今年もとてもお世話になりました。ほんとうに、ありがとうございました(^^)

皆さん、今年もとてもお世話になりました!
ほんとうに色々なことがありすぎた1年でした。震災も、また、洪水も、そして、年末に分かった妻の病気など、ネガティブなものもあった反面、なでしこジャパンやヴィクトワールピサが世界一になったり、我が家に新たな天使がやってきたり、これまためちゃくちゃポジティブなできごともあり、忘れがたい1年になりました。

皆さんにとってはいかがでしたか?

復興も、妻の病気もまだまだこれから先が本番、というところですし、当然、息子はますます大きくなる(=悪さをたくさんする)わけで、来年はもっと笑える1年にしたいですね。

続きを読む


「ありがとう、サンタさん!」とちっとも父親に感謝しない娘について。

うちの娘はクリスマスというものは「サンタさん」と「パパ」の二人からプレゼントをもらえる日だと信じていて、パパからはぬいぐるみ、サンタさんからはDSをもらえるものと思っていた。
いつ、その資金源が一本であることを告白しようか迷ううちに今年もクリスマスが来てしまった。

家族にそういう趣味がなく、今まで我が家にはゲーム機はなかったのであるが、妻の健康のために、という目的もあり、やや衝動買いでWiiを購入した。

しかし、ただ、娘にWiiを渡すのでは面白くない、と思った、妻・義母・私は「昼間、突然サンタさんがやってきて、プレゼントを渡してくれた」ことにしようと思ったのである。

続きを読む


「三種の神器」

「忙しい」という言葉を使うのは嫌なのであるが、どうも最近は仕事が溜まりに溜まる傾向があり、状況を客観的に見るに、やはり「忙しい」状態なのであろうと思う。
返信をしたいメールも山積みとなり、また、書きたいネタも「ネタ帳」にのみ溜まる一方で、文章を書くのが好きで、できれば物書きである程度収入を得たい私としては、実に欲求不満なのである。

続きを読む


「お散歩について」

ツイッターとか、メルマガのちょっとしたコラム欄などでちょくちょく「朝のお散歩で・・・」などと書いているので、それを見てくださったお客様などから「ダイエットですか?体調管理ですか?いいですね。健康的で」などとお褒め頂く。
大変ありがたいお言葉なのであるが、若干、チクッと心に刺さるものがある。

実は遡ること4,5年前、正月休みで実家に帰省していたときに、うちの母殿の書棚に島田洋七さんのエッセイがあった。
そのどこかのページにこんな記述があったのである。
「朝、4,50分歩くようにし、また、ウコンを飲むようにしたら、驚くほどに酒が残らなくなったんですよ。朝はぱっちり目が覚めるし・・・」

要はそういうことなのである。

続きを読む


10周年を迎えることができました。皆さんのお陰です。ありがとうございます!

10/5って何の日かご存知でしょうか?

実は原カウンセラーの誕生日でもあり、このカウンセリングサービスのHPが立ち上がった日でもあるのです。

それは今からちょうど10年前のこの日。

初期の立ち上げメンバーは、原とお休み中の源河と私と妻。
3ヶ月くらい前からHPを企画し、公開に漕ぎ着いたのでした。

10年後はどうなってるか?なんて当然考えられずに、とりあえず、何とか続けていくことだけを考えていました。

続きを読む


「息子との友情の物語」

どうやら息子の目は画像認識ができるようになったようで、パパの顔を見ては笑うようになった。
別に顔が変だから笑うのではなく、嬉しいから笑うのである。(そう願っている)

それまでは娘への反応が最もよく、続いて妻、そして、離された最後尾に私、という序列であったので、何はともあれ、彼に私を家族の一員として認めてもらえたのはめでたいことである。
もっとも、この愛想の良さは他人を見ても満面の笑みで笑うであろうから、しばらくは人には合わせないようにしようとも思っている。

続きを読む


旅好きの出張生活。

5月の終わりから、かれこれ16週も連続して出張してきた。内、東京が10回、名古屋が3回、福岡が4回である。足すと16にならないのは、一回、名古屋→東京というスケジュールがあったためで、この間の移動距離はいったいいかほどだろう?と思うわけである。

この間、精神的にはだいぶ鍛えられたと思う・・・。
出張が習慣化されると、体がそのように順応していくので、月曜日に大阪に戻れば自然とスイッチがオフになり、火曜日になれば大阪での仕事モードにきちんと入れ替わる。
そして、週末が近づけば出張の準備をし、朝は目覚ましの力を借りぬとも自然と目覚めるわけである。

続きを読む