「人は変わるのだ」

じゃがいも、にんじん、たまねぎをざく切りにして鍋に入れ、ひたひた程度の水を入れて火を入れる。沸騰したら弱火にし、蓋をして20分煮込む。
その後、醤油を少々回しかけて完成。

できた料理は「肉なし肉じゃが」。

砂糖もみりんも酒も入れず、野菜の甘みに醤油だけで「ほんとうに肉が入っているみたいな味」になっている。

半信半疑で作ったのだが、結果、驚きのデキであった。

以来、私はその料理を教えてくれた本の作者を神の如く尊敬し、いまや、カウンセリングの師匠を凌ぐ存在として崇めているのである。

続きを読む


「息子とチューをする」

ある日、仕事から帰ると妻が満面の笑みで自慢話を始めた。

「今日ね、チューしてって言ったら、ハルキが口をあぐって開けて私の口をパクッとしてくれてん。ヨダレべちゃべちゃやったけど~」

甘い声であった。

「ふん。俺は男同士でブチューなんてしないし、そもそもそれって、チューなんじゃなくて、食べ物としてあんたの口を食べただけなんやないの?」

とは、もちろん強がりであり、嫉妬である。因みに心の声でもあり、もちろん、いい夫である私は

「おぉ、それはよかったやん!ついにその時期が来たか!」

と嘯くわけである。

続きを読む


パパは人間なのか?ロボットなのか?

自室で仕事をしていると(今日は広島のラジオ局から仕事の依頼を頂いた嬉しい日)、耳からおもちゃの聴診器をぶら下げた娘が登場。

パソコンに向かう私にかまわず、「診察しまーす」と一方的に宣言して胸の辺りに聴診器を入れてくる。
それなりに手付きは様になってるなあ、と思っていたのだが、「あれ?」という表情をして「パパ、自分で自分の心臓の音聴いてみて」と聴診器を押し付けてくる。

続きを読む


(年賀状)今年も、どうぞ、よろしくお願いします。

年賀状

皆さんは、どんな新年を迎えていらっしゃるでしょうか?
私は実家で「上げ膳据え膳、食っちゃ寝×2」にならないように、謙虚な気持ちで過ごしています。(願望)
酒はほどほどにし、できるだけ運動を心がけ、子どもたちと遊んでいます。(妄想)

・・・ま、どうなるかはその日になってみなきゃ分かりませんよね。

さて、今年の私、実は前厄でして、早速年始から、あちこちの神社仏閣占いお祓いお清め墓参り等々の研究に余念がありません。
(ここで、え?前厄ってことは、ええーっ!!そんな年だったんですか?もっと行ってるかと思った!という意見は無視することにします)

ただ、私にとって“厄年”は「役に立つ年だから本当は“役年”なんだ」という意見を尊重するタイプなので、きっとまた新しい世界にシフトするんだろうと思っています。そのプロセスは昨年の誕生日くらいから続いているような気がしますしね。

新しい世界をワクワクしながら目指したいと思っています。

また、妻の病気が分かってからまだ日が浅いのですが、ほんとうに多くの方から愛を届けてもらっています。
有難く、ただ頭が下がりますし、希望をたくさん頂いている気がします。
これもまた私たちに与えられたギフトなのかもしれない、と思うのです。

さて、そんな景気のいいことを前向きに思っていたら、息子がすぐ後ろで分厚い電話帳にかぶりついており、また、買ったばかりのWiiで遊んでいる娘はうまくコントローラを扱えずに「ねえ、パパ、どうしたら、【はい】を選べるの?」としつこく聞いてきます。
ママは超健康的料理に夢中になっており、「俺、けっこう、いいこと、言うやん?」なんて余韻に浸る余裕はありません。

そんなバタバタしながら過ぎていく一日も悪くない、とキレイにまとめたいと思います。

皆様にとって素晴らしい1年になりますように。
今年は出張を減らしているので、時間に余裕が生まれると思うんです。
このブログを通じても、お役に立つ心の情報をお届けしたいなと思っていますので、どうぞ、楽しみになさってくださいね。

では、今年もよろしくお願いします。


今年もとてもお世話になりました。ほんとうに、ありがとうございました(^^)

皆さん、今年もとてもお世話になりました!
ほんとうに色々なことがありすぎた1年でした。震災も、また、洪水も、そして、年末に分かった妻の病気など、ネガティブなものもあった反面、なでしこジャパンやヴィクトワールピサが世界一になったり、我が家に新たな天使がやってきたり、これまためちゃくちゃポジティブなできごともあり、忘れがたい1年になりました。

皆さんにとってはいかがでしたか?

復興も、妻の病気もまだまだこれから先が本番、というところですし、当然、息子はますます大きくなる(=悪さをたくさんする)わけで、来年はもっと笑える1年にしたいですね。

続きを読む


「ありがとう、サンタさん!」とちっとも父親に感謝しない娘について。

うちの娘はクリスマスというものは「サンタさん」と「パパ」の二人からプレゼントをもらえる日だと信じていて、パパからはぬいぐるみ、サンタさんからはDSをもらえるものと思っていた。
いつ、その資金源が一本であることを告白しようか迷ううちに今年もクリスマスが来てしまった。

家族にそういう趣味がなく、今まで我が家にはゲーム機はなかったのであるが、妻の健康のために、という目的もあり、やや衝動買いでWiiを購入した。

しかし、ただ、娘にWiiを渡すのでは面白くない、と思った、妻・義母・私は「昼間、突然サンタさんがやってきて、プレゼントを渡してくれた」ことにしようと思ったのである。

続きを読む


「三種の神器」

「忙しい」という言葉を使うのは嫌なのであるが、どうも最近は仕事が溜まりに溜まる傾向があり、状況を客観的に見るに、やはり「忙しい」状態なのであろうと思う。
返信をしたいメールも山積みとなり、また、書きたいネタも「ネタ帳」にのみ溜まる一方で、文章を書くのが好きで、できれば物書きである程度収入を得たい私としては、実に欲求不満なのである。

続きを読む