他人軸のときに「if~then」のシミュレーションを繰り返しても何も変わらないという悲劇。


「○○したら、△△になりますか?」というif文の質問をよく頂くのですが、それはシミュレーション(思考と言ってもいいです)なので、実際には行動には移せないことが多いので、頑張ってるのに何も変わらない・・・という悲劇を生みやすいのです。

こんにちは。一年前に根本さんの存在を知りいつも為になるなぁ、素晴らしいなぁと、ブログを読ませて頂いて元気をもらってます。
私は50代、6年前から主人の不倫で悩んでいました。
それも主人は6年前、浮気が始まった時に私に告白してきました。(貴女(私)の事は今も大好きですが、今.貴女の他に好きな人が出来てその人も大事にしていきたいと思っていますと)
浮気は隠すものじゃないのーでも主人らしい対応に最初は無理してでも認めようと頑張りました。アホ妻ですから(ありがたいN氏の3万DVDも購入して勉強しましたから)が~~私は優しい人柄と周りから思われていますが、自己判断は武闘派女子です。
酒を飲んでは本心が出るので、浮気は許せないを全開に対応してきました。
不倫されるまで、私は主人がいないと生きていけないと思うくらい主人に強依存でした。主人は仕事ができるけどDVもある関白亭主、私はただただ我慢の女。じゃない、主張が出来ないM女、そしてそんな男がいいアホ女。
私は超嫉妬深かったので、妄想で自分を追い込んでしまい、主人を責める事をやめられなかった。
そりゃ主人の気持ちも引きますよね。
それなのに、まだお前を大事にしていきたいと言うのです。私は根本さんとの出会いで自分軸を持つ事を学んで以前より気持ちは楽になりましたが、主人が私じゃなく心の拠り所を彼女に求めているのだと思うと、納得しながらも無性に寂しくなる時があります。
自分軸を確立できてもこの寂しさはつきまとうのでしょうか?
たまにいる妻も愛人も大事にしたいという男、完全に自分軸が持てれば人生楽しくやっていけるのでしょうかね?
(Yさん)

まあ、現実的に「本妻も愛人も大事にしたい」と希望する男性は多いですが、現実的にそれが成し遂げられるかは微妙でございまして、たいてい、夫、妻、愛人のどなたかが爆発してゴタゴタを招くことが多いような気がします。
ポリアモリーを主張するならば3者がそれぞれその気質を持っていないと難しいものですしねー。

さて、

>自分軸を確立できてもこの寂しさはつきまとうのでしょうか?

こういう疑問を感じられるのも無理ないことでして、自分が夫に依存していたことを悟り、さあ、自立しよう!と思ったときに「果たして自立できたら(自分軸を確率で来たら)、この思いはなくなるんだろうか?」と思ってしまうものです。

ただ、カウンセラーN氏はそういう質問を頂くと、

「まあ、その時になってみないと分かんないよね~♪」

といい加減な答えを返すそうです。あらま、いい加減っていうか、テキトーっていうか、、、曖昧っていうか・・(笑)

こうした「if文」というのはやはり変わろうとするときによく出てきます。

・ライフワークを見つけたら夫のことはどうでもよくなるんでしょうか?
・ダイエットして痩せたら、夫は私のことをもっと見てくれますか?
・私がもっと女らしくしたらレスは解消するのでしょうか?
・母親との癒着を手放せたら、もっと夫のことを愛せますか?
・仕事を見つけて私が自立したら、夫との関係はよくなりますか?

ごもっともな質問、疑問、不安だと思います。
けど、私、あ、違う、N氏がなんで「その時になってみないと分かんない」とお伝えするか?というとね、「期待」が生まれるからなんです。

「期待」はある程度のモチベーションを作ってくれるものではありますが、その裏には不安、怖れ、疑い、自信のなさに加え、かなりの依存心が含まれるものなので、「期待は裏切られる」の格言にあるように、なかなかその結果(後半部分)は得られないもんなんです。

つまり、その後半部分が得られるんだったら、頑張ります!!ってことでしょう?

「夫との関係がよくなるなら」という結果が得られるんだったら「自立します」というのは、夫への依存心からですし、条件付きってことですからね。

Yさんの話で言えば「自分軸を確立したら、寂しさはなくなる」ということですが、自分軸を確立した世界は、今とは別世界ですから、今はまだその世界のことは自分でもよく分からないんです。

いわば「自分軸を確立したら」というのは、日本に住んでる人が「ヨーロッパに住んだら」ということと同じなんですよね。
情報はあれこれ入るけど、実際行ってみないと分からないことってたくさんあるでしょう?
だから、「そりゃあ、行ってみた方が早いっすよ。その後のことは、ヨーロッパに行ってから考えてもいいじゃね?」という提案をN氏はしているようなのです。

同じように、

>完全に自分軸が持てれば人生楽しくやっていけるのでしょうかね?

というのも同じですね。

「自分軸」が伝家の宝刀とか水戸光圀公の印籠みたいな風に思っちゃってません??

(そもそも「完全に」という言葉をお使いになる時点で、「本気で自分軸に移行しようと思ってる?だいぶ、疑いがあるんじゃね?」とも深読みできるものですが)

なので、まずは、ご主人への依存(癒着?)を手放して、自分の足で立つこと、すなわち、自分軸を目指されることをお勧めしたいところです。

長年、ご主人に精神的、肉体的、経済的、社会的に依存してくると、それが「習慣化」していますから、分かっていてもなかなかその習慣から抜け出すことは難しく感じるものです。

「私は私、夫は夫」だと“頭では分かっている”ものの、心は全然それについて来ないんですね。

それでよく「より自立しなきゃいけない状況」が起きてしまいます。

ところが、頭が良い人は考え癖があるものですから、シミュレーションをたくさんします。

「自分軸を確立したらこの苦しみから逃れられて、楽しさも感じられるようになるんじゃないか?」

「仕事を始めて経済的に自立すれば、夫に対する執着も手放せるのではないか?」

「N氏のセミナーやカウンセリングに通ったら夫への気持ちも楽になるのではないか?」

という風に。

ところが、このシミュレーションというのが問題でして、こうして思考している間は「行動は起こせない」んです。

もちろん、シミュレーションも「やったろうやないか!」という前向きな気持ちで行うならばよいのですが、こういうケースではたいてい「怖れ、不安」からやっちゃうものですよね?

怖れや不安からシミュレーションをするのは「ほんとうは動きたくない」からなので、シミュレーションをすればするほど(=考えれば考えるほど)、“動かなくてもよい理由”をたくさん見つけてくるんです。

なので、そういうお話を聞いているN氏はセッションなどで、ずばり「ほんまに変わりたいと思ってるん?」というきつい質問を投げかけるそうなんです。ひどいですね。

そういうわけで、「じゃあ、ほんまはどうしたいん?」というそもそも論に戻るのです。

Yさんのお話で言えば、

「旦那さんは『それでもお前を大事にしていきたい』と言ってるけれど、Yさんはどうなん?それでいいん?」

「旦那さんは『妻も愛人も大事にしたい』と言ってるけど、Yさんはどうなん?それでええん?」

という風に、「私の気持ち」にフォーカスしていきます。
これがある意味、「旦那軸」から「自分軸」に移行するアプローチでもあります。

その上で「Yさんが求めてる夫婦関係ってどんなものなの?Yさんが幸せを感じられる関係って何なん?Yさんはどんな関係を築いていきたいの?」という風に考えていきます。

「旦那さんが」ではなく「私が」という主語で、自分の人生を語るようにしていくんです。

長い間「旦那軸」で生きてきた分、どうしても思考に「旦那が」という主語が入り込んでしまい、人生の主導権を彼に取られてしまいます。

そのたびに、いやいや「私、私」という風に意識を向けて「私はどうしたいんだろう?私は何が欲しいんだろう?」と自分に問いかけ続けるんです。

「手放し」もセミナーやDVDで学べますが、「本気の」って言葉を付けているように、「もう旦那軸はいやなんじゃー!!自分の人生を生きるんじゃー!!!」と決めないと、「DVD見たけど何も変わらない」ということになっちゃいます。
もったいないですよね~。

なので、改めて「私はどうしたいのか?」という自分の意志を見つめていきましょう。

そして、そのために自分が“今”どんな“行動”をとることができるのか?を考えて実践していきます。
ここで「どんな行動を取ればよいのか?」と良い、悪い、うまくいく、行かない、を考えるとシミュレーションになっちゃうので、実際行動できることを見つけて、実際行動する、ということが怖れや不安に絡めとられないためにもすっごく大事です。

依存から自立に向かうには、すなわち「他人軸」から「自分軸」に移行するには思考があれやこれやと邪魔してくるので、「今できることを今行動する」ということがきっかけになることも多いです。

そうして「自分軸」で考えられるようになると、今までとは全然違う世界がそこに見えてくるものなのです。

★文中のN氏のDVDってこれですかね?

『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』
http://nemotohiroyuki.jp/dvd/14316

★手放しってことならこちらもお勧めです。

『本気の手放しワーク』
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/27607

★自分を癒す、浄化する瞑想もよくやっております(^^)あと3名で満席になります。(3/2までにお申し込みくださいね)

3/9,10 神戸・北野リトリートセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28183

★ワークショップ『自分を愛する、ということ』
名古屋:3/3(日)13:30-16:30
広島:4/20(土)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/27420

★ワークショップ「さあ、流れに身を委ねて新たな一歩を踏み出そう!」
大阪:3/31(日)13:00-17:00
東京:4/6(土)13:00-17:00
福岡:4/21(日)13:00-17:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28936

★毎週月曜日はオンラインスクール!

登録はこちらから!!
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あわせて読みたい