことを受けていた人は大人になっても生き辛さを感じることが多く、「自分じゃない自分」を生きることになります。

しかし、その一方で、本来自分が持っている才能や魅力や価値と言ったものは土の下でずーっと眠っている状態です。

そうした自分を癒していくことで、ずっと隠されてきた才能や魅力や価値が現れるのですが、それは長らく保管されてきたのでみずみずしく、新鮮かつピュアな状態のままです。

それは「いきなり押入れの奥から10億円の現金が出てきた」みたいなものでして、すさまじい可能性なんです。

Aさんや同志のみなさまはそれだけの伸びしろを今持っているということになります。

もちろん子ども時代に傷つかなかった人は誰もいないわけで、量の多少はありますが、相当数の宝物を押し入れの奥深くに隠してしまっている状態です。

だから、こうして感情を解放し、許し、癒し、自分の本音を見つめ、そして、自分の足で立ち、自分らしい人生を見つめて行こうとすると、どんどん世界が広がっていき、自分でも想像もしなかった美しい世界が目の前に出現することとなります。

抑圧がきつい分だけ、それが解放されたときのギャップはでかいわけですね。

ということで、ぜひとも未来に希望を持ち、まずは「くそオヤジ!」と反抗期を迎えるところから新たな物語を始めていくことにしましょう。

◎そんな隠れた才能や可能性を引っ張り出し、未来にワクワクする3日間。

【10名突破!】東京:7/16,17,18 ザ・リトリートセミナー in 神楽坂~人生を変える3日間へようこそ~

★嫉妬本

「つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本」(学研プラス)
動画配信/DVD:「嫉妬って何?嫉妬ってどうしたらなくなるの?嫉妬とどうしたらうまく付き合えるの?」講演会&質問会

★寂しさと孤独感を癒す本・動画

「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版)

*動画配信/DVD:「つながりと自己充足で寂しさと孤独感を癒す3時間ワークショップ」

*動画配信/DVD:「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」発売記念講演会

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい