すべてのやる気がなくなり、過去のことを思い出すことが増えたのはなぜ?


事の最中はそのことに夢中で感情をきちんと感じられないことが多いんです。
それで落ち着いた後にその頃の思いがよみがえってくるんです。
だから、今はまさに自分の心を大切にする時期ではないでしょうか。

***
岩男くんの記事を読み、あぁ自分の元夫もこれに当てはまるのかなと興味深く拝読しました。

岩男くん(ロックマン)について。そして、別れた後にもう一度近づく方法。

ロックマン(岩男くん)とは?~その傾向と対策、50選~

私の質問は今年に入ってからなぜか全てのヤル気がなくなり、また離婚過程のことを思い出すことが増えたのですが、これはどうしてなのでしょうか。昨年離婚しましたが、長年の問題にひとつ結論を出し、また新しく仕事にもつき、一人暮らしを再開しと昨年は勢いがあり前向きでした。

私の岩男くんの場合は、結婚して一緒に住む予定の月になっていきなり拗れ出し、過去の不満を全て「僕に対する愛がないからでしょ」と私のせいにされ、謝れば謝るほど「僕は精神的苦痛を受けた被害者だ」と。離婚届が郵送されてきて、その後2年程ずっと無視され続けました。
一緒に住む予定だったため正社員だった仕事も辞めたにも関わらず、扶養手続きもされず、生活費も一切貰えず、にも関わらず「弁護士は慰謝料請求も十分にできると言っている」などと脅されることもあり、両家を巻きこんで壮絶な期間でした。一度も結婚生活しないままの離婚を昨年ようやく決意できた状態です。

頭がいいのであれば、仕事ができるのであれば、こういうことをしたら相手が傷つくとわかりそうなものなのに、大手企業に勤める一見普通の男性がこういう無責任な行動が取れることは未だに理解できず、もはや何を信じたらいいかわからなくなっているというのはあります。
自分の人を見る目のなさに情けなさを覚え、次にいこうという前向きな気持ちが出てきません。また彼と惹き合ってしまったということは、自分にも似た点があり同等レベルの人間性だということも悲しく思っています。

自分を大切にということは、根本さんのブログを読んで頭では理解しています。
でも心が自分で自分を許せません。まわりの幸せな結婚報告を聞くにつけ、情けない結婚をした自分を恥ずかしく思います。こういう気持ちをどう消化したらいいのでしょうか。

最初の質問と最後がズレてさしまいましたが、総合的にいつか取り上げていただければ嬉しいです。
(Aさん)
***

まあ、なんて情熱の女なのでしょう!(ビフォーアフター風に)
こういう男性を射止めてこんな一大イベントを演出するということは、情熱ボタンを連打してもらわないと退屈する/つまんない/飽きる/暴れ出す情熱の女に相応しいですね~。

でも、ほんと大変だったでしょう?
理不尽なことの連続で「??????」で頭がいっぱいだった時期もあれば、なんで???って悲しく寂しくなることもあれば、しんどかったと思います。

さて、そんな中でのご質問。

>今年に入ってからなぜか全てのヤル気がなくなり、また離婚過程のことを思い出すことが増えたのですが、これはどうしてなのでしょうか。

“迷子のなった子どもはその最中はあまり泣かずに、お母さんの顔を見ると号泣する”という話があります。

Aさんの場合、離婚騒動の最中はそのことに気を取られてその都度感情を感じるってことはなかなかできません。
泣いてる場合じゃない、怒ってるだけじゃなにも変わらない、とりあえずあれしなきゃ、これしなきゃって忙しかったと思います。

それで離婚にこぎつけた直後はまだその勢いがあって走り出せるんですが、その新しい生活に慣れてホッとすると「それまでの疲れがどっと出てきてやる気が失せる」ということがよく起こるんです。

“蓄積疲労”なんて私は呼んでるんです。

例えば、この3月に長年勤められた仕事を辞める方がいらっしゃって、その方にもこんな話をさせてもらいました。

「しばらく休むってのはいいことです。でも、あまり4月以降の予定は詰め込まないでくださいね。旅行くらいにしておいてください。
今は仕事モードだからその勢いでスケジュールを埋めがちですが、実際、仕事を辞めるとモードが変わるので予定してたことができなくなったりするんです。
また、4月はまだまだ元気だと思います。仕事していた頃の勢いがあるのでいろいろ動けます。けれど、5月も中旬を過ぎたころからちょっとお疲れモードになるかもしれません。
今までずっと溜め込んできた疲れがじんわり出てくるんですね。
やる気が出なかったり、イライラしたり、日がな寝て暮らしたり。
感情のデトックスが始まったと思って、その時期を大切に過ごしてください。」

何となく分かりますか?

事が起きてる間に溜め込まれた感情が、ひと段落したのちに出てくるんです。
時間差攻撃みたいに。

つまり、離婚過程のことを思い出したり、やる気がなくなるということは、それだけ今、落ち着いて、安全な環境に自分がいる、ということなんですね。

だから、今はまさに「ご自愛」する時期でして、自分の心を癒す、解放するにはグッドタイミングでしょう。

例えば、元旦那さんと向き合う時間を作るのもアリです。
ただ、これは1人でやるよりもそういう機会を作った方がいいかな?とも思います。(一人だとなかなかやる気に慣れないでしょ?)
私のセミナーなら、「許しのワークショップ」や「問題解決セミナー」だったり。
また、目先を変えるってことなら「リトリートセミナー」とかね。

向き合うためのポイント。
「今、目の前に元旦那さんがいたら、何て言いたいですか?思ったこと、感じたことを全部吐き出してみてください」

必要なら藁人形と五寸釘を持ち出してもいいですよ~!!
お恨み帳を作ってどんどん書き出してもいいですよ~!!

例えば、転地療法みたいなこともおすすめしたいです。
私のクライアントさんで、年末年始に1週間湯治に行った方がいらっしゃるんです。
ものすごくよかった~病みつきになる~すごく解放できた~気持ちよかったって笑顔で語ってくれました。

温泉が好きなら1週間くらい思い切って「離婚騒動の疲れを癒す温泉旅」を企画してみてもいいですし、海の方が好きなら「離婚騒動の疲れを水に流すハワイの旅」を企画してみてもいいでしょう。
気の許せる友人と行ってもいいし、一人でもいいです。
普段住んでいる場所を離れるのもまた素敵なことだと思います。

ただ、

>でも心が自分で自分を許せません。まわりの幸せな結婚報告を聞くにつけ、情けない結婚をした自分を恥ずかしく思います。こういう気持ちをどう消化したらいいのでしょうか。

この思いが強い時は、許しや心の解放をしてもあまり効果がないことも多いんですね。
なぜ、自分を許せないのでしょうか?
その思い、いつからあったのでしょうか?

「感情が先で、出来事は後。」ってよく言います。

もし、Aさんの中に罪悪感がとても大きく、自分を責めたい気持ちがたんまりあると、その感情が「自分を責める出来事」を作り出すんですね。
それはとても巧みな戦略で、「自分を責めるに相応しい人物をキャスティングし、最高に自分をいじめられる環境をロケハンし、そして、主人公としてAさん登場」ということになるんです。

Aさんが長年罪悪感があるとすれば、元旦那さんみたいな人を引き寄せたり、うまく行かない関係を築く、というのは、最高に自分を傷つける方法になりますよね。

だとするならば、許すのは旦那さん、ではなくて、まずは自分、ということになります。

自分を許すって一言に言ってもなかなかすぐには難しいですが、例えば、愛を受け取ることは最高に罪悪感が嫌う行動です。

Aさんの大切な人って誰でしょう?
家族?
友達?
仲間?

彼ら、彼女たちがAさんに対して思っている愛を想像してみてください。
幸せになって欲しいっていう思いをただ感じてみてください。
それを「ごめんね」ではなくて「ありがとう」で受け取ってみてください。

心がじんわりと温かくなるくらいまで。

また、今まで自分に関わってくれた人に「感謝状」を書くこともよくお勧めしています。
手渡せたらいいですが、難しいようなら書くだけでもいいです。

○○してくれてありがとう。
△△さんと出会えて私は幸せです。

そんな言葉を綴っていくんです。
1日1通ずつ、30人を目標に書いてみるといいですよ。

感謝もまた自分を許すのに効果的な方法です。

ちょっと元旦那さんの心理にも触れておきましょう。

>頭がいいのであれば、仕事ができるのであれば、こういうことをしたら相手が傷つくとわかりそうなものなのに、大手企業に勤める一見普通の男性がこういう無責任な行動が取れることは未だに理解できず、

頭のイイ人だからこんな風になっちゃったんでしょうね。
何か復讐に燃える人みたいですよね?
スイッチが入っちゃったんでしょうね。
お気に召さないことがあったのか・・・、二人の関係が近づくのが怖かったのか・・・。

よく「野良猫君」って私のブログに出てきますが、野良猫って近づくと暴れますよね。怖くて。それで逃げちゃいますよね。
そんな感じだったのかなあ・・・と思います。

頭がいいからこそ、こんな風になっちゃうんだろうと思います。
だって慰謝料請求できるとかいろいろ調べてたりするでしょ?
アホにはできませんものね。

・・・・。

やっぱり人のことを説明するのはあまり気乗りしませんね(笑)
Aさんの話に戻しちゃいましょう!

先の引用部分の先に、

>もはや何を信じたらいいかわからなくなっているというのはあります。

って書いてくださってました。
まさにそうだと思います。
これだけのことをされたらね。

ただ、これもまたAさんの罪悪感や自分を許せない気持ちが作り出してるものって分かりますか?
こういう男を選んでしまった自分が悪いって責める理由に使ったりね。

もし、Aさんの自己肯定感が高くなればこういう相手には出会う確率が低くなりますし、出会ったとしても「なんか事故にあったみたい~」って流せるんです。
あまり深刻にならないんですよね。

だから、やはり自分を許すこと。自分を愛すること。
これをテーマにしてみたらどうでしょう?

しばらく自分を甘やかしてもいいですよ。
自分の心が望むように動いてみるのもいいですよ。
欲しいものを欲しいって思ったり、会いたい人に会いに行ったり、何もしたくなければ何もしなかったり。

たぶん、今はお疲れモードでもあるので心を休めてあげる時期ですよね~

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事